« 2017年1月27日 | トップページ | 2017年1月29日 »

2017年1月28日

2017年1月28日 (土)

コレは岩間さんからのコメントではない

IPでチェックしたらイッパツやっちゅうねん。

125

鉄道と電気技術 2月号 について、さまざまにツッコミ

やっぱコレもツッコミ入れとかな。

私は中核派よりも、日本政府のおかしなところをちゃんと挙げて、こんなおかしなことを主張してくるヤツらに対抗するためには、自分らは既成の労働運動だけではなくて(既成の労働運動だって、賃下げとか解雇撤回とか、人々の権利を守っていて大切とも思うし)、それに加えてこういうおかしなところも拾って主張して行こう!と言わなアカン。

http://www.rail-e.or.jp/modules/magazines/index.php?content_id=331

そんで、まずいちばんハラタツのは、P34から、”高崎支社の信号通信部門の保全について”とあって、ちゃんと保全計画を策定しているような趣旨の記載を、5ページにわたってしている。

けど、ちゃんと保全しとったら籠原駅の地絡事故なんて起きんかったんやし、ゼンゼン説明になってない。

5 おわりに

高崎支社では老朽設備の取替、要注意設備の洗い出しと処置の実施等、地道な取組みを積み重ね輸送障害の削減に取組んできた。さらに障害発生時には空振り覚悟の対応で十分な要員投入と材料手配を行い早期復旧に努めてきた。
今後、ベテラン社員の大量退職時期を迎えるにあたり、若手・中堅社員への技術継承を推進し、ベテラン社員から若手社員への円滑な世代交代を図り、輸送障害の削減と早期復旧の取組みを継続して実施していく。

とあるとおり、全く籠原駅の地絡事故の原因究明をせず、詳細を見ても、単にどう迅速に対応しました!という説明しかしてない。

老朽設備の取替がちゃんとできてないから、安全を考えてちゃんと取り替えよう、という発想になってないこと自体がおかしいねん。

文章には書けんけれども、コストを優先して安全は後回しにする、”ALARPの原則”が暗黙裡に実行されとる。

それと、P7の今月のことばの、”失敗の方程式と守りにくいルール”という、JR西日本電気部長・三津野隆宏のコラムも腹立たしい。

ルールはそもそも面倒くさいものです。でもそれには必ず理由があります。過去に多くの先輩たちが痛い目にあった中で生まれてきたものがルールです。だからほんの一部でも省略してはいけません。愚直に守らなければなりません。でも、仕事をわかっているベテランほど「リスクはわかっているのだからここまでは大丈夫」という勝手な判断をしてしまいがちです。これは本当に恐ろしい。今回は大丈夫でも、いつかは必ず事故に至ります。その日に限って「予想外の出来事」が加わり、結果として事故になります。その日に限って、臨時列車が走った、最終列車が遅れていた、競合作業があった、初めての作業員が従事していた、等々、「予想外の出来事」は枚挙に暇がありません。


こう書いていて、ルールを破るのはあたかも”仕事をわかっているベテラン”かのような誤解を生んでいる。

ルールを破るのは”仕事をわかっているベテラン”ではなくて、理屈で勉強して「リスクはわかっているのだからここまでは大丈夫」と言い切っとる、経営者そのものやないか。
だからなんかあったら、自分が責任を持って見ていた、とか言うのではなくて、「ココでちゃんと契約していたのだから、自分の責任ではない」とか言い出す。

そこでいっくら契約したところで、さまざまな「予想外の出来事」を把握した上で、愚直に守るのは、現場の労働者しかいない。

現場の労働者がそれだけ理解して、心身ともに健康で、愚直に基本を守れるだけの給料と休暇を寄越せよ!ということに繋げてかなアカン。


次のP8~の、鉄道総研の平栗滋人の”鉄道メンテナンスへの情報・ネットワーク技術活用の取組み”という論文は、JR東日本が実現すると言うとる経営計画を、どうやって実現するか?について、一歩具体的に踏み込んだものと考える。

そこで、私が5年前に日立製作所にいた頃から言われていた、”センサーネットワークの活用”とかも書いてあるけれども、コレも現実的ではない。

というのも、システムがいっくら異常なデータを上げたところで、それを判断するのは人間やねん。
その人間が、現場のシステムを理解できてなかったら、無用の長物になってまう。

何度も書いてきたけれども、まだ日立製作所にいる頃、JR東日本の研究発表会で、そこらじゅうにいっぱいセンサを適用できます!と発表していたJR東日本の研究者に対して私が、

「そんなに便利ならば、センサをいっぱい取り付けたらいいですね!」

と言ったら、研究者は、

「いや、たくさんセンサを取り付けたら、エラー表示が、本当にエラーなのか、センサ自身の不具合かわからなくなってしまい、実用的ではありません」

という返事を返した。

そりゃそうやな。
たとえばパソコン化・インターネット化でたくさんの情報を収集できるようになってさえ、じゃあその情報がどこにあるのか?を把握してない人間は、探すことさえおぼつかん。

そんな情報をしっかり把握し、技術を継承していくのは、パソコンとか機械とか、書類ではなくて、人間の意思でしかない。

この論文にはそんな、現場を知る意志がまるでない。

【ネタばれ】”13月の女の子”17時公演を観て、新たにいろいろと思ったことなど、私的にかなり手短に

”13月の女の子”17時公演を観た。

改めて気づいたけど、いろいろ細かく仕掛けてきとると思う。

たとえば、2回目に瑞樹がペットボトルのお茶を飲むところ、確かにシナリオではP6の下段に、毎度毎度ペットボトルのお茶を飲むことになっとるけれども、私が鑑賞した初演と今日のどちらも、2回目だけは瑞樹がペットボトルのお茶を飲むところを省略しとった。

コレはわざとなんか?

それと、P12下段のシーン5か、の、一穂と巫女の、カレーかラーメンか、みたいな掛け合いが現実にはない。
なんかの理由でカットされたのか。

それと、一穂は、最初は一穂で、その後ひらりーが自分の子供につけようと思う名前が”一帆”で、最後の場面で巫女と浮間莉音が入れ替わったところで話しとるときは”一歩”になっとる。

前に指摘したとおり、あげるハンカチの色も敢えて変わっとったりして、同じ世界ではなくてちょっとずつ変わっとるところが面白い。

2回目だったからストーリーもある程度理解して(まあ脚本も見とるからやけど)、沙苗がブッ飛んだキャラやのに、高森ゆなさんはよく演じていると思った。

てかシーン15で出て来るところで、鼻歌で現れることになっとるけれども、ラピュタの音楽と思った。
そしてその後に「目がぁ・・・目がぁ・・・!」と、どう考えてもムスカのパロディのセリフもあるし、やっぱラピュタの音楽やろ。

まあ毎回それにしとるかはワカランけど。

あと、初回はひらりーのVTR撮影で、なんかそれを表示する機材が上手く接続されてないのでは?と思うところがあったけど、今回ひらりーのVTR撮影がリアルタイム表示されているのを見て、やっぱ初回は故障と思った。

全体では、やっぱひらりーが実質的に主演みたいに、演技させてもらえとったと思った。
VTRで大きく映してもらって、子供を宿した気持ちをいろいろと言ったりして、目立つねん。

萌は主演やけれども、演技が難しくて、まだまだ検討すべきとこあるやろ。

あと、瑞樹役の太田希望さんが、声がけっこうひらりーに似ていて、私も滅多にひらりーを見るワケではないから、初演で瑞樹を見て、コレひらりーやんなあ?と思うてもた。
瑞樹役がハイテンションでひらりーの地に似とると思うたのもある。

けど、その後の星野源のダンスで瑞樹の裏にひらりーが現れて、あれっ!?と思った。

たぶん演出側でも、太田希望さんとひらりーはイメージが似ていることを使うてきたと思った。

それと、巫女役の山本亜依さんって元チーム8なんやな。

この写真とショートの顔が全く結びつかんかった。

https://48pedia.org/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E4%BA%9C%E4%BE%9D

1995年生まれ(8/31やから、ゆかるんと3日違いか)らしいけど、もう21歳でセーラー服を着るにはオトナっぽ過ぎるなあと思った。

パンフレットを見ても、萌はお澄ましし過ぎな反面、ひらりーは逆に攻めすぎな気がする。
まあひらりーくらいオチャラケで写真載せられるくらいのほうが、読んで、見ていてオモロイ。

あとひらりーといえば、パンフのプロフィールにひとこと”新人”としか書いてない。

山本亜依さんもチーム8時代のことは全く書いてなくて、意外と控えめやなあと思ったけど、みんなAKBのことをどう思うとるのかなあ。

別に他のグループと違って、自分が名前を出す必要がないくらい既に有名になっとるというのはわかるけど。

AKBにいたことを自慢するのではなくて、これから自分がどう演じていくか、それしかないと思うてくれたらうれしい。

あ、ひらりーは最後の物販でひかりと出てきて、私のことわかったっぽい。
ひかりはさすがに一回くらい握手しとると思うけど、私を認識したふうには見えんかった。

コレたぶん岩間さんの書き込みやろ。返信する。

コレ


何度も家に嫌がらせに来て逮捕されたこともある男に中身が入っている牛乳パックを投げられ110番通報したら牛乳パックじゃ逮捕できるかわからないといわれました

http://www.youtube.com/watch?v=3_6AdSAiyI0

動画の0:00~31:40 朝9時19分に外で私の声のテープを大音量で鳴らされ、ガシャーンとものすごい音がして外に出たら何度も家に嫌がらせに来て、逮捕されたこともある男が中身が入っている牛乳パックを家に投げつけていたので車のナンバーを確認して110番通報したら、警官に牛乳パックじゃ他人の家に投げつけても逮捕するのはむずかしいだのなんだのとぐちゃぐちゃ言われました。

31:41~37:58 ベランダの下の屋根に乗っている白いのは牛乳パックです。ベランダに中身が入った牛乳パックが落ちていて雨戸が凹んでいました。

33:59~37:28 集団ストーカーがフェンスに旗をつけて写真を撮って行きました。

37:29~37:53 外で大きな音がして防犯カメラのモニターを見たら逃げて行きました。大きな音を鳴らすのは私にモニターを見させる手口です。私が防犯カメラのモニターの映像をつけたことはスマホで連絡を受けてちゃんとわかっています。あとモニターのスイッチを入れるとパトカーが通ったりするアンカリングもやられます。防犯カメラのモニターのパワーセーブは3分に設定しています。監視は最初車で見張っていました。次に家のまわりに監視カメラを取り付けられ見張られました。今は家の中も監視カメラで見張られています。

私は警察にユーチューブのアカウントの削除を要求されています。すでに数回冤罪をでっち上げられ、腕時計で目を殴られもう少しで失明しそうになったことも、男2人に道路に押さえつけられて背中にひざで乗られ、三重県で男性がスーパーのATMで現金をおろしているときに後ろから子抱き女にちょっかいを出されて、抵抗したらドロボーと叫ばれ、それが合図なのか数人の男たちに乗られて死んだみたいに、本当に死ぬかもしれないと思ったこともありました。このまま応じなかったら桶川ストーカー事件や小金井ストーカー事件みたいなるかもしれません。ネット工作も集団ストーカーも警察が黒幕なのは間違いないです。私への工作は2ちゃんねるの岩倉市スレで相談、報告されています。

おーにっちゃんが好きなAKB48の作り物の人気と一緒です。カルト信者がオウム信者になったりAKBヲタになったり私のチャンネルに登録しているだけです。私の動画のコメント欄に統失と書き込んでる奴はみんな私のチャンネルに登録しているし、私の動画は面白い動画じゃなくて集団ストーカー被害動画です。私の動画は集団ストーカー被害動画なので面白くないです。私を人気者ということにして家に来られても仕方ないという口実にしているのです。カルト宗教が支持母体なのは公明党だけじゃない。 自民党の支持母体の統一教会は人身売買組織。 オウムはこいつらの下部組織だったと言われている。2ちゃんねるはこいつらの工作員が多い。

投稿: aiueo700 | 2017年1月28日 (土) 19時23分


”おーにっちゃんが好きな”という一言が、元の動画のコメントにはないので、ちょっと絶対にとは言いづらいけれども、岩間さんの書き込みと思う。

岩間さんなりに自分の投稿に個人名入れたらアカンと思うとるのかもやし。

改めて仔細に検討しよう。

動画の0:00~31:40 朝9時19分に外で私の声のテープを大音量で鳴らされ、ガシャーンとものすごい音がして外に出たら何度も家に嫌がらせに来て、逮捕されたこともある男が中身が入っている牛乳パックを家に投げつけていたので車のナンバーを確認して110番通報したら、警官に牛乳パックじゃ他人の家に投げつけても逮捕するのはむずかしいだのなんだのとぐちゃぐちゃ言われました。

31:41~37:58 ベランダの下の屋根に乗っている白いのは牛乳パックです。ベランダに中身が入った牛乳パックが落ちていて雨戸が凹んでいました。

33:59~37:28 集団ストーカーがフェンスに旗をつけて写真を撮って行きました。

37:29~37:53 外で大きな音がして防犯カメラのモニターを見たら逃げて行きました。大きな音を鳴らすのは私にモニターを見させる手口です。私が防犯カメラのモニターの映像をつけたことはスマホで連絡を受けてちゃんとわかっています。あとモニターのスイッチを入れるとパトカーが通ったりするアンカリングもやられます。防犯カメラのモニターのパワーセーブは3分に設定しています。監視は最初車で見張っていました。次に家のまわりに監視カメラを取り付けられ見張られました。今は家の中も監視カメラで見張られています。

これらは、まあ事実を言うとると思う。

あ、いや、”次に家のまわりに監視カメラを取り付けられ見張られました。今は家の中も監視カメラで見張られています。”については、それらしき投稿をしてないと思うし、こんなことしたらそれこそ警察が犯人を逮捕できるから、ココは思い違いではないかと思うけれども。


私は警察にユーチューブのアカウントの削除を要求されています。すでに数回冤罪をでっち上げられ、腕時計で目を殴られもう少しで失明しそうになったことも、男2人に道路に押さえつけられて背中にひざで乗られ、三重県で男性がスーパーのATMで現金をおろしているときに後ろから子抱き女にちょっかいを出されて、抵抗したらドロボーと叫ばれ、それが合図なのか数人の男たちに乗られて死んだみたいに、本当に死ぬかもしれないと思ったこともありました。このまま応じなかったら桶川ストーカー事件や小金井ストーカー事件みたいなるかもしれません。ネット工作も集団ストーカーも警察が黒幕なのは間違いないです。私への工作は2ちゃんねるの岩倉市スレで相談、報告されています。

コレは事実やな。
中核派にも思い当たるフシがいっぱいあるけど、警察権力は目を付けた相手にはどんなあこぎな手段でも使うてくる。

岩間さんを監視し報告しとるスレッドはコッチや。

愛知県岩倉市part287 [無断転載禁止]©2ch.net

http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/tokai/1485593360/l50

こんな、津久井やまゆり園事件なんて遥かに上回る、大勢の意思が入った、個人に対する攻撃活動が行われとるのが実態や。

岩間さんの件を制止できない者が、戦争を制止なんてできるはずがないと私は考える。


おーにっちゃんが好きなAKB48の作り物の人気と一緒です。カルト信者がオウム信者になったりAKBヲタになったり私のチャンネルに登録しているだけです。私の動画のコメント欄に統失と書き込んでる奴はみんな私のチャンネルに登録しているし、私の動画は面白い動画じゃなくて集団ストーカー被害動画です。私の動画は集団ストーカー被害動画なので面白くないです。私を人気者ということにして家に来られても仕方ないという口実にしているのです。カルト宗教が支持母体なのは公明党だけじゃない。 自民党の支持母体の統一教会は人身売買組織。 オウムはこいつらの下部組織だったと言われている。2ちゃんねるはこいつらの工作員が多い。


ココは、確かに、

”私の動画のコメント欄に統失と書き込んでる奴はみんな私のチャンネルに登録しているし、私の動画は面白い動画じゃなくて集団ストーカー被害動画です。私の動画は集団ストーカー被害動画なので面白くないです。私を人気者ということにして家に来られても仕方ないという口実にしているのです。”

というところに関してのみ認める。

その他、公明党とかオウムとかいうのは、2ちゃんで主張している人もいるのは知っているけれども、どの件においても証拠がないと思うなあ。

いやもちろん、宗教団体が、警察権力からカネで頼まれて、特定人物をマークする行動をするというのは、考えられなくはない。
しかしそうするとなんか証拠がないと。
別にそれは岩間さんが、そう思うに足る証拠でよくて、私もそう思うに足ったら信じる。
ただ現在岩間さんはそんな証拠を出してきてない。

また、AKB48が作り物の人気というのは、ある種正しい主張やけれども、それでもそれは宣伝であって、実際にヲタが大勢いるのも事実や。
ヲタが盲目的に消費させられとる実態も確かにあるんやけど。

まだまだ、マルクス主義とビラ配りとオルグで、もう殆ど新興宗教と変わらんアタマデッカチな中核派は理解せんけど、私がいまココでこうして岩間さんについてコメントしておくことで、そのうち理解してくれるヒトが出てくると信じる。

岩間さんがガチで何かの事件に巻き込まれたら、中核派内で私の立場が一気に上がるから、そういう意味でも警察権力は岩間さんに手を出せんやろ。

私がブログでこうやって書くことで、セーフティネットの役割をしとると、私は信じて、敢えて書いている。

中核派は、自分らにとって利用価値のない弱者を見殺しにして、殺した後で騒ぎ出す悪いクセがあると思うとるし。
私もある意味その被害者でもあるし。そこを改善したいとも思うとるんやけど。

やっぱ、困っているヒトを生きとる間に助け出せるようにしてかなアカン。

工作員は、私に肩書きがないとか、私が技術士でないとか言うとるけど、それよりも目の前の問題を考えられるか?のほうが大事で、そこを中核派も理解してないことまで権力から見透かされとる。

こんなコメントあったら、もっとちゃんと反論できなアカンねんけど、自分らが言うとる念仏を繰り返す"マルクス真理教"状態やからなあ・・・・


てか私もホンマは、大阪大学大学院基礎工学研究科の。機械工学修士号を持っとるんやけど、そういうのも中核派ではゼンゼン評価されなくて、マルクス主義を勉強しているか否かで上下関係が決まっとるフシがまだまだあって、そこにはなんとかして風穴を開けたいと思うとるんやけど。


ーーーーーーーーーー

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/jrea2-753a.html#comment-114254027

誤った前提の考えを提示して、
それを前提に読んでほしいって頭がおかしいのか?
肩書きのない人間の前提は100%間違い

投稿: | 2017年1月28日 (土) 13時46分


おーにっちゃんは技術者じゃなくて変質者だろう
技術者ならともかく、変質者の話なんて誰も聞かないよ。
女子中学生に卑猥な手紙を送り付けたり結婚を迫ったりするような奴を世間は変質者と言うんだ。
http://www.hitachi.co.jp/rd/pe/
技術士持ってないよな。 大西は。

投稿: | 2017年1月28日 (土) 14時08分

JREA2月号巻頭言ほか、さまざまに見る腐敗について

ヒトに変わるシステムには必ず欠陥があって、その欠陥を動労が指摘してきた歴史があることを見ても、そもそもそのシステムを導入したらどんなリスクがあるか、を労働者の目からチェックすることは本来大事で、そうするとマルクス主義の本を読むよりも、鉄道の技術誌を読んで、我々の仕事がどう奪われてしまうのか、を議論することは重要と考える。

けれども、正直システムは勉強しないといけないし難しいから、労働運動にはなかなか入れてもらえず、「そんなことよりも、誰にもわかる運動をしろ」と言われて、私の意見は中核派において主流な意見ではない。

しかし、運転士とか車掌とか、特定の職種の人々は、結果として外注化で賃下げに遭うのかも知れないけれども、だから外注化に反対するというよりも、自分達が守っているモノをこのシステムは全然ないがしろにしている!と、それぞれの職種に合わせて調べて、誇りを見つけ出して、その誇りが奪われていいのですか?というようなスタンスで訴えたほうが、ゼッタイにいいと思う。

人間、賃下げに遭っても、「自分はそんなに取るに足らない人間なんだ・・・」とついつい萎縮してしまうけれども、自分が誇りに思っているモノ、とりわけ安全とか、を突然奪い取られたら、コレは怒りに繋がってまう。

そんな闘い方って必ずあると考える。

そんな考え方から、JREA2月号を読んでみよう。

JREA2月号

http://www.jrea.or.jp/publish/jrea.html

まず巻頭言

 ICTが拓く未来

   ~変革の時代のICT利活用と働き方改革~

  宇治 則孝  NTT顧問(元NTT代表取締役副社長)

         (公社)企業情報化協会(IT協会)会長

2つほど前の投稿にも書いたけど、よりによってJRではなくNTT顧問で、知らん名前やなあと思って検索したら、

http://www.ntt.co.jp/journal/1101/files/jn201101006.pdf

◆PROFILE:1973年日本電信電話公社に入社.NTT民営化
関連業務,新規事業開発業務を担当した後,1988年NTT
データに異動.民間企業向け情報システムの企画開発,新
世代情報サービス事業本部長,経営企画部長,法人分野の
事業本部長等を経て,2005年代表取締役常務.2007年NTT
持株会社に異動し現職.

とあるとおり、ガチガチの政府側の人間である。

”NTT民営化 関連業務”とあることからも、国鉄の民営化と同じく大きかった、電電公社の民営化の現場で、民営化を推し進めてきた者であって、そんな者がいま巻頭言を書いているということは、中核派が言っている、第二の民営化を、確かに日本政府の側がやろうとしていると取れる。

そのタイトルも、”ICTが拓く未来~変革の時代のICT利活用と働き方改革~”で、日本政府、学会、財界等々が向いている方向は全部同じで、JR東日本は主導しているのかむしろ突き上げられているのか、私はその両方と思うけど、とにかくそんな状態になっている。


次の投稿がコレ。

●特別寄稿

 「海外の鉄道」特集に寄せて

   ~海外展開への期待と不安~

  曽根  悟  工学院大学特任教授

鉄道システム好きな人間で、曽根悟の名前を知らんヤツはおらんやろ。

その曽根悟が、”表-1 大きく異なる『常識』の例[1] 日本の鉄道と海外の鉄道”として書いとるけど、めっちゃテキトーに書かれている。

表にして並べたって、いろんなタイプの鉄道があるしあまり意味がない。
逆にこんなの表にして、日本の機器を汎用化するための圧力のようにも見える。


5.日本の優れた例 [強い競争力の要素として]   それを必要とするかどうかは相手国が決めることだが

(1) 機器の信頼性                  日本の機器は良いが高く見かけの性能は低い

(2) 運行の信頼性                  正確だが遅い

コレだけ見ても、”優れた例”といいつつ、優れたところの説明になってない。
意図として、日本の鉄道ももっと速く安くできる、と言っているとしか私には読めない。

私が、学者側の恣意を読み取るのは、下のほうのこの論文にもある。

特別連載

列車制御技術の変遷(その5)
~藁も掴み鉄道の再生を~
中村 英夫  日本大学理工学部応用情報工学科特任教授

P60で彼は、3.幹線鉄道における列車制御における常識の打破 と書いて、そこで、


(1) 無線の情報交換周期に対する誤解

【大西略】
実は、連続した情報交信は、運転時間短縮には利いてくる。2回まで連続した情報途絶を許容し、2分ヘッドの運転時隔を実現しようとした場合、駅中間なら80秒周期程度の情報交換で済むし、駅構内でも15秒周期での情報交換ができれば良い。1秒毎の更新は、オーバースペックと言える。
(2) 連続3回の情報途絶で非常ブレーキ
ATC信号は連続でなければならないという呪縛が、「3回連続情報更新が失敗すれば非常ブレーキ作動」という今日の仕様の根拠にもなっている。

と書いていて、現在のATACSなどでもオーバースペック過ぎると主張しているけれども、彼の主張を正と考えた場合、駅構内で15秒周期での情報交換が2回まで途絶するとすると、最悪45秒間データが抜けるということになる。

45秒も経っていたら、都市鉄道なんて次の駅に着いている頃で、地上側と車上側の在線検知のアンマッチが起きるのは当然で、こんなものを保安装置として使えない。

中村はナニを根拠として主張しているのかは定かではないけれども、やはり曽根と同じく、日本の鉄道ももっと速く安くできる、と言っていることは確かで、学者がこんな安全軽視の主張を展開していることは許せない。

もうひとつ、この論文は大事と考える。

1. 313系電車の滑走事象と新しい滑走制御の開発

町田 泰亮  東海旅客鉄道(株)東海鉄道事業本部車両部車両課課長代理
奥山 雅貴  日本車輌製造(株)鉄道車両本部技術部担当課長(前 東海旅客鉄道(株)東海鉄道事業本部車両部車両課課長代理)

コレはなにを書いているかというと、ど田舎駅に電車が停車しようとした際、雨が降り出したときに落葉もあって、全軸がスリップして、それが遅れ込め制御の演算論理に合わずに止まり切れなかった事象があった。
それを検討して、遅れ込め制御の演算論理を変更した、と書いてある。

私は、元住吉駅の追突事故、アレは運輸安全委員会が出したように、塗油器の問題ではなくて、演算論理不良やと主張してきたけど、雪と落ち葉、ど田舎の2両と首都圏の10両という違いはあれ、同じ事象が起こったと私は考えるなあ。
1つの軸から制御用のデータを吸い上げたから、10両全部効かんかったとか。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-06ed.html

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/215-159f.html
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-d8cb.html

こういうのは、JRとか民鉄の垣根を超えて、ちゃんと糾弾してかな、自分らが知らないうちにシステムを受け入れてしまって、どっかで大事故に繋がる。

おはよう。変な時間に起きたから書くけど、やっぱ私の投稿が敵か味方かワカランけど、どっかで波紋を呼んどるから、2時台のアクセスが増えとる。てか中核派も世間から学ばんのがダメと思う。

まずコレ見ろ。

124

2時台のアクセスが増えとるやろ。
中核派は理解せんけど、私は私の投稿が波紋を呼ぶのは必至と考える。
なんたって学者が肯定する、イギリスが認めたALARPの原則を、実感を持って批判しとるんやから。

そんでな、中核派は世間から学んでない。

ニュースは見とるけれども、それだって自分らが興味あることしか見てない。

私は中核派・NAZENに対して、”夕凪の街 桜の国”を紹介したけれども、なんも取り上げる雰囲気すらないし、同じこうの史代原作の”この世界の片隅に”

http://konosekai.jp/

は現在もけっこう世間で評価されとるのに、中核派・NAZENは取り上げる気配もない。

ということは、中核派・NAZENは、いっくら世間に訴えようとしたところで、世間から隔離されたところで、自分らの主張をしようとしとるねん。

そもそも世間が沸いとる話題に突っ込んで行けんで、どうやって、さらに世間を沸かせる革命に到達しようとしとるねん?

その繋がりがサッパリ見出せずに、まだまだ内部のマスターベーションの域を越えてないのが現状と私は思うとる。

中核派のヤツらは、”まだまだマスターベーションの域を越えてないのが現状”なんて書くと、同志に対してよく書けるなあ、なんて非難してくるとも思うけれども、日立製作所の担当部長だって、コレはマスターベーションだと言って会社のことを批判しとったぞ。

もちろん、最終的には会社に迎合するのかもやけど、それでもそんだけ強い言葉で批判しとったのは事実や。

ならば中核派は、会社を超えて世界革命を主張しとるんやから、内外から強い言葉の批判を受けて当然やろ。

そんな言葉に屈しとるようでは、革命なんて到達できん。

そして、それで内部で制裁を加えるのであれば、それはスターリン主義やし、血済主義なんやからな。

・・・・なんか、もっと書こうと思って忘れた。

とにかく中核派ってやっとることが個人商店で、個人商店のビラ配りを集合しとるだけで、さらには”連帯の挨拶”とか言って形式上連帯しているだけで、個人商店が集まって連合になり、それらの知識を共有し、お互いの悩みを考え合うということがほとんどない。

全部が、もののみごとに、アフリカの植民地みたいに、”路線”で別々で、お互いに相手の問題を考え合うことがないねん。

だから、”連帯の挨拶”を、私は以前より自虐的に”分断の挨拶”と言うとるけど。
”連帯の挨拶”って、議事と関係なくて、式次第で決められていて、それが延々と続いてウザい。

中核派的に重要と思うとるのかワカランけれども、いまそれを延々とするのって、いやそれは学校で入学式とか卒業式とか、偉いヒトの挨拶がめんどくさかったのと同じ過ちを犯しとると私は考える。

私は、偉いヒトの挨拶なんて全部要らんと思うてきた。

ホンマに伝えることが必要ならば、クチ約束ではなくて、紙にしてよこしたらええねん。
伝えることが必要じゃなくて、国会答弁とか日本共産党とか単なるポーズでしかないから、クチで言うことが重要になってまうねん。

てか、だからマルクスが言う”おしゃべり小屋”に、自分らの集会をしてもとるねん。

だから、”路線”論になってまうのかもワカランけれども、なんか指導の仕方が全く誤っとると私は考える。

それぞれの闘いをそれぞれのものとして、自分らの中で分断して、それぞれにカンパを集めるとか、なにやっとるのかヨウワカラン。

・・・・・それって民営化した先の、外注化・非正規職化・第三セクターの、分断のやりかたそのものやし。
それで、外注化・非正規職化・第三セクターを批判したって、言行不一致でゼンゼン説得力がない。

国鉄闘争を闘うならば、自分らの中で分断して、それぞれにビラを作ってそれぞれにカンパを集める”路線”からは訣別せなアカン。

てか中核派は、まずは言行一致を実践せなアカンやろ。


改めて考えたら、”路線”論って、JR東日本らがやっとる分業を自分らが先んじて実践しとるんやからな。

”路線”論って、自分らが中央線とか埼京線とか、総武線とか、会社が分かれてりんかい線とか、それぞれに分かれることがあり得ることを主張しとるんやからな。

そんなのとは訣別して、国鉄と同じで、全部一致し共有し考え合うことを目指さなアカン。

”整骨院みたいなところ”と表現すると、整骨院ではないやろ。

けど、さっきさややは、整骨院と断定して書いてきた。(私はコメント欄から知った)

https://plus.google.com/105868959172319352511/posts/LYiuZGBWbpx

しかし、もともと”整骨院みたいなところ”と表現したことを考えると、整骨院ではないよなあ。

さややの投稿を見て私もちょこっと検索したけれども、教えて!gooにこんな記載があるなあ。


https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6972670.html

No.7ベストアンサー
回答者: o120441222 回答日時:2011/08/29 17:01
この二つ、まずは基本的なことをしっかり押さえてください。具体的には 「整形外科と接骨院の取り扱い疾患の差異」 です。加えて、整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージなどの類似資格も含めて考えてみましょう。これらは当然免許や資格が違うわけですから、それぞれ法律的に縛りがあり取扱い疾患も専門的な違いがあるのです。

接骨院(整骨院も同じ)とは柔道整復師という国家資格ですが、この柔道整復師という資格は、具体的に何を治療する資格かお分かりでしょうか?鍼灸師は鍼や灸を使って施術する資格、あんま師はマッサージという技術で施術する資格、では柔整は・・・?

実は柔整師とはケガの治療する資格です。さらにケガも 打撲、捻挫、挫傷 この三つに限られています。しかも国から 「急性期に限る」 とお達しがあります。一週間以上経ったものは、整骨院・ 接骨院で治療はできません。ですから貴方の肋骨の痛みが打撲、交通事故、転倒以外であれば接骨院は専門外ということになります。腰痛や肩コリの治療(要するにケガ以外の治療)は 「歯医者で眼の治療」 をするようなものです。

>実家は昔から接骨院派ですが、嫁ぎ先の近くに接骨院がないので整形外科に行きました。

しかし全国の整骨院は慢性腰痛を 「腰のねんざ」 など嘘の受傷理由を添付したり、施術部位数・治療日数の水増しなどの手口で健康保険を偽装請求し荒稼ぎしています。全国に約4万件と整骨院はあり、不正は業界ぐるみで行われております。政府管掌系の社会保険から約400億円、老人保険系から約 800億円、保険はさらに 数種類あり、2007年度で約3000億円、直近の試算では4000億円かかっています。わずか数年で約1000億円という急増ぶりです。言うまでもなく、保険料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほとんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度にして浮いたお金が3000億円です。

ですから接骨院に常連客などは絶対にありえない話で、そうしょっちゅうケガをする家庭も、まぁかなり珍しいはずです。おなたの親御さんが慢性腰痛で接骨院に保険でかかっているなら、100%不正請求の金づるになっているでしょう。

他の資格について簡単に説明します。

●整体・カイロプラクティック
公的な資格は一切ありません。無資格治療院です。
ですから健康保険はじめ自賠責など一切使えません。
病名によっては厚生労働省も警告しており、治療には
細心の注意が必要です。リラクゼーションと位置づけ
るのがベストでしょう。

●接骨院・整骨院
先ほどご説明したとおりです

●あんまマッサージ指圧
あんまマッサージ指圧と謳えるのは国家資格のみです。
巷に溢れている整体、カイロプラクティックをはじめ、
ソフト整体、タイ古式、英国式、ボディケア、クイック
リラクゼーション、エステなど大体無資格者です。

●鍼灸院
国家資格です。鍼とは揉んだり、押したり、捻ったりは
しないので実は体に一番やさしい治療方法になります。
不調の原因特定は出来ませんが、分からないときは一番
安心の出来る治療方法になります。

●整形外科
内科、循環器科、皮膚科などと並び病院の診療科
目のひとつです。もちろん医師です。レントゲン
は病院でしかとれませんから、膝痛などの原因は
絶対に整形外科でしか分かりません。ちなみに脱
臼や捻挫でも、骨折を伴っている場合があります
ので、病院でレントゲンを撮りましょう。

もうお気づきとは思いますが、これらを同じ土俵で比べること自体間違っています。今回のケースによらず何か症状があれば、必ず整形外科に行かれてください。病院の治療を基本とし、他に何か治療をお考えなら、鍼が一番無難かつベストな方法だと思います。

>(1)

例えば肋骨の骨折(ヒビも骨折)であれば通常は何もしません。逆に何かをするべきではありません。レントゲンの取れない接骨院が患部をマッサージすると、痛みが増す可能性があります。病院ではバストバンドやリブバンドと呼ばれるバンドを処方することがあります。痛みが強ければバンドはかなり有効です。打撲や挫傷であれば電気治療が有効だと思います。リハビリ科のある整形外科であれば電気治療をしているところがあると思います。そのほか肋間神経痛なども肋骨周辺の痛みを引き起こしますが、病院ではお薬、電気の他、鍼治療もかなり有効的だと思います。

>(2)

ご友人のケースではかなり激しい炎症があったようですね。通常この場合はお薬である程度の炎症を抑えてから電気なりマッサージを行います。病院がシップやお薬、電気治療だけなのには理由があります。捻挫、打撲、腰痛やそれに付随する痺れなどは筋肉や神経が傷んでいることです。揉んだり押したりと、下手にいじると益々傷が大きくなり悪化します。ブロック肉を力強く揉めばボロボロになりますよね。擦り傷や切り傷が徐々に治って行くように、生体は損傷組織の修復作業行っているわけです。病院のシップやお薬、電気治療はその作業のお手伝いをします。整体や整骨院などの治療院は、薬が出せない、技術・知識・設備面で正しい原因が分からない、 「何かしなければ」 と思う、などとにかく何かやりたがるわけです。しかしそれが正しいわけではありません。このような症状で揉んだりするのは、医学、医療を知らない証拠ですね。

痛みの原因は炎症です。皆さん痛み止めといっているものは、主に飲み薬だと思いますが、同じ成分でシップ・テープなど貼り薬、ローションなどの塗り薬、座薬などあります。これは全て “消炎剤” です。これは患部の炎症を抑えるの主たる目的で、その結果(副産物的)に痛みが取れています。決して何かを麻痺させているわけではありません。炎症とは腫れも伴うので、腫れの為に患部の血行不良が出てきます。炎症を放っておくと患部の組織や構造、状態は悪くなります。荒れ果てた大地ほど開墾は大変になります。ですから早期にお薬で炎症抑えれば、良い状態で完治を目指せます。消炎鎮痛剤は痛み止めの一時しのぎではありません。立派な治療になります。ただお薬にも相性がありますので、効かなければ主治医と色々相談してお薬を変えてみるのも手かと思います。同じ効果のお薬は沢山ありますので。

>整形外科はレントゲン等で異常がなければ痛みがあってもなにもしてくれないのでしょうか?

原因がわかって何もしないのと、原因がわからずに何かするのではどちらが安心できますか?

原因がわからない以上、悪化の可能性や事故の危険性は払拭できないわけです。ただこの病院も 「1年様子を見ましょう」 はありえないです。せいぜい1週間です。それで変わらなければ薬を変えたり、リハビリを追加したり、バンド処方したりするところもあると思います。

個人的には1週間で何も変化がない、もしくは悪化するようであれば早急に別の整形に行かれた方がいいと思います。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。



私は素人やけど、さややの書き込みから、さややが行ったのは整骨院ではなくて、”整体・カイロプラクティック”やろとは理解できる。

そして、”整体”ならば誰も書いていることやから、やっぱ、さややは整体ではなくてカイロプラクティックに行っとって、私がそれを言及したからこそ、自分の意思かどうかは別として、隠蔽せざるを得んかったんやろと考える。

私だって、イロイロとあり得るパターンを考えてこそ、AKSのアホのマネージャーから、私が書いてきたのに対して、こう書け!と指導されたことはアリエール・・・・・・、じゃなくて(いやそうでもええけど、洗剤の)、あり得ると思ってもらってええと思うなあ。

« 2017年1月27日 | トップページ | 2017年1月29日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック