« おはよう | トップページ | 鉄道の安全に関するコメントに対する返信 »

2017年1月29日 (日)

私がこれまでに会ったマルクス主義者と違うと思うところ

真のマルクス主義者はそうじゃないのかもワカランけれども、とにかくこれまで会ったマルクス主義者はどうしてもイデオロギー先行で、だからこそ目の前のヒトのリアルな言い分というのを聞いてなくて、結局は「自分らの言い分を聞け!」になってもとる。

そういう人間がいっくら集まっても、自分らの要求以外は無視するんやから(って日本共産党とかほかと同じやん)、絶対反対闘争なんてできるわけがない。

いま絶対反対だといって仲間を作ろうとしているけれども、マルクス主義者達はゼッタイに、集まってきた仲間を裏切ると私は思っている。

私は裏切られ続けていると思っているし。

たぶん中核派の中で私は裏切り者と思われとるんちゃうか。

私は、前にも書いたけど、中野洋には賛同するけど、マルクスには賛同せん。

そう思ってふと、もしかして中野洋はマルクスとは全く別系統やったんちゃう?と思って、たとえばWikipediaで調べたら、確かにマルクスとはひとことも書いてない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E6%B4%8B

けれども、さらに検索したら、中野洋追悼でマルクスマルクスと連呼しとるのがあった。
誰が書いとるねんと思ったら、清水って中核派の議長か。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/gakuseiundo/tyukakuhaco/dorothibaco/nakanotuito.html

けどこれは清水の主張とも思える。

てか私はグループ30万人とかを統括する、現日立製作所社長東原敏昭の肝入りで日立製作所に入所したんやし、いっくら過激派と言われようが、数千人規模の中核派の議長は大して怖くない。

それで中核派から殺される可能性が出てくるかもやけど、もともと私は日本政府から殺される可能性をひしひしと感じとるんやから、100が101になるくらいの違いしか感じん。

それで、それ以外に根拠を見つけようとしたら、動労千葉のブログに、中野洋がマルクスをいっぱい学んで大好きだったと書いてある。

http://www.doro-chiba.org/rekisi/dc30/tuitou.htm

私はしかし、マルクスは嫌いや。

ホンマに生きるヒトと共闘しようと思ったら、あんな小難しい文章を書けるはずがないと、私はいまでも思っている。

しかしココで「中野イズム」とあるとおり、マルクスの書いたことの中でそれを理解し、人々が自分らのこととして考えるときに、マルクスをさらに一歩具体的に進めたモノとして理解するならば、それはアリやろなあ。

私がマルクスが嫌いなのは、なんか思考が私と違うなあと思ったりするとこやけど、そのマルクスが、人間の真理について言い当てとるならば、そこは否定するつもりはない。

1+1=2というのが事実であるのに、「それをマルクスが言ったからイヤだ、1+1=2ではない!」というような過ちを、私はしない。

けれども、多くの人間が、

1+1=2というのが事実であるのに、「それを革マルが言ったからイヤだ、1+1=2ではない!」というような過ちとして犯している。

或いは、もう私のことが嫌いになって、1+1=2というのが事実であるのに、「それを大西が言ったからイヤだ、1+1=2ではない!」と言うたりとか。

・・・・・・それってようは、新自由主義そのものやろ?

「目の前に事実があるけれども、その事実を受け取るも受け取らないも自分の自由」、っていうのが、”新自由主義”の本質やろ?

旧来の自由主義は、なにをやるのも自由やけど、事実は事実と受け取ってきた。

それを、中核派がいう”新自由主義”は、資本家側が勝手に恣意的に自由を使う、という意味でいうとるけれども、もっと一般化したら、労働者階級だってついつい使うてもとる。

目の前の事実を探求したら、いっくらでも戦い方はあるにもかかわらず、全部放棄して、「目の前に事実があるけれども、その事実を受け取るも受け取らないも自分の自由!」と言って、目の前で困難を訴えている人々の事実を全部無視して、その次に「マルクス主義しか真ではないんだ!だからマルクス主義を勉強しろ!ウンドーガ!ウンドーガ!」とわめいて誰からも相手にされてないのが、いまの中核派の実態でもあるやろ。

いや、全く相手にされてないというと言い過ぎで、それでもやはり賛同者を得ているとも思っている。(日本共産党は漸減らしいけど)

ただ、これだけ腐敗した世界やから、もっと大勢の賛同者を得て当然やのに、賛同者が思うように得られてないのは、やっぱ足りてないところもあると思う。


私も今日、またいろいろと考えることがあって、やっぱ決してマルクス主義とか、中核派の下に結集してない人々にだって、自分らでちょっとでも身の回りを良くしようと考えて行動しとるヒトがおるねん。

まずはそれを、あなたがやっていることは何なのか?というのをちゃんと整理して、みんなでやりたいことをやってみるねん。
・・・・・けど、当然のように、それはカベにぶち当たるやろ。訴えた先が、必ずと言っていいほどに、「上が言うからダメ」と。

けど、人間、マルクスとか中核派とかがやりはじめたようなことは、警察が出てきたから一抜けた!ができても、自分がやり始めたことは、「上が言うからダメ」と言われたって一抜けた!はできんかったりするねん。

私はそういう人間の心理があるから、「そんなことよりもマルクスを学べ」というよりも、「とりあえずやってみな」といえる組織に、中核派もなってかなアカンと思うねん。

それで、私がマルクスを学ばん不良生徒なのは、中核派も理解しとるやろけど、ハナから「そんなことよりもマルクスを学べ」というよりも、「とりあえずやってみな」と言って、私がリアルにつまづいたときに、「そういえば、マルクスはそういう状況をこう言っていたいたなあ!」と言えば、コレは私も学ぶよなあ。

中核派もだから、私を不良生徒と看做す以前に、自分らが先生として失格なのではないか?と考えなアカン。

そう考えたら、やっぱ外的革命よりも内的革命を早急に為さなアカンやろ。


ついでに、なんか東北大生が逮捕されたと載っとるけれども、コレめちゃくちゃやなあ。

だいぶ日本政府が治安維持法を前面に出してきたと考えたほうがええ。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012900075&g=soc

”2015年10月に京都大構内でストライキを起こして授業を中止させたとして中核派の活動家6人が逮捕された事件”自体、逮捕自体が不当やったことが判明しとるんやから、国家権力の暴力に対して、法廷警備員を蹴るくらいのことはさすがにやったっておかしくないやろ。

法廷警備員を蹴っただけではなくて、その前に国家がなにをやってきたかが問題になる。


私も、日立製作所やAKBについて、いろいろと信じられんような行動をしとることになっとるけれども、全部前後関係がある。

中核派は、自分らは前後関係を見ろと主張するけれども、私の行動に対しては前後関係を見ずに、私がやった行為だけを見て、「大西はおかしなヤツだから、地区党内で個別に話さないでください」とまで言うとった。

まだまだ自分らの中で、さまざまなものごとについて理路整然と体系だてて考えられてない。

けれども、それが伸びしろでもある。

伸びしろを把握しとる私に中核派を指導させたら、もっと伸ばせるぞ。

« おはよう | トップページ | 鉄道の安全に関するコメントに対する返信 »

世界の真の平和に向けて」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

コメント

>まだまだ自分らの中で、さまざまなものごとについて理路整然と体系だてて考えられてない。
また自分でできないことをwwwwwwwwwww
裁判で何て言われたんだっけ?
2chや阿修羅は?
社会福祉事務所でも言い分が通ったことあったっけ?
あ、日本政府の工作だから仕方ないかwwwwwwwwwwwww

中核派の中にもまともな人いるんやね

末端構成員のくせに、何もしないで幹部の地位が手に入ると妄信している大西秀宜君。

>伸びしろを把握しとる私に中核派を指導させたら、もっと伸ばせるぞ。

またかよ( ´,_ゝ`)プッ
AKBの時と同じだね。ぜんぜん懲りてないな。

下っ端から、汗かいて自身の努力で地位を掴み取るつもりすらないらしい(嘲笑)

大西秀宜君は李朝末期の両班(やんばん)と同じ。
労働などの嫌なことは全て誰かにやらせて、自身は命令だけしている姿とそっくりだ。

>”2015年10月に京都大構内でストライキを起こして授業を中止させたとして
>中核派の活動家6人が逮捕された事件”自体、逮捕自体が不当やったことが判明しとるんやから、
>国家権力の暴力に対して、法廷警備員を蹴るくらいのことはさすがにやったっておかしくないやろ。

>法廷警備員を蹴っただけではなくて、その前に国家がなにをやってきたかが問題になる。

・・・おいおい。殺人事件などの冤罪で再審請求している/いた人達が"法廷警備員を蹴った"りしたか?
君は"逮捕自体が不当やった"というんだから、この例えを出した。理解できるか?
いつもの大西秀宜超理論ではなく、普通に考えてみろ。

>だいぶ日本政府が治安維持法を前面に出してきたと考えたほうがええ。

"治安維持法"は存在しないぞ。大東亜戦争敗戦から何年経っていると思ってんだ?(失笑)

>私はそういう人間の心理があるから、「そんなことよりもマルクスを学べ」というよりも、
>「とりあえずやってみな」といえる組織に、中核派もなってかなアカンと思うねん。

>それで、私がマルクスを学ばん不良生徒なのは、中核派も理解しとるやろけど、
>ハナから「そんなことよりもマルクスを学べ」というよりも、「とりあえずやってみな」と言って、
>私がリアルにつまづいたときに、「そういえば、マルクスはそういう状況をこう言っていたいたなあ!」と言えば、コレは私も学ぶよなあ。

>中核派もだから、私を不良生徒と看做す以前に、自分らが先生として失格なのではないか?と考えなアカン。

"勉強"から逃避する言い訳は大概にしとけ。とっとと「資本論および左翼文献の"勉強"」に戻れ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/69415369

この記事へのトラックバック一覧です: 私がこれまでに会ったマルクス主義者と違うと思うところ :

« おはよう | トップページ | 鉄道の安全に関するコメントに対する返信 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック