« 私に対して、朝5時過ぎの投稿の38分後に"素人の大西さんが感想を書いても誰も詠まないし"なんて必死にコメントしとるオマエがめっちゃ読んどるというのはギャグですか | トップページ | 元中核派のヒトのブログを発見したけど、私はこのブログには否定的やなあ。→ 狂おしく悩ましく 『前進』編集局員の事件録 »

2017年1月 4日 (水)

テレビで、安倍晋三と小池百合子を見て、革命について考えた。権力者のほうが”上手いこと行ってない”ことを装って人々を制圧するのはアタリマエなのだから、自分らは”上手いこと行ってない”ことを曝け出してもおかしくなはいハズや。

上手いこと行く・・・、上からの”お勉強”として団結を一方的に語るのではなくて、真に人々のココロの底の声として団結が生まれたら、それはもうすぐに革命に行き着くやろ。

そう考えると、まだまだ自分らは、上手いこと行っていることを装って、団結を一方的に語っていて、人々のココロの底の声とは乖離しとる。
だからこんな世の中であっても、革命に行き着かんねん。

安倍晋三とか小池百合子とか、日本政府、アメリカ政府、韓国政府、中国政府、ロシア政府等々、権力者のほうも、人々のココロの底の声が、団結に結び付かんことを見透かしとるから、しゃあしゃあと、自分らは上手いこと行ってないことを見せびらかして、
しかも、人々に対して、権力者らの中のどれかを応援させるということまでしとるねん。

じゃあ、元々我々自身のほうが上手く行ってない、そんな内的葛藤がめちゃくちゃあるんやから、キレイゴトで革命を語るよりも、内的葛藤を出す人々の声をそのまんま表したらええやん。

それで、最善の解かワカランけれども、セクト主義と言われてまうかもワカランけれども、自分らの中で主だった主張の対立があるならば、どっちのほうがいいか?を、目の前の人々に選ばせたらええやん。

「中核派は支持してないけど、中核派の中のこの対立は、こっちのほうがええんちゃう?」みたいな、そんな意見が出てくるんちゃう?

いやべつに、主だった意見というのは、私はそういう対立軸ではなくて、ゼンゼン違う方向から、ゼンゼン違う意見が出てきて、みんなが、

「自分らがやり合っていた対立軸は間違いだった、この解が真だ!」

みたいに、全員の目から鱗が落ちる、そんな経験もまた、革命を為し遂げるには必要やし、
僭越ながら私はそういう解を出すのがけっこう得意やねん。

鉄道のホームドアの国際規格の国家戦略の方針だって、それで、私は全員の意見を纏めてもたし、

AKBだって、私が頑張って、公演をするとはどういうことか、女子中高生に向かって延々と論じていて、だいぶ頑張って練習しているのを秋元才加も理解して、
「自分は初心を忘れていた」
と言って、私が論じたようなことを公演の最後に舞台上で言い出した。
そのとき、田野が後ろで涙ぐんどって、最後の曲のパフォーマンスはめちゃくちゃやった。。

私にはそんな、革命的な経験がいくつかあるけど・・・・、小室哲哉だって私のコメントに興味を示したし

https://plus.google.com/app/basic/stream/z12jy1m4rtmdv5s32230cberamr5glhyi04

https://plus.google.com/app/basic/stream/z12jsjfbqmujjnxuf23ftbnb3tr1xbp5c04

”ゲド戦記”音楽の寺嶋民哉さんは、私の”ゲド戦記”に関する評論を読んで、感激してマイミク申請くれたと思うとるけど・・・私からしたのかなあ?

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2188310

いや、私からしたとは思わんけれども。

メールのやりとりを公開するのはダメなのかもワカランけれども、こうやって、私の主張が、単にアマチュアだけじゃなくて音楽のプロにも通用する、9年前の時点で通用していた、ということを示すことは必要と思う。

だから、敢えて公開する。


105


102

103


104

個人間のメールのやりとりを開示するのは本来は禁じ手やけれども、いまこれだけめちゃくちゃに、私の主張はおかしいとして、日本政府、だけでなく中核派の地区党の幹部までもが、私利私欲に走って言うとる現状はなんとしてもおかしく、やっぱ主張せなアカン。

寺嶋さんに感激していただいたレビューも、コレは原文を記載しよう。


大西秀宜 (掲載当時のニックネームは”こと”)

2006年12月20日 15:36

全くの予備知識も無く、公開前日の六本木ヒルズに行ってきました。

最初に思ったのは、テルーの顔をやけにうす暗くし、かつケロイドまで描いた。これはすごいことだと思いました。

これでは、キャラクター商品として売るのが難しくなってしまいます。かつて宮崎駿さんなら、必ず色白の薄幸の美少女にしました。ウンチもしないみたいだと悪口を言われると、「ウンチをするヒロインが見たいわけない」と宮崎駿さんは反論したものでした。

宮崎吾朗さんは、ウンチをしそうなヒロインを作り出してしまいました。キャラクター商品として売るのも難しいでしょう。
そのおかげで、私は何千何万回ものウンチの後に来る「生と死」を、よりリアルに受け取ることができたと思います。

次に、最後まで観て、非常に素直な作品だと思いました。「耳をすませば」で、雫の作った物語を読んだ西老人のような気持ちになりました。

ここ最近の宮崎駿作品とは違い、グチャグチャで分かりづらいものではなく、影は光と一つとなり、悪を一瞬のうちに葬り去ってしまいました。
たとえ悪でも、殺すのは悪いことだ、と仰る人もいますが、じつは人間は毎日のように、動物や、ともすると人をも殺し続けているのです。
私が回りを見ただけでも、「飼い殺し」という意味において、殺されている人が大勢います。(「飼い殺し」をしている人間は、悪いことをしている感覚は無いのが常です。)
これこそ、とても悔しく、最も腹の立つことです。

ですから、「殺す」という行為のみを論うのは、何の意味もないことに思えます。

その次には、それでも、この作品の後半は支離滅裂でどうしようもないと思いました。

先ほど、「耳をすませば」で、雫の作った物語を読んだ西老人のような気持ちになったと書きました。
西老人は、物語を書こうとした雫に原石を見せ、「私は原石のままでも好きだが、原石を磨いて完成させるのは大変なことなんだよ。」と言いました。
また雫の完成した物語を読んで「荒々しくて、未完成で、まるで聖司のバイオリンのようだ」と言ったのでした。

宮崎吾朗さんも、「原石を磨いて完成させる」作業の途中であり、今回は、「荒々しくて、未完成で、まるで聖司のバイオリンのよう」な作品を見せていただいたとは考えられないでしょうか。

私は「ゲド戦記」という一つの作品を見ながら、宮崎吾朗さんや、その他のスタッフの、長い歴史の始まりを見たような気がしました。


そういえば、私はカリスマカンタローからもフォローされたよなあ。

https://plus.google.com/114185426008674938846

単なる怪しいヒトかと思うてほっとったら、後に田野が

”AKB子兎道場 第17回「ダンスアイドル大作戦、出演、田野優花、相笠萌、カリスマカンタロー」”

http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/26664267.html

というのをやって、あ、コレか、やっぱ私けっこう裏方には有名なんやん、と思った。

中核派の中に、こんな、マルクス主義以外のその道のプロに通用する、ものの見方をするヒトがいないのは、大きな問題と考える。

過半数を取るということは、その道のプロに通用する主張は当然のようにあるはずやねん。

それなくして、自分らには”マルクス主義”しかない、なんてのは、もうハナからおかしい。

全部を知った上で、”マルクス主義”も知っている、くらいでないと、過半数なんて取れん。

ちなみに私は、mixiで、AKBに逢う前からいろいろとレビューを書いとる。

http://mixi.jp/list_review.pl?id=8215776

私自身、こんなにレビューを残していたとは記憶にないけど、見て読んで考えたことについては、ちゃんと感想を書くというのが、私の流儀やし、中核派にはそんな私からするとアタリマエのことが全然できてない。

上から言われたことを勉強して溜め込む一方や。

地区党のヤツらなんて、
「そんなことよりもマルクスを勉強しろ」
としか言わんかったから、私も、こんな過去があったことを、1年半経ってさえも言う機会すらなかった。


溜め込むのではなくて、自分が見て読んで考えたことについては、ちゃんと感想を伝えるというのは、労働の本質なんちゃうんか?

そう考えても、党と労働組合を一体的に建設なんかせずに、党を労働者よりも一段高いモノとして捉えとったところがわかってまうよなあ。


とにかく、キレイゴトで革命を語るのではなくて、内的葛藤を出す人々の声をそのまんま表したほうが、人々がリアルに考えてリアルに受け取ってもらえると、私は考える。

« 私に対して、朝5時過ぎの投稿の38分後に"素人の大西さんが感想を書いても誰も詠まないし"なんて必死にコメントしとるオマエがめっちゃ読んどるというのはギャグですか | トップページ | 元中核派のヒトのブログを発見したけど、私はこのブログには否定的やなあ。→ 狂おしく悩ましく 『前進』編集局員の事件録 »

AKB48」カテゴリの記事

世界の真の平和に向けて」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

コメント

大西秀宜君は、

>私自身、こんなにレビューを残していたとは記憶にないけど、見て読んで考えたことについては、
>ちゃんと感想を書くというのが、私の流儀やし、
>中核派にはそんな私からするとアタリマエのことが全然できてない。

>上から言われたことを勉強して溜め込む一方や。

>溜め込むのではなくて、自分が見て読んで考えたことについては、
>ちゃんと感想を伝えるというのは、労働の本質なんちゃうんか?

"勉強"を怖れて逃げ回りながら過去にもこんな夢を見たと書いております(失笑)
ノーテンファイラー大西秀宜桃源郷の夢は寝てから見ろ( ´,_ゝ`)プッ

お前何回カリスマカンタローとか小室とか言ってんだw

んじゃ生活に困窮してる今助けてもらいに行けよw

次はがんばっていきまっしょいか?赤毛のアンか?ハッピーフライトか?しょーもない旅行話かw

何回も同じ事を言ってるけどなんか進展あった?

わらかすなよww

結局お前の話って

で?

って言う感想しか無いんだけど…
何をいつまでにどうするとか全く無いよね

直接地区の人にいえばいいのに

>鉄道のホームドアの国際規格の国家戦略の方針だって、それで、私は全員の意見を纏めてもたし、

「この問題は日立がイニシアティブをとってやります!」
そらみんな賛成するわ

それでなんで今そんなに落ちぶれてんだ?誰かが声かけてくれるのを待ってたんじゃないか?急に何かに重用されるのを期待してたんじゃないか?結局、お前は誰にも必要とされていないじゃないか。だから落ちぶれてんだろ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私に対して、朝5時過ぎの投稿の38分後に"素人の大西さんが感想を書いても誰も詠まないし"なんて必死にコメントしとるオマエがめっちゃ読んどるというのはギャグですか | トップページ | 元中核派のヒトのブログを発見したけど、私はこのブログには否定的やなあ。→ 狂おしく悩ましく 『前進』編集局員の事件録 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック