« ”整骨院みたいなところ”と表現すると、整骨院ではないやろ。 | トップページ | JREA2月号巻頭言ほか、さまざまに見る腐敗について »

2017年1月28日 (土)

おはよう。変な時間に起きたから書くけど、やっぱ私の投稿が敵か味方かワカランけど、どっかで波紋を呼んどるから、2時台のアクセスが増えとる。てか中核派も世間から学ばんのがダメと思う。

まずコレ見ろ。

124

2時台のアクセスが増えとるやろ。
中核派は理解せんけど、私は私の投稿が波紋を呼ぶのは必至と考える。
なんたって学者が肯定する、イギリスが認めたALARPの原則を、実感を持って批判しとるんやから。

そんでな、中核派は世間から学んでない。

ニュースは見とるけれども、それだって自分らが興味あることしか見てない。

私は中核派・NAZENに対して、”夕凪の街 桜の国”を紹介したけれども、なんも取り上げる雰囲気すらないし、同じこうの史代原作の”この世界の片隅に”

http://konosekai.jp/

は現在もけっこう世間で評価されとるのに、中核派・NAZENは取り上げる気配もない。

ということは、中核派・NAZENは、いっくら世間に訴えようとしたところで、世間から隔離されたところで、自分らの主張をしようとしとるねん。

そもそも世間が沸いとる話題に突っ込んで行けんで、どうやって、さらに世間を沸かせる革命に到達しようとしとるねん?

その繋がりがサッパリ見出せずに、まだまだ内部のマスターベーションの域を越えてないのが現状と私は思うとる。

中核派のヤツらは、”まだまだマスターベーションの域を越えてないのが現状”なんて書くと、同志に対してよく書けるなあ、なんて非難してくるとも思うけれども、日立製作所の担当部長だって、コレはマスターベーションだと言って会社のことを批判しとったぞ。

もちろん、最終的には会社に迎合するのかもやけど、それでもそんだけ強い言葉で批判しとったのは事実や。

ならば中核派は、会社を超えて世界革命を主張しとるんやから、内外から強い言葉の批判を受けて当然やろ。

そんな言葉に屈しとるようでは、革命なんて到達できん。

そして、それで内部で制裁を加えるのであれば、それはスターリン主義やし、血済主義なんやからな。

・・・・なんか、もっと書こうと思って忘れた。

とにかく中核派ってやっとることが個人商店で、個人商店のビラ配りを集合しとるだけで、さらには”連帯の挨拶”とか言って形式上連帯しているだけで、個人商店が集まって連合になり、それらの知識を共有し、お互いの悩みを考え合うということがほとんどない。

全部が、もののみごとに、アフリカの植民地みたいに、”路線”で別々で、お互いに相手の問題を考え合うことがないねん。

だから、”連帯の挨拶”を、私は以前より自虐的に”分断の挨拶”と言うとるけど。
”連帯の挨拶”って、議事と関係なくて、式次第で決められていて、それが延々と続いてウザい。

中核派的に重要と思うとるのかワカランけれども、いまそれを延々とするのって、いやそれは学校で入学式とか卒業式とか、偉いヒトの挨拶がめんどくさかったのと同じ過ちを犯しとると私は考える。

私は、偉いヒトの挨拶なんて全部要らんと思うてきた。

ホンマに伝えることが必要ならば、クチ約束ではなくて、紙にしてよこしたらええねん。
伝えることが必要じゃなくて、国会答弁とか日本共産党とか単なるポーズでしかないから、クチで言うことが重要になってまうねん。

てか、だからマルクスが言う”おしゃべり小屋”に、自分らの集会をしてもとるねん。

だから、”路線”論になってまうのかもワカランけれども、なんか指導の仕方が全く誤っとると私は考える。

それぞれの闘いをそれぞれのものとして、自分らの中で分断して、それぞれにカンパを集めるとか、なにやっとるのかヨウワカラン。

・・・・・それって民営化した先の、外注化・非正規職化・第三セクターの、分断のやりかたそのものやし。
それで、外注化・非正規職化・第三セクターを批判したって、言行不一致でゼンゼン説得力がない。

国鉄闘争を闘うならば、自分らの中で分断して、それぞれにビラを作ってそれぞれにカンパを集める”路線”からは訣別せなアカン。

てか中核派は、まずは言行一致を実践せなアカンやろ。


改めて考えたら、”路線”論って、JR東日本らがやっとる分業を自分らが先んじて実践しとるんやからな。

”路線”論って、自分らが中央線とか埼京線とか、総武線とか、会社が分かれてりんかい線とか、それぞれに分かれることがあり得ることを主張しとるんやからな。

そんなのとは訣別して、国鉄と同じで、全部一致し共有し考え合うことを目指さなアカン。

« ”整骨院みたいなところ”と表現すると、整骨院ではないやろ。 | トップページ | JREA2月号巻頭言ほか、さまざまに見る腐敗について »

世界の真の平和に向けて」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

コメント

大西さん、会社員時代の業務と遊びのAKBが全く関係ないのと同様に
世界同時革命とこうの史代にも何の関連もありません。
知らなくても革命は起こせるのでは?
自分の興味のあるものが重要だと考えるのは幼稚です。

おいカス!なんだこの駄文は!長いだけだ!

結局わしの話聞けやろがよ!って事だろ?
お前みたいな発達障害者の話しなんて意味わかんなくて聞いてられないってのが本音だろうな

お前なんて搾取要員でしかないのにな、誰々が言ってた!とかってその意味を理解できない発達障害者特有の現象だな、発達障害者よ!お前生きてて楽しいか?
発達障害者!糖尿もからんで人間として終わってんな発達障害者!

中核派は~中核派は~ってほざいてるけど、お前中核派なんだろ?ばっかじゃね~の。

「あ、アクセス数がー!」で勝手に勝利宣言している大西秀宜君。

>やっぱ私の投稿が敵か味方かワカランけど、どっかで波紋を呼んどるから、2時台のアクセスが増えとる。

君が深夜〜朝にかけて記事投稿しまくるからでしょうが。"波紋"なんぞ呼んじゃいない(嘲笑)

>中核派は理解せんけど、私は私の投稿が波紋を呼ぶのは必至と考える。
>なんたって学者が肯定する、イギリスが認めたALARPの原則を、実感を持って批判しとるんやから。

その"批判"とやらを、堂々と学者諸氏の前に晒しもしないで、
ネットの片隅でちまちま書いていても無意味だぞ(失笑)

>そんでな、中核派は世間から学んでない。

自己紹介乙WWW

>ニュースは見とるけれども、それだって自分らが興味あることしか見てない。

大西秀宜君も自身に都合の良いコメ・レスしか読んで記事化しないだろ。
都合の悪いコメ・レスから全力逃避して脳内スルーしているだろうが( ´,_ゝ`)プッ

>中核派的に重要と思うとるのかワカランけれども、いまそれを延々とするのって、
>いやそれは学校で入学式とか卒業式とか、
>偉いヒトの挨拶がめんどくさかったのと同じ過ちを犯しとると私は考える。

>私は、偉いヒトの挨拶なんて全部要らんと思うてきた。

じっと黙って相手の話を聞いていられない自己中な発散型の者らしい戯言だな(可笑可笑)

>ホンマに伝えることが必要ならば、クチ約束ではなくて、紙にしてよこしたらええねん。

仮にそうしたとしても、君にはそれが読解できないんだろ?
日立勤務当時、『同じ仕様書を繰り返し読む毎日だった』と聞いているが?

>そんなのとは訣別して、国鉄と同じで、全部一致し共有し考え合うことを目指さなアカン。

どうやら、大西秀宜君は「分散」、「二重化」(もしくは「多重化」)に反対の立場らしいな?
そんな体たらくで鉄道の安全について語るな(一笑一笑)

僕は韓国人と仕事で困った事さんのコメントを楽しみにここへきています。
2人の直接対決を見てみたいものです。

> 2017年1月28日 (土) 13時12分の名無しさんへ。

>僕は韓国人と仕事で困った事さんのコメントを楽しみにここへきています。

どうもありがとうございます。私のコメには長文傾向があり、
特殊な用語や言い方などを使うことが多いので、読みにくいかもしれませんが、
これからも宜しくお願いします。

さて。

>2人の直接対決を見てみたいものです。

についてですが、これは直に会って。と言うことですか?
だとしたら、ご提案は不可能です。

ここの記事をお読みになられたのならご存知でしょうが、
大西秀宜君は都合の悪いことから必ず逃避します。

ギャラリー諸氏のコメを読んではいるんですが、脳内スルーしてます。
脳内コメ承認制(関連妄想オプション付き)とでも名付けるべき大西君特有の機能ですなw

なので、かって行われたと聞くオフ会にて、
腹を立てた気の短い参加者の一人が大西君を怒鳴ったのでしょう。

この事から見て、ギャラリーないし反論者側がこうした要求をしても、
大西君は直というかリアルでの接触を完全拒否すると私は考えております。

今や、大西君はネット上での発言へと全力を傾けているところが有り、
対抗するには、アンチ大西側としても、粘り強くそれに注力するしかありません。

そういうことなので、名無しさんのご提案は不可能な訳です。
ご提案に感謝します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ”整骨院みたいなところ”と表現すると、整骨院ではないやろ。 | トップページ | JREA2月号巻頭言ほか、さまざまに見る腐敗について »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック