« 2017/3/27 AKB48 高橋朱里チーム4 「夢を死なせるわけにいかない」  公演 感想 みきちゃんが有終の美やなあ | トップページ | 首都圏青年ユニオンスレの保管庫にいろいろとあるけど、コレ中核派も読んだほうがええなあ。日本共産党も中核派もスターリン主義なのは自明やし、また動労東京委員長の吉野元久も、自分が危ういから安直に暴力に傾注しとるのがわかる。 »

2017年3月27日 (月)

いやこれ最初からそうやったやろ。 → JR北海道、経営危機でJR東日本と合併論浮上…資金枯渇直前で路線維持困難に

JR北海道、経営危機でJR東日本と合併論浮上…資金枯渇直前で路線維持困難に 2017.03.27

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18455.html

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18455_2.html

麻生財務相は、国鉄分割そのものが、商売を知らない「学校秀才」が考えたことだと断じ、振り出しに戻って、JR北海道はJR東日本が、JR四国はJR西日本が合併せよ、と考えていることがわかる。



コレそもそも、私は国鉄がJRになったときから、JR東日本の緑色に対してJR北海道を黄緑、
またJR西日本の青色に対してJR四国の水色、
を決定したのは、それぞれ当初から、経営が行き詰まった場合に、”振り出しに戻って、JR北海道はJR東日本が、JR四国はJR西日本が合併せよ”と、当の日本政府自体が考えとったと思うとる。

そして、じゃあそれでもどうして国鉄を民営化したのかというと、”商売を知らない「学校秀才」が考えた”というみたいに、麻生太郎が言うような表面のことだけではなくて(てかコイツガチで総理大臣やっとたのかよ)、


労働組合とは?国鉄労働者30万人のうち10万人が民営化でリストラされる、その時、労働どうする? 作成日時 : 2015/11/17 18:52
http://sukuramu.at.webry.info/201511/article_4.html

国鉄30万人、その鉄道労働者が、民営化で10万人の労働者が首を切られ、働く場を奪われる。史上空前リストラだ。


コレで労働組合をめちゃくちゃにした。

他の公務員である電電公社も郵政省も全部民営化されたし、もともとの民間企業だって都合悪い組合があれば偽装倒産して別に新しく労働者を採用することも横行した。


やっぱ労働組合を潰すというのが、いちばん都合がいいというか、労働者の側からいうと同じ釜のメシを食うからこそ闘えるのであって、その一緒に闘う単位を奪われたら闘えんようになったわけや。

麻生太郎なんかそんなウラ事情を知らんのか、知らんフリをしとるのかワカランけど、だからもっぺん引っ付けろと言うてまう。

しかしそもそも、もっぺんひっつける前提で考えとったのも事実と思うから、どうなるのかなあ・・・

まあとりあえずはひっつけるほうがベターではあるけど。


そんで、
JR東海の葛西敬之なんて、その国鉄を潰した側やのに、言いたい放題でハラがたつ。
そりゃJR東海なんて”ファンダメンタルな経営戦略”なんて一切考えなくても、ドル箱の東海道新幹線を動かしとるだけで儲かるやろ。



国鉄分割・民営化を主導した人たちはJR北海道をどう見ているのか。国鉄の分割・民営化の立役者で「国鉄改革3人組」のひとりであるJR東海の葛西敬之代表取締役名誉会長は、「日経ビジネス」(日経BP/17年3月6日号)の「民営化30年 JR 思考停止経営からの決別」の特集の中でインタビューに答えて、JR北海道の経営に厳しい評価を下した。

「JR四国は仕方がない面がありますが、JR北海道は30年間を本当に有効に使ったかを検証してみるべきです。JR北海道は借金ゼロの上に、6822億円の経営安定基金を持ってスタートしました。金利が下がったから稼げなくなったというだけでなく、もっとファンダメンタルな経営戦略で問題はなかったのでしょうか。



しかし、中核派を見ていて、やっぱ労働運動をそのまま復活させる、というのは違う気がするなあ。

というのも、労働運動が廃れたのは問題なんやけど、労働運動というものが重要なのではなくて、人々が思いを結集させることが必要やねん。

それは労働運動になるかもワカランけれども、それはひとつの手段であって、労働運動だけがというわけではないと思う。

中核派だって、労働運動以外にも、原発反対とか言うとるし、なんかやっぱ”言行不一致”なところはあるよなあ。


私は宗教は好きではないけど、個人なり偶像なりを崇拝するわけではなくて、大勢のココロを一つにするという目的だけを掲げて、宗教を作るというのはアリなんかなあ。

まあそうすると拠って立つものがないけど。

じゃあ代わりに私に拠って立つか?と言いだしたら、私に対する偶像崇拝になってまうから、どうかなあ。

ただ、仮に私が崇拝の対象になって、その私が日本政府なり世界の政府をぶっ潰すぞ!と言ったら、そりゃあ中核派なんてメじゃないくらいの勢いになるのは当然や。

しかし、私が崇拝の対象になるとすると、私が死にかけのときに、私の後継者とか名乗りを上げるヤツが出てきて、そいつが全権支配して、また独裁政権になってまうのは目に見えとるし、それもあかんなあ。


そうそう、マルクス主義者がダメと思うのは、「プロレタリア独裁」を掲げながら、「プロレタリア独裁」の次に必ず来るはずの、真の共産主義社会をどうやって実現するかの議論は全くしてなくて、「プロレタリア独裁」をするために暴力を使ってもいい、だから火炎瓶を用いてもいいとか、だから”言行不一致”だって問題ない、とか、発想が荒っぽくなるねん。

吉野元久の言い分とか聞いとっても、「プロレタリア独裁」なんてのは実態を伴わない空論でしかないと思う。


そりゃ人間が自分の手のひらを何回もバタバタさせて、自分のカラダを持ち上げる浮力を出したら、人間は空を飛ぶことができるのは、理屈上は理解できるけれども、人間の体力は、空を飛ぶのに対応してない。

グライダーでも装着せん限り、空を飛べた人間を私は寡聞にして聞いたことがない。


そうすると、「プロレタリア独裁」だって、”人間が自分の手のひらを何回もバタバタさせて、自分のカラダを持ち上げる浮力を出したら、人間は空を飛ぶことができる”というくらい、現実性がないことを言うとるんとちゃうか?

最初から独裁なんてしない発想やないと、平和なんて訪れようがないんとちゃうのか?


こんなのも、発想がガチガチに凝り固まった中核派のヤツらとは討論しても無駄で、できたら誰か首都圏青年ユニオンの2ちゃんスレに転載して欲しいんやけど。

日本共産党も発想はガチガチやけど、日本共産党の青年ならば、私の意見に賛同してくれるかもなあ。

そう考えると、私も日本共産党に賛同はせんけど、日本共産党の青年に入ったほうが良かったのかなあ・・・・。

中核派に入ったのは失敗やったかなあ。まあええ経験やったけど。

« 2017/3/27 AKB48 高橋朱里チーム4 「夢を死なせるわけにいかない」  公演 感想 みきちゃんが有終の美やなあ | トップページ | 首都圏青年ユニオンスレの保管庫にいろいろとあるけど、コレ中核派も読んだほうがええなあ。日本共産党も中核派もスターリン主義なのは自明やし、また動労東京委員長の吉野元久も、自分が危ういから安直に暴力に傾注しとるのがわかる。 »

ニュース」カテゴリの記事

世界の真の平和に向けて」カテゴリの記事

中核派の腐敗」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

考察・推理」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRSUx3RjhBTU9pNTA/view?usp=sharing
これ持って弁護士に聞いてこい
著作権法を曲解するな

創価学会が中核派を誹謗中傷する記事ですね

そんなことよりもアルコール依存症の治療を受けましょう
大西さんは脳が萎縮しているのではないですか
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3516/1.html

大西さん

昔からくだらない妄想駄文書いてますが見てる側はただただ気持ち悪いって理解出来ますか?

自分が優秀なスパイとか教祖になったらとか小学生なら笑い話ですが友達も恋人も賛同者もいないみずぼらしい40過ぎた童貞のオッサンが言ってるとバカじゃないかと思うよ

一度ちゃんと病院行ったら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/70067073

この記事へのトラックバック一覧です: いやこれ最初からそうやったやろ。 → JR北海道、経営危機でJR東日本と合併論浮上…資金枯渇直前で路線維持困難に :

« 2017/3/27 AKB48 高橋朱里チーム4 「夢を死なせるわけにいかない」  公演 感想 みきちゃんが有終の美やなあ | トップページ | 首都圏青年ユニオンスレの保管庫にいろいろとあるけど、コレ中核派も読んだほうがええなあ。日本共産党も中核派もスターリン主義なのは自明やし、また動労東京委員長の吉野元久も、自分が危ういから安直に暴力に傾注しとるのがわかる。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック