« 首都圏青年ユニオンの内紛を見て思うけど、やっぱ労働組合を党と同一視したらアカンと思う。中核派もそれは学ばな。動労東京の腐敗も含めて。 | トップページ | 条約について、鍵穴も額面通りの回答をしてくるなあ。けどその額面通りを、もっと掘り下げて考えたら、問題とわかるから説明する。 »

2017年3月22日 (水)

鍵穴がまたなんかウソッパチ書いてきとる。法学者のほうが間違えとるのかもワカラン。実態を考えな。→ 大西さんは条約の理解ができていませんね。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/tppepa-76b2.html#comment-114551973

>経済協定がなんで問題か?というと、ホンマは自国の憲法とか法律がトップになり、それ以外には拘束されんはずのところ、自国の憲法とか法律とかのさらに上に、経済協定が来る状態になるねん。

大西さんは条約の理解ができていませんね。
第一に、国や国民は、自国憲法や法律以外に、国同士の約束である条約にも拘束されます。



条約を締結するのは誰?

三権分立の理屈からすると、直接投票はせずとも、立法府が検討したらええことになっとるけど、現実的にはその条約を締結するかどうかは行政府しか検討してないやろ。

やっぱそこに立法府が関与してチェックせねば、国家間で締結された条約を無条件で国民が守らねばならない、とするのはおかしいやろ。


だからこそイギリスはEUからの離脱を決定したし、アメリカの場合は立法府の判断ではないかもやけど、TPP離脱を言うとるトランプが当選したんやし。

やはりその条約を締結するかどうかというのは、何らかの国民判断が要るのであって、行政が勝手に判断していいはずはない。
行政が勝手に判断していいのであれば、それもまた独裁政府になってまうやないか。




第二に、憲法の上に条約が来るという理解は誤りです。国内法と国際法の関係について、現在の国際法学者の通説的理解は「二元説」です。これは、国内の問題については国内法が適用され、国家間の問題については国際法が適用されるというものです。この説によれば、たとえば、韓国の慰安婦像問題において韓国の国内法で像の撤去ができないとしても、それとは無関係に、日本はウィーン条約等に基づいて撤去を求めることができます。つまり、国内問題では各国憲法が最高法規になりますが、国際問題では条約が最高法規となります。

投稿: 鍵穴 | 2017年3月22日 (水) 05時53分



上にも関連するけど、国内法は立法府が関わっとるから、曲がりなりにも三権分立やわなあ。

然るに国際法は、立法府が関わって、他国の立法府とかそれに類似するものの間での議論の上で考えられたものなのか?

違うよなあ。

だからこそ、繰り返しになるけど、イギリスはEUからの離脱を決定したし、アメリカはTPP離脱を言うとるトランプが当選した。


そうすると、”国際法学者の通説的理解”なるもの自体が、現代の社会情勢を検討してない、単なる机上の空論なんちゃうんか?

国際法学者も、国際法というものが ”立法府が関わって、他国の立法府とかそれに類似するものの間での議論の上で考えられたもの” でないこと(各国ともそうなのかは知らんけど)について考えてなければ、単なる御用学者の戯言になってまうぞ。

« 首都圏青年ユニオンの内紛を見て思うけど、やっぱ労働組合を党と同一視したらアカンと思う。中核派もそれは学ばな。動労東京の腐敗も含めて。 | トップページ | 条約について、鍵穴も額面通りの回答をしてくるなあ。けどその額面通りを、もっと掘り下げて考えたら、問題とわかるから説明する。 »

世界の腐敗」カテゴリの記事

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動」カテゴリの記事

法律解釈」カテゴリの記事

考察・推理」カテゴリの記事

コメント

>やっぱそこに立法府が関与してチェックせねば、国家間で締結された条約を無条件で国民が守らねばならない、とするのはおかしいやろ。

日本の場合、条約の批准には国会の同意が必要とされています。ですので、行政の独断で条約という法を勝手に作っているわけではありません。
また、一般的には、条約を結んだだけでは国民に具体的な権利義務は発生しません。条約の内容を国内法にも書き、かつより具体化することによって、国民にも影響することとなります。(条約の国内法化といいます)。

>国際法は、立法府が関わって、他国の立法府とかそれに類似するものの間での議論の上で考えられたものなのか?

外交ですから条約の交渉や作成は行政府が担当しますが、最終的に条約を批准するか否か、どのように国内法するかは立法府の決定事項です。よって三権分立に反するものではありません。

>だからこそ、繰り返しになるけど、イギリスはEUからの離脱を決定したし、アメリカはTPP離脱を言うとるトランプが当選した。

ご存知かと思いますが、EU離脱についてイギリス最高裁は議会承認が必要だとの判断を示し、先日議会にて首相に離脱交渉権限を与えるとの法律が成立しています。また、アメリカのTPP離脱については、TPPが議会承認される前のことですので、大統領が自由に交渉をやめることができます。

>だからこそ、繰り返しになるけど、イギリスはEUからの離脱を決定したし、アメリカはTPP離脱を言うとるトランプが当選した。

この馬鹿はこれが大前提で話をしてるから自分がそう思ったんだから間違いないやろがよ! ってすぐなる発達障害者
話など一つも通じない、大西カスの中で話がまとまってるから柔軟な思考が出来ないんだよな、発達障害者だから。
人の話を聞いたとしても否定しか出来ないから聞いてないも同然だよな、TKはよくこんな奴と話して好印象だったとかほざいたな、今はもう亡きTKさん、大西自演のTKさん。

鍵穴の一般論が通じない独自の理論を持つ禿宣。
只のガイジ!!

おいカス!今頃起きたのか?いい身分だよなぁ
42歳無職生活に戻った感想はどうだ?そういえばお前は以前身長160cmってほざいてたけどパスポートは163cmってなってたのはなんで?得意の嘘ついちゃったの?ホント恥ずかしい奴やなぁ、顔もブサイクだったなぁ、ってか不潔感丸出しの顔してたわ

またあれこれ駄々こねて国民の税金をかすめ取るつもりですか?

いい加減自立するか地元に帰って下さい

大西って自分は頭いいと思ってんの?阪大で大学院までいっとるやろがよ!ってか?
お前リタリンでぶっ壊れてるから頭は中卒ぐらいのレベルなんじゃね!?
精神は幼稚園児だからタチ悪い

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/70008920

この記事へのトラックバック一覧です: 鍵穴がまたなんかウソッパチ書いてきとる。法学者のほうが間違えとるのかもワカラン。実態を考えな。→ 大西さんは条約の理解ができていませんね。 :

« 首都圏青年ユニオンの内紛を見て思うけど、やっぱ労働組合を党と同一視したらアカンと思う。中核派もそれは学ばな。動労東京の腐敗も含めて。 | トップページ | 条約について、鍵穴も額面通りの回答をしてくるなあ。けどその額面通りを、もっと掘り下げて考えたら、問題とわかるから説明する。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック