« 中核派はいろいろと理屈が通ってない。たとえば"労働者"に関する主張だけでもブレブレで、本当に労働者について考えてないのは明白や。 | トップページ | ブッブー!中核派的に言うと、労働者の支持を得るんやろなあ。そして私は労働者の支持を得た。 → 大西さんは発言権を得たいのであれば、まず組織で上に立つ。 »

2017年3月 9日 (木)

中核派に対する匿名の批判について考察する。完全に批判はしないけれども、批判すべきところはする。

http://echo.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1481902809/172-175

172 : 革命的名無しさん (ワッチョイ 3b6b-m4jB)2017/03/06(月) 13:36:00.71 ID:XZyTuzCX0
第二カクマルに成り下がった自覚もねーのかよ。
「血債主義反対」など「被抑圧民族迎合主義」とどこが違うのか?
「労働運動で革命を」なども同じ。
すべて反革命カクマルの主張の焼き直し。
そして第二カクマルに転落していく過程こそ、各学園・地域・職場で、
白色支配を貫こうとして、ノンセクト諸氏や他党派に対する暴力および
恫喝を日常化してきた。
まさに、反革命カクマルと同じではないか。
恥を知るなら、さっさとシミタケと決別し、製造物責任を果たすため。
反革命カクマル残党に対するテロルを断行せよ。


「血債主義反対」「被抑圧民族迎合主義」「労働運動で革命を」等々、なんか私的にはどうでもいいかな。

相手の言うことをちゃんと聞いたらそれでよくて、そうしないための屁理屈のためにこれらの言葉を主張しとるカンジがする。

労働運動路線だって、中野洋はちゃんとやったかもやけど、中核派の大勢は、市民運動をやらない屁理屈になっとる。
そのくせ星野奪還闘争とか、誰がどう見ても労働運動ではないものを、自分らの仲間の闘争としてやっとる。

三里塚闘争も、塩川派は労働者と農民を分離した、と言って中核派は非難しとったけど、塩川派の言い分も聞いてみなワカラン。
ナントカ主義とかいうのを新しく作って、新しい主張をした者を粛清していくのは、それ自体がスターリン主義で反革命・・・と書くと、このコメント主の言い分を概ね認めることになるよなあ。

”ノンセクト諸氏や他党派に対する暴力および恫喝を日常化してきた”

というのも、私が現実に地区党のヤツから恫喝をされたから、中核派は恫喝を利用しているらしいとは考える。

けど最後の2行はシミタケ以外ヨウワカラン。

革マルに対するテロをするのではなくて、革マルでさえも共闘する、それこそが革命に繋がるんやろ。
近親憎悪みたいなんをやっていて、どうやって過半数を得るのか、そっちのほうが理解に苦しむ。

過半数を得るために、自分らだって変わらなアカンねん。


そういえば、日立製作所時代に、社内SNS「こもれび」で、佃軍治から、プロフェッショナル仕事の流儀でも使われた誰かの言葉を引用して、「ヒトは変えられない、自分は変われる」

とか言って諫められた。

けどおかしいやろ。

ヒトを変えられないならば、じゃあ偉人伝とかなんやねん?

ヒトを変えられない人間が大多数かもワカランけれども、やっぱヒトを変えられる人間というのはあるねん。

ただもちろん、ヒトを変えられる人間というのは、自分が率先していちばん変わらなアカン、範を示さなアカンとは思うよ。

中核派って、学生時代にオルグされて、それで延々何十年とマルクス真理教を学んできて、革命の反対側にいる人々が大勢いる。

ヒトを変えなければならないけど、自分は頑として変わらない、変わるとしてもそれは前進社に迎合して変わる、みたいなヒトが大勢いる。

そうではなくて、自分が前進社に対して反旗を翻せる、そんくらいの意識を持って主張をしだしたときに、ホンマに革命家になれるんやないか。

なんでジジイが揃いも揃ってそんなことがワカランのか、不思議でしかたがない。


日立に真似て、「中核派ふしぎ発見!」という番組をやったってええかもワカランなあ。



173 : 革命的名無しさん (ワッチョイ abd2-E7CQ)2017/03/06(月) 16:24:11.29 ID:1WJkbBzq0

ストライキで戦う動労千葉はかっこいいぜ! 斉藤君もがんばれ!
http://file.hosei29.blog.shinobi.jp/IMG_1190.JPG

175 : 革命的名無しさん (ワッチョイ 0f79-YjQ6)2017/03/07(火) 18:54:18.48 ID:aL7OntaH0
>>173
金がないので、ストは数名の「指名スト」、当然代替要員を
配置されて全くダイア運行に影響なし。
アリバイストどころか、見たくもないオナニースト。

もうそろそろ組合員数も二ケタになろうとしているのに、いつまで
ブクロも「DC礼賛主義」を掲げているんだか。
ま、中核派という党派と一心同体なんだから、潰れるのも一緒という
ことだわな。


私は、ストライキ権は放棄せんけど、安直にストライキに入るのは反対や。
闘える機会をいっぱい逸しとると思う。

動労総連合だって、国鉄採用世代が大量に退職せざるを得んようになるから、どんどん減ってく一方なんやろなあ。

じゃあ、なんで私みたいな貴重な人材を捨てようと思うのかがヨウワカランよなあ。
それでどんなヒトを増やそうと思うとるのかがヨウワカラン。

いやもちろん最底辺層を取り込みたいのはわかるけど、それは清掃業みたいなのになって、鉄道の安全の根幹である運転保安ではなくなる。

運転保安を取り込むには、私の知識を橋渡しにするしかなかったハズなんやけどなあ・・・・・・・なんでそんなことも理解できずに、自分のやりたい、しょうもない闘いばかり(と言ったら怒られるやろけど)を局地戦でやってまうかなあ・・・・・

サブロク協定とか盛んに聞いたけれども、その関心は直接運転保安には移らん。

だいたい私が、JR東日本とか日本政府と一蓮托生である日立製作所について訴えても、アイツら我関せずやったやろ。

そうすると、動労がサブロク協定で騒いだところで、JR東日本の運転保安関連要員の全員が我関せずであっても、中核派は文句は言えんわなあ。


動労千葉は中核派の中でもリアルな闘いをしているとは思うけれども、尼崎の事故の後で危険区間で徐行してレールを交換させた、そのときほどには智恵がないと思う。

なんでもかんでもストライキやったらええわけではない。

ストライキをやるったって、それはけっきょく、ストライキに至るまでの過程で会社がどれだけ不誠実かを示して、賛同者を募るのが目的なんやから、賛同者を募れんかったのにストライキだけ決行して、代替要員を配置されたのでは元も子もない。

工臨が国鉄時代の機関車で、クーラーもなく蒸し風呂というのは理解できるけど、そんな現状を誰にどうやって訴えるのか、ストライキありきではなくて、いろんな”とんち”を巡らせて、JR東日本を窮地に追い込んでく、そんな闘いが必要やと思う。

ストライキありきが前提やと、JR東日本も代替要員を配置するのが前提やから、リアルに繋がっていなくとも、動労千葉とJR東日本との間に、あうんの呼吸が生まれてしまっていると言えてまう。

ストライキありきじゃなくて、動労千葉とJR東日本との間のあうんの呼吸を打破していく、そんな闘いをせなアカンねん。

« 中核派はいろいろと理屈が通ってない。たとえば"労働者"に関する主張だけでもブレブレで、本当に労働者について考えてないのは明白や。 | トップページ | ブッブー!中核派的に言うと、労働者の支持を得るんやろなあ。そして私は労働者の支持を得た。 → 大西さんは発言権を得たいのであれば、まず組織で上に立つ。 »

中核派の腐敗」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

現実から常に逃亡している大西秀宜君。

コミー話という事で、恒例の画像を貼る(藁)

http://thehomegunsmith.com/pics/CommieClenser.jpg

画像名称「Commie Clenser」

で、この画像がどこに有ったかと言うと・・・

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://thehomegunsmith.com/&prev=search

サイト名「HOMEGUNSMITH.COM」
(これは"ホームガンスミスドットコム"と読む。機械翻訳済み)

大西秀宜君も"革命"を目指すならこうしたサイトくらい読まないと駄目だぞ(^。^)y-.。o○

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/69866600

この記事へのトラックバック一覧です: 中核派に対する匿名の批判について考察する。完全に批判はしないけれども、批判すべきところはする。:

« 中核派はいろいろと理屈が通ってない。たとえば"労働者"に関する主張だけでもブレブレで、本当に労働者について考えてないのは明白や。 | トップページ | ブッブー!中核派的に言うと、労働者の支持を得るんやろなあ。そして私は労働者の支持を得た。 → 大西さんは発言権を得たいのであれば、まず組織で上に立つ。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック