« こんなツイートがある → これまで大阪の取材で知り合った市議会・府議会の議員たちや、東京で取材を受けたり素材提供したメディアの人たちや、かねてより存じ寄りの弁護士の人たちから、「物理的にであれ、社会的にであれ、殺される恐れがあるから慎重に」とアドバイスがくる。逆に怖いよw | トップページ | どうも、いろんなコメントを考えると、権力内部でも思惑があるっぽいなあ »

2017年3月19日 (日)

ブログ 《試練》――現在史研究のために にコメントした内容

http://blog.goo.ne.jp/shiren-shinsayoku/e/8e31d67e86c63b24fd666616dd75ea25?#comment-list


Unknown (おーにっちゃん)
2017-03-19 15:51:10
まず、上のコメントは私によるものではなく、誤解を与えるものです。

その上で、

”大衆的なデモと同時にゲリラ的・パルチザン的な闘いが必要になる段階が必ずあると思います”

というのは、著者の方はいまお元気なのか分かりませんが、私は正直言ってないと考えます。

いや、たとえばゲリラ的宣伝ならばあり得るかも知れませんが。

たとえば、まだ仲間にはなってはいないけれども、権力から攻撃を受けている人を見つけて、その人をなんとか集中的に助けて仲間にする。
そしてその人の闘いを、仲間に展開する。

そういう闘いが、”ゲリラ的・パルチザン的な闘い”と言うのであれば、あり得るとは思いますが。

とにかく、暴力革命は起きないと思います。

というのも、いま動画がインターネット上で見られるし、公安も監視カメラで監視している世の中です。

そして、私が痛切に実感しているのは、どんな活動であれ、反政府的な活動は、インターネット上で風説をバラ撒かれ、ゲリラ的・パルチザン的な闘いはけっきょく、やれ連合赤軍だなどと言われて、反革命になってしまうと考えます。

上のように、私に対して誤解を与える記載をしているのも、その一環です。

私は暴力革命論は否定的に考えていて、そうではなくて、革命は共振現象であり、大勢が固有振動数に達して、振動が振り切れるときに革命が起こると考えます。

そのためには、イデオロギッシュに上から、「団結だ!ストライキだ!」とか言って固有振動数を決めてしまうのではなくて、みんなの総意で、一緒に動けるモノを考えて振動していく、その試行錯誤の繰り返し、そのためのたゆまぬ努力が、革命に至ると考えます。

追伸 (おーにっちゃん)
2017-03-19 15:57:55
この記事の表題は

”現状分析の議論が尽くされていない”

ですが、現状分析の議論とはまさに、私が主張する、共振現象の固有振動数を求めて試行錯誤すること、だと考えます。

« こんなツイートがある → これまで大阪の取材で知り合った市議会・府議会の議員たちや、東京で取材を受けたり素材提供したメディアの人たちや、かねてより存じ寄りの弁護士の人たちから、「物理的にであれ、社会的にであれ、殺される恐れがあるから慎重に」とアドバイスがくる。逆に怖いよw | トップページ | どうも、いろんなコメントを考えると、権力内部でも思惑があるっぽいなあ »

私の信念」カテゴリの記事

コメント

07011310481084_mh

860 : 最低人類0号 (ガラプー KK1e-Pr9B [07011310481084_mh])2017/03/19(日) 15:51:54.19 ID:nLEZ0QyAK
>>842
汚名悪名でも承認欲求が満たされるって
まるで矢口とか指原みたいな奴だねw

861 : 最低人類0号 (ワッチョイ 19cf-v8EU [210.170.22.58])2017/03/19(日) 16:18:30.34 ID:41jk1EU50
>>858
3枚の写真はガクブルで手ぶれしちゃって何だかわからんやろがw


IPアドレス 210.170.22.58
ホスト名 210-170-22-58.east.fdn.vectant.ne.jp
IPアドレス割当てエリア
国 日本
都道府県(CF値) 千葉 ( 95 )
市区町村(CF値) 千葉市 ( 55 )
IPアドレス割当て組織
組織名 該当なし
上場区分 該当なし
資本金 該当なし
従業員数 該当なし
売上高 該当なし
業種大分類 該当なし
組織 WEBサイトアドレス 該当なし
IPアドレス割当て環境
接続回線(CF値) フレッツ系(b/l混在) ( 95 )

岩埼同志の控訴審を傍聴しに行かないのですか?
http://www.nikkansports.com/general/news/1785377.html
ファンの立場を超えて一方的に恋愛感情を抱き・・・
おーにっちゃんと同じだね。
大西さんはファンの立場を超えて一方的に岩田華怜に恋愛感情を抱いてストーカー行為を繰り返したよねぇ~

おーにっちゃん
あえて名前は出さないが、どっかの誰かさんも似たような感じらしいなw

前田亜美@ami__maeda0601
私の握手レーンで出会ってファン同士で結婚して、私のファンしか写ってないというこの写真。。
私が幸せです😇😇🌈🌈💘💘💘

結婚おめでとう!!お幸せにね…💘💘💘

*** @
記念写真も「まゆげボーン」だよw
http://pbs.twimg.com/media/C7Qfz8RVAAAZw6O.jpg

私は対アンチ要員として仕事するのは得意やし。

http://potato.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1487848671/

次スレ

出禁ナマポ©2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1489893610/
851 : 最低人類0号 (アウアウカー Safd-aZn0 [182.250.243.2])2017/03/19(日) 12:47:45.93 ID:gtJZ/YKka


http://pa-nicchan.cocolog-nifty.com/blog/
公安に暗殺されると言いながらもふつうに街を歩くおーにっちゃん
そんなくるくるパーなおーにっちゃんまとめブログがあります。

大西さん

寮を出ていってください

もうそういうのやめて普通に暮らせ

放プリのライブ終わってロピア行ったらキャベツ焼き売り切れてたw
何でそうなるんだよ兄貴w

自身の言い分がヤバイと思う場合、即座に言い訳を拵える大西秀宜君。

>まず、上のコメントは私によるものではなく、誤解を与えるものです。

>その上で、
>”大衆的なデモと同時にゲリラ的・パルチザン的な闘いが必要になる段階が必ずあると思います”
>というのは、著者の方はいまお元気なのか分かりませんが、私は正直言ってないと考えます。

>いや、たとえばゲリラ的宣伝ならばあり得るかも知れませんが。

>たとえば、まだ仲間にはなってはいないけれども、権力から攻撃を受けている人を見つけて、
>その人をなんとか集中的に助けて仲間にする。
>そしてその人の闘いを、仲間に展開する。

>そういう闘いが、”ゲリラ的・パルチザン的な闘い”と言うのであれば、あり得るとは思いますが。
>とにかく、暴力革命は起きないと思います。

救援要請を発しておきながら言い訳すんな( ´,_ゝ`)プッ
"暴力革命は起きないと思います"なんて今更言い出すなら、なんで君は中核派に関わったの?

まあ、大西秀宜君が機関拳銃や突撃銃などの武器を取って戦う姿なんて想像できないしな(藁)

>そして、私が痛切に実感しているのは、どんな活動であれ、
>反政府的な活動は、インターネット上で風説をバラ撒かれ、
>ゲリラ的・パルチザン的な闘いはけっきょく、やれ連合赤軍だなどと言われて、
>反革命になってしまうと考えます。

リアル極左暴力集団に関わって、最後には叩き出された大西秀宜君が言うな(失笑)

>上のように、私に対して誤解を与える記載をしているのも、その一環です。

言い訳は無用だ。諦めろ。

>私は暴力革命論は否定的に考えていて、そうではなくて、革命は共振現象であり、
>大勢が固有振動数に達して、振動が振り切れるときに革命が起こると考えます。

「百匹目の猿理論(藁)」信奉者乙。

>”現状分析の議論が尽くされていない”
>ですが、現状分析の議論とはまさに、私が主張する、共振現象の固有振動数を求めて
>試行錯誤すること、だと考えます。

大西秀宜君の邪悪な情念と欲望を阻止するためには逆位相波を送ればいいんだな(^。^)y-.。o○

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/69977005

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ 《試練》――現在史研究のために にコメントした内容 :

« こんなツイートがある → これまで大阪の取材で知り合った市議会・府議会の議員たちや、東京で取材を受けたり素材提供したメディアの人たちや、かねてより存じ寄りの弁護士の人たちから、「物理的にであれ、社会的にであれ、殺される恐れがあるから慎重に」とアドバイスがくる。逆に怖いよw | トップページ | どうも、いろんなコメントを考えると、権力内部でも思惑があるっぽいなあ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック