« 私のブログをチェックして、中核派の内部体制について検討して書きこんどるのがおるけど、公安のヤツらやろ。 | トップページ | 首都圏青年ユニオンスレにおける、私に対する工作コメントに対して反論 »

2017年3月23日 (木)

コレに関連して、「政治責任」とは → 「党の革命」というペテン性 ――「自著『革共同政治局の敗北』を語る―党概念のコペルニクス的転覆ができるか」を読んで

中核派を批判する際に、他の人々の批判も検討せねばと思う。

そもそも中核派はマイナー過ぎて、一般人に対して「政治責任」なんてないと思われる。

けれどもココに「政治責任」が書いてある。



http://blog.goo.ne.jp/shiren-shinsayoku/e/960957eed4490ec7b36bd8e764786228?fm=entry_awp

次に確認したいのであるが、政治活動における政治党派の責任性ということである。誰に対する責任かと言えば、プロレタリア人民に対する階級的責任である。このことについて一切の曖昧さ、中間主義、客観主義は許されない。かつて中央派は機関紙『前進』紙上で「われわれは階級的立場に立ち切り、政治的責任を負う」というような大言壮語的な文言をことある度に叫んでいた。だが、中央派が「政治責任を取ったこと」は一度もなく、あらゆる運動の「政治責任」から逃げまくっている。



私は、中核派なりあらゆる党派が考えるべき第一義的な「政治責任」というのは、たとえば「革命を起こすのだ!」と言い出したら、それをビラ配りとか街宣とか、何万年経って起こせるかわからないようなことを延々と繰り返すのではなくて、どこで何人増やしていつ革命にする、というような具体的なビジョンが必要と考える。

そして、具体的なビジョンがあれば、私の日立製作所との案件とか、悩める障害者が大勢いることとかが、全部、組織拡大のチャンスに見えてくるはずなのである。

それがチャンスと思えずに、「ビラ配りとか街宣とかをしていればいいのだ!」と、なんのビジョンもないままに上から下を抑えつける、そして当然のように手ごたえがなくて、党員がより苦痛を感じる、コレこそが、一般人や党員に対する「政治責任」を果たしていないと捉えていいことだと考える。


当然ビジョンを描いていたって、そのとおりにいくとは思わないけれども、その都度情勢を見ながら、人々の関心を考慮しながら、修正をしていけばいいのである。

昨日も上げたけど、この文章なんて7年間なんも変わってない。
日にちをちょこっと変えたらいまもそのまま使えてまう。


http://www.k-center.org/blog2/kc/2010/02/post-33.html


けど、そんな、万年言うとることが同じと思われるところに、「政治責任」なんてなんもない。

人々の関心をつねに考慮して、どういう説明の仕方ならば共闘できるのか、誰に向かって言えばいいのか、こういうのはもう本当に毎回試行錯誤せねばならないし、そこで当然のように下の者は「こんなことさせやがって」と指導部に対して思うかもしれないけれども、それでもとにかく自分らのほうが率先してじゃんじゃん変わろうとする、その意思こそが「政治責任」そのものやろ。

そういう「政治責任」が中核派には確かに、微塵もない。

« 私のブログをチェックして、中核派の内部体制について検討して書きこんどるのがおるけど、公安のヤツらやろ。 | トップページ | 首都圏青年ユニオンスレにおける、私に対する工作コメントに対して反論 »

中核派の腐敗」カテゴリの記事

考察・推理」カテゴリの記事

コメント

次スレ

出禁ナマポ©2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1489893610/

http://pa-nicchan.cocolog-nifty.com/blog/
公安に暗殺されると言いながらもふつうに街を歩くおーにっちゃん
そんなくるくるパーなおーにっちゃんまとめブログがあります。

なんか支離滅裂さが増してますね。
大西さんの言う具体策自体、大西さん自身できておらず、ロビ鑑とブログに駄文を書くのではなく、期間を決めて賛同者(匿名ではない)を何人集める、を実行すべきですし、日立案件に関しても大西さんが公開している内容だけでも職務専念義務違反、窃盗、業務上横領、威力業務妨害などを行なっており、懲戒免職だけの温情処分ですし。

行政の施しを当たり前のように受けるのはやめて下さい

障害者なら仕方ないかと思うところもありますが何の成果や実績も無いのに自分がさも世界の重要人物を気取って上から目線の言動はイラっとします

現実ではあなたコジキ寸前じゃないですか

つまりお前は社会的に害悪な存在って事を理解せずのうのうとクズ人生を過ごしているって事だな、生きてる価値ない人間ってどんな奴か知ってる?
              ~~お・ま・え・だ・よ!!~~

他人にはとやかく言うくせにお前何年もかかってなんも出来てないやんけw

Jナンチャラは?
警察との全面戦争は?
昨年で完遂してるはずの日立、AKBをぶっ潰すって言うのは?
第三次世界大戦は?


アホか

ビラ配りをさせられた事、それが上手く出来ずにこっぴどく叱られた事がトラウマになってるなw
誰でもできる事すら出来ない癖に上から目線でモノを言うから叩かれるんだよ。
下らないと断じる前に卒なくこなすか、口をつぐむかしなきゃね。
おーにっちゃんは無能だから底辺なんだよ。自覚しなきゃ。

壮絶ないじめを小中高と受け続け、いじめっ子を見返す為阪大へ(別にいい大学いったからって見返す事にはならないが、こいつの糞みたいな感性でそう思った。)

しかし大学でも1人も友達出来ず無視される日々、見返す為大学院まで進み日立という大企業に障害者枠で入社するが、想像以上になにも出来ず、そればかりか他の社員に多大なる迷惑をかけ、あげく会社のルールを無視し続け懲戒解雇(クビ)になる。

これまでの自分を蔑んできたいじめっ子、大学時代無視してくれたサークルのメンバー、日立の奴らを見返す為に過激派として知られる中核派に入る、こいつとしては
「よくも私を馬鹿にしてくれたなぁ、今や私は中核派の一員や、私になんかあれば怖いバックが出てくるやろがよ!」って見返したかったから中学生の発想で入っただけなのに勘違いし発達障害者の本領をどんどん発揮し追い出される。

おーにっちゃん答えてよー

パスポートに記載した身長163cmって
書いてあるけど、153cmの間違えだよね?

今回記事にて、大西秀宣君がたまに使う「コペルニクス的転回」の元ネタが解ったような気がする(藁)

コミーの言い回しから取ったのか。郷里に居た頃に知って、頭よさ気に見えるからブログ等で使いはじめたと(-。-)y-゚゚゚

お前創価学会の人と話したって書いてたけど、その後なんも言ってこないのか?普通勧誘だったら熱心に誘ってきそうなもんだけどな、嘘なのか、お前の金の無さとキチガイ度を知ってしまったので何も言ってこなくなったかだよな、まぁ嘘の可能性90パーだけどな。大西自演のTKもどっか逝ったしな

後さ、3回飲み会あるって言ってたけどそれも嘘だったんだなぁ、ホント嘘つきだな、42歳が恥ずかしくねぇのか?お前ホント気持ち悪ぃな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/70020195

この記事へのトラックバック一覧です: コレに関連して、「政治責任」とは → 「党の革命」というペテン性 ――「自著『革共同政治局の敗北』を語る―党概念のコペルニクス的転覆ができるか」を読んで :

« 私のブログをチェックして、中核派の内部体制について検討して書きこんどるのがおるけど、公安のヤツらやろ。 | トップページ | 首都圏青年ユニオンスレにおける、私に対する工作コメントに対して反論 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック