« そうJR東日本が返してきたら、「やっぱ後ろめたいことがあるんやな!アカウンタビリティー(説明責任)はないのかよ!」って追及できるよなあ。 → 義務的団交事項は労働条件に関わることとされていますので、大西さんの想定している事項が義務的団交事項になるかは疑問です | トップページ | 2017/3/29 AKB48 木﨑チームB ただいま恋愛中 公演 感想 最近さとねちゃんが元気なくなってきた »

2017年3月29日 (水)

中核派・吉野元久らが求めるアウトプットが、民意を得たことは、歴史上ないぞ → 相手が求めるアウトプットじゃないですから。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-cf35.html#comment-114596566

大西さんの書いた内容って、
資料読まなくても書ける内容じゃないですか?

そんなのいくら書いても価値0ですよ。
相手が求めるアウトプットじゃないですから。
投稿: ら | 2017年3月29日 (水) 16時17分

私ではなく中核派の弁護も兼ねてきとる。

日本政府と中核派が、寄ってたかって私の敵になっとる。


そんで、まず私の資料は、”TBM”から”CBM”手法への移管や、少子高齢化を機械化のための理由として主張しとる、このあたりなんか、JR東日本の資料を読まなければ説明しないくだりや。


そして、機械化のひとつの大きな問題が、”技術革新中長期ビジョン”で書かれている、”TBM”から”CBM”手法への移管がある。

あるひとつの数値をチェックするのであれば、”TBM”から”CBM”へ移管してもいいとも思えてしまうが、そこに説明のトリックがある。 
人間、労働者が定期的に巡回してチェックするのは、チェック項目だけではない。

私も伝え聞くしかないが、たとえば蒸気機関車の頃は、運転士や検査の方が、五感で感じていたもので、その技術の習得には何年もかかる、と言われた。 
そうすると、それを仮にチェック項目として挙げられると仮定すると、多くの可能性があり、さらに複数の不具合の要因が絡んで進行している場合を考えると、労働者が考えねばならないことは無限にあるはずである。

そのような項目について一切考えなくなったから、電化柱が倒れかけているのを大勢の運転士が申告しているにも関わらず、JR東日本の指令は倒壊事故が発生するまで放置したのである。

”CBM”の手法になれば、電化柱の倒壊事故は発生するのが当然ということになる。

では、そんな手法は受け入れられない、と皆が思うだろう。

けれども権力者はさらにずる賢く、事故が起こってさえも、停止していた時間の賠償金や修理費、もし負傷者が出ればその賠償金を勘案しても、利益が出ていれば、事故は起こってもかまわないという発想なのである。

これは、”ALARPの原則”として、いまや世界中の権力者は当然のように利用している。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ALARP

ALARPは"as low as reasonably practicable"の略で ALARPの原則とはリスクは合理的に実行可能な限り出来るだけ低くしなければならないというものである。ライフクリティカル・システムや高信頼性システムの分野でしばしば使われる用語である。 
リスクが(以下で述べる)ALARP領域に留まることができるのは、リスク低減に要する費用が得られる利益に対して極度に釣り合わないことを示せる場合のみである。ALARPの原則はリスクをゼロにするために労力とお金が無限に費やされる可能性があるという事実に基づいている。注意しなければならないのは、単に損失に対して利益を量的に比べるのではなく、ごく当たり前に、リスクと社会的利益の釣り合いを判断するということである。 
英国においては1949年のEdwards v. National Coal Board訴訟以後、ALARPと同じ意味のSFARP:合理的に実行可能な限りできるだけ遠ざける(so far as resonably practical)が法律でうたわれている。この判決はリスクは犠牲と、それを避けるためのお金や労力、時間に対して十分小さくなければならないというものだった。欧州裁判所における10年間の法廷闘争は2007年6月14日にSFARP原則を支持して終了した。

”この判決はリスクは犠牲と、それを避けるためのお金や労力、時間に対して十分小さくなければならない”

との記載があるが、現実にJR東日本が少子高齢化を主張していることからも、「機械化するから人間が足りなくなる」のではなく、「人間が足りないから機械化する」という発想で、安全性が軽視されても仕方ない、という考え方にまで、多くの人々が陥らされかけている。 
ここは、運転・保安闘争をやってきた全力をさらに結集して、徹底抗戦するしかない。

改めて世界的に見ると、”ALARPの原則”を武器にし、システムの汎用化・自動化は世界的に為されており、日本としてもそれに乗り遅れないべく、JR東日本がシステムの汎用化・自動化をゴリゴリ推し進めており、それを日本の人々に対して説明したものが、”技術革新中長期ビジョン”として表現されていると考えられる。

それに、"相手が求めるアウトプット"って、中核派が求めているアウトプットには大勢が賛同してないから、中核派の主張はいつまで経っても民意にならんねんなあ?

だから私は、中核派の主張をもっと事実に即したモノにしろと言っていて、そりゃ当然のように中核派が求めるアウトプットではない。

中核派が変わらな、偉い自分達が人々を変える、なんて発想ではダメ。

« そうJR東日本が返してきたら、「やっぱ後ろめたいことがあるんやな!アカウンタビリティー(説明責任)はないのかよ!」って追及できるよなあ。 → 義務的団交事項は労働条件に関わることとされていますので、大西さんの想定している事項が義務的団交事項になるかは疑問です | トップページ | 2017/3/29 AKB48 木﨑チームB ただいま恋愛中 公演 感想 最近さとねちゃんが元気なくなってきた »

中核派の腐敗」カテゴリの記事

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

考察・推理」カテゴリの記事

コメント

組織に属するなら、上席の求める仕事を
する必要があります。
それが嫌なら、一人で生きるか、
自分のアウトプットを認めてくれる組織に
所属するしかありません。

そういう意味で、バイトは大西さんにとって
最適ですね。
アウトプットを間違える可能性は最も低いです。

お疲れさま。
牡蠣ならいつでもつきあいますが、
仕事しっかり頑張ってください。
また近いうちに我が家に来て飲もーぜ>^_^<!

そもそもあなたが出すアウトプットは誰一人賛同してませんが、、

http://pa-nicchan.cocolog-nifty.com/blog/
公安に暗殺されると言いながらもふつうに街を歩くおーにっちゃん
そんなくるくるパーなおーにっちゃんまとめブログがあります。


次スレ

出禁ナマポ©2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1489893610/
851 : 最低人類0号 (アウアウカー Safd-aZn0 [182.250.243.2])2017/03/19(日) 12:47:45.93 ID:gtJZ/YKka


国鉄東京動力車労働組合(略称:動労東京) を結成しました。

http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2014/photo/20160609b-3.JPG
http://file.dorosorengoqs.blog.shinobi.jp/651092269853.jpg
http://i.imgur.com/BP37pCw.jpg
http://i.imgur.com/Fy2wLNK.jpg


代表 大西秀宜(委員長)

電話 03-3845-7461

代表直通 070-6969-9177

住所 〒111-0041 東京都台東区元浅草2-4-10 五宝堂ビル5階

大西委員長ブログ http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/

動労東京ブログ http://dorotokyo.edoblog.net/

メール kotochan0725@gmail.com

あの~いつまでぐだぐだくだらない事言ってんの。お前は誰からも必要とされてないんだよ。いい加減気づけよ。

    llllllllll,
    lllllllll''  ,lllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,llllll,,,,
    lllllllll ,,,,,,,,lllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
 llllllllllllllllllllllllllllllllllllll       lllllllll
      ,,llllllllll'lllllllllll       lllllllll
     ,lllllllllll'' llllllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,llllllllll
   ,,lllllllllllll,,,, lllllllllllllllllllllllllllllllllllll
 ,,llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll''''''''
lllllllll'''llllllllll ''llllllll  ,lllllllll'lllllllll
    lllllllll      ,llllllllll lllllllll    ,,,,,,,
    lllllllll    ,,llllllllll' llllllll    lllllll
    lllllllll   ,lllllllllll''  lllllllll,,,,,,,,,,llllllll,
    lllllllll,,,,,llllllllll''''   lllllllllllllllllllllllllllll
    lllllllllllllll''''''

      llllllllllllllll,
        'llllllllll         ,,,,,,
         'llllllll,   ,,,,,,,,,,,,lllllllllllllll,,
 ,,,,    ,,,,,,,,llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll'
 llllllllllllllllllllllllllllllllll''''  ,,,lllllllllll''''
 '''lllllll'''''    lllllllll ,,lllllllllll'''
        'llllllllllllllll'''''
          'lllllllll
            llllllllll
           'llllllllll
         'llllllllll,
          'lllllllll'

                   ,,,,,,
 ,,,,,     ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,llllllllllllllllllllllllllll,,
 llllllllllllllllllllllllllllll''''''''''''''''''llllllllllllllll''''
 '''llllllll'''''''         ,,llllllllllll'''
       lllllllllll,,,,,, ,,llllllllllll''''
        ''''lllllllllllllllllll''''
           '''lllllllllllll,
           'llllllllll,
             ''''''''

    ,,,,,,,,,,,,,,
    ''''lllllllllllllll,,
       ''lllllllllll           ,,,,,,,,,
 ,,,,,,,,,,,   ''''''''          ,,lllllllll''
 ''lllllllllllllll,,        ,,,llllllllll''
    ''llllllllll         ,,,lllllllllll'''
      ''''''     ,,,,llllllllllll'''
         ,,,,lllllllllllll'''
   ,,,,,,,   ,,,,llllllllllllll''''
   lllllllllllllllllllllllll''''
    ''llllllllllllll''''
     ''''''''


 lllll,,,,,,
 '''llllllllllll,,,             ,,,,,,,
    'lllllllllll,            ,,,lllllllll'
    'lllllllll'       ,,,llllllllll'''
               ,,,lllllllllll'''
           ,,,llllllllllll'''
          ,,,lllllllllllll''''
 ,,,,,,   ,,,,,lllllllllllllll'''
 llllllll,,lllllllllllllllll'''
 ''llllllllllllllll''''
   '''''''''

                     ,,,,,,,,,
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,lllllllllllllll,,
  '''''''''''''llllllllll''''''''''''llllllllll''''''''''''''''''''''''''
      ,lllllllll'     lllllllll
     ,lllllllllll,,,,llllllllllllllllllll   ,,,lllllllllll,,
    ,lllllllll'''''''llllllllllllllllllll ,,,lllllllllllll''''''
   ,lllllllllll,,, ,llllllllll' lllllllllllllllll'''''
  ,,lllllllllllllllllllllllllllll'' llllllllll'''
 llllllll''  'llllllllllllll''  lllllllll
 '''''    ,,llllllllll''   llllllllll      ,llllll
    ,,,,lllllllllll''    llllllllll       llllllll
  ,,,,,lllllllllll'''      lllllllllllllllllllllllllllllllllllll,
 lllllllll'''''        ''''''''''''''''''''''''''''''''''''

         llllllllllll
         lllllllllll
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,llllllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,lllllllllll,,,
  llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll'
     llllllllll
     llllllllll
     llllllllll
     llllllllll
     llllllllll
     llllllllll
     llllllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
     'lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll'

伊達娘の舞台見にいけないから焦っとるw

焦ると中核派で話題そらし乙

せいぜいしっかり働いて自立しなさい
最低限、ナマポの話なんぞだれも聞く耳もたんよ

ヤマシンって通販で家電扱ってそう。

大西くん。

>けれども権力者はさらにずる賢く、事故が起こってさえも、停止していた時間の賠償金や修理費、もし負傷者が出ればその賠償金を勘案しても、利益が出ていれば、事故は起こってもかまわないという発想なのである。

誰がこんなこと言ってるわけ?
誰がどういうリスクを考えて言ってる?

ALARPの話題で、こんな話聞いたことないけど。
そもそもが負傷者が出るようなリスクを許容することを前提なんてあり得ない議論だと思うけど。

何を見て言ってるわけ?


ワタシの言うこと聞いてなの!→聞かない→自動的に敵

ボランティアでも探したら?

大西くん。

>交通機械サービスの件で、フツーに闘ったら負けると私は書いたけど、私なりに"桶狭間の戦い"で勝てる案はある。

>それは、労働者が見ている、埼京線のATACS準備工事についてや。

交通機械サービスの件は、賃金アップ、労働条件、労働環境の改善が目指すものだよね。

で、ATACS準備工事の話は何?
その話をすると、目指すものを勝ち取れるわけ?
どういう理屈で、賃金が上がるわけ?

口止め料???

大西くん。

もう君の結論は出たよね。

・みんなは以前からわかってたけど、中核派なんてバカの集まり。委員長もバカ。

・それに比べて、君は、JRの安全に関わる重大な問題を見つけ出していて、交通機械サービスの件は、秘策を使って勝つことができる。

→組合作って、委員長になって、中核派が出せない成果を上げればいい。

何故、やらないの??

AKBにも日立にも中核派にも偉そうに言ってるけど成果が出せる、成功する、勝利するんだったら自分で組織を作って活動すればいいのにね

また金が無いとか忙しいとか言って逃げるんだろうけど

自分では人の話をじっくり聞いたらいいとか言ってるけどあなたは自画自賛や人に伝わらない文章ばかりで結局何がしたいんだ?

大西労働組合作ればいいやん
大西の主張が正しければ加入者いっぱい集まるで

それよりさあ、大西よ。
相思相愛の客観的証拠、社員がネットの書き込みの収集されて個人情報保護法違反という判例などの客観的証拠。これ、五年も示せてないやん。
いい加減決着つけようぜ。いつまで逃げるんだよ。そうやってどれもこれも逃走してるから職場でもキチガイだって言われちゃうんだって

大西さん

元気そうで何よりです。
あなたの作成した資料を拝見したいので明日にでもお話を聞かせてください。
インターネット上の文面ではなく、あなたの言葉で説明してください。

本来なら大西さんはもう終わった人間で
そんな人にどんなに不平不満を言われようが痛くも痒くもありませんが
そこまで言うのならきちんと聞いてみたいです。

大西さん、あなたの言う
「カクメーガ!カクメーガ!メノマエノヒトノハナシヲキチントキクンダ!ワァァァァァァァァ!」
この言葉に従いましょう。

では、お待ちしております。

都合が悪かったり、図星な事を言われると(比喩的な意味で)顔を真っ赤にして言い返そうとする大西秀宣君。

>私ではなく中核派の弁護も兼ねてきとる。

ら さんは中核派の中の字も出してないだろ?君にはまた、書いてない文字が読めてしまったのかい?(失笑)

>日本政府と中核派が、寄ってたかって私の敵になっとる。

大西秀宣君の敵は大西秀宣君、つまり君自身。
(大西秀宣君。これには元ネタがあるから考えてみろ。君に"勉強"させる為、ヒントはなしだWWW)

>そんで、まず私の資料は、”TBM”から”CBM”手法への移管や、少子高齢化を機械化のための理由として主張しとる、

「CBMカスタムBBSMENU」かい?(藁)

>このあたりなんか、JR東日本の資料を読まなければ説明しないくだりや。

どうせ、読んでも悪意にしか解釈しないんだろ?
なんとなれば『大西秀宣君は鍛治屋線廃線の衝撃から立ち直れず、この過去に縛られている』からさ(嘲笑)

>ALARPと同じ意味のSFARP:合理的に実行可能な限りできるだけ遠ざける(so far as resonably practical)が法律でうたわれている。

大西秀宣君は知らないのかもしれないが、これって、「放射線防護・管理などの考え方」にかなり近いんだよ?
でも、君には「一見(いちげん)で」解らなかったと(可笑可笑)

>現実にJR東日本が少子高齢化を主張していることからも、「機械化するから人間が足りなくなる」のではなく、

そうだな。誰も言ってないからねWWW

>「人間が足りないから機械化する」という発想で、安全性が軽視されても仕方ない、
>という考え方にまで、多くの人々が陥らされかけている。

どうしてそう考えるんだ?やはり大西秀宣君の原点は『鍛治屋線廃線の衝撃』にあるんだな。
そこから全てを見、考えている。で、この記憶を呼び覚ますような事象や技術・システムに対して、強い敵意と反発心を持ち、顔を真っ赤にして反対論を叫ぶ。

そんな君に『わざと』国内の事例を挙げるなら、一般的な鉄道ではないが、モノレールの「ゆりかもめ」には運転士は居ないぞ。ホームドアもあるし(^。^)y-.。o○

モノレールで出来るなら、一般の鉄道、特に地下鉄でも機械化と言うか無人運転が出来るはずだし、事例もある。
(ここでも大西秀宣君に"勉強"してもらう為、具体的な名称は挙げない。)

>ここは、運転・保安闘争をやってきた全力をさらに結集して、徹底抗戦するしかない。

そうして"徹底抗戦"した結果が、旧国鉄労組残党の動労・国労だろ?( ´,_ゝ`)プッ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/70086150

この記事へのトラックバック一覧です: 中核派・吉野元久らが求めるアウトプットが、民意を得たことは、歴史上ないぞ → 相手が求めるアウトプットじゃないですから。:

« そうJR東日本が返してきたら、「やっぱ後ろめたいことがあるんやな!アカウンタビリティー(説明責任)はないのかよ!」って追及できるよなあ。 → 義務的団交事項は労働条件に関わることとされていますので、大西さんの想定している事項が義務的団交事項になるかは疑問です | トップページ | 2017/3/29 AKB48 木﨑チームB ただいま恋愛中 公演 感想 最近さとねちゃんが元気なくなってきた »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック