« コメント欄に、私の中核派復帰案が書いてあって、ネタと思うけど、回答する。 | トップページ | コレに関連して、「政治責任」とは → 「党の革命」というペテン性 ――「自著『革共同政治局の敗北』を語る―党概念のコペルニクス的転覆ができるか」を読んで »

2017年3月23日 (木)

私のブログをチェックして、中核派の内部体制について検討して書きこんどるのがおるけど、公安のヤツらやろ。

私もそういう意味では、公安に対して中核派の情報をバラしてもたことになるんやな。
けど公安もある程度は情報知っとるやろ。

けど、もっと重要なのは、そもそも私が中核派なり動労東京なりにいて、もっとハナシを聞いてもらえていたら、こんなこと書くはずがないことや。

私だって分別があるし、なんでもかんでも書くわけではない。

中核派も動労東京もカネがないし、優先順位を決めて取り掛からな、全部できるわけではない。

けれども、カネがないのを前提にして、私がリアルに実感している悩みや問題なんか聞かん!というのでは、そりゃその部分はブログに書きたくなるやろ。

そして、そのブログでさえ問題で、小泉曰く「情報漏洩だからダメ」とか、もう権力側の発想そのものになってもたら、そんなんでどうやって仲間を増やすねん?

ジジババばっかで若者の悩みとか理解できんのに、日々のことを書いとるブログを有無を言わせずダメと言って否定する、それではアカンやろ。

そんなんでなにが楽しくて中核派に入るのかヨウワカラン。

世の中の労働者のほとんどが、自分は生活しづらいとは思うとるけれども、それと革命とは結びつけて考えてないし、だからさまざまな運動に引っ付けても考えてない。

中核派のさまざまな運動だって、どれを見たって正直言って責任者不在で、このひとつでゼッタイに勝つ!という信念がない。

このひとつでゼッタイに勝つ!と思ったら、日本政府はそのひとつの問題だけでなくて、背後に内閣府がいて、経済産業省、警察庁、法務省-裁判所と、全部がネットワークで繋がっていて、勝てんねん。

だから勝つために、さまざまな運動に関わるというのはあながち間違いとは思ってないけど、全部が全部、似たようなビラ配って似たような集会して終わりやねん。

全部の活動が薄いねん。

中核派ってもっと濃い、深く考えとる人々の集まりかと思うとったら、官僚体制が敷かれていて、前進社内部ではジジイらが寄り集まって、マルクス主義とか過去のことばかり考えとる。

けど、ホンマに濃くならなアカンのは、いまそれぞれの現場で働いとる労働者の人々やねん。

結局そこで、中核派が、労働運動を叫びながら、ストライキとかお決まりのパターンにしか持っていく方法を知らず、労働者を軽視しとることに繋がるんやけど。

そういえば、前も書いたと思うけど、障害者夫婦が、「自分らのことも検討して欲しい」と訴えたことに対して、白井は

「自分はその問題は掌握し切れないから、検討したくないんだ」

とか言い放ったとか。

それを夫婦はたいへんご立腹やった。

そりゃせやわな。

問題がある!と言い出す者がいるから検討する。そうやって仲間を増やしていく。それしかないやん。

それを、”掌握し切れない”とかいう理由で検討せんって、それは完全に自分の能力の問題で、ならば誰か適任者を増やせよ、ということになってまう。

仮に国会答弁で、安倍晋三が、

「自分はその問題は掌握し切れないから、検討したくないんだ」

と答弁したら、国会議員から「ならば総理大臣辞めろ!」って大ブーイング間違いないやろ。

それと同じことを白井もやっとった。

結局みんな、学生時代にオルグされて、いま中核派にいるから中核派、というだけであって、ピラミッドの上のほうに行ければ自分が権力者、と思っていて、もう完全に権力の発想に取り込まれとるねん。

そういうのも全部含めて、中核派は内部組織を全部変えな、いまの状態で革命なんて到底起こせず、自然消滅してまうぞ。

それくらいの危機感を持たなアカンぞ。


それに、私とかその夫婦みたいにいろいろと考えとるヒトはいる。

そんなヒトとどうやって共闘しよう?というのは、いくら中核派中央が間違っていても、ホンマは横の連帯でなんとかなるはずやねん。

東部ユニオンはそれさえも問題として妨害し、割ってきたけど、そんなことをしとったら想定がどんどん狂う。


だってそもそも東部ユニオンは、私を動労東京に供出して、動労東京で最先端で闘おうとしとったわけやん。

なのにブログ問題とかに拘って全部をダメにして、しかもブログで東部ユニオンとか動労東京のおかしなところを糾弾されるハメになってもた。

ブログにそこまで固執せずとも、ブログを続けていてもいいとしとったら、私も若干理不尽な思いは持ちながらも、酒気帯びを起こすこともなかったし、動労東京で、いまの現状をどう変えていくか?を少しずつ考えとったわけやん。

まあそれでも、ブログ問題だけじゃなくて、その夫婦に対して、中核派全体で酷い扱いをしているのに私はハラを立てていたから、やっぱ同じ結論に至るのかもワカランけど。

とにかく、いまのままではゼンゼンダメ。

今回私が敢えて動労東京と何度も書いたし、2ちゃんでも共産党系のヤツらが見とるのも明らかやから、動労東京も立て直すのしんどいぞ。

個々の案件で勝つとか負けるとかだけじゃなくて(それも私は負けると見とるけど)、組合員が心底そこに結集して良かったと思えるような仲間を作り出せてかな、理屈だけで実態はクソツマランものになんか、やっとったらアカン。

« コメント欄に、私の中核派復帰案が書いてあって、ネタと思うけど、回答する。 | トップページ | コレに関連して、「政治責任」とは → 「党の革命」というペテン性 ――「自著『革共同政治局の敗北』を語る―党概念のコペルニクス的転覆ができるか」を読んで »

中核派の腐敗」カテゴリの記事

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動」カテゴリの記事

コメント

おいカス!お前が中核派、中核派ってうるせぇのは話聞いてもらえなかったからだってか?じゃあどこ行っても一緒だな、お前みたいな発達障害者とまともに会話は成立しないから最初は聞いてもらえても1か月もしたら無視されるようになるよ、お前今までずっとそうだろ?違うなら友達の1人くらいはいるはずだからなぁ

お前みたいなカスの話を真面目に聞いてくれる人間は一人もいない、ママもそうだっただろ?親戚一同なんてお前の借金問題で迷惑事を押し付けられてお前をいないものとしてみてるしな、お前は一般人ではなく発達障害者だから繰り返す、そのことを自覚できればいいが自覚出来ないから変われない、お前は一生カスだ!これは決定事項!
なぁ?発達障害者!発達障害者!発達障害者!発達障害者!発達障害者!発達障害者!発達障害者!発達障害者!発達障害者!発達障害者!発達障害者!

大西はここに何度も関わった人の実名書いて叩いてるけど
過去に影響を被って人なんていないだろ w
S社のU社長も再起してるしみんなお前よりは有能だろ。
そもそも中核派での大西は障害者枠なんだから
何を書かれても痛くも痒くもない。
精神病の人間の戯言に過ぎん。

http://pa-nicchan.cocolog-nifty.com/blog/
公安に暗殺されると言いながらもふつうに街を歩くおーにっちゃん
そんなくるくるパーなおーにっちゃんまとめブログがあります。


次スレ

出禁ナマポ©2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1489893610/

何でも"公安"のせいにすれば全て解決!な大西秀宣君。

>なのにブログ問題とかに拘って全部をダメにして、しかもブログで東部ユニオンとか動労東京のおかしなところを糾弾されるハメになってもた。

・・・"糾弾"?「自作自演差別ハガキ事件」かい?(藁)

冗談はともかく、正しくは「糾弾しているつもり」だろ( ´,_ゝ`)プッ

>ブログにそこまで固執せずとも、ブログを続けていてもいいとしとったら、私も若干理不尽な思いは持ちながらも、酒気帯びを起こすこともなかったし、
>動労東京で、いまの現状をどう変えていくか?を少しずつ考えとったわけやん。

酒を飲んだのは君自身でしょう。なんで周囲のせいにする?

>まあそれでも、ブログ問題だけじゃなくて、その夫婦に対して、中核派全体で酷い扱いをしているのに私はハラを立てていたから、やっぱ同じ結論に至るのかもワカランけど。

では、「ロビ観」や伊達娘へのストーカーから足を洗い、真人間になってそうした人々を救ってみろ!出来ないだろうが(嘲笑)

>とにかく、いまのままではゼンゼンダメ。

人生をギャンブルのタネ銭とし続けて、回復不能なほど負けの込んだ大西秀宣君がな(失笑)

>今回私が敢えて動労東京と何度も書いたし、2ちゃんでも共産党系のヤツらが見とるのも明らかやから、動労東京も立て直すのしんどいぞ。

大西秀宣君はその動労以下なんだよ。何しろ「人生連敗凋落王」なんだから(一笑一笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/70019820

この記事へのトラックバック一覧です: 私のブログをチェックして、中核派の内部体制について検討して書きこんどるのがおるけど、公安のヤツらやろ。 :

« コメント欄に、私の中核派復帰案が書いてあって、ネタと思うけど、回答する。 | トップページ | コレに関連して、「政治責任」とは → 「党の革命」というペテン性 ――「自著『革共同政治局の敗北』を語る―党概念のコペルニクス的転覆ができるか」を読んで »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

最近のトラックバック