« 2017年4月14日 | トップページ | 2017年4月16日 »

2017年4月15日

2017年4月15日 (土)

アメリカが北朝鮮にこだわるのは鉱物としてマグネシウムがあるからや、と書いたけど、最新の”鉄道車両と技術”にもマグネシウム合金の検討を鉄道総研がやっとる記事があるぞ。しかもさらに調べたら、埋蔵量の123ってロシア中国北朝鮮!そりゃリニア推進は戦争に直結するなあ。

鉄道車両と技術 No.245

が、”特集 鉄道車両用素材の研究”となっとって、その一番最初である2ページ目に、鉄道総合技術研究所の人々による

高速鉄道車両の軽量化に向けた難燃性マグネシウム合金適用への取り組み

として書いとる。

ココで重要なのは、というか日本の政策と思うてまうのは、”鉄道総合技術研究所”っていうとめっちゃ鉄道の最先端みたいな研究ばっかやっとると誰もが思うてまうけれども、違う。

鉄道の最先端みたいな研究ってJR各社とメーカーがそれぞれにやっとって、鉄道総研がやっとる研究って、メーカーも嫌がるような地味なモノが多い。

コレなんか見ても、日立製作所でやってなかったようなテーマばっかや。

主要な研究開発成果(2015年度)
http://www.rtri.or.jp/rd/seika/2015/



じゃあどうして、”高速鉄道車両の軽量化”なんていっちゃん最先端っぽいことを考えるねん?

そりゃリニアがあるからやなあ?

てかホンマにリニアが儲かるならば、”高速鉄道車両の軽量化”なんて民間企業が検討しとるハズやねん。

それを鉄道総研がやっとるというのは、リニアは儲からんことのウラ返しでもある。.


だって新幹線だって、日本の思う通りの輸出はゼロで、ヨーロッパの考え方を取り入れた折衷型が台湾で採用されとるのと、あとは車両だけ作って輸出したのが中国にあるだけや。

それでどうやってリニアで成功するねん?

ドイツのジーメンスだってリニアの開発から手を引いたしなあ。


そんで、北朝鮮からだけでなくても、違う国から輸入したらええやん?と思って調べたら、そうではない。

http://www.nocs.cc/study/ind/magnesium.htm


埋蔵量の123って、ロシア中国北朝鮮や。

まさかの事実を私は見つけてしまった。


そうすると、高速鉄道にマグネシウムが必要!と言うとるということは、これは旧東側諸国に対して貿易のチャンスを与えとる・・・・のではゼンゼンなくて、戦争の口実を作り出しとると思うなあ。

なんかそれで、葛西敬之だけじゃなくて、日本政府がリニア新幹線を推進する理屈が見えた。


ゼネコンに巨額の利益を生み出すとか、原発をいっぱい稼働させる口実ができるとかだけちゃう。

リニアにマグネシウムが必要な理屈なんてない。

飛行機だってアルミ合金のジュラルミンで飛んどるんやから。


伊達娘について書くと言うとったけど、明日もあるから今日はもう早めに寝る。

実はアニメの背景画についてもここ3日くらい書きたい話題があるんやけど、書けてないし。

たまたま目についたから書くけど、ゆかるん以上の美人って誰やねん?それに私は誰にもAVには出て欲しくないと思って、できるだけ公演の感想を書いとる。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-88c1.html#comment-114687857

佐々木優佳里はブスだけど、AV行ったら
あの乳と知恵遅れ女が犯されてる状況ってのは興奮するわ~

あと後半の企画物で、白痴女VS短小フニャチン奇形キモ男優ってのもいいかも
いまからコネつけとかないと、ゆかるんへの精子ぶっかけ間に合わないぞ

AV女優へ転身したメンバー
【AKB48 1期生】中西 里菜(なかにし りな)さん
【AKB48 3期生】米沢 瑠美(よねざわ るみ)さん
【AKB48 4期生】成瀬 理沙(なるせ りさ)さん
【SKE48 2期生】鬼頭 桃菜(きとう ももな)さん
AKBグループの研究生からAV女優へ転身したメンバー
【SKE48 4期生(研究生)】野々山 茉琳(ののやま まりん)さん
【AKB48 9期生(研究生)】高松 恵理(たかまつ えり)さん
【HKT48 1期生(研究生)】仲西 彩佳 (なかにしあやか) さん

投稿: | 2017年4月15日 (土) 19時01分



ゆかるん以上の美人ってなかなか思いつかんなあ。

ほかの子もかわいいけど、やっぱいろいろと特徴があって好みが分かれるやん。


そんな、好みが分かれる感じがせんねん。


ただ言動から、好みが分かれるというのは理解するけど。

私も、なんでダンスの元気さがなくなったのかワカランし、それを改善するようにいっくら書いても直らんから、どうしたもんかなあ・・・とは思うとる。

カンはいい子なんやけど、やっぱアイドルになるような子はだいたい意固地なところもあるからなあ。

私も直接会えるわけではないし。

なかなか砂が水を吸い込むようには吸収してくれん。


てかいまさら気づいたけど、みきちゃんがIWAでバイトし始めたんか。

https://twitter.com/yakiniku_iwa/status/852822848032841733/photo/1



みきちゃんはダンスの元気さがあり余っとったし、なんとかできんもんかなあ。

まあまゆちも事務所所属できたらしいし、イロイロ情報発信やっとったらなんとかなるとは思うけれども。


しかしIWAもこうやってAKSを解雇されたメンバーを雇うとるんやから(でなければ事務所も決まらんのに卒業なんかせんしバイトもせんわな)、AKSと全く同じ視点というわけではないんやな。

私にはやはり、朝鮮半島情勢は実はアメリカ対中国の覇権争いと思う。そして中国に分があると思う。

朝に投稿でも書いた。

北朝鮮問題は、いずれ中国の”アジア共栄圏構想”となり、日本侵略戦争に繋がる。そうなればアメリカは撤収し日本は負ける。どうしてそう考えるか説明する。
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-fa89.html


そして、それから改めて考察するに、それしかないよなあと思う。


そもそも、人類のあるべき姿を考えたら、なるたけ地産地消であるべきやし、そのためには他国に派兵なんてのはあったらおかしい。

そう考えると、まあ資本主義が間違いと言っちゃそれで終わりやけれども、仮に資本主義が間違いであることを一旦棚上げするとすると、アメリカが自国の費用を使って、自国から世界に向かって軍隊を派兵しとるのが、どう考えてもおかしいよなあ。

ちょっとくらいいびつに見えたとしても、その国のやり方を認めろよ、と思う。

けどじゃあどうして、アメリカが自国の費用を使って、自国から世界に向かって軍隊を派兵しとるかというと、そんだけ搾取されとる発展途上国がある。

南アフリカなんか典型やな。

まあ南アフリカはヨーロッパに開発されて、アメリカは派兵してないかもやけど。


そして、発展途上国から先進国にのし上がったのに、中国がある。

米ソ冷戦時代のソ連陣営やったから、アメリカはあんま手を出してないけれども。


そう考えると、北朝鮮を相手にしてこんだけアメリカが出てくるのは、北朝鮮にはいろいろと資源があって、それを中国陣営に取られないようにするため、というのがあるんちゃうか、と私なんか思うてまう。

だいたい私が小さい頃だって、北朝鮮は工業国で韓国は農業国と習ったし。


それで、検索したら、やっぱビンゴ!やなあ。



北朝鮮は世界にまれにみるレアメタル、鉱物(主にウラン・金)の資源大国。
出典『北朝鮮利権にみる隷米体制』鳩山・小沢・新政権に期待。|GENKIのブログ 日本と世界の黎明
https://matome.naver.jp/odai/2136644716651667901

朝鮮民主主義人民共和国
実は資源大国です

韓国統計庁が発表した「北朝鮮の主要統計指標」によると、2008年時点で北朝鮮の地下鉱物資源は総額で6兆4000億ドル。内訳は黄金2000トン、鉄5000億トン、マグネサイト60億トン、無煙炭45万トン、銅290万トン

資源大国なのに、貧困なのか?いいえ、違います。日本、アメリカなど数カ国を除いて、世界中の国が北朝鮮と国交があり、盛んにビジネスが行われています。貧困だと言っているのは誰でしょうか?



この記事を見て、鉄とマグネサイトの埋蔵量の桁が違う。

しかし鉄はどこにでもあるやろ。

私が注目するのはマグネサイトやねん。


マグネサイトって、中学の理科の実験で激しく燃えた、マグネシウムやねん。

マグネシウムって、アルミニウムよりも軽くて丈夫やから、たとえばJR東海が作ると言うとるリニアモーターカーにも使われる。


http://www.tetsushako.or.jp/page_file/20131021144456_zcCRiGplqh.pdf



てか思い出したけど、書泉グランデで、いまのJR東海名誉会長で、国鉄解体の黒幕の、葛西敬之の本が山積みになっとった。買う気にならんかったけど。

コレやな。

飛躍への挑戦 東海道新幹線から超電導リニアへ 単行本 – 2017/3/29
葛西敬之 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4898314546/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1492253920&sr=1-1



マグネシウムは、まだあんま使われてないけれども、これからどんどん使われるから、その資源国を抑えておきたいというアメリカの意図はあるやろなあ。

検索したら山梨学院大学の論文にこんなのがあるし。


経営情報学論集 第 18 号 2012.2 北朝鮮の地下資源の現状 宮塚利雄

http://ci.nii.ac.jp/els/110009004369.pdf?id=ART0009880468&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=&lang_sw=&no=1492253631&cp=
北朝鮮はそれでも残存している「未開拓資源の宝庫」だ。世界的な資源大国ではないが、国土の約 80%に鉱物資源が分布しており、そのうち有用鉱物だけでも200 余種に達している。この中でマグネサイト(40 億 t)は世界2位の埋蔵量を保有しており、黒鉛(200 万 t、世界3位)、重石(16 万 t、世界6位)などの鉱物も豊富に埋蔵されている。



そうするとアメリカも中国も、北朝鮮の核兵器が怖いわけではなくて、このマグネサイトが欲しいねん。

また北朝鮮がどうして核兵器を作れるかというと、他国と国交があって、日本は違うけれども、どっかの国がウラからちゃんと支援しとるねん。


・・・・・まあ、そんな背景は置いといても、アメリカから沖縄に飛んでくる、それだけでも、たとえばジェット機だって10時間以上かかる。

そんだけの燃料を無駄に使うならば、貧しい国に回せよ、と言いたい。

けれどもそれでもいろんな国の権益を守りたいのがアメリカやねん。


だからこんな威嚇行動ができる。


米空軍「戦闘態勢だ」ツイート 嘉手納に戦闘機集結写真
朝日新聞デジタル 4/15(土) 9:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000018-asahi-int



じゃあそう考えると、中国がイロイロと立ち回っとるっぽい、たとえばコレ。


ロシアに協力求める=米朝の緊張緩和―中国外相
時事通信 4/15(土) 19:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000080-jij-cn



北朝鮮は難しい立場やけれども、苦虫を噛み潰してまでも、それに敢えて乗じて、

「中国様の仰ることはわかりました、忠誠を誓います、ワン!」

って中国に対して言うとなると、困るのはアメリカやわなあ。


自分らで勝手に軍備して、その費用が、アテにしとったマグネサイトが中国に奪われてまかなえんようになることになる。

改めて整理すると、北朝鮮の資源について”捕らぬ狸の皮算用”をしとるのがアメリカと考えると、北朝鮮がこれまでガンガンやってきた矛を、中国のいいなりになって引っ込めるのがいちばん都合が悪いねん。

株価が上がったのはええけれども、”捕らぬ狸の皮算用”ではいつまでも誤魔化せんからや。


・・・そうなった場合、世界情勢はどうなる?

こういう、今後のIFを考察するというのが、醍醐味やぞ。

あとから「こうしたほうがよかった」とか文句しか言えんのは、中核派も日本共産党も、とりわけジジイが言いがちやけれども、負け犬の発想やねん。

#マルクス主義粉砕闘争

あげばかなう、の、知らない店員さんに覚えられていたことと、前の職場の小集団で特別賞になったこと。

私どこ行ってもこんな感じなんかなあ。

今日はあげばかを仕切っているのが知らない店員さんだなあ、と思ったけど、その店員さんが私を見て、「生レモン半分サービスして!」って言ってくれて、まいど!とか言ってくれた。

私はあげばかでも有名人なんやなあ、と思った。

前の職場でもAKBでも、中核派でも、ヨーロッパ行った帰りのANAのCAさんにも、はるか昔では「がんばっていきまっしょい」の関係者から、・・・いや、ジブリだって鈴木敏夫も高畑勲も私のこと覚えとったし、私ってけっこうどこ行っても有名人なんやで。

肩書きなんかなくたって。

そんで、昨日が実は前の職場の小集団の発表会で、私はもう雇い止めされたけど、一緒にやっていた仲間が発表してくれて、確か最優秀賞の、次の特別賞になった、と、前の職場の人から、さっき報告を受けた。

そりゃ、敵味方関係なく、職場を良くするにはコレしかない、というのを、私は考えに考えて纏めたからなあ。

それは、ほとんど私が一人で纏めた、と、前の職場のみんな思うとる。
だから23日にはそのメンバーで私の送別会兼報告会をしてくれることになっとる。

特別賞やと、いい報告になるやろ。

特別賞をもらえたら、私がほとんど作った資料が、前の会社の人々に、資料として残っていく。

それでも、最優秀賞にならんかったのが、私としては不満やけれども、日立製作所に入所して初めて出した、工場の新規企画だって、次点にされた。

近藤喜文も、富山県のCMのコンテストに応募して次点にされたんやけど、近藤喜文が亡くなってから、選考理由が公表されて、内容はいちばん素晴らしいけれども、映像を作るにはカネがかかるとして、次点にされた。

選考ってそんな観点が入ってくる。

私の赤毛のアンの感想文だって、選者の記憶に残っとって、2ちゃんに書いてきとるのに、賞はもらえんかった。

それでも、とにかく主張を続けることが大事やねん。


【追伸】

中核派のヤツら、とりわけ動労東京委員長の吉野元久は、「職場の仲間を中核派の集会に連れて来い!」と、傲慢不遜にも言うた。

けれどもそれでは、職場の人々の思いと繋がらんと思うたからこそ、そしてまた中核派に人生をボロボロにされてまうと私は思うたからこそ、できんかった。


そして私は、職場の仲間と中核派とを比較して、職場の仲間を取った。

そして、雇い止めされてさえも、なんも闘争できんかった。


それでも、職場にひとつ礎を築けたことのほうが重要やねん。

吉野元久なんて、自分の職場になんも礎なんて築いてないぞ。


#マルクス主義粉砕闘争

北朝鮮問題は、いずれ中国の”アジア共栄圏構想”となり、日本侵略戦争に繋がる。そうなればアメリカは撤収し日本は負ける。どうしてそう考えるか説明する。

こんなん見たらやっぱ北朝鮮おかしいと思うよなあ。

<北朝鮮写真報告>マスコミが絶対に行けない裏通り 「ああ、しんどい」くたびれ果てた民衆の姿 女性兵士もぐったり(写真4枚)

アジアプレス・ネットワーク 4/9(日) 5:10配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00010000-asiap-kr

ほどんど強制的な奉仕労働への動員、男子11年、女子7年に及ぶ軍服務、日銭を稼ぐために屋外で朝から晩までの商行為…。

【関連写真を見る】 映像に記録された少女たちの受難(6) 大飢饉時代、飢えに苦しんだ少女たちの苦難を振り返る(写真4枚)

こんな疲れ果てて、餓死寸前みたいに見えてまうならば、総決起とか起きてもおかしくないと思うけど、ココまで疲弊させられとったら考える気力もなくなってしまいそうや。

・・・・では、どうしてこの人たちは話せないのか?

集会・結社の自由が禁止されているから?

それだけじゃないやろなあ。

まあしかし党内で集会・結社の自由を禁止しとる中核派も、中核派が政権を取ったらすぐこんなのになってまう。



ちなみに私のブログのコメント欄で知ったけど、中国がアメリカと北朝鮮の間に入っとるらしい。

中国、米朝に自制要求 半島緊張で打開策検討

産経新聞 4/15(土) 7:55配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000064-san-cn

【北京=藤本欣也】米国が北朝鮮への先制攻撃を準備していると報じられるなど、緊迫化する朝鮮半島情勢について、中国の王毅外相は14日、「事態の収拾が不可能になる前に、相手を威嚇する言動をやめるよう呼び掛ける」と述べ、核実験の強行も辞さない構えの北朝鮮や、軍事的圧力を強める米国に自制を求めた。

王氏はまた、「中国では“危”の中に“機”があるという。朝鮮半島の緊張が激化する中、対話の機会をつかまなければならない」と述べ、平和的解決を目指す新たな事態打開策を検討していると明らかにした。

この文章を読んだら、中国が平和的にやろうとしてくれとるように取れるけど、私は中国はこの機に乗じて北朝鮮併合とかなんか企んどる可能性があると思うなあ。

だって大日本帝國だって”大東亜共栄圏”を掲げて中国まで進攻したんや。

中国が”アジア共栄圏”みたいなんを掲げて(AIIBとかで実際に掲げとる)、北朝鮮を助ける戦いを始める可能性だってある。

ついでに日本が攻められたらひとたまりもない。

ざっくりいって中国は日本の10倍の人口がおるんやから。

だからこんな、アメリカと北朝鮮の間の争いのはずが、日中が武力衝突の可能性に関する報道にまでなっとる。

しかもコレはいまのタイミングで中国の報道機関が言うとって、さらにこのシミュレーションの元ネタはアメリカの「ランド研究所」や。

日中が武力衝突したら、中国は「わずか5日」で日本を打ちのめす=中国報道

サーチナ 2017年4月13日 11時12分 (2017年4月15日 08時10分 更新)

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170413/Searchina_20170413031.html

米国には「ランド研究所」と呼ばれるシンクタンクが存在する。米国の宇宙開発、情報処理、人工知能やまた教育関連や健康、裁判、環境とエネルギーなど実に様々な分野について研究を行うシンクタンクだ。

またランド研究所が研究を行う分野の1つには「戦争シミュレーション」も含まれているが、中国メディアの捜狐が11日付で掲載した記事は、ランド研究所が行った「日本と中国の武力衝突に関するシミュレーション」の内容を紹介している。

記事は、ランド研究所が行なったシミュレーションの予測として、もし日本と中国の間で武力衝突が発生した場合、「中国が日本を打ち負かすのに必要な時間はわずか5日間」、「東京は中国によって占領されることになる」との結果が出たことを紹介。またランド研究所は日中の武力衝突は中国による「一方的な結果」に終わる可能性が高いため、米軍は出動しない方が良いと注意を促しているとも説明した。

だってアメリカだって人口2億くらいしかおらんし、それで世界に派兵してカネなくなってひーひー言うとるんやから、いくら最新鋭のミサイルを持っていたって、10億人の中国が騒ぎ出したら撤収せなアカン。

だから、日本をめぐってアメリカと中国が戦ったら、中国が勝ってまう。

そこまでの想定があるからこそ、アメリカはもし日本が戦火に巻き込まれたら、いつでも撤収する用意があって、だからこんな、在日米軍がいっぱいいる現状にもかかわらず、現実離れしたシミュレーションが為されると私は見る。

つまるところ、この戦禍の中で、日本が中国領になる可能性って大いにあり得る。

そんな下心があるからこそ、中国はアメリカと北朝鮮の間の和平を取り持つ姿勢を見せとると私は読む。

伊達娘について書こうかと思うとったけど、考察を加えとって時間もなくなったから、また改めて。

おはよう。首都圏青年ユニオンスレで見つけたけど、左翼を観察してtweetしとるヤツもおるなあ。しかしそれだけやと単なる趣味や。

こういう人たちが左翼を観察してtweetしとる。

希流
https://twitter.com/kiryuno/with_replies

玄信
https://twitter.com/kenrinozentei/with_replies



けれども、それで世界を変えようと思わんのかとは思うけれども、こういうのを趣味にしとる取り巻きも増えなければ、真の革命にも繋がらんよなあ。

私も、まずこの人らのtweetに乗せてもらえるくらいのところから始めななあ。


#マルクス主義粉砕闘争

ハイ、日が変わって土曜日になったので、発想がドヨーンとしています。なんちゃって。まあ日本政府がおかしな方向に向こうとる。 ← ・・・と書いて寝落ちしとったらしい。

この記事読んで、それはおかしいと思う。


北朝鮮へ警戒強める=金主席生誕日前に-政府
2017年04月14日 19時52分 時事通信
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12145-2017041401017/

北朝鮮の故金日成主席生誕日を15日に控え、日本政府は北朝鮮の挑発行動に警戒を強めている。米国と北朝鮮の緊張関係が高まる中、新たな核実験や弾道ミサイル発射に踏み出せば、不測の事態に発展しかねない危険がはらむ。
安倍晋三首相は14日、熊本市の陸上自衛隊駐屯地での訓示で、北朝鮮の核・ミサイル開発が深刻な段階にあると指摘した上で、「日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。これが現実だ」と自覚を促した。
4月は25日の朝鮮人民軍創建記念日と併せ、軍事パレードなどで国威発揚を図る行事が続く。昨年の15日も中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるミサイルが初めて試射された。
北朝鮮は、3月に4発同時発射したミサイルについて、「在日米軍基地を攻撃目標にした訓練」と明らかにしており、自衛隊関係者は、今年の金主席生誕日などについても「(日本を射程に入れる)スカッドERやノドンを撃ってきてもおかしくない」との見方を示す。
日米両政府は、北朝鮮の挑発行動を阻止しようと圧力を強めている。海上自衛隊は朝鮮半島近海に向け北上中の米原子力空母カール・ビンソンと近く共同訓練を行い、ヘリの着艦やフォーメーションなど各種戦術を確認する。
また、日本政府は、北朝鮮のミサイル発射に即応するため、破壊措置命令を「常時発令」に切り替えて更新し続けており、実際に発射されれば、米国、韓国と即座に情報を共有。領土、領海に入れば、直ちに迎撃する態勢だ。



私は前々から主張しとるけれども、織田信長だって桶狭間の戦いで勝ったし、逆に本能寺の変で自害せなアカンようになってん。

そうすると、現代の戦いで、兵器対兵器のガチンコ勝負なんて、まあないよ。

北朝鮮のミサイル発射だってあくまで訓練であって、本番だと世界がアッ!と思う手を考えとるよ。



・・・・・・・・・と思いたい(と北朝鮮の肩を持つワケちゃう)けど、中核派だって前進社でいっぱい考えとるやろと思うて実際入ったらなんも考えてなかったんや。

だって、中核派だって、日本政府がなんも考えてないというのは主張しとるやろ?

けど、日本政府はなんも考えてないと思うても、大衆を錯誤させられるだけのことは考えとるわけや。

電通だって日本政府の出先機関といっていい。


・・・・・・・中核派って、大衆を錯誤させられるだけのことを、なんも考えられてないやろ。


まあええよ、中核派が日本政府以上にバカの集団なことはじゅうぶん理解したから。

理解したからこそ、もうこの集団から得るものはないと思って私は離れたんやから。

・・・そんでな、日本国民、それ以外の人々も騙されたらアカンのは、こんなガチンコ勝負だけに警備しとったらええわけちゃう。

2つ前の投稿で私が書いたとおり、ハイジャックされて要人を北朝鮮に人質として連れ込まれたら、そこで作戦はやりづらくなるよなあ。

たとえば安倍晋三が北朝鮮に人質として連れ込まれて、それで金正恩と同じ部屋の中に連れ込まれたとして、安倍晋三に金正恩を殺す能力はないと思うし、そうすると安倍晋三を殺したら世界のハレーションがめちゃくちゃ大きいから、それはやれんよなあ。

けど、安倍晋三が乗るのはまあ政府専用機やから、ハイジャックもしづらいやろ。

じゃあハイジャックできるって誰やねん?

いまの警備体制やとハイジャックは無理か?

私はそうではないと思うよなあ。

それ以外にも方法あるのかもやけど、

”北朝鮮に人質として連れ込まれて、それで金正恩と同じ部屋の中に連れ込まれた”

コレがいちばん、金正恩を作戦で殺せん方法やと私は思うから、私ならばその方法を考えるなあ。


だって日本だって、一般の人々を北朝鮮から拉致されたというのは、許せんことではあるけれども、その返還交渉で、本来は北朝鮮に対して強く出て然るべきところ、下手に出てもたんやから、なんか釈然とせん。





てかみんなハイジャックは難しいと思うやろ。

けど、そもそもハイジャックをしづらい(と思われる)、中国とかロシアとかの飛行機をハイジャックするというのはどうや?

私はよくやるけど(てか左翼ってほとんどが内ゲバの歴史やし)、誰もが敵と思っているアメリカじゃなくて、たとえばロシアのプーチン大統領をハイジャックしたらどないやねん?

・・・けど、プーチンってそもそもKGB出身やから、金正恩と同じ部屋の中に連れ込まれたら、金正恩を殺せてまえそうやからアカンなあ・・・


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3
1952年 - レニングラード(サンクトペテルブルク)に生まれる。
1975年 - レニングラード大学法学部を卒業し、ソ連国家保安委員会(KGB)に勤務。KGBレニングラード局第1課(人事課)に配属。
1984年 - KGB赤旗大学に入校。
1985年 - 東ドイツに派遣。ドレスデンのソ独友好会館館長をカバーとして、ソ連人学生を監督。
1990年 - 故郷レニングラードに戻り、国際問題担当レニングラード大学学長補佐官。
1991年12月 - サンクトペテルブルク市対外関係委員会議長。
1992年 - 中佐の階級で予備役編入。サンクトペテルブルク市副市長。
1994年3月 - サンクトペテルブルク市第一副市長。
1996年6月 - ロシア大統領府総務局次長に就任し、中央政界に転じる。
1997年3月 - ロシア大統領府監督総局長。
1998年5月 - ロシア大統領府第一副長官。
1998年7月 - ロシア連邦保安庁(FSB)長官。
1999年3月 - FSB長官とロシア連邦安全保障会議書記を兼任。
1999年8月9日 - エリツィン大統領により第一副首相に指名される(同日、ステパーシン首相が退陣したため、そのまま首相代行)。8月16日、首相。
1999年12月31日 - 引退を宣言したエリツィンにより大統領代行に指名。
2000年3月26日 - 過半数の得票を受け大統領に当選。



じゃあまだ生きとるゴルバチョフとかか。

けどゴルバチョフを誘拐して飛行機に乗っけるのは難しいかなあ。

とにかく、北朝鮮と比較的友好な国であっても、北朝鮮がそこの世界的な有名人を人質に取ったら、アメリカは攻撃していい理屈にはならんねん。


そういうのをイロイロと考えつかなアカンねんけどなあ。

てか私北朝鮮に対してけっこうアドバイスできるんちゃう?


いやべつに戦争しろとは言わんし、上手いこと戦争を回避する策や。

そのためには資本主義社会もだいぶ変わらなアカン。

#マルクス主義粉砕闘争

伊達娘の新しい舞台とかもろもろについて思うこともあったけど、それは明日以降・・・

« 2017年4月14日 | トップページ | 2017年4月16日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック