« 2017年4月18日 | トップページ | 2017年4月20日 »

2017年4月19日

2017年4月19日 (水)

AKBのネ申テレビの、タイの陸軍士官学校の回を観ていろいろと思ったことを。

まず、コレを観たとして、私を著作権法違反でどうこう言うてくるとすると、権力は中核派よりも私のことを怖れとるというのを示してまうよなあ。

私は言っちゃ悪いけど、マルクスが生まれてマルクス主義を主張してこのかたの歴史さえをもひっくり返すくらい、権力に怖れられる存在になっとる、その事実を示すために、敢えて著作権法違反をココでしゃあしゃあと書く。

YouTubeの動画だってコメントいっぱいあるんやし、その中で私に対して逮捕なりなんなりしてくるとなると、平等の観点からしても、言いがかりもはなはだしいもんなあ。



そのうえでいろいろと書くけど、まずめぐは運動神経ゼンゼンないなあ。

公演で歌が上手くならんと私は言うとるけれども、この調子やと上手くならんなあ。

ヒトよりもやれとはいわんけれども、ヒトと同じ速度で行軍するくらいはできんかなあ?


てか私はそもそも、AKBの女の子をたとえ3日としても、軍隊に入隊させるなんてハンタイや。

けど、ハンタイするからったって、現実に為されたことをチェックして、ココがいいとか悪いとか言うてもええねん。


絶対反対闘争というのは結局条件反対闘争になってまう、というのは、現実に為されとることを無視して、反対反対だけを叫ぶようになって、中身がなくなってまうからやねん。

だから、”絶対反対闘争”をするのではなくて、権力が考えもつかんような目標を指し示すような闘争じゃないと勝てんよなあ。

中核派は、・・・それは動労千葉をはじめとした動労総連合もやけど、みんなわかってないところやけど。


・・・だから私は、AKBの女の子を軍隊に入隊させるなんてハンタイするんやけれども、感想をちゃんと書く。


そんで、逆に、かよよんはめっちゃ運動神経よかった。

けどじゃあ、そんだけ運動神経いいにもかかわらず、なんで公演でそこまで目立てんねん?

運動神経いいことに甘んじて、こうしたほうが可愛いとか見栄えがするとか、表現ができるとか、そんなところにまで発想が回ってないんちゃうかと思う。


かよよんのエピソードでオモロイと思ったのは、ロープでゆさぶられて、さややが落とされて、逆さになっても、意地でも渡り切ったところと、それと夜に靴を履いてきて、それを指摘されて脱いで、その脱いだ靴を忘れて、みんなが心配して集まって、スクワットを免除された件や。

靴の件なんて、アレどこまでガチなんかワカランけれども、ガチと考えるとみんなけっこう仲がいいなあ。
まあ映されることまで考えてのリアクションというのもあるんやろけど。


いずりなは、そのシーンでひとりだけTシャツをパジャマのズボンの中に入れて、もんぺみたいに見えたのがとりわけおもしろかった。

2日目は直してきとるかと思ったら2日目もやっぱもんぺになっとって、いずりなはそんな性格なんやろ。

いずりなは訓練自体はよくできとったよなあ。

最後に先生に向かって、「また会いたいです」とか言うとったから、この時点でBNKへの移籍は決まっとったんやろなあ。


みやびも運動神経ええよなあ。

てかすっぴんブスとか胸がないとか言われるけれども、そうか?

まあただ、その運動神経はまだまだ公演で使われてないと思う。


そういえば、軍隊で夢を何度も聞かれたやろ。

アレはAKBだからこそのアレンジやと思う。

だってホンマの軍隊とか士官とかに夢なんてない。

あるとしたら、国に対する忠誠しかないねん。


私はそんなのイヤやから、軍隊なんてイヤなんやけど。


こんな規律が取れた軍隊を、規律がとれてない人々が、自分らの意思で倒すことって必要やねん。

そのためには、上からの押し付けではなくて、文章とか音楽とかにアレンジして、思いを共有できるような手段を検討しとかなアカン。


あと、なぁちゃんはメンバーをよくとりまとめとった。

てかズボンが破けたのは想定外やけど。
しかしタイの軍人がAKBメンバーを見てもなんとも思わんやろし、仮にエッチな想像をされても、一生会わんねんからええんちゃうの?

そのあたり、なぁちゃんをはじめとして、AKBのメンバーもイマイチ割り切れてなかったと思う。

もちろんオトコを警戒せな、どこで強姦されるかワカランねんけど、そんな恐怖と、ズボンが破けてパンティが見えて恥ずかしい、という思いとはちょい違う気がするなあ。

先生も最後で、一人一人に向かってコメントしたけど、どこまでガチなんかわからんけれども、それぞれの特徴を捉えとったと思う。

そしてやっぱ、たとえ厳しい先生であっても、それぞれの特徴を捉えとったら、「ああ、この人は自分のことを見てくれているんだ」と思ってホロリとくるもんやねん。



だから私は、メンバーに媚びることなく、思ったことをガンガン書いとるんやけど、そんな発想ができる人間が日本で私一人しかおらんみたい。


ヲタは、メンバーから嫌われたくなくてついつい、誰でも言えるような当たり障りないことしか言わんしなあ。

中核派とか党派になると、「そんなことよりもウンドーガ!ウンドーガ!」って言うてもて、けっきょくその人が頑張っていることを捉えてちゃんと理解して、「ああ、この人は自分のことを見てくれているんだ」と思ってホロリとさせる、そんな観点が完全に抜け落ちとるねん。

だから中核派は人間のココロがワカラン妖怪の集合やと私は言うてまうねん。


そんで、個人的な困ったちゃんはさやややなあ。

何度も泣いたし、Google+などに当たり障りないことを書いてまうのも、すぐ泣いてまう裏返しやなあと改めて実感した。

てかさややはゼンゼン運動できん。

伊達娘もそうやったけれども、私はけっこう運動できんヤツを褒めるところがあるのかなあ。

公演観とったら運動できとると思うけれども、もっと自由自在に動きたければスタミナつけなと思う。


あとさややは角度的におばちゃんに見えてまう。

めぐとか、どっから見てもりりしいんやけど、それとは好対照かなあ。


まあ人生を考えると、ホンマに女優になりたいならば、若手として売り出すよりもおばちゃんの役をやるほうが、期間も長いしリアルやねん。

だからおばちゃんでもええわけやけれども、イヤならば直さなアカンなあ。



まあそんなことをつらつらと思った。


あと、学校の食事はやたら豪華やなあ。

私が経験した、ドイツの難民収容所なんて、おかずが1品とあとは牛乳、パン、ハム、チーズ、やったぞ。

おかずがなくなれば、牛乳、パン、ハム、チーズ、だけやねん。


この番組を企画した背景には、”ジャパンエキスポ”のついでということもあり、日本政府が戦争や徴兵制をやろうとしとることの延長上にあるはずで、だからこそ許せんと思うところもある。

だから、ものごとはいろんな角度から見てみなアカン。

自分はこの観点からしか主張しない、なんてのはダメや。

そんなのを”路線”とか”階級的労働運動”とかいう、自分らに都合いいネーミングで、そのじつ荒っぽい暴力革命論に則った新自由主義を進めようとしたって、誰も騙されんっちゅうねん。


そして、これまで韓国海兵隊やったのに、今回タイになったのは、タイで”ジャパンエキスポ”があったからという理由だけではないと考える。

いま北朝鮮がいつ戦争をするかワカランやろ。

コレは中核派がずっと前から言うとったけれども、韓国はもっとシビアに考えていて、いまさら起こった状態ではないねん。

だから、いまAKBの子を韓国の海兵隊に入隊させると危険すぎるし、有事の際には足手まといになる可能性があるし、AKBの子から韓国の機密情報がバレる可能性がある、そんな理由から、今回はタイになって企画ができたと私は考える。


そんな発想もしてかなアカン。


みんな、泣きたい気持ちがあるけど、それは自分のことを考えるからやねん。

私なんか他人のことばっかを考えとるから、自分が不幸だと思って泣いたことなんて、もう10年以上ないと思うなあ。

泣くとしても他人のことを思って泣くねん。

だからさややが泣いたのを見て、弱いなあと思うたけれども、自分の受けた気持ちをどう世間の相手に伝えるか、という発想になる、それが大事で、さややをはじめAKBのメンバーはまだまだ弱いところで、そこを乗り越えて欲しいと思う。

【長文】 コレガチのにっすぃーなんか?ガチならば私と会ってもええと思うよなあ。~役者の演技について、高橋一生の発言に反論したり

長文と言われてまう私が事前に書くんやから、長文なんやろとみんな思うよなあ。


こんなのわざわざ書いてくる工作員おらんと思うよなあ。
単発IPやし。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-e622.html#comment-114703609

大西さんお久しぶりです!
西山です😊
またTwitter始めました👍🏻
よろしくお願いします🙇

西山怜那(にっすぃー)‏ @59I_C_R95

投稿: 西山怜那 | 2017年4月19日 (水) 00時38分



そうするとにっすぃーは私に対して興味あるということになる。

・・・・・・・まあどういう興味なのかはワカランけれども、私だってこんだけ衆目を集めとるんやし、そんなにヘンなことはできんよなあ。

てかにっすぃーのtwitterはコレやな。


https://twitter.com/59I_C_R95/with_replies



にっすぃーはどっちかってとAKBでいちばん負け組というふうに大勢から思われとるし、ひらりーみたいに伊藤幸久のメガネにも叶うとるわけでもないし、自分でどうにかするしかない。

私も現状、にっすぃーについて把握できたらアドバイスならばできるけれども、カネを使ってプロジェクトというのはいますぐにはできんなあ。

(天下を取る=日本政府をぶっ潰して転覆したら、なんでもできるんやけどなあ。 )

まあにっすぃーは、書き込みがガチならば連絡待っとるぞ。

現状芸能事務所に入れんと思うけれども、逆にいうと私と会っても妨害はないということや。


高校は定時制ということやから、勉強は苦手かもやけど、困ったときに勉強を家庭教師として教えることだってできるぞ。

てか私もカネないし、ご両親と相談して、私を家庭教師として雇うという発想だってアリやぞ。

私に教えられないモノってそうそうない。

逆に、教えたらアカンことをいっぱい教える、として問題にされるんやしなあ・・・・

てかにっすぃーはそもそも、どういう人生を歩みたいのかがイマイチワカランよなあ。

そこはやっぱ、自分だけでなくて、私みたいに世間が見えとる人間からの目も含めて、ちゃんと考えてかなアカンと思うなあ。



てかチームAのドラフト1位なんやし、AKBでパッとしなくて終わり、みたいに思われるのイヤやろ。

やっぱにっすぃー1回どっかで会ってみたいなあ・・・

そうしたらAKBの一角が崩れて、あとはじゃんじゃん崩壊するしかない。



けど私は片方で崩壊させながら片方で創造する。

私は創造するのが好きやし。




・・・・・・・私が工作員から釣られとってもええねん。

そんな姿勢で、メンバーの誰とも対応するという姿勢を、私が見せることが大事やねん。


てかにっすぃーも、AKBにいるときはksgkっぽく見えたけれども、だいぶJKっぽく見えるよなあ。



いやしかし、”にっすぃー”って私が呼ぶならばともかく、自分で言うとるということは、どっかAKBに未練があるというか、AKBにいたことを自慢したい思いもあると思うてまう。


私もいろいろと思いがあっち行ったりこっち行ったりしてめんどくさいけどなあ。



それと、”西山怜那”って本名でtwitterをするということは、もうそれが世界中に拡散しとるんやし、大学行ってフツーに就職しようと思うてもダメや。

そのへんの企業が”元AKB”ということで雇うてくれるかというと、そんなに甘くない。



だってAKB辞めて企業に就職したメンバー、なかまったーとか中村麻里子とか、いま本名でSNSやってないやろ。

本名でSNSしてガンガン主張する人間って、企業は雇いづらいねん。私を見たらわかるやろ。



そんなことを考えたら、下手したらにっすぃーも水商売とかAVとか行くしかなくなるかもワカラン。

いや、AV製作者からすると、あのAKBドラフト1位がAVに・・・なんて間違いなくネタやから、2年後には何百万円とかでオファーがあると思うわ。

けどまあ、伊達娘がやったみたいに、イメージビデオが限界やろなあ。



平嶋なっちゃんのも私はアレはマズイというか、体全体を見たセクシーさというよりも、エッチな行為を前提にした写真になっとる気がするよなあ。

ただ平嶋なっちゃんも、私はなかなか観に行けてないけど、舞台でもがんばっとるとは思うとるぞ。



いまのカンジからすると、にっすぃーも舞台女優みたいになるしかないと思うし、それには萌やうめたがお世話になる舞台みたいなんに呼んでもらうしかないんかなあ・・・・



てか私がにっすぃーを鍛え直すとすると、たとえば一緒に映画を観に行って、とりあえずにっすぃーがどんなことを思ったか聞き出して、それに関連して私はどう思ったかを追加するかなあ。

ホンマは舞台でも行きたいところやけれども、カネもかかるしヒト目にもつくしなあ。



にっすぃーも、コレも含めて


330 : 西 ◆JQBiE5apAE 2016/12/05(月) 23:37:47.37
突然ですが・・・
私は元気ですよ 笑
こないだブログに私の名前が出てきて驚きました😳
今もブログチェックしてます👍
公演の感想とかアドバイスはとても勉強になりました😄ありがとう御座いました。
おやすみなさい💤
へバネ!!


私に対して興味あるならば、一回私と会おうよ、てかストレートに言うとデートしようよ(・・・いや他人から見たら援助交際やろけど、私には援助できるカネがないw)と思うんやけど、まあどう思うかなあ・・・・



演技について、書こうと思っていていいタイミングやから書くけど、私は高橋一生のこの発言は違うと思うなあ。


高橋一生が考える理想の俳優像 “何もしないこと”の大切さ「余計なものを捨てたい」
オリコン 4/19(水) 9:00配信
「僕は演技という言葉が嫌いで、何とか演技をせずに芝の上に居るだけが理想なんです。こうした感覚は、なかなか分かっていただけることが少ないのですが、大友監督に『孤独を背負っているだけの高橋一生を見たい』と言っていただけたことがすごくうれしいんです」とはにかんだ高橋。



高橋一生は、「耳をすませば」の天沢聖司の声優なんやけどな。



けど私は、この発言は違うと思う。

確かに私も大げさな、演出家とかスタッフのほうばかり気にした”演技”はどうかと思うけれども、自分がもしこの役になりきったら、と考えて自然に出せる言葉、自然にできるふるまい、そういうのはあって、それは”何とか演技をせずに芝の上に居るだけ”というのとは違うと思うよなあ。



私は何度も書くけど、赤毛のアンの感想文コンテストに応募したときに、私はアンならばこう言うと思う内容をめちゃくちゃ考えて、それを手紙形式にした。


「赤毛のアン」-アンからマシュウ、マリラ、そしてこれから出会う人々へ
大西秀宜
マシュウ、マリラ、私は11歳の時に孤児としてあなた方にもらわれ、いま学生生活を一旦終えました。秋からは教職-初めての職業に就きます。マシュウが亡くなられて落ち込み、ずっと考えてきましたが、大人としての道を選ぶことに決めました。
この機会に、普段言えなかったことを文章にしたためます。
私はエイヴリー奨学金を辞退しました。
マシュウはあれだけ受賞を喜んでくださっていたので、天国で悔やまれているのではとたまに想像します。
でも、大人になるということは、人々に対して責任を持つようになることなのですね。責任について考えるうちに、避けられない「道の曲がり角」が視野に入ってきました。でも一人で悩んで曲がる必要はありません。私は先頭に立って、愛する人達を守りながら、一緒に曲がればよいのです。幸せを少しでも共有できるならば、先頭に立つ責任を果たすのは、必ずしも苦難ではないのですね。曲がり角の次に現れる景色はどんなものでしょう。
マシュウやマリラに対して何もできなかった私が、マリラに恩返しをできるまでに成長できたって、想像できるだけでも素敵ですよね。
教職に就くにあたっては、どんなにいたずら好きな子供でも、想像力が欠けた子供でも、平等に教えたいと思います。これは大変な苦労が要ると想像します。
私はとても苦労をかけた子供だったと思います。ですから、私が過去に思ったことや、しでかした失敗を思い返すだけでも、新任教師が生徒に対するヒントが盛りだくさんあると思います。そのためにいま、昔のできごとを改めて思い返しています。
グリン・ゲイブルスに初めて来て、手違いを知ったときには、これから絶望のどん底が一生延々と続いていくものと思いました。
でも次の日、グリン・ゲイブルスの、生命に満ちた朝の風景を眺めるうちに、どんなに辛く思えることでも、何とかやっていけると思いました。実際いろいろな出来事がありましたが、とても上手くやって来られました。そのたびごとに、マシュウやマリラが常に愛情を与えてくださったのだと、思い返すたびに深く感じます。
-マシュウへ
いまマシュウは天国で、白ばらの見えるところで休まれているのでしょうか。それとも畑があるところで、いつも通り農作業をされているのでしょうか。
グリン・ゲイブルスへの帰り道、私のお喋りを快く聞いてくださいましたね。お会いした時から、きっと私を置いてくださるつもりだったと思っています。
初めていただいたチョコレートや、クリスマスのドレス、最後に仰ってくださった言葉など、たくさんの思い出がいまも一杯心に溢れています。
でも、マシュウに一番感謝しているのは、私がリンドの小母さんに癇癪を起こして、マリラに謝るまで部屋に居るよう言われた時のことなのです。私の部屋まで来て、謝るよう助言いただきましたね。心臓も足も悪かったマシュウが、マリラの目を盗んで階段を昇られるには、チョコレートやドレスを買ってくださる以上の想像と冒険が必要だったと思います。
マシュウは単に私に気を合わせてくださったのではなく、本当のお父さんが子供に与える温かい慈愛をくださったのだと、いまは考えています。
-マリラへ
まず、気分を害さないでくださいね。
マリラに初めてお会いした時の、男の子じゃないからいらないというご発言に、どれだけ傷付いたことでしょう。(あの言葉は実はつい最近まで、後ろめたい気持ちとして心に残っていました。)
次の日、スペンサー夫人の家へ事情を聞きに行く際、いろいろ質問をしてくださいましたね。その質問が、お喋り好きな私でさえ話したくなかった内容だったことは、周りの景色の素晴らしさと一緒にいまでも覚えています。
ああマリラ、マリラはこの質問の中で、私をグリン・ゲイブルスに置くための理由を、あれこれ考えてくださっていたのですね!
初めてそう気付いた時は、スペンサー夫人の家でグリン・ゲイブルスに置くことを考えると言ってくださった時や、正式に置くと言ってくださった時に感じた刺激的なうれしさよりも、何倍も深く、心の底からしみじみと湧き上がる喜びを感じました。
本当の愛情とは、子供にはすぐ分からないものなのですね。
マリラにいただいた愛情は、教師として、そしていずれ母親として、私のいちばんの理想です。
これまでの経験を踏まえて、私がこれから出会う人々には、次のことを願います。
未だ子供がない人々は、これから子供を持つことの幸せを感じられますよう。
子供がありながら幸せでない夫婦は、子供を授かったことの幸せを感じられますよう。
そして、私のように親をなくした子供は、生きることの幸せを感じられますよう。
どんなに困難と思える道の曲がり角があっても、愛する人を見つけて一緒に行くことで、生きていくことすべてを幸せに繋げることができるのですから。


796 :名無しさん:2013/02/01(金) 06:14:38.00 ID:72112NRS0
岩田スレで赤毛のアンについて触れてたけど、大西さんって昔に赤毛のアンの
感想文を応募したことありませんでしたか?
ただ一人別の視点で書いててなんとなく大西秀宜という名前が記憶に
残ってて、なんでなのかなと思ってましたけどやっと思い出しました。
内部ではかなり話題になりましたね。



話題になったけれども賞はくれんかったらしい。



けどな、にっすぃーも伊達娘も田野もゆかるんもさややもその他みんなもちゃんと聞いてほしいんやけど、

自分の演技を4年半・・・・、いやたぶん4年半も覚えていられるというのは、この人は一生覚えとるということやな、それって最高の演技やろ。

・・・・けどな、私が書いた感想文は、まあ私が想像するに、アンの言い分を代弁しただけやとして、感想文ではないからとして、受賞せんかったんやろと思う。



やっぱ私は評論家ではなくて、役者なんちゃうかなあ。

アンの言い分を代弁する・・・・、それだけアンを理解する、それが難しいんやないか。



高橋一生のハナシまで戻ると、やっぱまだまだ「自分の演技が自分演技が」の範疇でしか話してない。

自分なんてどうでもよくて、その役になりきって、

「・・・・いやそれはあなたの意見ではなくて、役が言ってるんでしょ!」

って言われて(思われて)、受賞を逃してまう・・・、

けど、役者からするとそれこそが本望やろが。



てか伊達娘さあ、私のこの文章を原田大二郎に読ませてみろよ。



まあとにかく、私はそういうのが本当の演技やと思うし、私はそんな演技がしたいし、いや日常でやってはいるんやけれども、一般受けはめっちゃいいんやけれども、中核派は鈍いよなあ。

歯の治療みたいに、全身とか脳とかの神経が全部抜けとるんちゃうか?と思うくらいに感情がない。

愚痴になるけど。



にっすぃーさあ、こんだけアレコレ書けるんやから、そりゃ会ったらもっといっぱいイロイロと具体的にアドバイスできるよ。

めっちゃ誘ってもアカンかなあ。

まあにっすぃーだって伊達娘の手前があるかもやけど、あとは信じてもらえるしかないよなあ。



にっすぃーだけじゃなくて私に会いたい人間おるかもワカランから書くけど、いまの予定では田野の土曜日昼公演を観てそこからヒマやねん。

誰か私に会いたかったら声かけてよ。


いや、そう思うヤツがいるならば、事前にコメント欄でも言うてもらわな、私も予定変更するかもわからんぞ。

昨日は怒りに任せて書いてもたけど、中核派の若手批判というよりも、若手を街宣要員として使いちゃんと教育してないのが問題と主張する。

若手がいろいろ問題抱えていたり、街宣で練習もせず上手く喋れんのは当たり前や。

マルクス主義を教える以前に、どうしてそんな、その人が抱える問題を解決しようとせんねん?

それで若手を使い捨てで廃人にしてまうから、中核派って後退する一方やねん。


東部ユニオンの白井や小泉、片野なんて、障害者問題を検討したい、と組合員が申し出たら、

「自分が掌握できないから、障害者問題はやりたくないんだ」

と言ってほったらかしやそうやないか。


"自分が掌握できないから"

なんて、独裁主義そのものやないか。

掌握できんかっても、民意に従ってみんなで考えるのが民主主義やろが。

#マルクス主義粉砕闘争

中核派が腐っている件まだあるぞ。精神疾患の者を東部ユニオンでほっといとる。白井(町田)なんてなんでこんなヤツがウラの実質上のトップなのかサッパリワカラン。

白井なんてめちゃくちゃおかしいよ。


11月の街宣で滑舌もヘタクソで適宜言えんかった人がおると書いたやろ。

その人が、なにかのタイミングで、街宣の前やけど、私のいるところで、


「私は、ヒトが考えていることがわからない」

と笑いながら言ってゾッとした。


・・・いや、ヒトが考えていることを理解するのは、人間の究極の課題ではあるよ。

けれども、人間の究極の課題であるがゆえに、それは悩みであるはずやねん。


だからまあ、敢えて出すけど、伊達娘もヒトが考えていることをなかなか理解できんかって、いまどんだけ理解できとるのかおぼつかないけど、動画で観てもまあそれなりには理解できとるんちゃう?

個人的にいまの困ったちゃんはさややと思う。

なんか自分のパフォーマンスとか順位とかには関心があるっぽいけれども、周りの人間に対しては関心がないねん。

私に対しても、なかなか反応が鈍いねん。

けっこうヲタから太ったことを指摘されてもとるし・・・。


・・・・けど、反応が鈍いだけであって、反応がないわけちゃう。

だから私も気にかけとる。


とにかく、人間は、ヒトが考えていることがわかる場合もあるし、わからない場合もある。

それはその人のスキルとか人生経験の問題と言っていい。


なのにその人にとっては、悩むことなく、笑ってほっとれることやってん。

・・・・それが、私はこの人は精神的におかしい、問題がある、と思った、最たる証拠やねん。


私はその表情を見てゾッとして、いまだに思い出して寒気がするよ。

ヒトが言うことがわからない、なんてのは、赤ちゃんなんて親の言うことさえワカランねんから、しゃあない。

けど、わかろうとしないのはゼンゼン違う。

一生を赤ちゃん未満の理解力で済ませようとしとるんやからな。



そんで、それが問題だと、白井と小泉との三者面談(彼らはそれを”細胞会議”と言い切ったけれども、マルクス主義的にもおかしいやろ)において私が言ったら、白井は、

「そう思うならば、大西君がそのヒトを変えて欲しい」

とか言いやがった。

いや私じゃなくてオマエが責任持つべきやろ、と思ったけれども、そこはあんま主張せんかった。

ならば、別の東部ユニオンの人に聞いたら、自分も5年前くらいに、白井から同じことを言われたって。


白井と小泉は、てか東部ユニオンの中枢の人間らは、ようは、その人の障害について、問題と理解しながらも、改善する方針を考えずして後回しで放置してきたんや。


けど、その結果、その人は前進社での”党学校”で(もうココまでばらしてもええやろ。そんなのを中核派は開催しとる)、講師が指定した休憩時間を過ぎてもタバコを吸っていて、みんなからブーイングを浴びたし、その後の討論タイムで自分の単なる興味からいくつも質問して、私が「それは討論になってない!」って怒って発言して遮ったんや。


けど、それについて、ウンコ妖怪バ片野に対して苦情を言ったら、

「前進社の人間はそうやって人のことを悪く言うから。」

って言って、ほったらかしやねん。


とにかく中核派って、内部の意思統一なんてゼンゼンできてないよ。

警察公安も不当逮捕したかったらガンガンやったらええんちゃう?


けどべつに私は、警察公安が不当逮捕をせねばならないほどに、中核派が恐怖な存在とは思ってない。

きっと警察公安が、1年間にあげねばならない成果があって、それを達成するためにやむなく、脅威ではない中核派を不当逮捕しとるのが実情なんやろなあ、と思うよ。


「前進」を読んでも、中核派はそうは思うてないっぽいけど。

・・・まあ内部が「前進」とは違う発想である可能性はゼロではないけど、人々を見とったらその可能性は極めて低い。

もし前進社の中で、そんな二枚舌を使い切れるならば、何回も為されたスパイ工作なんてもっと早く見破れたと思うしなあ。





#マルクス主義粉砕闘争

”前進社 = 猿の惑星” 論、コレって意外と的を射てないか?

中核派、前進社、も、自分らの主張を一旦置いといて、目の前の人々がナニを考えているか?に興味を示せんか?

それに興味を示せないならば、その相手からしたら自分は人間とは見えずにサルでしかないし、分かり合えるきっかけってサル以上に全くないねん。


分かり合えるためには、自分らの主張は棚上げにしても、相手の主張を聞くやろ。

たとえば結婚するとして(付き合うとして、でもいいけど。私は両方ないけど。しかしAKBの子らのハートをわしづかみできたんやから、付き合えるレベルにはあるよなあ。私が熱心に教えた子とか教えた世代って外仕事めちゃくちゃあるぞ。12期は主演も多いけど、そうでなくても外仕事多いし。・・・十夢はもうちょっとなにかを頑張らなアカンかもなあ・・・・)、まずは相手の言い分を聞くやろ。

いきなり言い分が一生ワカランことがわかる、山羊と結婚とかできんやろ。


山羊と結婚できんと理解できるならば、自分らに主張が近いヒトを”オルグ”する、なんて発想するより前に、そもそも道行く人がナニに関心を持っているか?のほうが興味あるんちゃうの?

言い換えると、仮に山羊とか馬とかサルとか、人間じゃないものが通っていく道ならば、たとえば馬に対してはニンジンとか、通っていく者の関心に合わせて出すものを変えてくんちゃうの?


・・・それで思い出したけれども、11月集会の後のデモ行進、コレ言っちゃ悪いけれども最悪やった。中核派の悪い面が出た。


東電の前を通っとるのに、そこでシュプレヒコールを上げとるのが、日立関連で勤めるおばちゃんやったんやけど、東電の前というのを理解せずに東電に関連しない内容ばかりを言っていて、東京中部ユニオンか、そこの委員長がハラをたてて、そいつに、東電について言え!と言うてようやく言い出した。

なんで自己陶酔じゃなくて、まわりのことを考えられんかなあ?

東京駅前を行進しとるときは、今度は東部ユニオンの私よりも若手がシュプレヒコールを上げとったんやけど、そもそも滑舌が悪かった。


言っちゃ悪いけれども私はこの人はいろんな意味で妖怪に見えて嫌いやったから、「聞こえねー!」とか、私はデモ行進をしながらも、いっぱいブーイングを言うとったんやけれども、それに対して米山が、

「〇〇さんが言っているから」

とか言うてきた。


・・・違うよ!

オマエ元教師やろが!

誰が言っているから、ではなくて、そのシュプレヒコールを人々に聞こえるように、事前に調整する、それが教師の仕事やろが。

だから私は米山は、教師としては落第点やったに違いないと判断しとる。


私が米山みたいな教師に当たったら、ボロクソに言うて敵対しとるよ。

米山も人間のクズや。

米山はksbbや。ksgkじゃなく。

私は教師ともいっぱい敵対してきたし。

AKB関係のヒトならば”ksbb”って書いてもわかるよなあ。

てかワカラン中核派のヤツらに対して念のために示しておくか。

中核派ってこうしておぜん立てせな、自分らにとって新しいことを発見せんねん。


http://blog.livedoor.jp/y1o2k0o8/archives/33739883.html



とにかく、自分らの主張なんか正直関係ない。

だって中核派も、私が主張する、日立製作所の個人情報保護法違反、それに付随するさまざまな隠蔽工作、それについて無関心やったんやろ?


・・・・・・・・じゃあ、中核派だって、一般人が自分らの主張に関して無関心であっても、なんら文句は言えんわなあ?


なんかそんなパラドックスがいっぱいあるのに、中核派の中でちゃんと考えられる頭脳がない。

吉野元久も小泉義秀も、白井も、米山も、なんかアイツら党(シミタケ?)の方針に従うだけで、なんも考えてないぞ。


私から見たらシミタケ(清水丈夫)と金正恩とはなんもカワラン。


シミタケよ、悔しかったらヒトマエに出て来いよ。


ウンコ妖怪バ片野が、シミタケが世の中に出てきたら殺されてまう、って言うとったけれども、そんなのないない。

だって私が、いまとなってはいっくら主張が違おうが、シミタケが殺されたら、それは問題としてすぐブログにアップして、日本政府をガンガン攻めるよ。


・・・ブログを書くって、そんだけ威力がある。

私はそこまで考えてブログを書いとる。

#マルクス主義粉砕闘争

« 2017年4月18日 | トップページ | 2017年4月20日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック