« 中核派内部で、内的革命の必要性について文書を書いたんやけど、コレも誰からも相手にされんかったなあ。そんだけ中核派、東部ユニオン、動労東京は全部腐っとるねん。 | トップページ | 私が【マルクス主義粉砕闘争】って、思い立って書いたから、”マルクス主義粉砕闘争”で検索したら、こんなブログに当たった。 »

2017年4月11日 (火)

【マルクス主義粉砕闘争】 やっぱ中核派だけじゃなくて、革マルとか日本共産党を巻き込むためには、マルクス主義そのものを批判せなアカンなあ。やっぱマルクスが前提に置いた”階級闘争”という発想自体が誤りやと思う。

・・・いや、そんなことを書きながら、マクロ的に見ると”階級闘争”が存在するとは思うよ。

けれども、”階級闘争”というものがリアルに起きたことがあるかというと、ないはずやねん。

だって左翼はよく「安倍倒せ!」とか言うやろ。コレだって、王制時代になぞらえて、絶対君主を倒したらそれでいい、という発想やねん。

それって大塩平八郎の乱とか、ようは一揆と一緒やわなあ。

だから、中核派がやろうと盛んに街頭で叫んどるのは、単なる一揆の扇動でしかないねん。


しかも、一揆って、歴史を見ても、現実に餓死者がいっぱい出てもう生きてけない状態になって初めて起こせるもんやねん。

いっくら生きてけなくて人口が減ってっても、餓死者が出ない状態では、一揆は起こらんねん。


だから、そこで、マルクス主義だのなんだのを持ち出して、自分らがさも正当かのように主張しとるけれども、人々はガチで死人が出るまで、怒りを権力者に対して向けられんねん。


けれども、森友学園問題を見てもわかるとおり、・・・・いやその前にナチスを見てもわかるとおり、人々は、宣伝・扇動に弱い。

まあだから中核派も”宣伝・扇動の飛躍”とか、万年変わらんテーマを掲げとるわけやけれども、宣伝・扇動ってようは、人々が関心があることをどんどん積み上げて、追求していくことやねん。


中核派はそこでカンチガイしとるのは、動労東京の吉野とか、昨日あたりも誰かの書き込みを挙げたけど、「それはすべて資本主義の崩壊だ!」と言ったら、人々の怒りに触れると思うとるねん。

けどそれは違う。

森友学園問題で、誰かが追及してくれることを望んどる人々は、「それはすべて資本主義の崩壊だ!」と言われても、「いや自分はなにもする気ないし」って逃げてまう。


革命を目指す者は、人々との温度差をちゃんと認識して、人々から知らんぷりされても、人々が望むモノをとことん追及しきって、人々が、「ああこの政府じゃダメやなあ」と思い至るところまで説明し切らなアカンねん。

そうすると、「前進」の論調もだいぶ変わってくるはずや。


けど、それを中核派に対して言ったら、中核派は「君がそんなことを言っていてどうするんだ、君が新しいヒトを獲得する気を起さなければいけないんじゃないか」って論理をすり替えてくるねん。

それがもう、中核派は”マルクス真理教”になってもとると、私は言うとるところやねん。


それで、今日なんでそんなことを書こうと思ったかというと、さっきAKB劇場からの帰りに、オッサンらが2人で話をしとるねん。

どうも聞いたら、36歳の会社員が、37歳で今年転職で入ってきた社員についてイロイロ聞いとるねん。

その聞き方がハラタツねん。

なんでもその、37歳で今年転職で入ってきたヒトは、個人事業とかを試みたけれども破れて、それで改めて企業勤めするようになったらしいねん。

その、会社ではめっちゃ下かもワカランけれども、人生では先輩に当たる人に対して、36歳が、

「どうしてまたサラリーマンに戻ろうと思ったの?」
「いまの会社でやってけそうなの?」
「住宅とかちゃんとやってるの?」
「休日はなにしてるの?」

とか、根掘り葉掘り聞いとるねん。

しかも、たとえば赤毛のアンのマリラみたいに、聞くことによってそのヒトのためになろうとしとるのならばええよ。

けど、そいつの発言からは、「オマエのほうが年上だけれども、会社で上なのはオレだからな!」っていう態度しか読み取れんかった。

上司の特権を用いて、そのヒトの弱みをなんとか掴もうとしとるとしか思えんかった。


だって、その会社が倒産したら、それでも生きてけるのはどっちかというと、私は37歳のほうやと思う。

36歳はたぶん、大卒でその会社でストレートで昇進したんやろ。

そんなヤツが社会のナニを知っとるというねん!!!


けど、官僚だって中核派だって、中枢に近いところにおるのは、その組織でストレートで昇進したヤツばっかやねん。

だから、シミタケとか、”中核派官僚”と言っていい人間が何人もいる、と私は思っている。


”階級闘争”以前に、そういう発想と闘わずしてどないすんねんなあ?


それで、改めて”階級闘争”を捉え直したら、マクロじゃなくてミクロに見て、2人になったときに、

① 上の会社員の会話みたいに、自分の権威を持ち出して、自分が上だと威圧する人間か

② 赤毛のアンのマリラみたいに、自分はこの人のためになにができるだろうと考える人間か

人間は基本的に、この①と②のどちらかしかないと思う。


そして、中核派も共産党も、言っちゃ悪いけれども①のタイプが多い。

②のタイプの人間にとっては、創価学会のほうが魅力的で、創価学会に入っとると思う。



私は、②のタイプの人間を増やしながら、同時に、率先して権力の悪をとことん追及して、それを多くの人に伝える、そこまでもってけたら、革命に持ってけると考えとる。

やっぱ、②のタイプの人間を増やす、そんな社会が、そんな国(過渡的にせよ)ができたらどんなにいいだろう、と思う人は確実にいる。

そう言って、人々に対して理解を求めていく、そんな地道な活動が必要と思う。

« 中核派内部で、内的革命の必要性について文書を書いたんやけど、コレも誰からも相手にされんかったなあ。そんだけ中核派、東部ユニオン、動労東京は全部腐っとるねん。 | トップページ | 私が【マルクス主義粉砕闘争】って、思い立って書いたから、”マルクス主義粉砕闘争”で検索したら、こんなブログに当たった。 »

マルクス主義を粉砕する」カテゴリの記事

世界の真の平和に向けて」カテゴリの記事

中核派の腐敗」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

考察・推理」カテゴリの記事

コメント

米政府はオーストラリアなど同盟諸国に対し、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際には迎撃する態勢が整ったと通知し、厳戒態勢で備えるよう要請した。

 11日付の豪紙デーリー・テレグラフが当局筋の話として報じた。

 北朝鮮は、故金日成主席の生誕105周年を迎える今月15日かそれ以前に弾道ミサイルを試射する可能性があり、米軍は迎撃準備を整えたという。米海軍は弾道ミサイル発射の挑発行為を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いから、原子力空母カール・ビンソンなどを朝鮮半島近海に急派した。

一揆も大塩平八郎も大して知らないくせにwwwww
おーにっちゃんが不遇だと感じるのは、日本政府や工作員のせいじゃなくて、おーにっちゃんの日頃の行いの積み重ねだよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中核派内部で、内的革命の必要性について文書を書いたんやけど、コレも誰からも相手にされんかったなあ。そんだけ中核派、東部ユニオン、動労東京は全部腐っとるねん。 | トップページ | 私が【マルクス主義粉砕闘争】って、思い立って書いたから、”マルクス主義粉砕闘争”で検索したら、こんなブログに当たった。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック