« 2017年5月12日 | トップページ | 2017年5月14日 »

2017年5月13日

2017年5月13日 (土)

私のことを2ちゃんのAKB板で取り上げとるのがおる。てか伊達娘の誕生日やし、なんか新しいことをやろうと朝寝ぼけながら思いついてやった。私は思いつきで行動できる。しかしその後高速でいろんなパターンをシミュレーションして、誰も手も足も出せんと踏んでこそやけどな。

【速報】おーにっちゃん、中核派にケンカを売る [無断転載禁止]©2ch.net
http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/akb/1494639853/

1 47の素敵な(catv?)@無断転載は禁止 (JPWW 0H9f-2rIY)2017/05/13(土) 10:44:13.78ID:VSAbGrXUH

かつて某元メンバーの自称TOとして、ヲタ活にセンセーションを起こしたストー(ry
その某メンバーの誕生日に派手な祝砲を打ち上げるべく、起ち上がるおーにっちゃん。

写メ会待機列で暇な人は読んであげてネ。

6 47の素敵な(茸)@無断転載は禁止 (スプッッ Sd1f-IzjP)2017/05/13(土) 13:07:32.78ID:3rXoWqiWd
ほんとこの人凄いな……
警告書の本物とか初めて見たし、動労・中核派の内情とかも。赤裸々すぎんよ。

華怜やその後目を付けられたメンバーには凄いじゃすまないけど。


元動労東京組合員の大西秀宜より動労東京に関する実情暴露
http://dorotokyo.edoblog.net

25 47の素敵な(茸)@無断転載は禁止 (スッップ Sd1f-JO2O)2017/05/13(土) 22:37:42.80ID:c0P+Jv3md
警察と対立してる組織だから被害届を出さないと踏んで不正ログインしだんだろう

あんまり馬鹿やってると伊達娘に笑われちゃうよ?


赤裸々すぎるし、だからこそ動労東京のブログで出したらさまざまなところで波紋を呼ぶと思って書いた。

しかも不正ログインでもなんでもなくて、動労東京の組合員は数名だけで、ブログは私しか管理してなかった。

そんな状態で、ブログを書くかどうか等々で中核派と仲が悪くなったからといって、私を放り出して会うことがなかった、吉野元久の完全なる失態や。

もう動労東京は1周年を迎えることなく、ガチで潰れたよなあ。


動労千葉とか動労水戸とかは、動労東京を支援できずに動労総連合から排除するやろし、中核派内部だって、自分らが腐敗しきっとることをちったあ理解したやろ。

自分らが権力と闘っている、という思想でいくと、権力から攻撃を受けるような手段の、ブログやツイッターを書くのはケシカラン、ということになってまうけれども、それは突き詰めて自分らが権力を取ったときに、北朝鮮とかナチスとかの発想になってまう。

”スターリン主義”とかいうのを中核派はやったら批判するけれども、北朝鮮とかナチスとかと比較したら、中核派のほうがよっぽど独裁主義的で、スターリンに失礼とさえ言えるんちゃうか?


とにかく、自分が権力を取った場合に、その状態を許容できるか?から逆算してでないと、ものごとを考えたらアカンねん。

それを中核派の連中は誰も全く理解してなかった。


自分らが言論の自由や表現の自由を守るというならば、警察権力から叩かれるからといってそこでひるんだらアカン。

ピンチはチャンスや。

警察権力から叩かれたら、そこで叩き返したらええねん。

東京北部ユニオンで、”街”弾圧があって、それで弾圧に迎合するように、”レッズ”とかなんとか別組織を作ったことを、それは間違いであった、権力から睨まれるからといって自分らの主張を曲げるのは誤りであった、って昨年中核派は総括したハズやのに、その考え方はそこでだけ閉じてもて、その考え方を他にも展開できてないねん。


そのもどかしさは、日立製作所時代の、工場内とか職場内とかで閉じとった世界となんもカワランよ。

人間みんなイデオロギーがあって、そのイデオロギーの範疇で考えたり、奇特なヤツらは闘争したいと思うけれども、私はイデオロギーとか、工場内とか職場内とか、とにかくある一定の人間の中で閉じた考え(・・・・左でも右でもどっちも同じやぞ)、それを打破したいねん。


世界中のみんながみんな、”どのイデオロギーに属するか”に陥っとるねん。

だから逆にいうと、私は創価学会の人と仲良くして、この人も言っていることは変わってないし、中核派よりもむしろええなあと思うとる。

創価学会が革命をしたいと思うとるのかどうかは、なんとも言えんけど、少なくとも下っ端の人々はそうは思ってない。


けれども、中核派よりも、創価学会のほうが、自由闊達に意見が述べられて、その中で「やっぱいまの日本政府おかしいよね、自分らの未来ないよね」というハナシになると、トントン拍子で革命に進む可能性があるとさえ私は考える。

だいたい日蓮宗なんて仏教界で異端児で、仏教界では革命児と言ってもええんやしなあ。

ただ”仏教界では”という注釈がつくのを、どう捉えたらええのかワカランし、公明党が自民党に寄り添っているのをどう捉えたらええのかワカラン。

しかし、創価学会がホンマに自分らの主張をなくすならば、公明党なんて作らずに、自民党に吸収合併されとると思う。


まあそれはどうなるかワカランけれども、中核派の

 「ウンドーガ!ウンドーガ!ロードーシャノダンケツガ!ダンケツシタラカテルンダ!ウワァァァァァ!!!!」

っていうような発想よりは、まだ頭脳的かなあとは思うよ。


コレ読んだら、中核派って障害者の集まりかよ、と思うヤツらがおるかもやけど、いまのところ中核派って正直どっかに障害がある。

ウンコ妖怪バ片野(片野彰彦)が、身体障害というよりも精神障害なのを見たら明らかやろ。

まあ中核派は、ウンコ妖怪バ片野を、精神障害と判断できる考察力がないよなあ。

中核派には、真実を素直に理解できる人材がいない。



【追伸】

いやその”ウンコ妖怪バ片野”をテイよく使って、自分らが糾弾されんようにしとる、白井とか、小泉義秀とかのほうが問題なんやけどな。

けど前進社だって、それを知っていて敢えて黙認しとるところがおかしい。

前進社が知れないならば、同じエドガー・アラン・ポー・アッポーペン♪にいながら、それだけ現場の事実を見られんバカの集合というしかない。

E353系の運用開始が遅れとるの、私の読み通りやなあ。JREA5月号の論文にある。こういうのも動労東京が主張してかなアカンのに、動労総連合も中核派もバカばっかで、誰も旗振り役がおらんかった。

JREA5月号P16に、"E353系特急形直流電車用車体傾斜制御方式の概要"として、東日本旅客鉄道株式会社鉄道事業本部運輸車両部主席 北村賢一の論文が出とる。

そこにこんな記載がある。


4.量産先行車における課題
(2)空気消費量
設計検討において、区間想定消費空気量として駅間の曲線数をもとに空気消費シミュレーションを行っていたが、走行試験では曲線が集中している区間、特に大月ー甲斐大和間では想定以上の空気消費量となった。この駅間では曲線が一様に分布しているのではなく、偏った分布であり、曲線が集中している区間で圧縮空気の需要が供給を大きく上回ったことが原因であった。
この問題に対して、乗り心地に影響しない範囲で制御周波数のチューニングを行い、不要な吸排気を抑制し、空気消費量の低減を実現した。


ようはグネグネ道では圧縮空気使い過ぎて、空気不足になってまうと言うとる。

それについて、チューニングで対処したと言うとるけど、こういうことをするって、いまのメンテナンスフリーの方向に逆行していて、現実的じゃないよなあ。

しかも、あらゆる機械はヘタってきてやがて故障する。

1年くらいで空気不足になったり、ちょっと回復運転してシミュレーション以上の速度が出たり、偏荷重によってシミュレーションでは想定してなかった吸排気になる場合とか想定されるよなあ。


さらに怖いのがコレや。
最近の電車は怖いと思うんやけど。


(4)位置認識フェール時の自動復帰検討
E353系車体傾斜システムでは、ATS-P地上子通過や駅停車のタイミングで位置補正を行うが、制御器マップデータと実際の位置認識が不整合となった場合は、制御精度の低下や逆傾斜の懸念があることから、制御停止状態に遷移する制御としている。制御停止状態からの復帰は駅停車による補正のみであり、駅停車までは曲線通過速度が一般特急車両と同じ速度に低下するため、遅延の原因となる。
この問題に対し、制御器マップデータ上のATS-P地上子データリストを活用した位置認識の自動復帰検討を行い、走行試験において実用化レベルへの到達を確認した。これにより、駅間で位置認識不良が発生しても輸送影響を最小限に抑える効果が期待される。


コレ、ナニ言うとるかというと、自分がどこ走っとるかワカランようになることがたびたびあると言うとる。

これまでの鉄道の考え方やと、自分がどこ走っとるかワカランようになるようなことは稀で、

"曲線通過速度が一般特急車両と同じ速度に低下するため、遅延の原因"

になるけれども、滅多にないから問題なし、としとった。

けれども、このシステムでは、自分がどこ走っとるかワカランようになることがたびたびあって、その都度制御停止していると、実用化できんから、やむなく強制再起動させるようにした、と取れる。


こんなシステムこれまで不要やったハズやねんけど。

これまでの振り子式でも、補助的なモノとはいえ、位置認識と位置補正はやっとった。

だから、この技術にはなんかウラがあるし、ホンマは動労総連合、動労東京が先頭に立って、こんな危ない車両に乗せるな!と言わなアカンねんけど、誰も理解してない。

ホンマに安全性を問題と思っているのではなく、日本共産党と同じで、ポーズで"労働運動"をやっとるヤツらばっかやねん。

秋元康がまたさややスレにコメントしてきとるけど、こういうコメントがあるというのは焦っとる証拠や。

【AKB48】川本紗矢応援スレ★54【さやや】 http://mint.2ch.net/test/read.cgi/uraidol/1493292862/623

623名無し48さん2017/05/13(土) 13:12:55.54ID:STIVVHN6
おーにっちゃんさあ。 
君のブログのリンクがLINEで回ってきたから読んでみたけど 
また懲りずに離れた組織のことを書いているね 
こういうのは中にいるときにやらないと意味がないんだなあ 
君はいつも離れてからブツブツ言っているけれど 
これが笑われる原因のひとつだと学んだほうがいい 
それは本編ではなく後書きなんだからさあ


離れた組織だろうが、人間どうしても気になってまう。

だから、気になってまうところについてはとことん主張すれば、炙り出されて黒幕が出てくるんや。

だから警視総監だって出てきたし。

そして、中核派を罵りながらも、中核派が為し得ないような、警視総監名義の警告書をもらうんやから、私ってどんだけ大物なのか!?と思ってもらえる。


吉野元久に対して、昨年夏ごろに、公安の刑事に付け回されていることを問題にして言ったら、吉野元久は、

「自分は100回くらい身体捜検された!」

って自慢しやがるねん。

・・・いや、身体捜検くらいで気を弱くしてまう性格を警察公安から見破られて何度もされているだけで、私とゼンゼンレベルが違うのに、と思って呆れた。

それでも頑張ったけど、吉野元久のバカなのは治せんかった。


とにかく、同じようなことでも何度もやることで、みんなの意識が集中することってある。

なにかをこじ開ける、って、1回じゃダメでも少しずつ開いていると想像してグリグリやるんやろ。

雨だれ石をも穿つ、という言葉だってある。


笑われようがなにしようが、日本や世界を変えてまうまで、私は戦いを続ける。

変えた後も戦うけどな。

以下の通り動労東京ブログに書いた。もう動労東京も中核派も終わりやろ。”動労総連合を全国に”とか”国鉄闘争”とかが如何に無意味かもわかるやろ。 → 元動労東京組合員の大西秀宜より動労東京に関する実情暴露

ココに書いたぞ。

元動労東京組合員の大西秀宜より動労東京に関する実情暴露
2017/05/13 Sat. 中核派・動労東京の腐敗
http://dorotokyo.edoblog.net/%E4%B8%AD%E6%A0%B8%E6%B4%BE%E3%83%BB%E5%8B%95%E5%8A%B4%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%AE%E8%85%90%E6%95%97/%E5%85%83%E5%8B%95%E5%8A%B4%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%B5%84%E5%90%88%E5%93%A1%E3%81%AE%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E7%A7%80%E5%AE%9C%E3%82%88%E3%82%8A%E5%8B%95%E5%8A%B4%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%AE%9F%E6%83%85%E6%9A%B4%E9%9C%B2

----------------

私は、元動労東京組合員の大西秀宜です。

2015/7/1より、2017/3/31まで、株式会社JR東日本テクノハートTESSEI 東京サービスセンタにて勤務し、同時に中核派の構成員でもありました。

その後、”ストーカー規制法”違反として警視総監名で警告書を受け取りました。

権力が怖れるのは動労東京ではなく大西であり、私に対して真っ先に言論弾圧攻撃を仕掛けているけれども、動労東京も中核派も全体主義思想に陥っていて理解できないと考え、こうして内情を暴露することにしました。

株式会社JR東日本テクノハートTESSEI 東京サービスセンタは、”ハーバードの授業で絶賛されたJR東日本の「新幹線お掃除劇場」”

といわれる通り、ハーバード大学も絶賛するのですから、それはウラを返すと資本家の搾取の対象であり、ココでちゃんと仲間を増やせばいいと考えてきました。

しかし、複数回酒気帯び出勤してしまい、それを咎められて、本年3月に雇い止めされてしまいました。

”株式会社JR東日本テクノハートTESSEI”については、雇い止めされた恨みはありますが、フツーの企業と比較して取り立てて問題があるとまでは思いませんでした。

本来委員長である吉野元久や、事務局長である飯田英貴ら動労東京としては、このような雇い止め攻撃に対してこそ闘うべきです。

それが、闘う労働組合のありかたです。

しかし、吉野元久も飯田英貴も、その他動労東京の組合員も、闘ってくれませんでした。

理由は、私がブログを掲載し続けていることが、中核派内部の約束に違反するから、です。


けれども、そこまで言ってしまえば、”動労東京に加盟する”というのはイコール、”中核派に入る”、ということになってしまいます。

自分は中核派ではない、と言っておいて、動労東京で闘争を始めたとしても、後出しで吉野元久らから、

「中核派の主張と違うから、あなたの闘争はしない」

と言われてしまい、けっきょくは中核派の主張に従わざるを得なくなるからです。


ブログを掲載する、というのをやめさせるなどというのは、いくら中核派内でそう一致していようが、将来自分らが革命を成し遂げたときに、言論の自由を保証すべき立場になるわけですから、その考えの過ちは訂正し、ブログの掲載は自由にせねばなりません。

中核派的には、それが警察公安からマークされ、思想情報をダダ漏れさせるから、という理屈のようですが、そういう理屈の上で自分らが言論統制をするというのは、それはもう北朝鮮そのものになってしまいます。

北朝鮮だって、”朝鮮民主主義人民共和国”として民主主義を訴え、さらには革命までをも訴えているのです。

革命までの暫定措置として、言論弾圧をしているのです。


それと中核派=動労東京となにが違うのでしょう?


私には、中核派は、北朝鮮になぞらえて”日本民主主義人民共和国”を作りたがっているように見えます。
だから、北朝鮮の失敗には目もくれずに、100年前のロシア革命に倣って、実体のない”労働運動”を唱える全体主義に陥っています。

ちなみに、北朝鮮の第一党は、”朝鮮労働党”ですからね。
ついでに、北朝鮮もマルクス主義を主張しているのですからね。

だから、中核派の者たちは、韓国情勢について、韓国、アメリカ、日本等の”資本主義・帝国主義”について批判はしますが、北朝鮮について批判はしません。

その行きつく先は、やはり”日本版北朝鮮”でしかありません。
そういえば、左翼主義者たちは北朝鮮をかつて”地上の楽園”と評したわりに、どうしてこうなったかの考察もまた全くしているようには見えません。

またナチスだって、”国家社会主義ドイツ労働者党”ですからね。

しかし、私は中核派が築き上げてきた思考の全部を否定するつもりはなく、労働運動の大切さは理解するつもりです。

けれども、その労働運動とは、たとえば職場で文化とか芸能とか恋愛とかシモネタとか、その他下世話な話とか、ありとあらゆるさまざまな話ができ、友達関係・信頼関係ができた上で、もっというとできればお互いの人格を尊敬できて、初めて成り立つものだと私は考えます。


それなくして、「〇〇すべきだ!ウワァァァァァ!!!」とか言って内輪だけで喜んでいる”労働運動”は、実体がなく、中核派の主張を私は、北朝鮮とかナチスとかとなにも違わないと思います。

ただ、中核派は第一党になるだけの戦略がなく、だから友達関係を築き上げたり、ヒトの主張を聞く耳を持った人間がいなく、無意味な「街宣とかビラ配りとかしていればいつかは増える」なんて能天気に考えている者たちばかりなので、いつまで経っても少数派なのだと考えます。
動労東京も中核派も、友達関係も信頼関係も全然なく、尊敬できる人もほとんどいなく、正直言ってつまらなかったです。
だからいまこうして私は反旗を翻すのですし。

私がいっくら言っても、けっきょくは「街宣とかビラ配りとかしていればいつかは増える」なんて発想(これもまた全体主義思想です)に行き着いてしまうのですから、これをどう立て直すか、賢明な方々には、私が悩んだことは容易に想像していただけると思います。


私はそれらについて徹底的に討論したかったのですが、中核派=動労東京では討論する場すらありませんでした。

討論する場すらないのに、動労東京において私はブログ作成能力だけは認められて、こうしてブログの作成だけは任せられました。

このブログを私が放り出されてから誰も更新できてないのですから、それだけ私に頼っている面があったはずですが、そうして私を使う一方で、私の主張には耳を貸さなかったのですから、こんな全体主義の高慢な労働組合に入ってはなりません。
身も心も崩壊させられてしまいます。

私も酒気帯びなどしなければよかったのですが、実情を言うと、動労東京=中核派の全体主義的なものごとについて、既に示した通り、矛盾をたくさん発見し、さまざまに考えてきました。

それについていくら言っても、吉野元久らは聞く耳持たずで、私もどうしたらこの動労東京=中核派の根底的な腐敗を回復できるのかをとことん悩んで、疲弊して、その結果として酒気帯びになってしまったのです。

いまは私は動労東京=中核派からは身を引いて元気になり、お酒の量も減らせています。

だからこそみなさんには、動労東京=中核派に騙されることがないように、こうして内情暴露している面もあります。

そして私は先日4/28に、警視総監名で、私のブログ上の発言がストーカー規制法違反に当たるとして、刑事5人くらいに連行されて、万世橋署でこれをもらいました。


Scan001
Scan002
Scan003



けれども私はこの内容は一切異なっているし、そもそも昨年6月に私がアイドルである岩田華怜と電話で話した内容というのは、私が体験した事実と異なるものが多く、そもそも私をストーカーとして怯える女の子が電話で饒舌に話せるなんて矛盾点が多すぎ、最近使われるようになった同時音声変換技術という”新捜査手法”が使われたと私は主張してきました。

また、そもそも自分のブログに書く行為がストーカー規制法にあたるはずがありませんし、岩田華怜はAKB時代に握手会をしていたのですから、私が会場に現れることを”押し掛け”たなどとするのは全くもって警察公安の恣意であり、その本質は言論弾圧攻撃なのです。

これについても、私はこの警告書を受ける以前から、私はAKBでも問題を持っていると、ずっと主張してきました。
動労東京も中核派も、私の言うことは一切聞かず、中核派東部ユニオンの白井や、小泉義秀は、

「大西はAKBの女の子に対して危ないことをする人間だから、会わないように」

と、他の組合員に対して言い、私を孤立させました。

そうじゃなくてこれらはすべて、権力が私を怖れた活動である、といくら主張しても、彼らは聞く耳を持ちませんでした。
動労東京の吉野元久や飯田英貴も、
「これは動労東京に対する攻撃だと思っているよ」
と言って、闘いとして取り上げようとせず、私に対する個人弾圧だとする私の主張は認めませんでした。

ならばどうして、私が中核派も動労東京も辞めた後に、自分のブログの書き込みを、”ストーカー規制法違反”などとして弾圧できるでしょうか?


しかし、中核派も動労東京も、全体主義思想の末期的症状だから、私がどう感じて、どう訴えているか?なんて興味がなくて、自分達にとってどう利用価値があるか?でしか判断しません。

それってもう権力の発想そのものであって、そんな者が政府を打倒したら、それこそ北朝鮮のような恐怖政治になるのは自明なのに、彼らはその論理が理解できないのです。


私がどう感じて、どう訴えているか?を聞き、「ほう、現場でリアルに動いている人はそう考えるのか!」と、詳しく知ろうとする・・・・「労働運動」ってそういうものですよね。

中核派や動労東京は、現場の声が全く聞けない、硬直化した組織になってしまっています。


そもそも私は日立製作所を不当に懲戒解雇され、それも問題にしてくれと言っていたのに、問題にさえしてくれませんでした。

仕方ないから日立製作所時代に交通システム社で身に着けたさまざまな鉄道の知識を、動労総連合の闘いに取り入れたいと思って発言したのに、それさえも検討してくれませんでした。


中核派や動労東京は、日本政府・安倍政権以上に、もういろいろと終わっています。


中核派や動労東京だけでなく、日本政府が監視し、問題としている私のブログです

日立製作所を公益通報したにもかかわらず違法に解雇されたおーにっちゃんのブログ

いいこと思いついた。動労東京と仲が悪くなって、動労東京ブログのID等お知らせすると飯田英貴にメールしたけど、それさえ無視された。だから今日動労東京=中核派の腐敗について纏めて、動労東京ブログに掲載してやる。私が警察公安から受け取った警告書もな。

動労東京=中核派、オマエらの北朝鮮ソックリの全体主義思想を、動労東京ブログに整理して暴露したるからな。

覚悟しとけよ。

とりあえずもうひと眠り。← 今日は牛を食うつもりなので、"もう"ひと眠り。

トンカツを食うつもりの日は、"ブーブー"ひと眠り。

から揚げを食うつもりの日は、"コケコッコー"ひと眠り。

« 2017年5月12日 | トップページ | 2017年5月14日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック