« 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月15日 »

2017年5月14日

2017年5月14日 (日)

秋元康が本性現したなあ。人間自分のことを悪く言われたら気分を害するけれども、ヒトのことだと反応せん性質がある。中核派なんか見とったら、私のことなんか他人事なんやから明らかやろ。そうするとこの内容は秋元康やねん。・・・まあ中核派のバカどもはその理屈の論理構造が理解できんけど。理解できんからマルクスなんていう詐欺師に、死んで100年以上経ってなお集団で騙され続けとるんや。

コレもう本当にアタマ隠して尻隠さずなんやけど。


【AKB48】川本紗矢応援スレ★54【さやや】
https://mint.2ch.net/test/read.cgi/uraidol/1493292862/778

778名無し48さん2017/05/14(日) 19:24:16.72ID:ONUuteBo
おーにっちゃんさあ
君が違法に解雇されたという妄想、岩田と相思相愛という妄想
新月くんが独身という妄想、教授と一夜を共にしたという妄想
どれも君に都合が良いことばかりだよなあ
何よりも僕がアキモト先生という妄想をやめてくれないか?
彼は長期連載が終わったとは言え、素晴らしい作品を執筆し続けている
僕にそんな能力はないしギネス認定もされていない



というのも、”僕がアキモト先生という妄想”もなにも、秋元康ソックリで、他の大勢から見て秋元康に似せて書いてきとるのは明らかやないか。


最近755は私が主張したとおりボキャ貧なのがバレるから対して返信してないけど

https://7gogo.jp/akimoto-yasushi


それでもGoogle+のときはけっこう書いとったし、その文体はオマエと同じやわなあ。

https://plus.google.com/113474433041552257864



そうすると、オマエは秋元康と思われたくて、敢えて文体を一緒にしてきたよなあ?

それにまだある。

私がオマエのことを秋元康だと言い続けてきたことに対して、5年間ただの一度として、自分は秋元康ではないという弁明はなかった。

・・・なのにじゃあ今日は弁明があるねん?


1.私が動労東京ブログで中核派をコテンパンに貶したために、中核派内で大西を見る目が変わっている可能性があり、もしかしたらこの書き込みを秋元康と思われる可能性がある。

2.私が秋元康のことをボキャ貧と貶したことがよほど響いた。人間自分のことを悪く言われたら気分を害するけれども、ヒトのことだと反応せん性質があるし。秋元康は私の批判に対して耐えきれずアクセスブロックしてきた過去もあるし。


これらを総合すると、やはり秋元康の可能性が高いという結論にしかならんよなあ。

それにさらに、一般ヲタは、秋元康と呼び捨てとか、私と違って”秋豚”とか言うとるわけやけれども、百歩譲っても、”アキモト先生”なんて書いてくるというのは、秋元康公認なのは間違いない。

ウラを返せば、秋元康非公認ならば、秋元康から、「大西を相手して私を騙っているあいつを潰せ!」と言われてまうやろ。

そんなことが5年間全くなかったということは、いずれにせよ秋元康の意思が入っとるねん。


それにさあ、

”教授と一夜を共にしたという妄想”

コレのどこが私にとって都合がええねん?

事実であるし、私は思い出したくない過去なんやけど。

然るに、”衆道”を夢見る腐女子からすると、”衆道”をちょこっとかじった私は都合よく見えるのかもなあ。

そんなAKBの女の子の反応までをも見てなければ、フツーは

”教授と一夜を共にしたという妄想”

っていうのは、妄想であろうがなかろうが、全く都合よくない。

私にホモッ気があるとか、実は西山桂に尻の穴にチンポ挿れられたんだろうとか、そんな攻撃ばっか受けてまう、それのどこが都合ええねん?


あとアキブータンが”素晴らしい作品を執筆し続けている”ってどこが?

アキブータンって作家として無名やし、何冊か読んだけど似たようなことのリフレインばっかで、もうお腹いっぱいやねん。

アキブータンってプロデューサーのくせして、想像力がけっこう欠如していて、自分からどういうイメージにして欲しいって具体的なイメージまでは言わんよなあ。

そういえば、五反田タイガーの公演の前座でイロイロと言うとった中で”ピューリタン革命”というのがあったけど、私も自分が起こす革命の名前を付けとかなアカンかなあ。

「シモネタン革命」 ってどない?


”ピューリタン革命”って聞いたら、ミサイル発射するときにピュ、ピュ、ピュ、ピューリタン革命!となるところを想像して考えた。← いや考えんやろ!という声が聞こえるなあ


けど、「シモネタン革命」って大事やぞ。

私がいまこうやってストーカー規制法に問われとるのも、けっきょく岩田華怜本人の意思をないがしろにして為されとる。

その前提としてやっぱ、キリスト教とか仏教とかが広めた、シモネタはヒト前で言っちゃいけない、という発想が前提にあるからやねん。

もちろん、目の前で本人が嫌がっとるのにやる、というのはダメやけれども、本人に会わせもしないのに、「本人が嫌がっているからダメ」と言うことになると、それは違う意思になってもたりする。


たとえば親子のうちどちらかが反政府と認定されたら、親子関係にだって使われかねん。

夫婦を切り裂くことにだって利用できる。

夫婦を切り裂くこと、というのは、それは現にできるよなあ。

獄中結婚しているような人に対して、ああそういえば中核派で私としてはもう敵対的関係になってまうんやろけど、それはそれとして、こんな攻撃があり得るというので書く。

星野文昭さんに対して、暁子さんが面会に行くんやけど、恣意的に、「星野文明さんはもうあなたのことを嫌っているのだから、これ以上やればストーカー規制法違反!」と言うことだってできる。

それで、星野文昭さんの意思と異なったところで、星野文昭さんの筆跡を真似て誰かが、「もう会わないでください」と言うことだってできる。

まあ、星野奪還闘争は有名やからなかなか難しいかもやけど、これから囚われる人間に対しては乱発できるよなあ。


中核派も、私に対しての攻撃を、他人事として捉えるのではなくて、自分らがどのように適用され得るか?をちゃんと考えとかなアカンぞ。

労働運動だって全部後手後手できとるんやから、共謀罪だって可決されるし、どんどん法律の運用が恣意的になってくるのは明らかなんやし。



「シモネタン革命」でこんな文章になるとは私も思うてなかったけれども、書き始めたら想像が進んだ。


しかし、私もけっこうオモロイネタ思いつくよなあ。

ドイツに亡命したあたりで、もう5年近く前か、私はオモロイから帰国後お笑い芸人にならないか、そのへんの芸人よりもよっぽどオモロイ、って2ちゃんに書いてきたヤツおったなあ。


「おーにっちゃんのシモネタン革命ブログ」

とかに改名して、

「ミサイル発射するときにピュ、ピュ、ピュ、ピューリタン革命!・・・いやそれは、シ、シ、シ、シモネタン革命!」

とかって流行らせたら、私のブログをネタの宝庫と思ってくれる芸人も出てくるかもなあ。



とにかく、どうやって「ウンドーガ!ウンドーガ!」に繋げるか?じゃなくて、どうやったら人々がウワサしてくれるか、を考えつかなアカンねん。


そういえばシモネタン革命で思い出したけど、アレ照沼やったかなあ、JR東日本の白河市の総合研修センターの近くだかに、”ヘビ注意”という看板があって、けれどもそれはホンマにヘビが出るんじゃなくて、乗務員(の男女やろなあ。まあそれでもオトコが多い職場やから、オトコ同士という可能性もゼロではないけど・・・・あんま想像したくない)がそこでセックスしとることがあって、それをやめさせるために”ヘビ注意”という看板を立てた、とかいうハナシをしとった。

飲み会であってもそんなハナシするなよ、と思うたけど。


・・・あ、実は私よりも中核派のほうがシモネタ好きかwww


なのに普段はマトモなカオしとるって、それがおかしいんやろが。


オンとオフのときのカオを変えるな。

いやそれはいつも張り詰めろと言うとるだけじゃなくて、ある場面だけ演技せなアカンというのを私はなくしたい。



ある場面だけ演技せなアカンという発想が、左右含めてどっちものみんなの中にあるから、左右含めてみんなが、ダブルスタンダードを許容しとる。

そのダブルスタンダードをなくす闘いをしなければ、そんなところでオモテの顔とウラの顔を使い分けとって、革命なんて成し遂げられるかい。

だからやっぱ私は、地下活動とか、ニックネームで呼び合う活動とかアカンと思うなあ。

その時点で権力と同じくダブルスタンダードを自分らの中に作っとるんやから。

ダブルスタンダードを打破せんでどないする。

"ラ・ラ・ランド"観てきたけど、やっぱ私アカデミー賞取る作品は大味で苦手や。2点ってとこかな。

どうして男と女が恋に落ち、どうして男と女が別れようとするのか、恋愛モノはそこが肝心と私は思うけれども、そこがゼンゼン描かれてなくて、なんかヨウワカランかった。

ナントナク出会ってナントナク嫌いになる、というのも、一般的に恋愛ではつきものかもやけど、この作品にひとつテーマがあるとすれば、たとえバカにされ、「オトナになれ」と言われようとも、夢を追うことの重要性を説いとるハズやねん。

そうすると、子供のように夢を追うならば、子供のように純粋に恋愛しないと、やっぱ一貫性がないと思う。

子供のように夢を追う代わりに、恋愛ではオトナになった、では、ツマランし、そのツマランストーリーになってもとる。

2人が別れて、女が別の男と結婚して、たまたま男の店に来て、そこでIFのハナシを入れるとか、あざといと思う。

そんな、IFのハナシで泣かせるやりかたは、ハッキリ言って私は気に食わん。

ところで、"ラ・ラ・ランド"という題名を知ったとき、昔サラ金のCMで「ラララ むじんくん、ラララむじんくん、ララララ♪」ってのが、私が大学生くらいのときに流行ったのを思い出した。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/チャント星人

だからナニ、と言われてもなんでもないけど、私も記憶力ええなあ。

そうかなあ・・・ → 兄貴って北朝鮮に似てると思うんだよな。独善的だし、人一倍構ってちゃんで振り向いて欲しくてミサイル発射しちゃうとことかさ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-45c1.html#comment-114853819

兄貴って北朝鮮に似てると思うんだよな。
独善的だし、人一倍構ってちゃんで振り向いて欲しくてミサイル発射しちゃうとことかさ。
周りからは話し合いでは解決しないと思われちゃってるとことかさ、そっくりだよな。

投稿: シソチョノレ | 2017年5月14日 (日) 18時10分


・・・まあ、いろいろと反論はあるけど、確かに、北朝鮮もミサイルを他国ではなくて、どっか誰も見てないところで試験ばっかやっとって、ミサイルを発射できる本番に至ったことはないよなあ・・・


・・・けど、よくよく考えると、金正恩のミサイルは喜び組に向かって発射されとるよなあ。

金正日のミサイルが喜び組に向かって発射されたから、金正恩の異母兄の金正男が生まれたんやし。

金正恩は数ヶ月前に金正男を暗殺しやがったけどなあ。


・・・・・てかそのミサイルじゃないって?wwww


工作活動に対してシモネタで返すって高等技術ちゃう?

私もミサイルを伊達・・・なんて書くとコレでもう逮捕できてまう。

共謀罪なんて世間で言うとるけどな、警察公安は恣意で逮捕してくる。

あげばかに来て、久々になーにゃ似の女の子見てハナの下伸ばしとったら・・・

向こうから気づいて、

「レモン・・・」

って言うからニタニタしとったら、レモンサワーじゃなくてレモンハイボール渡されたw

その後おかわりに行ったら、若いにぃちゃんから、から揚げどっさり山盛り入れられた。

そんで次に、飲み物だけおかわりに行ったら、そのにぃちゃんニタニタ笑って

「から揚げはなし?」

って聞いてくるねん。

それで、

「レモンサワーだけで」

って言うたのに、にぃちゃんもハイボール入れるねん。

サワーよりもハイボールのほうが原価安いんか?
と疑うてまうなあw

秋元康はスグにウソをつくからなあ。ついでにゆかるんお大事に。

【AKB48】川本紗矢応援スレ★54【さやや】
https://mint.2ch.net/test/read.cgi/uraidol/1493292862/756-758

756名無し48さん2017/05/14(日) 13:37:11.24ID:ONUuteBo
おーにっちゃんさあ
どのメンバーの卒業発表も君に関係していないんだなあ
メンバーは君が出入り禁止にされたということも知らない
僕も知らなかった
君の公演レビューをメンバーが読んでいることもない
岩佐や須藤のように掲示板を見ている者はいるけれど
ファンと交流するのなら755やぐぐたすで十分だからさあ
あえて個人ブログを見に行く必要はないんだなあ
どうしても見てもらいたいなら口頭で伝えられる
日本語ドメインを取得するくらいの努力はしないとなあ
100円でできるんだからさあ



こんなの、秋元康が書いているハズがない!って大勢が思うやろけど、大勢が思うからこそ、秋元康は書いてこれる。

原発事故が起こるハズがない!って大勢が思うとったけど、現実に起こってもた。

警視総監のハンコのある警告書を、警察公安は私に対して渡してきた。

中核派が潰れるハズがない!って大勢が思うとったやろけど、動労東京がどうなるのか、この波紋がどこに飛び火していくのか、私もワカラン。

誰にも止められない私を止めるために、秋元康が投入されるというのはあり得る。


それで、私についてはいろんなところで有名やし、そもそも警察公安がめちゃくちゃ知っとるし、秋元康がこうして書いてきとるし、ココ最近毎日1万PV、UUも900くらいあるし、メンバーが知らないというのはないんちゃうの?

てかこんな駄文しか書けんとはなあ。

秋元康も作詞の能力も落ちとるし、文章力も落ちとる。

私は5年前から秋元康は実はボキャ貧と言ってコテンパンに叩いとったのも、アクセスブロックを受けた一因やろ。



ところで、コレ大西弘子の意思やなあ。
よく来とった手紙とかハガキとかと一緒で、自分のことしか書いてない。




758ソラ2017/05/14(日) 14:45:00.28ID:WLitOpXt
今日は母の日ですね
あなたが健康に暮らしているだけで私の励みになります



なにが「あなたが健康に暮らしているだけで私の励みになります」だ、違う~!wwwww

フツー親だと、私がいろんな困難に遭って警視総監から警告書を受け取っとるならば心配するねん。

けど大西弘子は、自分が気持ちいいかどうかの主張しかしてこん。


以前もあったぞ。

「あなたが買ってくれたエアコンが気持ちいいです」

とか、私が買った日立製作所製のエアコンについて書かれても、私は

「なんでオマエは日立製作所について闘ってくれんねん?」

と言い返す、という想像がないねん。



まあこんな親がいるから、中核派のヤツらのおかしなところをココロから理解できたんやけどな。

中核派も大西弘子も、「サリーとアン課題」が理解できない、自閉症のヤツらばっかやねん。


http://kokoromasic.com/82_asperger4



自分に閉じこもらずに、少しは相手の気持ちを考えろよな。

ここでついでにやけど、ゆかるんは今日声出てないって風邪か?

やっぱ前のサムネイル公演は完治してなかったんやな。

おだいじに。

日立製作所の長井聡がまた出てきた。JR東日本のE353系の車体傾斜制御が上手く行ってないのは図星やからなあ。しかも長井は車両屋じゃないから理屈が説明できてないし。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/e353jrea5-bc34.html#comment-114847967

大西さんは受け売りだけじゃなくてもっと自分の持論と言うものを
確立した方がいいと思うよ。
まず結論ありきで論理を構築しようとするから
あちこちから自論を補完するものをやみくもに取って来て
無計画に増築された家屋の如くダメダメになる。、
もう少し自分の考えを煮詰めた方がいいよ

投稿: 理論武装 | 2017年5月13日 (土) 19時39分

225


ココ8日間コメントしてきてなかったヤツがわざわざコメントして言うのは矛盾やなあ。

ホンマに私が言うとることが間違えとるならば、ほっといたらええねん。

それで私はどんどん間違った道に行って破綻するやろ。



現実はどないや?正しい道を選んできたからこそ、警察公安にマークされ、全く不当な理由で警視総監から警告書を受けたんや。

全くやっとることが間違えとるならば、警察だってほっといたらええやん。

別に私は岩田華怜の家を特定したり、さらにはそれで毎日のように家に現れたりとか、本来”ストーカー規制法”が想定しているはずの、ヒトに対する恐怖を、私は岩田華怜に対して一切与えてない。

ブログに妄想を書くのがダメ、なんてのは、言論の自由に反する。

そりゃ一般人ならばまだしも、芸能人は恋愛妄想くらいは書かれても仕方ない。

毎日のようにシモネタに絡めて書かれとったらイヤやろけど、年に数回くらいのレベルの妄想がもう”ストーカー規制法”違反になるなんて、てんでおかしい。


そんで、E353系の車体傾斜制御についてやけど、ガチでおかしいから。


それと、言うとかなアカンけれども、”まず結論ありきで論理を構築しようとする”というのは、中核派のマルクス主義=全体主義みたいなんを言う。

私みたいに、具体的に問題がある!ココが問題!といっくらそれを指摘しても、

「そういう問題はいっぱいある!だから団結して闘うしかないんだァァァァ!!!」

って言って、具体的にどこが問題か言わん。


けどそれやと、いま朝鮮有事のドサクサで下火になってもたけど、森友学園問題が騒がれたように、いっぱいあるうち、コレがとりわけ問題、というものを見つけたら、それを具体的に掘り下げて説明していく、そんな闘いが必要やねん。

そうやって、「ナルホド、コレは確かにおかしい」と思ってもらえる闘いをせなアカン。

中核派はそんな闘いがゼンゼンできてない。


吉野元久らがサブロクの締結権で争っているらしいけど、仮にそれで勝ったところで、どこにどう拡散するのかワカラン。

低賃金なのも問題やけど、それだってみんな安いと思っているし、なかなか難しい。

安全性に関する議論のほうが、賃金とか長時間労働とかを度外視しても、そのヒトの仕事に対して抱いている誇り、プライドに響くから、ゼッタイにええはずやねん。

動労千葉も、賃金や長時間労働ですぐにストライキしてまうのではなくて、具体的にどんなふうに安全が崩壊しているか?を調べ上げて訴えるほうが、労働者のプライドに響く。


だから、動労千葉の組合員が、背面監視されてさえも、保線が危ないとして減速運転したとき、JR東日本のほうが負けてレールを交換したんや。

その闘いは語り継がれとる。

なんでそんな闘いがいま動労総連合でできんのか、サッパリワカラン。


それでな、車体傾斜式車両についてもうちょっと調べたけど

車体傾斜式車両
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8A%E4%BD%93%E5%82%BE%E6%96%9C%E5%BC%8F%E8%BB%8A%E4%B8%A1

概要[編集]

従って、車両(十分に重心が低い車両)によっては「転覆の危険なく通過できる」が「乗り心地の問題」によって曲線通過速度が制限されると言う事態が想定されうる。この時適当な方法で乗客にかかる横方向の加速度を減じることができれば、その分曲線通過速度を向上できる。その答えの一つが車体傾斜機構である。(他に全員着席していること等を前提に乗り心地の悪化を妥協する、という選択もありうる。681系や683系で曲線通過速度を高めているのはこの例である。)
なお、車体傾斜機構は乗り心地を維持したままスピードを上げるための仕組みであり、軌道や車両にかかる荷重を減らすためのものではない。当然にJR福知山線脱線事故の様な事故を防ぐこともできない[注 2]。そもそも車体にかかる遠心力は、その速度・質量・曲線半径により一意に定まる。遠心力を減ずることは不可能(車体の水平方向、垂直方向成分の振り分けをカントにより変えられるだけである)である。そのため車体傾斜車両を用いて高速化を行う場合は、曲線区間で増す遠心力による側圧増大対策などのために、軌道強化が必要となる[注 3]。軌道強化が実施されていない区間では速度を高められないためカント不足とはならず、車体を傾斜させる必要がなくなり傾斜機構を停止させて運用されることもある[注 4]。すなわち車体傾斜システムだけでは曲線区間の高速化はできず、車両の低重心化と軌道の強化も行うことで初めて高速化が成される。

制御付き自然振子式[編集]

日本国鉄では自然振り子式での「振り子遅れ」「揺り戻し」などの問題の解決を目指し、1981年から1982年にかけてTR906・TR907・TR908と3種の台車が設計され、アクティブ車体振動制御装置や横圧低減対策などと共に、自然振子式を改良した制御付き自然振子式が開発・搭載された。さらに、これらの開発で得られたデータを元に、1985年にはDT51X・TR236Xと本格量産を念頭に置いた改良型台車が設計されたものの国鉄時代には量産には至らず、国鉄分割民営化後、1989年設計の四国旅客鉄道(JR四国)2000系気動車で初めて実用化の機会を得た[8]。同系の成功により、以後この方式は全てのJRが採用している。
実用化された制御付き自然振り子式では、車体の傾斜制御は以下のようにフィードフォワード的に制御される[9]。まず、予め線路上の曲線部ごとのカント等のすべての情報をあらかじめ車上装置へ組み込まれたマイコンに記録しておき、そこで記録された曲線情報は、速度発電機と地上にあるATS地上子を使用して得られる絶対位置情報と速度発電機の検出で得られる速度情報を基に、緩和曲線区間での適切な車体傾斜角度を計算する。そこで得られた傾斜角情報に従い、曲線進入前の緩和曲線区間において空気シリンダーを用いたアクチュエーターにより、あらかじめ能動的に車体を徐々に傾斜させていく。曲線区間通過後の緩和曲線区間においても、同様の手法で車体傾斜を能動的に復元させる。このような制御により、緩和曲線区間で発生する過渡的な振動を抑制するというものである。曲線区間への進入・脱出時にアクチュエーターによって半ば強制的に車体の傾きが制御されるが、補助的な傾斜制御であるため、万が一、この制御装置が正しく作動しない場合でも本来の超過遠心力によって車体は傾き安全性が確保される[10]。

強制車体傾斜式[編集]

強制車体傾斜式は、主に欧米で普及している[12]。初期の強制車体傾斜式では曲線進入を各車に搭載したジャイロスコープや加速度センサーなどで検知し、車体を傾斜させる車両単位のフィードバック制御が多かった。この方法ではいずれの車両も曲線進入後に車体を傾斜させることになるため、必ず振り遅れが発生するという問題があった。またセンサー類の誤作動によって曲線進入を正しく検知できない場合も多く、実用化の障害となっていた。その後電子工学の発達によって最適な傾斜角度の計算や編成単位で車体の傾斜を制御することが可能になり、曲線進入検知の正確性も向上した。振り遅れについては曲線進入を先頭車に搭載したセンサー類で検知し、先頭車からの指令で後続の車両も順次車体を傾けることで先頭車以外の振り遅れを防ぐ制御方法も開発され、現在では編成単位でのフィードバック制御が主流となっている。なお、一部ではフィードフォワード制御も行われており、車上コンピュータに入力した線形データと既に通過した曲線の情報から車輪回転数で現在走行位置を割り出し、次の曲線の位置を予測しセンサー類が曲線を検知する前から車体を傾斜できるものが実用化されている[13][14]。

空気ばね車体傾斜方式[編集]

台車左右の枕ばねに用いられる空気ばねの伸縮差に依存することと、車体傾斜の回転中心が枕ばねと同じ高さであり車体傾斜時に車両限界を支障しやすいため、日本での営業車両による最大傾斜角は2度程度に抑えられており、試験車両では、在来線で傾斜角5.5度(1970年の小田急のフィードバック制御の試験車両)、新幹線では3度 (300X) を実現している[16][17][注 8]。傾斜角は他の方式に比べると小さい。しかし特別な車体傾斜機構を必要とせず、既存の空気ばね台車を若干設計変更してフィードバック制御[注 9]またはフィードフォワード制御[注 10]による制御装置を追加するだけで済むため[注 11]、軽量かつ低コストである上に傾斜角度2度の場合でも基本速度+25 km/h程度(261系気動車、R600 m以上)の曲線通過速度向上が実現でき、費用に対し充分な効果がある。日本での営業車両としては、コストパフォーマンスを重視する私鉄や各JR旅客会社の在来線用新型特急車両などに採用されているほか、新幹線のN700系とE5系、E6系にも採用されている。床面の左右(枕木)方向の移動はなく、垂直方向に発生する荷重変化も少ないため、乗り心地に違和感が無い。


これらを読むと、”JR福知山線脱線事故の様な事故を防ぐこともできない”と書いてあって、車体傾斜方式により安全性は変わらないかの印象を与えるけれども、高速でカーブに突っ込むような場合の脱線は防げないと言うとるだけで、日比谷線脱線事故


営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%B6%E5%9B%A3%E6%97%A5%E6%AF%94%E8%B0%B7%E7%B7%9A%E4%B8%AD%E7%9B%AE%E9%BB%92%E9%A7%85%E6%A7%8B%E5%86%85%E5%88%97%E8%BB%8A%E8%84%B1%E7%B7%9A%E8%A1%9D%E7%AA%81%E4%BA%8B%E6%95%85



のように輪重比が変わることはあり得るよなあ。

今回問題なのは、”空気ばね車体傾斜方式”やけど、空気ばねを上げたり下げたりしたときに、・・・・私はほとんど下げるしかできんのとちゃうか?と思うけど、いずれにせよ空気の多いほうに、作用・反作用の法則で大きなチカラが加わる。

それが、輪重バランス的に問題になるんちゃうかなあ?

単純に乗り心地の問題であれば、

”他に全員着席していること等を前提に乗り心地の悪化を妥協する、という選択もありうる。681系や683系で曲線通過速度を高めているのはこの例である。”

というのを踏襲して、E353系だってそこまで傾斜制御にこだわらんかってもええねん。

「位置認識フェール時は、車体傾斜機構が働かなくて乗り心地悪くなるけど、安全性には関係ないからゴメンチャイ」

って、JR東日本も言い切れると思う。

それが言いきれずにいろいろと検討しとるということは、私は必ずや、車体傾斜機構の不具合により脱線する危険性があると、JR東日本とかメーカーのヒトが考えとるハズやと思うねん。

たとえば、キハ261系だって車体傾斜装置を取り付けとったけれども、使用をとりやめてもた。


JR北海道キハ261系気動車
https://ja.wikipedia.org/wiki/JR%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%82%AD%E3%83%8F261%E7%B3%BB%E6%B0%97%E5%8B%95%E8%BB%8A
車体傾斜装置[編集]

基本番台および1000番台の2013年(平成25年)以前の増備車は、当初枕ばねの空気ばねに車体傾斜装置が装備されていた。これは、先頭車両に搭載したジャイロセンサー(角速度センサー)のデータにより曲線を検知して、その後に各車両に2基ずつ搭載された車体傾斜電磁弁により、台車の外軌側の空気ばね内圧を高めることで車体をに傾斜させるフィードバック方式のシステムであり、従来の制御付自然振り子に必要であった線形データの入力が不要となっている。このシステムもキハ201系で実用化されていたものをベースに、MR圧向上、配管径拡大、電磁弁容量向上により性能を向上させたものである。
この装置は傾斜角が通常2度まで、最大3度となっており、使用することにより、曲線の高速通過[注釈 6]が可能であった。なお、2014年(平成26年)8月30日ダイヤ改正をもって本系列の車体傾斜装置の使用は取りやめられ[報道 1]、2015年(平成27年)度以降の本系列の増備分については車体傾斜装置を搭載しない。





元の論から言うと、

「軌道を強化しているから、車体傾斜装置の使用を取りやめても、曲線通過速度は変わりません!」

と言い切れそうやけど、”曲線の高速通過[注釈 6]が可能であった”と過去形にされており、言えてない。

たとえば、カントが全くないカーブを列車が曲がると考えると、強制的に内向きに行かされるわけやから、外側の車輪に大きなチカラがかかる。

けれどもカントがあると、内側に倒れるぶん、内側にもチカラがそれなりにかかる。


そんな状態で、曲線を何度も繰り返すことによって、フラフラになるとかあるんかなあ。



とにかく、私はやはりE353系とかの車体傾斜式は、安全性に問題ありと見る。

フツーの車両でさえ輪重バランス調整必要なんやから。

フィードフォワード制御って、制御失敗したときに不安全なほうになってまうから、よくないと思う。

ちなみに欧米の”強制車体傾斜式”は油圧式で、油圧のほうがメカニカルなぶんまだマシなんかなあ。

空気ばねの制御って、ある程度はできると思うけど、難しい気がするなあ。

動労東京はサブロクの締結権に関する闘いをやっとるんやな。→ 青年部建設し組織拡大へ 動労総連合が中央委開く Posted by: 32017年5月11日 12:56

青年部建設し組織拡大へ 動労総連合が中央委開く Posted by: 32017年5月11日 12:56
http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2017/05/post-3319.html

討論では、水戸の委員が青年部結成の決意を示し、新潟、神奈川、西日本の委員は非正規職の解雇撤回へ闘いぬくと表明した。九州の委員は1047名解雇撤回へJR九州を攻め続けると発言。高崎の委員は、新たな組合員を迎えてストを闘う中で、これまでのあり方の変革が問われたと語り、東京の委員は、36協定の締結を拒否して資本と対決している八潮支部の新たな挑戦を報告した。



もう闘いなんかできてないと思うとったけど、まだできとったんや。

よう吉野元久と仲違いせずできとったなあ。

・・・・まあ、これからどうなるのか見もの、高みの見物やけどなあ。

それにしても、中核派の文章はいつ見ても定型文ばっかで進展がないよなあ。

”青年部結成”だって1年以上前から言うとったし、やろうと思うたら一瞬でできてまう。

こんだけノロマなヤツらが、どうやったら人々のココロに響くことをできるのか、サッパリ理屈が理解できん。

警察公安から睨まれようが、インターネット上で日本中の青年が公然と討論する、とかのほうがよっぽど警察公安にとっては脅威と思う。

想像やけど、地下活動をするからノロマになってまうんやけど、地下活動だからこそ権力にとっての脅威にはならんねん。

マルクスもなんで地下活動の重要性を主張しとったのか、私にはサッパリワカラン。

やっぱ正当なことではなくて、うしろめたいことをしとるという認識が、マルクスの中にあったと思うしかない。

いやもちろんマルクスも言論弾圧を受けたというのは理解するけれども、逆に言論弾圧を跳ね返せるくらいガンガン主張したら、そこで大勢の注目を浴びられる。

そしてマルクスの時代にはなかったけど、いまはインターネットで、すぐ拡散できる。

こんな便利なものは使うしかない。

五反田タイガー旗揚げ公演 "Tokyo Community Life" 5/13 19:00公演 感想

いまごろになって悪い。
違うことを書いたり考えたりしとったから。


この前も書いたけど

五反田タイガー旗揚げ公演 "Tokyo Community Life"の脚本を一通り読んで思ったことや指摘など。かなりガチめ、ハードなネタバレで。ハード過ぎて誰もワカランやろけど。
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/tokyo-communi-4.html




脚本を2回読んで、アレどうやったかなあ、と思って観たら、私の記憶違いとかあった。


みんな脚本からいろいろとアレンジを加えて追加してきとるから、演技がどんどん長くなっとる。

まあ自分らでいろいろとアレンジしたいと思えるということは、それだけ作品に愛着があって、自分の役に入り込めているということやと思うから、私は好意的に受け取る。


たとえば、湯川が北島三郎のモノマネと言うとったのが、五木ひろしのモノマネになっとった。

けど振り付けは変わってなかったけど、北島三郎も五木ひろしも同じように歌うんだっけ?w

工藤が大貫の肩を3回叩くことになっとるところで、ラップ調になっとって笑った。


以降もう少し詳しく脚本と照らして。



P28で、台本では魚住が”父の反対を押し切って出てきたから、父から何も聞き出せないし・・・・”と言うことになっとるけど、なんかそんなセリフなかったなあと思うたら、魚住も比嘉と同じで孤児院出身に変わっとるよなあ。

だから、もらわれた先で6歳のときに本当の子供ができて、私の居場所がなくなった、というくだりも全部新しく追加になっとる。

・・・・ということで、この脚本は最終稿ではないんやな。
まあええけど。

てか、お母さんの唯一の手掛かりやから、魚住がカセットテープを使うのはともかく、いまの人間である矢沢がカセットテープを使って録音をする、というのはちょっと違うかなあ。

いまの子そもそもカセットテープの使い方なんかわからんやろ。


P29の11場の最初で、比嘉が酔いつぶれて寝とるとこで、なんか「そこじゃない!」みたいなこと言うて笑い取っとったけど、たぶんシモネタやと思う。


P41 で、北見がズボンをまくりあげてお腹を見せたところで、坂本は今回「線入ってるし」みたいに言葉を追加してきた。


P50 北見、坂本らの漫才と、比嘉、澤原らのリアルのセリフが交錯しとるところは、敷金礼金が返ってこないハナシとか、脚本よりもだいぶ盛ってあった。
それは初日からやけど。

イマイチ意味は通じてないけど、まあ笑えるからええか、と思った。





P64 "澤原を殴る湯川"とか、"倒れている澤原を蹴る湯川"とか、そんな描写なかった

って前書いたけど、"澤原を殴る湯川"はあって、それでも澤原は倒れずに、湯川のほうが音を上げてコチョコチョ攻撃をして、それで澤原は笑って倒れるんやな。




P69 で、魚住が穂積にコーヒーを渡した後で、魚住がコーヒーを飲んで「苦っ!」というのは、初日からあったけど、後で追加したんやな。

魚住はP31でコーヒー苦手と言うとるし、それに対応するモノやけど、よくよく考えたらお母さんにコーヒーを入れてあげて、同じモノが飲みたい気持ちが出とるんやな。

このくだりは脚本が秀逸、てか「苦っ!」って演出家が加えたのかワカランけど、それも含めて秀逸と思った。



しかしそれに反比例して、逆に、P65で、穂積が比嘉に対して、「あの子だけは・・・・あの子だけには手を出さないで!!!」と言うセリフはちょい違うかなあと思う。

というのも、フランボワーズの人々はみんな、悪口を言ったりしながらも仲がいい、という設定やん。

けど、この言葉があることで、穂積は比嘉のことは信用してなかった、ということになってまう。

穂積は魚住のことを娘と思いながらも、比嘉のことをそれなりに信頼していた設定ならば、もう少し違う言葉になるんちゃうかなあ・・・・

私が穂積ならば、「あなた、そんなことやってちゃダメ!」みたいな言い分になるかなあ。

そして、どうしてそこまで比嘉について拘って説得しているかを掘り下げると、実は魚住が自分の子供なんだ、と言わざるを得なくなる、みたいなカンジちゃうかなあ。




萌とか、何人か声のトーンが落ちとったけど、ヤル気がないのではなくて、ナチュラルな演技になったんちゃうか?と思った。

”13月の女の子”のときよりも演技が上手くなったと確信した。



ただ、昨日はみんなあんま目が合わんかった。

うめたなんか真正面やのに、私よりも下手上のほうをよく見とったから、そこに気になるヒトがおったのかなあ。

まあ私も危険人物やからあんま目を合わせんようにと言われたのかもやけど。

萌も前と違って目が合わんかった。

最後のところでクリスとは合った。



クリスもセリフが心持ちナチュラルになったかなあ。

まああの発声で長年やってきとるし、すぐどうとは言えんやろけど、ナチュラルにハラからの発声を心がけて欲しい。



初日にあんま入ってなくて、宣伝もあんましてなかったのに、お客さんほぼ満席で安心した。

いい舞台というのがクチコミで広がったんやろな。

私はブログやから、広まらんかもやけど、ちょっとでも貢献できとったらうれしい。



あと10分で千穐楽始まるけど、最高の舞台になりますように。

さっきすごラボから連絡があって、ぽんみゆのお兄さんの”すごトーク”ギリギリまでキャンセル待ったけど出なかったとのこと。

そこまで言うてくれるんやからガチやろ。

残念やけど盛会になるのを祈ってお礼の返信をした。

http://sgolab.or.jp/toque/


まあ、せっかくやから、興味持ったテーマを申し込んでみるかな。

たとえばこんなのは興味あるよなあ。


山崎 敬子 氏  【スポーツの民俗学(武道・相撲等)】

2017年6月17日(土)14:00-16:00
2017年7月 2日(日)14:00-16:00
テーマ:日本人なら知っておきたいスポーツ民俗学(武道・相撲などなど)~日本人としてのDNAが騒ぎ出すぜ!~




花田真寿美氏 【アスリートビューティーアドバイザー:女子アスリートの「美」について】
2017年6月18日(日)15:00-17:00
テーマ:女子アスリートの「美」について



てか両方とも人気なんちゃう?

”女子アスリートの「美」について”ってあるけど、それはたとえばダンスとか舞台とかとどう違うのか、同じなのか、オトコにも応用できるものなのか、等興味あるかなあ。

申し込んでみようかなあ。

”スポーツの民俗学”ってたぶんもう満員やろ。

いやこうやって何度も何度も書き込んでくるということ自体が、メンバー内になんかあれば私の味方がいることの裏返しやないか。それと、マルクスは私から見たら詐欺師な。 → おーにっちゃんさあ 君に何かあってもメンバーは何もしないんだなあ

【AKB48】川本紗矢応援スレ★54【さやや】
https://mint.2ch.net/test/read.cgi/uraidol/1493292862/673

673名無し48さん2017/05/14(日) 01:05:57.38ID:ONUuteBo>>675
おーにっちゃんさあ
君に何かあってもメンバーは何もしないんだなあ
君は認知されていないからね
毎日悲惨なニュースが報道されていても
メンバーは涙を流さないし楽しそうにしているだろう?
君は誰からも必要とされていない
この悲しい気持ちは君ひとりのものなんだなあ



そりゃもちろん、まだ不当逮捕されていなくて、いくら警視総監名義での警告書をもらっていようが、私が元気に書き込みをしていたら、芸能活動を優先させるやろ。

けどそれでも、ココロの底で泣いとるヤツはいっぱいおる。

岩田華怜が突然卒業発表をしたのだって、私が出入禁止にされて失望したからやし、そんな経緯があるからこそ、警察公安はなんとしても私を岩田華怜と離さなアカンねんなあ。

だから、たとえば警察公安が私を不当逮捕しようものならば、中核派や動労総連合の全体主義の連中は「自分達には関係ない!」ってしらばっくれるやろけど、AKBのメンバーのほうが反乱を起こす可能性のほうが高いやろなあ。


しかし、とにかくいまのところは舞台上で涙を流してないだけや。


まあ私がどんな不当な方法を受けるかにもよるけどなあ。

ブログのコメント欄を読んでいても、どうも警察公安は、いっくら私がいろいろと主張しようが、警視総監名で警告書を受けたらブログをやめるやろ、と思うとったフシを多分に感じる。

私は逆で、警視総監名での警告書なんて、それがなかったら、警察公安のヤツらは、「大西が勝手にウソを騒いでいるだけだ!」って言えるけど、警視総監名での警告書というのは、日本政府が私を狙っているという確実な証拠なんやから、敵のほうから私に対して痛いモノを出してきたとしか考えられん。


もう本来の立場としては完全に逆や。

左翼のヤツらも、私が受け取った警視総監名での警告書の内容をキチンと咀嚼したらええのに、自分らが進める闘いばかりに関心が集中していて、ヒトの闘いについてゼンゼン関心がないから、それをチャンスと思えんねん。


私は、マルクスなんて詐欺師はゼンゼン信用してない。

マルクス主義はそれを実践したら全体主義に陥るのは、人間の悲しい事実やねん。




”人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。 多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない”

https://sekihi.net/stones/19811


というカエサルの名文は、マルクス主義者全員にも当てはまる。

マルクス主義に固執するあまり、自分の目の前の事実をちゃんと見ず軽視しとる。

その発想をやめる=マルクス主義を捨て、自分の目の前の事実をちゃんと見る、そこにこそ革命の核心があるのに、それを理解してない。



そういえば、昨年11月集会の前に、ふと思い立って、飯田英貴に対して、「韓国の歌で”オギヨディオラ”というのを知っているのですが、使えませんか?」とメールしたけれども、飯田は

「集会のプログラムはすべて決まっているから、変えられません」

ってメールしてきやがった。


けど、

「集会のプログラムはすべて決まっているから、変えられません」

って言い切るようなヤツが、

「日本政府のプログラムはすべて決まっているから、変えられません」

と言う政府権力に対してどう闘っていくよ?

相手のプログラムを変える、”革命”という闘いをしようとするヤツらは、まずもって自分らのプログラムを打破せなアカンやろが。


だから、

「集会のプログラムはすべて決まっているから、変えられません」

って言うとるヤツらは、ガチで革命する気がないと私は考えて呆れた。


そんな、自分らの考え方をひとつひとつ変えていくのが闘いであるはずやのに、私が入ってからも、中核派なり動労東京なりは、どんどんと考え方が硬直化し、全体主義まっしぐらやった。


それで、警察公安から不当逮捕されたら、警察公安からめっちゃ目をつけられとると思うて、中核派のヤツらはわーわー騒いで喜ぶんやけど、違う。

4/3に中核派・前進社のヤツが免状不実記載で逮捕されて、中核派はイキっとったけど、私の代わりに逮捕したと思うとる。

もともと私を麻薬取締法違反容疑で逮捕しようとしとったみたい。

その朝の電話内容を受けて、コレおかしい、ガチの警察やと思って、即座にブログをアップした内容がコレ。



なんか朝から、さっき麻薬みたいなものについて変な電話があった。コレたぶん警察が私に対してガサ入れしようとしとるやろ。 投稿者 おーにっちゃん 日時 2017年4月 3日 (月) 05時58分
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-64b7.html

これまでもよく、麻薬らしきものが欲しいという電話があって、

「いやそれイタズラなんですよ・・・迷惑しているんですよ・・・」

と言い返すんやけれども、今日の電話は違った。

まず、1回目電話してきて、私も寝とったから切れて、再び繋がったら、ウラで

「電話番号メモしました」

とか言うとる。

そして私が

「そんなの売ってないから。ウソだから」

と言ったら、

「じゃあタダで売ってくれるんですか?どこに住んでるんですか?」

って聞いてくる。

こういう聞き方って刑事の聞き込みやろ。
おとり捜査をしとると私は判断する。

それでその後何度も電話がきたけど出てない。

警察ってこういう嫌がらせをしてくるねん。

けどな、中核派ではない私に対して、こんなに嫌がらせをしてくることからも、私がどんだけ怖がられとるかがわかるやろ。

ガチで警察が来たら、また顛末をアップする。





それで、警察公安の怪しい動きを私は感じて、夜に帰ってきたら、中核派のヤツが免状不実記載で逮捕されとった。


だからそう考えると、コメント欄にもあるけど、中核派・動労東京は告訴もしないのに、警察公安のほうが勝手に、不正アクセス禁止法違反容疑で私を逮捕してくることだって十分に考えられる。

だいたいそうやって、コメント欄とかで匿名で匂わせてきて、だんだんと世論をそう持ってって、「ああやっぱり逮捕された」と思わせる、警察公安のやりくちやねん。

権力もそうやな。そうやってコメント欄で敗訴濃厚とか、ストーカー容疑濃厚とか、そういうふうに世論を持ってってから実行する。

全部がそうや。


なのに、中核派はインターネットを使った闘いなんてやったことないからワカランねん。

それどころか、東部ユニオンの白井とか小泉義秀とかは、無実の私について、ストーカーをやったと決めつけて他の組合員に言うとったんやから、マルクス主義の名を借りて、どんだけ権力の言い分に迎合した条件反対闘争をやっとるのか、私は呆れたよ。

そういや動労東京委員長の吉野元久だって、

「警察が来たのだから、その子が被害届を出したんだよ」

って言いきっとったけど、私は、岩田華怜が被害届なんて出してなくて、警察が勝手に動いて私を弾圧している、と主張したんやけど、吉野元久はゼンゼン聞く耳持たずやった。

自分が攻撃を受けたときは、警察を信じない、と言うとるのに、私が攻撃を受けたときは警察を信じるって、吉野元久はどんだけダブルスタンダードやねんなあ。

吉野元久は言行不一致があまりに多すぎて、よくあれで自我が崩壊せんなあと思って呆れたよ。

「労働者の誇りを大切に」とか言う一方で、私の誇りは平気でズタズタにしたりなあ。

動労総連合も、よくあんなのを動労東京の委員長として認めたよなあ。

てかココまで書かれたら、吉野元久は自殺モノなんちゃうの?

・・・・・・まあ自殺まではせんでもええけど、ちったあ自分のことを反省しろよな。



ところで、前から書いとるけど、私はカエサルにめっちゃ似とるよなあ。



ガイウス・ユリウス・カエサル
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%82%B5%E3%83%AB

評価[編集]
カエサルは、文筆家としての才能も高く評価されており、マルクス・トゥッリウス・キケロとともに、ラテン文学の散文における双璧をなしている。特に『ガリア戦記』の雄渾で簡潔な文体は高く評価されている。また、上述した引用句も特徴的である。
終身独裁官に就任して以降、カエサルは度々王位への野心を露にしたとプルタルコスは伝えている。一例として、パルティアへの遠征計画を挙げており、ローマで予言書とされた『シビュラ予言書』には「王を戴かない限り、ローマ人はパルティアは征服できない」と記載されていたという[39]。この時期、カエサルはローマ市民から憎悪されていたこともあって、共和主義者による暗殺計画を呼び込む一因となったとしている[40]。
イタリアの歴史の教科書には「指導者に求められる資質は、次の五つである。すなわち、知性。説得力。肉体上の耐久力。自己制御の能力。持続する意志。そして、カエサルだけが、このすべてを持っていた」という記述がある[41]。
ドイツの歴史家であり、ローマ史によってノーベル文学賞を受賞したテオドール・モムゼンは、「ローマが生んだ唯一の創造的天才」と評した。
モンテスキューは、次のように評している。「人々は、カエサルの幸運についてしきりに語る。しかし、この非凡な人物は、多くのすぐれた素質もあり、欠陥はないわけでなく、多くの悪徳を積みもしたが、どんな軍隊を指揮したところで勝利者となったろうし、どんな国家に生まれたところで、それを統治したことであろう」[42]

人物像[編集]
カエサルが元老院議員として初めて表舞台に出た頃の評価は、「借金王」や「ハゲの女たらし」と言ったものであった。事実、借金は天文学的でとてつもない金額であった。紀元前61年春に、プロプラトエルとしてヒスパニアへ赴く前、カエサルが高飛びすることを恐れて出発を妨げたため、カエサルは、最大の債権者クラッススに泣きつき、債務保証をしてもらい、ようやく任地に出発できた[43]。もっとも、借金の額があまりにも大きく、カエサルに死なれでもしたら債権者たちは大損となってしまうため、カエサルと彼らとの力関係は、非常に微妙なものだったとも言われる[44]。「ハゲの女たらし」(羅: moechus calvus)と言われることを受け入れていたことは、カエサルの寛容さを説明する際に引き合いに出される。






いまブログを書き続けとるのも、現代版ガリア戦記そのものやし。

”知性。説得力。肉体上の耐久力。自己制御の能力。持続する意志。” コレ全部私持っとるやろ。

自己制御の能力がない、なんて言うヤツがおるかもやけど、こんだけ破天荒な人生を歩んできても、掃除会社のパートで1年9ヶ月おとなしくしていたとか、めちゃくちゃ制御しとるやろ。

フツー私のような状態になったら、発狂して自殺してまうやろ。

”人々は、カエサルの幸運についてしきりに語る。しかし、この非凡な人物は、多くのすぐれた素質もあり、欠陥はないわけでなく、多くの悪徳を積みもしたが、どんな軍隊を指揮したところで勝利者となったろうし、どんな国家に生まれたところで、それを統治したことであろう”

って、いままさに勝利者になり、統治しようとしとるから、日本の国家権力が、中核派を束にしてひっくるめた以上にマークしてきとるんやし。


”カエサルが元老院議員として初めて表舞台に出た頃の評価は、「借金王」や「ハゲの女たらし」と言ったものであった”

って、コレ全部私に対して警察公安らが誹謗中傷してコメント欄に書いてきたり、ヤマシンを名乗る者(中の人には新月もいると私は睨んどる)が私の中傷ブログにこれらのことを全部書いてきとるしなあ。

ナマポだの破産だのいろいろ言われとるけど、全部攻撃をかいくぐって赤貧になったからやし。

ハゲとることを前方後円墳とかなんとか言うとるし。

女たらしが昂じてストーカー規制法違反をデッチ上げられとるし。


”「ローマが生んだ唯一の創造的天才」”

というのだって、私は革命を志すからこそ、鉄道システム的にどこがどうおかしいかを考えて、鉄道はどうあるべきかを考えたり、AKBの子らとかその他の作品について評価してみたりして、
たとえば中核派がマルクス主義に固執している間に、闘いと思ってこなかったものごとについて、コレが闘い、アレも闘い、と言って日本の権力がガチで怖がるバトルをリアルにしとるから、日本の国家権力が私に対して警視総監名で警告書を出してくるんやし。


まあ、こんだけ書いても、

”人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。 多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない”

多くの人間には、ピンとこんやろけどなあ。

別に親告罪じゃなくて別件逮捕してもらってもいいけど、警察公安が私を別件逮捕した時点で、中核派は警察権力から守られるという、史上初の屈辱を味わうことになるんやな。 → 不正アクセス法は親告罪じゃない。よって別件逮捕の口実が出来ちゃいましたねw

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-b419.html#comment-114849026

おーにっちゃんへ
不正アクセス法は親告罪じゃない。よって別件逮捕の口実が出来ちゃいましたねw
間も無く逮捕だねw逮捕おめwこれで前科で次回のストーカー規制法で実刑だわw
新幹線の清掃ご苦労様だったねwwwwww
投稿: | 2017年5月14日 (日) 00時40分



・・・・・まあ、中核派は、史上初の屈辱を味わってさえも、私のことを憎いと思うほど成り下がった組織と私は考えとるから、不当逮捕 Welcome やけど。

どんな攻撃であってもどんとこいや。


拳銃で撃たれたりナイフで刺されたりして殺される可能性が、いつなんどきあるかワカランという気持ちで動いとるぞ。

けど、私がガチで殺されたら、中核派は隠蔽に加担しても、AKBのメンバーは黙ってないと信じるから、だから私は中核派よりもAKBのメンバーを信じとるし、権力はAKBのメンバーを信じとる私が怖いねん。

中核派なんてけっきょく自分らの党派闘争に走って、私が殺されてもそこは自分らに不利なヤツを暗殺したからいいとして、迎合してまうやろ。

中核派って”絶対反対闘争”とかいいつつ、自分らに都合がいい”条件反対闘争”をやっとるのが実態や。    

それをみんな、アタマのつくりが非常に悪いこともあって、理解できてない。

今度から、吉野元久のことを、このブログでは”よっすぃー”と呼ぼうかなあ・・・・

工作員含めて、可決するか否決するか考えてよ。

否決されたら、”吉野元久”って実名で文句を書き続けるだけやけど。

なんであんな人間のクズ&ナメクジ職人・・・ああ、なめろうやったか、が動労東京の委員長なのか、サッパリ理解できん。

中核派のヤツら、なんで吉野元久を動労東京の委員長にしたのか、ココで釈明してよ。

私はいまだに、”人材不足”以外の理由を考えられん。



・・・いや吉野元久よりも私こそが適任やったとは思うんやけど、私は中核派的に新人かつ問題児やったしなあ・・・・・・・・・・・・・・

中核派が法律遵守で警察に対して私の捜査を依頼するとかない。仮に警察公安が言うてきたとしても、それは工作や。 → ま不正アクセスでおとなしく逮捕されてください。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/akb-8838.html#comment-114848875

>しかも不正ログインでもなんでもなくて、動労東京の組合員は数名だけで、
>ブログは私しか管理してなかった。

>そんな状態で、ブログを書くかどうか等々で中核派と仲が悪くなったからといって、
>私を放り出して会うことがなかった、吉野元久の完全なる失態や。

お前、在職中に鍵預かってて、退職してもその鍵使って社内に不正入構していいと
思ってる?
「鍵をワタシから回収しなかった吉野の失態や。」とか、そんな屁理屈通用すると思ってる?

ま不正アクセスでおとなしく逮捕されてください。

投稿: | 2017年5月13日 (土) 23時55分



不当逮捕される可能性があるために、念のために書いておくけれども、中核派ってガチで警察権力を毛嫌いしとった。

まあそれもウンコ妖怪バ片野から聞いたもんやから、ビミョーやけど、私はウンコ妖怪バ片野は前進社の伝令と思うとったし、事実やろ。

その”前進社の伝令”を、さも自分の考えかのように言うところが、ハラタツノリなんやけど。


・・・・・まあええよ。

日本政府・警察公安は、それで不当逮捕したかったらどんどんやってくれよ。

私のブログは、日本だけでなく、アメリカの国務省だったか内務省だったか、内務省やった気がするなあ・・・からアクセスがあったり、アメリカ海軍とか海兵隊からアクセスがあったりした。

なんでアメリカの海軍からなのか?というのを調べて、日本はアメリカ海軍の管轄下やからやと知った。



私のブログに、アメリカ海軍からのアクセスがたびたびある件に関する考察 2016年5月 9日 (月)
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-3562.html



けど、そんなのを私がリアルに実感して中核派に対して報告しても、中核派って、「・・・だから?」って反応やねん。

オマエらはサントリーかよ!


・・・・・なんか中核派は、勝手に自分らの恣意で判断してまうよなあ。

たとえば吉野元久も、私が日立製作所時代に、国際規格の会議でホームドアの規格を決める発言をして怒られたことを言うたら、

「それは、本当は決めたらいけない内容を決めたからダメだったんだよ!」

って、私の実感とゼンゼン違う結論を主張して、なんも問題にせんかった。

こんなバカが動労東京の委員長って、「ふざけんなよ!」ってめちゃくちゃ言いたいけれども(ブログではめちゃくちゃ主張しとるけれども。吉野元久は動労東京の委員長のクセして、バカ&小者やから私と会わんねん。完全に立場逆転しとるよなあ。)、中核派はそんだけ人材不足が深刻やし、私の才能を見いだせる人間さえもいなかったということやねん。

« 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月15日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック