« 私の法律解釈について必ず出てくる鍵穴が、私のことを関係妄想と言うとるけど違う。警察の主張を正としても、岩田華怜が私のブログのことを指摘してその上で法律行為に及んどるんやから、私がやれと言ったことをやること自体おかしいやろが。 | トップページ | ”元警察官”も、イロイロと書き込んでくれるのはうれしいけれども、なんか考え方に下っ端感がにじみでとるなあ。 »

2017年5月 2日 (火)

コレ3/18のイベントで公安刑事が出てきて私に警察手帳を見せたことを隠蔽しとるし、それは中村の主張とも通じる。コレは警察公安の書き込みや。だから入念に反論する。 中核派の妖怪バカどもは理屈が理解できんやろけど。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-884e.html#comment-114784976

大西に対して警告書が発されたのは、確かに岩田華怜がこのブログをみて不快感と恐怖を感じ
ホリプロが動いて警察が対応したのは事実だよ。
また、大西の主張にはいくつか嘘がある。

まず3月18日のカレンダーイベントで大西に対応したのは警察ではなくホリプロスタッフとイベントスタッフ。
これは当地で見ていたファン(?)からの報告もあるから間違いはない。
少なくともその中にホリプロマネージャーがいたのを俺も確認している。

次に岩田華怜は今、次の舞台での稽古で忙しくて毎日エゴサや大西ブログのチェックをしている暇はない。
本人の精神的負担などを普通に考えても、母親かマネージャーが確認していると考えるのが筋だろう。

そしてTwitterのシステムが変わり、一つのアドレスで複数のアカウントが作れるようになった今
なぜ大西がアカウントを作成して岩田華怜に直接問い合わせないのか?
答えは至って簡単であり、ブロックされる事実を目の当たりにしたくないから。
それでなければアカウントを作成しない大西の行動にも矛盾がある。

そしてInstagramの記事更新について、岩田華怜ファンですらタイミングをわかっている事実と
更新前にRADWIMPSについて岩田華怜のファンが話していた事実をひた隠していることから
自分に不都合な事実を隠しているのは大西であることはもはや明白。

何をどう主張しようと岩田華怜が大西に嫌悪感を持っている事実は覆しようがなく
警告書に対する違反行為から、これらの記事が通報される、またはホリプロや岩田華怜の母親が目にした時点で
大西が正当に逮捕される事実もまた覆せない。

投稿: | 2017年5月 2日 (火) 18時52分



3/18のイベントに出てきたのは間違いなく公安の刑事や。

警察を名乗って私に警察手帳を見せた。
それは間違いない。

4人組で、女性を1人混ぜるのも、警察のやりかたや。

けど、それが警察によるものじゃなかった、とする主張は、中村の主張とも通じる。

それで、その報告は誰から受けたんや?
オマエが勝手に警察の方針を言うとるんやろ?




次に岩田華怜は今、次の舞台での稽古で忙しくて毎日エゴサや大西ブログのチェックをしている暇はない。
本人の精神的負担などを普通に考えても、母親かマネージャーが確認していると考えるのが筋だろう。



・・・って、本人が気にする必要がないならば、ストーカー規制法のどこに当てはまるのだっけ?

本人が気を取り乱さなアカンほどになるから規制せなアカンのが、ストーカー規制法の本旨やろ?

本人じゃなくても対応できるならば、これまでどおりそれは事務所の仕事であって、警察を呼んだらアカンやろ。
なんで警察がしゃしゃり出てくるねん?



そしてTwitterのシステムが変わり、一つのアドレスで複数のアカウントが作れるようになった今
なぜ大西がアカウントを作成して岩田華怜に直接問い合わせないのか?
答えは至って簡単であり、ブロックされる事実を目の当たりにしたくないから。
それでなければアカウントを作成しない大西の行動にも矛盾がある。



twitterのアカウントを作ってもいいけど、私はそういうのは嫌いや。

そして、岩田華怜が、好意にかかわらず私をブロックしてこないといけないらしいのは理解する。
twitterはフォロワーがわかるからなあ。

ニコ動のアカウントは、フォロワーはワカランっぽい。
けれども、これも工作活動が激しくなって、私をブロックしてきた。
それに対して私が苦情を言ったら、2ちゃんねるに謝罪のコメントがあって、その後ブロック解除された。
だから岩田華怜が2ちゃんを通じて私に対してコメントを送ってきとるのは事実やねん。



ただtwitterに関しては、事務所の意向によりブロックしてくるやろとは思うぞ。



そしてInstagramの記事更新について、岩田華怜ファンですらタイミングをわかっている事実と



そんな事実どこにあるの?示してよ?



更新前にRADWIMPSについて岩田華怜のファンが話していた事実をひた隠していることから
自分に不都合な事実を隠しているのは大西であることはもはや明白。



そんな事実も知らん。

だいたい私、岩田華怜のファン=”岩ファミ”と交流ないし、なんでそんなの知らなアカンねん。


それを知っているのを前提にするならば、岩田華怜が私のブログの内容を知っていることなんて、もっと前提になるよなあ。








さらに、岩田華怜がInstagramを更新した日の新月のツイート

https://twitter.com/DokaNewmoon/status/858606668254330880?s=09

立ち止まらずに進むなら、ためらわず前へ

後ろは僕らが護るから🙋


これは明らかに「大西のような輩からは僕達が守るから、気にせずに頑張って」という主張だろうね。
後ろを護る、つまりは後ろから襲ってくるような輩として大西を隠喩しているのは明白。

新月ほどのファンなら岩田華怜やその周囲から
信頼されて何かを任されていても不思議ではないしね。

投稿: | 2017年5月 2日 (火) 19時01分


この新月の投稿って怪しいよなあ。

新月が結婚しているかしてないかさえ私には事実がワカランけれども、仮に結婚していたら、自分が守らねばならない家庭があるにもかかわらず、そんな発言がそうそうできるとは私には思えん。

自分が新月の奥さんの立場としたら、そんな書き込みされとったら憤慨する。

けれども、新月が警備員として、給与をもらって岩田華怜を守る、というのを、警備員の立場として書き込んどるとするならば、そりゃ奥さんも納得するやろ。


新月が結婚していないとすると、まあそんな気概を持っとるというのは素晴らしいけれども、自分が守りたい岩田華怜に対して、結婚しているとかウソ情報をいっぱい流すのは、最終的には都合悪くなったら岩田華怜に対してもウソつくという姿勢を示しとるんやからなあ。


どのみち新月なんて信用できるかい。


誰に対してであっても平気でウソをつくようなヤツは、いざ都合が悪くなれば、あなたに対してもウソをつく。

誰に対してであってもウソをつけない人間こそ、いざ都合が悪くなっても、あなたに対してウソをつかない可能性が高い。

そんな、誠実な人を、周りに増やしてかなアカン。

そのためには、自分が誠実にならなアカン。

« 私の法律解釈について必ず出てくる鍵穴が、私のことを関係妄想と言うとるけど違う。警察の主張を正としても、岩田華怜が私のブログのことを指摘してその上で法律行為に及んどるんやから、私がやれと言ったことをやること自体おかしいやろが。 | トップページ | ”元警察官”も、イロイロと書き込んでくれるのはうれしいけれども、なんか考え方に下っ端感がにじみでとるなあ。 »

中核派の腐敗」カテゴリの記事

岩田華怜」カテゴリの記事

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動」カテゴリの記事

日本最大の暴力団組織・警察」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

考察・推理」カテゴリの記事

コメント

上から目線のメーデー式典になってはいないか 

今日は早朝から日比谷メーデーに参加する。

代々木公園以外のメーデーに参加するのは初めて…だと思う。

世界中の労働者は当然ながら5/1にメーデーを行う。

ただ世界で唯一「社会主義」を掲げている国の首都・ピョンヤンでは、イベントはない。

労働者の日として休日になり、家族や仲間でピクニックに行ったりして過ごす。かつて職業総同盟主催の5/1イベントに参加したことがあるが、国内の外国人が参加するためのスポーツイベントだった。

下手に(?)GWなどがあるから、メーデーがねじ曲げられた。

そして当然ながら官公庁をはじめ多くの労働者は通常勤務として出勤する。

自分が義務教育に通っていた時(5~60年前)は、5/1は全校写生大会が実施され、井の頭公園まで行った。前日には担任が「先生たちは明日メーデーに参加するから」と、説明した(こともあった)。

昔からメーデーは好きでは無かった。

考えてみれば、業務としてメーデーに参加していた…よけい質が悪い(苦笑)。

あの高い壇上からの、さながら閲兵式のごとき上から目線の式典と、集会そっちのけで昼間からアルコールが入り、あるいはデモだけが目的とされた。

ただこの日だけは、労働者が一堂に会し、人数だけは凄かった。しかし、当時から「差別」はあった。

多くの経営者は仕方なく「メーデー休暇」を認めたが、一部では管理職とパートなど非組の非正規労働者を軸に操業したという。

正社員だけで組織される労働組合がいないのを幸い、「社員なんかいなくても会社はまわる」と暴言がなされ、分断がもちこまれたこともある…。

そういえば、4/29の連合中央メーデーに関する報道は興味深かった。

自分が見た民放は、神津会長の「長時間労働是正」発言と小池都知事参加が内容だったが、NHKには、なぜか都知事が登場しない。

新聞でも、メーデー内容に関係なく、小池都知事にだけ焦点を当てていた紙面もあり…? なお、神津会長が共謀罪への危惧を表明したことは前進だとおもうが、長時間労働に加え格差・非正規化の拡大にも焦点をあてないと、正社員の祭典・自己満足と取られかねない(去年の連合メーデーは「非正規の待遇改善」が焦点だった)。

当事者が想像している以上に「労働貴族」と見なされていることは自覚すべきだ。

NHK報道とあとは添付だけしておく。

メーデーの裏も表も知りすぎていて自分はわからないが、社会的にはどんな感想と評価がされているのか…。

全国の中には統一メーデーが志向され始めていると聞く。「閲兵式」ではない下からのメーデーに改革できないかとの思いも募る。


>連合がメーデー中央大会(NHK 4月29日 12時37分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170429/k10010966281000.html
 連合のメーデー中央大会が29日開かれ、「長時間労働の是正や同一労働同一賃金の法制化に向け、雇用の安定と質の向上などに全力で取り組む」とする宣言を採択しました。
 東京・渋谷区の代々木公園で開かれた88回目となる連合のメーデー中央大会には、連合の発表でおよそ4万人が参加しました。この中で連合の神津会長は、「今まさに私たちは働くことに関わる新たな常識とその歴史を働く者みずからの手で作り出していく大きな節目に立っている。それぞれの労使があるべき働き方を追求し、社会全体で労働時間を最適化していかなければならない」と訴えました。
 そして、過労死の問題や賃金の格差などを背景に「長時間労働の是正や同一労働同一賃金の法制化に向け雇用の安定と質の向上などに全力で取り組む」とするメーデー宣言を採択しました。また、「過労死ゼロ」に向けて勤務間インターバル制度の普及などを目指す特別決議も合わせて採択し、最後に、参加者全員でがんばろう三唱をしました。
 5月1日には、全労連や全労協によるメーデーの中央大会が開かれます。
◆塩崎厚労相「働き方改革の加速に期待」
 塩崎厚生労働大臣は、「ことしの春闘では、一部の企業で、正規だけではなく、非正規社員も対象とした手当の創設といった動きも出てきていると聞いている。今後、こういった『働き方改革』に取り組む新しい動きが、多くの労使の間で広がっていくことを期待し、その加速化に、連合が貢献されることを強く期待する」と述べました。
 そして塩崎大臣は、「働き方は暮らし方を決める極めて大事な問題であり、働く場全体の活性化を目指すべきだ。厚生労働大臣の諮問機関である労働政策審議会で、スピード感を持って審議を行い、関連する法案を早期に国会に提出するため準備を進めていく」と述べました。
◆蓮舫代表「長時間労働の苦しみ解消を」
 民進党の蓮舫代表は、「長時間労働で、心身の健康を著しく損なう人たちがおり、苦しみを取り除き、安心して働ける環境を作るのは、政治の最優先課題だ。長時間労働の苦しみが、解消される法整備に向けて、努力したい」と述べました。
 また、蓮舫氏は、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案について、「政府は、『共謀罪』は、テロ対策のためだと主張しているが、全くの誤りだ。犯罪を実行しなくても、処罰の対象になる。労働組合が、国会前で抗議活動を計画した場合でも、罪に問われる可能性がある。党として断固として反対し、廃案に追い込みたい」と述べました。

>第88回メーデー中央大会を開催(連合HP 2017.4.29)
https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/news_detail.php?id=1279

>連合メーデー 春闘賃上げ、成果強調 4万人が参加(毎日新聞 2017年4月29日) 
https://mainichi.jp/articles/20170430/k00/00m/040/047000c

>小池都知事、メーデー出席…連合と蜜月アピール(読売新聞 2017年04月29日)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170429-OYT1T50081.html


以前も紹介したが、JILPTの山崎憲さんがTwitterで<連合通信に寄稿しました。

アメリカのメーデーは労働組合ではない組織によって担われています。

労働運動は環境に合わせた構造変化の途上です。

非正規を労組に組み込むという方向から非正規が主役になることへ変わったと言ったら良いでしょうか>と書いていた。

自分も4/20のブログ末尾に〈米国メーデー〉06年以来の大規模デモへ/「差別反対」掲げ新たなうねり - と紹介した山崎さんの文章は読んで欲しい。

>変質続けるメーデー 88回記念で原点にもどれないか (シジフォス 2017.4.20)
http://53317837.at.webry.info/201704/article_14.html

「休み」の日はパソコンからはなれるようにしている。

鎮痛剤は我慢して止めた。この2点だけで、生活も体調も激変している(苦笑)。とにかく、デモはできないが、メーデーに参加してみる。

中核派の若手から

大嘘秀宜

と呼ばれるほどの大嘘つきのくせして何を言うw

嘘八百、キチガイ妄想、脳障害奇形じじい!ブログ消して謝罪しろ!

参考情報。
これが大西秀宣君により書かれた彼女宛て自称ファンレターの一部(?)である。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/cat54873119/index.html

大西秀宣君がリアルで同様の自称ファンレターを彼女に対し大量送付していた実態が解る。

なお、同系の自称ファンレターにはAKBメンバーなどへのものもあり、
それはこのリンク先にある。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/akb/index.html

こうした自称ファンレターを定期的かつ大量に送付されれば怖いと思うだろう。
被害者は当時十代の少女であったのだからなおさらである。

ホリプロのイベントに来た黒い手帳を持った人物が
警察官という証拠がない

お前の間違いないにはいつも客観性がない

いい加減分からないかな?

ほら始まった、自分が知らないから事実ではないという自己都合論。
Twitterのぞけるなら自分でそこまで探してからものを言うのが普通だろ。
それをしないで自分本位のことばっかり書き込んでても誰も信用しないというもの。

新月のところは奥さんも岩田華怜のファンだということを岩田華怜本人も配信番組で公言しているし
今日だってお子さんとの食事風景をツイートしてるのに、結婚してるのがウソかホントかどうのこうのとか言ってるのは
明らかに現実を認めたくないための妬みでしかない

さらに言えば3月18日に警察がいたというのはお前1人しか言ってない上に証拠になる写真もない。
ところが大西がスーツ姿と普段着姿の男性数人に話をされてた目撃ツイートが数点あったのは何故かな?
どう考えても大西が嘘を言ってるとしか、誰も考えないよな。

そんな奴が自分の妄想だけで相手をバカにしてたって、相手方の信用性がが高まるだけの話だろ。

>・・って、本人が気にする必要がないならば、ストーカー規制法のどこに当てはまるのだっけ?

本人が気にしていないんじゃなく、舞台稽古や仕事で忙しいから頻繁に見られないと書いてあるだけなのに
またもや自分都合に解釈してるよな。
明らかにおかしいものを事務所や母親が通報していても岩田華怜に対してのストーカー規制法は適応出来るからな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の法律解釈について必ず出てくる鍵穴が、私のことを関係妄想と言うとるけど違う。警察の主張を正としても、岩田華怜が私のブログのことを指摘してその上で法律行為に及んどるんやから、私がやれと言ったことをやること自体おかしいやろが。 | トップページ | ”元警察官”も、イロイロと書き込んでくれるのはうれしいけれども、なんか考え方に下っ端感がにじみでとるなあ。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック