« 2017/5/25 AKB48チームB+HKT48ひまわり組「ただいま 恋愛中」公演 観た。名前わからんけどよく踊れとるのおった | トップページ | アキブータンがダンスの用語について言うてきとるけど、自己矛盾しとるぞ。 → 大西君さあ、外野の色んな人達が口を揃えて「足踏み」の単語を嘲笑っているのが、まだ分からないのかなあ。ツッコミ多めなのでインラインで。 »

2017年5月26日 (金)

ホンマは伊達娘の舞台を観に行ったりたいと思いながら、コメント欄でなんか必死に言うとるヤツらもいながら、私は私で来月仙台~栗原市の旅行を計画していろいろ検討してみる。あと6/25のはやぶさ34号で貴賓輸送があると考えられる。

今月は舞台がいっぱいあってそれに充てる費用がいっぱいあってアップアップで、それで警察公安とかがイヤがらせとかしてきたらガチでマズイんやけど、まあガチでマズイ状態になったらそれをネタにして騒げるし、なんとかかるよ。

てか中核派ってgdgdやわなあ。ってかそのハナシをするか!ってツッコミあるやろけど、言うとく。

報道を見ても、

「この部屋には必ず何かある」捜査員の執念の尾行、張り込み3カ月 2017.5.24 05:00
http://www.sankei.com/west/news/170524/wst1705240005-n2.html

「この部屋には必ず何かある」。捜査員が張り込みを始めて数日後の2月初旬、マンションから年配の男が現れた。これが大坂容疑者とみられる男だった。

府警は慎重に2人の行動確認を続けた。連れだって外出することはなく、特に男は、「ほとんど外出せず、出かけてもすぐに部屋に戻ってきた」(捜査関係者)という。

男の正体がつかめず膠(こう)着(ちゃく)状態が続く中、事態が急変したのは5月中旬。鈴木容疑者と接触していた活動家の女が、別の事件で兵庫県警に逮捕されたのだ。「(鈴木容疑者らが)アジトを移す可能性がある」。府警は急(きゅう)遽(きょ)、鈴木容疑者の偽名宿泊の件で逮捕状を取り、5月18日朝にマンションを急襲。大勢の捜査員がなだれ込む様子を見た住民男性(28)は「何事かと思った」と振り返った。



私はこの内容をそのままには信じんなあ。

なんかおかしいと思ったら、”鈴木容疑者の偽名宿泊の件で逮捕状を取り”みたいな内容で別件逮捕の口実を作って急襲したらよかったんや。

それが、2月初旬から5月18日まで伸びたのは、理由があるやろなあ。

まあもちろん北朝鮮情勢もあるやろけど、私が動労東京のブログで公然と反旗を翻して、中核派がダメージを受けとると思うたからこそ、公安は大阪さんの逮捕(と私が言うのもアレやけど)に踏み切ったと思うなあ。

だからコメント欄に、そんなわけない!って数日前にあったやろ。

「そんなわけない!」は、そうだからこそ、公安が否定してきとるねん。


そんで、中核派はそれでも、「公安は大西よりも中核派のほうが怖かったからこそ、中核派を攻撃してきたのだ!ウワァァァァ!」って言うやろ。

けど、中核派と大西と天秤にかけてみな。

中核派を大西が離れて、大西は後ろ盾がないんやから、4/28付で警視総監からの警告書を受けた後で不当逮捕されるのは、フツーに考えたら大西やろが。


その大西がなんもなくて、中核派が逮捕されとるというのは、冷静に見たら、公安は中核派全員よりも私一人のほうを怖がっとると見れるよなあ。

怖くないほうに攻撃を加えて、徐々に陣地を拡大していくのが、戦争の鉄則やからなあ。

まあ中核派はお坊ちゃんばっかやから、戦争のやりかたなんか教えられてないやろ。

私も「ローマ人の物語」くらいしか知らんけど、それとか、個人的にそれなりに強かったオセロ(いまはリバーシというほうが一般的なんか)のように、どう攻めるか?を考えるのはけっこう得意やぞ。


そんで、いまのところ私は、6/24,25の土日で仙台旅行を考えとる。

とりあえず指定券は、

6/24 こまち1号 東京→仙台 17号車1番A席
6/25 リゾートみのり 仙台→鳴子温泉 3号車9番B席
6/25 やまびこ54号 くりこま高原→仙台 5号車9番E席
6/25 はやぶさ32号 仙台→東京 1号車1番E席

を確保した。

AKBをつけまわしたとして文句言われたから、敢えてバラすけれども、6/25の はやぶさ34号 の 仙台→東京 をチェックしたら、1ヶ月前発売やのに、グリーン車完売しとるねん。

コレは怪しい。

1ヶ月前にグリーン車だけ完売するって怪しすぎる。

天皇ならばお召列車やけど、安倍晋三クラスが乗るんちゃうんか?

・・・・・・・・・って書いたら日本政府は予定変更するのか?w

日本政府、私の投稿を見て、”スピード写真に寄り道”したらアカンぞ。


中核派は、こんな記事も出されとるし、もう日本全国が「中核派憎し」ってカンジになっとるのを考えなアカン。


「はっきり話して」=渋谷暴動事件で遺族-新潟
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052500664&g=soc

新潟県警は25日、県警から派遣され1971年の渋谷暴動事件で殺害された中村恒雄警部補=当時(21)、殉職後に特進=を含む殉職者の慰霊祭を新潟市内で行った。参列した中村警部補の兄幸雄さん(71)は式典後、指名手配中の大坂正明容疑者(67)とみられる男が逮捕されたことに関して「なぜそういうことをしたのか、はっきり話してほしい」と述べた。
幸雄さんは中村警部補について「口数が少なくおとなしい性格。きょうだいで一番親思いだった」と振り返った。男の逮捕は新聞で知ったといい、「もし真犯人と分かれば、法に従って償いをしてほしい」と静かに話した。(2017/05/25-12:34)



自分らにだって言い分はあるやろ。

私も元中核派なんやから理解する。

だから、大坂さんは完黙の闘いを続ける。コレは正しい。
警察公安が発言をどんなに恣意的に解釈するかワカランからなあ。

けれども、中核派として、中村恒雄警部補が亡くなった事実をどう捉えるか、そこを無視して、



http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2017/05/post-3345.html

一から百まですべてがデッチあげだ!



なんて言うたって、それは誰も信じんぞ。


いっくら警察が敵であろうが、敵が亡くなったという事実はあるんやから、それに対してどう向き合うか?が問題やねん。

警察じゃなくて、目の前の相手がどう思うか?については真摯に向き合わな、賛同者なんて出てくるはずがない。

そこに中核派の根本矛盾があるし、元小学校教師の米山なんか、そんな根本矛盾を理解しとるのかしてないのかワカランけれども、.なんでもかんでも 「オルグ、オルグ!.」 って騒いどるからハラタツねん。



大坂さんは、完黙・非転向の方針からして、話さなくてもいいけど、中核派としてならば、

「中村恒雄警部補を自分達が殺してしまう結果になって非常に申し訳ないと思っている。

しかし、申し訳ないながらも、私達は権力と闘っているのであって、権力の横暴として、中村恒雄警部補が、何らかの非道を働いたから(ってホンマかワカラン、逃げ遅れたからリンチしたのかもワカラン。あくまで中核派の言い分を想像してや)、強い権力に対して弱い我々がやむなく暴力を行使したのだ。」

という言い分はあるかもなあ。

それでも、”やむなく暴力を行使”もなにも、まあ公然やろけど、私も聞いておかしいと思ったけれども、暴力革命論を公然と掲げとるねん。

私はそれは違うと思う。

どうして違うかは、共振現象について散々説明してきたけれども、誰も理解できんかったっぽい。

ってか飯田英貴なんて東北大の理学部の宇宙物理とかだっけ、なんだから、共振現象くらい理解しとるハズなんやけど、中核派のマルクス真理教の北朝鮮全体主義に染まってもたら、自分が学んだ学問なんて全部忘れてまうねん。


私には、確かにマルクスが現代の社会構造の一端(全体ではない)について説明をしたことは理解するけれども、”マルクス真理教”のどこがすごいのか、いまだにワカラン。


その、どこがすごいかワカランようなもののことを、”マルクス真理教”として信奉しとるヤツらがおるっていうのが、日本のおかしな一面やと思う。




まあ、前説のほうが長くなったけど、まず私は”週末パス”を買う。


http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2182



それで、6/24に私はこまちに乗る。

はやぶさじゃなくてこまちにしたのは、先頭車両やし、E6系の乗り心地を試したい。

それで、仙台に8:04着いたら、すぐに乗らずに、ブラブラして(仙石線で小鶴新田往復とかかなあ)、9:24の特別快速で石巻に行くねん。

石巻着は10:16で、そこでレンタサイクルがある。


http://www.jalan.net/kankou/spt_04202ee4590145295/?screenId=OUW1701


2時間500円でジャージャーして、・・・じゃなくて、ブラブラして(・・・って、女性だと意味わかるよなあ。

ぼっちだから”ブラブラ”はできても”ラブラブ”はできんところが悔しいよなあ。
ちなみにオトコがあそこをブラブラさせていたら、このように歌にされてまうぞ。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%AC%E3%81%8D%E3%81%AE%E9%87%91%E6%99%82%E8%A8%88&rlz=1C1VFKB_enJP675JP675&oq=%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%AC%E3%81%8D%E3%81%AE%E9%87%91%E6%99%82%E8%A8%88&aqs=chrome..69i57j0l5.6072j0j8&sourceid=chrome&ie=UTF-8

)、

そんで、この”石巻かき小屋 ”に行くねん。

https://tabelog.com/miyagi/A0404/A040403/4014905/

交通手段
石巻駅から徒歩19分(約1.5キロメートル)
ほかには、タクシーや貸自転車、自家用車をご利用ください。

石ノ森漫画美術館南側。
石巻駅から1,176m
営業時間
11:00~16:00
ランチ営業、日曜営業



”貸自転車”って書いてあったから検索した。

石ノ森漫画美術館

http://www.mangattan.jp/manga/


もあるし、時間があったら見てもいいと思う。

実のところあんま興味ないけど、あんま興味ないけど時間が余ったから見る、というような姿勢も大事やねん。

革命ってそういうところから発生するんやし。(中核派はそれが理解できず、”マルクス真理教”という念仏を唱えていれば革命が達成できると考えているバカの集合体・・・そんなバカを操ろうと思う者も含めての集合体なのは、ココだけの秘密な)



それで、”石巻かき小屋 ”でかきをたらふく食った後に、12:25発のマンガッタンライナーで仙台に戻って、そんで、”週末パス”で利用できる、阿武隈急行に乗るねん。

槻木15:00発ならば余裕で乗れる。

それで、阿武隈急行に乗って(急行といいつつ全部普通列車なのは笑えるし、福島-槻木間、JR東日本のほうが速いやろ。どのへんが”急行”なんかヨウワカラン)、福島に16:18に着く。

つばさ143号が福島16:35発-山形17:46着やから、それに乗る。

それで、仙山線快速山形17:59発-仙台19:13着に乗ったら、ほぼ夏至なんやし、これくらいまでは景色が楽しめるやろ。

その後はどうするかなあ。それでネットカフェで寝る。インターネットもするし、2ちゃんに書き込みもするぞ。

2ちゃんの書き込みが拒絶されとったら、そんだけ日本政府の私個人に対する攻撃が厳しいと思うまでや。


それで、翌日は、仙台9:13発のリゾートみのりで鳴子温泉に行く。

そこですぐレンタカーを借りるけれども、鳴子温泉のいいところを見つけてひとっぷろ浴びてもいいと考える。

http://www.naruko.gr.jp/file-tegata/tegata-1-naruko.htm

コレ見たら、いっちゃん安い”滝の湯”がええんちゃう?

コレだけ酸性泉で、他と泉質が違うと思うけど。



それで、ドライブして(てか私がクルマを運転するって、事故られた伊達娘のフットルース初日、2014年9月以来やなあw)、くりはら田園鉄道公園に行ってみる。

https://www.kuriharacity.jp/index.cfm/12,0,147,html


たぶん伊達娘もこんなとこ行ったハズや。

行ってなくたって個人的に興味あるけど。

それで、くりでんの廃線跡を巡って、食べログで見つけたけどコレすごいんちゃう?

狩人 (かりゅうど)
https://tabelog.com/miyagi/A0403/A040302/4004476/



店主のおじいさんが、自分で狩った熊などを料理として出しとるって、コレはそそられるなあ。


まあとりあえず私は1か月後にそんなカンジで考えとる。


警察公安とか中核派とかがいろいろと恣意的に考えてきたってどうでもいい。

「君の名は。」だって、三葉と瀧がリアルに出会うまでどんだけかかったか。(・・・どんだけなんだっけ?)

まあ私は、「君の名は。」以上のことを考えとるから、「君の名は。」がどんだけの日数だったかどうかなんて、正直言って興味ないし。



てかいま伊達娘のリツイートで知ったけど、十夢がつい先日うめたと萌が出たTEAM-ODACで舞台に出るんかよ!


http://teamodac.net/news/?p=2102


出るなよ!やめてよ!私のサイフをうぁぁぁぁぁぁ!!!・・・

・・・っていうのは私の金銭的な問題だけで、十夢が舞台に出るというのは、十夢だけ12期で舞台の上に立ってなかったからうれしいし、観に行くしかないかなあとは思うけれども、行けても2回かなあ・・・・


コレ見た時点で、帰りのはやぶさをグランクラスにするという案もちょっと考えとったけど、全部ふっとんだ。

十夢おめでとう。

あと田野もミュージカル解禁しとる

https://twitter.com/tanoyuka_0307/status/867642787209986048


し、12期は次から次へと舞台に出てしんどいよwww (金銭的にだけ。ハートはどうでもいいけど)

« 2017/5/25 AKB48チームB+HKT48ひまわり組「ただいま 恋愛中」公演 観た。名前わからんけどよく踊れとるのおった | トップページ | アキブータンがダンスの用語について言うてきとるけど、自己矛盾しとるぞ。 → 大西君さあ、外野の色んな人達が口を揃えて「足踏み」の単語を嘲笑っているのが、まだ分からないのかなあ。ツッコミ多めなのでインラインで。 »

AKB48」カテゴリの記事

マルクス主義を粉砕する」カテゴリの記事

中核派の腐敗」カテゴリの記事

岩田華怜」カテゴリの記事

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

考察・推理」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

さんざんアイドルにストーカー行為をくりかえしたのに、
警察のでっち上げでストーカーにされたと言っている大西秀宜と中核派は同じようなものですね。

大西は岩田の母親に何をしたか忘れたのか?
岩田の母親が出入りするところに何で行くんだよ。
遠慮しろよ。
岩田と岩田の家族にとって大西秀宜は恐怖の変質者なんだから。
岩田と岩田の家族を怖がらせるために仙台と栗原に行くとブログに書いているのか?

仮に警察のでっち上げでストーカーにされたという大西の主張が正しいのであれば、
岩田華怜は警察の工作に協力していることになるのではないのか?
岩田が大西に好意を持っているのならなぜ岩田は何も言わないのだ?
岩田が「私は警察にストーカー被害相談なんかしたことありません。」と言えば警察のでっち上げが発覚して大問題になるぞ。
公安警察はそんなに間抜けなのか? 

兄貴、くりこま高原は在来線ないぞ。
紅葉シーズン以外駅から栗駒山へのバスもないしな。何しに行くつもりだ?駅名に高原がついても周辺に高原はない。
てか、週末パスの古川〜くりこま高原は捨て区間。撮り鉄でもなけりゃわざわざ金を捨てに行くようなもんだ。
それに山形新幹線はコスパ悪い。米沢〜福島のみ使いなさい。

行ってやりたいけど…迷惑なんで何度言ったら…

てか、そもそも兄貴がJLDGOとグルと見做してるJRを使う理由って何なんだ?
JLDGOからナマポ貰ってる理由も知りたい。
どうもJLDGOに飼い慣らされてるようにしか思えないけどな。

「高齢者は働き続けろ」「社会保障をあてにするな」の大合唱

昨日NHKが「18年後の2035年には、高齢者世帯のおよそ3割が収入や貯蓄が不足して生活保護の水準を下回るおそれがある」との日本総研推計を報じた。

当然ながら驚かない。

自分の住んでいる地域も高齢者ばかりが目に付くが、トラブルが多発し、異様な雰囲気になっている。

「生活困窮高齢者」への対策などほとんど見当たらず、労働力不足と年金不安から「生涯現役」として働かせ続けると同時に、社会保障削減を進める施策しか見当たらない。

朝日新聞が4月13日に<70歳は「ほぼ現役」65歳「完全現役」…自民PTが案>と報じたが、まさにその通りの思惑だ。

>70歳までを「ほぼ現役世代」とし、この年齢まで働ける社会にすべきだ――。65歳以上の人の働き方などを議論する自民党のプロジェクトチーム(座長・片山さつき政調会長代理)が13日、こんな提言の骨子案をまとめた。超高齢化社会に備えるためで、今後、政策に反映するよう厚生労働省などに求めていく。
 65歳以上とされている高齢者の定義を、日本老年学会などが「75歳以上」とすべきだとの提言をしたことなどを受けてまとめた。
 骨子案では、65歳までを「完全現役」とし、定年を65歳に引き上げることを求めた。そして、定年から70歳までを「ほぼ現役世代」として、それまでの経験を生かして地域と一体となった仕事や社会活動に参加してもらうとした。
 そのための環境整備として、公的年金について受給開始時期を遅らせると有利になるような具体策の検討などを求めている。詳細を詰めた上で5月上旬にも上部組織の「一億総活躍推進本部」(本部長・川崎二郎元厚労相)の提案としてまとめ、政府に提言する。
 70歳未満までを現役とすると、2065年に高齢者1人を現役世代1・3人で支えるようになるとの推計が1・8人となるといい、片山氏は「完全な『肩車型社会』にはならずに乗り切れる」と述べた。(朝日新聞 2017.4.13)


本田由紀さんの5/18付けTwitterが「不安な個人、立ちすくむ国家 ~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」というある政府内プロジェクトのレポートを紹介していた。

経済産業省の若手官僚30人が作成し産業構造審議会総会(第20回)に配布された資料として話題になっている。

そこには<今後は、人生100年、二毛作三毛作が当たり前。 にも関わらず、「昭和の標準モデル」を前提に作られた制度と、 それを当然と思いがちな価値観が絡み合い、変革が進まない。これが、多様な生き方をしようとする 個人の選択を歪めているのではないか>とし、上記の高齢者対策がなければ、この国は滅ぶ(?)とまで主張している。 


当然ながら、高齢者は自分で自分の面倒をみろ、家族や社会、国から支えられると思うな、との結論になる。

そして<社会の仕組みを新しい価値観に基づいて 抜本的に組み替える時期に来ているのではないか>とし、①一律に年齢で「高齢者=弱者」とみなす社会保障をやめ働ける限り貢献する社会へ ②子どもや教育への投資を財政における最優先課題に③「公」の課題を全て官が担うのではなく、意欲と能力ある個人が担い手に>が掲げられている。

③は<いつからか、「公は官が担うもの」という思い込みにより、・住民は税金の対価として官からサービスを受けるもの(お客様)・民間に任せるかどうかは官が判断するもの(民営化、規制緩和)となった結果、官業が肥大し財政負担が増え続けるとともに、「公」についての個人や地域の多様なニーズに応えられなくなっている。

本来「公」の課題こそ、多くの個人が生きがい、やりがいを感じられる 仕事であり、潜在的な担い手は大勢いるはず>との「理屈」になる。


その他、興味深い指摘が多々あり、直接読んで欲しい。

 ただ何度も繰り返し登場する<政府は個人の人生の選択を支えられているか?>とし<(1)個人の選択をゆがめている我が国の社会システム ①居場所のない定年後 ②望んだものと違う人生の終末 ③母子家庭の貧困 ④非正規雇用・教育格差と貧困の連鎖 ⑤活躍の場がない若者 (2)多様な人生にあてはまる共通目標を示すことができない政府 (3)自分で選択しているつもりが誰かに操作されている?>との指摘はわからないではないが、実に恣意的だ…(苦笑)。
http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf


個人的には、日朝国交正常化をはじめとする平和外交により、急増する軍事予算を徹底的に削減することや金子勝さんの持論である<電力大改革を実行しエネルギー転換を契機に分散ネットワーク型の産業と社会システムを創り出すこと。

インフラ、建物や住宅、耐久消費財を一新し、若者に雇用と未来をもたらすこと。

子どもと高齢者に最低限を保証する普遍給付と地域の現物給付ができる財源と権限を移すこと>などやり様はいくらでもある、と思う。

為政者による上から目線と、自由と人権を尊重する民主主義の視点はまったく違うとさえ思えてくる。

冒頭に紹介したNHKの報道だけ、念のため添付し終わる。嫌なテーマを選択jしてしまった。

>高齢者世帯の約3割 18年後には生活保護水準下回るおそれ(NHK 5月22日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170522/k10010990241000.html?utm_int=news_contents_news-main_007
 18年後の2035年には、高齢者世帯のおよそ3割が収入や貯蓄が不足して生活保護の水準を下回るおそれがあるという推計を民間の研究機関がまとめました。
この推計は、日本総合研究所が国の人口推計や消費に関する実態調査などのデータを基にまとめました。
 それによりますと、18年後の2035年には、収入が生活保護の水準を下回り、貯蓄が不足して平均寿命まで生活水準を維持できない「生活困窮世帯」が、394万世帯余りに上るとしています。
 また、平均寿命を超えたり、病気で入院したりした場合に、生活保護の水準を維持できなくなるおそれがある、いわゆる予備軍は167万世帯余りに上り、これらを合わせるとおよそ562万世帯となり、高齢者世帯の27.8%を占めるとしています。
 生活困窮世帯すべてに生活保護を支給した場合の給付額は、2015年度のおよそ1兆8000億円から、4.9倍に当たる8兆7000億円に増加するということです。
 日本総合研究所調査部の星貴子副主任研究員は「バブルの崩壊やリーマンショックなどで老後の蓄えができなかった人が少なくないと見られる。国は、社会保障だけではなく、定年の延長や就労支援など、高齢者の収入確保に取り組む必要がある」と指摘しています。

連合にとって共謀罪と解雇の金銭解決どちらが重要?

今日開催される「5・24労働法制の改悪と共謀罪の創設に反対する連帯集会」(日比谷野音)の次第を嶋﨑量さんがTwitterにあげている。

<情勢報告(海渡双葉・棗一郎)、政党挨拶、雨宮処凛、過労死等考える家族会、総がかり、雇用共同アクション、平和フォーラム、AEQUITAS>…当然かもしれないが(苦笑)、連合がない。

労働弁護団主催であれば、発言は可能かもしれないが、この枠組では不可能と一蹴されたらしい。

悪法阻止にむけて力を合わせるべき時に分断が持ち込まれる。

それでも、さすがに体裁が悪いのか、同時間に駅頭宣伝を行うらしい。


多くの方から、連合への厳しい批判を頂く。

たしかに「共謀罪」に対しては反対の意向を示しても、院内集会に止まっている。

しかし、平和フォーラム加盟産別や全国の各地域では行動に参加している組織も多い。

連合のHP上では、会長のサンデー毎日連載コラムに、やっと登場した程度のアピールしかない。

その代わり、何故か「労働紛争解決システム検討会」に関しては毎週行動が取り組まれ、連合ニュースとして大きく発信されている。

なおこの厚労省前集会には、必ずと言っていいほど労働弁護団の方が参加し挨拶する。

それぞれ無理して駆けつけているのだから、「労働弁護団」と紹介されるべきなのだが、なぜか(苦笑)「弁護士」としてしか紹介されない。そんな「失礼」が許されるのか…。

>解雇の金銭解決制度の議論は打ち切るべき!労政審での検討は必要ない! 解雇の金銭解決制度導入反対5.22厚労省前激励集会を開催(連合ニュース 2017.5.22)
https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/news_detail.php?id=1283


朝日の澤路さんが、連続Twitterで、この日の内容を報告している。

朝日の記事と併せアップしておく。

>解雇の金銭解決、本格議論へ 反発の中、厚労省押し切る(朝日新聞 2017年5月22日)
http://www.asahi.com/articles/ASK5Q6559K5QULFA02X.html
 解雇のトラブルをお金で解決する「解雇の金銭解決制度」を巡り、厚生労働省は22日、解雇された労働者が職場復帰を求めなくても、解決金の支払いを要求できる権利を与える新たな制度の導入について本格的に議論する方針を明らかにした。厚労省の労働政策審議会で、今夏にも法改正に向けた議論が始まる見通しになった。
 厚労省は「金銭解決制度」の有識者検討会に提出した報告書案で、労政審で議論するよう提言した。解決金額に上限と下限を設定することも検討事項にすると明記した。
 検討会のこの日の会合で、労働側は「会社が解決金に近い金額を示して労働者に退職を迫るリストラの手段に使われる」と制度の導入に猛反発。経営側にも「企業によって支払い能力に違いがあり、一律に定めるのは難しい」などとして、解決金に限度額を設定することに慎重な意見がある。
 労働側は、労政審で本格的な議論を始める必要はないと主張。議論は紛糾したが、厚労省は異論を押し切って労政審で議論を始める構えだ。検討会は月内に報告書をまとめる予定で、報告書には「検討会の委員のコンセンサス(合意)が必ずしも得られたわけではない」と明記する見通し。
 金銭解決制度は2002~03年と05年の過去2回、導入が検討されたが、実現しなかった。政府は15年6月に閣議決定した日本再興戦略に金銭解決制度の議論を再び始める方針を盛り込み、厚労省が有識者検討会を設置して議論してきた。
 労働法制の改正には、原則として労使の代表者が参加する労政審での議論を経る必要がある。労働側の反発は根強く、議論は曲折が予想される。

>澤路 毅彦Twitter(2017.5.22)
●労働紛争解決システム検討会。本日、報告書(案)。書きぶりについていろんな立場からの異論が出ましたが、解雇の金銭解決システムについて、是非、制度設計を含めて労政審で本格的に検討することになりそうです。
○2015年の閣議決定では、「金銭救済制度の在り方とその必要性を含め、~検討を速やかに進め、可能な限り早期に結論を得た上で労働政策審議会の審議を経て~」となっていましたが、検討会では法技術的な面も含めて結論は出ていません。確かに、今のままでは結論は出ないでしょうけど。
●労政審で議論するにしても、専門家による小委員会のようなものを作ることが想定されているようです。
○今回は導入推進派の委員が「弱い労働者のため」という点を強調しているのが過去との違いだと思うのですが、途中から「予見可能性を高める必要性が労使にある」ということになり、「上限がないと訴訟を労働者が長引かせるインセンティブが働く」という流れになる。
●「解雇無効の場合であっても、労使の信頼関係が崩れていることがあるから」というのが昔の理屈だったような気がするのですが、今回はあまり聞かない。
○報告書案では使用者申立についてかなり厳しい書きぶりになっています。今日の検討会では、制度導入に肯定的だと思われる土田先生も「使用者申立は未来永劫断念すべき」と発言。


他の重要課題が多すぎて「報告書」を読む気か起きないが、使用者側も強く異論を述べ、土田さんまでそう言われるのでは、また勘ぐらざるをえない。

なお澤路さんのTwitterには<「解決金額に上限と下限を設定」ってどういうことなのでしょう。

どうせ対象従業員のある期間における月当たりの平均賃金の6割から満額を何か月分みたいな話かと思いきや、あらかじめ金額が規定されるのですか?記事を読んでみて、はて?さて?>とのリツイートが紹介されており、澤路さんは<議論の中では「◯ヶ月分〜◯ヶ月分」ですね。

バックペイとの関係はクリアになっていません。>と答えている。


とにかく、解雇の金銭解決制度は絶対許してはならないが、これから法案作成を含めまだまだ時間がかかる。

それよりも共謀罪をつぶすために総力をあげるべきではないのか。

多くの方がまだまだその危険性について認識していない。

連合の全組合員に周知し、その家族にまで含めて徹底する作業だってやっていない。

なお、2月半前の日経に不思議な記事(?)があったので、捨てるのも惜しいので添付しておく(これも苦笑)。

>不当解雇の金銭解決、連合が譲れない理由 (日本経済新聞 2017/3/7)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO13703820W7A300C1I00000/?n_cid=DSTPCS001
 裁判で不当とされた解雇の金銭解決制度の導入を巡って、連合が反対姿勢を崩していない。すでにある仕組みの改善で十分というのが連合の見方だ。金銭解決は連合として譲れない一線。これまで、労働者の立場を揺るがす制度改正として導入に反対してきた、派遣労働の規制緩和と「脱時間給」制度の導入は実現へのレールが敷かれた。「反対3点セット」の2つを阻止できず、連合にとって解雇の金銭解決は“最後の砦(とりで)”となっている。
■働く人に一定のメリット
 「本当に労働者のことを考えて救済するなら、金さえ払えば首切り自由という制度を導入すべきではない」。3月3日、東京・霞が関にある厚生労働省前。連合が開いた反対集会で逢見直人事務局長は力を込めた。厚労省は年明けから、解雇の金銭解決制度の具体化に向け、少しずつ作業を進めてきた。この日は制度の概要が省内の有識者検討会で初めて示されるとあって、参加者のボルテージも上がった。
 裁判で不当な解雇と認められても、会社と関係が険悪になり、職場に戻りにくい人は多い。そこで解雇された人が望めば、職場復帰を諦める代わりに会社から補償金を受け取れるようにすることを「不当解雇の金銭解決」と呼んでいる。今回議論されている制度は、中小・零細企業でほとんどお金を得られず、泣き寝入り同然で解雇される労働者を救済する目的が大きい。
 働く人にも一定のメリットがあるのに、連合は強硬な姿勢を変えていない。それは「改正労働者派遣法」と「労働基準法改正案」で煮え湯を飲まされたからにほかならない。連合はこの2つと不当解雇の金銭解決を「労働者の職場環境を危うくする制度改悪の3点セット」としてきた。
 改正派遣法は人を代えれば、同じ仕事をずっと派遣社員に任せることもできるようになった。当時の民主党や連合が「派遣労働を固定化する」と反対したものの、2015年9月に法律は施行された。労基法改正案は働いた時間ではなく成果に賃金を払う脱時間給制度を盛り込んだ。過労死を助長するなどとして批判を続けているが、こちらは国会に約2年前に提出された。
■「こけんに関わる」
 連合が猛反対したにもかかわらず、成立や国会提出を許してしまった現状は「労働者の立場を守るはずの連合のこけんに関わる事態」(連合関係者)。そういった認識が、労働者の救済につながりうる金銭解決への反対姿勢につながっている面がある。
 ただ歩み寄りの余地がないわけではない。厚労省からは「連合はここに来て微妙に反対意見の表現ぶりを変えてきている」(同省中堅幹部)という見方も出ている。
 不当解雇の判決が下された場合、職場に復帰しようとする労働者に対し、企業は解決金を払って縁を切る可能性がある。実質的に労働者に職場復帰と解決金支払いのどちらかを選べるようにすれば、働き手の意思に反した退職は防げるため、連合も反対の旗を降ろせるのではないか。そこに制度を見直す余地があり、国と連合の折り合う余地が出てくるとみる厚労省幹部もいる。
 解決すべき問題は泣き寝入り同然に解雇される労働者をいかにして救うかだ。制度の導入を掲げた日本再興戦略では、仕組みを新たに作ることで、解雇を巡る紛争処理の「時間的・金銭的な予見可能性を高める」ともしている。厚労省の有識者検討会で議論が始まって1年半がたつ。建前の議論を重ねる時間はもう無いはずだ。 

とにかく、今日は日比谷野音に参加しよう。多くの組織が多忙極まりなく、集まりが不安視されている。連合加盟組織も新宿より日比谷を選択して欲しい。なお共謀罪に関連して、昨日の田中龍作ジャーナルは重要な指摘だったので、感謝し、添付させていただく。

>共謀罪、採決強行の暴挙!■5・24野音集会へ!
http://roudou-bengodan.org/topics/4786/

>日本政府、国連人権高等弁務官事務所への拠出金を大幅カット 「表現の自由」指摘され(田中龍作ジャーナル 2017年5月23日) 
http://tanakaryusaku.jp/2017/05/00015884
 国連人権高等弁務官のナバネセム・ピレイ氏が「秘密の定義があいまい、表現の自由を守る措置がない」と指摘すると、日本政府から国連人権高等弁務官事務所へ拠出金は、2013年にゼロ円、2014年には最盛期と比べると半減していたことが分かった。
 国際的な人権問題に詳しい弁護士が明らかにした。
 2008年に89万200ドルに上った拠出金は、現在(2017年5月)、10万9325ドルにまで減った。8分の1である。先進国が人権機関に出す金額としては、恥ずかしいほど少ない。カナダの43分の1だ。(国連人権高等弁務官事務所HPより)
 外務省・人権人道課は「全体として国連への支出が先細りしている。選択と集中の結果」と説明した。
 国連のプライバシーに関する特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏が共謀罪について重大な懸念を示す書簡(18日付)を安倍晋三首相に宛てて送った。 
 国連人権理事会から調査権限が与えられているケナタッチ氏の見解は、国連総会に報告されるのだ。
 にもかかわらず、菅官房長官はケナタッチ氏の書簡を「個人の資格で国連の立場を反映していない」(22日官房長官記者会見)とした。
 ケナタッチ氏側に対する日本政府の抗議内容が噴飯ものだ。「公開書簡ではなく、(まずは日本政府に)直接説明させてほしかった」というのである。内内でもみ消すやり口が国連に通用するとでも思っているのだろうか。
 冒頭で述べたように特定秘密保護法(2015年)の際、日本政府の国連への対応は酷いものだった。
 国連による「表現の自由調査(2016)」でデビッド・ケイ特別報告者が来日した際もそうだった。日本政府はケイ氏の来日を遅れさせたばかりか、滞在中、尾行までつけたのである。
 要するに日本政府は「国連の指摘なんぞ聞くつもりはない」「日本の実情を知らせたくない」ということだ。
 1933年、リットン調査団の報告に異議を唱えて国際連盟を脱退したのとよく似ている。これを境に大日本帝国は日中戦争、大東亜戦争へと突き進んで行った。
 安倍首相は満州で暗躍し戦争へと導いて行った祖父に あやかりたい のだろうか。


高井良斉再掲

大西君さあ、外野の色んな人達が口を揃えて「足踏み」の単語を嘲笑っているのが、まだ分からないのかなあ。
例えダンスの専門家でなくとも、僕も一応参考にしているメモリスト氏ともし勝負して張り合いのなら、今すぐにでも
足踏み→サイドステップ、横っ飛び→おそらくボックスステップのやや大きめなパフォーマンス?、と言葉を選んで欲しいです。

決して流行りの横文字に追従して直しただけではないです。
なぜってダンスのステップのチェックはアイドルプロデュースのごく初歩だから。

想えば、AKB48を立ち上げた頃はダンス全般を夏まゆみさんにお願いしてましたが、
板野はおよそアイドルとは言えないフリースタイルダンス、峯岸も自己流のhip-hop、まともに踊れるのは小嶋さんだけだと彼女は愚痴をこぼしてました。

それから約10年の時が流れ、自他ともに認めるストイックな田野優花、惜しまれながら卒業した相笠萌、実力は充分なのにじゃんけん以降未だに見つからない藤田奈那とダンス要員はまだまだ豊富です。
チーム8には横山、本田もいます。

僕が2020年の東京オリンピックに合わせて各都道府県の良い所をアピールするambassadorアンバサダーとしてのチーム8は完成しつつあります。
その後に満を持して採用したAKB16期生たちが公式ライバルの乃木坂3期生とくらべ大幅に見劣るなどとネットで評価されいささか落ち込みました。
確かに16期生はまず武藤小麟さんありきで、間違っても彼女が埋もれないようなの他メンバーを
人選したのでそうかもしれません。

ですが見る人はやはり見ています!
リハーサルでも泣いてばかりの道枝咲さんが見事に一部で評価されております。
これは偶然ではなく必然です!

ここからはやや蛇足ですが乃木坂3期生はほぼ機械的にルックス重視で採用しました。
山下美月さんを筆頭に、伊藤りりあさん、与田さん、久保さん、佐藤楓さん、等々。
ですがその中で僕が最も期待しているのが向井葉月さんです。
彼女は早くも自分の立ち位置を理解し、バラエティー対応を懸命にこなそうと努力しています。
日テレの水トアナ似の彼女は要注目ですよ。


貧困ビジネスの違法性はもっと摘発されるべき
 
「運動」無き「主張」の不毛性を信条としてきたが、リタイアし一線から離れ、なおかつ体調不良と手元不如意(苦笑)が重なると、やはりジレンマに襲われる。

「休日はやはり休むべき」として、PCと向き合い書き続けてきた作業を止めたから余計に感じるのかもしれない。

もちろん主張や雑感なら可能だろうが、左の肩から指先に至る疼痛と痺れとのせめぎ合い(大げさな!)の中での「意味」を考える。

しかもこれも永年の性癖として素直ではなく「裏の裏」を見てしまう。

人間が創造してきた多くのシステムや物質が、その人間自体を滅ぼそうとしつつある中で、どのような未来を展望するのか…苛立ち、悩む日々が続く。

種としては生物の中でも弱いはずの人間が、生き残れたのは「集団」を形成したからであったはずが、至るところでハレーションを起こし、機能不全どころか「抑圧」と瓦解に至っている。

新たなシステムには、人間の英知を超える機械によるツールが満載で、一昔前のSFが現実化している。

どこで人類は間違ったのか、自省ではすまされない。

とにかく暗い情報でも直視するしかないので、そんな記事を読みながら、とにかく今日も考え続けたい。

「支え合う」「助け合う」とは何なのか、やはり問われている。

><生活保護却下>男性、生活ギリギリでがん治療受けずに死亡(毎日新聞 2017/;5/2)
 兵庫県内で昨年3月、4年間にわたり体調不良の症状がありながら経済的な理由で病院にかかっていなかった男性(当時78歳)が、直腸がんで死亡していたことが全日本民主医療機関連合会(民医連)の調査で分かった。男性は数年前に生活保護申請を却下されていたという。県民医連は「この例は氷山の一角。行政がもっと丁寧に対応していれば手遅れにならなかったかもしれない」としている。
 県民医連によると、男性は独身で1人暮らし。親族や友人もおらず月額10万円の年金で、家賃1万2000円の県営住宅に住んでいた。生活保護の申請を出した自治体からは「生活保護の基準より収入が若干多い」という理由で却下されていた。
 4年前から下痢が止まらず、2、3年前からは血便の症状もあったが、生活がぎりぎりだったため病院にかからず、市販の薬で済ませていた。昨年2月26日、無料低額診療事業を実施している病院に初めて行き、その後直腸がんが進行していることが判明。医師らは入院を勧めたが本人が「金がかからないと言われても信用できない」と拒否し、約1カ月後に自宅で死亡しているのを警察官が発見したという。
 県民医連の北村美幸事務局次長は「生活保護の申請時、行政は本人の身体の状態も聞き取ってほしかった。病院での無料低額診療事業がもっと広く認知されて、医療費の心配をしている人が安心して受診できるようにするべきだ」とした。調査は2005年から毎年、全国の加盟医療機関を対象に実施している。昨年の調査では、同様の死亡例は全国で58例が確認されている。

>「ひきこもり支援」被害相次ぐ 無理やり連れ出し、業者を提訴(共同通信 2017年5月1日) 
 ひきこもりの人の自立支援をうたう業者に、実態のない活動名目で多額の契約料を支払わされるなど被害が各地で相次ぐ。関東在住の20代女性と母親は4月、家族間のトラブルを相談した都内の業者を相手取り、慰謝料など約1700万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。女性はひきこもりではなかったが、自宅から無理やり連れ出され、暴力や脅しで軟禁状態に置かれたとしている。3カ月分の契約料約570万円を支払ったが、支援は行われなかったという。
 公的相談窓口が限られ、民間業者が各地で急増。拉致・監禁まがいの手口で連れ出し、高額料金を請求する悪質業者の存在も指摘される。

>「生活保護費」を搾取する貧困ビジネスが横行、行政も黙認…返還命令判決が一石投じた(弁護士ドットコム 2017.5.2)
https://www.bengo4.com/c_5/n_6034/
 「貧困ビジネス」で生活保護費を搾取されたとして、男性2人がかつて入居していた宿泊施設側に対して、保護費の返還などを求めた訴訟の判決が3月、さいたま地裁であった。脇由紀裁判長は「生活保護法の趣旨に反し、違法性が高い」として、施設の経営者に計約1580万円の支払いを命じた。
 路上生活をしていた男性2人は、2005年から2010年にかけて、この経営者が運営する埼玉県内の宿泊施設に入居した。生活保護費を施設側にわたす代わりに食事の提供を受けたが、手元には月2万円ほどの小遣いしか残されなかった。また、6畳程度の部屋を2人で使用し、食事は安価で栄養バランスを欠いたものだったという。
 「貧困ビジネス」の違法性を認め、賠償を命じた初めての判決だということだ。今回の判決のポイントと貧困ビジネスの実態について、貧困問題に取り組む戸舘圭之弁護士に聞いた。
●新宿などの路上生活者を勧誘していた
「今回の裁判で被告となった埼玉県内にある『株式会社ユニティー』は、有名な悪徳貧困ビジネス業者です。
『救済係』と呼ばれる従業員が、東京都の新宿や上野などで、路上生活者らに対し、『埼玉に福祉の寮があるので来ませんか』『1日500円あげるよ』『3度の食事は心配しなくていい』などと声をかけて、勧誘していました。
それに応じた路上生活者らは、埼玉県内にあるユニティーの寮に連れて来られて、そこから福祉事務所に生活保護を申請し、ユニティーの寮で生活をしていました。
しかし、生活保護費はすべてユニティーが没収し、入所者には1日500円が渡されるだけ。食事や居住環境も劣悪で、食事の材料のお米はくず米といっていいほど、粗末なものでした」
●「貧困ビジネス」を違法とした画期的な判決
「今回の判決は、生活保護が憲法25条に基づいて『健康で文化的な最低限度の生活』を保障していることを確認したうえで、『被告は、原告らから生活保護費を全額徴収しながら、原告らに対して、生活保護法に定める健康で文化的な最低限度の生活水準に満たないサービスしか提供せず、その差額をすべて取得していたのであり、かかる被告の行為は、生活保護法の趣旨に反し、その違法性は高い』と断じました。
さらに、『結局、被告の本件事業は、生活保護費から利益を得ることを目的とし、路上生活者らを多数勧誘して被告寮に入居させ、生活保護費を受給させた上でこれを全額徴収し、入居者らには生活保護基準に満たない劣悪なサービスを提供するのみで、その差額を収受して不当な利益を得ていた』と認めました。
そのような内容の契約は公序良俗に反し無効であり、被告がおこなったことは『原告らの最低限度の生活を営む権利を侵害』しているとして損害賠償の支払いを命じたのです。
また、原告のうち1名は、被告が経営する工場で働かされていた際、指を切断する大ケガをしたことから、この点についても被告に責任があるとして、損害賠償の支払いが認められました。
この判決は、生活保護の利用者を食い物にしている貧困ビジネス業者の行為を『健康で文化的な最低限度の生活を営む権利』を侵害する違法なものと断じた点で画期的です。
そして、このような業者が大手を振って存在していることを黙認(場合によっては積極的に利用)している福祉事務所(行政)に対しても、警鐘を鳴らすものといえます」
●貧困ビジネスが横行している
「公園や駅構内などで、路上生活を余儀なくされている方々に対して、いわゆる貧困ビジネス業者が声をかけ、生活保護を受給させたうえで、保護費の大半をピンハネする被害が相次いでいます。
このような業者は、住まいやお金がなく生活をしていくのが困難な人に対して、あたかも救済してあげるかのようなそぶりをみせながら、実際には劣悪な施設に住まわせ、食事なども粗末なものしか提供しないなど、貧困状態にある人々を食い物にしています。
貧困ビジネス業者からしてみれば、『野宿するよりましじゃないか』『食事も住む場所も提供しているのに文句を言うな』とでも思っているのかもしれませんが、法律にしたがって生活保護制度を受給すれば、ピンハネされることなく生活保護を受給でき、アパートに住むことも可能です。
わざわざ貧困ビジネス業者のお世話になる必要はまったくありません。貧困状態にある人を食い物にする貧困ビジネス業者が跋扈(ばっこ)することを許さないためにも、生活保護制度をはじめとする制度を周知し、使いやすくすることが重要です」
●「劣悪な施設への入所を行政が積極的にすすめている」
「今回の件は、貧困ビジネスをおこなう民間の悪徳業者の責任が問われました。
ただ、忘れてはならないのは、こういった貧困ビジネス業者の存在を許し、場合によっては積極的に利用している行政(福祉事務所)の存在です。
生活保護制度は、今回の判決がいうように、『健康で文化的な最低限度の生活を営む権利』(憲法25条)を保障するための制度であり、生活に困窮したら誰でも、貧困になった理由に関係なく、いつでも『権利』として利用することが可能な制度です。
住まいのない人に対しては、個室のアパート等の安心できる住居を保障することが国家の責任として定められています(居宅保護の原則)。
にもかかわらず、現状では、ホームレス状態の方が、生活保護を申請してもアパートへの入居を認めずに、劣悪な施設への入所を行政(福祉事務所)が積極的にすすめている実態があります。
今回の判決は、このような施設収容を前提とした生活保護行政のあり方にも一石を投じたという意味でも、非常に画期的だと考えます。」

逮捕されるのが怖いから岩田の出る演劇を見に行かないのだろう。
それでいいんだ。もうストーカーはやめるんだ。
9割のストーカーが警察に警告されてストーカーやめるんだ。
大西も警察に警告されて逮捕されるのが怖くなったんだよな。
それでいいんだ。
大西はガタイのいい刑事に囲まれてガクブルしていたんだろう。

岩田の母親の出身地に行ってどうするんだ?田んぼぐらいしかないところだぞ。
面白いところなんかないぞ。
岩田に対しての「お前のことは諦めないぞ。一生つきまとってやる。」というメッセージなのか?

ストーカー対策室の刑事に囲まれて震えていたチビの大西を公安警察が恐れている?
なんの冗談だよ。
凸兄貴を忘れたのか?凸兄貴に「お前の生活費はどこから出ているんだ。」と問い詰められて警察を呼んだチビの大西秀宜さぁ。

動労東京のブログのコメント欄、だいぶ大盛況やね

東京・浅草のマンションで、男が元交際相手の女性の母親を人質に取り、立てこもった事件で、男は前日に、元交際相手へのストーカー行為で、警視庁から警告を受けていたことが新たにわかった。

鹿児島県に住む自称、堤 慎吾容疑者(21)は25日午後、東京・台東区浅草のマンションで、元交際相手の女性の55歳の母親を人質に取り、およそ3時間にわたって監禁したうえ、女性の腕など刺し、逮捕監禁致傷の現行犯で逮捕された。

大西もいずれこうなるのか?

観劇に散財する程収入あるなら奨学金返済して下さい。

http://pa-nicchan.cocolog-nifty.com/blog/
公安に暗殺されると言いながらもふつうに街を歩くおーにっちゃん
そんなくるくるパーなおーにっちゃんまとめブログがあります。
次スレ
出禁ナマポ©2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1489893610/
851 : 最低人類0号 (アウアウカー Safd-aZn0 [182.250.243.2])2017/03/19(日) 12:47:45.93 ID:gtJZ/YKka

国鉄東京動力車労働組合(略称:動労東京) を結成しました。
http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2014/photo/20160609b-3.JPG
http://file.dorosorengoqs.blog.shinobi.jp/651092269853.jpg
http://i.imgur.com/BP37pCw.jpg
http://i.imgur.com/Fy2wLNK.jpg
代表 大西秀宜(委員長)
電話 03-3845-7461
代表直通 070-6969-9177
住所 〒111-0041 東京都台東区元浅草2-4-10 五宝堂ビル5階
大西委員長ブログ http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/
動労東京ブログ http://dorotokyo.edoblog.net/
メール kotochan0725@gmail.com

早く裁判費用を納めないのか?
それをしてから旅行なり、観劇して下さい。
暇つぶしの裁判を起こしておいて、岩田華怜さんに悪質なストーカー行為をして、簡単に論破出来る質問しか答えない。
お前中心に世界は回っていません。
今週末警察は、お前の逮捕に向かうらしい。
仙台に入った瞬間に逮捕するみたいだけど

パヨクコピペに大西秀宜君の未来予想図が有ったから引用する。

-----------------------------------------------------------------
><生活保護却下>男性、生活ギリギリでがん治療受けずに死亡(毎日新聞 2017/;5/2)
 兵庫県内で昨年3月、4年間にわたり体調不良の症状がありながら
経済的な理由で病院にかかっていなかった男性(当時78歳)が、
直腸がんで死亡していたことが全日本民主医療機関連合会(民医連)の調査で分かった。

男性は数年前に生活保護申請を却下されていたという。県民医連は「この例は氷山の一角。
行政がもっと丁寧に対応していれば手遅れにならなかったかもしれない」としている。

 県民医連によると、男性は独身で1人暮らし。親族や友人もおらず月額10万円の年金で、
家賃1万2000円の県営住宅に住んでいた。生活保護の申請を出した自治体からは
「生活保護の基準より収入が若干多い」という理由で却下されていた。

 4年前から下痢が止まらず、2、3年前からは血便の症状もあったが、
生活がぎりぎりだったため病院にかからず、市販の薬で済ませていた。

昨年2月26日、無料低額診療事業を実施している病院に初めて行き、
その後直腸がんが進行していることが判明。医師らは入院を勧めたが
本人が「金がかからないと言われても信用できない」と拒否し、
約1カ月後に自宅で死亡しているのを警察官が発見したという。

 県民医連の北村美幸事務局次長は「生活保護の申請時、
行政は本人の身体の状態も聞き取ってほしかった。
病院での無料低額診療事業がもっと広く認知されて、
医療費の心配をしている人が安心して受診できるようにするべきだ」とした。
----------------------------------------------------------------
(注。「民医連」とは日本共産党系の医師団体)

これ読んでおかしいと感じませんか?
そうです。この人が亡くなったのは自身の戯けた決断によるもので、
自治体は規定通り生活保護基準を判定しただけなのですね。

生活保護を受給するには収入制限規定があります。
当然です。この制度は生活困窮者を救うために有るのだから。

この制度では「受給者は年金も収入として申告しなくてはならない」と知らないのでしょうかね?
毎日新聞記者も民医連も。

また、県民医連次長なる者は、大西秀宜君と同じく、
『自身では何もせず、周囲の誰か(政府または自治体を想定しているものと考えられる)に
面倒なこと、嫌なことをやらせて、自身はその成果だけを略奪しようとしている』のです。

件の老人も大西秀宜君同様、周囲の忠告を益体もない考えで退け、
結果として死亡している。二人も(一人は故人だが)縮小版大西秀宜が居たわけです。
あと、何人、縮小版大西秀宜は私達の周囲に居るんでしょうな?/(^o^)\ナンテコッタイ

追記。

>まあ中核派はお坊ちゃんばっかやから、戦争のやりかたなんか教えられてないやろ。

>私も「ローマ人の物語」くらいしか知らんけど、それとか、個人的にそれなりに強かったオセロ(いまはリバーシというほうが一般的なんか)のように、どう攻めるか?を考えるのはけっこう得意やぞ。

( ´,_ゝ`)プッ
『今の』戦争はそんなに単純なものじゃないんだがな?

ことに、現時では「非対称戦争」に戦争形態が変化しており、ますます理解を困難にしている。

「非対称戦争」の戦場は流動的であり、また【敵の姿】も容易に判別出来ない。
兵器が高度化したこともあるが、旧来の徴兵制軍隊ではこれに適応できず、徒(いたずら)に自軍将兵および巻き添え民間人の被害を増やすだけに終わる。

(これの顕著な事例は、旧ソ連アフガン侵攻、ベトナム戦争ないし旧日本軍の中国における各戦闘を参照されたい)

そこで、主要各国は様々な名目を掲げて自国軍を志願兵制にした。

志願兵制だと、使い捨ての将兵を用いる徴兵制軍隊と異なり、損害ばかり多くて馬鹿げた数での力押し攻撃が出来ず、
スマートハンティング(頭脳的狩猟)ならぬ頭脳的戦闘・作戦を求められる。

それで、高性能武器類(いわゆるハイテク兵器)を可能な限り揃えて支給し、充分な訓練を施し、良く練られた作戦にて、確実に【敵】のみを覆滅するのだ。

また、自軍将兵の死傷・捕虜になるなどでの人的損害を減らすため、監視・偵察などに「各種無人兵器(大半は遠隔操作型)」を多用している。
特殊部隊・狙撃兵の役割が重要視され、各種情報技術が進化しているのも大きい。

なお、米軍はベトナム戦争当時の自軍弾薬使用量を調べた事があるそうだ。これによると、敵一人を倒すのに一般兵士は「5万発(!!)」使用し、
対して、良く訓練された狙撃兵は1.2発であったという。

だが、戦争観が化石化している者達にはこれが理解できない。
化石化の度合いは、その者個々によって異なるが、いずれにしろ、自身の脳がそうなっている事に気付けない者である。

大西秀宣君はかなり戦争観が化石化しているらしく、自身が過去に書いて投稿したAKB0048関連記事内にて、
『市街戦の存在を否定する発言』をしている。

これでは「非対称戦争」を理解できる訳が無い。なぜなら、この戦争形態では【敵】が自身に対する攻撃を妨害する為、
意図的に市街地で戦闘を行い(それが「市街戦」)、自身の拠点を設けることが珍しくないからだ。

特にテログループの場合はこれが常套手段である。主要武器は有名な「IED(即製爆発装置)」だ。

なので、米国は【敵拠点】への確実な攻撃と成果を得るため、
「小直径爆弾」、「対物爆薬(M79ロケットランチャーの改良復活型)」などの殺傷範囲を限定した兵器を開発している。

この他にも高精度かつ高威力な銃砲も次々誕生している。
(PDWやクリス・ベクター機関拳銃はこの顕著な事例。もちろん中・大口径火器も例外ではない。)

『可能な限り巻き添え民間人被害を減らし、【敵のみ】を確実に仕留める!』が命題とも言える近年の兵器開発(例外はあるが)に付いていけないのも大西秀宣君である。

何だったかな?大西秀宣君は英国のある安全原則とそれの日本版に駄々こねながら散々噛み付いて、否定しまくっているからそれも当然だな(一笑一笑)

こっちに来るなら殴りに行ってやるよ

海に沈めてやろうか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017/5/25 AKB48チームB+HKT48ひまわり組「ただいま 恋愛中」公演 観た。名前わからんけどよく踊れとるのおった | トップページ | アキブータンがダンスの用語について言うてきとるけど、自己矛盾しとるぞ。 → 大西君さあ、外野の色んな人達が口を揃えて「足踏み」の単語を嘲笑っているのが、まだ分からないのかなあ。ツッコミ多めなのでインラインで。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック