« 2017年6月15日 | トップページ | 2017年6月17日 »

2017年6月16日

2017年6月16日 (金)

私のブログの映画の感想くらいチェックしてから言え。 → 愛しの伊達娘が「美女と野獣」の映画観たんだから、大西も観ろよw

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-ced3.html#comment-115022333
愛しの伊達娘が「美女と野獣」の映画観たんだから、大西も観ろよw

投稿: | 2017年6月16日 (金) 21時35分


「美女と野獣」を観てきたけど、私的にはあのストーリーはないなあ。 2017年5月 1日 (月)
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-0521.html

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/cat53786953/index.html


けど、私がこんな指摘をしたら、「公安がウソコメントしてくるはずがない!」とか言い出すんやろ。

きっと私が既に「美女と野獣」を観て、否定的な感想を述べたところまで理解して書いてきとる。

それで私が返事しようものならば、「公安がウソコメントしてくるはずがない!」とか、「岩田華怜と思考が逆だ!」とか書いてくるのまで想定の範囲内や。

岩田華怜と発想が違うところがあるからこそ、いろいろと新しい考えを得られる。

中核派全学連スレで見つけたけど、AbemaTVで元NMBの山田菜々が中核派にインタビューしとるなあ。~ 中核派や日本政府のおかしなところについて

恋バナ、夢、自炊、YouTubeチャンネル、そして逮捕も… 中核派アジト「前進社」で暮らす若者たちの素顔
https://www.youtube.com/watch?v=0I3U8oWRhYM


この18分くらいから、元NMB48の山田菜々が洞口さんにインタビューしとる。


私もこういうのでインタビューしてもらえるならば、中核派やめんかったほうがよかったかなあ・・・w ナンチャッテ


いやしかし洞口さんを”中核派三大美女”のひとり、とか言うの、そういうのこそ女性蔑視やし、他の内容はともかくとしても、中核派もそういうところはちゃんと釘をさしとかなアカン。

てか”三大美女”っておかしいよなあ。

たとえば”三大瀑布”とかならば、実際に大きいからええけれども、美女かどうかは大きさで測るモノじゃないからなあ。

”三大チンコ”とかならば間違いなく大きさで測れるけど。

・・・いやしかしチンコのどのへんから測るのかなあ?

正確を期すために映像判定・・・・なんかしとったらそれがわいせつ罪に問われてまうし、チンコの大きさの審判員とかあるのかなあ?

しかし他人のチンコを、しかも最大時に見たいなんて私はゼッタイに思わんし、逆に自分が射精しそうなところをオンナじゃなくてオトコに見られるってイヤやなあ。

・・・・なんて書くと、公安はゲイの工作員を仕込んでくるんか?w



私は中核派の路線はおかしいと思うけれども、中核派よりも日本政府はもっとおかしいと思うとるから、弁護士の高島さんがまだ中核派の言い分を代弁しとるのはいいと思った。

私がいくら中核派を悪く言おうが、日本政府から見たら相対的にマシという事実だってある。

けれども中核派自体も権力迎合やと私は思うとるけど。



暴力革命論がひとつの焦点になっていて、高島さんなんかは、革命に至る経過として、暴力も辞さないという意味で、とりたてて暴力に訴えることをしているとは言ってなかった。

けれども実際の中核派は、話し合う前に暴力に訴えたい者ばかりで、そのタテマエとして暴力革命論が挙げられるような構造になっていて、高島さんの弁護は虚しいモノとなっとる。



なんでもかんでもストライキを叫ぶ、というのも、私は暴力だと思っている。

ストライキ権は当然のようにあるし、だから、京大の者がストライキは犯罪であると言って、京大でバリストをした学生らが、威力業務妨害罪で不当逮捕されたのなんて、はなはだおかしいと思う。

けれども、ストライキをしたところで、自分らの訴えってのは誰もワカランから、共闘しようがないねん。

共闘するためには、ストライキをして悪目立ちしてまうよりも、そこにいる人々のココロを掴んでくことのほうが大事や。



私が仮に中核派=動労東京に残っていたとしても、組合からストライキ指令が出ても、反抗したと思う。

そこで悪目立ちして、「極左暴力集団は50年前と同じで、ヒトの言うことを聞かずに実力行使に出るから怖い」と言われるのってサイアクやねん。


いやもちろんストライキをゼッタイにしないというわけちゃうけど、それは、たとえば、E235系のおかしなところを徹底的に糾弾して、

「こんな車両を動かしてはダメだ、安全的に破綻している。安全というならば、INTEROSが保証する応答時間について証明せよ」

と、組合名でJR東日本に対して質問状を叩きつけて、回答がなければ、やはりE235系の安全をJR東日本は負っていない、こんな危ない車両には断固反対する、と言ってストライキをする、というような流れならばまだわかる。


当然、JR東日本に対して質問状を叩きつける段階においても、E235系のなにがどうおかしいのか、どう不安全なのかを、機関紙とかインターネットとかでめちゃくちゃ糾弾するねん。


けど、実際は、動労東京も動労総連合も、そんな闘いができてなくて、E235系を徹底的に糾弾してきたのは私個人しかいない。

私はいまだにINTEROSはおかしいと思っている。

CBTCとかATACSとか全部おかしいよ。


それと、このテレビの中で、公安にも前に出て情報収集するチームと、後ろで情報を処理するチームがいて、情報を処理するチームのほうは中核派からも顔がバレてないはずだ、と言うとったやろ。

コレも私の読みとだいたい同じや。

それで、私に対してブログで攻撃してきたり、警視総監名での警告書の基となる情報を収集してきたのは、後ろで情報を処理するチームやねん。

そういうのが確実にいる。

中核派も相手の動きを見ていながら、そういうのを察知できてない。

日本政府が公安を使って都合悪いことを隠蔽してくるって、私が主張しとるのと同じやな。 → 前川前次官が「官邸から内閣府の天下り隠蔽を指示された」と証言! 文科省だけ天下り摘発は加計問題抵抗官僚への報復

前川前次官が「官邸から内閣府の天下り隠蔽を指示された」と証言! 文科省だけ天下り摘発は加計問題抵抗官僚への報復
2017年06月16日 08時00分 リテラ
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12218-6377/

文科省の天下り問題に外務省、そして監視するはずの内閣府関係者が関与していたというのだ。しかし問題はそこからだ。他省庁OBに関するメールも含め、すべてを監視委に提出せざるを得ないと、その意向を関係省庁に伝えていたが、昨年12月28日夜、官邸の杉田和博官房副長官から急な呼び出しを受けたという。その要件は驚くべきものだった。

〈杉田氏は、私が監視委に出す前にこのメールの存在について杉田氏への報告がなかったことに怒っており、その場で「とにかく外務省と内閣府に関わるメールは出すな」と言われました。つまり、再就職等規制違反問題は文科省内だけに限定して、他省庁に及ぶ証拠は出すなということです。そこからズルズルと他の役所にも被害が及んだら困る、というわけです〉

杉田官房副長官といえば、前川氏が在任中の昨年秋の時点で"出会い系バー通い"を厳重注意した人物であり、警察庁警備局長を務め"公安のドン"とも称される元エリート公安警察官僚だ。さらに現在は官邸の危機管理担当を担い、出身母体の公安警察の秘密部隊を動かし、政敵や官邸に従わない官僚を徹底調査しているといわれる。そんな"官邸のゲシュタポ"に、前川氏は他省庁の天下りの証拠隠蔽を命じられていたのだ。

文科省天下りが発覚した当時、"再就職あっせんはどの省庁もやっており、この程度で規制委が調査に入るなら霞ヶ関全体にまで波及するのではないか"と指摘されていたが、結局、文科省以外の天下り問題は一切表に出てこなかった。

表に出てこないのは当然で、文科省追及の裏で、官邸は他省庁の天下りを握り潰していたというわけだ。



コレは私が、公安から工作を受けている、と主張しているのと全く同じ構図である。

だから、そこそこの大勢が薄々は気づいてはいるのだけれども、誰もが、自分の利権を守ることを優先して、他人が被害に遭っていることについて、きちんと取り上げようとしない、コレはまたコレで大きな問題である。


前川前文科省事務次官も、正義の味方かのように報道はされてはいるけれども、ハラの中では、下剋上して自分が総理大臣になるストーリーを思い描いていたりするだろう。

だから私が、日本政府が日立製作所とツルんで、私に対する不法行為を隠蔽している、と主張してさえ、日立製作所にどう取り入るか?ばかりを考えて、前川も、日立製作所を潰してもいいとは考えないと思う。

中核派だってそうや。

けっきょく自分らの作り上げた権力に私が反抗しとったから、中核派は私の言うことを聞かんかった。


しかし、この記事も、まだ読みが浅い。

安倍晋三がさも悪者かのように書いているけれども、じゃあ左翼が言うとおりに「安倍倒せ!」が実現して、他の自民党政権になったからといって、何か良くなるのであろうか。


私はだから、マクロ的に言えば、なにも変わらないから、安倍晋三をターゲットにするのではなくて、日本政府を打倒するということをちゃんと謳ったほうがいいと思う。

しかしまた一方、共謀罪法案が可決された通り、”日本政府を打倒する”なんて言ったら、共謀罪に問われる可能性が高くて、怖くて言えない者が大勢いると思う。

だからこそ、中途半端な目標を掲げるのではなくて、目の前のヒトの現状を一歩良くすることを考える、その連鎖を作る、その考えをもっと推し進めるべきと考える。


だって、明日AKBの総選挙の開票イベントが沖縄で開催されるはずが、大雨のために中止になってしまった。

それを糾弾することはいくらでもできる。

けれども、”糾弾”という、なんら生産性がない行為をしているからこそ、分派が生まれて、永遠に結集できない。

”糾弾”ではなくて、生産性がある活動にしていかねばならない。

たとえAKBがいろいろとgdgdであっても、そんな中明日をどのようにしたら多くのヲタが満足するか、を考えたら、それはヲタもメンバーもスタッフも、興味を持って聞いてくれるだろう。


鉄道だって同じである。

JR東日本の安全が崩壊してケシカラン、というならば、いろんな派閥からいろんなことが言える。

けれども、どうやっていまgdgdな中で安全を作り上げていくか、を考えたら、働く多くの人が真剣に考えてくれるだろう。


それが、大勢が結集できるチカラになる。


なんでそんなカンタンなことが、誰もわからないのか。

逆に言うと、官僚はそれだけ有能で、それだけ自分らの独裁主義を幾重にも隠蔽していて、その表の顔として安倍晋三が出ているだけ、というのをちゃんと理解せなアカン。

中核派だって、表の顔は鈴木達夫とか田中康宏とかやけど、ホンマに権力握っとるのは表に出てこんやないか。

同じことを日本政府もしていると想像して、自分らの過ちを正す、そんな境地に至れなくして、革命なんてないぞ。

あーあ、やっぱり。 → 沖縄のビーチで開催予定だったAKB48選抜総選挙の開票イベントが大雨の影響で中止

沖縄のビーチで開催予定だったAKB48選抜総選挙の開票イベントが大雨の影響で中止 2017年06月16日 11時00分 ORICON NEWS https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-oric2092504/


こんなの最初から考えられた。

AKBは何度も屋外ステージで計画してきて、私ももう3年前か、岡田を名乗る、あとからわかった変人に、味の素スタジアムに連れてってもらった。

けっこう雨に濡れてダメと思ったけど、あの程度の雨で収まって良かったとも思った。

豪雨やとめちゃくちゃやからな。

とにかく、何年も強運に恵まれ続けて図に乗って沖縄なんかで開催するから、こうなってまう。

てか地元民は、この時期はマズいというのはあるやろ。

本州やと、梅雨明け直前の7/20あたりには、集中豪雨がある可能性がめちゃくちゃ高いんやし。


まあそれで、ダメになったのは理解した。

こういう負の部分をどう宣伝に使うか?やなあ。


私がAKSならば、現地入りしとるメンバーは現地で、直前に告知した上で、当日にサプライズイベントやるべきやと思うな。

それで、現地入りしてないメンバーは、各劇場であるというPVに出る。

単に出るだけじゃなくて、ちゃんと見せ物として、あり合わせのメンバーでフォーメーションとかも決めてやる。


そういうのをすれば、神イベントと言われる可能性はある。

"神イベント"って全員が体感できなくてもいい。

ほんのひとにぎりが、「これは神イベントだ!」と言って、他のヤツらがそれを知って

「自分も行きたかった、羨ましい!」

って騒げばええねん。

狡猾な手法やし、平等ちゃうけど、そうやって人々の関心の中心でいつづける方法はある。


てか私の想像ある程度当たっとるやろ。

そうでもないと、ヲタを劇場に集める理由ないしなあ。


・・・せっかくやから、AKBカフェとかIWAとかでもやったらええんちゃう?

Q.通勤電車で相撲取りが何人も立っているのを見て、私はなんと言ったでしょう?

A."関取"なのに、席を取ってない!


いやココロの声を言っただけで、関取に対してガチでは言ってないぞ。

・・・そういえば改めて思い出したけど、中核派東部ユニオンのウンコ妖怪バ片野彰彦、コイツ住居は高島平らしいけど、婚姻の事実もないのに中核派の事情だかで偽装結婚しとると聞いたぞ。

ウンコ妖怪バ片野彰彦ってなにひとつ自分で判断せんから、いっくらこんなヤツが還暦を迎えようが、女性が好意を示すはずがない、と思うとったけど、その上で偽装結婚しとると聞いた。

私は驚いたよ。



いま大坂正明が逮捕されたんやし、中核派東部ユニオンのウンコ妖怪バ片野彰彦が偽装結婚をしとるという匿名通報を基に、公安が調査して、さらにもう一歩中核派に対して打撃を与える、ってのは公安は当然のように考えるやろ。

それでも、私がこんな内容を書いてさえ、公安がウンコ妖怪バ片野彰彦について家宅捜索とかせんのであれば、公安が怖がっとるのは中核派ではなくて、私ということになってまうわなあ。


だいたい中核派はいろいろと判断ミスを犯しとる。

私もウワサで伝え聞くしかないけど、私が動労東京に入ったといってインターネットに掲載されたときに、動労千葉とか動労水戸とか、その他の動労総連合に対して、

「自分はちょっとは動労総連合のことを信頼していた。けれども、大西はガチでヤバいヤツだから、大西を動労総連合に入れるならば、自分は動労総連合を見捨てる」

とかいうような内容のメールを出してきたらしい。


けど、それを、飯田英貴とか中核派とかは、権力が中核派=動労総連合を怖れているという判断をしていたけれども、権力が私個人を怖れているというふうには捉えてなかった。



やっぱ、権力が私個人を怖れていることを証明して、その上で、中核派ではなく左翼連合によって、私の闘争を理解してもらえる、というようなストーリーのほうがあり得るよなあ。

まあそれも期待してはないけど、とにかく私は、

「自分はちょっとは動労総連合のことを信頼していた。けれども、大西はガチでヤバいヤツだから、大西を動労総連合に入れるならば、自分は動労総連合を見捨てる」

という内容のメールを動労総連合に送り付けたのは、公安であると考える。


日本政府は、中核派の人々が、私の主張に共感して、「マルクス主義よりも大西のほうが正しい!」と言い出すのを怖れとってん。

けど、中核派は権力迎合主義で私のことを忖度して隠蔽してもた。

・・・・なんのことはない、清水丈夫は公安のスパイで、抽象的なモノであれば革命を主張していたけれども、具体的にはなんも考えてなかった。


そういう現実に、くさびを打つことなくして、真の革命は成し遂げられん。

« 2017年6月15日 | トップページ | 2017年6月17日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック