« 2017年7月8日 | トップページ | 2017年7月10日 »

2017年7月9日

2017年7月 9日 (日)

公安が弱ってウソッパチのコメントしてきとるから、帰ってから返信する。しかし吉野元久とか、中核派全体主義者どもは、全体主義であるがゆえに、事実を基にして考えるのが大のニガテやからワカランねん。

公安をダシにして中核派をdisる。

こういう高等戦術を使って、毒と毒を睨ませて高みの見物をするのが賢い。

2017/7/9 AKB48 16期研究生 18:30公演 感想 くるみが3回公演をスタミナで乗り切った

総括

くるみが当てられて言うとったけど、当てられてなくてもくるみをMVPにしようと思っていた。

パフォーマンス的にめちゃくちゃ伸びたわけじゃないけど、3回公演の3回目だとどうしてもパフォーマンスが落ちてまう。

だから、ずっきーだって、全部高いパフォーマンスというよりも、いくつかポイントを決めて、それは全力でするけど、それ以外は抑え気味にしているように見える。

他のメンバーも似たようなカンジだ。

かながどうもバテて、タイミング遅くなっているように見えたし。


そんな中、くるみが、全部で元気いいパフォーマンスをしていて、この姿勢がいいと思ったので、MVPにした。

くるみは前回はスタミナ切れになったけど、今日はスタミナ切れにならんかったと言うとったけど、ほとんどのメンバーがスタミナ切れになったと思う。


かりんも、いいパフォーマンスをするけど、チカラを抜くところは抜くと言っていた。

私はキレのある動きで運動エネルギーを全部消費してまうのではなくて、リズムを付けたら運動エネルギー保存則によって、それほどエネルギーを消費しなくて、そんなコツは身につけたほうがいいと思う。

私はかりんが言ったのはそれを指しているかどうかわからないけど、そういうのをイメージしたらいいと思った。

「願いごとの持ち腐れ」の動きなんて、みんなで左右に動いていたら、自然と自分も揺れている錯覚が出てくるだろう。

そんなリズムに乗ったら、みんなが疲れないし、客席もなんだか動いているような一体感を感じられるし、いいと思う。

それは、私がずっと主張している"共振現象"でもある。
地震でビルが倒れてしまうのも、この"共振現象"が起こるからである。


新公演名は「レッツゴー研究生公演」って、ひねりもなんもないなあ。

てか16期というのがついてないから、ドラ2も出すのか?


EN4.願いごとの持ち腐れ

ここのほうがずっきーええ声しとるなあ。

あの衣装スカートじゃなくてブルマになっとるんやろなあ。

EN3.桜の花びらたち

なぎさいいリズムで動けとる。

あやみ、さとみな、おりん、いいぞ。

はーちゃんもよく脚動けとる。

あやかもよく動けとる。

さきぽん顔芸オモロイ。
もっとパフォーマンスで目だてるようになったらええんやけど。

なぎさ手の動きにクセがあるなあ。
もっと自然な動きを意識してみろ。

MC 感謝の言葉 くるみ

私は今日3回分スタミナ持ったのがすごくて、くるみがMVPかなあと思うとったら、くるみが思ったことを言った。

くるみはスタミナ持ったけど、正直しんどいメンバーのほうが多かったやろ。


EN2.ファーストラビット

前回おりんのタイミングを気にしたけど、おりんはタイミングいいと思う。

ずっきーよく動けとる。

さきぽん首の動きオモロイ。

おりんよく動けとる。

かおりはいつも笑顔なのがええよなあ。

かりんに対して、笑顔を見せなくてもいいと書いたけど、それぞれの個性や。


EN1.RIVER

くるみよく動けとる。

かなやっぱ遅れとる。

なーみんはまずまず動けとる。

ずっきーもココよく動けとった。


アンコール 


13.未来の扉

くるみ脚よく動けとる。

播磨ちゃんココで足踏みできたらええのになあ。

ずっきーもココで元気よく魅せられてないのが、敷いて言えばタマニキズやねん。

なぎさって足踏みちゃんとやっとったイメージないなあ。
足踏みやるようになったんかな。

てかなぎさって意外と短足かなあ。
ゆきりんもイジられたし、別に短足キャラでもいいと思うけど、短足と言われたらイヤかなあ・・・。

集合写真 七夕にちなんで願いポーズ

最初味噌カツとか言うとったけど、エビフライならばわからなくもないけど、味噌カツにポーズはないよなあ。


MC 後半 あやみ/はーちゃん/まい/なーみん/おりん/かおり/播磨ちゃん/あやか

お題:電車に乗っていてあるある

播磨ちゃんが、寝ていて窓にガン!ってなるヒトがいると言うとる。
それ私や。

運転席の後ろに大きなお子ちゃまがいる、というのは、運転席の後ろにいかなワカランか。


MC 前半 さき/くるみ/なぎさ/いずみ/かな/さとみな/まなか/ずっきー/みさき/すずは

お題:16期が商店街を作ったらどんなお店をしたいか

16期はファッションセンス高いの多いんやって。
・・・12期はビミョーなんちゃうかなあ。

すずはは関西弁講座って、それは商売にできんやろ。

くるみはどうしても当てて欲しくてアピールしとったけど、当てられんかった。

12.涙売りの少女

オンデマカメラふと見たら、いずみ厚化粧しすぎやろ。
こけしみたいになっとる。

もっと表情豊かにしたほうがええと思うなあ。

11.制服が邪魔をする

まいちゃんよく動けとる。

なぎさが駆け足のようなしぐさでピョンピョンしとるのがオモロイ。

10.小池 関西弁バージョン


いずみ動きの範囲が広がった。

まなか、リズムいいぞ。

って、今日思ったこと前も書いとる。

すずはのセリフ、毎回言い方変えてないか?

ココいつ見てもずっきーがいい。
もうこれ以上ないかなあ。

まあそこを考えなアカンわけやけど。

MC かおり/おりん/はーちゃん/あやか

お題:自分のこだわり

おりんが黒い天使の前に、こだわって塗っとる赤リップって、あやかがプレゼントしたんやって。

それが言いたくてこのお題なんか!w

9.ハート型ウイルス さき、あやみ、すずは

すずはの動きがやっぱちょい良くなったかなあ。
ちょっとアドリブっぽくなったのかなあ。


8.黒い天使 おりん、はーちゃん、かな

今日かながビミョーに遅れてないか?

やっぱかないつもと調子違うよなあ。

いや見とったら遅れとる。

てかはーちゃんのタイミングが良くなったら今度はかなが遅くなったり、いろいろあるよなあ。


7.ガラスのI LOVE YOU 田屋みさき、さとみな、播磨ななみ、鈴木くるみ

みんなまずまず動けとるけど、昨日のかりんはもっと動けとったと思う。
記憶の中では。

みさき、脚の動きの幅がいいぞ。

6.あなたとクリスマスイブ なーみん、ずっきー

生歌になったのか?
なんか聞こえ方変わった。
声の整いがなくなった。

意外にもずっきーちょい声低いのか?

低いパートは歌いづらいと思うけど。

そういえばなーみんは大声出すのが得意と言うとったよなあ。


5.スカート、ひらり 庄司なぎさ、本間まい、佐藤みなみ、田口まなか、梅本いずみ、前田あやか、稲垣かおり

あやかよく動けとる。

なぎさいつもより動き小さい。
いつももっとオーバーアクションやのに。

自己紹介MC
庄司なぎさ エメラルドグリーン/本間まい ピンク/佐藤みなみ 赤/田口まなか オレンジ/梅本いずみ パープル/前田あやか 緑/稲垣かおり 緑
田屋みさき ピンク/黒須はるか 黄緑/浅井ななみ 青/山内みずき 赤/播磨ななみ 黄/鈴木くるみ パープル
長友あやみ エメラルドグリーン /山根すずは ピンク/道枝さき 水色/武藤おりん オレンジ/安田かな 青


お題:夏といえば

毎日あなたに「会いたっちゃん」って、「うまかっちゃん」みたいやなあ。

なーみんは、夏といえばアイドルのライブやって。
まあそうかなあ。

ずっきーは夏といえば日焼けしてまう、と言うとるけど、伊達娘の写真は黒ずっきーやったと思うなあ。

あやみが、夏休みといえばおばあちゃん家、って言うとるけど、シアターの女神公演でそんな曲あったなあ。曲名パッと出てこんけど。

さきぽんってキムチ鍋って、前もどっかで誰かが言うとったなあと思ってiPad検索したら、7/4の公演でまいちゃんが言うとった。

4.Only today

なーみん今日はまずまずいい動きしとる。
もう少し大きく動いて欲しいとこもあるけど、3公演目やしなあ。

まいちゃんが後ろで自由に動いとる。

すずは、ステップの脚の出し方変えた?
なんか印象が違う。

かなとくるみが、ステップで自然な動きができとると思う。

3.会いたかった

まいちゃんよく動けとるけど、手をまっすぐ伸ばしたらもっとサマになると思うぞ。

さきぽんが赤べことは逆の首の動きしとる。

まいちゃん左右の飛び跳ね方がすごい。
横のメンバーに当たるぞ。

2.Dear my teacher

さきぽん顔よく動いとるんちゃうか。

やっぱ3公演目やからか、めちゃくちゃ元気いいとまでは言えんかなあ。

播磨ちゃんとか恥ずかしいというよりも疲れて見えるなあ。

この曲みさきのソロ多いなあ。

あやか、さきぽん、それにかな動けとる。
さっきはたまたまか。
疲れもあるやろけど。

1.PARTYが始まるよ

いずみ、手とかカラダとか、いつもと違うところを意識しとるように見える。

さとみなまた動きおかしいかなあ。

かながいつもより動き小さいんちゃうか。

なーみんよく動けとる。

ストーカーに対して警視総監名義で警告書を出すってどこに書いてあるの?

もうめんどくさいなあ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/aks-7e93.html#comment-115158279

2013年11 月にストーカー規制法が改正され,電子メールの連続送信が規制対象になるとともに,警告等を行える警察本部が,被害者の住所地を管轄する警察本部のみから,行為者の住所地や行為場所を管轄する警察本部に拡大した。

リンク先は「ストーカー 全体本部への報告」で検索して出てくる「ストーカー事案」というPDF。リンク貼れないので検索してみ?

この通り、おーにっちゃんの解釈とは逆で、今は警視総監、道府県なら本部長の対応となっている。何か反論は?


それってこの文書か?


http://www.waseda.jp/prj-wipss/ShakaiAnzenSeisakuKenkyujoKiyo_07_Shimada.pdf


そんでこの文書のどこをどう考えたら、

"今は警視総監、道府県なら本部長の対応となっている。"

という判断になっとるの?

そもそもウチに品川ナンバーのクルマが来たとき、私は中核派の人々に聞いたら、中核派を管轄しているの公安が品川ナンバーだから、と言ったけど、
公安は、岩田華怜の居住地が品川ナンバーの警察署だから、と主張してきた。


それでじゃあ、昨年6月にどうして品川ナンバーがウチに来たんだっけ?

説明してみな?

情報のソースを出せない、というのは、論理に飛躍があるからやねん。

下青木香鈴はAKSが推さなければ私が推すしかないのかなあなんて思って、いろいろ調べたぞ。”#セカシモ”とか。それで寝落ちした。それでまたいろいろ考えて書いた。

忙しい設定どこ行ってん!ってツッコミ入れられそうやけど、・・・だってやらなきゃいけないと思うことはあっても、みんなスマホをいじってLINEとかtwitterとかやってまうやろ?といいたい。

私はその手段が、LINEとかtwitterではなくて、インターネットを見てブログに書くというひとつだけになっとる。

・・・そういや公安は、私がブログに書くという手段が消されてないことを、私の言論が自由であることの理由にしてコメントしてきとるけど、ゼンゼン違う。

もうそれしかないような状態に追い込んどるんやろが。


然るに、それもなくなったら、私がどんな奇襲作戦を打ってくるかサッパリワカランから、比較級で、私のブログ更新を認めとるんやろが。

おとなしい中核派の活動家であれば、中核派の全体主義の中で埋没して、自分の意見を押し殺しとるとこや。


私が中核派で、もっと表現の自由にについてガンガン問題にしようとしたところで、そもそも中核派は全体主義やから、自由というものに興味がない。

公安が中核派が考える”労働運動”以外の攻撃をしてきたら、中核派は全部スルーした。

私はそんな中核派の利己的なところに本当に嫌気がさしたし、中核派とか前進社の古臭い建物なんて潰れてまえよ、てか北朝鮮がミサイル撃ち込むならば、前進社めがけて撃ったらええんちゃうか?と思うてまう。


北朝鮮が前進社に対して、「オマエらが言っていることはそもそも思想のテイを為してない!」って文句言うてきたらオモロイかなあ。


・・・・・・・なんか、新しく知った子に対して、元所属していた過激派に対する政治主張を書いたらダメと思われるかもやけど、私が中核派に所属していたことなんて、AKBのヤツらも全員知っとるやろ。

私の過去を隠したいのは、中核派のほうやと思うよなあ。

どんな記憶を呼び起こして問題視してくるかワカランからなあ。

てか中核派も、同じ境遇に日立製作所がいて、ホンマに日立製作所に非がないならばいくらでも正攻法で法律行使してこれるのに、全く法律行使できてないということは、日立製作所は自分らの非を認めとるということなんやけどなあ。


ヒトの身になって考える、ということは、みんな大事と言いつつ、ゼンゼンできてない。

ヒトの身になって考える、ということは、ホンマにそのヒトの立場に立って、三葉と瀧みたいに入れ替わったらどうなるか、というくらいに深く考えるということやねん。

相手と入れ替わったらどう動くか、という想像なくして、いっくら理屈で考えてもアカン。


「君の名は。」は、いまの人々がやってないし、女性はそうして欲しいと思っている、自分の立場に立って考えて欲しいと思うことについて、瀧がグイグイ考えてくれたことが、とりわけ女性にとっては心地よくてツボやったんやなあとは思うよ。



まあいいよ。


下青木香鈴って、パフォーマンスを見ていて私的にかなりツボやったから、詳しく調べてもた。


私は、「努力は必ず報われる」なんてゼンゼン思ってない。

だからこそ、私が、コイツは努力していると思ったヒトは(メンバーに限らず)、なんとしても自分にできる最善のことをやりたいと思う。


そうやって、自分が出会った人々に対して、なんとしても自分にできる最善のことをやりたいと思う・・・そんだけでええねん。


・・・それを中核派の中で言ったら、

「そんなこと言ったら、どんだけのヒトを相手にしなければならないか!」

みたいな屁理屈で言われたよ。


けど、自分が相手のためにできる、って、そんなチャンスってそうそうない。


「そんなこと言ったら、どんだけのヒトを相手にしなければならないか!」


なんて言えるヤツは、私から見たら、ようはヒトのことを理解しようとしたことがないヤツのセリフやねん。


ヒトのことを理解しようとしたことが、たとえ一度でもあれば、そこから仲間の共感の輪がわっと広がるというのを知っとるねん。

まあだからこそ、AKSは私を怖れて出入禁止にしてきたし、公安が私に対してストーカー規制法違反容疑で警告書をデッチ上げてきたんやからな。


けど、中核派のバカどもはそんな理屈さえも理解しようとしてないという、もうホンマに救いようがないよなあ。



下青木香鈴って、めちゃくちゃいいと思うし、私が初めてAKBを観たのが下青木香鈴やったら、推しとった可能性がある。


・・・・・・・いやでもチーム8やし、一般人としてハードル高かったし、改めて調べたら、ロングとかツインとかの写真を見たら、なーにゃにしか見えんなあ。

それで、動画も観てみたけど、”世界の下青木”なんて書き初めして、#セカシモ なんて言葉まで作っとるって、そのずうずうしさは私好みやなあ。


てか、かりんのshowroomでだいぶ知ったけど、やっぱチーム8って16期よりも踊れてないと言われとるやろ。

私の見立てどおりや。

それでまたかりんとかチーム8は発奮しとるというのもあるやろ。


こういうのを見て

https://www.youtube.com/watch?v=tP9oFylgX-4

https://www.youtube.com/watch?v=-Bqi0pHVaK4

https://www.youtube.com/watch?v=otHzST2Hpmw

https://www.youtube.com/watch?v=IqG6XnizflE

http://ngt48matome2ch.net/archives/sekasimo-4.html

http://ngt48matome2ch.net/archives/team8-92.html



かりんのいいところは、自分のパフォーマンスについてちゃんと考えているところ。

まだダメなところは、もう一歩ファンの側に立って考えられてないところ。

けどそれも、だいぶ改善してきてはいると思う。
画面の前に出てきて、ファンの声に対してグイグイ言えるようになりつつある。



あと、自分の目力がすごいと言うとるけど、そこまで目力ないんちゃう?

もっと目力あるヤツはロングのほうがいいと思うもん。

かりんはロングの時代はイマイチ目立ってなくて、ショートにして可愛くなったと思う。


例に出して悪いけど、伊達娘がショートにしたら、顔のイメージが強くなるから、ロングのほうが可愛いと私は主張したのにショートにしやがった。

最近はまた伸ばしつつあるっぽいし、この写真を撮ってくれた人も、ロングっぽく見えるように撮ってくれとる。

https://pbs.twimg.com/media/DEHSjQWUMAAqvVZ.jpg

https://twitter.com/karen0513_?lang=ja



かりんのハナシに戻ると、まあだから目力があるからあんま真剣な顔を見せない、みたいなことを言うとったけど、目力を言われるならば、目力は主張してったほうがええと思う。

タレ目で可愛いと思われる女の子がいる一方で、目力だけで可愛いと思われる女の子が必ずいる。


私はいつも例に出すけど、田中麗奈なんてゼンゼン笑ってない。上の伊達娘もやけど。

http://dekigoto-tanoshii.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_665/dekigoto-tanoshii/tanaka.jpg
http://dekigoto-tanoshii.blog.so-net.ne.jp/2016-02-05-4



笑っているほうがいいというヒトもいたら、笑ってないほうがいいというヒトもいる。

同じヒトが、笑っているほうがいいという意見を、笑ってないほうがいいと変えるのはなかなかなくて、新しいファンを開拓するしかなくなるのかもやけど、笑ってない顔を褒めてくれるヒトを求めるほうがスジがいいとは思う。


というのも、まあ感覚的にやけど、男性の80%が、笑っている女の子の顔のほうが好きや。

けど、アイドルとか女優の95%くらいは、笑った顔で勝負しとるねん。


そうすると、笑ってないカオで勝負したほうが、あくまで比較的にやけど、ファンになってくれるヒトの数の期待値は上がる。

あと、数は少ないやろけど、女性ファンは、笑ってないカオで勝負したほうが明らかに増えるよなあ。

タカラヅカの男役なんて、笑った顔で写真に写っているのなんて見たことないし。


あとアキブータンが始めた「ラストアイドル」



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000001-dal-ent



コレかりんは出場してみろ。

私はこの企画が成功するとはあんま思えんけど、いま既に頑張っているアイドルが目立つチャンスなのは間違いない。

”世界の下青木””セカシモ”と言い続けとるんやから、チーム8のメンバーを裏切ることにもならん。



・・・てか私も”セカシモ”=”世界に通用するシモネタ”を考えて、海外からのアクセスを増やしたほうがええのかなあ・・・w

中核派は「ウソをつく・騙す・裏切る」という、人間的に最もおかしなことを恒常的にやっている、最低人間の集合のカルト集団である。

https://www.youtube.com/watch?v=CtFvqPzJ5pc&lc=z12gxl24pznlfnxbk04chj4ygwjawboyop00k

中核派がいろいろとおかしいと思うのは、「労働運動」を掲げながら、じゃあ個々人がどんな労働をしているのか、これから集まれる人々はどんな労働をしているのか、そこにどんな問題があるのか、というのを知ろうとしないことや。

たとえばコレで山手線について知れるやろ。


【鉄道】JR山手線を徹底調査<ドイツ鉄道(Deutsche Bahn AG)社 視察団>に密着!【もうやん】
https://www.youtube.com/watch?v=hUOUNIAe3k8


そして、動労総連合とか動労東京とかは、こういうのを知ることが、これからできるはずの仲間との会話の糸口になる。

なのに、中核派は、しょせんは労働者のことをコマとしか思ってないから、「ストライキガー!」だの「ゼネストガー!」だの叫ばせて、その人たちがどんな労働をしているのかについては一切関心がない。

しかも、もっと悪いのは、中核派のヤツらが安倍晋三よりもタチが悪いのは、「ウソをつく・騙す・裏切る」というのを、組織的にやっとることやねん。

いっくら安倍晋三なり小池百合子なりが悪いと思っても、たとえば自民党の下層部の支持者たちは、「ウソをつく・騙す・裏切る」なんてやってない。

資本家だって、全員が全員やってない。

けど、中核派のヤツらは、「ウソをつく・騙す・裏切る」というのを、実は全員が全員やっとる。


具体的に名前を出すと、東京東部ユニオンの片野彰彦は、私が日立製作所の時に問題があったことを、東京都知事選に出た鈴木達夫さんに、法律相談の機会を与えるから来て欲しい、と明確に言った。

それで、その場所に行ったら、中核派のヤツらが大勢いて、ビラ配りを始めるねん。

それで、とりあえずビラ配りに投入されたけど、まあ自分が相談をするのだから、中核派の利益になることもしないとおかしいなあ、と思って、ビラ配りに参加した。

そして、その後国鉄集会に参加させられた。

それで、肝心の鈴木達夫さんに法律相談させてもらえる機会を与えてもらえんかった。

中核派の中でも内部事情みたいなんがあって、鈴木達夫さんは西部ユニオンで、私は東部ユニオンやったから、おいそれと話させてもらえんかったのもある。

しかし、結果的に私は、中核派を離れるまで、ただの一度も、法律相談をさせてもらってない。

それを他の中核派のヤツらに言ったって、「それはおかしい」と言ってくれる人はまあいなくて、「一緒に労働運動するしかないんだよ」みたいな、全体主義そのものの論調のヤツらばっかやった。

中核派って時分らではいろいろと考えているつもりやけど、自分らの中で新自由主義を主張するための、めちゃくちゃ近視眼的な屁理屈のピラミッドを築き上げているだけで、傍から引いた目で見たらどう見ても全体主義そのものやねん。



どんなに労働運動を掲げようが、「ウソをつく・騙す・裏切る」をベースにして、人々のココロを吸収しようなんて、考えが甘っちょろ過ぎる。

中核派に入ったら身も心もボロボロにさせられてまうぞ。

ひらりーには悪いけどいまごろ起きた。さすがに今日は休みたい。明日からまた仕事やし。舞台1回しか行けんけど脚本は読み込みたいし。

そんなカンジで、今日は悪いけどパスさせて。

もう今週めっちゃ疲れたし。

宮城行ったのだって休むというよりも、それがまた仕事みたいになったし、その後7/2は休日やったけど、チーム8のメンバーを覚えたくて公演2回観た上に、その後に投票に行って、選挙情勢を考えとったし。

私も日々イロイロと考えとる。

宮城行く前の週は、スポーツの女性の美についていろいろ討論して、その感想も考えたりしたし。

てか昨晩は下青木香鈴についてイロイロ考えて検索したりしとったら、3時半になった上に、最後パソコンが固まって私もダウンしたけど、とにかく1回考えがわいたらずっと動いとる。

けど止まってから動き出すのはめんどくさい。

Yahoo!映画に以下の内容で書き込んだぞ。ブログの内容を、関西弁とかちょろっと手直ししただけ。  → その後この映画は実は卑猥なんじゃないかと思ってきた

観客がどう感じるか全く計算できてない

https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%81%A8%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%81%AE%E8%8A%B1/359126/review/%E8%A6%B3%E5%AE%A2%E3%81%8C%E3%81%A9%E3%81%86%E6%84%9F%E3%81%98%E3%82%8B%E3%81%8B%E5%85%A8%E3%81%8F%E8%A8%88%E7%AE%97%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%84/308/?c=1&sort=lrf

もう出だしでダメと思った。

魔女の星みたいなとこがあって、そこから気持ち悪いのが出てきて、爆発して・・・って、もうそれだけで観客ひいてしまう。

ついてこれない。

たとえば、"カリオストロの城"みたいに、クラリスがウェディングドレス姿でシトロエンを運転して、見るからに悪者に追われている、その悪者はいきなり爆弾だって使ってくる、・・・ってのだって、観客を引き込むには正直重たい。

だから、"カリオストロの城"だって上映当時は評判よくなかった。

評判良かった"君の名は。"なんて、発端は男女が入れ替わっただけだ。

けど、そんな動機でさえ、人々を引き込めるのである。

ラストならば、大爆発だってあってもいいと思うけど、最初から大爆発まで見せていたら、観客はラストに向かって、それ以上に派手な大爆発は当然にあるモノとして観てしまう。

だから、プロローグからして0点。

それに続いて、メアリが出てきて、ヤル気のない(違う意味でヤル気が上手くいかない)惰性のストーリーが延々と続く。

メアリが自分からストーリーを動かしてこうと思うのは、自分のせいでピーターが捕らえられてからであって、それはもうストーリーが始まって1時間以上かかった後半になってからである。

しかも、起承転結の"承"あたりで、メアリが魔法大学に行っていろいろ魔法大学を見る、・・・たぶん20分くらい、そんな描写があるけれども、その描写全部要らないと思う。

だってアニメって、それ自体がなんでもできる魔法であって、それをいちいち表現する理由がない。
スタッフが、魔法について思いついたことなんてのは、チラシのウラにでも書いておけばいいことであって、ストーリーには全く関係ない。

違う言い方をしたら、あらゆる物語の主人公は、自分が見たこと聞いたことを人々から理解してもらえなくて、どうやったら理解してもらえるかを四苦八苦するのである。

そして観客は、四苦八苦している主人公たちに対して共感する。

"君の名は。"なんて、四苦八苦できるのが2人だけにわかる秘密だったからこそ、あれだけ女の子のココロをわしづかみして大ヒットしたのである。

だから、メアリが魔法大学でベタ褒めされる描写なんて、ストーリーに全く関係ないだけでなく、観客は全く共感しない。

そんな不要な描写が多すぎた。

メアリみたいな女の子は私は好きだけど、この内容ならば50分くらいに収まる。

・・・てかそもそも、"魔法"なんてのはないのである。

では、昔の人々は、どういうモノを"魔法"と呼んでいたのか。

五感を研ぎ澄まして、ちょっとした違いを感じ取り、ヒトやモノの異変を言い当てられる人々は、確実にいた。

そして、政府権力は、そんな人々の能力を怖れて、いないはずの「魔女狩り」をやったのである。
魔女なんていないはずなのに、政府権力が「魔女狩り」をやったのが、歴史の真実である。

そんな歴史を考えて、魔法を要らないモノとして捨ててしまうのではなくて、本当の魔法とはナニなのかまで考えて欲しかった。

共謀罪法案だって、私は現代の「魔女狩り」だとも思っているし。

「魔女の宅急便」で、確かキキが「魔女は血で飛ぶの」と言っていたと思うけれども、飛びたい気持ちが、あたかも魔法のような、五感を研ぎ澄ました深い考察に繋がる、という意味では、まだ「魔女の宅急便」のほうが、私の考える”魔法”の本質を描いていたように思う。

--------------

・・・・てかさあ、Yahoo!映画じゃなくてココまで読んでくれたみんなに向かって、「血で飛ぶの」であって、「ちんちんで飛ぶの」じゃないぞ!・・・・っと主張しようとして、いや魔女がホウキに乗っかるってのは、実はオンナがちんちんに乗っかるというのを意味しとるんちゃう?


てか調べたらビンゴやなあ。


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412386284

yaehoo_sambaさん 2007/8/519:04:51
ほうきは「男根(ペニス)」の象徴です。

ハリー・ポッターなどでは、男性もほうきに乗りますが、
かつては箒に乗るのは魔女(女のみ)でした。

つまり男根にまたがることにより、日常における男性支配からの解放を意味しており、
それは魔女が男性を支配する(男根にまたがり思うがままに操る)という形となって表れた、とも言われています。

抑圧された性への背徳心など、中世ヨーロッパの社会風土とも関係していると言われています。



・・・いやそうすると、「メアリと魔女の花」では、どう考えてもまだ10歳くらいにしか見えないメアリに、魔法がかかってグイグイ大きく立派になって光るほうきに乗っからせるのはちょっとマズいんちゃうんか?

いや、個々人が自由に妄想するのはべつにOKやけど、大勢に対してわいせつな妄想をさせようと考えて作品を作っとるとすると、BPOで審議せなアカンなあ。

まあBPO自体政府権力側やとは思うけど。

けど、「この描写はええのか?まずいんちゃう?」とか、人々が議論できるというのはアリと思うなあ。

てかホウキは男根、というのは、追加して書いたほうがええかなあ。

【ネタバレ】"メアリと魔女の花"観たけど正直ツラかった。2回目はない。"思い出のマーニー"でも思ったけど、米林宏昌ってストーリーを作れんなあ。

もう出だしでダメと思った。

魔女の星みたいなとこがあって、そこから気持ち悪いのが出てきて、爆発して・・・って、もうそれだけで観客ひいてまう。

ついてこれん。

たとえば、"カリオストロの城"みたいに、クラリスがウェディングドレス姿でシトロエンを運転して、見るからに悪者に追われている、その悪者はいきなり爆弾だって使ってくる、ってのだって、観客を引き込むには正直重たい。

だから、"カリオストロの城"だって上映当時は評判よくなかった。

評判良かった"君の名は。"なんて、発端は男女が入れ替わっただけやぞ。

けど、そんな動機でさえ、人々を引き込める。


ラストならば大爆発だってあるかもワカランけど、最初から大爆発まで見せていたら、観客はラストに向かって、それ以上に派手な大爆発は当然にあるモノとして観てまう。

だから、プロローグからして0点。

それに続いて、メアリが出てきて、ヤル気のない(違う意味でヤル気が上手くいかない)惰性のストーリーが延々と続く。

メアリが自分からストーリーを動かしてこうと思うのは、自分のせいでピーターが捕らえられてからやねん。

それはもうストーリーが始まって1時間以上かかった後半になってからやねん。

しかも、起承転結の"承"あたりで、メアリが魔法大学に行っていろいろ魔法大学を見る、・・・たぶん20分くらい、その描写全部要らんやろ。

だってアニメってそれ自体がなんでもできる魔法であって、スタッフが、魔法について思いついたことなんてのは、チラシのウラにでも書いておけばいいことであって、ストーリーには全く関係ない。

違う言い方をしたら、あらゆる物語の主人公は、自分が見たこと聞いたことを人々から理解してもらえなくて、どうやったら理解してもらえるか四苦八苦する。

観客は、四苦八苦している主人公たちに対して共感する。

"君の名は。"なんて、四苦八苦できるのが2人だけにわかる秘密だったからこそ、あれだけ女の子のココロをわしづかみして大ヒットしたやろ。

メアリが魔法大学でベタ褒めされる描写なんて、ストーリーに全く関係ないだけでなく、観客は全く共感しない。

そんな不要な描写が多すぎた。

メアリみたいな女の子は私は好きだけど、この内容ならば50分くらいに収まるかなあ。


てかそもそも"魔法"なんてのはない。

では、昔の人々は、どういうモノを"魔法"と呼んでいたのか。

五感を研ぎ澄まして、ちょっとした違いを感じ取り、ヒトやモノの異変を言い当てられる人々は確実にいた。


そしてそんな人々の能力を怖れて、政府権力は、いないはずの「魔女狩り」をやったのである。

そんな歴史を考えて、魔法を要らないモノとして捨ててしまうのではなくて、本当の魔法とはナニなのかまで考えて欲しかった。

「魔女の宅急便」で、確かキキが「魔女は血で飛ぶの」と言っていたと思うけれども、飛びたい気持ちが魔法に繋がるという意味で、まだ「魔女の宅急便」のほうが、私の考える魔法の本質を描いていたように思う。

« 2017年7月8日 | トップページ | 2017年7月10日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック