« そんなのは百も承知や。けど、いっくら自民党に迎合したって、民意に背いたらアカンねん。 → 中身は都民ファースト=自民党だぞ 早速、小池百合子は自民党と連携の意思表示をしてるぞ | トップページ | アキブータンについて批判的な記事が書かれとるけど、コレだって安倍晋三からの圧力がないと思って記事として出てきたと考えられる。 »

2017年7月 2日 (日)

”ビッくりはら!”ってどうも発想が、中村麻里子が就職した”おっ!サンテレビ”のノリやなあ。

ビッくりはら! 子育ての街、くりはら。
http://bikkurihara.com/


おっ!サンテレビ
http://sun-tv.co.jp/oh_sun


見比べたら、”ビッくりはら!”も”おっ!サンテレビ”も、ひらがなとカタカナをかけているし、ビックリマークもつけているし、両方ともトラ色やし(まあサンテレビは阪神の色やから当然やけど・・・・)、オヤジギャグの連発で首をかしげたくなるところまで似とる。

まあ、栗原市がサンテレビを侵害したとは言えんけど、参考にしたとこはあるんちゃうかな。

やっぱ笑いのネタとして関西人のギャグを見てサンテレビを見た、という可能性ならば大いにある。


それで、こういうサイトを作って、自分の街を紹介するというのは、意欲的で、そこはいいと思う。

たとえば西脇市のサイトだって、とりあえず作りました感があって、サイトを検索しないとわからないようになっている。

http://www.city.nishiwaki.lg.jp/kankotokusan/


検索しないとわからないモノになんて誰も興味を示さないし、

「ナニコレ!」

って言ってURLをLINEで送り合って見て笑う、というような、ひねりのあるモノやないとアカン。

そういう意味では栗原市のほうがだいぶ考えとる。

・・・言うても新幹線の駅があるもんなあ。

私の田舎でいうと、西明石・・・はもう明石市で相当デカいからアレやけど、相生市くらいの勢いはあるやろ。



相生市
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E7%94%9F%E5%B8%82



相生市の有名人って誰かおるのか?と思って調べたら、浦山桐郎って相生市出身なんやな。

私は浦山桐郎は名前だけ見たことあるけど、作品はほぼ42年生きてきて一度も観たことがない。


浦山桐郎
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E5%B1%B1%E6%A1%90%E9%83%8E

1963年には和泉雅子主演の『非行少女』を撮り、モスクワ国際映画祭銀賞を受賞。遠藤周作の原作をもとに実験的演出を試みた『私が棄てた女』を撮ったのち日活を離れ、大竹しのぶのデビュー作となった『青春の門』、『青春の門・自立篇』、テレビドラマ『飢餓海峡』などを演出する。アニメーション『龍の子太郎』、灰谷健次郎原作の『太陽の子 てだのふあ』と子ども向けの作品が続いたのち、1983年には古巣日活(当時にっかつ)のロマンポルノ作品で、木村理恵主演の『暗室』を発表する。吉永小百合主演で『夢千代日記』を完成させた1985年、急性心不全により死去。享年55。
石堂淑朗は葬儀委員長・今村昌平から、生前の浦山の女性遍歴の豊かさから、「今日、どんな女が来るかわからないから、しっかり見張れ」と命じられたとも言われた。

人物

吉永小百合や大竹しのぶを育て上げ、「女優育ての名手」と言われた。とくに、『私が棄てた女』に出演する小林トシ江を自宅において特訓したエピソードは有名である。



コレを読む限り、浦山桐郎って演出家で、役者として演技はやったことないけど、自分でストーリーを考えることよりも、どう演技をするか?のほうに興味があったと取れるなあ。

だから、吉永小百合をはじめとして多くの女優(監督ではなくて)を育て上げたし、いまみたいに3Dが発達してないのにアニメの世界に行ったり、ロマンポルノまで残しとると取れる。

『龍の子太郎』って名前だけは聞いたことあるけど、大して名作ともいわれてない。



アニメ映画 龍の子太郎
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E3%81%AE%E5%AD%90%E5%A4%AA%E9%83%8E

公開当時は、児童客に「匂いの出るシート」が配布され、上映中に擦る場所の番号の字幕が出されると、児童客はその場所を擦って匂いを出すという、変わった趣向が行われていた。



・・・いま揺れたり匂いが出たりする”4DX”の映画館ができたりしとるけど、どうも時代を先読みしすぎとるよなあ。


てか「匂いの出るシート」があるならば、ロマンポルノで使ったらええやん。

まあエッチなイメージの出るシートの匂いだけでなくて、ちんちんこすってまうオッサンが出てくるからアカンかったのかなあ・・・。  注:「ちんこすう」じゃないぞ。・・・いや「ちんすこう」かw もうナニガナンヤラ。

てか私は前も書いたことあるけど、ポルノ映画を観に行って、好きでもないオンナとエッチする妄想なんてふくらませとったら、誰とエッチしてもいいと思うてまう・・・ようになると思うから、私はポルノ映画って観たくない。

てかそういえば、昔はそれでもエロい動画を観て勃起とかしとったけど、もう最近は写真で妄想するだけでええよなあ。


ヒトに意見を押し付けたいとは思わんし、押し付けたらそれが独裁のはじまりになると思うからやらんけど、私はそう思う。


吉永小百合以上のヤツを何人も出したいけど、いまはまだその時期ではない。

しかし、思い立って検索したら、都議選で自民党大敗北の様相やなあ。

私もそれで、ついでに、公明党の候補に入れたことを書いたけど。


https://mainichi.jp/senkyo/2017togi/timeline/



こういう、ちょっとずつ私が思っている方向に世の中が動いている。

政府がおかしなことをしているのではないか、と、人々が思っている、その思っているという意思が、インターネットの書き込みでは、いくらでもコメント欄の工作員によってかき消されてまうわけやけれども、選挙で人々の意思を聞いたらそうなってまうわなあ。

安倍晋三は、情報操作ができるからって、人々の意向にあまりにも背き過ぎた。

だから、昨日の秋葉原での演説も、総理大臣にもかかわらずブーイングを浴びたんや。

安倍晋三がウンコビリビリブーな病気なんはわかっとるけど、コレで総理大臣降ろされて、もう安倍晋三はどっかのビルから飛び降りるとかしかなくなるんちゃうんか?


公安だって、自分らが民衆から監視されていると考えたら、これからの動きもだいぶ見直さなアカンよなあ。


・・・・まあ、そんなことはともかく。

私は伊達娘のことが好きであるし、田野みたいな才能も理解するし、ゆかるんみたいに吉永小百合よりも美人と思う者もおる。


そんなのを全部ひっくるめてどうするか、と思うとる。

最近はチーム8にまで手を出して、イロイロ思うけどなあ。


昨日ようやく、顔よりもふくらはぎの肉付きがすごいと思って発見した、倉野尾成美ちゃんが可愛いと思われとるのは、仮面ライダーの映画に選ばれたことからもわかるけど、


http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/51613216.html



たとえばそれ以外にも、下青木香鈴ちゃんなんて検索したらダンスはできるし顔もけっこうかわいいよなあ。


https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%8B%E9%9D%92%E6%9C%A8%E9%A6%99%E9%88%B4&rlz=1C1VFKB_enJP675JP675&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj73aH80urUAhXKTbwKHchxDKYQ_AUICigB&biw=1242&bih=602#imgrc=sZ2AIHvqoO_ruM:



てかなーにゃにダンス力をプラスしたカンジに見える。

まあそれでも、売れんもんは売れん。


売れる、というのは、タイミングがある。

今回自民党が大敗したのだって、いろいろと、一般大衆の支持を失うタイミングが悪かったことが重なった。


けど当然のように、その”一般大衆の支持を失うタイミング”というのを察知して、稲田朋美を更迭するとか、イロイロとできる方策はあった。

自民党のほうが無策すぎて、コイツらに任せていてはダメという考えを、一般人から持たれた。

成功する人間というのは、無策な人間を尻目に、着実に支持を得られる。

まあ今回はどうも小池百合子が着実に支持を得たのではなくて、安倍晋三が無策過ぎて、都民が呆れた結果っぽい気がするけど。





・・・だから私は、マスコミは腐敗していると思っているけれども、腐敗しきっているとまでは思わない。

マスコミを敢えて性善説的にいうと、世界の腐敗の構造を、そのまま主張したら、政府から睨まれてまうだけや。

だから、世界の腐敗の構造を、一見政府も受け入れる、妥当な内容で主張するんや。たとえばAKBのゴシップとか。


けど、そんなゴシップ記事であっても、人々の記憶には残る。

中核派がなにをやったところで、人々の記憶に残らんしなあ。


そんな、人々の記憶に残る記事の元で、人々は投票する。

マスコミは、限られた中でも、ちゃんと報道してくれたからこそ、自民党に対して反対する人々が大勢いた。


・・・・てか私そもそもの、栗原市の動画についてどうすればいいかを言えてないよなあ。

「子育てができる!」と主張するのはええけど、子育てって、補助金以前に、自分らがちゃんと仕事ができてナンボのもんやねん。

子育てもなにも、栗原市にどんな仕事があるねん?というのが最初や。

それで、鉄道で働きたかったって、JR東日本なんてほとんど機械化されとるし、くりでんは廃止されとるし、鉄道で働くってないよなあ。


だから私は多可町を捨てたんやし。


だから、栗原市も、すべての職種を網羅するのは難しいけど、少なくとも

① 農業など、地産地消でリアルに働ける職場

② インターネットを介して、東京で住もうが栗原市で住もうが同じ内容の職場

この2つは用意して、こんな職場があります!って宣伝せなアカンよなあ。


けどそれだって、そもそもいま子供をつくるというのは、職場があってこそなのであって、いまの職場のまま栗原市に転居してもらうなんて、そうそうないよなあ。

たとえば仙台市に住んで働いているヒトに対して、くりこま高原駅近くの住宅を格安で買える&新幹線通勤費を永年補助するとか、それくらいの決断がないと、現状では移住なんて難しい。


・・・まあそんな現状を私が提示したら、そこで議論が起こるんやけどな。

そんな議論が必要やねん。

けどな、そんな議論のネタを提示してくれたというだけでも、栗原市はいい仕事をしていると思う。


この書き込みの途中で、吉永小百合の名前を出したけど、映画の吉永小百合に対して、舞台の栗原小巻をコマキストというらしいけど、栗原小巻は栗原市とはなんも関係ないらしい。

なんで思い出したかというと、吉永小百合を調べていて栗原小巻も見つけて、そんなことを思い出した。

« そんなのは百も承知や。けど、いっくら自民党に迎合したって、民意に背いたらアカンねん。 → 中身は都民ファースト=自民党だぞ 早速、小池百合子は自民党と連携の意思表示をしてるぞ | トップページ | アキブータンについて批判的な記事が書かれとるけど、コレだって安倍晋三からの圧力がないと思って記事として出てきたと考えられる。 »

AKB48」カテゴリの記事

岩田華怜」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

考察・推理」カテゴリの記事

コメント

http://lawyershelperbyhisz.com/stalker-police-move/
・全体本部への報告
次に「全件本部への報告」です。
ストーカー事件が世間に認知されたきっかけである『桶川ストーカー殺人事件』をはじめ,多くの痛ましい事件は,相談を受けた警察署が内々に事を進めたために最悪の結果を招いてきました。
現在,警察署で受理したストーカー被害の相談は,全件が各都道府県警察本部に報告されています。
警察本部による一元管理で,警察署独自の判断が許さず,対応の進捗なども管理することがねらいです。
警察署が場当たり的な対応をしていると,すぐに警察本部から厳しい指導と再対応を求められます。

おっ、ウソノブ! 何が言いたいのかわからない。

美辞麗句を並べて戯言を『塗装する』大西秀宜君(一笑一笑)

>それで、鉄道で働きたかったって、JR東日本なんてほとんど機械化されとるし、くりでんは廃止されとるし、
>鉄道で働くってないよなあ。

>だから私は多可町を捨てたんやし。

嘘を吐くな。どうせ、町を出るとき周囲に対して大口叩いたんで、引っ込みが付かなくなって戻れないんだろうが( ´_つ`)ホルース

追記。

>てか私は前も書いたことあるけど、
>ポルノ映画を観に行って、
>好きでもないオンナとエッチする妄想なんてふくらませとったら、
>誰とエッチしてもいいと思うてまう・・・ようになると思うから、
>私はポルノ映画って観たくない。

言い訳はしなくていいぞ。大西秀宜君は、
「再現された現実の直視」から逃亡している事が明白なんだから。

戯けた美辞麗句での塗装なんぞ通用せんからな(一笑一笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/71031480

この記事へのトラックバック一覧です: ”ビッくりはら!”ってどうも発想が、中村麻里子が就職した”おっ!サンテレビ”のノリやなあ。 :

« そんなのは百も承知や。けど、いっくら自民党に迎合したって、民意に背いたらアカンねん。 → 中身は都民ファースト=自民党だぞ 早速、小池百合子は自民党と連携の意思表示をしてるぞ | トップページ | アキブータンについて批判的な記事が書かれとるけど、コレだって安倍晋三からの圧力がないと思って記事として出てきたと考えられる。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック