« 2017年8月6日 | トップページ | 2017年8月8日 »

2017年8月7日

2017年8月 7日 (月)

前進チャンネルに追加でコメントしたぞ。私が20年以上思いつづけている、ハムレットが如何におかしいかについて。

https://www.youtube.com/watch?v=py6fbJQHPLI&lc=z23ftbnb3tr1xbp5c04t1aokg4jt3rfowbkkpv1piyzirk0h00410.1502116797487015



てか私はそこからさらに進めて

”天才はバカに学び、バカは天才から学ぶ”

という真理を見つけたぞ。


2つの理由により証明しよう。


まずひとつめ。

天才はバカに学ぶ理由。

電通はどんなことを考えていますか?

人々がどんなことを嗜好しているか?を徹底的に考えて、そこからどうやってカネをまきあげるか?を考えている。


電通が考えとるのは、一部の大金持ちからカネをまきあげよう、なんて発想じゃないぞ。

だって、電通ってそもそも広告企業やからな。

一部の大金持ちじゃなくて、大勢の貧乏人からカネをまきあげるほうが効率がええねん。


・・・中核派って、イロイロ言いつつ、その”大勢の貧乏人”の言い分を全く聞かず、自分らの主張しかしてないのがおかしい。



もうひとつめ。

バカは天才から学ぶ理由。

いやコレ、中核派は、マルクスからなにか学べると思って必死に布教活動しとるやろ。

私から見たら、私も仕事でどうしてか創価学会の友人ができたけど、創価学会も池田大作マンセーなところがあって、ちゃうなあと思いながらも、まだリアルな池田大作マンセーなほうが、死人でペテン師のマルクスマンセーよりもマシなんちゃうの?とは思うてまう。


死人マンセーはやめたいよなあ。

私も自分なりにイロイロと課題を持っていて、たとえば白井佳夫と会話できるならば言いたいと思うとったけど、会話できんかったから誰にも言えてないけど、私はシェイクスピアのハムレットの解釈は、全世界が間違っていると考えている。


ハムレットはバカ一代記であって、そもそもいっくら父親と想像しようが、亡霊の言うことを聞いとるというのが、コレは暗に精神疾患を主張しとるねん。

また、ハムレットの父親がホンマに善政を敷いていたならば、息子ハムレットに対して、仮に自分がリアルに殺されたとしても、復讐をせよなんて指令を出すハズがないねん。

それは国家・・・・・・・・というと中核派てきにNGやけど、とにかく自分が見ている中で争いごとを敢えて起こすことになるからなあ。


中核派では、「ウンドーガ!ウンドーガ!」でイカレポンチなヤツばっかで、芸術に対して理解しとるヤツらがおらんかった。

それで星野絵画展なんてやって、自分らの主張を見よ!なんて言ったって共感なんて得られんよなあ。

共感して欲しければ、自分が”one mouth two ear”の発想で、言いたいことの2倍はヒトに対して共感しろよなあ。

前進チャンネルにコメントした内容。私もイロイロと発想してまうなあ。シミタケのシミッタレのシニカケはなんか反論ないんか?

考えていたらめちゃくちゃ長文になった。

こんな長文考えられる頭脳は中核派にはないやろ。
「前進」に主張の長文が載ったりする(記憶では)けど、ハッキリ言ってコピペであって、新しい主張なんてなんもないしなあ。

中核派って、原発とか原爆のことを知っている!とか言うて、フクシマでも診療所を作っていて、東京でもあるんやなあ、それは確かに効果はあるやろけど、それをどう人々の声に繋げるか、がゼンゼンダメや。

だから、A2-BCという映画を、中核派が作れずに、アメリカ人のイアン監督が作って、それもちゃんと広げられてないというのに、弱いところがある。

たとえばココに経緯が書いてあるよなあ。

http://kimbara.hatenablog.com/entry/2015/03/28/212441


中核派も全体主義の日立製作所みたいな大企業的総花的な主張をするんじゃなくて、この闘いでゼッタイに勝つ!という方針を示してみろよ。

星野絵画展なんていくらでも開けるけど、大事なのは、たとえばA2-BCを、8・6ヒロシマとか8・9ナガサキとかで上映して、こういうことが行われている、と静かに訴えることなんちゃうのか?


デモ行進するのは楽しいやろ。

カンパ費とかナントカ費を流用して、同じようなメンツの交通費とか遊興費にしてもて、そうやって何月はどこに行ける、なんて発想をしとる時点で、いっくら反対を唱えようが、権力に迎合してもとるやないか。



てか中核派のヤツらって、個人の思想というのがまるでない。

辻川慎一が”労働の奪還”とか言うたらみんな「おーっ!」と言うたけど、それで終わりや。

アーリーン・イノウエが”one mouth two ear”と言ったらしくて(伝聞で、検索したら複数やからearsか)、傾聴することの重要性を中核派は学んだハズやのに、”学んだ”というのは知識として学んだだけで、実践できてない。


”知識として学んだだけで、実践できてない”

というのは、もうそれが、権力と同様の発想やろが。


「知識として学んだことを実践する」

コレが学生運動の原点なんちゃうの?

それで、矛盾点をガンガン突いてく。


全学連はそんなのとは全く違って、前進社の意向の通りに動いていて、ゼンゼンダメや。


てか ”アーリーン・イノウエ one mouth two ear” で検索したら、私の書き込みが2chのマルクススレに何度もコピペされとるやないか。

カール・マルクス10 [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/philo/1483757397/



しかし私はそれを言いたいわけじゃなくて、全学連スレに私が以前したコメントを(何者かの意思で)コピペされた。

--------
中核派全学連39 [無断転載禁止]©2ch.net
https://mevius.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1501166627/247

247革命的名無しさん2017/08/07(月) 11:14:53.33
親がいくら自分の経験その他から,子供の遭遇する危険性を主張したところで,子供自身がその危険性を認識してなければ,どっかでその危険にぶちあたることだってあるからなあ。

けっきょく人間って,自分が体感したことからしか学べんねん。

”賢者は歴史に学び,愚者は経験に学ぶ” なんて諺があるけど,経験から学べたらもうそれは賢者やねん。

そういえば,脇役で有名なオッサン俳優の誰かも,「私は経験に学びたい」と言うとったのをナマで聞いた。
アレ誰やったっけ?ニホンザルみたいなカオしたオッサンなんやけど,名前忘れた。
山田洋次のによく出てきたと思うけど。

歴史に学べる人間は,賢者を遥かに超えて,もうその時代のスーパーヒーローや。

だって,日本を代表するはずのいまのテンノーだってアベシンゾーだって,歴史からなんも学んでない。
--------


コレ、検索したら、3年前に岩田華怜(私が公安から、警視総監名義でストーカー規制法違反容疑で警告書を受けている相手)のスレで書いた内容やないか。

--------
【AKB48】岩田華怜応援スレ☆70【TeamA】
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/akb/1403104316/962

962 :hidenobu onishi ◆CsvquZNDeKXO @転載は禁止:2014/07/14(月) 02:03:48.77 ID:E58n/ZAD0
--------


この、”賢者は歴史に学び,愚者は経験に学ぶ”という発言をしたのは井川比佐志で、私は共産党系の全国映連の映画大学で1994年に聞いたよ。

全国映連の重鎮だった山田和夫って、ゴリゴリの共産党やったしなあ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%92%8C%E5%A4%AB



てかだからこそ、中核派に入って、白井とやらとハナシができると知って、私はてっきり中核派系の雑誌に投稿している、”キネマ旬報事件”でキネマ旬報の編集長を解任された、白井佳夫とハナシができる

http://www.seiryupub.co.jp/cinema/2011/11/post-34.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%BA%95%E4%BD%B3%E5%A4%AB


と早合点してめっちゃ喜んだんやけど、・・・・・・・・・なんのことはない、東部ユニオンの黒縁メガネでナニ考えとるのかワカラン、中核派官僚の白井某(名前も知らん。ただ、ニックネームは町田な。)とハナシができるだけやった。


なんかもう、中核派はイロイロとおかしいよ。

日本政府はもっとおかしいけど、中核派が自分らのおかしなところを正さなければ、そもそも人々から、一緒に共闘したいと思うてもらえんやろ。


たとえば、星野とか大坂とか、具体的な名前を出す前に、自分らが権力を取ったと仮定して(そこまでしなければ人々は理解しないから)、どこまでが正しくて、どこからが誤った行動をしてしまったかを示すのは必要と思う。

ただ、”誤った行動をしてしまった”と言ったとしても、それを、権力の悪と自分らの過ちと、どっちを取るかで、大勢が自分らの過ちを問題にしてまう、という思い込みが、中核派の中にはある。


自分らの過ちよりも、権力の悪のほうがめちゃくちゃ問題!と、中核派の中で説明できる頭脳がおらんねん。


なんで私がこんだけ、イロイロと酷いことされた中核派に対してアドバイスせなアカンねんなあ?

私は別に中核派に対して滅びろとか思ってない(・・・・いや中核派なんてぶっ潰す!って書いた記憶あるけど)。


誰と共闘しようが、とにかくまずは日本政府をぶっ潰す、コレが最優先課題や。

そのためには、中核派の前進社はダメダメやけど、中核派で前進社を崇拝している人間は、

「・・・・いや、前進社よりも大西の言っていることのほうが正しいんじゃないか?」

とか思うてくれるんちゃうかと思うねん。


そこらあたりから、マルクスのペテンを暴いて、中野洋やアーリーン・イノウエが主張したこと、さらには、”A2-BC”で描いたこと、”オープンスペース街”でのリアルな行動、等々を、中核派のような個々別々な考え方じゃなくて、全部ストーリーとして描きたい。


中核派は、個々別々ではええこと言うとるとは思うけど、全体として北朝鮮同様の全体主義に陥っている。

シミタケ体制が腐っとるという実態もあるんやけどな。

2017/8/7 AKB48 19:00 外山大輔 ミネルヴァよ、風を起こせ 公演 せいちゃん生誕 感想 こみはるが良かった

総括

こみはるが、これまでよりももう一歩遠く、また曲げるところはもっと曲げる、というようなのを意識的にやっているように見えたから、MVPにした。

今回こみはるの髪の毛がグシャグシャで、前回はさややが髪の毛をグシャグシャにしている、と書いたけど、ウラを返したら前回はこみはるはグシャグシャにまではなってなかったんやろし、良くなったと思う。

あと、ゆいりとちよりが良くなったと思った。


ゆいりは、動きのねちっこさが取れてきたと思う。

徐々に良くなっているので、なかなかMVPには上げづらいけど。

そういえば、播磨ちゃんがめっちゃいいダンスしとったやん。
スパルタ教育しとるんちゃうか。


ちよりは、これまで私の目に入らんかったのは、チカラ入れてなかったんちゃうかと思う。

今日突然目に入るようになったのはいいことと思う。
その調子や。


あと、せいちゃんは、自分で言ったことの整合性がまだまだ取れてないなあ。

「見捨てないでください」というメンバーが多いけど、それは、自分に票を入れてくれるヲタが減るからやろ。

そうすると、ヲタ頼みの"来年選抜に入りたい"というのは、「見捨てないでください」という主張となにもカワラン。

「自分が頑張ってAKBを盛り上げて、世間一般に知られた結果、ヲタが頑張らずとも選抜に入れるようになる」

とかいうのやと、あると思うけど、けっきょく、選抜に入れるかどうかよりも、自分が世界に認められるかどうかのほうが重要やねん。

そこまで発想して、自分はどうやって世界(世間)から認められるか、を考えなアカン。

それでまだ、AKBがやったことないようなストーリーを思いついたならば、自分らでやってみたらええねん。

少なくともプロレスよりはマシやろ。


ココで外山さん登場。

NMB劇場での出張公演やって。8/19 


せいちゃん生誕

私のドキュメンタリーを観た、と言うとるから、手紙はこみはるやな。

この公演15期多いなあ。

「見捨てないでください」というのはちょっと違うと思う、もっとAKBを支えるように、と言うとる。

来年選抜に入りたい、って。

「見捨てないでください」というのと、"来年選抜に入りたい"はちゃうやろ。

En4 風は吹いている

えりぃちゃんとさとねちゃんおるなあ。

さとねちゃんめっちゃ目立っとる。

こみはる、まなみ、いい動きしとる。

せいちゃんもいい動きしとる。


この曲終わりで中学生はけた。


集合写真 キャッチフレーズのせいちゃ~ん!のポーズで

コレ撮って中学生メンバーが出てくんやな。
いやもう一曲いける?


En3 混ざり合うもの

十夢の伸び上がるしぐさが、のびのびと見えてええなあ。

ちよりのダンスが力強くなった。
これまでゼンゼン目に入ってこんかったんやからなあ。

En2 大人列車

みーおん、まなみ、十夢、咲良、いいぞ。

いい動きしとると思ったらちより。
ちよりも突然パフォーマンス良くなったなあ。

えりぃちゃん、せいちゃん、よく動けとる。

En1 10年桜

まなみ、よく動けとる。
前回も書いとる。

咲良、なっつん、こみはる、みーおん、ゆいりあたりがいいかな。

れなっちタイミング遅れたw


アンコール せいちゃんコール


M14 君のために僕は…

さとねちゃん、ゆいり、かなあ。

やっぱゆいり動き良くなったと思う。


さやや、いい演技しとる。

ぽんみゆ最近突然オトナっぽくなったよなあ。
今朝写真見て思うたし、さっきぽんみゆもそう言うとったし。

なぁちゃんよく動けとる。

集合写真 それぞれの思う納豆のポーズで


MC さとねちゃん/えりぃちゃん/ちより/せいちゃん/ゆかるん/れなっち/まなみ/茂木
お題:せいちゃんについて

まなみに対してせいちゃんはツン対応なんやって。

さとねちゃん、なんかちょっと声がかれ気味かなあ。

MC ゆいり/あべま/みーおん/なっつん/めぐ/咲良/こみはる/十夢
お題:せいちゃんについて

こみはるとみーおんとせいちゃんで、SNS投稿用の写真をいっぱい取るんやって。

なっつんが"左上ちゃん"の由来知らんねんて。

M13 Make noise

こみはるは、髪がグシャグシャでやまんばみたいになっとる。

めぐも動けとる。

まなみもいいぞ。

こみはる足の動きがええなあ。

M12 夏の前

十夢は最年長でも、ジャンプが特徴やなあ。

咲良だけ逆のタイミングで動いとった。

今日はこみはるええなあ。

さとねちゃん、ゆいり、もいい。

茂木もこの公演では動け・・・というほどは動けてないか。
茂木はもっと動け。
ただでさえ目立つんやから。

M11 不器用太陽

十夢左右によく飛んで動けとる。

せいちゃんいっちゃん上手端やけど左右によく動けて目立っとる。

ちよりよく動けとる。そうそう。


MC れなっち/さとねちゃん/こみはる/まなみ/咲良/みーおん

お題:AKBに入っていちばんタイヘンだったこと

みんなプロレスのハナシを言うとる。

てかプロレスなんて私全く興味ないぞ。

まなみは、せいちゃんに対して振りを教えるのがタイヘンやったと言うとる。

M10 記憶のジレンマ せいちゃん/ゆいり/十夢/めぐ

それなりにダンスできるヤツらばっかやから観やすい。

ゆいりは1回転するところを、敢えて多めに回っとるカンジがするなあ。

そのぶん動きが速いしよく回っていると思った。


M09 おしべとめしべと夜の蝶々 なっつん/えりぃちゃん

この2人怪しすぎwww

効果音の変な笑い声やめて欲しいよなあ。

なっつんも何度か舞台しとるからそれなりに演技できる。


M08 口移しのチョコレート れなっち/茂木/あべま

れなっちはこんな悪女っぽいイメージはなかったよなあ。

れなっち、ダンスはそれほどやのに、腰の動きがやたらリアルやなあ。

茂木がもう少し歌声で感情込められんかなあ。


M07 夢でKiss Me! ちより 応援隊 ゆかるん/みーおん/こみはる/せいちゃん/・・・?

ずっと声を伸ばしとるからヘタクソに聞こえるんやわなあ。

もっと喋っているように感情を込められんかなあ。

咲良出てきた。

M06 オフショアガール まなみ BD16期 みさき/播磨ちゃん/なぎさ/かおり

たぶんアレ播磨ちゃんやんなあ。

だいぶ上達しとるのに公演出れんのか?

私が見間違えた?

てかオンデマカメラってバックダンサーゼンゼン出さんねんなあ。

M05 コップの中の木漏れ日 ゆいり/こみはる/みーおん/せいちゃん/ゆかるん/十夢/さとねちゃん

ゆいりがイロイロ工夫しとる。

こみはるはそこまで複雑な動きしてないけど、動きが目立つようになったなあ。

さとねちゃん、ゆかるんもよかった。


自己紹介MC

十夢/さとねちゃん/せいちゃん/こみはる/ゆかるん
あべま/ちより/まなみ/咲良/みーおん/ゆいり
めぐ/なっつん/えりぃちゃん/茂木/れなっち

お題:最近ドキッとしたこと

ゆきりんかと思うたの咲良か。

咲良って格好とかしぐさとかけっこうゆきりんに似とるよなあ。

れなっちは見つけたのに、咲良もちよりも見つけられんかったとは。

てかぽんみゆはおらんから空目したわけやけど、誰をどう見たのかなあ。

今日はなっつんが最年長って。

えりぃちゃんが髪切ったのは気づかんかったなあ。

れなっちはさややポジで初出演って。
れなっちがアンダーするって珍しいなあ。
てか実はさややのほうがアンダーやったりして。

いやでもポジちゃうやんなあ?

あと、ひーわたんと思ったのはみーおんかな。


     
M04 ラベンダーフィールド

最初の動き、あべまだけゼンゼンタイミング合ってない。

こみはる動きよくなった。

みーおんみっけた。

ゆきりんたまにタイミング外すなあ。

せいちゃん張り切っとるのがよくわかる。

M03 私たちのReason

こみはるが遅れて見えたのも、パフォーマンス改善中なんかなあ。

ゆいりともども要注目やなあ。

こみはるは曲げる動きを前より強調しとるなあ。

M02 ゼロサム太陽

アレれなっちか?

十夢みっけた。
 
さとねちゃん、せいちゃん、めぐ、よく動けとる。

やっぱりれなっちっぽいなあ。

どの公演に誰がおったかなんか覚えてないし。


M01 重力シンパシー

なっつん、ゆきりん、ひーわたん、せいちゃん、茂木、ぽんみゆ、ゆかるん、あべま、ゆいり、さとねちゃん、こみはる、やなあ。

こみはる振り遅れとる。

まなみ、えりぃちゃん、めぐ。

まなみよく動けとる。

ゆかるん動けてないなあ。
前回もそう思って書いとる。

レッツゴー研究生公演、出張公演が確定したらしいけど、全員出すほうが先やなあ。

ゆいりがゴーサイン出してないから、いずみ、まい、播磨ちゃんはまだ出演できんとのことやけど、人間どうしても相性とかある。

コイツダメやなあ、と思っていても、ほかのヒトがいいところを発見してくれるかもワカランし、自分がプロデュースするからって自分の基準に固執したらアカン。

それに、3人に対して自分のイメージを伝えきれてないんやから、ゆいりがダメなとこやぞ。


さて私は、今日はやっぱりAKB劇場に行く。

それで、うめたと萌の舞台

劇団TEAM-ODAC第25回本公演『毎日が冒険~ねぇ… miss you~』

は8/11,12 と観に行く。

初日行こうかと思ったけど、研究生も見とかな。


あと、やっぱり梅ちゃんの千穐楽は行けんなあ。

エピソード3も見てみたいとこやけど。カネも手元に残したい。

アキブータンが"ラストアイドル"をやっとるのの詳細を知ったけど、どうかなあ・・・アイドル自身を応援するというよりも、アイドルから認知してもらっていることを自慢するのがヲタの本分みたいな風潮作ってもたしなあ。

"ラストアイドル"ってアイドル勝ち残りゲームやろ。

もうアイドルヲタって、テレビでアイドルを応援する発想がない。

AKBだって、いくらアイドルを応援しているテイをしていても、実態はヲタ同士のマウンティングや。

どれだけ認知をもらっているかとか、グッズを持っているかとか。


まあ、純粋に応援したい層って出てくるのかなあ・・・・

【めちゃくちゃネタバレあり】梅ちゃんとかまゆちが出ていた”FATALISM”について改めて。

さっきも書いたけど、演目のエピソードが3つあるうちの2つ、というのが、なんでやねん!と思っていたけど、観たらわかった。

オムニバス形式って、全部見せるのが当然やったけど、”3つあるうちの2つ”というのはオモロイよなあ。

けどそうするとたとえば、エピソード1と2だけでなく、1と3とか、2と3とかパターンがある場合も、番号が後ろのエピソードが先に来ることだってあるハズやわなあ。

そのあたりどうなっとるのかはワカラン。

今日はエピソード1→2、という流れやった。

パンフを見ても、エピソード1は就活、2はバーチャル、3は機械化人間と、だんだんと未来に向かっとる気がするし。


エピソード1は、就活している男性が、死のうと思って屋上に行ったところ、女性の美しい歌声を聴いて、死ぬのを諦めたのに、その女性は去って行った。

そして、その男性は、その建物のバーだかなんだかで働いている、声が出ない女の子が、自分が歌声を聴いた女の子だと考えた。

けど、同じ店で働く実の兄は、女の子は声を出せるわけがない、ソラミミだ、コイツはウソを言っている、と、非難した。


いろんな立場からいろんな解釈はできるけど、女の子の立場からしたら、自分のことを認めてくれるオトコのことを、嫌いなハズはないねん。

オトコは、自分勝手なことばっかり言っていた、と謝罪していたけど、私にはどのへんが自分勝手なのかワカランかった。


じゃあオトコはどうして、340社も受けて落とされたのか、それもヨウワカランけど、まあ脚本の都合やわなあ。


てかこの演目を観るにあたって、私の横の席のヤツが、関係者から丁寧に座席を案内されて、公演を観ている途中にハナクソほじったり、その後グースカ寝ていたり、めちゃくちゃカンジ悪かった。

まあええとこのぼっちゃんとかヤクザとか(両方とも似たようなもんやけど)そんなカンジに見えた。


コイツは自分のチカラでこんな待遇を受けているハズがない、と思ったよ。


エピソード2は、100年後のバーチャル社会で、交通事故でたぶんいまでいう”植物人間”くらいになった女の子に対して、オトコが、自分が音楽にのめり込んでいたためにこんな事故に遭ったのだろう!だから自分はもう音楽をしない!とか言うとった。

そして、”植物人間”状態の女の子は、リアルに表現はできんけど、バーチャルな中で、オトコに対してもっとあなたの音楽が聴きたい、と言うとるのに、オトコはなかなかワカランねん。


そう考えると、出てくるのはオトコのほうが多かったと思うけど、ストーリー的には、女の子が、オトコに対して、

「あなたが自分の考えでやっている行動ってすごい!」

と言う、そんな内容の舞台でもある。


そう考えると、男女平等の観点からいうと、やっぱオンナよ頑張れ、という声があってしかるべき、とも思うんやけど、オンナってオトコの何倍も悩むことが多いと思うし(そもそも子供を産める期間に制限があり、カラダに負担があるのは女性やしなあ)、男女平等といいつつ、最後はオンナを守るのはオトコだ、という思いがあったって然るべきやと思うなあ。


生まれた時点でそもそも、男女不平等なんやし、生まれ持った特性から、最初から男女不平等を受け入れる社会を作る、というのだってある。

”女性専用車”なんて完全に男女不平等やし。


けど、痴漢に遭うのは99%以上が女性なんやから、実態としてそうするしかないよなあ。


エピソード3も観たいけど、さすがにカネの都合がつかんかなあ・・・・。


梅ちゃんは、私がこれまで言ってきたのと逆やけど、ダンスとか演技はええけど、歌はなんか低かった。

サビはよかったけど。

まゆちは、まずまずではあったけど、エピソード2にちょこっとしか出てなかったし、もっとたくさん尺が欲しいなあ。


しかし、ここ2ヶ月くらいの間で観た中でいうと、ピカイチによかった。

やっぱり、自分がどう演じるか?以前に、ヒトがどう観るか?をキチンと考えなアカンと思う。


今回の舞台では、ヒトがどう観るか?をよく捉えとったと思う。

« 2017年8月6日 | トップページ | 2017年8月8日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック