« 2017年8月11日 | トップページ | 2017年8月13日 »

2017年8月12日

2017年8月12日 (土)

兵庫県多可郡多可町中区曽我井37-1在住の大西弘子に告ぐ。私は実家に帰るつもりもないし、帰る気もさらさらない。オマエが全く私の言い分を聞かないから、日本政府を転覆するほうが判断している。その前に博昭は死んでまうやろ。やむを得ない。

今日掃除をしていて、1年くらい前に弘子がよこした2通のハガキがあったから斜め読みしたら、博昭が末期の大腸ガンとかで、手術もしない判断をして、もう認知症が進んでなかなかヒトが理解できないとか書いてあった。

それでも、弘子の書く文章は冗長な文が多くて、全部読む気がせん。

それで、片方には、自分のやりたいように生きろ、自分はどうでもいい、みたいに書いていながら、もう一方には、旅費を出すから帰ってきてくれと書いとるねん。

帰ってきてくれと書いてみたり、帰らなくてもいいとか書いてみたり、どっちやねん。


いや本心はもうゼッタイに帰ってこい、なんやけど、そう自分の方から言い出すと後で問題にされるから、できるだけ自分の意思を言わんようにしとる。

それが大西弘子のズルいところや。


そしてそれは、日立製作所で私に対して嫌がらせばっかやってきた、インテリボンボン長井聡も同じ技を持っとった。

だから私は、このインテリボンボン長井聡のイヤラシイ感覚はなんやねん?と思って、大西弘子に行き着いたよ。

改めて言うと、2人とも、自分の主張を、「自分はこう思う」とは言わない。


「〇〇さんがこう言っていた」

とか、ヒトの権威とか権力を借りて、自分の主張を言うてくる。


だから、糀屋ババア大西弘子死刑囚にしても、インテリボンボン長井聡にしても、自分の意見は言わんし、言うても不整合がいくら出てもそこを正そうとはせんねん。


そういえば中核派も似たようなもんやなあ。

「マルクスさんが言っている」とか「前進社さんが言っている」とかで、自分の意見なんてゼンゼン言わんヤツらばっかやった。


けど、中核派のヤツらにもまた、自分の権力意識があって、あるときには誰それの言い分を持ってきて、あるときは別の誰それの言い分を持ってきた。

そんなことばっかやっとるから、いろんなものを全部排除する言い分に繋がったんやけどな。


まあとにかく、大西弘子はそうやって、自分の意見を言わずに、けど自分の意見を押し通す、そんなことばかりやってきた。


だから私の意見なんかゼンゼン聞いてこんかったよ。


私は、ブログ上では何度も書いて恐縮やけど、本当に物心つく前から、博昭・弘子の夫婦喧嘩に悩まされてきた。

ギャーギャーギャーギャー言い合ってぶん殴ったり泣いたり家を飛び出そうとしたり・・・


私はなんとかして、母親である弘子を、狂暴な博昭から救おうとした。

それで十年以上、博昭・弘子の夫婦喧嘩に、私は弘子の味方として、弘子以上に応戦してきた。


それで、弘子は私が権力と戦っても、なんも応援なんかしない。

どんだけ自分勝手やねん。


弘子の言い分はいつも

「お父さんもおばあさんも、お父さんの親戚の人も、私のことをわかってない」

と言うとったけど、私は、素直やから、そんなにお母さんのことを父親の親戚はわかってないのだ、と思って、父親の親族に対して、母親がどんなに辛い目に遭っているのかを話したりもしたよ。小学生時代に。

それで、親族のほうが、まあトムセン喜美子あたりやったと思うけど、

「いや、お母さんのほうもおかしいところがあるんちゃうか?」

と言ったから、それをそのまんま、弘子にぶつけたら、弘子は

「お父さんもおばあさんも、お父さんの親戚の人も、私のことをわかってない」

というのを言うたよ。


・・・・・けど、じゃあ、弘子は私のことをわかろうとしたことはあるのかよ?


フツー親ならば、私がブログに毎日毎日書いていることを知ろうとか思うやろ。

それで、日立製作所に対して問題と言っていることくらい理解せんか?


・・・それでなんで、私が日立製作所を懲戒解雇されて、私はそれを問題として主張しているにもかかわらず、

「あなたが買ってくれた日立製のエアコンがよく効きます」

みたいな文章を書いてこれるねん?


もうイロイロとおかしいよ。


博昭よりも弘子のほうがおかしいと思うに至った経験は、高校の頃にいろいろとあったよ。

たとえば、中3くらいで借金の中、新しい家を建てたんやけど(どうもおばあちゃんの葬式を出すためと、私が結婚した後のことを考えてらしいけど、私は田舎に残るつもりはなかったし、迷惑と思った)、中3にもかかわらず、私の部屋には鍵がついてないし、それどころか隣の部屋とふすまでつながっとるねん。

そんなの、中学生でオナニーもしたいのに、親に隠れてとかできんよなあ。

てか私でなくても、鍵のない部屋ってイヤやろ。

なのに、弘子は、自分勝手な夫婦喧嘩で、2階に上がってきただけでなく、私の部屋に入ろうとするのを察知して、私が


「入るな~~~~!!!!!」

とめちゃくちゃ叫んだにもかかわらず、弘子は鍵がないドアを入ってきたんや。


親やとフツー、我に返って、子供の部屋には入らんやろ。

弘子にはそんな配慮がなかった。


私の部屋にクーラーをつけてくれたのは博昭やし。


弘子は、

「ココ来てみ。涼しいわぁ~!」

とか言うた。


けど、私は、

「オマエがどう思うかワカランけど、私は暑いんや!」

とめっちゃ主張したけど、弘子は理解せんかった。


私は、いまになってわかるけど、ちっちゃい頃のほうが、新陳代謝が盛んなこともあって、中年よりもよほど暑く感じるねん。

夏を一番暑く感じたのは小学生の頃やしなあ。

いまなんて、この夏も、ただの一度もクーラーを使ってない。


けど、私は、弘子みたいに

「ココ来てみ。涼しいわぁ~!」

なんて言わんぞ。


自分はビンボーだしなんとか耐えられるけど、経験も浅いこの子は暑いやろなあ、と思って、ヒトの言い分を聞くぞ。


弘子にとっては、自分に感じられることが全てやったんやなあ。

イワシのホネとかも、

「天ぷらにしたらホリホリになって美味しいから食べてみ」

とか言われたけど、食う気にならんかった。


弘子が作る料理って、野菜にマヨネーズとケチャップで味付けしためちゃくちゃなシロモノで、それをラーメンのどんぶりに山盛りに入れて出されて、とてもじゃないが食う気が起きんかった。

クワムラ食品で買ってこれるレバーだって、いま料理を食うと、スライスしているのが当然やけど、弘子が出すのは、鶏の肺2つに心臓、腎臓なんかが、弘子のヘタクソな醤油と砂糖の味付けで出てきて、見た目もグロテスクやけど、ナントカ食ったら舌がヒリヒリした。


そういえば観劇して、歩が、母親の肉じゃがが好きとか言うところがあったけど、大西弘子が作る肉じゃがは舌がヒリヒリして、今回も”肉じゃが”というキーワードを聞くだけで舌がヒリヒリした。

料理を作っていても、仕事があるからとかいう理屈でスグ出て行って、戻ってきたら焦がしていたとか、もうイロイロとあるなあ。


鶏のモモ肉を焼くんやけど、弘子は自分で味見せんかったから、生焼けで出して、私が切ったら中から血が出てきたなんて何度あったことか。


・・・・・・そういうのも、弘子が自分の本心から謝ってこそ、かわいらしいエピソードになるけど、謝る気がなければ、ナニコノキチガイ?って思うだけやぞ。




そんな経験とか、ほかにもイロイロとあるけど、弘子ほど信用置けん人間はいない。

我ながら恥ずかしい親や。

恥ずかしいからこそ、めちゃくちゃやむなく捨てたんやけど。


けど、こうして、捨てた理由を書くあたり、私も優しいよなあ。





博昭の死に目に会えんのはもう致し方ない。

弘子みたいなキチガイと結婚したのが運の尽きや。

てか小学生時代の私が、弘子の高校時代の写真を見せてもらって、なんでこんなブサイクな・・・と思った。



博昭のほうがまだ比較的顔は整ってはいるんやけどな。

私が博昭よりもブサイクに見えるならば、それは弘子の劣性遺伝を受け継いだモノやと思う。



弘子も、自分の言い分を伝えることばかりに興味があるだけで、私がブログで発信している情報を取ろうとはしてない。

ホンマは弘子なんていますぐにでも殺したいよ。

【ネタバレあり】劇団TEAM-ODAC第25回本公演『毎日が冒険~ねぇ… miss you~』18:30の公演2回目を観てきた。やっぱしんどい。

ストーリーの骨格は、意思の強いヒロコを理解できるかどうかにあるのに、歩が行く怪しいセミナーがハイライトみたいになっとって、散漫になっとる。

先日、「君の名は。」は、いろんな人々が観ていろんな感想を持ったけど、全部、三葉か瀧に自分を投影しとる旨を書いた。

それだけ、瀧が三葉を救えるか、そして瀧と三葉は逢えるのか、瀧と三葉は結ばれるのか、という、ストーリーの軸は、誰のココロの中にもひとつや。


そのストーリーが、この公演でもいくつもあってバラバラで、いろんな意見を持てるもなにも、人々がどのストーリーの視点で観たか、というのがあやふやで、ダメと思う。


概ねいいことを言うとるのに、ストーリー的にダメ、というのは、たとえば、中核派が言っている「ウンドーガ!ウンドーガ!」が、ヒトのココロに響いていないことを観ても明らかと思う。


私は、怪しいセミナーとか合宿とかが、中核派時代のイメージに重なってもた。

合宿なんて、中核派がしでかしたワケちゃうけど、あの"合宿"の雰囲気があとちょっと変わっただけで、連合赤軍浅間山荘における"総括"という名の大量殺人事件を思い出させてもた。

あんなのがラスト近くの盛り上がり場面に来るとか、脚本が明らかにおかしい。

まだ序盤のネタとかやとわかるけど。


暴力でもって恐怖政治下に、いっくらいいことを教えられても、人間ってトラウマに残って人生に活かせんことってよくあるやろ。

人類の失敗から学んでない。


劇団TEAM-ODACの人々も、自分らが一生懸命頑張っているのだから、そしていいことを言っているのだから、きっと観客は理解してくれる!という発想は捨てないと、理解してもらえない。

『毎日が冒険~ねぇ… miss you~』という演目名も、"毎日が冒険"と"ねぇ… miss you"のどちらが言いたいことなのか、ヨウワカラン。

私ならば、"毎日が冒険"の部分はバッサリ捨てて、"ねぇ… miss you"だけでストーリー組み立てるなあ。

観客のウケもそれほど良くないのか、場所と値段の割に埋まってないと思った。


あ、今日は私は13列5番で、自分の列の両端に撮影用のカメラがあった。

私のバカ笑いが入っとるやろ。

私と、ちょうど私の前の列のオッサンがよく笑うとって、劇団がコイツらガヤ要員と思うたんかなあと思った。

ブログの左側の検索ワードに"笠陽一郎"とあったので検索したら、2013年に、セカンドオピニオンで興味持っとった。


笠陽一郎
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/笠陽一郎

笠陽一郎も、セカンドオピニオンという、ひとつの意見だけを聞くのではなく、違う意見を聞くことの必要性を訴えたのは偉いと思う。

けど、精神医学だけの観点から言うとるのが惜しいかなあ。


笠陽一郎と意見が一緒やったのに、変わって、笠陽一郎を批判しとる医師に、内海聡というのがいる。

内海聡 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/内海聡

この内海聡は笠陽一郎以上にキレ者で発明家や。


所属学会

(以下全て脱会)

日本内科学会[1]
日本心療内科学会[1]
日本東洋医学会[1]
日本消化器病学会[1]
日本消化器内視鏡学会[1]


宮本武蔵みたいなトコがあるよなあ。

まあ私も似て見られるかもやけど。


たとえばこんな投稿を見たらわかるよなあ。


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12172674292?__ysp=5YaF5rW36IGh

tukii_1224さん2017/4/621:27:39

彼氏が内海聡医師の信者で困っています。

私は統合失調症を患っています。
病状は主治医との約束を守り、投薬は欠かしたことはないので寛解しております。

そんな私に彼氏ができました。
それは大変嬉しい事だったのですが…。
付き合って1カ月後に「薬を飲むのを止めて」と言われました。
私は統合失調症だから、投薬を止めると発狂して死んでしまうと何度も話しても、「あなたは統合失調症ではなく、食事の乱れからきた症状だ」と言って聞きません。

内海聡医師の本を沢山読んでいる事もその頃聞きました。
内海聡医師の本には「西洋薬には、人を好きになる副作用がある」と書いてあるそうで、私が彼を好きになった理由は、西洋薬を飲んでいるからだと言われています。

食事についても厳しく言われています。
鬱の原因である白米を食べるななど、かなり厳しいです。
だけど一緒に食事をすると、彼は白米を沢山食べます。自分はいいそうです。


確かに、精神医学ってココロを相手にするから、どうやって治すかについて科学的ではなく、特に消化器系について知っとる内海聡から見たら、精神医学なんてのは医学じゃない、というコトになるやろ。


しかし、精神医学のナニがどのようにおかしくなってきたのか、その上でクスリにどう依存しているか、というのを、患者が考えるのは一苦労や。

そんな精神医学の問題よりも、自分の悩みを誰か聞いてくれ!

というのが、患者の思いやろ。

そんな患者の悩みを聞くことなく、極論を主張して、患者を罵倒しているのが内海聡で、患者の悩みを聞き続けとるのが、笠陽一郎なんやろ。

北朝鮮がグアムに侵攻するとあって、そういえば私はつい先日、8/3(木)の築地場外市場の火災の日に、昼間にもヘリコプターがたくさん飛んでいるのを見て、「日本=アメリカ側から北朝鮮に対して軍事作戦が為された!間もなく北朝鮮が反応してなんかやってくる!」と主張しとったけど、その書き込みがピンポイント削除されとる。私の読み大当たりやなあ。

コレは極右のヤツのブログっぽいけど、「リメンバーグアム」というのはリアルに北朝鮮もアメリカも想像して、敢えて沖縄とかじゃなくてグアムにしとると私は見る。



【速報】「リメンバーグアム」のはじまりか? 北朝鮮がグアム攻撃を警告
2017/08/09

North Korea warns of possible strike on Guam
北朝鮮がグアムへの攻撃を警告
http://hakkou-ichiu.com/post-8318/



8月3日の私のブログ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/03/index.html


私は掲題の通りに書いた記憶がある(読んだヤツも多いやろ)のに、記録がない。

主張しているヤツの記録が、当たっていれば当たっているほど削除する、というのが、公安とかアメリカとか、権力がやってくる手や。


ついでに、場外市場の火災も、ヘリコプター作戦の証拠隠滅させるために日本政府が仕込んだんじゃないか?と考えている。



2017.8.12 08:00
【衝撃事件の核心】
焼け落ちた築地場外市場火災 「中華そば」立ち食い老舗の「伝導過熱」は刑事責任問えるか
http://www.sankei.com/affairs/news/170812/afr1708120002-n1.html

東京・築地の築地場外市場商店街で8月3日に発生し、約15時間燃え続けた火災。連日観光客らでにぎわっていた東京を代表する人気の商店街は瞬く間に真っ黒な煙に包まれ、7棟計935平方メートルが焼失した。「火事には一番気をつけていたのに…」。火災への警戒を強めていた商店街で、盲点となっていたのは長年の営業で蓄積した“火だね”だった。(社会部 上田直輝)

(略)

同店は昔ながらの中華そばのみで人気を集めた。朝5時から行列ができる立ち食いラーメン店として有名で、グルメサイトでは高い評価を受けていた。創業は昭和41年という。その一方で、年月をかけて劣化した壁の内部が、炭のように燃えやすい状態になっていた可能性がある。

(略)

実は、同様の火災は、都内だけで毎年10~20件程度発生しているのだという。東京消防庁によると、伝導過熱が原因の火災は平成19~28年の10年間で212件発生。そのうち、半数近くの97件が日常的に長時間の調理を行う飲食店での発生だったが、一般家庭でも一定程度の発生があり、注意が必要という。


そのお店で”伝導過熱”が起きたことにして、ヒトがいない時間を見計らって放火した可能性だってあり得る。

なんだって報道された通りに受け取ったらアカン。

私は舞台の感想を厳しく書くけど、やっぱ自分らでストーリーがいいと思い込んだらアカンと思う。だってたとえばイヤミとかイジメというのは、どんだけ表の意味と逆の意味で相手に向かって言えるか?やねん。

表の意味で如何にいいことを言っていたって、ウラの意味を考え出して、いくらでも人々を攻撃できる。

イジメってそういうモノやろ。

この脚本で完成形、なんて思うたらアカン。


てかそういえば、あのバカのマルクスも、"階級闘争"なんて言って、大多数の人間は上の少数の人間と闘う、なんてウソを教えてきた。

そうじゃなくて、あらゆる政権は、貧乏人を救うことなんて考えず、もっと貧乏人を見つけ出して

「アイツらみたいな行動をしていたら、オマエもああなってまうぞ!」

と言って、人々の間に憎しみを生んできた。


たとえば、"士農工商ー穢多・非人"なんてのはまさにそうやな。

農民がいくら重税に喘いでいても、農民は一揆を起こすのではなく、"穢多・非人"をイジメて差別してきた。

だから、江戸幕府なんて150年くらい前に滅んだのにもかかわらず、人々のほうが、江戸幕府が作り上げた身分差別をいまもって重要なモノと考えて、差別しとる。


やっぱ"階級闘争"じゃないよなあ。

てか中核派のヤツらは、部落解放闘争をどう考えてきたのかなあ。


とにかく、脚本で書かれた言葉でさえも、悪意に演じたら逆の意味を主張できる。

長ったらしい脚本よりも、短くてもいいから、本心からの善意が欲しい。

【ネタバレあり】劇団TEAM-ODAC第25回本公演『毎日が冒険~ねぇ… miss you~』18:30の公演を観てきた。本来は私みたいなのを主人公にしたほうがええハズなんやけど、ストーリーが悶々としていてしんどかった。

この作品

劇団TEAM-ODAC第25回本公演『毎日が冒険~ねぇ… miss you~』

http://teamodac.net/stages/%E5%8A%87%E5%9B%A3team-odac%E7%AC%AC25%E5%9B%9E%E6%9C%AC%E5%85%AC%E6%BC%94%E3%80%8E%E6%AF%8E%E6%97%A5%E3%81%8C%E5%86%92%E9%99%BA%EF%BD%9E%E3%81%AD%E3%81%87-miss-you%EF%BD%9E%E3%80%8F/


は、ようはひとことでいえば、夢を思い描いて、一歩踏み出すことの素晴らしさを描こうとしているんだけれども、脚本が悪くて、描けてない。


この舞台が終わった後に、原案の本をサラッと斜め読みしたけど



新装版 毎日が冒険 単行本 ? 2001/7/1
高橋 歩  (著)
https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88-%E6%AF%8E%E6%97%A5%E3%81%8C%E5%86%92%E9%99%BA-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E6%AD%A9/dp/4921132070



高橋歩自身、夢を持って生きているわけじゃない。

この本はそもそも、夢を持って生きることの素晴らしさを描いたモノじゃなくて、自分で会社を興してカネモチになれたという、成功談を描いたビジネス書やねん。


だから、舞台にするとどうもストーリー構成が悪い。


いや、発想のいくつかを借りるというのはいいと思うよ。

たとえば、大学受験に失敗して、ナニをしたいかワカランときに、カウボーイになりたい!と思ってカネを貯めてアメリカに行って、リアルなカウボーイを見て幻滅して帰ってきたとか、リアルやし、お客さんも、

「ようそこまでやるわ!」

と思うてくれるやろ。

けど、それをいうならば、日立製作所から不当にも懲戒解雇されて、そのままドイツに飛んで1年以上亡命申請で居続けて、ドイツからインターネットで発信して、ドイツの生活なんかも綴っていた私のほうがよっぽど行動力あるやろ。


言い換えると、私の行動力からすると、この作品、ストーリー、はモノ足りんねん。


けっきょく、歩がアメリカから帰ってきてから、なんも夢らしい夢がない。

そんな中、歩と同棲したヒロコのほうが、アメリカで歌が上手くなりたいと思って、歩はそれを理解してくれなくて、つまるところ歩を捨ててアメリカに行ってまうわ、歩は10万円出してヨウワカランセミナーに出て、

”夢を思い描いて、一歩踏み出すことの素晴らしさ”

の字面だけを読経してモノになったのかなってないのかワカランのがあったりと・・・・


・・・いや、そのセミナーで言っていることは事実やねん。

けれども、世の中のあらゆるものごとが、セミナーでスンナリわかって、セミナーで言われた通りにやったら成功する、なんてモンじゃないねん。


そう考えると、この作品では、意思を持つことの大切さを主張しているのに、意思を持つことの大切さを歩がセミナーで学ぶって、おかしいよなあ。

私はこの、原作にあるセミナー自体、怪しいと思う。



だって、人間ホンマに大事なことは、カネを払ったから教えてもらえる、なんていうモノではない。

無償奉仕でいっくら教えたって理解してもらえん、そんな苦闘が日々あってこそ、ようやく人々から理解してもらえる。


”無償奉仕でいっくら教えたって理解してもらえん、そんな苦闘が日々あってこそ、ようやく人々から理解してもらえる。”

って、それをカネにしたものが広告であって、その広告代理店のトップの電通なんて、いまやイロイロと日本の思想統制をしていると思われている。(私だけやないやろ)


とにかく、十夢の出とった舞台にもいえるけど、TEAM-ODACのココ2回くらいの公演は、上演時間は1時間くらい削れるけど、そのぶんストーリーにもっと深みを持たせられんか?

私なんて、セミナーの描写なんてゼンゼン興味なくて、ほとんど寝るか寝ないかやった。

今日は席が10列13番で(安く買ったチケットやから、劇場に行かなワカランかった。けどほぼセンターでいい位置やったぞ)、萌の演技で萌から私は見えるなあと思いながら、めちゃくちゃウトウトしてもた。

だって私は今日までなんと13連勤で、ようやく明日休みやねん。
8月に入って初めての休みな。

まあべつにそれは、カネがもらえる契約がある上での休みというだけであって、人間の生活において、契約があろうがなかろうが重要ってあるよなあ。

その最たるモノは家族やし・・・・・・・・・・いやたとえば自分の配偶者とは”婚姻届”という契約があるから、と言われてまうかもやけど、配偶者になってもらうまでに努力するとか、コレは男女問わずそれなりに多くのヒトに、一番の問題と思ってもらえると思う。


まあしかしフツー考えて、”勝ち組”の階段を踏み外して最低賃金で、誰かを養うとかいう以前に自分が一生生きてくのをどうしたらいいかわからない(・・・というわりには舞台とか宮城とか行っとるけど)私に対して、よほど事情を深く知らな、私のことなんてアウトオブ眼中やわなあ。


てか TEAM-ODAC でもらったチラシに、



日本にはまだ無い、ブロードウェイ。
いっしょに、つくりませんか?



ってあって、実際のブロードウェイの標識を模して”BROADWAY””TEAM-ODAC”って書いとるんやけど、そうするとやっぱ私のことって知らんハズがないと思うよなあ。


私だけでなくて、・・・てか私以前に、TEAM-ODACは、劇団四季とかタカラヅカとかに対して、ケンカ売っとると捉えることもできるんやからなあ。


てか私は劇団四季の”マンマ・ミーア!”とか”キャッツ”とか、AKBを知る以前(2010年ごろ)に観たけど、私は劇団四季に関してはけっこう否定的な感想しか持ってない。


私には、自分らの中で決められた通りにしか演技していない、というようにしか観れんかった。

”マンマ・ミーア!”なんて、ブロードウェイと比較してもゼンゼンやと思った。


やっぱ、ココに出てないけど、裏番組の「バックインミレニアム」に出とる伊達娘(岩田華怜)について書いてまうけど、日本でブロードウェイと同等の演技ができたり、実力が認められたり、したらええよなあ。


私は、伊達娘はいっくら英語が苦手といっても、・・・・・・・いや苦手だからこそ、ブロードウェイの舞台を目指して立つべきであって、それは伊達娘の夢であって然るべきやと思うけど、

また一方、日本の演技を、決められたモノだけじゃなくて、練習してそこで発想して、舞台上で観客だけでなく出演者までをもアッ!と言わせられるような、そんな演技ができて当然ちゃうか?

私はそういうのを想像しとる。


あと、ひとつだけ言うとくと、うめたは演技しとった。

萌は、演技しとったのかもやけど、・・・・・・私があんま評価してないところでアレやけど、腕立て伏せでラクしとったやろ。

けど、その数回の腕立て伏せで敢えて全力パフォーマンスをするかどうか、それだけでも、自分について関心を持ってくれるヒトが出てくるチャンスやねん。

私はAKBの公演で脚の動きを言うけど、腕立て伏せだって、与えられた演技であってさえ、テキトーにやりすごすのか、全力でパフォーマンスするのか、では、イロイロと違ってくると考えている。

・・・てか伊達娘が”夜の特典会は暇すぎてトトロ読んでたwwww”


https://twitter.com/karen0513_/status/895988916846608384



ってのがヨウワカランけど。

今日は早く帰ったけど、そういうところでツッコミ入れるってのはあるなあ。


トトロには後付けで小説もあるわけやけど、コレを読んどったということなんかなあ?


https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E8%AA%AC-%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%AE%AE%E5%B4%8E-%E9%A7%BF/dp/4196695817



パンフ見て思ったけど、中太花梨さんって明石市出身なんか。

てかわかにゃんと誕生日近いなあ・・・・・・と思ったけど、両方とも6月7日馬連・・・・・・・・・もとい、生まれなんやな。

そうか、名取稚菜の”わかな”って名前は、7日生まれにかけたところもあるかなあ、なんて勝手に想像した。

« 2017年8月11日 | トップページ | 2017年8月13日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック