« 中核派が、国際連帯共同行動研究所というのを作ったけど、目的は海外への遊興費をカンパ等で捻出するためやろ。目の前のヒトの問題を解決できない人間が、海外でなにかできるハズがない。 | トップページ | 2017/8/2 AKB48  「サムネイル」公演 ゆきりん生誕 感想 めぐがよく動けるようになった »

2017年8月 2日 (水)

ここ数日いろいろ忙しかったり考えること多くて伊達娘のコメント追えてなかったけど、こあみと共演したり短編映画に出たりするんやな。

コレ

https://twitter.com/karen0513_/status/891656724733546496


小林亜実って私も春にうめたと萌、らぶたんらが出た舞台で、突然酔っぱらってあっちこっちで叫ぶ役をやっていて、なかなか自由に動けとると思った。

先日も十夢の舞台で出とったよなあ。


AKBを卒業したら小林亜実みたいに、まあ派手とはいえんかもやけど地道に活動するってアリかなあと思ったら、もう共演作があるんやな。

世間は狭い。

まあ私の場合はまた公安が来るからアカンかもやけど。


いやしかしそもそも、公安がインターネット上に住所をバラして、それからもあれやこれやと新たな攻撃をしてきていて、今日もひとつ攻撃を見つけたんやけど、いまその攻撃について書いたらダメかなあと思っていまんとこ書かんけど、

まあとにかく公安が表立って出てくる時と、そうではなくてウラの誰かがでてきてボンド攻撃などをしてくるときと、もうそれって周期が一緒やし、そもそも私の住所付近をバラしたのは、ほかでもない公安やねん。

そこはもう徹底的に突く気でいる。


不動産屋もこれまでと違って親身で、私が中核派を抜けた後も、必要な手続きについて全部言うてきてくれとる。

だから、菅野ビルの不動産屋とは違うぞ。

まあ私もあんまスグに不動産屋に相談する気はなくて、政府権力がもっとイロイロとボロを出してきてくれたら、それを証拠にして、


「こんなに地道に働いている私に対して、公安が工作活動をしてきている。それに対して証拠もあるし、私の経歴もある。

なにより、私が2年間地道にやってきたのをあなたも見ているだろう。

小泉から保証しないと言われても、私が誠実にしてきたのを知っている、その私についてウソ八百をインターネットで書いてきて、そのウソ八百を基にして攻撃をしかけてくる。

中核派はそんなのに対して反論をできないヘナチョコ集団である。

森友学園とか加計学園とかの問題で世の中が大問題になるのだから、私に対して5年以上も公安がアレコレと、リアルな私とは切り離した工作活動をしてくることを世の中に堕したら、それこそ大問題になるだろう」

と主張するかなあ。


それで上手くいく保証なんてどこにもないけど。

・・・・けど、保証がどこにもないようなことをするって、それがリアルな”戦い”やと私は考える。


伊達娘についてあんまコメントしてないけど、そんな背景がある。

てか今日それでか、記憶がさだかじゃないけど、父親の博昭のクルマと衝突するだかして、博昭を殺してまう夢を見て、それでハッ!と目覚めたとたんにグラグラと揺れた。

博昭はまだ生きとるのか死んでもとるのかヨウワカラン。

どっちにしろ、生きているうちに博昭に会えるとは思ってない。


弘子は会えるかもやけど、「お母さん」なんて言うことなくて、金属バットでアタマカチ割ったりたいくらいにハラがたつ。


・・・・・・・・・・まあ公安も、攻撃したかったらどんどんやってこいよ。

私だって、イロイロと訴えることはあるよ。


たとえば、いまは職場じゃないけど、テッセイの人々に対して、東京駅に現れて、

「もう公安からイロイロと攻撃されて、リアルに死にそうなんです!」

って訴えることだってできるわなあ。


だって東京駅のテッセイの人々は、私がこんなに攻撃を受けざるを得ないような人間とはゼンゼン思うてこんかったわけや。

そして、公安も、テッセイに火がついたらマズいと思って、テッセイについては一切書いてこんかった。


ギャラリーだっておると思うけど、私がいまも住所とかイロイロとつきまとわれているにもかかわらず、テッセイに勤めていて、東京駅を歩いていたことについては、誰も書いてこんかった。

アタリマエや。

工作員=公安、であって、私が東京駅で車両の清掃をしているとなると、イロイロと問題になると思って、そこは公安がひたすらに隠してきたんや。

そんな経緯なんかも、改めて掘り起こして主張したいなあ。


テッセイに1年9か月いたんやから、まあいまはやめてもたとはいえ、私が瀕死の攻撃を受けているとして、それを東京駅で伝えようとしたら、それをダメとする法律はないやろ。

伊達娘の場合はたまたまストーカー規制法を適用できたけど、不特定多数に対しては適用できんからなあ。


私も、中核派じゃなくて、テッセイの仲間の信頼を得たのは大きいと思う。

いやもちろん、辞めさせられてもたわけやけど、その大西が中核派と訣別して、中核派よりも激しく公安から叩かれているとなると、テッセイのおばちゃんらの格好のウワサの材料になるんちゃうの?


てか2ちゃんのAKB板で伊達娘の話題をしても、私の話題ばっかで(いや出すなよ)、新月なんていっこもないぞ。

岩田華怜、朝日新聞でAKB時代を語る©2ch.net
https://rosie.2ch.net/test/read.cgi/akb/1501597652/l50



そういえばコメント欄に”改造娘”とかdisったコメントがあるけど、伊達娘が公安の言うことを聞かんから、公安が伊達娘のことをいまいましく思ってdisっとる側面はあるやろ。


ホンマに公安との関係が良好ならば、伊達娘がめちゃくちゃ美女とか、行動力があるとか褒められるねん。

関係が良好じゃないから、ついついdisってまう。

公安もそういうところに気をつけろよな。



てか短編映画観るかなあ・・・・・ 舞台は観れんから映画くらい観たらなアカンよなあ。




それとさあ、日本政府としては安倍内閣の改造人事を明日発表して、どうせブーイングを浴びるだけやねん。



1期目の内閣改造もたいして効果なかったんやろ?

けど、それでもそのときは、「ナントナク期待する」という数字がそこそこあったと思うねん。

けど、今回2期目で、やっぱ上手くいってなくて、「ナントナク期待する」という人間はまあ、中核派の支持者よりは多いとは思うけど、共産党の支持者よりも少ないくらいかもなあ。

« 中核派が、国際連帯共同行動研究所というのを作ったけど、目的は海外への遊興費をカンパ等で捻出するためやろ。目の前のヒトの問題を解決できない人間が、海外でなにかできるハズがない。 | トップページ | 2017/8/2 AKB48  「サムネイル」公演 ゆきりん生誕 感想 めぐがよく動けるようになった »

中核派の腐敗」カテゴリの記事

安倍晋三」カテゴリの記事

岩田華怜」カテゴリの記事

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動」カテゴリの記事

日本最大の暴力団組織・警察」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

考察・推理」カテゴリの記事

コメント

〈広島無償化裁判〉不当判決に怒り 司法もアベ化

多々綴ることはあるが、この非人道的な、民族差別として糾弾されるべき、世界的にもありえない不当判決がほとんど注目されないことに怒り。

広島朝鮮学園と卒業生ら110人が原告となり、国に対して就学支援金不支給決定に対する取り消しと適用の義務付け、本来支払われていたはずの支援金の支払いなどを求めた裁判(以下、広島無償化裁判)の判決が7月19日、広島地裁で言い渡された。

地裁は法令としての性格を有しない規程13条(適正な学校運営)を基準に朝鮮学園を不指定にすることは無償化法の委任の範囲内であり適法、平等権を定めた憲法14条に違反しない、本件学校が規程13条に適合するものとは認めるに至らないことを理由として指定しないことは違法ではないとして、原告らの主張を全面的に退けた。


広島無償化裁判は2013年8月1日に広島地裁に提訴して以来、17回の口頭弁論が行われてきた。

他に大阪、愛知、福岡、東京で無償化裁判が行われている中、最も早い判決だった。

朝鮮新報によれば、小西洋裁判長は、広島朝鮮学園と朝鮮、総聯との関係性が「不当な支配に当たらないこと」について十分な確証を得ることができず、就学支援金が授業料に「充当されないことが懸念」されるとした被告(国)の主張を、「根拠となる事実が証拠上認められる」と追認したというが、弁護団の足立修一団長は、「(裁判官は)国の主張をそっくりそのまま引用しただけだ。真実かどうかわからない事実を前提にした判断は、国の主張より悪質極まりない」と強く非難。

2014年に国連人権差別撤廃委員会が日本政府に対して、朝鮮学校に高校無償化制度の適用とともに、地方自治体には補助金再開・維持を要請するよう勧告していると述べ、「今回のような差別意識丸出しの判決が出されては、日本の司法も国連から糾弾されることになるだろう」と警鐘を鳴らした。


また広島朝鮮学園の金英雄理事長は、判決文で子どもたちの学習権が一切触れられていなかったことについて、「裁判官は子どもたちが見えてないのか。朝鮮学校の生徒は空気に等しいのか」と声を震わせながらも、無償化制度から排除されている子どもたちの心の傷を「裁判で勝利して癒してあげたい」と言葉を絞り出した、という。

この日発表された広島朝鮮学園の声明は、「朝鮮学校だけを公的助成制度から排除することは、民族教育の権利を否定するばかりでなく、在日朝鮮人は差別をされて然るべき存在であり、ひいては国の意に沿わないものは差別をしてもよいという風潮を国が煽ることにほかならない」としながら、不当判決に激しい怒りを持って強く抗議し、ただちに控訴し、最後まで闘いつづけると強調した。


いずれ判決文も入手し、引き続き8/28の大阪地裁判決を受けて東京でも集会が開かれるので、自分ももっと詳細に不当性を把握したい。

朝日新聞によれば、判決は、広島朝鮮学園が法令に基づき学校が運営されているかといった無償化の要件を備えているかどうかを検討する上で、朝鮮総連との関係に着目。

過去の報道などを踏まえると、総連による強力な指導が見直されたとはみえないと指摘し、無償化に伴って学園に支給される支援金が適正に使われるかに懸念を示した、という。

そして高校無償化法の趣旨に沿って対象から外した文部科学相の判断に、裁量権の逸脱は認められないと判断した。

「原告側は国は朝鮮学校を無償化の対象とする省令の規定をあえて削除しており、差別的な取り扱いで憲法の平等権に反すると主張したが、判決は退けた。その上で、今回の処分は学園が高校無償化の要件に該当しないことが理由で、民族を理由としたわけではなく、合理的な区別にあたると結論づけた」(朝日新聞)。


労働組合としては、日教組をはじめとする平和フォーラム加盟組織がこの無償化裁判を支援してきた。

しかし民主党政権下で行われたこの差別に対し、連合加盟のほとんどの労組は批判の声をあげなかった。

また文科省の対応も真摯さはほとんど感じられなかった。

メディアの中で社説として取り上げてくれた東京新聞、北海道新聞も、朝鮮総連、朝鮮学校側にも敗訴の責任があるとの主張だ。

日本は往々にして差別が正当化される異様な国であり、司法もその責任の一端を担っている。

とにかく、平和フォーラムの抗議声明だけは熟読したい。

この国は侵略・植民地化も、凄まじいまでの抑圧・差別・収奪・殺りくも、戦後の分断も(本来は日本が分断されて然るべき!)、未だに国交を結ばないことも…一切反省していない。

>広島朝鮮学園声明:不当判決に激しい怒りを持って強く抗議し、勝利の日まで闘い続ける。 
 怒りを持って、この場に立っています。
 広島朝鮮学園はこの4年間、日本国政府という大きな存在を相手に闘ってきました。
 2013年8月1日に提訴し、4年間、17回に及ぶ口頭弁論を経て本日を迎えることとなりました。
 この間、私たちは朝鮮学校の生徒たちだけが高校無償化制度から除外されている現実を怒りと悲しみを持って受け止め、それを必ずや正すことに心血を注いできました。
 世界の子どもたちが享有してしかるべき学習権を冒され、自らのルーツを学ぶという基本的人権を冒されるという国家による差別は多文化共生のための歩みに逆行するものであり、到底容認することはできないものです。
私は本日の広島朝鮮学園および原告生徒らの請求を棄却した広島地方裁判所の判決に強い憤りを覚え、怒りに震えています。決して受け入れられない事実です。
 国や行政が率先して反朝鮮学校・反民族教育の旗頭となり、世の中にはヘイトスピーチ、ヘイトクライムがはびこるような社会が作られようとしています。三権分立がなされた法治国家であり先進国を謳うこの国において、法の下においても朝鮮学校を高校無償化から除外することを是認するとしたら、いったい法律とは何を守るための秩序なのでしょうか。
 人権をないがしろにした法律とはいったい何のために存在するのでしょうか。
 朝鮮学校だけを公的助成制度から排除することは、民族教育の権利を否定するばかりでなく、在日朝鮮人は差別をされて然るべき存在であり、ひいては国の意に沿わないものは差別をしてもよいという風潮を国が煽ることにほかなりません。なぜ自らのルーツを学ぶことがこのような形で否定されなければならないのでしょうか。
 広島朝鮮学園は今回の不当判決に激しい怒りを持って強く抗議します。ただちに控訴し最後まで、勝利のその日まで闘い続けます。
 未来は必ず希望に満ちていると子どもたちに伝えるために、なんびとも学ぶ権利、出自に関係なく堂々と社会で生きていける世界のために闘い続けます。

>朝鮮学校への高校授業料無償化除外は適法との広島地裁判決への抗議声明(平和フォーラム 2017年7月20日) 
http://www.peace-forum.com/houkoku/post-22.html
 昨日、広島朝鮮学園とその生徒らが、2013年2月20日に文部科学省が省令改正をもって授業料無償化(現高等学校等就学支援金制度)の対象から朝鮮学校生徒を除外したことに対して、無償化の指定と国家賠償を求めた訴訟で、広島地裁(小西洋裁判長)は、原告の訴えをすべて却下する判決を下した。歴史的過程の中で日本での生活を余儀なくされた在日韓国・朝鮮人の子どもたちに、当然の権利として与えられている民族教育の権利を侵害する不当判決は、彼・彼女らと共に日本社会における広範な人権確立のためにとりくんできた平和フォーラムとして、到底受け入れられない。断固抗議する。
 判決は、日本と朝鮮民主主義人民共和国との間には国交がなく「高等学校の課程に類する課程」という支給要件を証明できないとして、支給しないことは不合理な差別には該当しないとしている。しかし、長期にわたって国交なき状況を放置してきたことは、日本政府の政治的不作為に他ならず、日本に生きる在日韓国・朝鮮人の子どもたちの責任ではない。そのことによって引き起こされる著しい差別を、容認する理由にはならない。また、支援金が流用される恐れがあるとした国側の主張は、それ自体予断と偏見によるものでしかない。「根拠となる事実が証拠上認められる」との判決は、国の主張を無批判に受け入れるもので、司法の独立した判断とは到底言いがたい。また判決は「除外によって教育を受ける権利は何ら制限されない」としてるが、現下の経済的状況を考えるならば、授業料の無償化から除外されても何ら制限されないなどということはありえない。無償でなくても制限されないならば、無償化そのものの必要性も問われるではないか。
 2013年5月に出された、国連社会権規約委員会における日本の第3回定期報告に関する最終見解は、「委員会は、締約国の公立高校授業料無償制・高等学校等就学支援金制度から朝鮮学校が排除されており、そのことが差別を構成していることに懸念を表明する」(外務省仮訳)とし、無償化制度から朝鮮高校のみを除外していることを差別と断罪している。国連人種差別撤廃委員会は、2014年8月の総括所見において、同様の主張を行っている。国連の「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」(社会権規約)は、「この規約の締約国は、教育についてのすべての者の権利を認める」(外務省訳)とし、教育の役割とその権利、締約国の義務を記載している。日本が、この規約を批准し締結していることを、広島地裁は真剣に考えるべきだ。朝鮮高校に通う生徒ひとり一人に、この判決をどのように説明するのか。ひとり一人の権利に、どう応えるのか。広島地裁は、そのことを真剣に考えているのか。とてもそうは思えない。単に日本政府の方針に追従したのだとしたら、これは司法によるマイノリティーに対する重大なヘイトクライムと言える。広島地裁に対して猛省を促し、高裁は追従することなく公正な判断を下すことを心から要請する。
 少子高齢化の中にあって、日本社会は移民政策を検討すべき時に来ているとの指摘がある。外国人労働者は、増加こそすれ少なくなることは考えられない。地方都市の中には、真剣に「多文化共生」の町づくりにとりくむところもある。しかし、日本政府は、戦前・戦後を通じて長きにわたって日本社会で生きてきた在日韓国・朝鮮人とさえ、共生社会をつくることができないでいる。民族学校の立ち上げに始まって、大学進学をめざした高校卒業資格の問題、通学定期適用の問題、外国人登録制度の指紋押捺の問題、そして授業料無償化適用の問題。その都度当事者が声を上げ闘わなければ権利が認められない日本とは何なのだろうか。日本政府のこのような姿勢が、ヘイトスピーチを生み、心ない差別を生んでいる。平和フォーラムは、日本社会の貧困な権利意識を排除し、多文化・多民族共生社会実現に向けて、そして、そのために朝鮮学校への授業料無償化適用を求めて、最後まで闘い抜く。(フォーラム平和・人権・環境 代表 藤本泰成)

>【社説】朝鮮学校無償化 子の救済は大人の責任(東京新聞 2017年7月21日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017072102000147.html
 いわば大人の都合で、子どもの学びの機会に格差が生じるのは残念でならない。広島地裁は、朝鮮学校を高校無償化の対象から外した国の処分を適法と判決した。大人の責任で実現せねばならない。
 広島朝鮮高級学校を運営する広島朝鮮学園と卒業生らが、処分の取り消しや損害賠償を国に求めた裁判だ。判決は、国側の主張を認め、原告側の全面敗訴となった。
 東京、名古屋、大阪など全国五カ所で係争中の同種訴訟で初めての判決だった。原告側は、司法が恣意(しい)的な行政判断に追随したことは民族差別を助長すると反発し、控訴する考えだ。
 高校無償化制度は、民主党政権の目玉政策として二〇一〇年に導入された。現行では一定の収入に満たない家庭の高校生に対し、就学支援金が支給されている。
 学校教育法上、各種学校とされる外国人学校は文部科学相の指定を受ける必要がある。だが、自民党政権に交代してから、朝鮮学校は制度の対象から除外された。
 問題の根っこは、子どもに代わって学校側が就学支援金を受け取る代理受領の仕組みにあろう。
 朝鮮学校は、北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の影響下にあり、無償化の資金が授業料に充てられないことが懸念されると、国側は主張していた。
 とはいえ、無償化制度の理念は、学校運営そのものの支援ではない。すべての高校生が家庭の収入にかかわらず、学ぶ機会に等しくアクセスできるよう、社会全体で負担を分かち合うことである。
 その理念を重視し、責任のない卒業生らの救済に動こうとした形跡は、広島地裁の判断からは読み取れなかった。国側と学校側との相互不信の谷間に、個々の子どもが落ち込んでいるように見える。
 高校に当たる高級部では、日本で生まれ育った千三百人余りが学んでいる。日本の大学の多くは、卒業生に受験資格を認めている。国側はこうした現実を踏まえ、就学支援金が確実に授業料に使われる仕組みを勘考できないものか。
 北朝鮮は核やミサイルを開発し、日本人拉致問題の解決には後ろ向きだ。朝鮮総連を含め、国民が注ぐまなざしは厳しい。
 本来、子どもの教育に政治的、外交的な問題を絡めるべきではない。だが、朝鮮学校の教育内容や財務、人事といった運営を巡る疑念が晴れない限り、税金投入に国民の理解は得られにくい。子どもの学ぶ権利の救済、機会の保障はもちろん、大人の責任である。

>「朝鮮学校」判決 解決の糸口探る努力を(北海道新聞社説 2017/07/21)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0116537.html
 国側の主張を全面的に認める判決だった。
 高校無償化法の適用を巡り、国が朝鮮高級学校を対象外としたことの是非を問う裁判で、広島地裁は「国の裁量範囲を逸脱したとはいえない」とし、原告である広島朝鮮学校側の訴えを退けた。
 全国五つの同種の訴訟で初めて示された判断である。
 国は「朝鮮学校は北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の影響下にあり、無償化の資金が授業料に充てられない懸念がある」と主張していた。
 しかし、無償化の目的は、日本に暮らす全ての子どもの教育費を軽減し学習機会を保障することにある。制度の趣旨に照らせば、今回の判断には疑問が残る。
 判決は「学校の運営が適正に行われない恐れがある」との国の主張を追認し、「無償化の対象外となったのは、支給要件に該当しないため」と結論付けた。
 「民族教育を受ける権利を含む学習権や、憲法上の平等権の侵害」といった学校側の問いかけに正面から答えたとは言い難い。
 高校無償化法は、旧民主党政権下の2010年度に施行された。
 朝鮮学校への適用を巡っては、拉致問題などを理由に当初から賛否が分かれ、結局、自民党政権に交代した13年、文部科学省は適用除外とした。
 朝鮮高級学校は生徒が民族のルーツや言葉を学ぶ場という側面を持つ。札幌を含め全国10校あり、在籍者は1300人を超す。韓国籍の生徒も多い。
 現在も未来も日本社会でともに暮らす隣人である。
 教育支援の枠外に放置していいはずがない。
 排外主義やヘイトスピーチを助長する恐れもある。
 1989年に民族的少数者の学びを保障する「子どもの権利条約」が採択されて以降、高体連出場を認めたり、大学を受験しやすくするなど、多くの分野で朝鮮学校への垣根は下げられてきた。
 無償化の適用除外は、こうした流れにも逆行する。政府は制度の理念を踏まえ、見直すべきだ。
 無償化の支援は個々の生徒に対して行われるが、学校が代理で受け取ることになっている。
 公費による助成であるからには、使途の透明性を確保するため、情報公開に努めるのは当然だ。朝鮮学校も例外ではない。
 これ以上生徒が不利益を受けぬよう、国、朝鮮学校双方が解決に向けて努力してもらいたい。

江戸川区松島4-11ボンド事件

ボンド予告

扉破壊

窓ガラス破壊

スプレー攻撃

ペンキぶっかけ

室内侵入の上、金属バットで破壊

現実に曝されて、自身の脳内幻影が崩壊していくのを怖れるが故に、
自身を完全拒絶してきた"彼女"にしがみつく大西秀宜君。

https://pbs.twimg.com/media/DGGSGkKV0AAWUfX.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DGGSIviUMAAW2KW.jpg

画像化された記事を読むと解るが、君はどんどん取り残され、化石化していくね( ´,_ゝ`)プッ
対して、"彼女"は自らの道を進んでいるようだ。

リンク先のスレには、スキャンダルジャーナリズム狂信者が多くいて、"彼女"に対する妄言を吐いているが、所詮は一山いくらの名無しに過ぎんから吐いても無意味だがな(嘲笑)

おいカス!ちょいちょい仕事してるアピールするけどそんな事より手取り二十万貰ってんだろ?週何回出番で休みは月何日あるのか教えろや!
最近ママは仕送りくれないからまたママの悪口書いていくのか?ホントクズだな発達障害者!

なんかいじめられっ子が

〇〇に言いつけるぞ!

って言ってるだけの様に見えた
まぁオワコンだねおーにっちゃん

岩田のツイート見れないなら無理して執着しなくていいから早く離れてくれ

朝鮮人は大韓航空機を爆破、墜落させました。
朝鮮人は今度はICBMを発射しました。
朝鮮人は今度は日本を核攻撃しようとしています。
朝鮮人はエールフランス機を撃墜しようとしています。
皆さん、注意しましょう。

公安警察よ。
大西と朝鮮人は早いとこ処分しろよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/71311692

この記事へのトラックバック一覧です: ここ数日いろいろ忙しかったり考えること多くて伊達娘のコメント追えてなかったけど、こあみと共演したり短編映画に出たりするんやな。 :

« 中核派が、国際連帯共同行動研究所というのを作ったけど、目的は海外への遊興費をカンパ等で捻出するためやろ。目の前のヒトの問題を解決できない人間が、海外でなにかできるハズがない。 | トップページ | 2017/8/2 AKB48  「サムネイル」公演 ゆきりん生誕 感想 めぐがよく動けるようになった »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック