« うめたの舞台行かんかった。始まって1時間で入ってくるとか、まあ12期くらいならばアリかもやけど、うめたは舞台があることを知らんくらいにしかチェックしてなかったから、仕方ないよなあ。・・・からの、政治的に思うことなど・・・からの、小湊鉄道 | トップページ | 寝過ごしてまた神奈川県・・・ »

2017年9月10日 (日)

うめたの舞台行かんかった。始まって1時間で入ってくるとか、まあ12期くらいならばアリかもやけど、うめたは舞台があることを知らんくらいにしかチェックしてなかったから、仕方ないよなあ。・・・からの、政治的に思うことなど・・・からの、小湊鉄道

それで、昨日の切符もあるし、内房線に向けて移動中。

しかも久々にグリーン車。

やっぱり2階だての列車とか、プラスアルファでも乗れるならば乗りたいよなあ。


時間をチェックしたら、木更津往復して、五井から上総牛久往復するのはできる。

しかしかも五井で降りて、この時間からやけど、小湊鉄道を行ったり来たりすることだってできる。


・・・てか私、最近仕事が拘束時間ハードめなのに入れられるようになったよなあ。

派遣やから、日々違って、毎日違うヒトに当たるんやけど、いろんな経験を積んできて、いい意味でもそうでない意味でもプライドがあるヒトの言うことに、自分を押し殺して全部従う、って、僧侶の修行よりもハードやと思うぞ。

そのハードな仕事を、私は頑張ってやってみせる。

ハードだからこそ、中核派みたいに仲間うちでぬくぬくしているんじゃなくて、ハードな労働をしている人々の悩みを、実体験として理解できる。

飲みの席で動労水戸のバカどもから、「それは理想論だ!」とか言われたけど、私はものすごく具体的なことを言っている。

動労水戸こそ、常磐線延伸反対とか、どうでもいい闘争をしている。


常磐線延伸反対って、全く主張の中身が見えん。

いや被曝労働反対はわかるけど、たとえば被曝労働をしているヒトに直接会って、「オマエらは殺人鬼だ!」とかコテンパンに言われて、そこでどう返答するか考える、その先に革命がある。

コテンパンに言われたことは無視して、言いたいことだけ言うとるヤツらに、正義なんてない。


てか今年カナダ建国150年と聞いて、改めて、赤毛のアンにたびたび政治の話題が出る理由がわかった気がした。

だって赤毛のアンが書かれたって、カナダ建国からまだ39年とかなんやし、モンゴメリも、そもそも赤毛のアンをどこかに持ってって蹴られたから、やむなく寝かせていて、モンゴメリ自身自分が書いたことさえ忘れるくらい経って、改めて読み返したら、ボロボロ泣いてもて、やっぱコレはいい作品や!と思って、ペイジ社に持ちこんで、ようやく理解された。


・・・上の人間が誤った判断をすることなんていっくらでもある。

だから、アイドルのオーディションみたいに、落選してもトライし続ける、というのは大事やねん。

けど、ヒトってどうしても、上のヒトは正しい判断をするモノと思いたいよなあ。

それがちゃうんやけどなあ。


けっきょくグリーン車を捨てて、今日もまた小湊鉄道を行き来することにした。

旧型の車両やから、運転士がブレーキを操作しても、空気が溜まっているかどうかで効き具合が違っていて、職人技やと思うとる。

・・・せっかくグリーン車に乗ったのに、グリーン車から景色を楽しむことなく、五井に着いてもて、いま小湊鉄道に乗っとる。

五井駅のニューデイズにはアサヒの生ビールのサーバがあって、たぶん380円くらいでやってくれた。

もうゼッタイに小湊鉄道のお客さん用やろ。

まあいま私も飲んどるけどな。

« うめたの舞台行かんかった。始まって1時間で入ってくるとか、まあ12期くらいならばアリかもやけど、うめたは舞台があることを知らんくらいにしかチェックしてなかったから、仕方ないよなあ。・・・からの、政治的に思うことなど・・・からの、小湊鉄道 | トップページ | 寝過ごしてまた神奈川県・・・ »

AKB48」カテゴリの記事

マルクス主義を粉砕する」カテゴリの記事

世界の真の平和に向けて」カテゴリの記事

中核派の腐敗」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

考察・推理」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

おいおい、もう酔っ払って同じの2回も投稿してんのかよwww
ストレス溜まってるのか、そうかそうか。
吉原案内してやるぞ。

ネットで「コウアンガ コウアンガ ウアァー」と言っていないで国家賠償訴訟やれば
勝ち目ゼロだけどね
だって岩田華怜が大西秀宜変質者を気持ち悪がって警察に相談したのだから

結局、ヒデブは口だけでしょ
中核派はリアルで活動しているけど、ヒデブは口だけ

ハッハッハ

底辺低脳労働者はそんなもんだw

まあでも、懲戒解雇になりながらもギリギリ仕事が出来ているので、
医師や年金機構、障がい者手帳でいえば、大西ヒデノリは精神障害三級といったところだな。

このまま鬱になり体が動かなくなったら合算で二級相当だろうな。

オマエの場合、全身に奇形がありそうだから、内臓にも奇形があるだろうし、生きて50代だろうな。

血管の奇形もあるだろうし、40過ぎるとあっという間に全身にガタがきて脳内出血で死亡ってところかな。

それは今夜かもしれないしねw

>派遣だから自分で作業時間も手順も決められんのが、めんどくさいなあ。

おいカス!派遣とか関係ねぇよ!お前のしてる仕事内容がそうなだけだろうが!
お前って仕事の事なんも知らないんだな、まともに仕事してねぇだろ?した事もねぇだろ?
発達障害者として障害者枠で仕事してんだろ?
発達障害者のクズ人間がよ!お前って生きてる価値あんの?

糖尿病おっさん、ビール飲んでいるんだ
早く足切断することになるといいね
足切断ならナマポ貰えるでしょ

親切な人が8月15日にコメント欄で教えてくれてただろ!
記憶力が無いか、読んでないだなw


舞台出演のお知らせ
テーマ:お知らせ
2017-08-14 23:03:59
オリジナル朗読劇『思い出はコンビーフに乗せて』

■場所:
STUDIOユーキース 
東京都中央区八丁堀2丁目1-9 川名第二ビルB1
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅 A5出口から約4分
都営地下鉄浅草線 宝町駅 A8出口から約3分

■公演日程
2017年 9月
9日(土)12:00~ 15:00~ 18:00~
10日(日)12:00~ 15:00~ 18:00~
(各回、開演の20分前に開場)

■チケット料金
前売り4000円 当日4500円
(特典付き)
特典1:出演者全員のサイン付き集合写真(毎回違う写真です)
特典2:キャストと一緒に朗読劇体験!
※終演後、チェキ撮影会を行います。

■チケット発売
8月19日(土)12:00より予約販売開始
https://ticket.corich.jp/apply/85455/003/

■出演者
梅田綾乃
永澤菜教(ちびまる子ちゃん・ブー太郎など)
けんちゃん
他近日発表

■スタンド花の取扱いについて
本公演ではスペースの都合上スタンド花、アレンジ花の受け取ることはできないため、花束などの持ち帰ることができるもののみ受付しています。ご注意ください。

■スタッフ
作・演出:宮田健吾
プロデューサー:田中優樹
主催:ユーキース・エンタテインメント

9月9日10日に朗読劇に
出させていただきます。
朗読劇久しぶり〜。

朗読劇いつも噛み噛みだから
気をつけます笑
皆様のご来場心よりお待ちしてます。
★公式Twitter★@ayanoumeta0320

★舞台★
『初恋ちゃちゃちゃランド2』
【劇場】座・高円寺2
【スケジュール】
2017年9月
5(火)19:00
6(水)19:00
チケット予約はこちら→https://ticketpay.jp/booking/?event_id=9524
朗読劇『思い出はコンビーフに乗せて』
【劇場】STUDIOユーキース
【スケジュール】
2017年9月
9日(土)12:00、15:00、18:00
10日(日)12:00、15:00、18:00
チケット発売は8月19日12時より予約販売開始
→https://ticket.corich.jp/apply/85455/003/
投稿: | 2017年8月15日 (火) 08時39分

現実があまりにも悲惨だから

AKBと通じ合っていると妄想を見ないと

精神を保護出来ないよなあ

アスペルガー親子のペルノブさん

生活保護を受けているのに、グリーン車や観劇していいご身分ですね。
生活保護がバレてないと思っているようですが、とっくの昔にバレています。
お前の仕事はハードじゃないだろう。
ハードな仕事は人の命に関わる仕事や時間内に終わらせないといけないの仕事がハードな仕事になる。
お前の仕事内容は楽な仕事。
人間は楽な仕事が一番好き。
ハードな仕事ほど、責任感は他の仕事より強く、達成感も他の仕事よりも高い。
こんな仕事はハローワークや仕事情報雑誌には載ってない。
勤務の時間や場所・内容が他に漏れないようになっている。
そういった仕事がハードな仕事と呼べるもの。
ハード仕事かどうか調べてあげるから、給与明細書を見せてみろよ。
そしたら調べて、ハード仕事かどうかを教えてあげるから。

岩田華怜が小湊鉄道の駅で撮影したからまたうろついてきているのか

岩田華怜のイベント出入り禁止だからDVD撮影したところをうろついているのか
うろつきながら岩田のことを妄想しているのか
気持ち悪い

祐天寺も栗原もそう 気持ち悪い

異常だな 岩田への執着 ストーカー規制法には抵触しないが

鉄道オタクの人らのことはよく知らないが、乗り鉄と言われる鉄道オタクの人ならいろいろな路線の鉄道車両に乗りたいと思うのだろうな。
これが何度も小湊鉄道の車両に乗りに行っているのは岩田に妄想するためだろうな。
また岩田にストーカーやる虞は低くないだろう。
反省なんかしていないし。

おーにっちゃん、お仕事お疲れさまです。吉野です。

おーにっちゃんは、行動派だね。うごけとるよ。仕事終わって、神奈川から千葉まできて、小湊鉄道まで乗るとは、僕は、考えつかなかった。僕の完敗です。

そんなこと、どうでもいいんです。

でもね、人生の変態、もとい、先輩として言わせていただく。
また、通勤電車で飲み食いしてるのかな?グリーン車だったら、いいけどロングシートのところは、遠慮した方がいいと思うよ。

まぁ、回りに人がいなければいいと思いますけど。まぁ、どうでもいいです。

今夜は、何、食べてるのかな?
あんまり、飲み過ぎてうんこ漏らさないようにね!吉野でした。

偏執狂というか、
小湊鐵道が気に入ったらそればっかり。。。
怖すぎるw岩田嬢も可哀想に、、、
こういう輩、社会から排除する術ってないのかね。

小学生の息子が、夏休みの自由研究のテーマを「ホモの肛門は激臭」にしたいと言い出しました。
私は、工作や昆虫採集など、もっと簡単なテーマを選んだらどうかと提案しましたが
息子の意思は固く、一緒にホモの人を探すことになりました。
ホモの人が集まるという二丁目のサウナに行ってみましたが、子連れでは完全に場違いであり、
入店も拒否されてしまいました。そのため、ハッテン行為が行われているという
深夜の公園にホモの人を探しに行きました。
すると、ホモと思われる人達を見つけることができましたが、私が「息子に肛門の臭いを嗅がせてあげて欲しい」と
怪訝な顔をして立ち去ったり、怒り出してしまったりしました。
しかし、中には息子という言葉をチンポと勘違いしたのか、喜んでズボンを下ろして四つん這いになって
くれる方もおり、すかさず息子を連れて行き、肛門を嗅がせました。
何人かの肛門を嗅ぐことに成功した後、息子に「どうだった?」と聞いたところ、
「確かに臭いけど、お尻が臭いのは普通のことだから、よくわからない。」と言いました。
その辺りで、私は怒ったホモの人達に捕まってしまい、ズボンを下ろされて掘られてしまいました。
その最中も、息子はノートに嗅いだ肛門の感想を書いていました。
その後、私はホモセックスに目覚めてしまい、妻とは離婚。息子とも月一回しか会うことが
出来なくなりましたが、息子に会う度に「ホモの肛門は激臭」の自由研究で、
優秀賞を取った息子を誇らしく思うのです。

吉野委員長へ

もとい

の用い方が神だなと思いました。さすがmoto gp もとい、元上司ですね。
あれ、僕はぜんぜんダメだなあ。

そんなことどうでもいいんですけど

給料入った

すぐに無駄使い開始

それもう、自閉症スペクトラムの、注意欠陥多動性障害やないかいw

注意欠陥多動を躁病と誤診されちゃったんやろなあ。

あのなあ、ヒデブ

中年以降になり注意欠陥多動の症状が強くで始めることがあるらしいぞ。
それは厚生労働省としても公式見解としているそうだ。
先天性のものだけど、加齢で悪化するという事だ。

ヒデブは精神障害の総合商社な訳だけど、注意欠陥多動の症状が社会生活に害を成すほど悪化した事により懲戒解雇の要因になったと思うんだわ。

借金抱えてたから、産業医が休職を進めるも、給付金が同じ病名では一年半という期限があり、躁鬱病ですでに使いきっており、これ以上の休職は火だるまになるから意地でも休職できなかったmんだよな?

懲戒解雇になり、一番困ったのは借金の返済で、それで慌ててドイツへトンズラしたっていうのが実際のところじゃないか?まあ、あの頃の記憶は妄想加工が進んでしまい、現実の事など記憶にないだろうが。

もしも治療をしていないなら、ちゃんと治療しろよ。
それと、躁鬱病の薬が処方されていた時期があるそうだが、その時期に自分を客観視できたなんて記憶ないか?

そんな情報を得てきたぞ。

もっともっと仕事を入れられて、大西"夢見る駄々っ子"秀宜君は遊興など一切出来なくなってしまえ~WWWWW


>うめたの舞台行かんかった。始まって1時間で入ってくるとか、
>まあ12期くらいならばアリかもやけど、
>うめたは舞台があることを知らんくらいにしか
>チェックしてなかったから、仕方ないよなあ。


負け惜しみはその位にしておけ( ´_つ`)ホルース


>・・・てか私、最近仕事が拘束時間ハードめなのに入れられるようになったよなあ。

HAHAHA!!【現実】の力はこんなもんではないぞよ(^。^)y-.。o○
まだまだ【現実】の猛攻は始まったばかりなんだ。簡単に音を上げてもらっては困るね。

>派遣やから、日々違って、毎日違うヒトに当たるんやけど、
>いろんな経験を積んできて、
>いい意味でもそうでない意味でもプライドがあるヒトの言うことに、
>自分を押し殺して全部従う、って、僧侶の修行よりもハードやと思うぞ。

>そのハードな仕事を、私は頑張ってやってみせる。

それが【現実】ってやつなんだよ。大西"脳内幻影狂信者"秀宜君は、
困ると駄々こねて泣き喚いていたから理解できなかっただけでな(嘲笑)


>ハードだからこそ、中核派みたいに仲間うちでぬくぬくしているんじゃなくて、
>ハードな労働をしている人々の悩みを、実体験として理解できる。

その位で"ハードな労働"とか( ´,_ゝ`)プッ
何の職に就いたか知らんが、君に出来る仕事は多くないからね。

>飲みの席で動労水戸のバカどもから、
>「それは理想論だ!」とか言われたけど、
>私はものすごく具体的なことを言っている。


KKPL製脳内幻影を"具体的"なんて言われてもな~(わらわらり~ん)
動労残党から喝破(かっぱ)されたからって駄々こねるな。無能モブよ。


>動労水戸こそ、常磐線延伸反対とか、どうでもいい闘争をしている。
>常磐線延伸反対って、全く主張の中身が見えん。

なんで延伸したら駄目なのか極左から君は聞いているかい?

長い銃(ライフルとかだな)でも伸縮銃床ってのは今じゃ普通なんだが。


米軍制式のM4小銃はその解りやすい事例だが、
PDW(個人防衛用火器)や機関拳銃などにもあるぞ。


鉄道路線を伸ばすのはそれが必要だからだろ。違うならこうした銃床同様、縮める筈だ。
不思議な奴らだ。極左ってのは。有用か無用かを述べ、
なぜ無用なのかを事情を知らぬ者たちにも解るよう説明できないのだろうか?(藁)


>いや被曝労働反対はわかるけど、たとえば被曝労働をしているヒトに直接会って、
>「オマエらは殺人鬼だ!」とかコテンパンに言われて、
>そこでどう返答するか考える、その先に革命がある。


当該労働者はどこで"被曝"したってんだ?


この間飛ばされた北朝鮮ミサイルがダーティ・ボムだったとか?

・・・いや待て。そんなはずないな。追加のJアラートは来てない。
また、放射脳与太話を鵜呑みにしているのかよ。君は(一笑一笑)

http://blogs.bizmakoto.jp/kaimai_mizuhiro/entry/4790.html

このリンク先記事(124個ある)を全部読んで、君は「放射脳」を治療しろW

>コテンパンに言われたことは無視して、言いたいことだけ言うとるヤツらに、正義なんてない。

つ【鏡】
自己紹介などしなくていい。ギャラリー・ヲチャー諸氏には解っていることだから(可笑可笑)

>けっきょくグリーン車を捨てて、今日もまた小湊鉄道を行き来することにした。

"捨てて"?違うだろ。正しくは『乗っていられなかった』だろうが。

>旧型の車両やから、運転士がブレーキを操作しても、
>空気が溜まっているかどうかで効き具合が違っていて、職人技やと思うとる。


それで増大する都市部の輸送需要に応えられるかな?優秀な人員は多くないから。
これは大西"「彼の敵は彼自身」状態"秀宜君が嫌いな【現実】である。


本数が増えれば、列車の自動化ないし無人運転は不可避なんだぞ。
復活など有り得ない鍛冶屋線の幻影にいつまで縋っているんだ。脳内幻影使いよ。


>・・・せっかくグリーン車に乗ったのに、グリーン車から景色を楽しむことなく、
>五井に着いてもて、いま小湊鉄道に乗っとる。


どうせ、座席ではなく連結部やドア近辺にでも居たんだろ。
正規の料金払わずに乗りたかったから。


大西"超自己中略奪者"秀宜君は
過去に「山手線グルグル」でOver/under探しをした際、
『キセル疑惑』を持たれている。
過去がそうなら現在もやっているんじゃ?と判断されても仕方ない。


あるいはそこまでの運賃しか払えなかった(切符が買えなかった)のだろうね(藁)

>五井駅のニューデイズにはアサヒの生ビールのサーバがあって、たぶん380円くらいでやってくれた。
>もうゼッタイに小湊鉄道のお客さん用やろ。
>まあいま私も飲んどるけどな。

そしてこの流れで深酒し、誤魔化すために戯けた言い訳と回避策をかまして、
勤め先から叩き出されるとWWWWWW

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うめたの舞台行かんかった。始まって1時間で入ってくるとか、まあ12期くらいならばアリかもやけど、うめたは舞台があることを知らんくらいにしかチェックしてなかったから、仕方ないよなあ。・・・からの、政治的に思うことなど・・・からの、小湊鉄道 | トップページ | 寝過ごしてまた神奈川県・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー