« 2017年10月18日 | トップページ | 2017年10月20日 »

2017年10月19日

2017年10月19日 (木)

今日は寒いし寝るぞ

疲れもたまるしなあ。

最近雨ばっかやし。

2017/10/19の、秋葉原駅前での立憲民主党、主に枝野幸男の街頭演説を聞いていて思ったこと。

どういう順番で言っていたか忘れたけれども。


安倍政権の下を含めて、本当にいま必要とされているのは、介護士であり、保育士なのに、ヒトが集まらない状態になっている。

本当ならば、経済学的にいっても、需要と供給のバランスが取れるはずなのに、どうして取れないのか。

需要と供給のバランスが取れないような政治をしているからだ。(そうだ!の声多数)


勝ち組だと思っている人々も、自分たちはいつも働けるわけではない。

何らかの場合で負け組になったり、働けなくなったりすることもある。病気にもなるし老人にもなる。

そんなときに、”助け合い”の精神があるのが人間だ。

なのに競争社会とかいって”助け合い”の精神がなくなっている。(そうだ!の声多数)


私も思い返せば、妊婦さんも、じいさんばあさんも、病気の人々も、昔は”助け合い”の精神で生きてきた。

なのにいまは、極限のところまで働かされて、”助け合い”の精神まで金融商品として”〇〇保険”になってしまっている。

保険なんて、もともとも”助け合い”の精神があれば、不要やねん。

私は金融商品がなんちゃらなんていう、経済学なんて信じてないけど、枝野幸男が経済学を信じていたっていい。

その経済学を立憲民主党政権下でとことん突き詰めて、うまくいけばそれでいいし、うまくいかなければ、やっぱ経済ってもっと根本的に違うんだよ、と私は言うまでや。


てかそういう意味では、立憲民主党が仮に政権を取ったとして、増えすぎた国債をどう減らすのか、という課題に直面するなあ。

まあ政権の人々以外全員、”増えすぎた国債”についてノーアイデア、というのも問題と思うけど。


・・・・まあ、私の意見のほうが長くなった。


それと、いま働く人々のうちで非正規が4割、と、枝野幸男はいっていた。

もうそんな状態までいってしまって、職場の中の4割が非正規になっているのに、ストライキなんて言っていたら、それは違うなあ、と私は思った。

・・・いや、中核派でも非正規だって闘うというテイにしているけれども、いや非正規も闘って悪いわけではないけれども、非正規がストライキ闘争をするというのはなんか釈然としない。

いや正規でも釈然としないけど。

やっぱ、私は、働いている者だからこそ、いまココにこういう問題があって、それは上司のほうから決めてきたこと自体に違反する、という主張にしたほうが、ストライキ闘争よりもよっぽど威力があると思う。

そういう意味では、”立憲主義”というのは、スジとしては悪くない。


実は憲法は、会社の中にだってある。

労働基準法も本来は経営者側に規律を持たせる憲法だけれども、それは政治家と行政との癒着で骨抜きになっとる。


会社が世の中に対して出している、宣伝だとか品質保証だとか、コンプライアンス体制だとか、そんなのも全部、本来は会社に規律を持たせる憲法たる意味を持つ。

それはまあいえば、私が問題視した、プライバシーマークをはじめとした、ナントカマークとかにも、全部及ぶ。


そんなマークをつけるということは、そんな憲法を守っているのだ、なんてみんな思ってしまうけれども、全く守ってないのが実態や。


だいたい警視庁公安部が憲法に違反して、私に対してあらゆる工作活動をしてきていることを見ても、日本において”立憲主義”なんてのは全く機能してない。


枝野幸男も、サービス残業を見逃しているのは、政治がちゃんと仕事してないからだ、と言い切った。

だからか、自分も政治家として見過ごしてしまったところがある、みたいなことも言っていたけど、とにかく、小池百合子から選別されたことで、逆に火がついたように思った。


枝野幸男が言ったことと、私の感想がごちゃ混ぜになっているけど、それだけイロイロと考えられたということや。


枝野幸男はええこと言うとる。

まあ私も枝野幸男よりも共産主義者やから、たまに、それはどうかなあ?と思うこともあったけど、概ねいいと思った。


立憲民主党のサイトはコレ

https://cdp-japan.jp/


立憲民主党のTwitterはコレ

https://twitter.com/cdp2017


てか枝野幸男は”右でも左でもなく前へ進む政治”と言っていて、私は右のほうから革命が起きる、なんて言いながら、どうしても左翼的な考えを持っていて、”右でも左でもなく前へ進む政治”というのはオモロイ言い方かなあとは思う。

中核派なんて機関紙を「前進」なんて言っていながら、左にこだわって内ゲバして、前進というよりも後退しとるしなあ・・・



AKBグループの18歳以上のメンバーへ。

できれば、立憲民主党に入れて欲しい。

家とかなんとかのしがらみがあって無理というのもあるかもワカランけど、そうでないならば立憲民主党に入れて欲しい。

べつに、無記名投票やから、自分がどの党に入れたかなんてワカランようになっとるぞ。

投票所に監視カメラがあったり、投票用紙に実は暗くしたら見える数字とか、それを応用したバーコードとか(・・・そんなの開発しとるヤツもきっとおるやろ。それを日本政府が利用しとる可能性は否定できんな)、すると、自分がどこの政党とか誰に投票したかとか、全部バレてまうわけやけど。

いまの時代だからこそ、投票用紙を抜き打ちチェックして、小細工されてないか、科学的にチェックするとかも必要かもなあ。


あと、私はもう、立憲民主党に入れて欲しいといえる友達はいないけれども、AKBグループのメンバーならば、そんな友達いっぱいおるよなあ?

まあ、AKBから立憲民主党を薦められた、なんてウワサになったらアカンから、ウワサにされんくらいに親密な仲だけでええけど、立憲民主党を薦めて欲しい。

そして、ついでに、何人もといわん、ひとりでいいから、立憲民主党を薦めて、と言うねん。


”ひとりでいいから”というのがミソやねん。

大勢に対してやって、と言ったら、それは圧力みたいに感じて、やらんのが人間のサガやねん。

・・・・けど、”ひとりでいいから”というと、ひとりはスグにできたから、ゲームみたいに二人三人とついついやってまう人間が出てくるねん。


人間がどう思ってどう行動するか、それはなかなか読めんけど、読めんからこそ、想像するのがオモロイねん。

今日10/19は公演いずみ生誕、立憲民主党の街頭演説聞いとったから、最後の40分しか観てないけど、ちょこっと。

かおりとさきぽんの動きが良くなったと思った。
かおりは動きが速く大きくなった。

また、かなとおりんも、動けるほうやけど、もっと動けるようになったと思った。

今回ちょこっとしか観てないけど、たぶん次はこの4人の中からMVPかな?と


なーみんの動きがちょっと小さくなっていて、鬼の私が行かんと思って小さくなったならアカンぞと思った。


いずみは、公演に出れる楽しさが多くて、悔しさは出してなかった。

悔しかったことを言うたほうが良かったかもなあ。
まあなんでも、「こうしたほうがいいかな?」と思うところに成長があるからな。

枝野幸男の街頭演説聞きに行ったけど、"競争ではなくお互いさまの精神"とか、わかりやすかった。主催者発表で聴衆3,000人以上で数えきれんかったとか。

すごいよなあ。

枝野幸男出た

枝野幸男出た
枝野幸男出た
大声援

枝野幸男の演説聞きにきた。30分前やのにもう100人は集まっとる

枝野幸男の演説聞きにきた。30分前やのにもう100人は集まっとる
人々集まってきた。

私も立憲民主党に入って、憲法第九条だけではない憲法論議でもするかなあ。

立憲民主党は民進党のカネを狙っている、なんて言われているけど、民進党のカネなんかアテにしたら負ける。

私ならば、

「私は、民進党のカネはアテにしません。だって、カネがなくたってこれだけ人々が来てくれた。
これこそが民主主義!
私は、民進党のカネよりも、みなさんを信用します。」

と言うなあ。


民進党の議員と立憲民主党が今後どう連携していくかは、透明性の高い議論をしていくしかない。

自民党があからさまに立憲民主党に対して潰しにかかっている、なんて報道がされるところに、立憲民主党の強さがある → 立憲民主潰しに血眼 安倍自民が苦戦する「激戦74選挙区」

立憲民主潰しに血眼 安倍自民が苦戦する「激戦74選挙区」 2017年10月19日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-421561/

 大手メディアが「自公300議席」と報じている10・22総選挙。しかし、289選挙区のうち、自民党候補が「当選圏内」に入っているのは、せいぜい150程度だ。残りの140議席は、どうなるかまったく分からない。自民党は51の選挙区で野党候補と接戦となり、23人の無所属候補にリードを許すか接戦となっている。

 安倍自民党は立憲民主つぶしに血まなこになっている。16日夜、安倍首相も出席した選対会合では、49の激戦区を重点区として指定。投票日まで残り4日。自民党はこの重点選挙区を徹底的にテコ入れする方針だ。激戦区の多くで立憲民主と戦っている。政治評論家の山口朝雄氏が言う。

「自民の最大の敵は、勢いを失った希望の党ではありません。安倍政権が恐れているのは、立憲民主旋風の背後にいる市民の力です。組織票ではありませんから、立憲民主の候補がどれだけ伸ばすのか読めないのです。安倍自民はなりふり構わず総力を挙げて立憲民主をつぶしにくるでしょう」

 実際、北海道や東京など、自民が激しく競り合っているのは立憲民主だ。自民がことごとく競り負けると、議席は激減する。

 自民は立憲民主の勢いに戦慄しているという。何しろ、動員もしていないのに、枝野代表の街頭演説には1000人単位の人が集まり、党のツイッターフォロワー数は数日で第1党になって、現在約18万人で独走中。個人献金も1日余りで900人超から、計1700万円が集まった。応援する有権者の熱気が、自民とはまったく違うのだ。


この選挙は対希望の党の戦いで、立憲民主党なんて負け組の弱小政党だ、というカンジでは完全になくなっている。

いいウワサが連鎖して伝播している。

こういうのは強いぞ。

私も今日は枝野幸男の街頭演説を聴いてみる。

劇場行くのけっこう遅れると思う。

そういえば、今朝、仕事中に長妻昭の街頭演説を聞く機会があったけど、まずまずのことは言っているとはいえ、めちゃくちゃいいとまでは思わんかった。

仕事中やから、目の前にも行けんしなあ。

おはよう。AKBメンバーの最近の舞台ってこんなもんかな。あとチーム8の七瀬もあったか。11月舞台多すぎでまたカネのやりくりが・・・

またこれまでの内容と合わせて整理するわ。

10~13期は舞台出過ぎ。いやうれしいけどカネが続かん。


相笠萌

五反田タイガー 2nd stage 
『花街花魁クロニクル』 
11月1〜5日 
🗾新宿村LIVE 
https://ticketpay.jp/booking/?event_id=10348


佐々木優佳里

『おおばかもの~みにくいアヒルのプリンシバル~』 
【劇場】草月ホール《草月会館》 
【日程】2017年11月8日(水)~12日(日)≪全7ステージ≫ 
『おおばかもの』公式HP http://web.mag-system.jp/oobakamono/


梅田綾乃

舞台『1000万ドルの夜景』 
11月14日〜19日@シアターブラッツ 
チケット予約はこちら→ https://t.co/4paPsqDM2j 👀


相笠萌

『雷ケ丘に雪が降る』 
~The Five God Chronicle~ 
・雷神編~! 
12/20~24
http://www.odd-inc.co.jp/stage/ikazuchi/

立憲民主党旋風が公明党までをも揺るがしとるとのこと。こういうのがやっぱ革命への道筋やねん。革命って実は左翼が起こしてきたワケちゃう。・・・ってか中核派がロシア革命を敢えて頻りに言うのも、左翼が主導したからか。

コレ。

東京12区、北海道10区も大苦戦 「全勝神話」公明党に異変
2017年10月18日 15時11分 日刊ゲンダイDIGITAL
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-421488/

選挙区は全員当選――「全勝神話」を誇る公明党に異変が起きている。選挙区に出馬している9人のうち、なんと3人が落選危機に直面している。もし、9人中3人が落選したら公明党に激震が走る。

(略)

実際、選挙戦が始まってから、若手学会員らしきツイッターの間で〈公明党はむしろ立憲民主党に近い立ち位置なのにどうして批判の刃を向けるのか〉といった疑問を投げかける書き込みが急増している。水面下で公明への批判票が立憲民主に流れる可能性もありそうだ。



公明党が苦戦しているといわれるのは、結局全部立憲民主党に持っていかれそうやねん。

創価学会からも立憲民主党に入れる人々がおるはずや。


立憲民主党も、こういうのを受けて

「我々は、公明党よりも、公明党が主張してきたことを実現する意思があります!」

みたいにラブコールを送ったら、もっと変わってくると思う。


とにかく、これまで政治は全部なにがしかの利権にすがるしか能がなかった。

今回それが大きく変わる。

そこはちゃんと捉えて、訴えてかなアカン。


もちろん、立憲民主党からだって、新たに利権構造にすがる人々が続出するのは避けられん。

そのときどうするか、までをも考えて、闘ってくんや。

« 2017年10月18日 | トップページ | 2017年10月20日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー