« 2017年12月11日 | トップページ | 2017年12月13日 »

2017年12月12日

2017年12月12日 (火)

REC by カンフェティ への、新月の工作コメントに対して、もう沢東・・・じゃなくて、もう早速反論したぞ。

以下の内容を新月に対してコメントした。

まあ明日になれば削除されると思うけど、つねにこうやって薪をくべまくるってあると思う。


https://review.confetti-web.com/shop/?m=index&shid=9439

新月ちゃんさあ、私が警視庁公安部の工作について書いて削除されて、その後に書いてくるなんて、オマエ公安の工作に加担しとると主張しとるよなあ。

オマエJR東日本系列の関東電設の警備部長やもんなあ。


気になる人は ”警備部長のヲタ活日記” でググってみよう!

そして、 ”関東電設” でググったら、この新月がJR東日本系列である関東電設の警備部長なのは容易に理解できる。


渡辺菜友って、まゆゆみたいな名前で、まゆげが田島芽瑠っぽいなあと思って覚えとった。

なんかの舞台で観てそこそこ印象にあった。


まあ、そういうのはともかく、舞台が好きな人々に対して、イロイロと前振りを振ってみせても、新人が岩田華怜がどうのと書いた時点でアカン。

その論理の配列がそもそもダメ。


自分が他の舞台を観て、岩田華怜の演技がどんだけすごいのか、を主張できなければ、舞台関係者の興味なんて引けないよ。

私のハナシになるけど、私は5年以上前に、ディズニーランドのジャングルクルーズを体験してガチで感動した。

それでその感動を、

「私は、いろんな国を旅して、たとえばアフリカとかジンバブエとかでリアルに体験してきました。
このジャングルクルーズは、そのリアルな体験を忠実に再現していて、思い起こさせてくれて、すごくいいと思いました。」

みたいに言ったら、それまで私の話をフツーに聞いていた係員さんが、めちゃくちゃ深々と礼してくれた。


舞台が好きな人々に対して訴えるためには、舞台が好きな人々のココロを打つことを書けなアカン。


てか逆に、岩田華怜が好きならば下手に工作せずに、岩田華怜がいいと思うところをあらんかぎり出す、という方法だってある。

ヒトが書きそうな内容を書くんじゃなくて、自分が思ったことを素直に書く。

そうやって文章って書くもんやぞ。

チャンスにできるメンバーがいてもいいけど、ちょっと海外に手を広げ過ぎちゃう? → AKB新海外プロジェクト、「大化け」メンバー続出? 指原「売れない子は応募を」

AKB新海外プロジェクト、「大化け」メンバー続出? 指原「売れない子は応募を」
2017年12月12日 07時00分 J-CASTニュース
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-316273/

AKB48グループが海外への進出を加速させている。タイや台湾で相次いでグループが立ち上がったのに続いて、韓国のオーディション番組との共同事業や、メキシコの民放テレビが製作するドラマにもAKBのメンバーが参加することが発表された。

5年前とか、もっと海外とかイロイロやってみろと私が言うとったときはゼンゼン動かず、最近になって海外のハナシがたくさん出てきた。

イロイロ遅いし提携の仕方もなんか中途半端と思う。

まあでも、最近でもいずりなとかあべまとか、これを機会にして頑張ろうとしとるメンバーもおるし、そこは認める。

けど、けっきょくはセルフ・プロデュースやからな。

はるごんもちかりなも、HKTに行ったらぶたんもか、それにいずりなもあべまも、みんな移籍をセルフ・プロデュースのきっかけにしとる。

”高校生デビュー”とか”大学生デビュー”とかいうのと同じような心境、というか。

その、”〇〇デビュー”というのを、自分のココロの中に持って、同じところにいながら生まれ変わる方法だってある。

そのためには、とにもかくにも目標がないとアカンと思う。

16期公演の感想を書くといいながら、先にまなかの発言を聞いていて、なんかすごいなあと思ったのは、まなかは、自分がセンターにいたときは、そのありがたさが理解できなかったけど、いまようやく理解できた、遅かった、とか言った。

けどそれを14歳の誕生日に言うとるんやぞ。

どんだけ早熟やねん。

まなかはもっと頑張ったらええのにパフォーマンスがイマイチ、と思っていたけど、最近パフォーマンス良くなったと感じたのはそういうところかな。

「ありが田口」というのもしつこく言っていて、みんな使うようになってきて、少しずつキャラが定着してきた。

てかまだ14歳なんやなあ。

16期とか他の期もみんなそうやけど、いま自分がセンターに立ってないかもワカラン。

たとえば私なんか、目に見えるセンターには立ってないよな。

・・・・・・・けど、大勢のココロの中のセンターに立っとるよな。

どこにいても、相手のココロのセンターになれるパフォーマンスはできる。

まあまなかも14歳でまだまだフレッシュやからそう思うだけで、10年後は忘れてもとるかもワカラン。

けど私は42歳のいまも(てかほぼ30歳も年下の子を相手にして言うとるのか私はw)、どこにいても、相手のココロのセンターになれるパフォーマンスを心がけとる。

だから、どこに行っても目立つ。

今日の仕事で、私は初めて一緒に仕事した人やったけど、仕事仲間から聞いて、大西は仕事ができると知って仕事したら、やはり仕事できた!って言われた。

私はそうやって、派遣業でさえも、派遣先に知られた存在になっとる。

まあもういまとなっては、公安が策略を練って私を陥れてもどうでもええよ。

今日で完全に私は芸能界で知れた存在やし。

てか REC by カンフェティ

https://review.confetti-web.com/

見たら、新月がめちゃくちゃ書いとるしw

てかまだ初演してないモノに対して採点するって論外やなあ。

明らかに私を意識しとるやろ。

そもそも新月ってJR東日本系列の関東電設の警備部長やし、警備は公安とズブズブの関係やし、まああんな滑舌悪いヤツがどうしてこうなったのかワカランけど、まあええわ。

とにかく新月は公安関係として書いとるねん。

私は中核派時代に中核派(吉野元久ら)に対して主張したけれども、あのバカどもは理解という以前に興味を示さんかった。

だから私は中核派を捨てた。

ヒトに対して興味を示すからこそ、自分に対しても興味を示してもらえる。

なんでそんなカンタンな理屈が、60歳を越えてさえもワカランのか。

まあてか新月には売られたケンカを返したろ。

削除されるやろけど、やっぱそんなケンカを人々は望んでウォッチしとるんやしなあ。



それでな、そういやみきちゃんが舞台に出るとか書いとったなあと思って調べたらコレやな。

劇団TEAM-ODAC第27回本公演『小さな結婚式~いつか、いい風は吹く~(再演)』

http://teamodac.net/stages/%E5%8A%87%E5%9B%A3team%EF%BC%8Dodac%E7%AC%AC27%E5%9B%9E%E6%9C%AC%E5%85%AC%E6%BC%94%E3%80%8E%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F%EF%BD%9E%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%80%81%E3%81%84/

そこにみきちゃんと清水まりあが出とるけど、元乃木坂の伊藤寧々が出とる。

https://twitter.com/rietann1205/status/940575436169396229

伊藤寧々 Nene Itoさんがリツイート

飯塚 理恵‏

@rietann1205

22分22分前

その他

#小さな結婚式 ⛪️💓

場当りでしたーっ✨

そして!!

伊藤寧々ちゃんの

お誕生日でした(´ฅ•ω•ฅ`)♡

小さな体で、大きな努力で、

みんなを引っ張って

一緒に頑張ってくれる人。

お誕生日おめでとう🎉💓

素敵な一年になりますように✨

小さな結婚式、

観にきてねーっ!!

私まだAKBを殆ど知らないときに、確か新木場であった乃木坂のお見立て会に行って、誰か一人と握手できるとあって、私はあんま目立たんかもやけど、伊藤寧々に行ったよ。

名前で覚えとるよ。

そんで、私もさすがに乃木坂までは見てなかったけど、今回主演女優って、やっぱ見る目あるなあ。

てか飯塚理恵‏ってこの前新宿の劇場のトイレで、私が勘違いして女子トイレの列に並んでめちゃくちゃ不審がられた本人やなあ。

まあそう書いてまうと、「飯塚理恵さんがオシッコしたいと思われていました」と主張することになるけど(いやウンコかもワカランけどw・・・ってか個人的に大便器しかなくて、そこに座ってオシッコしようと思ったらついでにウンコもしたとかあるよなあ・・・ってレディの前で主張すべきハナシじゃないか。
てかオトコはオシッコだけしたいという欲求があって”小便器”なるものがあるけど、オンナってどうなのか気になるよなあ)、

まあ私も芸能界にイロイロと足を突っ込んどるよなあ。

しかしとにかく、どう見ても目立ってなかった伊藤寧々が、主演女優になるって、やっぱ私の見立てもいいセンいっとるよなあ。

しかも伊藤寧々の誕生日が、よりによって(まなかと同じで)今日って!

私もなんかまだまだそんな運がついとるよなあ。

明日は仕事が東大和市とかやけど、まあ新宿は通り道やし時間には終わると思うし、きっと行くよ。

飛んで火に入る公安乙。JR東日本は自分らの恥を掘り返すからゼッタイに書けんもん → そんなことより京浜東北線の11両目が開閉式の固定柵対応だって理解できたかい?

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/16mvp-fd7b.html#comment-116011228

そんなことより京浜東北線の11両目が開閉式の固定柵対応だって理解できたかい?
鬼の首とったように息巻いてたみたいやけどww
投稿: | 2017年12月12日 (火) 21時22分


"京浜東北線の11両目が開閉式の固定柵対応"なんてのは、よほどの異常時で、保守時のような定期的に発生する運用は想定してない。

だってその11両目でヒトが扉に挟まる場合とか、想定してないから。

たとえば、上野駅では11両目は立入禁止区域内やったし。


JR東日本が数ヶ月前に、京浜東北線の停止位置を移動したけど、山手線と京浜東北線の交互運転を諦めて、京浜東北線だけ用に位置を修正したんやろなあ。


てか田端~田町間のホームドアならびに、それに対応して山手線の10号車を設計したけど、全く使い道がなかったとか、JR東日本もどんだけどんくさいねん。

16期公演は"愛の色"からで、メモ取らずに見ながら、どうやったら昇格できるかなあ?とか考えて観た。感想は改めて。先に言うとMVPはさとみな。研究生のままやった子はさきぽんとか疲れが見えた。

詳しくは改めて。

まあしかしいま昇格できんかったヤツも悔やむことはない。

人間、ココロとカラダの成長があるけど、なかなかリンクしない。

ココロなんて死ぬまで成長しない人間が世の中には多い。

だから、ココロが成長できるのは、中学生だから、高校生だから、大学生だから、社会人だから、もう遅いなんてことはない。


いつやるの?・・・いまでしょ!


って流行ったけど、そんなココロになれたら、あなたは変われる。

だっていま変わったんだから。

未承認にされたけど、演劇界にインパクト与えたやろ。→ 私は公安警察によるデッチ上げで、主演の岩田華怜の舞台を観られなくされており、なんとかして観たい -舞台「時空警察SIG-RAIDER(シグレイダー)」

まあもうウワサは広まっとるやろ。

だからココに全文掲載したら、ウワサが広まって読みにきてもらえる。


ーーーーーーー


こんな言論統制・報道統制下の官僚独裁政治が蔓延する世の中を変えたい。

・・・しかし、岩田華怜が最近警察関係の舞台にいくつか出させてもらえているのも、警察の意思が背景にあるのかと思うと複雑です。


説明したいことは山ほどありますが、このページは演劇関係者や役者さんも読まれることを考えて、要点を絞ります。


・・・まあ仮に警察(私は公安と考えています)が言うことが正で、岩田華怜が私のことを嫌っていて、私をストーカー規制法違反容疑で訴えていると仮定しましょう。

そうとしても、岩田華怜は女優なり俳優なのだから、観客が観たい自由意思を妨害することはできません。

私が舞台を観たい自由意思を妨害などできないのです。


なのに、公安は妨害してきて、私が岩田華怜の上演する劇場の近くを歩いたとして、それを理由にして警視総監名義の警告書を書いてくる異常さです。(URLは貼り付けられませんので、たとえば”大西秀宜 警告書”で検索したらわかるでしょう)


しかも、岩田華怜が以前出た昨年6月の舞台の初演前日に、公安警察は私の家をクルマ2台・4人の刑事で取り囲んで襲撃し、私は当時在籍した中核派の指示により無視して寝て、翌朝(初演当日)6時前にダッシュで出たのですが、4人の刑事はずっと張っていたらしく取り囲まれました。

そしてそこで、岩田華怜と電話させてやると言われて、朝の7時半に、岩田華怜の声で、然るに全く私の身に覚えのない事実と異なることを散々言われた挙句に

「あなたのせいで、私の人生メチャクチャよ!」

などと言われて泣き崩れられました。


私は、事実と違う、おかしい、おかしい・・・・と思って、そのときは、それでも岩田華怜が言うことだからと、ついついその”岩田華怜の声”の言うとおりに”上申書”なるものを書いてしまいましたが、
それでも、おかしい、おかしいと思って、さらに調べて、その前月にリアルタイムの音声変換技術が確立したことを知りました。


”リアルタイムの音声変換技術”なるものを本当に欲しているのは、アニメヲタクなんかじゃなくて、中核派らが言う”新捜査手法”を模索する公安ら警視庁・日本政府の側にほかなりません。

公安は私に対して策略を練ってきたのです。


けれども、私はリアルの岩田華怜を知っているから、一旦は”上申書”を書いてしまいましたが、その後リアルタイムの音声変換技術にまで行き着きました。


そして、自分のブログで、日本政府公安がこのようなことを為したと考える、と、昨年6月よりずっと書いていましたところ、1年経って、昨年6月から1か月くらいの間の私のブログ記事が殆ど削除されていることも確認しました。

それはけっきょく、事実であるし、事実だからこそ国策に関わるから、警察の指導の下で削除されたのだと考えています。


まあとにかく、いろいろとこの世の中はおかしいです。


そんな中で、私も賛同者がなかなか得られず、公安からの攻撃に防戦一方だったのですが、AKB時代に岩田華怜と同期の田野優花(舞台ではWIZなど岩田華怜以上に期待されている)のお父さんの健さんがたまたま今年9月にテレビに出て、検索したら健さんが経営されるダーツバーがわかって、行ってみました。

その間にも公安の攻撃はすごくて、私が「健さんの店に行く!」と言い出した日に、私の家を特定する動画を”山田太郎”名義でYouTubeに公開されました。


それだって、”山田太郎”は私に対する一種の脅迫罪を行っているわけですから、警察など頼れるはずがありません。
ところが、二十日ほど前に、”山田太郎”は健さんのお店に現れて、私が”山田太郎”の写真を撮ろうとしたら、”山田太郎”のほうから

「警察に行こう!」

と言ってきました。


そんなことを言えるのは、”山田太郎”が逮捕されようがない、公安の刑事だからにほかなりません。

”山田太郎”はチビで、普通の人間が考える刑事像とは違い、健さんも後で「あんなのが刑事なはずがない」と仰いました。

けれども私は、今年4月28日に、刑事5人くらいで取り囲まれて万世橋警察署に連行され、警視総監名義のデッチ上げの警告書を渡されました。
そのとき、誰がどう見ても中学生にしか見えない刑事がいて、そいつによって動画を撮られ続けたこともあります。


もし岩田華怜が私のことをストーカーと思っているならば、AKBの同期の田野優花も私をストーカーと判断するはずで、そんな私を健さんは擁護するはずがありません。


けれども、”山田太郎”が「警察に行こう!」と言って騒いだ後に、健さんが(最終的に)店から追い出したのは、私ではなくて”山田太郎”でした。


私は全くの潔白です。

だからこそ、正々堂々と、岩田華怜の舞台を観に行きたい。


そのためにも、公安の不法行為(もはや戦時中の特高みたいですね)に抗して、私を舞台に行かせていただく支援者を求めます。


私がどうしてそこまで公安からマークされるかというと、日本政府を訴えてドイツに亡命申請して、1年以上ドイツで亡命生活をして、強制送還された過去などがあるからです。

そんな事実も全部隠蔽され、報道されません。
2017年12月11日 23:24
いいね:0件 コメント:2件 未承認 編集 削除

カンフェティのクチコミサイトに追記修正した。

画面コピーは取ってないけど、帰ってからでも。

公安とガチンコやなあ。

てか私の文章読んで誰も私をストーカーとは思わんやろ。

« 2017年12月11日 | トップページ | 2017年12月13日 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック