« 2018年5月21日 | トップページ | 2018年5月23日 »

2018年5月22日

2018年5月22日 (火)

自分が観たものにたいして、自分のありのままの感想を述べることの大切さについて

私がなんでこんなことを書くかというと、以前から誰も、たとえば映画を観ても感想を書かない、それはマズいと思っていたし、芸能人でお互いに知っている仲だと、フツーの人が言えないような感想も書けるだろうし、そんなのをどうして書かないのか?と思ってのこともある。

・・・・・というか、まあコレは先日亡くなった高畑勲から学んだことをさらに自分なりに解釈したとこがあるけど、やはり自分がその作品を観て、なんか新しいことを考えたならば、それは、自分はどう考えたか?をちゃんと記してヒトに意見として出さなアカン。

でないと、自分の記憶力だってある。

そのときに思ったことでも、なにも言わなければ忘れてしまう。

けれども、文章にしたら別やな。

そのときに思ったこと、それが、フツーの人が想像しないようなことであればあるほど、それを書いたら、人々に対して波紋を投げかける。

けれども、人々に対して波紋を投げかけて、それに対して反論とかワンワンやりあったら、自分が思っていたことは仮に誤りであったとしても、その作品に対しての印象は深まるやん。


なにも言わなかったら、その作品に対しての印象は深まらんからな。

いくら名作と言われたって、自分の記憶からは忘れ去られてまうんやからな。


けっきょく、どっかに感想を書いて、その内容について、本当にそうなのか?と他人に問いかけて議論し、その上で自分なりに推敲するようでないと、その作品の本質を理解したと言えないと思う。


この私の文章を読んでいる人々も、あなたは、たとえば名作とされる”天空の城ラピュタ”について、どこがどのように良かったのか、自分の言葉で書けるのか、と問いたい。


そう書くと、私も”自分の言葉で書ける”ことについて悩んだときもある。

大学に入った後で、いろいろな経緯から、大学は鉄道研究会だったけど、一般の明石映画サークルに入った。(ゴリゴリの日本共産党やったけどな)


そこで、映画についての感想を語りあうんやけど、やっぱ最初は、全く言えんねん。

作品を観て、こういうことを感じたとか、言っていいのか、いや、映画の常識からするとおかしいと大勢から笑われるんじゃないかとか思って、なかなか言い出せなかった。


けど、私の場合はそもそも中学生の時に先生は私の言うことを理解できないバカと思っていたし、大学時代になると「ハムレット」はそもそもハムレット自身が精神疾患で、自分が見たと思い込んでいる父親の亡霊の言うことに従って国を滅ぼしたバカ一代記でしかない、と思っているけれども、その観方は映画サークルでも理解されなかった。

けれども、私はいまでも、ハムレットは英雄なんかじゃなくて、単なるバカだと思っている。


そういえば、数日前にカンヌ映画祭でパルムドール賞を取った是枝裕和の映画について、私は”幻の光”はサッパリワカランかったけど、”花よりもなほ”


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%BB


はめっちゃ共感した。

コレ、ちゃんと書いてはないけど、一言でいうとアンチ忠臣蔵やねん。

是枝裕和は忠臣蔵なんて肯定してない。

同様に、彼はハムレットも肯定しない確信がある。

(そういえば、フランスきどりの高畑勲は、ハムレットを肯定しとって、コイツもその程度の理解か、と思ったこともある)


・・・・まあとにかく、そんな当たり障りある意見を主張できてはじめて、その作品は自分のものになるのであって、当たり障りない意見を、人々の顔色を窺って書いているうちは、自分の意見なんてゼンゼン言えないし、その向こうにある、自分の演技なんてゼンゼンできんぞ。


私も、コレ書いたのはさややが”アメリ”を観たと書いとったからやけど、やっぱさややはさややとして感じた意見が欲しいなあ。

もちろんそれを全員に公開するのはダメな場合があるのは理解するけど、少なくともAKB関係の人々にはリアルな意見を言えるようでないと、仮にさややをその役にさせようか、と思う演出家とかプロデューサーがいたとして、さややがなにも意見が言えないとすると、ダメと思うやろ。

やっぱ、その役をこう演じてください、と言っても、

「いや、自分はこう考えるから、こういうふうに演じたい」

というふうに反発するような役者じゃないと、演出家として面白みがないやん。

仮に演出家と意見が合わなくっても、演出家が説得して、女優に対して「こう考える人もいるのだ」と納得させてから演技するのとでは、納得せずに演技するのと、ゼンゼン演技が変わってくる。


だからこそ、はじめの一歩である、自分がどう受け取ったか?は、ちゃんと主張したほうがいいと思っている。


そういや、劇団れなっちのオーディションだって、自分がどう受け取ったか?を演技で表現しとったヤツらが受かったやん。


さややは、そもそも1次審査で落ちていて(・・・やわなあ?)、まだまだ自分が感じたことを表現できてない。

まあだからこそ、1次審査で落ちてまう判断材料になった、とも言えるんやけど。

私が発見した、”賃金-ストライキ”の持つ、”労働運動”の限界についての考察。

私は、”労働運動”の限界について、意見を確立した。

”労働運動”とはけっきょく”賃金-ストライキ”に集結してしまう。

そしてそうすることによって、働かない者、考えない者が偉い、という、”労働運動”をする者の歪んだ論理が形成される。

その歪んだ論理を正当化するために、中核派前進社とかマルクス主義とかは存在するのだけれども、多くの人々は、働かない者、考えない者が偉い、という発想に、誰も共感しない。

誰もが、働いた者、考えた者に、感動し、共感するのである。

言い換えたら、”労働運動”には感動がない。

・・・だから、”労働運動”は、誰からも共感されない運命が待っている。


あと、”労働運動”は、それを主張した時点で、”働かざる者食うべからず”の発想になってしまう。

労働と離れたところで、働いてない者も含めてどのように生きていけばいいか、を考えねば、老人や子供も含めた議論ができないじゃないか?

どうしてこんな簡単なことを、世界の全員が理解できないのだろうか?

2018/5/22 AKB48 牧野アンナ「ヤバイよ!ついて来れんのか?!」公演 感想 まきちゃんだいぶ良くなった

総括

絶対的にいい、というわけじゃないけど、ヤル気がだいぶ見えてきた、という意味で、まきちゃんをMVPにする。

いや私が期待するパフォーマンスはこんなもんじゃないけど、なかなかヤル気がパフォーマンスで見せられてなかったので、ココで名前を呼んで、良くなっていることを自覚して、自信を持ってもっといいパフォーマンスができるように励んで欲しい、と思う。

今日は脚の動きを意識したメンバーが多くて、私が言うことを、メンバーが直接か、アンナ先生が言ってかかワカランけど、やってくれたんやろ、と思う。

てかAKBにだって舞台監督さんががいて、AKBをトップレベルに引き上げた、となったら、AKBにとってもええことやし、その人だってAKBの雇われ人から、もっといろんな人々を教える立場になれてええやろ。

そうしたら当然のように

「権限もないのにメンバーをしごくな」

という声が出てくるんやけど、あとはメンバーが、自分はやらなくてもいいと思うか、とことんやりたいと思うか、やねん。

その練習は、"労働"として賃金が発生するのかしないのか、という議論は当然あると思うけど、

「賃金なんてなくたって、タダでもやってやる!」

という強い意思が、世界を変えていく。


あと、横ちゃんが、自分の考えをダンスで表現することに手こずっているように見えたので、私の中学時代のエピソードを書く。

私はもう中学生になったら、連絡日記だかに、自分の思うことを書いても、担任の先生がよく理解してくれなかった。

弁論大会で私の思うことを、体育館で言っても、みんな反応がイマイチやねん。

それで、トップを取ったヤツの弁論なんて、私はいまでも忘れん、

"老人性痴呆症"のことを"痴呆性老人症"なんて言っていて、私から見たら全くありきたりやのに、そんなのが学校でトップの評価を取った。

だから私は、人々は、本当にすごいことを賞賛するんじゃなくて、ナントナクいいように思えるモノを賞賛する、と、中学生のときに心底思った。

自分はダンスについてめちゃくちゃ考えとっても、観客の大部分は、ダンスの素人やしな。

ダンスの玄人は、雇われでもしないと、AKBにダンスを求めない事実もあるし。

その、自分が思うことと、観客が思うことのギャップを理解して、そこにちょっとでも食い込めるような表現を考えて欲しい。

私だって、AKBの子らにはビンビンきとるこの文章も、一般の人々からしたら、よくわからないことを書いている駄文、と思われている。

けど私は、この文章は、なにを言われようが、AKBのメンバーにさえ届けばいいと思って書いている。


EN03:旅立ちのとき

横ちゃん、ネクタイ忘れとることに気づいてない?

記念写真も、その後の曲も、フツーに出とる。


みんな細かい動きしとると思うて観た。


集合写真 アゴを隠さない小顔ポーズで


EN02. 次のSeason / UG

庄司なぎさみたい、と書いたのは行天ちゃんか。

きぃちゃんも、センターに来たらめだつなあ。

やっぱこみはるの動きええなあ。

おりんコケた?
目を上げたら一瞬、這いつくばっとるように見えた。


EN01. 未来とは?/ SKE

横ちゃん、ネクタイつけ忘れて出てきた?
なんか胸がはだけたように見えてまうなあ。


あやみ、後ろから元気よく出てきた。

琹、ココ疲れからか脚イマイチ動けてないなあ。

おりん、めっちゃ髪の毛グシャグシャや。

アンコール

M14. 僕らの風 / SKE

出だし、こみはる、すごいジャンプして、とりわけめだっとる。
と、前回書いたけど、今回も思った。

こみはる、横ちゃん、おりん、がええなあ。

れいちゃんよく動けとる。

横ちゃんを観て、みきちゃん思い出してもた。

まきちゃん、全体で見ても脚の動きええやん。
ユニットは恥ずかしいんかなあ?

後半MC ひなな/ゆあみ/おりん/こみはる/横ちゃん/さとねちゃん/すずは/きぃちゃん

お題:自分が新聞記者だったらこの公演のどこを取り上げたいか。

ひななの、いちばん跳んだ人が表紙になる、とか言うとるけど、そういう観点で観るのもオモロイ。

いまさらやけど、おりんストレートヘアなんやな。

前半MC あやみ/かよよん/しおり/れいちゃん/ゆいり/行天ちゃん/あゆちゃん/まきちゃん

お題:体育祭について

M13. ピノキオ軍 / SKE

横ちゃんって考え過ぎなんかなあ?
理屈ばっかやと面白くない。

観客は面白いモノが観たい。

そこの違いを、横ちゃんも理解して欲しいかもなあ。

自分で考えてなくて、誰かが考えた面白いネタをやったヤツのほうが、考えたヤツよりも印象に残る。

だから、自分で考えても仕方がない、と思うんじゃなくて、"誰かが考えた面白いネタ"に勝てるネタを、自分で考えなアカンねんぞ。


って言って、将来を暗く考えて欲しくはないけど、イメージとしては持っていて欲しい。

曲全く観てなかった。


M12. Get you ! / サシニング娘。

琹いい動きしとる。

あやみいいぞ。

横ちゃん、やっぱ考えているからか、私の考えと違うところがあって、たまに詰まって見える。

M11. これからWonderland / AKB

横ちゃんオモロイ動きしとる。
今回も思った。


ひなな、まきちゃん、ココはよく動けとる。

しかし、メンバーの間で、いいところを教え合ったら、もっとパフォーマンスが収束すると思うんやけどなあ。

そういうのも見たい。

MC れいちゃん/きぃちゃん/すずは/まきちゃん

お題:メンバーとやりたいこと


M10. いつか見た海の底(下口・久保・山邊・田北)

かよよん、あゆちゃん、いいぞ。

さとねちゃん、動けてはいるけど、2人に負けとる。

ひななも、その3人に負けとる。

せっかくステージに立てとるのに、他のヤツのほうが目だって悔しい、と思えななあ。

M09. Green Flash(横ちゃん・村山)

ゆいりのほうがなめらかな動きしとる。
と、今回も思うなあ。

いや、ソロダンス2人ともカクカクし過ぎちゃう?

てか横ちゃん勢いでフードが頭にかかって、ネズミ男みたいやったぞ。


M08. 制服レジスタンス(★佐藤琹・ゆあみ・山根)

ゆあみ、脚の動きが前よりもダイナミックになった。
今日脚の動きが良くなったメンバー多い。

琹もこんなに踊れるんやなあ。
私もゆいりと間違えて当然やな。

M07. 推定マーマレード(あやみ・西川・まきちゃん・佐藤きぃちゃん)

まきちゃん、脚の動きちょっと良くなったなあ。

でも、他の3人と比較したら、動きがまだ少ない。

きぃちゃんハツラツとしとる。

れいちゃん、あやみ、いいぞ。

れいちゃん、よく動けとる。

M06. ナットウエンジェル(★込山・武藤・行天)

行天ちゃんってなんであんなセクシーなんかなあ。

おりんも、空手で日本で2位になれたなら、セクシーな動きでも日本で200位くらいにはなれるやろ。

腰まわりの動きをもっと研究したほうがええんちゃう?

悪役、フツーに黒い服着てくるなあ。

せっかくならば背番号付きで出て、ヲタから評価してもろたほうがオモロイんちゃう?

自己紹介MC

おりん/こみはる/ゆいり/行天ちゃん/れいちゃん
きぃちゃん/まきちゃん/ゆあみ/あやみ/しおり/すずは
かよよん/あゆちゃん/横ちゃん/さとねちゃん/ひなな

お題:ファンの人から言われてうれしかったこと

ゆいりが髪切ったと思ったの、しおりやなあ。
しおりのパフォーマンスがめだつのかも。

しおりは確かにゆいりと背格好似とるなあ。

すずはは「自分に害がない言葉なら」って、なんか後ろ向きやなあ。

もっと自分が本当にうれしかった言葉を言わな。

まあ、それを言ったらヲタの誰の言葉か、ヲタ話でバレてまうから、難しいけどなあ。

横ちゃんが「痩せなきゃ」って、フツーにガリガリやろ。
その並びでもいちばん脚が細いし。

M05. Horizon / SKE

庄司なぎさみたいなんがおるけど、なぎさ出てないよなあ。
誰やろ。

M04. 12月のカンガルー / SKE

おりんみっけた。
ゆあみもみっけた。

ゆいりまた髪切ったなあ。

下手側にオモロイ飛び方しとるヤツおったけど、誰か判別できん。

M02. 僕だけのvalue / UG

あやみ脚の動きいい。

かよよん、きぃちゃん、すずは、ゆいり、こみはる、さとね、まきちゃん、あゆちゃん、か。

さっきひななみっけた。

まきちゃん動き良くなっとるなあ。

その後ろが行天ちゃんか。

まきちゃん脚にだいぶ動きがついたと思う。

横ちゃん見かけんなあと思ったら、最後にセンターに来るんやな。
横ちゃんってえりぃちゃんっぽくも見える。

M01. 恋愛総選挙 / YM7

上手側の、髪が多い子ええなあ。

あやみ、れいちゃん、もいいぞ。

« 2018年5月21日 | トップページ | 2018年5月23日 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック