心と体

2017年6月18日 (日)

立川で「すごトーク」"女子アスリートの「美」について"について討論してきた

コレに参加してきた。

花田真寿美氏 【アスリートビューティーアドバイザー:女子アスリートの「美」について】
http://sgolab.or.jp/toque/


アスリートは私も知らんけれども、人間なんだし、内面の美のハナシになるはずだし、内面の美というのは女性だけでなく男性にも当てはまる、当然AKBにだって当てはまる、と思って参加した。

もっと前提から言うと、ぽんみゆのお兄さんが講師の会が5月にあって、それは満員で出られなかったから、せっかくなので他の回もチェックして参加してみた。


参加者は主催者以外では6人で、想像していたよりも小規模で、もったいないと思うけれども、だからこそこういう機会があることを宣伝せなアカンと思う。

まあ私が参加したとなると、いろいろとハレーションあるかと思うけど、それは炎上商法ということで。

まあけど、書いてもいい程度に書く。


花田さんによれば、美とは、"外見""体""意識"すべてが整っていることで、どれかが欠けても美しくならないということで、これはその通りと思った。

女性の場合、どうしても生理があって、それで体調不良を訴えるけれども、男性の監督だと

「体調が悪いならば腹筋しておけ」

みたいなことになって、なかなか理解が得られない、ということだった。

けれども、女性の監督だからといって、理解できたから休ませる、ということもできず結果がすべてで、そこをどう考えるかは、なかなかいい回答がなかった。

ただ、プロのアスリートは、体調を調節するために、少量のピルを飲むのが一般的なようだ、とも言われた。


女性のメンタル相談で、9割が恋愛相談だ、という話も出た。

女性のメンタル相談で、9割が恋愛相談、という事実を抜きにして、社会がどう変わるべきだ!みたいな、中核派とか洞口さんのような主張をしていたって、ようは女性の9割≒人類のほぼ半数の悩み(男性も入れたら半数以上か)、に向き合えてないわけだから、もっと現実を直視したほうがいいと思う。

また、化粧をすることで、自己肯定感を持たせることの重要性を説かれた。

私はそれに質問して、

「相手が見ていて、あなた、今日は綺麗だねえ!」

と言ってあげられたらうれしいんじゃないか、と言った。

じゃあ、花田さんは、

「それは言われたらすごくうれしいけれども、言われない場合もあるから、敢えて誰かから言われるようには教育していない」

と言われた。

けどそこで小村さんが追加で突っ込みを入れて、

「そこで、チームの誰か役割を決めて、そういうのに気づいて褒める役割の人を作ればいいのだ。けれども、女性の場合、より美人な人から、『あなた今日は綺麗ねえ』と言われてもイヤミに捉えられかねないから、異性で褒めてくれる役割の人がいればいいのだ」

と言われて、花田さんもそんな観点はなかったらしくて、参考にすると言われた。

私なんか、それはAKBを観て忌憚なく、気づいたことをそのまま書くという意味で、6年前からずっと意識的にやっている、そのまんまだけど・・・


とにかく、外見を良くするためには、内面も鍛えないといけない、というふうに納得した。

”メイク”というとついつい外面のことばかり想像してしまうけれども、”内面メイク”と言ってもいいんじゃないか、という話しにもなった。


それで、全員が女子の場合、「あの子といるのは嫌いだ」みたいなのがどうしても出てくるから、チームの中で役割を持たせたほうがいいという話しになった。


また、チームのココロをひとつに同期させる例として、メトロノームについてお話があった。

検索したらあったあった。



メトロノーム同期(100個)
https://www.youtube.com/watch?v=suxu1bmPm2g



コレは検索したらいろいろと説明されているけれども、私は、モノには固有振動数があるのと、その固有振動数には若干の誤差があるけれども、その微妙な誤差が全体の中で打ち消されるのだと考える。

コレを見たらむしろ、北朝鮮などの軍隊のマスゲームを見るようで気持ち悪さもあるけれども、違うのは、メトロノームには意思がない点である。

人間は意思があるから、ついつい上から怒られるから合わせる、ということにだってなってしまう。

けれどもまた、ダンスで、大勢が同じタイミングなのに、一人だけズレていると目立つから、ついつい同じ動きになってしまう、というのはあると思う。

最近だってAKBで”願いごとの持ち腐れ”のダンスの動きの中で、このメトロノームのように、全員が合っているから自分もついつい合ってしまう、というような感覚を、私は持っている。

そのためにも、動きがわかりやすいように、ある程度ふわっとした衣装のほうがいいとも思っている。


ほかには、高校野球の強豪校だと、甲子園に出られるのはほんの一握りで、3年生であってもスタンドで応援しなければならない生徒は必ずいるはずで、その子らは、勝てばいいなんて思ってなくて、ボロ負けすればいいと思っているに違いない、というお話もあった。

あと、高校野球で、甲子園に出る際には全員丸坊主にしないといけなくて、そんな規定はどこにもないんだけれども、暗黙の了解でそうなっていて、それを打破するところがない、というお話もあった。


また、私が常々主張していることとちょっと違うけれども、目標を定めて逆算する、というやり方は違う、という指摘があった。

目標を定めて、日々それから逆算してやっていたら、それは”やらされ感”になってしまってダメというのだ。

私は、それでも目標を定めることは大事だとは思うけれども、”やらされ感”になってしまってはダメ、というのはその通りと考えた。

だから私は、日々、ダメダメなモノを見ても、ダメダメだから捨ててしまおう、と言わずに、ココからどう挽回していくか?を考える。


だいたい学校の勉強なんて、”やらされ感”のカタマリではないか。

私はだから、学校の勉強で学ぶこと自体が、誰かが考えたモノであって、必ずしも正解ではなくて、むしろ私のほうが正解を導き出せる自信がある。


”学校の勉強で学ぶこと自体が、誰かが考えたモノであって、必ずしも正解ではなくて、むしろ私のほうが正解を導き出せる自信”というものを、ひとりひとりが持てたら、もっと社会は創造的になると思う。


「勉強で学ぶことはゼッタイに正しくて、それ以外に解はない!」

なんていうことを、右派だけでなく極左暴力集団(中核派東部ユニオンの白井とか小泉、オマエらのことやぞ)もしゃあしゃあと言っていて、それって一周回って”極左内極右”と言ってもいいような、ねじれ現象になってしまっている。


それと、花田さんの問題意識として、女性アスリートとして、女性から見て美しいと思うような写真とかが欲しいと思うのに、検索したらそうではない画像ばかりが出てきたりして、そんな現状を変えたい、という発言があった。

それは、オトコの社会だから仕方がなくて、女性からの発信がないからだけれども、女性からの発信がないったって、そもそも女性の活躍があまりないし、男性だって、じゃあ男性の肉体美に関して発信をしたいかというと個人的には正直したくない。

ゲイと間違われるのもイヤやし。

ゲイになりたいとも思わんし。


アスリートに対して一般人のココロをどう掴むか?が大事で、小村さんが、AKBはファンに応援をさせて、その点非常に上手くしてきたと思う、と言われて、それは半分は当たってはいるけれども、本心からメンバーを育てたいと思った者に対しては、AKSはてのひらを返して、様々な手法を使って妨害してきて、残ったのは育てる=大金をメンバーに落とす、という発想の者ばかり、というのが実態である。

まあそんな実態を話す必要もないと思って話さなかったけれども。


いろんな課題があると思ったし、それらにどう対処したらいいか?については、とりわけ ①女性の生理を含む健康 と、②女性が性的な目以外で美しさをどう主張していくか については、すぐには解決できない課題だとは思ったけれども、すぐには解決できないし、ひとりひとりに異なった意見があるからこそ、大勢の関心を得られる話題だと思う。

こんな、大勢の関心を得られる課題こそ、大勢で議論して、何年にもわたって喧々諤々の議論をしていったら、そのうちにバラバラに振れていたメトロノームが一緒に向くようなことだってあり得ると思う。

メトロノームとか、あと物理の”共振現象”として、理屈ではわかっているにもかかわらず、そんな発想に誰もが至っていないとはどういうことか。


・・・まあ日本政府はそれがわかっているからこそ、人々の”共振現象”を怖れて”共謀罪”法案を可決した、と私は考えているけれども。


あと、アスリートも、ちゃんと売れるためには、キャラ設定とかをしっかりと定めねばならない、という発言もあった。

そこで私が、

「そうすると、そのキャラ設定自体が”やらされ感”そのものになってしまうのではないか?」

と質問したら、その通りでそのさじ加減が・・・という話しになった。

芸能人はキャラ設定が明確だけれども、と言われて、いやAKBだってキャラ設定で悩んでいる、と言いたかったけれども、そこまで言うと主旨から逸れてしまう気がして黙っていた。


とにかく、人間はたくさん悩む点がある。

けど、まあアスリートを育成する立場においては、 ①女性の生理を含む健康 と、②女性が性的な目以外で美しさをどう主張していくか が必要なのだろうけれども、そもそも現役アスリート、現役アイドル・・・現役女性にとっては、どうやって恋愛を成就させるか?のほうがよっぽど真剣な問題なのである。


そういえば、思い出したけれども、化粧とか全く気にしないアスリートがいる一方で、めちゃくちゃ化粧に気をつかう山姥ギャルとかをどう思うか?という質問があって、花田さんも回答に困っているように思えたけれども、私見からいうと、どうやって恋愛を成就させるか?を考えている女性という意味では同じと思う。

いや、アスリートはいますぐ恋愛を成就とかいうお話ではないとも思うし、山姥ギャルはいますぐ恋愛・・・というよりも性風俗に行ってしまうかもしれないけれども、最終的にはオトコのことを妄想しているところは変わってないと、個人的には思う。


むしろオトコのほうが、リアルな女性だけではなくて、アイドルとか、アニメとかで満足していて、そっちのほうがおかしな気がする。


そう考えると、オトコってそもそも”美”という観点から見られることって、ジャニーズとかごく一部でしかないよなあ・・・

オンナって、性的な目で見られると言われるけれども、ウラを返したら、誰もが対象になるともいえる。

オトコって、自分が女性から性的な目で見られる、なんてつゆも思ってない人間が90%はいるんじゃないか?


別にことさらに女性を性的な目で見ろとは言わないけれども(けどどうせ全員が見るんだろう・・・w)、オトコは性的な目でさえ見られない、関心を持たれない、という事実についても、実は検討しないといけないのではないか?


そういえば、この会で、言おうかちょっと思って、いや言ったらおかしくなると思って言わなかったけれども、私は公安からめちゃくちゃ「見ているぞ」と脅迫を受けてきた。

「見ているぞ」というのは、一般人にとっては脅迫なのである。


けれども、アスリートなりアイドルなりは、「見ているぞ」というのを快感だと思っている。

そこにそもそもの発想の違いがある。


「見ているぞ」というのを、脅迫と思うか快感と思うか、そこに違いがあって、その溝は案外埋まらないかもなあ、と思ったりもする。


・・・・コレ、小村さんに送ってチェックしてもらおうと思ったけれども、送ったらドン引きされそうな気がして、コッソリアップするよ。

まあどうせ公安が小村さんに匿名を装って送ったりするんやろけど、いっくら公安が手をまわしても、全員が全員、私のことをキチガイだとは思わないと思う。

この会でだって、小村さんからいい質問をしたと言われたし、花田さんも私の指摘に、一気に表情が輝いてハイテンションになったのを見て取れたし。


ちなみに私は、カネまみれの東京オリンピック反対派やけれども、東京オリンピック反対と言ったところで、アスリート全員を敵にしてまうし、そんなことは発言してない。

東京オリンピック反対と言ったってええけど、じゃあアスリートは社会の中でどうすればいいのか、そこまで検討できねば、アスリートを味方になんてできん。

実業団にいるアスリートは、アスリートを本業と思って、労働は片手間と思っている、それはある意味事実やし、労働ではなくてアスリートとして人類の究極を極めようとする人間がいたっていいと思うし、そういう人々のナマの声を聞くことなく、全部荒っぽい全体主義丸出しの「労働運動」に抑え込んでまうことには、私は反対や。

2017年5月31日 (水)

私が予想した通り、”トリプル彩配信”って、篠崎彩奈と岡田彩花と村山彩希で、篠崎彩奈が主催しとるやん。予想100%的中やなあ。

私はコメント欄を読んで考察してこう書いた。


コレに当てはまる組み合わせあるなあ →  トリプル彩配信やるよ♥️ 2017年5月31日 (水)
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-19b7.html

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/ip-1e3d.html#comment-114931207

トリプル彩配信やるよ♥️

投稿: あ | 2017年5月31日 (水) 15時08分

私コレ16期とかかなあと思ったけど、長友彩海と前田彩佳しかおらん。

それでさらに考えたら、 13期に篠崎彩奈と村山彩希と岡田彩花がおる。

トリプル彩ってコレやろなあ。

そのなかで、村山彩希は"ゆいり"やから、"あ"は篠崎彩奈と岡田彩花のどちらかになる。

それで、岡田彩花は引っ込み思案なとこあるから、こんなことをやるずうずうしいのは、篠崎彩奈かなあ。

てか以前あやなんの舞台を観に行ったけど、それであやなんが親近感持ってくれたんかなあ。

てかそもそも"トリプル彩配信"というのがガチであったのかどうかやなあ。

投稿者 おーにっちゃん 日時 2017年5月31日 (水) 20時23分

そして、検索したらあったよ。


https://twitter.com/ayana18_48/status/869796261825785856

AKB48 篠崎 彩奈‏

@ayana18_48

SHOWROOMもう少ししたらやるよ♥️

お仕事が押してしまって遅くなってごめんなさい😭あやかとゆいりも遊びに来てくれるみたい💓

トリプル彩配信!!

#岡田彩花


https://twitter.com/ayaka_o1106/status/869784686347689985

岡田彩花‏

@ayaka_o1106

15時くらいから彩奈の端末で

トリプル彩配信するよー😊

とっても楽しみです💕

https://twitter.com/yuirii_murayama/status/869865530433208321

AKB48 村山 彩希‏

@yuirii_murayama

彩奈、彩花、彩希

トリプル彩の配信

ありがとうございました🙇‍♀️

途中なーにゃと亜衿が来て

久しぶりに2人にあったのが

嬉しかった…💕

見てくれた方

ありがとうございました!!

https://twitter.com/ayaka_o1106/status/869872717280890880

岡田彩花‏

@ayaka_o1106

岡田彩花さんがAKB48 村山 彩希をリツイートしました

トリプル彩ありがとうございました!

カラオケ配信楽しかった😊

普段の私たちが見れたと思います💕


中核派もその他の人間も、私が導き出した答えに関して、なぜそうなるのかワカランと言うんやけど(動労水戸委員長の石井真一は、私のことを川栄李奈が知っている、と言ったら、「そんなはずはない」と何度も何度も否定したぞ。そんなことを言うたら、石井真一が「革命を起こすんだ」と言ったとしたら、世界中から「そんなことできるはずはない」と何度も何度も言われるに決まっとるやないか。このことからも、石井真一は革命のかの字もクチにしたことがないことがわかってまう)、生身の人間がどう考えて行動しているか?をリアルに考察したら、答えはひとつしかない。

私はその、わかりきった答えをアタリマエのように言うとるに過ぎん。

わからんヤツらのほうがおかしい。

そんで、同じIPからこんなコメントがきとる。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/2017531-akb48-m.html#comment-114932351

カラオケ配信楽しかった😊

投稿: あ | 2017年5月31日 (水) 21時00分

241

てか

15時くらいから彩奈の端末で

トリプル彩配信するよー😊

とあって、

お仕事が押してしまって遅くなってごめんなさい😭あやかとゆいりも遊びに来てくれるみたい💓

トリプル彩配信!!

とあるから、篠崎彩奈は15時から配信するつもりやったけど、仕事が押してしまって配信が遅れて、15時08分に私のブログにコメントしに来たと読み取れるなあ。

この”あ”は私は篠崎彩奈と判断するけれども、だいたい他の工作員は”コメントスルー運動”なんてのをやっとる。

てか私もだいぶ理解したけど、”運動”なんてやっとる団体ってあまねくカルトやねん。

”運動”なんて言い出したら、そこにいるトップはそれをやりたくないから下に押し付けとるサインやねん。

最近JR東日本が駅で”声かけサポート運動”なんて言うとるけど、ようは

「JR東日本の社員は乗客の面倒なんてみません、乗客の間で解決してください、自分らは電車を動かしてやってるんだから」

と言うとるねん。

まあしかしあやなんが不意に出てきてくれたのも、なんかうれしいなあ。

あやなんは、イマイチパフォーマンスがよくならずに、私もヤル気がないのかと思うとったけれども、バセドウ病とわかって、ああそういうものなのか、と思った。

てかそれで思い出したけれども、今日こんなコラムがあった。

疲れているのは「体」じゃなかった!“脳疲労”のメカニズム

2017年5月31日 16時0分 女性自身

http://news.livedoor.com/article/detail/13138172/

「日本人は、70%以上の人が慢性的に疲労を自覚している“疲労大国”です。私たちは疲れを感じるとき、『体が疲れている』と考えがちですが、実際につかれているのは、体ではなく『脳』なんです」

そう話すのは、『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)の著者で、疲労研究の第一人者の東京疲労・睡眠クリニック院長の梶本修身医学博士だ。

「ネット社会になりスマホも普及し、目から入る情報量も格段に増えました。私たちの脳は、ほぼ24時間休む暇がないんです」

脳が疲れている、とはどういうことなのだろうか。梶本先生が監修した疲労の研究では、被験者が有酸素運動を4時間行った。その後、体の各部の疲労度を測定してみると、筋肉や内臓など体への負担はほとんど見られなかった。しかし、1カ所だけ疲労が確認された場所が……。

「それが、脳だったんです。疲労とは、医学的にいうと、『痛み』『発熱』と並んで、人間の生命を守るための警報アラームの一つと言えます。研究では、脳幹の視床下部と、前帯状回と呼ばれる自律神経の中枢が疲れていたのがわかりました」

私はこの記事は世界の全部を言い表しているとは考えてない。

どうして脳が疲れるのか、という問いに対して、

「ネット社会になりスマホも普及し、目から入る情報量も格段に増えました。私たちの脳は、ほぼ24時間休む暇がないんです」

というのは、答えになってない。

だって、人間はラクをするために情報を得とるのに、その情報を得ることにより疲れるというのは、説明が足りてないと思う。

そしてその核心とは、人間はラクをするために情報を得て、その情報のほうを正として、目の前の人がリアルに訴えていることを聞かんねん。

そして、それを全員が考えながらも、全員がその矛盾に気づいてない。

みんな、本とか新聞とかインターネットとかで、自分だけは正しい情報を持っとると思うとる。

そして、アイツは、全く違ったことをしていてヘンなヤツだ、と思うとる。

そうやってみんながみんな、相手が自分の考え方に合わせるべきだ、と思うとるねん。

だから、疲れてまう。

とりわけ、自分がヒトと違ってなにかをしたいと考えたときに、ヒトは自分の言うことを聞くのではなくて、本とか新聞とかインターネットとか、自分が所属する団体の上司の言うことを正として考え、「オマエは間違えているだろう!」という論調になってまう。

具体的に言うと、あやなんだってそうやと思う。

私はあやなんのことをさすがにそこまでよく知らなかったから、なんか怠けているように見えてもたけれども、あやなんが楽屋裏とかで辛そうにしているのを見たら、「なんかおかしいんじゃないか」と思うたと思うねん。

或いは、私やったら、「一生懸命やっているつもりなんだけれども、どうしてかヒトと同じようにできない」とか言われたら、何故なのか考えようとする。

けど、フツーの人間は、そんなことを言おうものならば

「それはオマエの努力が足りないからだ!」

って一蹴されてまうやろ。

そこまで予想できてまうからこそ、言われると想像する者は、脳が無意識的に疲れてまうねん。

私は疲労の多くは(全部とはいわないけれども)そういうメカニズムで発生すると考えている。

私は逆に、工作員のコイツらをどうやってやりこめるか、と思うとるから、そういう意味では疲れんなあ。

日立製作所に入った当初は、十二指腸潰瘍とか患ったけど、いまそんなのゼンゼンないもん。

このトシでやむなく肉体労働をやっとるから、その分の疲れは確かに溜まるけれども、それは脳の疲れではないなあ。

だから私はいまは眠気もあんま感じんし、飽きることもない。

ただ、ほかの人間が同じようなことをグダグダグダグダ言っているのを聞いたら、オマエらはその問題を解決する気なんてないんだろう!って言ってやりたい気になることはままある。

てか誰が言い出したのか、オトコはすぐに解決したがるし、オンナは解決するのではなくてハナシをすること自体が楽しい、なんてまことしやかに言われとる。

けれども、オトコだって、上司の悪口をネチネチネチネチ言うとるヤツとか、解決なんかする気ないんやろ、と言いたい。

中核派だって、解決するのではなくて労働運動をすること自体が楽しい人間の集合体になってもとるしなあ。

まあ、ハナシと労働運動とはまるきり逆のモノで、労働運動はヒトの言い分を認めないところから始まっとるところはあるけど(それはイロイロとおかしいんやけど実態としてそうや)、けっきょくのところ解決策が示せてないし、清水丈夫以下、解決策を示す気がないことも、私はひしひしと実感してきた。

まあAKBで中核派ネタはこじまこの親戚くらいしか興味ないかもなあ。

・・・・いやこじまこも興味ないかもやけど、親戚に中核派がいるとなるとマズイよなあ。

中核派ネタでいうと、中核派に入るときに、親戚に警察関係者がいないか?については申告させられた。

私のもう亡くなったけど、それこそ20歳くらい離れた従兄が、最初に職業に就いたのが兵庫県警で、けれども死体にイカナゴだかが群がるのを見て気持ち悪くなって警察を辞めたと聞いた。

そんなのを申告しても、なんも問題視されんかった。

たぶん、最初は正直な気持ちで入ろうとしても、後で親戚から吹き込まれてスパイに変わる人間をあぶり出しとったんやろなあ。

だいたいそもそもホンモノのスパイであれば、親戚に警察がいるかと聞かれて、自分こそ実は公安であっても、「いません!」って回答するしかないよなあ。

てかこの一事を考えても、中核派ってヒトを見る目がないよなあ。

集会や自分らの闘争に参加しているだけでいい、カネを落としてくれればいい、という発想やからこそ、いくらでもスパイが入れる。

そうじゃなくて、自主的に自分が人生をかけてきたことをじゃんじゃん話して中核派を活性化してもらう、という発想に変わったら、スパイは”自主的に自分が人生をかけてきたこと”ってスパイ活動そのものになってまうから、コレは難しいよなあ。

そんな発想の転換ができてないからアカンねんなあ。



とにかく、AKBの女の子たちが、公安権力の”コメントスルー運動”に対抗してくれるんやから、こんな心強いことはない。

公安権力がAKBの女の子たちに対してヒドイことをしたら、それはもうAKBグループに広まるやろし、他のアイドルグループにも広まるかもワカラン。

だから公安権力も怖くて、AKBの女の子たちの自主的な行動に手出しができんねん。

やっぱ革命って、机上の議論ではなくて、こういうことやと思うなあ。



・・・机上の議論と書いて、AKBの女の子に騎乗位がどうのとかヘンなこと教えたらアカン、と、ヒトリツッコミを考えた。

いや私もそんなのがあるというのを知っているだけで、経験はない。


私も、41歳にしてなお、まだまだ知識だけが無駄にあって実践経験がないことが多いwww

2014年4月14日 (月)

カイロプラクティックで腰痛のハナシが出たので

カイロプラクティックの先生と、施術中にいろいろ話すのですが、

「腰が曲がってしまうのも治せると、以前聞いたのですが・・・」
と言ってみました。

すると、
「さすがに骨が縮むのまでは治せないけれども、改善できます。
自分はヘルニアで背が2cmも縮んだけど、インターンの学生で施術し合っているのでだいぶラクです。」

と言われました。

AKBでちぃちゃんが腰痛らしいので、
「腰痛なんかも治せますか?」
と聞いたら、ある程度は治せるというあいまいな答えでした。

最近の整形外科の考え方では、腰痛の80%はの根本原因はストレスらしいとのことです。

そうすると、安直にカイロプラクティックで治るとまでは言えません。

ただ、改善することが多い、みたいなコトも言われてました。

"腰痛"で検索してみても、悩んでいる人が多いようで、コレをすれば治る、なんて言えませんが、若いうちから腰痛ってのが気になるので、なんかいい方法に当たらないかなと願います。

ワタシが横にいたら、先入観に囚われずにアレコレ試してみるのですが・・・

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チーム8公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKB48著名人公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お笑いネタ帳 | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | マルクス主義を粉砕する | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 中核派について | 中核派の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック