恋愛

2013年8月25日 (日)

続々・秋元康批評

"恋はあとからついてくる" "7秒の幸福論" を読み、だいたいいいと思ったが、ちょっと気になったことを。

秋元康は、失恋はきっぱり忘れるもの、オトコなんてどこにでもいる、なんて何度も書いているが、それを本にいくら書いて主張したって、読者のココロには響かないと思う。


というのも、その大失恋に苦しんでいる人は、きっと占いをして、占い師から "幸せな結婚をする" なんて言われて、二人の将来を夢見て舞い上がっていたのである。

血液型占いや星占いもやってみて、ほくそ笑んでいただろう。
なにかのときにくれた、好みにバッチリなプレゼントにも、ときめいただろう。
趣味だって、これだけ合う人に会ったことがなかった。
悩みに的確にアドバイスしてくれたことに、涙を流したかも知れない。

すなわち、これほど私のことを理解してくれる人はいない!もうこの人が運命の人!と、毎日毎日思っていたのである。


・・・なのに、秋元康という、自分の好みでもなんでもない既婚者のオッサンが、本の向こう側から語りかけたところで、そんな声が耳に入るワケがない。


失恋から立ち直るには。
これほど私のことを理解してくれる人はいない!
という思いを打ち破れればいいのであるが、それには異性に出会ったらいい。

秋元康が、"スペア世代" と呼ぶ、1人の異性に限定しない、真剣に失恋することがない代わりに、真剣に恋もしない人間が存在することは、私も確かと思う。

"スペア世代" などになってしまうと、人生がつまらないと思うが、せめて、失恋して打ちひしがれている人は、「自分に合った異性はその1人しかいない」という誤解を解くという意味において、"スペア世代" の考え方を取り入れてもいいと思う。


しかし、これまで何年も異性を見つけられなかった人にとっては、"スペア世代" の考え方を取り入れて、異性の中に入って行くことさえ難しいように思われるだろう。

そういう時こそ、いまどき古いかも知れないが、 "合コン" や、それに似たところに出て行った方が良い。

しかし、奥手な人間にとっては、 "合コン" なんて出て行きづらい最たるものである。
ましてや、失恋の痛手に遭っているこの時期に・・・

やはり、我々が外野からアレコレ言うのは野暮というものだろう。

とびきりの親友に相談して、あなただけの答えを見つけるしかない。


失恋の相談ができる親友さえもいない場合は・・・? わかりません。

私の親戚にも、1回の失恋の痛手から、恋愛せずに一生独身で過ごしそうなのがいたが、私などがどう言ったところでどうにもならなかったから。


ふと思ったが、
"失恋者ネットワーク" "失恋者連絡会" "失恋者駆け込み寺"
こういうモノを作っても面白くないか?

まあ、組織として面白いのは最初の1年だけで、いずれ単なる出会い系サイトになってしまうのであるが。

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック