憲法第九条

2017年7月 8日 (土)

憲法や法律で戦争をやりたい意思を封じ込めるのは不可能や → 戦争を起こさない為に作った憲法9条がどうして労働運動と関係があるのですか?

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-bdc3.html#comment-115149728

戦争を起こさない為に作った憲法9条がどうして労働運動と関係があるのですか?
法律や憲法の知ったかぶりはこの世にはいらない。
お前が書いた文章を読んでも、憲法9条と関係ないじゃん。
憲法9条の文字を付けただけで憲法9条が関係しているって思わせたいの?
条文も載せて条文のここが労働運動と関係する、それを確証する記事はこれですと説明しないと誰も信じないよ。
あとお前の行動は革命家でもなんでもないただの大馬鹿。
動労関東はお前だけしかいないみたいで、中核派から孤立しているらしい。
だってブログの記事にお前の私的のストーカー記事や労働とは関係のない事を書いている。
そんな記事を書いている時点で動労関東はお前の私物化になっている。
追い出されるのも時間の問題。

投稿: | 2017年7月 8日 (土) 07時39分


中核派自身が、労働運動で戦争を阻止しようと言うとるし、韓国民主労総の闘いを取り上げとる。

韓国は、日本と違って、"平和憲法"を制定できんかった。
北朝鮮と戦争継続中やからなあ。

それで、韓国民主労総のゼネストは、中核派の報告でも232万人とある。

韓国 鉄道労組スト先頭に232万決起 パククネを引きずり下ろせ ハンサンギュン民主労総委員長の釈放要求 発行日: 2016年12月 8日 第2804号 世界の闘い http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2016/12/f28040101.html

やはり日本と韓国の違いに目を付けなアカンし、それには日本のほうがどうして左翼が弱体化してしまったか、を考えなアカン。

そうすると、日本共産党を見たらわかるけど、フツー左翼ってもっと主張が急進的やろ。

それが、「平和憲法守れ!」というだけで、自分らは戦争反対だ、と思ってきたというのはおかしい。

だいたい、"戦争放棄"というけど、そもそも"戦争"という言葉の定義があいまいや。

私は、"戦争"の名において、内乱を取り締まろうという意図があって、"戦争放棄"と憲法で主張したとも見とる。

共謀罪法案の下地は、憲法第九条に埋め込まれとる。


とにかく、戦争は国体が取り締まるべきものではなく、人々が意思として求めるモノやねん。


ホンマは中核派のほうが理解してないとおかしいんやけど、まあワカランやろなあ。

2017年7月 7日 (金)

実は、憲法第九条が存在したことが、日本で労働運動が真っ先に衰退した根本的な理由と私は考える。中核派のバカどもは理解できてないけど。

コメントした内容や。

https://www.youtube.com/watch?v=CtFvqPzJ5pc&lc=z123xptx5ru4u5gp204cfd3hlsahfjiobv40k.1499433770113798


実は中核派は改憲に賛成せなアカンのに、反対したのはおかしい。

だって、革命を起こさねばならないと言うとるのは、自分らの政府がおかしいからやろが。

自分らの政府が制定しとる憲法が、正しいはずがない。

正しくないからこそ、革命を主張しとる。


なのに、どんな理屈であっても、改憲に反対した時点で、「いまの憲法のほうがマシ」という条件反対闘争に陥ってしまっている、ということに、中核派は気が付いてない。


とりわけ、日本国憲法が世界的に見ておかしいのは、憲法第九条で、中核派のヤツらも気がついてないけど、憲法第九条があったから、他国に先んじて労働運動が衰退してもたのは紛れもない事実やねん。

だって、憲法第九条がなくって、日本がいつ戦争をするかワカラン、と思ったら、韓国の民主労総みたいにみんなでよってたかって労働運動で反対してまうやろ。

けど、日本には憲法第九条があって、自分の職場をかけた労働運動でなくても市民運動で「憲法守れ!」って言うとるだけで平和は守れると、中核派も含めたみんなが思ってしまったがために、労働運動は衰退させられてしまった、といえる。


そういえば、中核派の沖縄のヤツに向かって、私は、

「革命を起こす手順としては、沖縄独立運動を契機にしていけばいいんじゃないか」

みたいなことを言った。

その思いはいまも変わらん。

というのも、沖縄返還自体が不平等で、米軍基地を押し付けたままの返還やったから、それに反対して、大坂正明が逮捕されるきっかけになった、渋谷暴動闘争が起こった。

だから、中核派は、ホンマに絶対反対闘争を貫くならば、いまもって沖縄返還は反対なはずで、当然のように、革命を起こすためにも、歴史をさかのぼって、沖縄独立の機運を盛り上げていかなアカンハズやねん。


なのに、沖縄のヤツも、前進社も、

「沖縄独立を唱えているのは翁長知事とか右翼のほうで、沖縄の人々の大勢は独立運動には反対している」

とかほざいとった。

・・・そんな論理がまかり通るならば、

「革命を唱えているのは中核派だけで、日本の人々の大勢は革命運動には反対している」

という、コレはもう事実があるわけやけど、それに対してゼネストで革命なんて、誰も望んでないことをどうやって実現するのか?

サッパリ論理破綻しとるやないか。

ホンマに革命を起こしたいならば、沖縄の大多数が表面上どう考えようが、徹底的に考え上げて、沖縄が独立したほうがいい理由を挙げ、さらには沖縄よりも弱い国・地域がどうやって自治しているのかを検討して、独立できるようにする。

たとえば沖縄は日本から独立して台湾と合併する、という選択肢だってあると思うよ。

そんなことを自由に発想しながら、「そんな考え方もあるのか!」って人々を思わせて巻き込んでかな、革命なんて起こせんよ。

中核派みたいに、ストライキばっか叫んどったってアカン。

だいたい、ストライキを主張するって、労働者の誇りからするともっとも腹立たしいことや。

だって、たとえばすごい職人労働者がいるとして、そのヒトが首をタテに振らねば、社長さえもおいそれと判断を下せん、みたいなキーパーソンっておるやろ。

そういうヒトに対して、自分が誇りにしている仕事、労働、を無視して、全員一様にストライキしろ、と、上から号令をかけるというのは、ゼッタイにやったらアカン。

ストライキというのは、いわば労働者から誇りを捨て去らせる行為やから、やったらアカンねん。


いやもちろん、それでも最後の最後の切り札として、あるのとないのとでは違うのは理解するけど、大切なのは、権力に対して、権力よりも自分達が知っているものごとについて、自分達が知っている通りに主張して、「オマエたちは安全についてちゃんと考えられてないだろう」、と追及するような、そんな闘いをまずやるべきやねん。

中核派はそれをすっ飛ばして、全部ストライキがゼネストがと言うとるから、誰からも見向きもされん。


私がこんな主張を持っていたって、全く会話できる場所がなかったし。


中核派って「ウンドーガ!ウンドーガ!ストライキガ!」しか唱えられんバカどもの巣窟やねん。

2015年4月21日 (火)

改めて考えると,憲法第九条って,結局自分は守らなくていいから,みんなヒト事と思うからこそ,あれこれと主張するんですよね?

憲法論争っていつの間にか”護憲”か”改憲”かの2択になっていて,しかも第九条に焦点が絞られてますよね。

けれども,日本国民が自らをふり返って,憲法を守ってきたかというと,憲法第12条

”この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。”

を見れば明らかなとおり,誰も守っていません。

インターネットの普及により,facebookにしろtwitterにしろ,場所に関係なく自由に繋がったり,逆にアクセスブロックができるようになったりして,憲法第12条を守らない雰囲気は急速に拡大してきました。

憲法第12条は明確に,”国民の不断の努力によつて”として,国民ひとりひとりに問いかけています。

けれども,いや,だからこそ,右も左もすべての人々が,憲法第12条を守っていないのです。
日本は自分の問題と考えたくない人々によって埋め尽くされているから。

そんな憲法を守っていない人々が,憲法第九条をネタにして,”護憲”か”改憲”かなどといくら声高に叫んでみたところで,全く無意味と思います。

自分が守れないのに,国に対してだけ憲法を守れなどというのはさすがにどうかと思います。

憲法論争をする人々は,憲法第九条について勝手な主張をする以前に,自分が憲法第12条を守っているかどうか,ふり返る必要があると考えます。

もちろん,憲法は国を規定したもので,個々人までは規定してないと主張する人もいるでしょう。

けれども,内容を読めば明らかな通り,基本的人権だけは,個々人のレベルで遂行せねばならないものです。
だからこそ,憲法制定時に,憲法第12条だけはとりたてて明確に,”国民の不断の努力によつて”として,国民ひとりひとりに対して責任を記載していると受け取れます。

調べてみますと,憲法が国民に対して制約をかけているのは,この第12条及び第九条,あとは,第27条における勤労の義務と,第30条における納税の義務です。

これらの義務は,国民が直接的に負うものとは解されていません。
が,そのなかでもとりわけ,”国民の不断の努力によつて”とまで強い記載がされているこの第12条は,憲法第九条以上に重要であり,憲法第九条のそもそもの前提条件であると考えられます。

憲法第12条がないがしろにされている現状をこそ,どうにかしないといけないと考えます。

2015年1月27日 (火)

「イスラム国」,人質要求が怪しくなってきました。要求が上がれば上がるほど決裂の可能性があることを考えていません。→ 「イスラム国」、後藤さん解放などで27人の釈放要求

この記事

-----------
「イスラム国」、後藤さん解放などで27人の釈放要求 2015年1月27日(火)7時54分配信 TBS
http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/tbs-20150127-21501/1.htm

 いわゆる「イスラム国」は、後藤健二さんの写真を公開、音声メッセージとともに、2005年に60人が死亡した連続テロを起こしヨルダンで拘束されているサジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を求めています。

 しかし、「イスラム国」がヨルダン側に求めてきている釈放リストがあり、その数は27人だということが、ヨルダン政府関係者への取材で分かりました。この中には、2005年にイラクでヨルダン人殺害などに関与したジャド・カルブリ死刑囚も入っているということです。カルブリ死刑囚は、イスラム国の前身、「イラクのアルカイダ」の元最高指導者、ザルカウィ容疑者の側近だったということです。

 イスラム国側が複数人の釈放を求めていたことで、後藤さんの解放を含めた交渉の可能性が出てきましたが、ヨルダンでは25日、アブドラ国王が12月に拘束されたヨルダン人パイロットの解放を最優先としていて、まだ厳しい局面であることに変わりありません。(27日04:25)
-----------

により,27人もの釈放を要求しているとありますが,もうそこまで来ると1人や2人の釈放と等価と考えられないとして交渉決裂,が世界の世論になってくる可能性が十分にあり得るので,過大な要求と思います。

私たちから見ていくらテロ組織であっても,「イスラム国」として自らを国と主張しているのですから,ある程度対等な立場の主張をしないと自滅の道を進むのは目に見えています。

アメリカ軍は既に,たくさんの空爆をしているそうです。

-----------
「イスラム国」に空爆34回=米軍 2015年1月26日(月)23時49分配信 時事通信
http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/jiji-2015012600871/1.htm

 【ワシントン時事】米軍主導の有志連合は26日、過激組織「イスラム国」に対し、イラクとシリアで現地時間の25日朝から26日朝の間に計34回の空爆を加えたと発表した。米軍などは、湯川遥菜さん殺害のものとされる画像公表の前後も、空爆を継続した。
 シリアでは、北部のクルド人の町アインアルアラブ近郊でイスラム国の部隊を攻撃するなどした。イラクでは、クルド人治安部隊が奪還作戦のタイミングをうかがう北部モスル付近などで空爆を実施した。 
-----------

イラク戦争のときだって言われたと思いますが,空爆をしたところで一般人が巻き込まれない可能性がないとはいえません。

とりわけ,”イラクでは、クルド人治安部隊が奪還作戦のタイミングをうかがう北部モスル付近などで空爆”とありますが,モスルって一般人が信仰に来るところですから,一般人が巻き込まれた可能性は否定できません。

空爆するにしても,衛星画像から明確に軍事施設と分かるものを集中的に空爆する,とかでないといけないと思います。
或いは,”クルド人治安部隊”と同様に,空中からではなく地上戦を行うとか。
地上戦ですと民間人を巻き込む可能性はかなり低くなりますし,いずれにせよ民間人を巻き込んではなりません。

そんな状態で,オムツ安倍晋三バカ総理大臣は,自衛隊派遣を強行しようとしています。

----------
人質殺害を口実に…安倍首相がNHKで「自衛隊派遣」を示唆 2015年1月27日(火)9時26分配信 日刊ゲンダイ
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/gendai-20150127-237448/1.htm

「最悪の事態」がとうとう現実となった。過激組織「イスラム国」による日本人人質殺害事件。こうなったのも、安倍首相が外遊先のカイロで、能天気ヅラして「イスラム国対策にカネを出す」と“宣戦布告”したのが原因だ。安倍首相は、イスラム国側から「アベ、おまえがハルナ殺した」と名指しされ、さぞ自責の念に駆られているのだろうと思ったら違った。「反省」どころか、今回のテロ殺害事件を安全保障や集団的自衛権の法改正問題と結び付けて“政治利用”しようとしているから許し難い。

「この(テロ殺害事件)ように海外で邦人が危害に遭ったとき、自衛隊が救出できるための法整備をしっかりする」――。

 25日、NHKの日曜討論に出演した安倍首相。26日開会の通常国会で、安全保障と集団的自衛権の関連法案の成立に向けた意気込みを問われた際、こう強調していた。聞き手の島田敏男・解説委員が気心の知れた「寿司仲間」のために気が緩んだのだろうが、これは衝撃発言だ。

 安倍政権は昨年7月に国民の反対を押し切って「集団的自衛権」の行使容認をめぐる解釈改憲を閣議決定した。その際、武力行使できる新たな要件として、「日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由と幸福の追求権が根底から覆される明白な危険がある」「日本の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない」「必要最小限の実力行使にとどまる」の3つを挙げていたはずだ。今回のテロ殺害事件と集団的自衛権は何ら関係がないし、新3要件も当てはまらない。それなのに、安倍首相は今国会で審議される安全保障や集団的自衛権とテロ殺害事件をごちゃ混ぜにして自衛隊派遣に前のめりになっているのだ。

■後方支援は実質的な武力行使

 さらに驚いたのは、イスラム国と戦闘状態にある米英などが主導する「有志国連合」との連携について、慎重姿勢を示しつつも「我々に求められるのは軍事的な貢献ではない。後方支援は武力行使ではない」と踏み込んだことだ。日本も「有志国連合」に名を連ねているとはいえ、これまで積極参加の姿勢は示してこなかった。後方支援とはいえ、日本が自衛隊を派遣して「武力行使」に加われば、自衛隊員が戦闘に巻き込まれたり、報復テロの標的になったりするのは避けられない。

 軍事評論家の神浦元彰氏はこう言う。
「後方支援がなければ前線の戦闘は成り立ちません。つまり、後方支援は紛れもない武力行使です。安倍首相は自衛隊を派遣したり、特殊部隊を作ったりすれば解決すると考えているようだが、最大の軍事力を持つ米軍でさえも、特殊部隊によるイスラム国襲撃が失敗しているのです。安倍首相が想定しているのは、しょせんは『戦争ごっこ』。軍事を何も分かっていない。そんな日本が『有志国連合』に加わり、自衛隊を派遣して一体何ができるというのでしょうか」

「有志国連合」の軍事作戦に参加しているカナダやオーストラリア、フランスは、イスラム系過激派によるテロが相次いでいる。安倍首相の暴走を止めないと、日本は「テロの連鎖」の泥沼にはまることになる。
----------

私は憲法第9条は廃止し,自衛隊を正式な軍として積極的に派遣するべきと以前より主張していますが,それはあくまで

① あくまで世界の人々の人権を最優先すること
② 国民の間で慎重に議論が為されること

が必要と考えています。

① については,後藤さんの人権を尊重しようとしている一方,上で述べたとおり,「イスラム国」に在住する一般人の人権を侵害する可能性が否定できません。
また,② については,国民の間でそもそも憲法第9条の解釈変更自体が正しいのかどうかの議論さえ為されていない現状において,さらに踏み込んでオムツ安倍晋三バカ総理大臣の一存で自衛隊派遣まで決定してしまうのは,もう東条英機と同レベルの独裁そのものであるとしか言いようがありません。

それにしても,この最後の記事,”■後方支援は実質的な武力行使”,自己矛盾に気づいてませんよねえ。コレにもハラが立ちます。

ならば,いくら武力を出さないからといって,「イスラム国」に敵対する各国への金銭的支援は”後方支援”に当たり,これさえも”実質的な武力行使”に当たる,と私は主張します。


私はいま,各国レベルでの憲法や法律の独自運用の限界を感じています。

インターネットや交通が発達したいま,”国”なんて概念的な存在でしかなく,人間は”国”を超えて自由に行き来できたり,”国”自体を認める認めないの話になったりするのですから,その概念では定義できない人々が大勢いるので,その概念では定義できない人々を守る新たな概念が必要と思います。

とはいえ,法律にしろ組織にしろ,いくら新しく取り決めたところで,人間はいくらでも都合のよい解釈をするものなのですから,最終的には強い心を持った人間が,その時代その時代に登場することを待つしかないのですが。

2015年1月26日 (月)

憲法第9条の虚を突かれた格好になりましたね。→ 要は足元を見られて失敗したのだ。そもそも外務省は誰一人、現地に入り込んで邦人救出に動いておらず、外国の仲介者に任せていたのだから、その本気度は疑わしい。

この記事を見て,やはり日本政府はなにもする気がないことを理解しました。

------------
外務省関係者 後藤健二氏めぐりISISと解放交渉行なっていた 2015年1月26日(月)7時0分配信 NEWSポストセブン
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/postseven-20150126-299833/1.htm

 1月20日、イスラム国(ISIS)は拘束しているジャーナリスト・後藤健二氏と民間軍事会社代表・湯川遥菜氏の殺害予告ビデオをネットに公開。日本政府に対し、72時間以内に2億ドルの身代金を支払うことを要求した(24日には湯川氏が殺害されたとする映像が公開された)。

 湯川氏がイスラム国に拘束されたことが明らかになったのは昨年8月、後藤氏についても政府は昨年11月の時点で拘束されたという情報を掴んでいた。これまでの数か月でできることは山のようにあったはずである。

 たしかに何もしなかったわけではなかった。後藤氏がシリアに向けて日本を出国したのは昨年10月22日。後藤氏の妻の携帯電話に約10億円の身代金を要求するメールがあったのは昨年11月初旬だった。本誌は11月中旬にいち早く、「後藤氏失踪」の情報を入手し、取材に動いた。当時、外務省関係者に接触すると、身代金交渉を行なっていることをはっきりと認めた。

「後藤さんがイスラム国を名乗る武装集団に拘束されているのは間違いない。現地には身代金目的の小規模な集団も多く、本当にイスラム国なのかどうかはまだ確認が取れないが、いずれにせよ、現在、現地のあるシリア人を仲介役に解放交渉中だ。ただし、武装集団は『後藤の名前を公表すれば首を切り落とす』といってきている。人命のために報道しないでほしい」

 本誌は「生命に危険が及ぶ可能性がある」という判断で取材を続けながら記事化を見送ってきたが、その後11月下旬になると、本誌に続いて民放キー局の1社もこの情報を掴み、報道する構えをみせた。

 本誌は引き続き人命優先で報道を控えることとしつつも、情報が公になった場合に備えて昨年12月1日、外務省に公式に事実確認を求めた。邦人テロ対策室の担当者はこう回答した。

「人命に関わる特殊な事案であるため、こうしたケースでは事実関係の有無を含めて対外的に話すことはないというのが当省の方針だ」

 そして今回の最悪の事態に至った。なぜ交渉はまとまらなかったのか。前出の外務省関係者によれば、イスラム国を名乗る集団は当初、後藤氏1人について身代金を要求してきた。ところが、交渉が長引くと、途中から条件が変わったという。

「交渉窓口が別のチャンネルになり、途中から『湯川さんを含めた2人を一緒でなければ返さない』というメッセージが届き、身代金を大きく吊り上げてきた。2人一緒の交渉になれば、たとえ身代金を払ったとしても1人しか返さない可能性が高くなるなど、交渉は相手が断然有利になり、暗礁に乗り上げた」

 要は足元を見られて失敗したのだ。そもそも外務省は誰一人、現地に入り込んで邦人救出に動いておらず、外国の仲介者に任せていたのだから、その本気度は疑わしい。
------------

この最後の一文なんて,明らかにやる気なしでしょう。

憲法第9条を大上段に掲げているから,外務省担当者を,自衛隊(軍)の部隊の護衛を付けた上で派遣することができない,なんてことを考えているから,いつまでものうのうとしていられるのです。

私は後藤さんらに関して日本政府はキッパリと「助けられない」旨を宣言するほうがいい,としましたが,助ける気が憲法第9条を捨て,基本的人権を最優先に,外務省担当者と軍を派遣するべきです。

それと,週刊ポストはあくまで自分たちは善人のように記載していますが,けっきょくのところ私が主張する報道統制・隠蔽があり,それに週刊ポストも加担したことは疑いがありません。

そう考えると,”ただし、武装集団は『後藤の名前を公表すれば首を切り落とす』といってきている。”って本当なんですかね?

イスラム国武装集団が「『後藤の名前を公表すれば首を切り落とす』などとは言ってはいない」と言ってくると,外務省,日本政府,勝手に報道統制を敷いたこととなり,窮地と思いますが。

そもそもイスラム国はネット上から助命を嘆願するのが通常のストーリーですよね。
イスラム国武装集団が『後藤の名前を公表すれば首を切り落とす』などと言ったというのは,かなり胡散臭いと思います。

2015年1月25日 (日)

自分自身の主張が理解できてないなあコイツ → 9条があったって、防衛予算見ても装備見ても日本はれっきとした軍事大国なんだよ

私にコテンパンにやられに来たのですね。分かります。

------------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-35e0.html#comment-109736843

IPアドレス:     1.171.58.54

内容:
--------
9条があったって、防衛予算見ても装備見ても日本はれっきとした軍事大国なんだよ
9条の建前があったからこそ、ベトナム戦争派兵も拒否できた
朝鮮戦争も拒否できた、湾岸戦争もイラク・アフガン戦争もお金のみ、物資支援のみ
で逃げ切れた。以上これらに参戦してたなら米国と同じく敵国のターゲットに
なってるんだよ。現に、オムツ安倍が調子乗ってイスラム国対策で2億ドルなんて
言ったから、報復で2人の首切り公開処刑が秒読みになってんだろうが。
物事には、本音と建前ってものがあるんだよ。統合失調症の単純馬鹿には理解できないだろうがな。

投稿: | 2015年1月25日 (日) 00時59分
------------


”9条があったって、防衛予算見ても装備見ても日本はれっきとした軍事大国なんだよ”って,じゃあ他国と比較して,他国がイスラム国に軍隊を派遣したら済むにもかかわらず,日本がこの度中東の周辺諸国に対して2億ドルの融資をするのは,他国と比較して2億ドル分要らない費用を出しているだけですよね?

・・・なんか私違うこと言ってます?


それで,”9条の建前”で数々の戦争を拒否できたって,なにかの成果に結びついているのでしょうか?

オマエの主張はいつの間にか”戦争を拒否できた”こと自体を目的にしていませんか?

いくら敵国のターゲットになろうが,”日本はれっきとした軍事大国”なのだから,支出は増えないですよね?




オマエは,お金の議論から精神論に摩り替えているだけなのですよ。

ものごとを精神論に終結するのは,”欲しがりません勝つまでは”,”進め一億火の玉だ”などに代表されるように,極めて問題があるものです。


お金で検討するならばあくまでお金という土俵の上で考えないと。


つけ加えておくと,どのみち今回イスラム国からターゲットにされているのですから,憲法第9条があるからターゲットにはならないというオマエの主張さえもが失当です。

ついでにオマエ,こんな投稿して,恥ずかしいと思わんか?

Access2015012501



さらに,このアドレス台湾のものやし。工作臭がプンプンするなあ。

http://www.utrace.de/whois/1.171.58.54

2015年1月11日 (日)

なんか世界的に不穏な動きが出てきました。 DDoS攻撃で2ちゃんも何度もダウンしていますし。 → 女児が自爆、19人死亡 2015年1月11日(日)1時10分配信

こんな報道もありますし,つい昨日だかにフランスの人質事件もありましたし,もうなんか世界中に不穏な動きが出てきました。

-----------
女児が自爆、19人死亡 2015年1月11日(日)1時10分配信 共同通信
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2015011001001985/1.htm

 【ナイロビ共同】ナイジェリア北東部ボルノ州の州都マイドゥグリの市場で10日、10歳前後とみられる女児が自爆し、少なくとも19人が死亡した。フランス公共ラジオなどが伝えた。犯行声明は出ていないが、イスラム過激派ボコ・ハラムの関与が疑われている。この市場では昨年にも2回、女性による自爆テロがあった。

 市場の入り口で、金属探知機に反応した女児が身体検査を受けている際に爆発したという。目撃者は「女児は体に何を装着されているか知らなかったのではないか」と語った。

 ボコ・ハラムは今月初めにボルノ州バガとその周辺を集中攻撃するなど、北東部で支配圏を拡大。
-----------

・・・こういうテロ事件は押さえ込まないといけませんが,いまの憲法第9条において日本は自衛隊を派遣できません。

コレに関しては私はおかしいと思いますし,憲法第9条は早急に廃止して世界に立ち向かえるようにすべきと思います。

そして,それでも日本が過去の過ちを繰り返さないためには,議論をし尽くせる社会が必要であり,いまの日本政府組織の下では無理なことなので,結局のところ日本政府をぶっ潰すしかないと思っています。

この世界のテロによる不穏な空気を,なんとかして日本に向けたいですよねえ。

アラビア文字のコメントはいったい何だったのか。

2014年12月19日 (金)

なんかよくわからない展開になってきましたねえ → 韓国で「憲法9条に平和賞を」 2014年12月18日(木)20時33分配信 共同通信

・・・ナニコレ

----------
韓国で「憲法9条に平和賞を」 2014年12月18日(木)20時33分配信 共同通信
http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/kyodo-2014121801002353/1.htm

 【ソウル共同】韓国の首相や国会議長の経験者ら各界の重鎮50人が、戦争放棄をうたう日本の憲法9条をノーベル平和賞の受賞候補に推薦する韓国での署名集めに賛同した。代表者が18日、ソウルで記者会見し明らかにした。9条が「東アジアと世界の平和のとりで」の役割を果たしてきたためとしている。

 韓国の保革両勢力が賛同者に名を並べ、安倍晋三首相が目指す憲法改正により平和憲法が無力化されれば、朝鮮半島や東アジアの平和も脅かされると主張している。代表者側は、日本での村山富市元首相や鳩山由紀夫元首相らとの議論を経て署名集めをすることを決めたと説明した。
----------

まあとはいえ,これらの運動の先に,”憲法に規定すること”の無意味さを理解する人間が出てくると思うので,こういう行動も私としては一歩前進と思います。

日本ほど憲法第九条に凝り固まっていない海外メディアのほうが,”憲法に規定すること”にどれだけ意義があるのか?という観点から,日本のように抽象論に終始するのではなく,具体的に考えてくれる可能性があると思うからです。

2014年11月26日 (水)

私は反戦派だからこそ,憲法第九条は廃止すべきという主張をここに改めて。

アベノミクス崩壊で,”安倍のみクズ”なのがわかったわけではなく,日本の全員がクズなのが露呈したと思います。

集団的自衛権もなにも,争いごとをすることは自由なのですから,その争いを”戦争”だけ区切ってダメとした憲法第九条の存在自体が,他の憲法の条文と比較して憲法違反なのであり,憲法第九条は廃止すべき,というのが私の主張です。

戦争をしないことが平和なのではなくて,言論の自由,表現の自由が保障され,人々が自由に発言し,たとえ戦争が起きそうなときも,人々が良心からの自由意志において,”不断の努力”によって戦争を防止する。

言論の自由,表現の自由が保障されているのであれば,憲法第九条は不要です。

言い換えると,憲法第九条が存在すること自体が,日本では言論の自由,表現の自由が保障されていないことを暗に示しているのです。

-----------

この投稿は,以下に為しました。

http://toyokeizai.net/articles/-/54134?page=3

2014年11月 4日 (火)

オムツ安倍晋三バカ内閣総理大臣に対して,”徴先生制”や憲法第九条について語ってみました。

大西 秀宜 歴史的に見れば,沖縄は独立してもなんらおかしくはないですよね。

日本は1億3千万人をも抱え,それを1つの政府が管轄しているのは極めておかしな状態です。

私は数千万人を上限として小さな政府にして,各々の政府が監視しあう”日本三分割論”を考えています。
26分前 · いいね!

Ken-ichi Hatano 現状、予備調査でも全く関係がないと思われる人権団体や民族団体の代表者が同じだったり、事務所が一緒とか、銀行口座が同じとかいう例が多数あぶり出されているようだ。「右翼団体と左翼団体の口座が同じってどういうこと?」答「日本に純粋右翼はおりません」

例)ゆうちょ郵便口座00140-2-750198を共同で使用している団体 ・・・もっと見る
25分前 · いいね! · 2

Chidori Ichiba 大西さん、それはぜひ中国に助言してあげてはいかがですか?人口14億人を一つの政府が統治しているのですから。
13分前 · いいね!

大西 秀宜 海外には徴兵制ってのがありますが,日本は徴兵制の代わりに”徴先生制”を取って,学校教育にどんどん若者を投入したほうがよいと思います。
ようは,教育実習の期間を長く,対象範囲も広くすればいいのです。

そうすると,年少の者に対して教えることの楽しさが理解できますし,それがひいては,少子化対策の強力な歯止めになると考えています。

いまの日本には,年少の者に対する思いがなく,インターネット上でとにかく自分と考えを同じくするものと集えばいい,という風潮が蔓延しているのが問題です。

オムツ安倍晋三バカ内閣総理大臣のこの投稿も,”インターネット上でとにかく自分と考えを同じくするものと集えばいい”という考えそのものですよね。
9分前 · いいね!

大西 秀宜 > Chidori Ichiba

私は日本国に対して税金を納めていますので。
7分前 · いいね!

大西 秀宜 もちろん中国は,日本以上におかしな国だという認識はあります。

けれども,日本以上におかしな国だから,日本は放置していいんでしたっけ?

憲法第九条は世界に誇れる憲法で,世界に広めなければならないなんて言っているヤツらがどれだけ多いのでしたっけ?

ちなみに,憲法第九条の裏では,日本は国際人権規約を批准していません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E8%A6%8F%E7%B4%84

とりわけ,自由権規約の個人通報制度について批准していないのは極めて問題です。

これが批准されないのは,まんいち日本政府が国民の基本的人権を守らない場合,国連に対して基本的人権を主張する機会を奪うものなのですから,これは日本政府が基本的人権を尊重していないのも同等です。

そして,”戦争”はとにかく言葉が独り歩きしますが,基本的人権を尊重しない行為のひとつとして結実したものなのであって,”不戦”のベースには基本的人権の尊重があることを無視してはなりません。

なのに日本国は,基本的人権を無視しながら,空文である憲法第九条だけをやたら取り上げる。
政府だけでなく国民も。

こんなおかしな国はありません。

私はだから,憲法第九条については廃止を提案します。ついでに憲法第一条から八条もすべて廃止することを提案します。

日本に天皇は要りません。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チーム8公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKB48著名人公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お笑いネタ帳 | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | マルクス主義を粉砕する | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 中核派について | 中核派の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 前進チャンネル感想 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック