森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件

2014年2月 2日 (日)

森雅裕によるワタシの名誉毀損小説は連載ストップになったんか。

日本刀連載小説(著者:森 雅裕)
http://www.token-net.com/novels

エッセイ:母里真左大氏の高嶺の花を眺める日々
第一回『幸福な人生の話』   9/1掲載
第二回『偽物の話』      10/1掲載
第三回『友情が空振りした鐔』 11/1掲載
第四回『継ぎナカゴの憂鬱』  12/1掲載

そして,ワタシを悪意にモデル化しとると言われる第五回目は,1/1に掲載されたけどワタシが文句を言ったらすぐ削除された。

第六回目が掲載されとらんか見ても,いまんとこは掲載されてない。
このまま連載中止なんかな?

ちなみに下記の中にある。さすがに直接リンクはせんけど。

https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRN2Mxc0ZJZ0luX1E&usp=sharing

興味あるヤツ,コレを読んで,純粋な小説と思うか?

江戸川乱歩賞受賞作家が,こんな低レベルの小説を書くって許せん。ゼッタイに名誉毀損訴訟起こしたんねん。
(・・・って,とりあえずAKS訴訟がもっと有名になってからね)

2014年1月24日 (金)

森雅裕の小説に関する,弁護士からのふざけた回答

刀剣杉田も承認した内容らしいです。もうこれは訴訟せざるを得ません。

__1


__2

しかしひとつ,システム管理工業株式会社 刀剣杉田から弁護士が受任しているということですから,この場合被告名はシステム管理工業株式会社としても,送付先住所,送付人を弁護士にするのか?

また,森雅裕の住所は知らないが,システム管理工業株式会社にしてしまってかまわないのか?

このあたり,裁判所に聞いて来なければなりません。

ということは,提出は火曜になるかな。


ちなみに,
・AKBのロビーなどの描写が詳しく正確に為されており,事前調査が為されていることと比較して,美々成の描写をインターネット上などに求めなかったとは思えない点。現に森雅裕は,AKBの情報はインターネットなどから広範囲に求めたと発言していること。
・AKBに関して事前に詳細調査した森雅裕が,「大西のことは知っているが,大西の内容を採用しているわけではない」と言うならばともかく,「知らない」と否定するのは明らかにおかしいこと。
・とりわけ,「早く帰りたかったが、美々成と話してみたい気持ちもあった。その理由を自問してみた。無神経なマスコミ、無知蒙昧な有名小説家が踏み込めない刀剣界の真実を書きたいという文筆家の本能、使命感、いや意地みたいなものだ。」などと主張を展開していながら,その森雅裕自身がAKBに関して,大西について一切認知しない程度にしか情報を収集しないとすれば,主張が矛盾していること。

などから,美々成のモデルが大西であることが証明できると考えます。
大西を構成する要素もたくさん挙げられますし。


その上で,大西は有名人であるというのは,Yahoo!ファイナンス上にて,”名もない芸能関係者 Unknown Producers”を名乗る者が,大西に対して執拗にファンレター送付中止を含む名誉毀損・侮辱・脅迫などを書き込んできたことに対して,大西がAKS係員に対して何度も苦情を申し上げましたが,AKS係員は,「大西は有名人だから,誰が書いているか分からない」などとしてAKSの内部調査をしなかったことからも明らかです。

その有名人である大西が,これだけのことを書かれたため,人物を特定されて他のAKBファンからも侮辱を受けたのであり,名誉毀損は明らかとして争いたいと思います。

刀剣杉田の弁護士からふざけた回答が来ました

大西のプライバシー毀損にも名誉毀損にもなっていない、というものでした。

月曜日に、5つ目の訴状を出しますw


あと、警察なう。
進捗確認に来ました。

2014年1月13日 (月)

警察に行きました。また,刀剣杉田は来週より顧問弁護士案件になります。

警察に行ってきました。

明日もういちど,森雅裕ほかによる名誉毀損につきまして,警察に行ってきます。2014年1月13日 (月)
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-e0d7.html

の内容を,刑事課の人とお話しました。

すると,

・森雅裕の小説を刑事事件として立件するのは難しい。人を拘束する必要があるので刑事は民事よりも幅が狭くなる。

・北条和規や久原智義の件については,「これはひどい」とのことで,立件できそうとの見込みです。
 その上で,さらに詳しい人が現在いないので,その人の意見を聞き,今日中に折り返し電話すると聞きました。
 さらに必要あれば再度説明し,今後の方針を決めるとのことでした。

 コミュニティの参加者全員を立件すると時間がかかる,とも言われたのですが,
 あくまで首謀者の北条和規と久原智義に絞りたい旨も伝えました。

 もちろん,立件するのではなくてプロバイダらに対して削除依頼のみになる可能性もあると思います。
 現状はGoogleに言っても削除に応じない旨も申し上げましたので。


また,刀剣杉田より昨日メールが来ており,来週より顧問弁護士に相談して欲しい旨が書いてありました。

とりあえず顧問弁護士の出方を見てみようと思います。

森雅裕の行為は絶対に許せませんが,ワタシも弁護士に関しては,弁護費用,裁判を闘ってくれる弁護士ともに見つけられずに困っているので,たとえば当該弁護士がワタシのさまざまな訴訟に関してアドバイスをくれる,というような珍妙な和解案で(そんなのがあれば,ですが),刀剣杉田に対しては訴えを取り下げてもいいと思います。

日立製作所に対するアドバイスを期待するのは難しいですが,ことの発端となったAKSについて訴訟する際に味方してくれる,というのならばアリでしょう。

将棋で捕まえた駒を自分の味方にするような,究極の案です。

ただその場合も,刀剣杉田の罪を今後一切問わないだけであって,森雅裕は小説家として罪を問う可能性があります。
小説において一方的な罵詈雑言を記載し,ヒトを窮地に追い込むというのは,小説家としてやってはならない行為と考えるからです。

今後,ワタシの案件が世に出るに際して,森雅裕が世間から非難を受けないとは限りませんし,そこまでを防御することはできないとも思います。

おはようございます

改めて警察に行ってきます。あと3分で着きます。

投稿に若干コメント

インラインでコメントします。 伊達娘へのファンレター書けずに今日は寝るよ・・・

遅々として進まんように見えるやろけど,自画自賛すると,
フツーの人間,こういう戦略を咄嗟に考えて数時間で資料纏め上げるとかできんと思うねんけど。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-e0d7.html

じゃ、ブログや小説の内容を認める訳ですね。
貴方を侮辱や誹謗中傷をしているとコメントするならそういうを認めてください。

投稿: | 2014年1月13日 (月) 01時03分

→ なんか,やたら脅えて日本語になってないやないか。

  そら,自分を自分と判別できるに足りるだけ認められるところがあり,
  そのうえで,事実に反する侮辱がたくさん書いてあったり,
  なかには事実であっても書いてはならないことが書いてあったりするから,
  それらを総称して名誉毀損として訴えるんやないか。

  北条和規と久原智義による名誉毀損が明らかやから,告訴の受理を検討せなアカンところ,
  それをベースとして森雅裕が小説を書いた可能性が高いんやから,
  やっぱ告訴は受理されると思うなあ。

  先日は,森雅裕による名誉毀損一本で行ったから,警察もなるたけ仕事せんように,
  本人が特定されてないから無理,と言うたんやろと思うねん。

今回はきちんと会話を録音してアップしてくださいね。
でないと、ギャラリーにとっては何の意味もない。
警察相手に日立の勤労相手同様の恫喝をする
ところが見たい。
言われるままにすごすご引き下がる事はないよね?

投稿: | 2014年1月13日 (月) 01時07分

→ ワタシ警察信用してないから,前回もまんいちのために録音はしたんやけどな。開示はしてない。

  今回も録音するつもりやけど,録音するって言ったほうが警察にちゃんとせな,って思わせるかなあ?

明日もういちど,森雅裕ほかによる名誉毀損につきまして,警察に行ってきます。

先日,森雅裕の記載内容は大西を断定したとはいえないと言われましたが,それに反する証拠をたくさん集めましたので,これを元にして数々の名誉毀損を訴えてきます。

まずそもそも,11/23の握手会を契機として,下記のような大西に対する名誉毀損となるコミュニティが立ち上がりました。

大西秀宜の魔手からAKBメンバーを護るために - コミュニティ - Google+.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRYThNZGt5bTVkcHM/edit?usp=sharing

そこで特に陰湿な書き込みをしているのが,北条和規です。

北条“NORI99”和規 - Google+.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRdTNyYnJRRUNmd2M/edit?usp=sharing

彼は,2013/12/6の時点で,大西秀宜の逮捕状を模したものを作成しております。

Photo

また,彼か,またはコミュニティ主宰者の久原智義かは判然としませんが,下記のような大西に対する名誉毀損となるブログも作成しております。

自己愛性人格障害者→大西秀宜の超自己中極論を論破して遊ぶブログ.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRUUwzNmQycWFPRlU/edit?usp=sharing


さて,森雅裕は小説にて,大西のことは知らないと言っておりました。

森雅裕への指摘事項ver2
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/files/ver2_20140112.pdf

が,これだけ大西を罵倒する内容で,知らないと言えるでしょうか?

----------
刀剣杉田
http://www.token-net.com/

更新情報
2014.01.01母里真左大氏の高嶺の花を眺める日々 第五回目掲載
----------

を見ましても,11/23の握手会の騒動や,12/6に北条和規が作成した,大西秀宜の逮捕状を模したものを見て,小説を書いたことが容易に想像されます。

北条和規や久原智義が犯している名誉毀損の上に,森雅裕が名誉毀損をしているのです。
これで,大西を特定できないといえるでしょうか?


事実,北条和規も久原智義も,Google+上で森雅裕の小説を大西がモデルと断定した上で嘲笑しておりますし,下記にも大西がモデルと断定した書き込みがあります。

元AKB恐怖の実話ストーカー被害全容 _ ログ速.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRZ0ctNnR4WlBFQUE/edit?usp=sharing


以上の内容を警察に届けた場合,警察は本当に大西と断定できないといえるでしょうか?

2014年1月12日 (日)

大西です。森氏に対するさらなる質問状(途中経過)

システム管理工業株式会社 刀剣杉田 御中
                                     2014年1月12日 大西秀宜

昨日森雅裕氏とお話しましたが,森雅裕氏はあくまで一般的な話としてAKB全般から情報を集めただけで,
大西については知らない,と仰いました。

大西としか思えない描写が多すぎる,その上で名誉毀損を働いているとはどういうことだ,と,
いくら指摘しても取り合いませんでした。

その上,私の電話番号を知っているにもかかわらず,自分の電話番号は言わなかったのですから,誠意がない,
小説の終わりのほうの記載の,

>  美々成はポケットからクシャクシャのメモを引っ張り出した。
>
> 「こいつや。名刺くれというたら、持ってないとかぬかした」
>
>  私も美々成に名刺を渡す気にはなれないが。

と同じ気持ちで私に対応されたのだと,改めて認識しました。


森雅裕氏はあくまで一般的な話としてAKB全般から情報を集めたと仰いますが,
添付資料をご覧になり,システム管理工業株式会社 刀剣杉田殿といたしましては,森雅裕氏の言い分を支持されるのでしょうか?

この資料もまだ完全版ではありませんが,用事のために一旦纏めた形式のものを送付していますことをご了承願います。

誠意ある回答をお待ちしております。

- 以上 -

森雅裕と思しき電話番号などについて

森雅裕と思しき携帯電話番号にかけても,「出られません」と自動音声応答があります。
この電話番号が,森雅裕のものか,改めて刀剣杉田に確認します。
さらに,刀剣杉田も答えなかったとしても,裁判で確認します。
刀剣杉田が答えなくても,最終的には電話会社に持ち主を開示すれば済むことですし。

それで,昨日の会話で,森雅裕は自分が自宅に電話を持っている!と主張したにもかかわらず,その番号は教えませんでした。

ワタシも録音している都合上,ピー音をどうやって入れるのかも知りませんし,加工したと思われるのもイヤなので聞ませんでしたが,自分がワタシの番号を知っていながら,自分の番号は教えないという態度は非常におかしいと思います。

またそれは,森雅裕の書いた小説における,”美々成”に対する主人公の態度にも重なることであり,ではどうして自分の番号は教えなかったのか,それ自体が非常に不誠実ではないのかと主張することも可能と思います。

http://youtu.be/Fnyzp5xqkbk

2014年1月11日 (土)

目撃者がコメントを意図的に消したとか騒いどるから,メールから拾ってきた上で反論を書く。

意図的に消したのではなくて,300件削除しとったらウッカリ消してもたというのを理解せんかなあ・・・
どうせ,オマエのブログそのまんまやないか。

インラインで回答する。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-1ff9.html#comment-104091287

IPアドレス:     182.249.241.19
名前:           目撃者
メールアドレス: marudai5291@yahoo.co.jp
URL:            http://kitigai-ronpa.cocolog-nifty.com/blog/

内容:
--------
そんじゃ、そんな森雅裕さん相手の裁判に負けるエビデンスを置いて行ったるよw

文句あったらこっちにщ(゜Д゜щ)カモォォォン

→ あくまでワタシのブログに対する文句やから,ワタシのブログに回答する。

■モデル小説の件で、今回は大西の方が救われたエビデンス

一連の流れで、一昨夜公表された大西秀宜をモデルとしていると噂された小説
刀剣杉田・森雅裕氏の「刃傷・刀剣市その1」
内容を語ると長くなるので省略させていただきますが、簡単に言えば
この中の登場人物「美々成」が大西をモデルとしているとして
大西が「名誉毀損だブー!」と怒り出し、警察に泣きついた次第ですw
ただ、当該の記事は刀剣杉田の支配人の配慮で事前に削除されていたようですが
それでも体裁を保つために警察に行った(フリかもしれない)ようです。

でもって結果は自分の意に沿うようなものではなかったようで
憮然とした文章を書いていることがよくわかります。
その為か、これで一件落着のところを刀剣杉田へ連絡して追い討ちをかける鬼畜ぶり。
これが逆の立場なら超極論で逃げまくる事も明白なんですけどねw
それはさて置き、本日は2つの記事と一つの引用から
「今回の一連の一件、実は大西の方が救われていること」→A
「大西自身が自分で自分の首を絞めているエビデンス」→B
以上2点を記載したいと思います( ・∀・)つ旦~~
だいぶ長くなりますので御容赦。(A;´・ω・)

A・今回の一連の一件で大西の方が救われている

まず、大西は今回、小説「石に泳ぐ魚」を引き合いに出して
侮辱罪を立証して検討しようとしていますが、これがまた
大西の思想を大きく覆す論点が満載でした。

小説「石に泳ぐ魚」
http://ja.wikipedia.org/wiki/石に泳ぐ魚
~~以下、訴訟と社会反響より引用~~
この引用に大西の今回の一件を照らし合わせます。

モデルとなった当時大学院生の女性は作品を読み、自分の国籍、出身大学、専攻
家族の経歴や職業などがそのまま描写され、自身の顔の腫瘍を陰惨な表現で描写されたことを知り
著者の柳美里に出版を止めるよう懇願した。
→この小説の場合は「そのまま描写」されています。
つまりは連想・想定の域を超えて「特定」出来る訳です。
しかし、大西の場合は……
「その名は美々成」→連想にも至らないプロントネーミング
「某大手企業の不正のネタ」→日本にどれほどの大手企業があるのか
「劇場や握手会は出禁(出入り禁止)になっている」→劇場は出禁ではない
「紫の髪に黄色いメッシュを入れた背の低い小太りの男だ。四十そこそこのはずだが」↓
カッパ禿の頭髪でメッシュを入れる余剰なしw でもって大西は38歳
以上のパロディ要素からもわかるとおり、一目瞭然「そのまま」ではなく
知っている人間からすれば連想こそすれど、特定には至りません。
故に、今回行ったかもしれない警察で言われてきた言い分は十分に納得できます。
それゆえに、これと照らし合わせて侮辱罪をどうこうという時点で、考え方が支離滅裂です。

→ それはオマエが自分に都合のよい部分で切り取っているからであって,
  「某大手企業の不正のネタ」→日本にどれほどの大手企業があるのか
     → 自分の国籍、出身大学、専攻,家族の経歴や職業など,そのひとつひとつをとれば,どれほどの国籍,卒業者,などはいる。
       ワタシの場合も,ひとつだけを取り上げるのではなく,組み合わせで議論せな,対等な議論ではない。
  「劇場や握手会は出禁(出入り禁止)になっている」→劇場は出禁ではない
     → 2chで出禁と噂されているのは事実であり,仮にワタシの主張するとおり出禁が虚偽であろうとも,
       それが大西を指図することは明らか。
  「紫の髪に黄色いメッシュを入れた背の低い小太りの男だ。四十そこそこのはずだが」↓
  カッパ禿の頭髪でメッシュを入れる余剰なしw でもって大西は38歳
     → ”背の低い小太りの男”というのは間違いとは言えず,38歳を四十そこそこ,というのも誤差の範囲である。

柳は女性に対し単行本化の取りやめを約束したにもかかわらず、それを破り
出版に踏み切ったことから女性は出版差止めの仮処分を申請した。
その後、東京地方裁判所に出版社(新潮社)と柳に対する訴訟を提起して、出版差し止めと慰謝料を請求した。
訴訟は最高裁判所まで争われ、柳側敗訴の判決が言い渡され(最高裁判所第三小法廷平成14年9月24日判決)、確定した。
柳美里によるプライバシー及び名誉侵害行為によって
被害者が重大な損害を受けるおそれがあり、かつその回復を事後に図ることが困難になる。
この部分は中略

被害者は大学院生にすぎず公共的立場にあるものではなく、雑誌掲載小説が単行本として出版されれば
被害者の精神的苦痛が倍増され、平穏な日常生活を送ることが困難になる。
文学的表現においても他者に害悪をもたらすような表現は慎むべきである旨を、最高裁は判決理由で指摘した。
→大西はまかりなりにも社会人。広く見れば「公共的立場」の人間です。
それも人格などが形成、完成される年齢に充分達しています。
そして「そのまま描写」されていないことから、実害が及ぶとも考えられません。

→ 社会人ではあるが,現に実害が及び,それを指摘している。

以上から照らし合わせるに
1、削除されたのは刀剣杉田の主人の御配慮に依るものであり
2、これがもし裁判沙汰になろうものならば、上記の論点から大西の勝訴は限りなく皆無。

→ たとえば,殺人事件や傷害事件を起こして,いやそれはナイフを刺したのは1時間前のことであり,
  そのナイフはすぐ抜いたから,私は無罪である!なんていう理論は通るか?
  制限速度30kmオーバーを警察に見つかって,いやそれ1分前のハナシやから!で通ると思うか?

  発表すること自体が既に問題であることを認識しなさい。

敗訴にこそならないものの、喧嘩両成敗レベルでしょう。
まぁ、裁判の場では白黒つけるのが前提であるならば「敗訴」の色が濃いですね。

→ オマエがそう思うのであれば勝手に思え。

B・大西自身が自分で自分の首を絞めているエビデンス

では、もしこれで大西が勝訴した場合どうなるかというと…
大西は刀剣杉田、森雅裕氏には勝訴した代わりに
AKSに対しての名誉毀損で逆訴訟を受けます。

エビデンス1
秋元康氏を「秋豚」「アキブータン」と呼称している。
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/cat57456403/index.html

秋元康氏はご存知の通り巨漢の男性です。
お世辞にもスレンダーとは言い難い体格の人物ですので
氏名の一文字である「秋」を連想させ、なおかつAKB48を関連づければ
この呼称が秋元康氏のものであるという事は明白です。
また48G総支配人の戸賀崎氏や岩田華怜ちゃんのマネージャ寺門氏も
本人達を罵倒、愚弄するような呼称でブログに記載しています。

→ まんいち敗訴しようが,そこで訴えられることにより,世論を喚起できる。

エビデンス2
個人を尊重しない基本的人権の侵害

これは驚いた話なのですが、関西に住む弁護士の知人曰く
「個人の発言を、『第三者の強制によるもの』として認めない行為や記述は
基本的人権(言論の自由)の侵害に当たる」んだそうです。
つまりは、平成25年11月23日のAKB48グループの大握手会における
岩田華怜ちゃんの発言を、明確な物証がない現時点で「AKSの強要である」と記述している現時点で
岩田華怜ちゃんに対する人権蹂躙にあたるそうです。
もちろん、彼女のことなのでそうしないと思いますが、その意思があれば
週明けにでも『人権蹂躙(侵害)』で大西を告訴することができるそうです。
そのエビデンス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E8%B9%82%E8%BA%99#.E3.83.A1.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2.E3.81.A8.E4.BA.BA.E6.A8.A9.E4.BE.B5.E5.AE.B3

~~~以下引用~~~
1990年代頃からの情報化社会の急速な発展に伴い、パソコン通信やインターネットなど、
個人でも容易に表現活動を行うことができる場(双方向性の新たな「マスメディア」)を用いた
「マスコミュニケーション」が急速に拡大した。
これに伴い、個人が望めば、大衆(マス)に対して自己の思想や意見の表明などを簡易かつ安価に行えるようになった。
このような表現活動は、表現の自由(言論の自由、日本国憲法第21条1項)の範疇に属するものである。
他方で、このような表現活動を通じて、他者のプライバシーを暴露したり、名誉を侵害するなど
他者の「人権」(それぞれ「プライバシー権」、人格権)の範疇に属する事項を抵触する事態が生じるようになった。
~~~以上引用~~~
つまりは、岩田華怜ちゃんの人格権を侵害していることになるそうです。

→ それは,岩田華怜がそう告訴すればはじめてそうなるのであり,ワタシはそうでない確信がある。

  岩田華怜を裁判所に呼んで尋問してもいい。
  もちろんワタシは当事者なので,ワタシ自身が尋問には参加しなくてもいい。


以上の要件が成り立つことが考えられます。
つまり奴は、自分で自分のあるかどうかわからない首を絞めていることになりますw

コメがモノクロで読みづらい方はこちらへ\(^o^)/
カラーリングして書いてます☆

自己愛性人格障害者→大西秀宜の超自己中極論を論破して遊ぶブログ
http://kitigai-ronpa.cocolog-nifty.com/blog/

→ そうそう,このブログ自体名誉毀損やからな。
  ワタシが勝訴して有名になったあとで訴えられてから吠え面かくなよ。

「gmail_akb.pdf」をダウンロード

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48研究生公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | 世界の真の平和に向けて | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック