スマートインターナショナルとの裁判記録

2014年4月 5日 (土)

いちおう社長宅に行って来ました

ご家族がおられましたが、社長は不在だそうで、とりあえずインターホンから、裁判でお金を払ってもらっているので、その旨で大西が来たことを社長に言っておいて欲しいと伝えておきました。

やっぱ、取り立てに来ると心理的に払わざるを得ない気がするのですが・・・

とにかく、最終手段です。

毎日行くのもあちらが精神的にしんどいかもなので、何日かして、振り込みがないか確認してから、振り込みがなければ再度行ってみます。

2014年4月 4日 (金)

スマートインターナショナル株式会社に対する債権執行の全容を,資料を交えて説明します。債権執行の実例と問題点です。 追記版

まず,3月3日に下記の通り和解が成立しました。

口頭弁論(和解)調書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRbS1uZkRpSlN0Zlk/edit?usp=sharing

この和解条項1.にあるとおり,スマートインターナショナル株式会社は,大西に対して20万5千円の支払義務があることを認め,2.の通り,3月25日限りで大西の口座に振り込む約束をしました。

然るに,3月25日になっても支払いがありませんでした。

その間,インターネット上には,スマートインターナショナルや,代表取締役海野を名乗る者から,「絶対に支払わない」旨の記載があり,3月25日になっても支払いがない可能性は十分に予見されました。

https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRRWpCTENsRmYxUkU/edit?usp=sharing
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRSzFndzFOMHhoWUE/edit?usp=sharing

そして,翌3月26日になり,少額訴訟債権執行申立を行いました。
しかし,少額訴訟債権執行申立を行うには,当該の会社およびその銀行の代表者事項証明書が必要とのことで,これは法務局で申請できるのですが,時間がなかったので,取り寄せた上で翌27日に下記の通り申し立てしました。

代表者事項証明書_スマートインターナショナル
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRWUtCbUtQWWMyUzQ/edit?usp=sharing

そして,裁判所側で,口頭弁論(和解)調書 がスマートインターナショナル側にも送達されたことを証明する送達証明書をいただき,その上で執行文を作成してもらって,私からも少額訴訟債権執行申立書を記載しました。

平成26年(少コ)第41号_送達証明書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlROWZSQ2Rwd3RXSlU/edit?usp=sharing

平成26年(少コ)第41号_執行文
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRRFNkeDU1czFOVGc/edit?usp=sharing

少額訴訟債権執行申立書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRb0pFUm1STWxzbTg/edit?usp=sharing

その後,裁判所から添付の通り資料をまとめ,3月31日付けで差押処分書がみずほ銀行に向けて送付されました。

差押処分書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRSVowY2pjQ0dGS00/edit?usp=sharing

ところが,スマートインターナショナル株式会社の取引銀行であるはずの,みずほ銀行横山町支店は,スマートインターナショナル株式会社の口座に残金が全くない(または口座自体がない)旨を陳述してきました。

みずほ銀行陳述書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRVmlMbFBvWmVCd00/edit?usp=sharing

コレは,このような書き込みからも予見されたことでした。

https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRWjUtd3pZRFNsRm8/edit?usp=sharing

裁判所の方から聞いたのですが,どの銀行のどの支店の口座を差し押さえるかは,差押申立人が指定しないといけないそうです。
然るに,そこの支店の口座にお金がなければ,その銀行は「債権なし」として回答するとのことです。

ふつう,そこの支店の口座にお金がなくとも,他の支店の口座にお金があれば,そこにあるという回答をくれて然るべきと思うのですが,そのような対応はとっていないそうです。
また,他の銀行に口座を移した場合も,イチからやり直しになるそうです。

1回の執行費用に9,470円がかかっており,その費用は,その口座がヒットすれば請求できますが,空振りに終わったときは9,470円は自腹になるとのことです。
ということは,20回空振りを繰り返せば,それで20万円が飛んでいくので,逃げた者勝ちということになってしまいます。

そういうことができないような法体系にしておけばよいのですが,日本はそうなっていないそうです。

裁判所に行ったところ,使わなかった郵券を還されましたが・・・

平成26年(少ル)第71号_返還書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRZzNwRlRiek1XN3c/edit?usp=sharing

まあ,もちろん,個人でめちゃくちゃになったヒトが,”夜逃げ”して,全然違う土地でイチから出直すようなことも必要ですので,個人については逃げ切れる余地を残しておいてもいいとは思うのですが,法人は法務省に登記しているのですから,その法務省が会社としてお墨付きを与えているにもかかわらず,一般人に払うべき金額さえ逃れることを許すいまの法体系は,おかしいと言わざるを得ません。

たとえば,登記するときに口座も一緒に登録し,その時点では見えないかも知れませんが,裁判で支払い義務が認められた場合,その口座から執行をする。
それでも応じない場合は労働基準監督署が指導,場合に依っては逮捕などの踏み切る。
みたいなところまで踏み込まないといけないと思います。

債権執行の実例と問題点として,ノウハウとして,拡散していただければと思います。

空振り・・・

居留守かも知れませんが、本当に留守だったのかも知れません。

周りのマンションを見ても、電気がついているほうが少なかったので。

まあ、このようにたまに行ってみます。

なお、あくまで、スマートインターナショナル社長が海野光治ということだけが公知なのであって、住所などは公知とはいえず、住居の写真などもプライバシーに抵触するため、公開はしません。


2chのチーム大西は確かにワタシを助けてくれましたが、ココのチーム大西は、ワタシをひっかけようとしているのが見て取れます。

チーム大西にホンモノとニセモノがいるのであれば、ホンモノが「これは私ではない」と主張すると思われるため、チーム大西はワタシをひっかけるために何ヵ月もかけて作り上げられた、虚像の可能性があります。

そうとも取れます、ということです。
あしからず。

裁判所その後

AKSが文藝春秋を相手取った裁判の資料は、倉庫にあるとのことで、来週月曜日午後から見に行きます。
マスコミからは事件番号さえ明らかにされてないので、メモしてきたのですが、月曜日以降改めて開示します。

北本市の事件では、資料が高裁→最高裁と送付されていますが、AKSの件は控訴されているにもかかわらず送付されていません。

原告が控訴したか、被告が控訴したかの違いなのかなあ?
誰か裁判の実務に詳しい方、教えてください。


ちなみに民事16部に行き、出頭命令書を受け取って来ました。
最初期日請書に記入したので、そのコピーいただけませんか?と聞いたのですが、そうすると手続きが必要になるのでと言われて、改めて出頭命令書を書きました。


なんか裁判所の各部って、それぞれ別の小規模商店が並んでいるようで面白いです。


その後、銀座のぴあで、映画チケットを1,300円で手に入れました。

これから、スマートインターナショナル社長宅に凸します。

社長の家に行くのは問題ないと言われたぞ

書記官さん2人に聞いたから、間違いない。

もちろん、嫌がらせにならない程度の、常識的な範囲なのはアタリマエとしてですが・・・

これから裁判所へ

スマートインターナショナルの件で、簡栽で一応相談してみますが、あまり成果ないでしょうね・・・

名目であっても和解したのだから、代表者事項証明書の住所に、支払いを求めて訪問してもいいか確認してみます。


それから、地裁の閲覧室に行って、AKSが文春を訴えた裁判の資料閲覧を希望します。

文春は控訴すると言っていたので、高裁かとも思いますが。


北本市いじめ裁判は、資料がめちゃくちゃ多いので、見たい部分を特定できませんか?と言われました。
だから、地裁部分だけでも・・・と、同じ民事31部で審理されるため参考にしたいと、理由も含めて説明しました。

法務局、簡栽、地裁、高裁と回ってさらにぴあでチケットゲットして、恵比寿16時はめちゃくちゃ厳しいので、伊達娘の映画は明日だな。

2014年4月 3日 (木)

スマートインターナショナル株式会社に対する債権執行の全容を,資料を交えて説明します。債権執行の実例と問題点です。

まず,3月3日に下記の通り和解が成立しました。

口頭弁論(和解)調書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRbS1uZkRpSlN0Zlk/edit?usp=sharing

この和解条項1.にあるとおり,スマートインターナショナル株式会社は,大西に対して20万5千円の支払義務があることを認め,2.の通り,3月25日限りで大西の口座に振り込む約束をしました。

然るに,3月25日になっても支払いがありませんでした。

その間,インターネット上には,スマートインターナショナルや,代表取締役海野を名乗る者から,「絶対に支払わない」旨の記載があり,3月25日になっても支払いがない可能性は十分に予見されました。

https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRSXpsUUZQM3h6OEE/edit?usp=sharing
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRVGlqTTVIU0VxLWc/edit?usp=sharing

そして,翌3月26日になり,少額訴訟債権執行申立を行いました。
しかし,少額訴訟債権執行申立を行うには,当該の会社およびその銀行の代表者事項証明書が必要とのことで,これは法務局で申請できるのですが,時間がなかったので,取り寄せた上で翌27日に下記の通り申し立てしました。

少額訴訟債権執行申立書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRQnVKTWY1Vm4tM3c/edit?usp=sharing

その後,裁判所から3月31日付けで差押処分書がみずほ銀行に向けて送付されました。

差押処分書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRNUR6TUM1TWF0ZjQ/edit?usp=sharing

ところが,スマートインターナショナル株式会社の取引銀行であるはずの,みずほ銀行横山町支店は,スマートインターナショナル株式会社の口座に残金が全くない(または口座自体がない)旨を陳述してきました。

みずほ銀行陳述書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRMVlRajlWdjFPc1E/edit?usp=sharing

コレは,このような書き込みからも予見されたことでした。

https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlROFRXUEtSRFBnZ3c/edit?usp=sharing

裁判所の方から聞いたのですが,どの銀行のどの支店の口座を差し押さえるかは,差押申立人が指定しないといけないそうです。
然るに,そこの支店の口座にお金がなければ,その銀行は「債権なし」として回答するとのことです。

ふつう,そこの支店の口座にお金がなくとも,他の支店の口座にお金があれば,そこにあるという回答をくれて然るべきと思うのですが,そのような対応はとっていないそうです。
また,他の銀行に口座を移した場合も,イチからやり直しになるそうです。

1回の執行費用に9,470円がかかっており,その費用は,その口座がヒットすれば請求できますが,空振りに終わったときは9,470円は自腹になるとのことです。
ということは,20回空振りを繰り返せば,それで20万円が飛んでいくので,逃げた者勝ちということになってしまいます。

そういうことができないような法体系にしておけばよいのですが,日本はそうなっていないそうです。

まあ,もちろん,個人でめちゃくちゃになったヒトが,”夜逃げ”して,全然違う土地でイチから出直すようなことも必要ですので,個人については逃げ切れる余地を残しておいてもいいとは思うのですが,法人は法務省に登記しているのですから,その法務省が会社としてお墨付きを与えているにもかかわらず,一般人に払うべき金額さえ逃れることを許すいまの法体系は,おかしいと言わざるを得ません。

たとえば,登記するときに口座も一緒に登録し,その時点では見えないかも知れませんが,裁判で支払い義務が認められた場合,その口座から執行をする。
それでも応じない場合は労働基準監督署が指導,場合に依っては逮捕などの踏み切る。
みたいなところまで踏み込まないといけないと思います。


債権執行の実例と問題点として,ノウハウとして,拡散していただければと思います。

スマートインターナショナルの社名公表に踏み切ったことについて

調べてみますと、取引銀行を変えた上で不払いに遭うと、泣き寝入りしかないのが現状らしいです。

だからといって、ワタシだけが泣き寝入りするのはどう考えてもおかしいです。

現状、裁判所の和解により、取り立てる権利まで大西に与えられていますので、その内容の公表は問題ないでしょう。


仮に問題あるとして、スマートインターナショナル側から、告訴なり裁判なりしようと思っても、まず警察は受け付けませんし、裁判所も和解条項を反故にしていることから、スマートインターナショナル側を悪質と判断するはずです。


ちなみに、スマートインターナショナルの社長として、海野光治という名前が登録され、Webサイトにも記載されていることから、この記載をもってプライバシーの侵害とも言えません。

一般には公表されていない一般社員の名前を記載すると問題ですが。

ちなみに、ワタシの行動が、泣き寝入りしなくて済む一助となればと思います。

てか、新しくブログを立てて、債権執行したにもかかわらず不払いに悩むヒトに対して、企業情報を記入するサイト立ち上げようか。

そうやって、ブラック企業リストにしていく。

スマートインターナショナル株式会社に対して、債務の取り立てに失敗しました

首記の通り、ワタシが以前務め、解雇予告手当に当たる費用につきまして和解が成立しておりました、
スマートインターナショナル株式会社(東京都中央区 代表取締役社長・海野光治)に対しまして、取引銀行に対して債務の取り立てを行いましたが、取引銀行を変更されていたため、支払いを受けられませんでした。

この内容は完全な事実のみであり、海野光治社長に対する侮蔑感情などの記載もないことから、誹謗中傷には当たりません。


スマートインターナショナル株式会社が、新たな取引先から信用調査をされたときに、このような内容がインターネット上に記載されているのは、問題かと思います。


スマートインターナショナル株式会社 海野光治は、指定された金額を即刻入金してください。


入金を確認次第、本記載は削除します。

2014年3月26日 (水)

裁判所でいろいろ聞いてきました

和解調書にいろいろ書いてますが、その後に裁判所が見るのは、第1項目の内容が守られているかだけと聞きました。

取り立てについての決まりごとについていろいろ聞いたのですが、さすがのワタシも現在はちょっと書けないです。

下書きをしておき、時が来たら掲載する感じでしょうか。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック