阿修羅への投稿

2015年3月17日 (火)

日本企業でどうして下請けイジメがなくならないのか,その構造に関する私の独自解釈について説明します。

http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/366.html#c474

ひとつ記事を見つけたので紹介します。

-----------
トヨタ地獄(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/15/hasan94/msg/423.html

トヨタの三次下請け(ティア・スリー)に位置する部品メーカー
(本社・愛知県)の社長が言う。
「これまで単価10円で納めてきた部品を、5円に下げられないか
と言ってきたのです。
理由を聞くと、『中国のメーカーに見積もりを出させたら、単価5円
だったから』と言うのです」
「しかしこの部品の原材料費は7円するのです。
そのことを説明した上で、『つまり品質を下げろということですね』
と言うと、『それは絶対にダメ』とのこと。
この要求を断わってしまったならば、もうトヨタから仕事は回って
こないでしょう。
泣く泣く赤字を前提に、値下げ要求を飲みました」
-----------

こういうのが日本全体に蔓延していると,投稿者もコメント者も思っています。
私も思っています。これと同じ論理で私は日立製作所を懲戒解雇にされたのだと。

とはいえ,トヨタにしても日立製作所にしても,いや東京電力さえも,悪事を働こうとしている者ばかりが一枚岩になっているとまでは思っていません。
90%の社員(・・・いや70%くらいかも?)は良心的と思います。

企業の中で良心的にしようと制度を改革しても,どこかで,
「自分が頑張らなくても,下請けを叩いたらいい」
と考える人間は出てきます。

そして下請けは
”この要求を断わってしまったならば、もうトヨタから仕事は回ってこないでしょう。”
という思いでついつい呑んでしまいます。

もちろん中には苦情を言うところもあるかも知れませんが,
「それも尤もではあるが,下の言い分を認めたことになれば,他の契約に波及し兼ねないから認められない」
という思考が,企業の上層部や官公庁に働いて,結局「自分が頑張らなくても,下請けを叩いたらいい」と考えた者の言い分が通ってしまうのです。

この負のサイクルをなんとか変えねばなりません。
そうすると立法行政司法,さらにマスコミを含めて考えを変える外圧が必要と思います。

私が戦っているのは,この”負のサイクル”に対するものでもあるのです。

2015年3月16日 (月)

阿修羅さんでトータル40拍手行ったぞ。てか私を上げたがっている者が確実にいる。

このとおり。
時間にムラがあるから,どうも1人とか1組織が主に拍手していると思われます。

それでもカネをくれないので,そこまで応援しているというわけではないということでしょうか。

http://www.asyura.us/hks/hks_history.php?kiji_id=13_lunchbreak53_msg_366


記事タイトル:大西秀宜さんを語るスレ その2 このスレは大西さんを含め誰でもコメント可能です 管理人さん

 この投稿に拍手した方は 40 名です。

2015/03/12 13:08:49 By ゲスト
2015/03/12 13:46:19 By ゲスト
2015/03/12 14:13:28 By ゲスト
2015/03/12 19:04:16 By ゲスト
2015/03/12 19:52:06 By ゲスト
2015/03/12 22:14:26 By ゲスト
2015/03/12 23:18:23 By ゲスト
2015/03/14 10:04:43 By ゲスト
2015/03/14 12:25:34 By ゲスト
2015/03/14 13:18:30 By ゲスト
2015/03/14 13:32:24 By ゲスト
2015/03/14 15:37:13 By ゲスト
2015/03/14 16:55:20 By ゲスト
2015/03/14 17:01:15 By ゲスト
2015/03/14 17:03:56 By ゲスト
2015/03/14 17:06:55 By ゲスト
2015/03/14 17:14:54 By ゲスト
2015/03/14 17:29:11 By ゲスト
2015/03/14 17:36:22 By ゲスト
2015/03/14 18:26:28 By ゲスト
2015/03/14 18:49:13 By ゲスト
2015/03/14 19:32:38 By ゲスト
2015/03/14 20:50:18 By ゲスト
2015/03/14 22:40:39 By ゲスト
2015/03/15 00:40:39 By ゲスト
2015/03/15 12:28:37 By ゲスト
2015/03/15 15:12:55 By ゲスト
2015/03/15 20:34:19 By ゲスト
2015/03/16 07:40:39 By ゲスト
2015/03/16 08:25:37 By ゲスト
2015/03/16 08:43:03 By ゲスト
2015/03/16 09:01:16 By ゲスト
2015/03/16 09:21:22 By ゲスト
2015/03/16 10:19:04 By ゲスト
2015/03/16 10:51:49 By ゲスト
2015/03/16 11:01:44 By ゲスト
2015/03/16 11:16:29 By ゲスト
2015/03/16 12:01:00 By ゲスト
2015/03/16 14:59:20 By ゲスト
2015/03/16 15:17:08 By ゲスト

2015年3月15日 (日)

日本国債が暴落の危機にあることについて

http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/366.html#c361

”知る大切さ”さんらからは,議論外しだと言われているのですが,こういうニュースこそ日立製作所や日本政府のあり方と奥底で関係あると思うので,引用します。
記事とコメントからひとつずつ引用します。

--------------
黒田総裁ついに白旗…国債「リスク資産化」で高まる暴落危機(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/hasan94/msg/385.html

「昨年末の日本国債の格下げを深刻に捉え、<皆さん、ご存じか知らないが>とバーゼル委で国債をリスク資産とみなす議論が始まっていることに言及。国債がリスク資産にされると、損失に備えて銀行は巨額増資や融資縮小を求められる。銀行が増資の代わりに保有国債を大量売却すれば長期金利の上昇を招く。<日本国債は問題ないという考えは、もはや通用しない>と危機感ムキ出しだったようです」(自民党政調関係者)

05. 2015年3月13日 12:33:51 : YylixLkL5Y
国債をリスク資産とみなすかどうかというより実態はリスク資産。
リターンも微々たるもの。
国民から収奪した金が霞が関や利権を持った公益法人、業界に流れる。
その分が国債残高としてどんどん積みあがっていっているのが今。
--------------

日立製作所や日本政府らは,私の為した公益通報内容隠蔽しました。

私が訴えているのはあくまで一人が受けた被害ですが,そこでさまざまなところに訴えることで身を持って知った,日本の隠蔽体質,官僚独裁政治は,私だけのものではありません。日本という国全体のものです。

私が身を持って知ったのは,日本は利権でがんじがらめになっているということです。
そしてその利権は,05のコメントにあるように,国債残高という借金として後世まで積み上がっているのです。

日本だけで隠蔽できるならば,それでもどんどん先送りして構わないのでしょうが,海外と同じ土俵に立ったとき,世界的に見てギリシャよりも対GDP比の高い日本国債は必ず問題となります。それが上の記事の本質と思います。

ギリシャのように,いやギリシャ以上に,日本経済が滅茶苦茶になってしまうのは,決してあり得ないシナリオではありません。

あまりたくさんの記事を掲載すると分からなくなるので載せませんが,ドイツのメルケル首相が日本に来て講演で強く言ったことも,6月開催予定のG7議長国として,日本に対しさまざまなことについて,どうしても釘を刺しておかねばならなかったからと考えています。

皆さんは認識されていませんが,いま日本はそれほどまでに深刻な危機なのです。

2015年3月14日 (土)

3/11の控訴審第2回口頭弁論で,日立製作所が出してきた資料について如何におかしいかについて説明します。

http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/366.html#c257

阿修羅さん上における議論とは全く異なって,日立製作所はあくまでも私に関して保有する,個人情報の開示に応じない主張で一貫しています。

---------
証拠説明書_20150311.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRYlYyeF85T1BCTkk/view?usp=sharing

乙18
立証趣旨等
夏井意見書(乙9)7頁において引用されている当時の内閣総理大臣の答弁内容、すなわち個人情報保護法に基づく基本原則は、これに基づいて具体的な義務が課せられるものではなく、公権力の関与や罰則が一切ないとされていること等。
---------

そして証拠説明書にて”乙18”として引用しているのは,この書類です。当該部分も抜粋します。

---------
衆議院トップページ  >立法情報  >会議録  >本会議  >第154回国会 本会議 第28号(平成14年4月25日(木曜日)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000115420020425028.htm

○内閣総理大臣(小泉純一郎君) 山内議員にお答えいたします。
 個人情報保護法案に対する姿勢についてです。
 個人情報保護法案を含む関係五法案は、IT化の急速な進展に対処するものであり、個人情報の有用性に配慮しつつ、プライバシーを初めとする国民の権利利益を保護することを目的とするものであります。
 メディアの活動を規制しようとする意図は全くありません。メディアの批判とは何ら関係がありません。
 基本原則についてです。
 基本原則の性格については、個人情報保護法制化専門委員会が取りまとめた個人情報保護基本法制に関する大綱では、「基本原則実現のための具体的な方法は、取扱者の自主的な取組によるべきものである。この趣旨は、報道分野における取材活動に伴う個人情報の取扱い等に関しても同様である。」とされたところであります。
 政府においてはこの考え方をもとに立法化を行い、基本原則は、報道目的を含めた個人情報の有用性に配慮しつつ、個人情報を取り扱うすべての者が、個人情報の適正な取り扱いを行うよう、自主的に努力すべきことを求めるものとしています。すなわち、基本原則は、これに基づいて具体的な義務が課されるものではなく、公権力の関与や罰則は一切ありません。
---------

この最後の行(”政府においては”以降)について日立製作所はアンダーラインをして,”個人情報保護法[1]に基づく基本原則は、これに基づいて具体的な義務が課せられるものではなく、公権力の関与や罰則が一切ないとされていること”と主張しています。

しかしそうすると,個人情報保護法[1]において,第56条~59条に罰則規定があることと不整合が生じます。

どうしてこういうことが生じるかといえば,その上の段も含めて読んでいただきたいのですが,この小泉純一郎による答弁内容はあくまで”メディアの活動”に限ったものだからです。

”メディアの活動”においては,個人情報保護法[1]第50条において本法の適用除外としてあり,第56条~59条に規定する罰則規定にも抵触しません。
小泉純一郎はその旨を答弁しているだけなのです。

メディアに対する答弁を日立製作所にも適用されると解釈し,さらには条文内にて齟齬が生じてしまうような法律解釈は,到底裁判所から認められないはず,と思います。

・・・・到底認められないはずなのですが,日本の裁判所はトンデモ判決を平気で下すので,フタを開けてみねばわかりません。

[1] 個人情報の保護に関する法律(平成十五年五月三十日法律第五十七号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H15/H15HO057.html

2015年3月13日 (金)

「女性が輝く社会」から,「男性が家事や育児をする社会」 ひいては「徴先生制」への考察

http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/366.html#c196

以下の記事にコメントしたくて,>>137 にも書いた通り”大西秀宜”でなくて別途ニックネームつければコメントできるかなと思いつつもそれでもまずい気がして,管理人さんの心証が悪くなる可能性があると思って,こちらに”大西秀宜”で書きます。

この記事にはこのようにコメントしたいという例です。

女性活用が進むほど離婚が増える 本当は恐ろしい「女性が輝く社会」のスローガン
http://www.asyura2.com/12/social9/msg/555.html

この記者さんの主張,ひとことで言えば,目指すべき社会は,「女性が輝く社会」というよりも,
「男性が家事や育児をする社会」
なんでしょうね。

「男性が家事や育児をする社会」というと,男性にだいぶ負担がかかるとして,男性の不興を買いそうですが,記事の最後はこのように締めくくられています。

---------------
 大学生から結婚するまで、私は実家近くの空手道場のコーチをしていた。毎日の稽古の指導以外にも、小学校1年生の鼻水をふくことから、中学校1年生の稽古後の喧嘩の仲裁まで、実に様々なことを経験したが、このことは私の「子供観」に大きく影響を与えている。子供のもつ無限の可能性、そして大人以上に実は気を使っていたりすることなど、実際に接さないと分からないことがたくさんあった。特に、試合の時の頑張りようは、どんな映画を見るよりも感動する。

 若い頃に、このような体験をした人は必ず子供を産み、育てたいと思うのではないだろうか。私は多くの大人が考える子育てのイメージを変えることができれば、もう少し少子化に歯止めがかかると思う。この考え方は、楽観的すぎるだろうか。
---------------

これって別に女性に対してのみ当てはまることではないですよね。
むしろ一般的に,育児に関心のない男性にこそ当てはまると思います。

私以前より,「徴兵制」ではなくて「徴先生制」を導入して,男女問わず若者を何年間か学校の先生にして指導させればいいと主張しています。

「徴先生制」を導入できれば,男女問わず全員が”若い頃に、このような体験をした人”となるのです。

学校の負担は大きくなりますが,人口増も見込めることから,長期的に見て有効と思うのですが。

にほんブログ村 政治家志望

2015年3月12日 (木)

上長のキャビネから資料を抜き出してコピーを取った行為が,違法収集となるかどうかについての解釈

いま隔離板で議論してます。

大西秀宜さんを語るスレ その2 このスレは大西さんを含め誰でもコメント可能です
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/366.html#c99

99. 大西秀宜 2015年3月12日 20:07:28 : nk2YiIWGHDNks : dMle4D6YYM
>>91. 2015年3月12日 19:17:08 : EAkIk2fULU
> キミは「窃盗」はしていないが、懲戒解雇通知書にある、
> 「上長のキャビネを無断で捜索し書類を収集」したことは認めるわけ?

そういう行為をしたことについては認めますが,あくまで違法行為の証拠収集のために為したのであって,会社がきっと言うであろう”過剰防衛”でもなんでもないと考えます。

ちなみに,未だ日立製作所に在籍したときに法律相談をした,駿河台大学教授の島伸一弁護士は,この収集を”過剰防衛”で非常にまずいもので,勝てないように仰いました。
しかし私はそうとは思わなかったので,結局島伸一弁護士の仰ることのほうがおかしく,弁護士さんってウソつくことがあるのだ,とこの時点で思いました。

その後何人もの弁護士さんと相談していて思ったのですが,どうも弁護士さんは,相談者が持ち込む案件の純粋な法律判断をするだけではなく,対大企業だから自分が弁護をして個人を勝たせるわけにはいかない(或いは裁判所が勝たせないから報酬が見込めない),というような判断を,法律相談の時点でしているように思います。

そりゃ,「勝てる見込みがある」と言えば,相談者からは「お願いします」と言われますものねえ。
相談者を断るために,「勝てる見込みがあるけど私はやりたくない」なんて言うと「おかしな弁護士だ」との風評も出かねません。
断る理由を組み立てて,「勝てる見込みがない」と言い切ったほうが手っ取り早いでしょう。

個々の弁護士さんにそのような判断があるのもむろん自由なのですが,そうするとどうしても大企業になるほど強くなってしまう問題があると思います。

さて,私の場合は違法収集でもなんでもないと思うのですが,仮に違法と判断された場合も証拠としては有効と考える理由を下記します。

【違法収集証拠;刑事と民事の違い】 みずほ中央法律事務所
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/365.html#c15

には,<民事訴訟における証拠能力の判断>として
”著しく反社会的な手段を用い,人格権侵害を伴う方法によって証拠を獲得した”
ことを挙げています。

その上で具体例として夫婦間でメールを閲覧する場合を挙げています。

-----------
【夫婦間のメール,手紙の不当な証拠化;証拠能力の有無】
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/365.html#c16

<証拠能力の有無の類型化>

同居/別居 態様 証拠能力(※1)
同居 メールを盗み見た ○
同居 暴力によってメールを見た ×
別居 侵入+メール等を盗み見た ×
別居 送付物を盗み見た ×
いずれも 開示防止策が採られたいた(※2) ×
※1 凡例
◯=証拠能力あり
☓=証拠能力なし
※2 『開示防止策』
パスワードによる防御(プロテクト)がされていたにも関わらず,不正に解除したような場合
-----------

私の場合は,”同居 メールを盗み見た”と同等未満です。上長の机には特に施錠などの開示防止策が採られていたわけでもありませんし。

かつて2ちゃんねるにおいて,私の行為は休日に会社に”侵入”であると主張する者もいましたが,ICカードによるチェックを受けても普通に入れる状態でしたので,”侵入”にも当たりません。

これらのことから,

1.「上長のキャビネを無断で捜索し書類を収集」したが,それは違法行為ではない
2.仮に違法であると認定される場合も,違法収集証拠には該当しないので,書類の内容に問題があるかどうか日立製作所らは検討せねばならない

と私は主張します。

2015年3月 9日 (月)

阿修羅さんに記載した,”こもれび”における歌詞の引用の是非,JASRACの見解と著作権法などについて

>>228. 知る大切さ 2015年3月09日 16:30:01 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26

(略)

> 2012/01/20の該当コラムに貴方はこう記してます。
>
> ーーーコラムコメント引用ーーーー
>
> 表現の上でどうしても著作権に違反する部分のニュアンスを、どうやって
>
> ナレッジとして残しておくか、考えるからです。
>
> ーーーーコラムコメント引用ここまでーーー
>
> 2012年1月当時は歌詞引用が許されると大西氏は
>
> 少しも認知されてませんが?

こもれび規約上,ですよね。JASRACといってもいい。
実のところ,この頃は法律の定義とかまだ認識があやふやで,JASRACと著作権法の定義もごっちゃになっていたのですが。

しかし,”小説は引用が許されるのに,歌詞の引用が許されないのはおかしい”と,私ずっと主張しています。

たとえばコレ

------------
tetsuya komuro  -  2012/05/03 つぶやきで、素朴に昔のTMも音楽が良質なものもあるので、選んで、
https://plus.google.com/+tetsuyakomuro/posts/HX2eXMuPMPc

曲の引用を認めない著作権法は間違ってると思ってます。
引用を認めないから、曲について自由に議論できなくなってる。
そういう本なんかも出ないから、業界のヒトですら曲について議論しないもんだと思ってるみたい。
------------

なんか,”曲の引用を認めない著作権法”と書いていることからも,小説は認められていることを前提として記載していることは明らかです。
(著作権法について誤解していたこともわかりますが)

この主張,日立グループの人間からは全く理解されませんでしたが,小室哲哉さんから"+1"されていますので,アーティストからすると納得できたのでしょう。

そもそも,小説だって詩だって歌詞だって,文章であることに違いはありませんよね。

それではどうして,それにメロディがついたら”引用”でさえも認められないのか?議論できなくなってしまうのか?
そう思いませんか?

実際,私と同様に思った人がいたからこそ,JASRACは規約を変えて,著作権法に合わせてきたのです。

この主張は3年前より一貫していて,なんらぶれていません。

さらに加えると,「規約のほうがおかしいならば規約を変えたらいい」という主張,これは,私は当時”国際標準化推進室”に勤務し,JIS規格とかISO/IEC規格制定に関わったからこそ出てきたものです。

そしていま,「法律や憲法がきちんと実行されていないから実行しよう,実行しづらい内容ならば変えてしまおう」と主張していることとも,すべて一貫しています。

> 逆に私が今日2015/3/9に200番コメント提示しこの阿修羅でナ
> レッジを共有された事が、何故か過去の自身の出来事に適用さ
> れて有利な補強根拠として活用されてますよね。

すみません,>>200 で為されたコメントが私に対してどのように不利に働くのでしょう?
むしろ,>>200 で指摘されたところ[1]を改めて読んでみますと,

------------
日本音楽著作権協会(JASRAC)の常務理事が
「歌詞をつぶやけば使用料が発生する」と発言しています。
本当に歌詞をつぶやくだけで使用料が発生するのでしょうか?
------------

とありますとおり,完全に私に有利な判断です。

ところで,この記事の日付は2013.3.29ですよね。
然るに,私が >>186 で示した記事[2]においては,2013-03-02となっており,実のところ[1]の記事は,JASRACの規約が著作権法に合わせて改訂されたことを知らずに書かれているようです。

というのも,「歌詞をつぶやけば使用料が発生する」という発言は,それだけで著作権法に反しているのは明らかだからです。
ブログ主はそれについて,JASRACが規約を修正していない前提の上で疑問に思い,法に触れないことを主張し証明されているのです。

いずれにせよ,[1]の記事に従って考えても,JASRACがどのように規定しようが,私が”こもれび”にて歌詞を引用したことは,当初より私が主張しているとおり,全く問題なかったのです。

ですから,いくら”こもれび規約”があろうが,そこで主張されている”著作権”があろうが,そのような誤った前提でこもれび運営事務局が私を裁くこと自体が問題なので,単に私がその当時歌詞の引用が”著作権”として認められていないと認識していたからといって,”こもれび規約”に則らねばならないという主張には結びつきません。

私はその前提の上でさえも,歌詞の引用に関しては”こもれび規約”に則ってやむなく削除に応じたのですから,情報を収集される理由にはなりません。

逆にそれを言われるならば,上に記したこもれび運営事務局からの,2012/1/26 16:17 付のメール[3]にある,

-----------
禁止事項
(7)他社や他組織について,以下に該当する事
(中略)
・知的財産権(特許権,商標権,著作権,肖像権等),プライバシー権,その他一切の権利を侵害する事
・個人情報を掲載する事
-----------

に私が抵触するとされたことって,なにをどう抵触するとされたのでしょう?

ここのコメントでも”美愛”を名乗る者が何度も記載してきているとおり,私が見て感じたことって”事実”とはいえないのですよね?
そうするとそれは,知的財産権や個人情報には当たりませんよね。

もちろん,アイドルにも個人情報はないとはいえませんが,それは会社が組織として認定して収集してはじめて”個人情報”となるのであって,少なくとも1ファンが見て理解た内容はあくまで”感想”でしかなく,おおよそ知的財産権や個人情報には当たりません。

それについてはどう思われます?

日立製作所を除外して,私に対してだけ,非常に厳しく解釈を適用しようとされていると思われませんか?

> (時系列を分けた自己の言動を区分けできずに自身の有利に働くように
> 書き換えが無意識に成ってませんか?)

この場合の”時系列”とは,私の認識の時系列を主張されていると思います。

しかし厳然たる法解釈があるのですから,当時どのように認識していたかどうかは,さしたる問題ではないと考えます。

> 当時は少しも歌詞引用の正当性を主張されてませんし、逆に違反
> を認識されてその上でナレッジとして残す方法を事務局が考える
> べき!とコメント残されてますが?

歌詞引用の正当性について,こもれび運営事務局に対して主張しても仕方ないと思ったのは,既に >>215 にて記した通りです。

あくまで,こもれび運営事務局が議論する土俵の上で話をしようと思って記載したまでで,私の主張の根幹は,ほんの3ヶ月ほど後に書いた小室哲哉さん宛の内容となんら変わっていません。

> ps:数回にもなる 玄関への悪質なイタズラですが、
> (お答えいただけなくてもOKです)
> やった人間が国家や企業が一切関与してなかったら?
> もちろんifのお話
> 他にどんな方が考えられるか?大西氏からお聞かせいただければとおもいます。
> 私にはあんな人やこんな人が国家や企業の関与より先に浮かんでますが
> 同じ人物像が大西氏から出てくるか興味があります。

たとえば,”ヤミ金 オーシャン”[4] の掲示板は,私の個人情報を執拗に掲載されて,機能不全に陥っていますので,動機がありそうに思えます。
しかし,”ヤミ金 オーシャン”の者が私に対して危害を加えるとは,やはり思いづらいです。

”ヤミ金 オーシャン”の者からすると,私ではなく,”ヤミ金 オーシャン”に対して私の個人情報を記載し,掲示板をめちゃくちゃにした者に対して怒りをぶつけるのではないでしょうか?
しかも単に”大西”と記載したコメントをブロックすれば,”ヤミ金 オーシャン”の掲示板がめちゃくちゃになることもないのですから。

尤もこの,”ヤミ金 オーシャン”の掲示板,何故だか私の情報が最上位に出てくるように工作してあり,その結果私に対して毎日たくさんの融資の依頼の電話がが来ています。
ですから,”ヤミ金 オーシャン”の者が私に悪意を持っている可能性は完全には否定できないのですが,それにしてもわざわざ犯行に及ぶかというと怪しいと思います。

それ以外,全く身に覚えがありません。

関わった方々を思い浮かべると,鍵屋さんだって不動産屋さんだって,わざわざやらないでしょう。
元バイト先の人間から恨まれる理由もありませんし。

それに私,”電波”とかも一切信じてませんし。

本当に分かりません。
逆に興味がありますので,”知る大切さ”さん,仰ってください。

”知る大切さ”は一方的なもので完結するはずはなく,”教える大切さ”であると思いますし。

[1] 好きな曲の歌詞をブログやフェイスブックに載せることはOKか?
http://gvalaw.jp/venturelaw/archives/707.html

[2] いつの間にかJASRACの「引用」の定義が変更されていた件について (抗議一切受け付けません - 個人ブログ)
http://focuslights.blog102.fc2.com/blog-entry-466.html

[3] 日立製作所による不正のもととなった証拠(私のグーグルドライブ内の証拠資料より引用)
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRcWhXVTMtMjBLajA/view?usp=sharing

[4] ヤミ金 オーシャン
http://cashing-ocean.com/ocbbs/ocbbs.php

阿修羅さんにコメントした,”考えること”の大切さについて

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/424.html#c237

237. 大西秀宜 2015年3月09日 20:49:46 : nk2YiIWGHDNks : TDr9gIRVDg
>>228. 知る大切さ 2015年3月09日 16:30:01 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
(略)

> 今貴方は個人情報で他(企業)と争っていますよね。
> (経済的損失と精神的損失を伴いながら)
> その人物がURLを貼る事でネットで無頓着に他人の個人情報を無許可
> で開示してますがこの事を認知されてますか?
> (2012/01/19と29のコラムのコメントの方々を言ってます)
>
> まず貴方の忌み嫌った行為を自身がなされないように最大限配慮すべきだと
> 考えます。

認識してます。裁判資料なのでそのまま出しました。
彼らは嫌がるとは思いますが,直接ここに実名を記載するのではなく,あくまでリンク先を興味を持って見た者だけが知る情報と思ってリンクしました。

そもそも私は,ここだけでなく2ちゃんねるにおいてもブログにおいても,自分の主張は変えず,本名として掲載しています。
ですから,2ちゃんねるやブログにおいて過去にいろいろ記載したことについて,このコメントにもいろいろと引用して記載され,非難を受けるのです。

なので,”知る大切さ”さんは,”貴方の忌み嫌った行為”と仰いますが,個人により個人の記載した内容を利用されることについては,実のところ忌み嫌ってなどいません。
私は発言に責任を持っているからこそ,こうして回答しています。(エッチなgdgd内容を引用したコメントなどには,釈明する必要がないと思い,返答してませんが)

ここで名前と発言内容を比較して,開示されるのは嫌と,それぞれのコメント者は思うかも知れませんが,嫌と思うならばどうしてそのようなコメントを私に向かってできたのだ,という苛立たしい思いが私にあるのも事実です。

その上で,日立製作所ら大企業と,私個人とが,対等ではないことについても認識していただきたいです。

個人の過ちであれば許せることであっても,大企業が組織的にやると許せないことってたくさんあります。

それどころか,一般人が「日教組!」と叫んだり,Facebookでアクセスブロックしても,それを非難する者はいませんが,安倍晋三は非難を受けますよね?

なにかの行動に関して,安倍晋三のように非難を受けるべきなのは,日立製作所と私とどちらと思います?日立製作所ですよね。

個人情報保護法はそもそも,”個人情報データベース等を事業の用に供している者(民間部門)をいいます”[1]。

そして日立製作所は,IT戦略本部こもれび運営事務局らが主体となり,組織ぐるみで個人情報を収集したから問題なのです。
私はずっと主張しています。

ちなみに,個人が特定の人物の名前や発言を収集したり開示するのは,個人情報保護法とは関係なく,プライバシーの問題です。

ただそれでも,プライバシー侵害と言われればそれまでで,個人として謝るしかないです。

> 本題:
> URLにて大西氏の2012/01/19のコラムとコメントを見ました。
> コメントが一切入らなかったコラム単体で見ると、
> 企業内のSNS(目的はナレッジ?)なのに
>
> アイドルグループに対する濃いファーンの思いが詰まった当日コラム
> としか見えませでした。
>
> 企業のナレッジに結びつける工夫も何も見受けられません。
>
> 「この考え、アイドルのAさんとBさん、Cさに教えたる。」
>
> とはコラムにはありますが、この話で企業内のナレッジを語るなら
> このコラム内容と企業のナレッジが結びつく何らかの話がこの後に
> 続かなければなりませんが?ありませんね。
>
> (元々このコラム全文がAKBにあてた文書をそのまま、こもれびに
> 貼っただけでは?)

・・・というのも,それをさらにこもれび用に編集していろいろ主張すれば,「遊んでいる」と捉えられかねなかったから,休み時間に書いたファンレターを敢えてそのまま貼っただけです。

実際それをアップすること自体,「遊んでいる」と捉えられたのですし。

実のところ,”こもれび”上においては,私どころの比ではなく常駐し,「コイツいつ働いているのだ!?」と思うような方もいました。

しかし,日立グループにおいて”こもれび”は,メンタルヘルスのケアの一面も持っていたと私は認識しており,「コイツいつ働いているのだ!?」状態の方でもとりたてて問題にされませんでした。

そういえば,あまりに友達を短期間で作りすぎて自己顕示欲の強く,かなり目立っていた人が,一瞬で消えたことはありました。
あれこそ”躁状態”だったのではと思っています。

そういう方はたまにいますし,ここのユーザさんからも,突然出てきた私のことを”躁状態”なのではないかと考える方がいてもおかしくないとも思います。

話を戻して。

”このコラム内容と企業のナレッジが結びつく何らかの話がこの後に続かなければ”などというのはあくまで”知る大切さ”さんの主観でしかありません。

簡単なたとえを挙げますと,小説家が小説を書きます。その小説内には,「ココはこういう意図で書いた」なんていちいち書きませんよね。
けど,なんらかの意図があって書いたことは,前後の関係や,全体の構成から考えると明らかだったりします。

そもそも”知る大切さ”さんだって,小学校中学校高校と進み,そうやって小説家が裏になにを意図しているかを授業において考察し,テストに悩んでこられたのではないですか?

では,”知る大切さ”さんをはじめとして,どうして人々は社会人になった途端に,書き手が裏になにを意図しているかを考察しなくなるのでしょう?
どうして学校で覚え,考えたはずのことがらを,全て捨て去ってしまうのでしょう?

私にはその問題意識があったからこそ,敢えてファンレターをそのまま掲載した,というのもあります。

”こもれび”上にてAKBとナレッジを結びつけた投稿は,もっと以前2011年9月ごろからやっておりまして,最初はもっと分かりやすく主張していたのです。
しかし,日立グループの人間らは一向に理解しようとしなかったので,2012/01/19の投稿は,

「日立グループの人間らがこのファンレターの内容を理解する気がないならば,もうこもれびから学べるものはない」

という最後通牒のような感じで投稿しました。

だから,”こもれび”運営事務局に対するメールでも,私は非常に痛烈な批判をしています。

> それにコメント欄の対話でやっとナレッジなる言葉がでてます。
> 誰もコメントしなかったらナレッジの言葉すら無かった。

・・・日立グループの人々は誰も理解する気がないのだなあ,と呆れただけです。

このコメントをするにおいて,”知る大切さ”さんも実のところ,”知る大切さ”を理解されていないと私は思います。

いや,”知る”という行為にこだわって,”考える大切さ”を理解されていないといったほうが正確かも知れません。

”知ること”って実のところ,たいして重要ではないのです。むしろ知りすぎることは,前へ進めない弊害となりかねません。
イノベーションを生み出す人々はよく,”知ること”の弊害を説いてますよね。

なかなかいい文章を検索できないのですが,たとえばこの阿修羅さんのトップでも,

------------
情報解析
その情報が 誰によって 流されているか?
なぜ今 流されているか?

事象解析
その事象・情報で だれが利益を得るか?
歴史上、その事象の時何があったか?
------------

と書いてありますが,”知る大切さ”さんは,”情報解析”,”事象解析”を為されているでしょうか?

私に関して自分で”情報解析”をしますと,私は,私がいま日立製作所と訴訟を起こし,ドアに攻撃を受けて生死の境を生きているから流しているのです。
また,”事象解析”しますと,国家ぐるみでの日立製作所による個人情報保護法違反という事象で,人々に利益を還元しようとしています。歴史はいまですから解析できませんが。

逆に十分な理屈も述べずに,私自身に対してインターネット上・或いは現実上で対抗してくる者は,
”情報解析”をしますと,おそらく日立製作所の関係者が何人か書いていると思われます。いま掲題のタイトルがアクセスランキング上位にあるのは好ましくないからです。
また,”事象解析”しますと,国家ぐるみでの日立製作所による個人情報保護法違反を隠蔽し通すことにより,トップページ右上に書いてあります

------------
 日本という国は、そういう特権階級の人たちが、楽しく、幸せに暮らせるように、あなたたち凡人が、安い給料で働き、高い税金を払うことで、成り立っているんです。
 そういう特権階級の人たちが、あなたたちに何を望んでいるか知ってる?
  今のままずーっとおろかでいてくれればいいの。世の中のしくみや、不公平なんかに気づかず、テレビや漫画でもぼーっと見て何も考えず、会社に入ったら、上司の言うことを大人しく聞いて、戦争が始まったら、真っ先に危険な所に行って戦ってくればいいの。
------------

このような状態を続けることにより,特権階級の人たちが利益を得るのです。
そして歴史上,安倍晋三を頂点として,日本がさらに危うい国へと進んでいます。

私は,”特権階級の人たち”にとって,最も都合の悪いことをしているのです。

そう思えませんか?

考えること,解析することに重点を置くと,たとえば歴史教育なんて,人間は何千年と同じようなことを延々と続けてきているのですから,すべての時代についてあまねく教え,”暗記”してしまういまの教育は得策と思っていません。

ある一時代だけを切り取って,たとえば「その状態で織田信長はどう考え,どう行動したのか」というようなことを,”情報解析”,”事象解析”し考察するほうが,自分が大人になったとき,現実に問題にぶち当たったときのシミュレーションとして有効であると私は考えます。

長いのでとりあえずここで切ります。

[1] 個人情報保護法に関するよくある疑問と回答 消費者庁
http://www.caa.go.jp/planning/kojin/gimon-kaitou.html

Q2-12
個人情報保護法の義務の対象である「個人情報取扱事業者」とは、どのような者をいうのですか。
A2-12
  個人情報保護法第4章から第6章に定める義務の対象となる「個人情報取扱事業者」とは、個人情報データベース等を事業の用に供している者(民間部門)をいいます(法第2条第3項。Q1-4も参照)。
  ただし、事業の用に供する個人情報データベース等を構成する個人情報によって特定される個人の数の合計が、過去6か月以内のいずれの日においても5,000を超えない者は、除外されます。

阿修羅さんにしたコメントより。日本の三権分立は極めて怪しいことについて改めて認識し調べたこと。

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/424.html#c192

192. 大西秀宜 2015年3月09日 01:47:39 : nk2YiIWGHDNks : TDr9gIRVDg
>>184 のドアへの書き込みについて,警察官と話した内容についてちょっと。
私は,警察官に対して,

「私がいくらインターネット上に,ドアに書き込まれた内容を書いたとしても,隣人などに知られたくない”事実の摘示”であるので,名誉毀損罪になりますよね?

って言ったのですが,

「では,あなたがいま,黒い服を着ているという事実を摘示したとして,それは名誉毀損ではないですよね?」

って回答されました。

だから私は,

「服がそうとかじゃなくて,たとえば自分が仮に精神疾患であれば,そのことは人に対して伝えたくないので,名誉毀損罪に当たりますよね?」

と言ったのですが,それでも警察官は,事実の摘示であれば名誉毀損罪には問えないとの主張を繰り返しました。

私,以前より思っているのですが,警察をはじめとして,行政府内部において,立法や司法の趣旨と異なる法律の運用解釈がまかりとおっていて,それを一般市民は知らされていないと感じるのです。

名誉毀損罪における事実の摘示に関する解釈について,[1]に示します。

立法府や司法府が,日本国憲法に従って行政府を監督せねばならないと考えるのですが,どうも日本国憲法における三権分立の規定[2]だけではユル過ぎて,実質的に機能していないと考えます。

だって企業は定期的に監査をされるのですから,三権だってそれぞれに定期的に監査を受け,その情報を国民に対して開示することを,日本国は規定しないといけないと考えます。

にもかかわらず,三権相互間の監査に関して私が知っているのは,裁判官弾劾法による訴追請求くらいです。
それさえをも第十条[3]3項により,日本国は議事を公開しないと規定しているのですから,日本政府のやりたい放題になるわけです。

-------------
[1] 名誉毀損罪 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E7%BD%AA#.E4.BA.8B.E5.AE.9F.E3.81.AE.E6.91.98.E7.A4.BA

事実の摘示[編集]
摘示される事実は、人の社会的評価を害するに足りる事実であることが要求されており、事実を摘示するための手段には特に制限がなく、『インターネットの掲示板で書き込む』『張り紙で噂を広める』『街宣車を動かして噂を宣伝する』などの場合であっても成立する。

その事実の内容の真偽を問わない(信用毀損罪の場合は虚偽の事実でなければならない)。つまり、例え真実の犯罪行為の公表であれ、ただ発言内容が真実であるというだけでは免責されない(後述する真実性の証明による免責の問題となる)。また、公知の事実であるか非公知の事実であるかを問わない。「公然と事実を摘示」すれば成立する罪だからである(大判大正5年12月13日刑録22輯1822頁)。公知、非公知の差は情状の考慮事由となる。事実を摘示せずに、人に対する侮辱的価値判断を表示した場合は、侮辱罪の問題となる。

[2] 日本国憲法における三権分立 日本国憲法の基礎知識 行政書士試験など憲法の試験対策に TOP
http://kenpou-jp.norio-de.com/sanken-bunritu/

この権力分立の一場面・典型例と言えるのが三権分立というものですが、
日本国憲法における三権分立をみてみましょう。

第41条(国会の地位・立法権)
国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

第65条(行政権)
行政権は、内閣に属する。

第76条1項(司法権)
すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。

[3] 裁判官弾劾法(昭和二十二年十一月二十日法律第百三十七号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO137.html

第十条 (議事)  訴追委員会は、衆議院議員たる訴追委員及び参議院議員たる訴追委員がそれぞれ七人以上出席しなければ、議事を開き議決することができない。
○2  訴追委員会の議事は、出席訴追委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。但し、罷免の訴追又は罷免の訴追の猶予をするには、出席訴追委員の三分の二以上の多数でこれを決する。
○3  訴追委員会の議事は、これを公開しない。

2015年3月 8日 (日)

阿修羅さんに書いたコメント。もう日立製作所の工作活動っぽいのが多くて・・・

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/424.html#c143

私も全部答えきれてないので,本当に質問したい方は下記のようにお願いします。

>>136. 闘魂 2015年3月07日 23:28:46 : EU3juDP8N4dYg : fEICK9nUBs
> 85で質問させていただきました者です。

(略)

>>85. 闘魂 2015年3月07日 01:05:02 : EU3juDP8N4dYg : fEICK9nUBs
> >どこかの駅で大声を張り上げて主張したほうがいいのかなあ,などとも思います。
>
> 大西さんがこのような意思を持っているならば、インターネット上で毎日同じ人達に同じような事を繰り返し発言するよりも、世間一般の人達に発信でき、また世間一般の人達の大西さんに対する生の声が聴けるので、一刻も早く実行するべきです。
>
> もしドアへのボンド攻撃を心配するならば、まずは大西さん自身の最寄り駅での街頭演説から始められたらどうでしょうか?

そう言われても,なかなかすぐには実行できるものではありません。

ひとりでショルダーメガホンもって、駅前で街頭演説するのになにか許可は必要でしょうか。 知恵袋トップ>暮らしと生活ガイド>法律、消費者問題>法律相談
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1420780644

ここにも記載されていますとおり,実際には演説を行う場所ごとの使用許可が要るようです。
このため,他に演説している人を見たことがないような場所では,概ね使用許可は得られないと思われます。

尤も,私がさらなるボンド攻撃を受けて,生死の境を行くような状態になれば,使用許可が得られようがどうしようが,あくまで生きるために,演説するしかない場合もあると思います。

とにかく,さまざまな状況を考えて,まだ演説すべき時期にはなく,ここで主張を続けるのがいいと私は判断します。

> 追伸
> 大西さんに関心を持ち、ブログやインターネット上の書き込みを拝見させていただきましたが、訴訟費用を金がないとの理由で払わないで踏み倒すというのは本当なんでしょうか?
> 金がないとの事ですが、ミュージカル等の観劇に行けていたり、今後も観劇予定ですよね?
> その観劇費用を訴訟費用に充てるという発想は大西さんにはないのでしょうか?

訴訟費用を踏み倒すのではなくて,訴訟救助を受けているだけです。悪意に解釈しないでください。

また,観劇をする予定はありますが,>>123 にも記載しましたとおり,実の親にも劣らない気持ちで毎日のように応援してきた子達の晴れ舞台です。
このため,いくら裁判があろうが,許された範囲内にて観劇する予定です。

観劇して,>>123 のときと同様に,その感想を記載して自分のブログやGoogle+上などにアップする予定です。

私はAKBの運営会社・AKSを相手に訴訟していますが,AKBの子達に悪い思いはありません。

”坊主憎けりゃ袈裟まで憎い”,ではないのです。

>>137. 美愛 2015年3月07日 23:52:02 : 2VTHHWLsXSkMM : pH9i7qtOK6
> 恣意的に回答に優先度を付けず、順番に答えるべきでは?
> 最低でも、核心部分にはご回答されるべきかと。

私は核心部分と思うものには答えております。
それでも答えていないと言われるのであれば,再度提示ください。

> >私が日立製作所のジョブマッチング面接で面談して,どうしても大西を採れ!と言ったのは,
> >
> >1999年当時大みか事業所交通システム設計部長で,現在日立製作所代表取締役社長の東原敏昭です。
>
> こちらについても、何の客観的証拠もありませんよね。
> 何だか全て妄想で出来ているのではないか、と思えてしまいます。

東原敏昭 経歴 (2ページ目)
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/01/f_0108.pdf

私が面接した1999年5月の少し前,1999年4月より2000年8月(又は7月末日)まで,東原敏昭は大みか電機本部(情報制御システム事業部)交通システム設計部長だったことがわかります。

甲第2号証 日立製作所からの原告の個人情報開示書類(冒頭2ページ)_インターネット掲載用.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRWmJzckdfeGZ3ZFk/view?usp=sharing

そして私は,2000年4月に,情報制御システム事業部交通システム設計部に入っています。最初は勤労部で,6月付ですが。

なお,大みか電機本部と情報制御システム事業部は違うのでは?と思われるかも知れませんが,以下に,1999年12月21日付にて,大みか電機本部が情報制御システム事業部に組織改正される旨の内容が記載されています。

電力・電機グループの組織改正について 平成11年11月29日
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/9911/1129a.html

ちなみに,就職活動は修士2年になってから始めていますので,東原敏昭は私の就職活動時に既に交通システム設計部長だったことは自明です。

これで客観的証拠は提示したと思いますが,違いますでしょうか。
それでも疑義を持たれるならば,採用活動時の資料もありますので,別途提示します。

>>138. 2015年3月07日 23:55:39 : EAkIk2fULU
> なんだ、単純にTPP批准させたい工作員だったか。みなさんおつかれさん、

私がTPP批准させたければ,日立製作所や日本政府ぐるみの不正を糾弾する必要なんてあるでしょうか?

仮にそうだとして,じゃあ私はどこの工作員と思われますか?アメリカでしょうか?

>>139. JWAVENET 2015年3月08日 00:16:15 : uTR68VxqsK.9Y : xWsnG8SWwk
> 大西さん、ハナシを膨らましちゃあダメですよ。
> 教授かなんかが現社長とたまたま知り合いかなんかで
> 入社は阪大基礎工のコネ枠で既に確定で、
> どこに配属されるかの段で、どうしても大甕工場勤務がしたいと
> 他に誰もやらないスタンドプレーで、そこの責任者だった当事部長(その後社長)に
> 直メールしたから、そこまで熱心なんだったらと東原さんが仏心起こして
> 大甕配属になっただけでしょう?

甲第2号証を見れば,私は機械工学修士なので,情報制御システム事業部とはかなり専攻が違うことが分かります。

たとえばこれを見ていただければ,私は”通電加熱を用いたアルミ合金の半溶融加工”という研究をしており,おおよそ情報制御システム事業部とは縁がないことを理解していただけると思います。

625 通電加熱を用いたアルミ合金の半溶融加工(OS 鋳造および鋳造材料)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002485527

専攻がアルミの加工なので,仮にコネがあるとしても,日立製作所が推進する"A-Train"の技術者として,むしろ鉄道車両工場のある山口県の笠戸工場のほうに向けられるはずです。

しかも,2人阪大基礎工のコネ枠がありましたが,もう1人はまったく話すこともできずに,なんとコネ枠にもかかわらずどこの事業所からも採用を希望されなかったのか,落とされてしまいました。

そういえば私の先輩で,三菱電機をコネ枠で受けたのですが,やはり落とされた方がおられました。
私の時代でさえそれだけ厳しかったのです。

ちなみに私の場合,工場の勤労は専攻が違うからなどとして難色を示したそうですが,それでも東原さんから採りたいと言っていただいたので採用になったように,どこからか聞きました。

>>140. 2015年3月08日 00:18:56 : FbdGnWDQco
>
> >法律よりも,”社会通念やその他、コミュニティ独自の決まり、あるいは風習”を>上位のものとするならば,もうそれは法治国家とは言えませんよねえ。
>
> >だから私は日本政府のことを,”無法独裁政府組織”と主張するのですが。
>
> 上位ではない、土台・基盤として社会通念や慣習があるんだ
> 法律は最低限のルールを規定しているに過ぎないんだよ

・・・・・・・・じゃあ,最低限のルールに違反した日立製作所は罰しないといけないですよね。

> 法に触れなければよいというのなら、メンバーを誹謗中傷して、
> 心を傷つけまくっても全然良いってことか?、そうじゃないよな
> 戸ヶ崎氏の脱法ハーブは法には触れてなかったのに、なぜ叩かれて
> 責任を負ったんだ?

まず,日立製作所の話から話題を逸らさないでください。
いつの間にか,なにかよくわからない理由による私の追及になってますよね。

戸賀崎氏に関しては,当時AKBグループ総支配人として,メンバーだけでも200人以上,スタッフを含めるとそれ以上を統括する,責任のある地位にあり,さらには報酬をもらっていたからです。
しかもメンバーはまだ二十歳にいくかいかないかの年少の者が多いですよね。

そういう者の中で,法律をかいくぐるようなことをするのは道義上問題とされたのです。

日立製作所だって,大企業として,法律だけに限らない責任がありますよね。
グループで年間売り上げおよそ10兆円あるのですから。

それに比較して,私の方に,法律以外に守らないといけない責任ってあるんですか?
それはどうしてでしょうか?

もちろん,将来的に政治家になるときには,求められるものがあるとは思うのですが,いま日立製作所が法律を守らない状態で,私には法律以上の社会通念や慣習までをも守らないといけないとするのであれば,それはおかしく,その理由を示してください。

未だ私は最低限の生活保護しかもらっていないのですから。かたやグループで年間売り上げおよそ10兆円あるにもかかわらず。

そして,私にだけ日本が政府ぐるみで,やたら厳しく法律以上の社会通念や慣習までをも適用するのであれば,日本国憲法第14条に規定する平等権,とりわけ”社会的身分”による差別である,と私は主張するのですが,違いますでしょうか。

>>141. 善良な市民は怒っている 2015年3月08日 00:50:57 : 89uZb21er6xpA : 1w4tox3QPA
> 真面目にコツコツ働いている身からするとこんなとんでもないのは許せません。
> 大西というとんでもないヤツをろくに選考せずに採用して、ずっと雇用してモラルハザードを招いていた日立製作所も社会的責任を認識すべきです。
> こんなどんでもないヤツにナマポを支給し続けている足立区も社会的責任を認識すべきです。我々の血税の無駄遣い以外の何物でもありません。
>
> 日立製作所も足立区も体質が生ぬるいのではありませんか?

どこがどのように”どんでもないヤツ”なのでしょうか?具体的に示してください。

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48研究生公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック