生活保護

2015年6月17日 (水)

日本には言論の自由がありません。その理由。福祉事務所行って来ました。ブログ更新の危機です。これが最後の投稿になるかも知れません。

塚原係長らと話してくれる方と一緒に,福祉事務所に行ってお話ししました。

その方は,最初から,ブログはしないほうがいい,というスタンスでした。

塚原係長は,ブログをしてもいいけど,ブログをしているから攻撃される可能性があり,その結果として,通常のアパートではなくやむなく施設に入れねばならないと言いました。

さらに,大西には実家に帰るという方法もあるなどと言いました。

これに対して私は,実家に帰るなんて,インターネット上に書いてあるが,どうせ監視しているのでしょう!と追及しました。

しかし塚原は,自分は通報があったから見たのだ,としゃあしゃあと言いました。

日立製作所でも経験しましたが,”通報があったから見た”というのは,インターネットから情報を監視するために,体制側の使う方便と考えます。

そして打ち合わせ後に,この方と若干お話しました。

私の言っている”工作員”の存在について,一般人からすると信じられないかも知れませんが,この方は十分にその可能性があると認識していただけました。

日立製作所やAKSなど,カネを持っている体制側が暴力団を利用することはままあり,だからこそ個人で戦ったりはしない,集団で戦うのだと言われました。

私がインターネット上で活動するのも無意味で,もっとリアルで活動せねばならない,そのために労働者が団結して労働組合として力を合わせねば,とも言われました。

私も確かに,一面ではインターネット上で活動することの無力さを感じています。
けれども,労働組合として団結するのが,それだけで大きな力にならないのもまた事実とも思います。(ここはさすがに言いませんでしたが)

体制側から見れば,労働組合として団結していくら法廷で争ったところで,それはインターネット上にも掲載されないし,報道もされないので,それを知るのはごく一部です。
ですから,たまには労働組合側の勝訴判決を出してみたところで,体制側からすれば蚊が刺したくらいでしょう。

むしろ体制側は,確か自民党がネット監視費用を計上していたのでしたっけ・・・インターネット上で活動されることを最も嫌います。

そうするとやはり,労働組合として団結する一方で,それをネットで伝えていくことも必要と思います。
いろんな方法を駆使してようやく,知らない人まで情報が届くのだから。
そして体制側が一番嫌う方法なのだから。

その上で,塚原が監視しているのは目に見えているので,私がブログを書くのも辞めたほうがいいと,何度も強く言われました。
だからこそいま,これが最後の投稿かも知れないと書いています。
(けれども,いつか復活して書き込みます。I shall return! です。)

私も別に,ブログやtwitterという方法を使わなくてもいいのです。
私が見聞きし主張していることを,何とか世間い知らしめることができたらいいのです。

私が見聞きし,主張していることは,この方からすると当たり前のことだそうで,すんなり理解していただいたのですが,世間一般からすると到底当たり前ではなくて,”政府がそんなことするはずがない”,”日立製作所がそんなことするはずがない”と言われてしまうものです。

ならば,やはり労働組合として団結して,体制側に属する裁判所と掛け合って戦術的に小さな勝ち星を得ることとは別に,体制自体をおかしなものとして,人々に向かってもっともっと告発して,戦略的に大きな勝ち星を得ることも目指した方がいいと思います。

その前提で私が,「1人で主張できないとすれば,それはもう言論弾圧ですよね?」と言ったのですが,「言論弾圧ではない。1人で主張したのが間違いで,大勢で主張せねばならない」と言われました。

個人の自由がないのは,この方からするともう当たり前の前提条件なのです。

そこは分かってもらえませんでした。

日本語で”自由”と言っても,”free”と”freedom”の違いがあると言われて,私はそこは肯定しました。
しかし,”freedom”を勝ち取るための戦いに,一つの戦術しかないとは思っていません。
けれども,どういう戦略かは分かりませんが,大勢で認識を共有せねばならないところは同意します。

とにかく,個人の自由に至るまで,あやとりのあやを解きほぐさねばならないのですが,どうやって他の人々と認識を共有するか,これは本当に骨の入る作業だと思います。

正直この調子ですと,塚原に攻撃の手を与えないために,真に已む無く,ブログやtwitter,ニコ生を休止せざるを得ない可能性が高いです。

最後に。どうしてもここは気になるのですが,体制に抗している人間の経験が,体制に抗していない一般人に知られていない。
この差をなんとか埋められれば,戦争法案とかバーチャルな議論としてではなく,体制に抗していない一般人にリアルに認識してもらえると信じるのですが・・・

2015年5月25日 (月)

今日はハローワーク足立に行ってきました

私も別に,生活保護に安住するつもりはないし,次の職探しをしないとと思って行きました。

また,仕事ができないと私が言い張るのも,私が言うのでなくて,ハローワークの職員が言ったほうが強いと思ったというのもあります。

現実問題意外と職探しって難しいですよね。
時給1,200円くらいの職に,TOEIC860点以上を要求されていたりして,そういう人ってそうそういるかなあと思いながら,いや外資系なんかでバリバリ働いていたけれども休職→退職してしまった,という”負け組”も大勢いるようにも思います。

私なんていわば”負け組の中の負け組”ですからね。

負け組の星になれるかな?


・・・・日立製作所を懲戒解雇,というとどうしても労働運動っぽくなるので,”負け組の星”というキャッチフレーズにするか?

そして,”負け組の星”という名で支援者集めて,日立製作所らの愚行を説明したほうがいいのかなあ。

不動産屋に新居相談の連絡をしたところ,福祉事務所から検討するとの電話が来ました。

新居について,不動産屋が念のために福祉事務所に連絡をしたのですが,それを受けて福祉事務所から”検討する”との連絡が来ました。

そして,「転居費用はどうされるのですか?」とも。

「転居費用は出してもらえるのですよね?」と言ったのですが,
「それも内部で検討します」と。


もともと,他の案件を考える選択肢がベースのはずです。
そのような腹積もりでは,施設しか行きようがないですよね。

福祉事務所の対応がおかしなことを理解していただけますでしょうか?

2015年4月27日 (月)

施設見学に行ってきました。施設の方も,私の場合は施設の趣旨に合いづらいという見解でした。

施設に福祉事務祖から問い合わせがあったとしても,そのように言っていただけると伺いました。

施設は短期入居を想定していて,私の場合は
「冷蔵庫や洗濯機,タンスなどすべて廃棄した上でないと入れず,またすぐに移動した後にそれらを購入しないといけなくなり不経済ですよね?」
と聞いたところ,
「費用が出るか分からないので,福祉事務所と相談してください」
とのことでした。

このようなやりとりの上で,施設の方より,私の場合は施設の趣旨に合いづらいという見解を受けました。
また,山谷のドヤにいる方がその施設を紹介されるのですが,2万円しか所持を認められないと聞いて拒否されることが多い,とも伺いました。

とにかく施設の方も,私の状況をよく聞かされているというわけではないようでした。

とりあえずいましばらくここにいられるようです。

2015年4月23日 (木)

施設のほうはあまり条件が合いそうにないですねえ。けど近日中に見学します。

施設の方と電話で連絡してみました。

毎月2万円しか渡せず,その上たとえ18万円稼いでも3万円しか渡せない決まりだ,と言われました。
そこは絶対に変えられないとも。

やっぱ相当グレーな感じはします。
貧困ビジネスと変わらないもの。

だからか,折り合わずに拒否する方も多いと伺いました。

裏を返せば,いろんな施設を当たってどこもNGの場合,ここを最終手段として検討する案はあると思います。

電話だけでNGと言う方もいるらしいのですが,とはいえ,やはりいろいろと聞いてはみます。

てか,いちばんてっとり早いのが,私と一緒に住んでもいいという人が現れることなのでしょうが,さすがに攻撃される危険を考えると難しいでしょうか。

マスコミが,私が攻撃を受けている事実を伝えてくれればいいのですが。

たとえば,

加藤茶と結婚した綾菜さんが受けたバッシング「生活すべて変わった」 2015年4月23日 11時17分
http://news.livedoor.com/article/detail/10038911/


これもたいがい酷いお話なのですが,それでも玄関にボンドみたいに,生命を脅かされるほどの危害は受けていないと思われます。

綾菜さんは芸能人ですしねえ。

私は報道を希望しているにもかかわらず,未だあくまで報道されない一般人なので,ボンドやスプレー攻撃は明らかに酷すぎるはずですが。

2015年4月22日 (水)

転居先の提示がありましたが,コレはいろんな意味から拒否しないと・・・2万円強しか所持を認められないとか。

17時前に福祉事務所から電話があり,転居先の提示がありました。

1ヶ月に2万円強しか所持を認められないと言われて,「それはいくらなんでも・・・」と言ってしまいました。

それって”貧困ビジネス”そのものですよね。

福祉事務所が”貧困ビジネス”をあっせんするなんて,まさかと思い,ちゃんと電話番号で施設を調べたところ,今回斡旋を受けたところは”更生施設”でした。

”更生施設”って,基本的には身体障がい者または精神障がい者を扱う施設ということで,私は本来は当てはまりません。
犯罪を受けたために,特例ということになるのでしょうか。

しかし”更生施設”であっても,1ヶ月に2万円強しか所持を認められないのはやはり問題ですし,もう2点ほど気になる点があるので,なるたけ拒否したいなあとは思います。

1ヶ月に2万円強しかもらえない状態のうえ,就労しても3万円程度しか認められないとまで言われましたので,それだと就労する気なくしてしまうなあと思います。
”1ヶ月に2万円強しかもらえない”のでは,実態として再就職活動さえ難しいです。

それは既に福祉事務所の職員にも伝えました。

この”更生施設”を拒否した場合,宿泊所になるようです

http://www.tokyo23city.or.jp/ki/kyodo/ki3-8.html

が,そうすると今度は本当に”貧困ビジネス”のごやっかいになることにもなりそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%96%99%E4%BD%8E%E9%A1%8D%E5%AE%BF%E6%B3%8A%E6%89%80

”貧困ビジネス”の中にいてリアルに問題点を訴えることは可能でしょうが,どうでしょう。

そちらのほうが人々から興味を持ってもらえるでしょうか?

【追伸】
通信はWiMAXを契約して,WiMAX経由になるのかなあ・・・

あん禿は単身部屋でないと難しくなるよなあ。

WiMAXって2ちゃんに書き込めるんだっけ。

2015年4月 4日 (土)

福祉事務所の目処は事実やなあ。どういう経路で仕入れた?アキブータン? → 6月を目処に動いてると思うよ。

アキブータンらしき人物の書き込みであるけれども,”6月を目処に動いてると思うよ。”に関しては概ね事実。

というのも,3月末に福祉事務所に対して私が施設の入居に関する資料に記載をして,それから2ヶ月で入居できるかどうかの判断が下ると聞いているから,概ね6月を目処にしているというのは事実。

但しそういう情報がどうしてインターネット上に流れるのか?については大問題。

今日18時頃に,オーシャンの掲示板を見た”アダチ”を名乗る者から,
「大西さん,オーシャンの掲示板に書かれていて,相手はかなりしつこいですよねえ。どのようなところから電話がありました?」
などと電話があり,6分半ほど話した。

この話者,もともと掲示板で私からお金を借りようと思っていなかったのは自明。
私のブログも知らないとか言っていたけど,怪しいもんやなあ。

私はどこかのマスコミが,軽く探りを入れてきたと思うなあ。

-------------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/akb48a20150403-.html#comment-110681824

IPアドレス:     1.75.233.64

内容:
--------
岩田が書いたのは間違いないんだよなぁ。
総選挙で1票も投票してくれないのに、迷惑ばかり掛けてくるんで何とかして欲しいって相談を僕が受けたんだよなぁ。
AKSとしておーにっちゃんをどうするかと話した結果で施設に入れると判断したんだよ。
6月を目処に動いてると思うよ。

投稿: | 2015年4月 4日 (土) 18時49分

2015年3月30日 (月)

東京都知事宛の26総総法審第2187号に関する反論書,ちょっと書きました

1日で書けるかと思いましたが,もう少しかかるかも。

とりあえず書いたところまで。

--------------

反 論 書

26総総法審第2187号について,以下のとおり反論します。

平成27年3月31日

請求人住所 東京都足立区竹の塚 1-29-11
菅野ビル401
氏 名  大西 秀宜   印  
年 齢  39歳
受理者との関係 本人

東京都知事 舛添 要一 殿

1.反論の趣旨及び理由

ア 趣旨
1.足立区福祉事務所長の弁明は,審査請求人が犯罪被害に遭った結果として玄関鍵の交換をせねばならなくなったことを前提としておらず,証拠と照らし合わせても虚偽の答弁であることは明らかである。
2.審査請求人は犯罪被害に遭ったために,生活保護法第14条に基づく住宅扶助として鍵の交換費用を申請しているのは自明であり,鍵の交換費用は認められねばならない。

イ 理由
以下のとおり,経過及び認否に関して反論する。
なお,足立区福祉事務所長による記載は斜字体とする。
5 本件処分に至るまでの経過
(2)平成26年12月3日、審査請求人は、足立区足立福祉事務所長(以下「処分庁」という。)に対し、平成26年12月分の収入申告書及び給与明細書を提出した。その際、併せて、平成26年11月25日付の「解錠シリンダー交換代金」の名目の34,560円の領収書を添付のうえ、当該収入申告書の今月分(12月分)の収入の必要経費欄に「鍵交換費用」として同額の記載があった。同日、処分庁は、これを受理した。

1.足立区北部福祉事務所は,事実を正確に記してはいない。
2.平成26年12月3日に審査請求人が提出したのは,平成26年12月分の収入申告書及び給与明細書だけではなく,資料1に記すとおり,鍵交換に要した相見積資料である。
3.これは,平成26年11月10日に,担当喜多と本件犯罪について相談した際に,本来ならば早急に鍵を交換したいところ,最低3社分の相見積がなければ費用負担できない旨を伺ったために,見積を取ったものである。
4.足立区北部福祉事務所から審査請求人に対して指示がなければ,審査請求人が3社から,資料を明示して相見積を取る必要などない。

5.平成26年11月10日に,
6.なおそこまで説明してさえも,

6 審査請求書記載事実の認否
 審査請求書1ページ目の理由中「私が、平成26年11月10日に」から同2ページ目1段落中「言い放たれ」までのうち、平成26年11月10日、審査請求人から鍵の交換費用が、勤労に伴う収入の必要経費として認められるかを質問されたことに対し、足立福祉事務所北部福祉課第五係担当の喜多が、鍵の交換費用は、勤労に伴う経費としては認められない旨を回答したことは認め、その余は不知。

1.資料2を聞いていただければ分かるとおり,喜多だけではなく9分頃より塚原が登場し,

塚原:「鍵代は出せません。あなたが撒いた種でしょ。」
審査請求人:「あなたが撒いた種もなにも,犯罪ですよ。」
塚原:「それは警察に言ってください」

2.という不毛なやりとりがあった。
3.到底“その余は不知”ではなく,審査請求書記載事実の認否が如何に事実に基づかないいい加減なものかが分かる。

4.そもそも福祉事務所は審査請求人の言い分を可能な限り聞いた上で判断を為すべきものであって,審査請求人の言い分を恣意的に聞かない上で “その余は不知”とするのはあり得ず,“不知”の用法を誤っており失当である。

5.なお塚原は執拗に審査請求人のブログ上の記載を咎めているが,ブログ上の記載は審査請求人の裁判の経過など,審査請求人の政治姿勢を説明するために必要なものであって,塚原は日本国憲法第21条によって守るべき審査請求人の言論の自由を守っておらず,失当である。

6.また,審査請求人は詳細に主張してはいないが,弁明書に“勤労に伴う経費としては認められない”などとして記載してきたので,主張する。
7.審査請求人はあくまで,生活保護法第十四条に規定する住宅扶助として認められないかどうかを主張したのである。それでも担当喜多は,上職の塚原に相談して認められないと言って来たために,それでは勤労を行うために,勤労のための費用として認められないかと主張したことはある。

8.然るに弁明書には,“勤労に伴う経費としては認められない”などと,あくまで審査請求人が“勤労に伴う経費”と限定して主張してきたかのような誤解を与える記載をしている。

9.福祉事務所は,仮に審査請求人が“勤労に伴う経費”として申請してきた場合も,審査請求人が生活保護法の詳細を理解していない前提の上で,より適した適用が可能でないか検討する義務を負う。

10.そしてその上で,どのような理由で不可能か説明せねばならないが,資料2のやりとりをもってしても明らかなとおり,福祉事務所側から審査請求人に対して“勤労に伴う経費としては認められない”などと主張した事実は一切なく,弁明書の記載は全く事実に反する。

11.一般的に,資料3に示すとおり,転入時においてさえも,安全確保のための鍵交換までもが生活保護法上認められる場合が多いようである。
12.そうすると審査請求人の場合は,犯罪行為に起因した上で,鍵を交換せねば居住できない状態となり,生活保護法第十四条に規定する住宅扶助として認められない理由とはならない。
13.塚原が言うように,“あなたが撒いた種”かどうかが判断基準になるはずはない。いくら審査請求人が主張をインターネット上に記載しようが,犯罪行為を起こした者にその責があるのであって,犯罪行為までをも審査請求人の責とする塚原の主張は認められない。

14.なお塚原は,見た目も発言も高圧的で,いわゆる暴力団員そのものであり,地方公共団体が雇うにはおおよそ不適格な人材であると,審査請求人は判断する。東京都知事舛添要一殿においても,資料2と弁明書を比較した場合,塚原の弁明はあまりにも実態と乖離していることが容易に判断できるはずである。
15.審査請求人だけでなく,足立区民が塚原のような非人間的な者と会話をし,恣意的な判断に委ねられるのは,区民全体の問題である。足立区が塚原を雇うのが適切かどうか,面接などを実施の上確認をしていただきたい。

 同2ページ1段落目「私が概ね本資料における主張と同様の主張を記載した理由を添付し主張した」については、平成26年12月3日に、審査請求人が主張を記載した書面を、収入申告書に添付してきたことは認める。

1.その内容は資料4に示すとおりであり,資料4に示す内容,ならびに資料2において審査請求人と福祉事務所喜多,塚原との会話内容に関しては,福祉事務所が不知とはできない。

これ以降の内容についても,資料2ならびに資料4において,福祉事務所は認知している内容であるので,争うことはあり得ても,不知はあり得ず失当である。

なお,ブログの記載に関してのみ追加して主張する。

 付加事項同6ページ4段落日から付加事項同7ページ1段落目までのうち、「足立区北部福祉事務所に対して、私が生活保護費用を不正受給している可能性の指摘がたくさん来たとして、私は塚原及び喜多から、私のブログを示して、事実確認を何度も受けている」については、審査請求人が生活保護に関するものをブログに掲載していることにより、区民から苦情がきている旨及び生活保護の不正受給を疑われるような内容のものをブログに記載しないよう、平成26年5月から数回にわたって、北部福祉課の職員が審査請求人に伝えたことは認め、その余は不知ないし争う。

1.審査請求人は,生活保護費の不正受給が疑われる行為を為したこともないし,本件鍵代金の支払いを福祉事務所が拒否するまでは,生活保護を受給している旨を隠してきたので,事実に反する。

2.また資料2に示したとおり, 塚原が,“生活保護の不正受給を疑われるような内容のものをブログに記載しないよう”という範囲を大幅に超えて,審査請求人に対して記載しないように強要してきたのは疑いようのない事実である。

3.なお,記載の内容のうち,新たな被害に関する申請については,本件鍵の交換費用を認められない状態において金額は認められないと考えたため,資料提出時に特に費用を算定して申請していないために,福祉事務所がその金額を不知としたことのみ認める。

2.現状についての追加説明

1.審査請求人は,その後も引き続き攻撃を受けた。
2.鍵の交換費用が認められないために,鍵をガードしていたところ,玄関扉にスプレーを塗られる被害を受けた。

3.スプレーの被害を受けるに至り,不動産業者からも,面倒なのために

4.資料にあるとおり,そのような状態であっても塚原は,いつ犯罪被害に遭うか分からない審査請求人に対して,を

5.本件において

3.結論

以上により,審査請求人は犯罪被害に遭ったために,生活保護法第14条に基づく住宅扶助として鍵の交換費用を申請しているのは自明であり,鍵の交換費用は認められねばならない。

参考書類一覧
資料1 鍵交換に要した相見積資料
資料2 20141203_足立区北部福祉事務所塚原らとの会話内容
(USBメモリ内部に保存)
資料3 賃貸の引越しの際、鍵交換費用は出ますか? _ 生活保護の総合情報(条件 申請 基準 他)サイト
資料4 福祉事務所への主張書_20141203
資料5 ボンド犯行写真 犯人と思しき者及び,犯罪内容
資料6 スプレー犯行写真 犯罪内容
資料7 20150311_足立区北部福祉事務所塚原らとの会話内容
(USBメモリ内部に保存)

- 以 上 - 

--------------
「_2015033001.pdf」をダウンロード

2015年3月10日 (火)

足立区からの弁明書と,そのもととなる私からの審査請求書を併せて以下に記します。

とにかく私は,犯罪被害を受けたことを主張しているのですが,この資料には”犯罪”の文字すら見えません。

あくまで私が自主的に交換でもしたかのような言い分です。

私の主張内容についても,”不知ないし争う。”がいっぱいあって,福祉事務所と頻繁に会話しその都度犯罪被害を申告していることさえも”知らない”こととしてきています。

東京都は,こういう言い分でさえ一方的に認めてしまうのでしょうか。

[1] 足立区からの弁明書.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRYm1NdmVYSUlaUm8/view?usp=sharing

[2] 審査請求書_20150129.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRUU1xcmp4OVgtcTg/view?usp=sharing

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チーム8公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKB48舞台情報 | AKB48著名人公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お笑いネタ帳 | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | マルクス主義を粉砕する | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 中核派について | 中核派の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 前進チャンネル感想 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック