私の信念

2018年2月 9日 (金)

脚本ってそんなに肩ひじ張って書く必要ないと思う。

舞台をする人ってもっとベタな発想でええんちゃうかなあ?と思う。
てか脚本・演出家がどうしても奇抜な題材を考えてまうのか。

奇抜じゃなくたって、お決まりのストーリーだってみんな観に来る。

たとえば巨人-阪神戦を「前も観たから!」って、もう二度と観ん客なんてそうそうおらんやん。


だから、自分が書く新作は、観客から見たら、どこかでやった、似たような題材になるかもやけど、そこはもっと自信を持って欲しいなあ。

たとえば結婚出産とか、私なんて結婚やったことないし出産は女と入れ替わらない限りは経験できないけれども、それひとつを取り上げても人生の一大事なんやから、いくらでも面白いストーリーができる。


たとえば「自分の劇団は結婚のストーリーしか扱わない劇団です」っていうのがあったっていいと思う。
だって、兄弟姉妹親戚中を見渡したって、同じ夫婦なんてないやろ。

みんな、自分で勝手に全部同じモノと思い込んでいるだけであって、ちゃんと見たら、考えたら、オモロイねん。

そんな発想がもっと欲しいなあ。


・・・あと、もうひとつ書くと、つまらない脚本とか、ダメダメの演出で、最悪の初日を迎えたとしよう。

けどそれで、「あーこの舞台はもう最悪だ」なんて、出演者は言うたらアカン。演出家も言うたらアカン。

・・・脚本家はもうなにもやることないかもやけど。


仮に最悪の舞台を迎えたとしても、そこから改善していく発想がないとアカン。

舞台を観に来るどんだけの人がそういう発想なのかワカランけど、役者が同じならば同じ映画を観たってええんやから、それでも舞台を見に来る人は、難しい脚本よりも、出演者のナマの演技を観に来とるんや。

だから、やっぱ私は舞台作品は映画に比べてストーリーは単純にして、その代わりに演技で考えろ、と思うなあ。


てか「ハウルの動く城」って城の中でガチャガチャやっとるところ多かったから、概ね舞台にできると思うなあ。

2018年2月 3日 (土)

動労東京ブログで公表した内容 → どうも名護市長選を見て、自民党とか日本政府だけでなく、社会全体がゼロサムの発想で玉砕に向かっているのが問題。”国破れて山河在り”の発想からの論理展開を。

名護市長選、Twitterでも自民候補か立憲候補か、みたいな一騎打ちになっていて、・・・・・いやまあ投票やとそうなってまうけど、冷静に考えると違うと思うなあ。

だって、それで仮に僅差で敗れたほうは、自分らの意見をゼンゼン通してもらえんねやぞ?

・・・・・・・・それって民主主義だっけ?

それって、まあ私がいま即席で考えたけど、”選挙独裁主義”とか”投票独裁主義”と言ってもいい発想やぞ。

選挙でいくら選ばれようが、万民の言うことを聞く、それが本当の民主主義やないか。

まあ逆にいうと、勝ったときのことばかり言うのではなくて、負けたときのことも考えて選挙戦せなアカンよなあ。

それも”市長選”で、住民の言い分を聞くというのは、これまた難しい。

住民だって、自分らは辛いけど国政を乱したらアカンと思うて、ついつい自民党に入れてまうかもな。

コレは自民党が独裁する前提で私は言うとる。(いやそもそもが立法府である自民党主体ではなくて、行政府である官僚独裁主義なんやけど。だから民主党政権は上手くいかんかったんやとナントナクは思うとるけど)

しかし、なんか見てきて、権力を取った者は全部独裁できると勘違いしとるヤツらばっかやん。

私は中核派にいたことがあるけど、カクマル殲滅とか言うとったけど、革マルとか私から見たら同じ釜の飯を食うた仲間やないか。

そんなヤツらと共闘できんヤツらは、必ずや独裁主義に陥ってまう。

だいたいマルクスの”プロレタリア独裁”という概念自体がウソッパチで、プロレタリアートだと独裁してもええんかよ?

そんで、そのプロレタリアートというと誰か?っていうと、中核派の前進社の、毎回同じ意味不明な古聞(あんなの新聞じゃないよ)出しとる偏屈のブルジョワジーそのもののヤツらやろ?

斎藤いくまが誰かに対してリアルタイムで返信したかよ?

中核派が権力とったら、そりゃあもう北朝鮮そのものになるよ。

なんたって北朝鮮は”朝鮮民主主義人民共和国”を名乗っとるけど、中核派は(新左翼はかもやけど、私もそこまで中核派以外の主張は理解してない)ストレートに言うと”日本民主主義人民共和国”を打ち立てるつもりやんかなあ?

・・・だから、中核派の話題ばっかしてもたけど、だって中核派は戦争の論理で内ゲバ戦をやって人々を惨殺してきた歴史がある。

そうじゃなくて、内ゲバ戦も含めてやめる、言論の自由の上においてやめるのが、本来の憲法の基本的人権が尊重された上でやるべき論戦ちゃうのか?

アメリカも二大政党制に進んだのは誤りで、自由の女神にみんなが抱く、なんとなく自由な雰囲気と裏腹に、発想があまり成長してないと感じる。

とにかく、投票でココと決まったからコレにするというのは、一見民主主義に見えてあまり民主主義ではない、と思ってほしい。

あるべき民主主義というのは、まあ人々の考えから逆算すると、自分は政治について難しいから考えられない、と思う人がほとんどなのであって、・・・・・そこで政治は難しいと思う人の声を代弁できる人が政治家になるべきなのであって、忠実に代弁できずに自分の意思を言うヤツは本義的には政治家ではない。

けど、本義的には政治家ではないヤツらが日本の全員で、まあ”立憲”を謳う枝野幸男だってそのへんは怪しいと私は考えとる。

2018年1月23日 (火)

私はやはり日本人には”人助け”という概念がないなあと思って調べたらやっぱりそうやな。

私は小さいころから、”人助け”をしようと思ってきて、まあ「耳をすませば」を1995/6/10の宝塚の試写会で観て速攻で感想書いてジブリにFAXしたし(いや感想をFAXされても迷惑やったやろけど、まだ完成披露試写前やったし確実に印象には残ったやろなあ)、他のいろんな作品の感想も必ず書いたし(その延長でいま舞台とか映画とかAKBの公演とかなんでもかんでも感想書いとるんやし)、とにかく感想を書いてきた。

それで、感想を書いたら、「耳をすませば」で近藤喜文さんからサインをもらったり、1998年に「がんばっていきまっしょい」では田中麗奈のサイン本を送ってもらったり、桝井省志さんから直接会って名刺をもらったり、制作側の方から評価されてきた。

だから、私が感想を書くことは、制作側の方から評価されるのだし、制作側の方から評価されることを想定して、制作する人々に対してどういうことを伝えればいいのか?を考えながら書いてきた。

ソウルでLUNAを見つけて、コイツは絶対に女優になる器だと思ったり、まあそれはダメだったけど、岩田華怜にしろ田野優花にしろ、絶対に女優になる器と思って応援してきたのもある。

それは全部”人助け”やねん。


日本の人々は”人助け”がない。

いやもちろん、たとえば事故が起こったり発作が起こったりで、その人を助ける、というのはあるけど、とりわけイジメに遭っている人を助けるという発想がない。


”いじめ防止対策推進法”
https://ja.wikipedia.org/wiki/いじめ防止対策推進法


なんてのがあるけど、罰則規定ないし、学校よりも陰湿な会社のいじめはゼンゼン問題にしてない。

・・・てかそうすると、こんな法律を作ったって、ウラを返したら会社とか社会のいじめはどんどんやってこうと言うとるようにしか私には見えん。


まあそれで、なぜこんなに日本人は”人助け”をしないのだ、と思って検索したら、こんなのに当たった。


2015年11月02日 08:29世界で最も他人に冷たい先進国、日本
http://blogos.com/article/142286/


それで、2017年の統計を見たら、やはりヒトのブログだけれどもあった。

世界寄付指数ランキング2017年が発表されました
Posted on 2017年11月27日 by ほのぼのスタイル / 0件のコメント
http://xn--u9ja1bf5rretb2z.com/2017/11/27/kifu2017/



まあ私は寄付するのは、寄付した相手がどう使うかが不透明だから、寄付はするなと言っているけれども、海外と比較しても日本は陰湿なのかもしれない。

人助けの発想がないからこそ、寄付も素直に人助けに使われていないんじゃないか?と勘ぐってしまう。


別に寄付とかボランティアとか、誰かがカタチにしたものに賛同なんてしなくていい。

友達の様子がなんかいつもと変だ、と思ったときに、「いつもと違って気になるけど、なんかあったの?」と一言言ってあげられるか、ただそれだけで、その人は救われるかもしれない。

もちろん、映画とか舞台とかの感想を書くのだって人助けやし。

とりわけ舞台の感想をリアルタイムで書く人はあまりいないから、ものすごく貴重なはずや。


私も、文章にし直して、ツイッターででも定期的にお悩み相談するかなあ?

そういうのを主張するのはアリやんなあ。


自分の闘いに賛同しろ!というんじゃなくて、相手に寄り添うのが本筋やと思う。

だいたい政治家なんて相手に寄り添うのが本筋やん。

斎藤いくまほか中核派の政治家候補は「自分の闘いに賛同しろ!」なんて言うとるから、万年最下位なんや、という理屈くらいワカランかなあ。

2018年1月13日 (土)

ゆかるんのshowroom配信を観て、ゆかるんはウサギの伊達娘と違って、ドジでノロマなカメなんだから、カメはカメなりに進んだら必ず道がある、なんてファンレターで書いた記憶が蘇った。

ゆかるんのshowroom配信って、ツイッターにも書いたけど、私が言いたいことが全部表現できているわけじゃないけど、伝わっていて、それをどう表現しようか、もちろん私の意見じゃないものも含めて考えての結論やろけど・・・・そういうのをひしひしと感じたよ。


食レポとか、ゆかるんを知らない者が見たら、AKBのアイドルがたどたどしくやっている、と思うだけやろけど、ゆかるんというイチ個人に焦点を当てたら、いま自分に見えるモノについての表現が上手くなっとるんちゃう?と思う。


・・・中核派もこういう発想が全くなかったよな。

だって、マルクスとか前進社が絶対的で、私のような奴隷をそれにどう服従させるか?を考える、封建制・全体主義の社会を築き上げていた。(封建制と全体主義は、人間の行き着く先ということで同じ概念と考える)


だから私は袂を分かったんやけど。


まあしかし、いまこれだけ美人で演技も上手い佐々木優佳里に対して、私もよく”ドジでノロマなカメ”なんて、スチュワーデス物語の松本千秋=堀ちえみに対する、ヒロシ=風間杜夫のセリフやけど、そんなのよく書いたよなあ。

けっこう私も辛口やわなあ。


まあしかし、堀ちえみに境遇を合わせたというのは、それだけ美人と見込んでのことでもあるんやけど、遅咲きながらようやく芽が出てホッとした。

・・・・いやまだ芽が出ただけで、女優としてやってけるか?はまだまだこれからやけど。


けど、前よりも積み重ねている感があるよな。

演技のためにやっている、というのが感じ取れる。


そういえば、日立製作所時代に、東原敏昭の後任で藤原和紀が部長になって、私に対して日誌で「加速するように」とか書いてきたけど、

私は「加速するように」とか全然意味わかんねー、バカ部長が!

と思った。

だからいま書くんやけど。


「加速するように」じゃなくて、相手がこれまでよりも加速できるように考えなアカンかった。

てかそもそも藤原和紀がバカなところは、たとえば1である自分が10%増しになったら1.1やけど、10である自分が10%増しになったら11になる。

増加分を比べたら、それぞれ0.1と10で10倍の差になる。


けれども、その、頑張っている相手は、常に自分は10%アップするように、と思っているだけであって、10%アップが20%アップするとか、そんなめちゃくちゃな目標は立ててない。


てか日本の企業のダメなところは、すぐ経常利益何パーセントとかいって、前期よりも多くすることが必要みたいに言うけれども、別に企業って社員で成り立っていて、社員全員が幸せに暮らせたらいいのだから、経常利益なんてゼロだって、経費がマイナスにならなければいい。

なのに、米国会計基準とかなんとか難しい言葉を出してきて、あたかも経常利益を出さなければならないようなテイをしているのがはなはだおかしい。


そもそも、利益を出す人間のウラにはそのぶん損失を出す人間がいるはずで、そこで株で儲ける人間がいることを考えたら、みんな損をしてしまう。


じゃあ”株で儲ける人間”というのはなんなんだ、と言ったら、その本質は、たとえば将来この製品が大成長して、めちゃくちゃ利益が出るから、それを想定して、事前にその製品を作る工場の原資金を出した人間、みたいになる。

・・・・もっと端的に言えば、秋元康や。

彼は株では利益を出してないかもやけど、AKBグループを作ったと言ってその取り分でめちゃくちゃ裕福な暮らしをしとる。


けど、工場の原資金を出してもらったからといったって、働いた人々の取り分の多くをガッポリ持ってっていいわけではない。

だって、みんなが幸せに生きてくことが重要と思ったら、自分だけたくさん儲けるというのはおかしい、となるやろふつう。


そういうふうにして、いまの社会のおかしさについて、「おかしい、おかしい」と匿名で言うのではなくて、どこがおかしいのか実名で主張できる人間が、もっともっと出てこんかなあ。

けど、おかしなところを糾弾するだけでは、連合赤軍の”総括”になってまうから、自分らはみんなの意見を全部聞いて「こうやりたい」という、展望が欲しいよなあ。

展望を出せたヤツらはいないし。

【長文】Waiで健さんらといろいろと話したこと。やっぱいろいろ話すって面白いよなあ。

長すぎて文体がイロイロと変わっているのはご容赦。


まずライブがあって、それに行った。

https://twitter.com/wai_bar/status/950605111604035584

健さんだけでなくて、梅崎さんや、Glassのお一方は風邪でお休みだったので、もう一方のソロライブになった。


梅崎さんは、めちゃくちゃ面白おかしい自作の歌を歌って、笑ってしまった。

とりわけ、昔話で男の子が生まれるところ、女の子が生まれて、その子を”泡姫”と名付けて、その子が働くことでおじいさんとおばあさんが幸せになる、みたいな歌詞が、皮肉すぎて笑えた。

大工さんがイェーイ!とか。

梅崎さんは歌われた後に帰られたけれども、後で健さんに、そこがとりわけ面白かったと話したら、健さんは、昔は放送禁止用語とか、ライブでいっぱい歌っていたけど、いまはライブでも放送禁止コードとか気にして歌わない、それではダメ、と言われた。

私の考えだけれども、確かに、テレビに出してもらえるくらいに有名になったら、そのときにはじめて放送禁止コードとか気にしたらいいのであって、正直下手なうちは、なにを歌ってもいいと思う。

だって無名なんだから。

無名なうちは、なにやってもいいよ。

それで世間が問題視してくれたら、炎上商法に乗っかれるやん?

・・・・まあ私はそんな気持ちで、無名だし、自分のブログだし、エッチしたいだのなんだの書いていたら、それを警視庁が問題視してストーカー規制法違反容疑までデッチ上げてきたのだけれども。

ホンマはそれで炎上するはずなんやけど、そこが言論統制・報道統制が行きわたっとるとこと思うなあ。


ついでに、健さんから、昔めっちゃオモロイのがいて、

「俺はオマエのパンツになりたい!パンツになってお尻のナントカカントカ・・・」

とか歌ったのがいたって。

聞いて爆笑したよ。

いややっぱオトコっておっぱいとかよりも、自分にはない股間にどうしても興味がいくよなあ。

それは間違いない。

だから、ものすごく爆笑した。


・・・・・・・・・・けど、冷静に考えて、パンツってなんもできんのやぞ。

生理の日とか、アソコに直接じゃなくて詰め物があって、詰め物と接触しとるだけやぞ。

そうでなくてもなんとかシート越しかもワカランけど。


しかも、パンツってそもそも1回履いたらその後洗濯されて、その後違うパンツを履かれて、自分が回ってくるのはめっちゃ何日も後やん。

めっちゃ笑ってみたけど、そこまで考えたら、私パンツになんてなりたくない。


・・・だいたいパンツなんて捨てられる運命やからな。

一緒に火葬して欲しいパンツなんてないやろ。


私はオトコやけど、この下着はお気に入りだ、なんてのはゼンゼンない。

やっぱ私は、あなたのナントカになりたい、なんてないなあ。


・・・・・・・・けど、私はそう思うけれども、

「俺はオマエのパンツになりたい!」

って直球で言えたヤツってすごいと思う。

そういう発想するヤツってまあいないから。


ちなみに私は、パンツにはなりたくないけど、そりゃ触ってみたいとは妄想してまうよなあ・・・・


・・・コホン。


それで、Glassのお一方のほうに移ると、この方は結婚ソングを歌われていた。

なんでも、仲間の方で、男の方がやむを得ない事情で退職しないといけなくなって、そのタイミングで取引先の女の方に対して、好きという気持ちを伝えて、それで結婚に至って、その内容を歌にした、と言われた。

それで、歌われた後に、カウンターで一個空けて右隣の席が空いたので、健さんがコッチに移ったらいいよと言われたので、あの歌詞はリアルなのですか、と聞いてみたら、想像のところもあるとに言われた。・・・てかそこで健さんが私のさらに右隣に座って、いやそこは左隣の席じゃないのか!と思ったけど。


結婚ソングにするならば、リアルのままだと自分らをさらけ出しているようで恥ずかしくて、どこかこうなりたいというような願望とか違いとか、そんな部分があったほうが、題材にされた方のためにもなる、と、言われたか私が思ったか、
言われたことと、私の想像とがごっちゃになっていて、どこまでが私の考えなのか、いまは判然としないけれども。
それでも、そんな内容の話はした。

もちろん、結婚する以外の人々にとっては、当事者のリアルを描いてもらったほうが参考になるかもワカランし、そのへんは想像&創造の世界やと思う。
けど、結婚する人々のために作るならば、結婚する人々のリアルはやっぱ描いてもらいたくなくて、ちょっとファンタジーがあったほうが感動するし、「こうなりたい」というのもあるかなあ。

そうそう、だからか、この方は、夫婦のいま、じゃなくて、夫婦が20年後に想うこと、とされていた。
そういう発想が良かったかなあ。


あと、この方は、結婚はしたけど別れたとかで、元奥さんは実家の田舎に帰って、お子さんと暮らされているとか。

それを聞いて、私は、この方に問題があったわけじゃなくて、元奥さんは、誰と結婚しようが、実家の田舎に帰りたかったのだと思った。
そう伝えた。

だから、私の両親(とりわけ実母の弘子)は、私は田舎に帰ってくるものと思っていたからこそ、私が日立製作所を相手に闘おうとしたとき、私を精神疾患ということにしてさえも、私を田舎に戻そうとして裏切ったし、だからこそ私は両親を捨てたのだ、と、私はそんな話をした。(日立製作所とまでは言わなかったけど)


よく、離婚の原因で、男女のすれ違い、とカンタンに言われるけれども、それはいっときの気の迷いの感情的なものなのか、そもそもお互いが生まれつき持っている譲れないモノなのか、という違いだってあると思う。

オトコが東京で暮らしたいと思って、オンナが田舎に帰りたいと思って、お互いで歩み寄ることができなければ、本来は結婚できないはずだ。

それでも、「相手がいずれ変わってくれるかも」なんて期待して結婚することはあるだろうけど、相手が変わらなければ離婚しかなくなる。

だいたい、夫婦なんて、一緒に暮らすことが重要なのであって、どこで暮らすかは実は重要じゃない。

・・・ウラを返せば、実は重要じゃないからこそ、人は人を求めて東京に集まる、というのもあるけど。


だって、人間、もし田舎で暮らさねばならないならば、いまもって人間はアフリカから出られないことになる。

そんな、故郷に居座る発想って人間しかないんじゃないか?
どんな生物だって、生きるために場所を移動する。

自分はココから離れたくない、という人とは、私は仲良くできん気がする。


・・・・まあそんなこと言えば健さんだって幡ヶ谷を離れないわけで、しかしそれは生まれたところに居続けたいという本能ではないから、それは意思と思う。



それで、健さんについて。

健さんは「神田川」が持ち歌みたいで、今回も歌われた。


それで、「神田川」って、AKB劇場の神田寄りを流れている川だけれども、あのどのへんのことを歌っているのかなあ?と改めて思った。

それで、インターネットで検索したらあったけど、それを健さんに聞いたら、健さんはそんなのは考えたこともないとか。

・・・・けど、作詞する側からしたら、神田川のどこか?を当然のように想定して書いているはずである。

(そう考えると、”どのへん”というのを全く想像せずに書ける秋元康の歌詞って、私は正直あまり好きではない。イロイロと書いていながら、いろんな意味でイデオロギッシュには振れるけど、なにを見てどう思った、とかいうのは非常に抽象的で、具体的なモノは出てこない。

たとえば「7時12分の初恋」という歌があって、”7時12分”なんてめっちゃ具体的に言っているようであって、それは単に時間の一部分に付けた名前で、”正午”とかいうのとなんも変わらなくて、なんら具体的じゃない。

だって”7時12分”って見えないもん。

けど、”三畳一間の小さな下宿”等々はリアルやん。)



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%94%B0%E5%B7%9D_(%E6%9B%B2)

1970年代の若者文化を象徴する作品のひとつに数えられており、中野区内の末広橋近くの公園には「神田川」の歌碑が建てられている。なお、実際の歌の舞台はもっと下流の戸田平橋付近で、喜多条が住んでいた「三畳一間の小さな下宿」は豊島区高田3丁目7-17に所在した「千登世旅館」(2008年廃業)の隣にあったといわれる。



健さんはそこまで考えてなかった。

考えてないフリをされたのかもだけど。


娘の優花さんは昨日こんなこと書かれていた。

https://twitter.com/tanoyuka_0307/status/951856965516378114

@tanoyuka_0307
え!ありがとう!
いまみて理解した!笑
あとぜんぜん酔っ払いでもなんでもないし、会計の時コンビニのおでんコーナーをふとみたときに卵としらたきとちくわしかなくてその中でしらたきの製造過程だけわからなかったから気になっただけです、、笑



さすがにこの発想は、健さんから出てこないと思う。

・・・いや、やっぱ出てくるか。

健さん料理は一通りやるし、演奏もデザインもできるし、そうすると、製造過程とか考えてないとも思いづらいし。


まあけっきょくどっちかは置いといても、優花さんの目線はかなりいい。

昨日、というか一昨日、堤監督はそういう発想で、オーディションで、なにを食べたか具体的に表現するように、「お米が光っている!」とかまで例に出されて指示されているのに、受けるほうが、食べ物の説明はひとことだけで、自分がコレを食べると太ってしまう!とかいう発想ばかりになっていてげんなりした。

優花さんがおでんの具材の製造過程まで考えているということは、その課題を出されても、しらたきがどんなに美味しそうか見えて悲しかったとか言えるやろ!

てかむしろ直球で、

「会計の時コンビニのおでんコーナーをふとみたときに卵としらたきとちくわしかなくてその中でしらたきの製造過程だけわからなかっ田野~!」

って大泣きしたら、それだけでみんな大爆笑だし、それもまた演出意図に合っていて主演抜擢だったかなあ、と想像する。


というか私がゆかるんを褒めたのも、「コンビニのおでんコーナーにはんぺんがプカプカ浮かんでいる!」なんて言っているのがいい!とめっちゃ書いていたので、田野も昨日それを読んでくれたのかなあ、なんて想像する。


・・・それで、劇団れなっちに出られない仕事っていうのは、主演か準主演クラスなのかな?

まあ劇団れなっちのオーディションを見ていても改めて思ったけど、舞台に立って演技にちゃんと向き合った人間は雰囲気が違うし、それは大きな役じゃなくたって勉強になるし、いろんな人に会っていろんな演技を身に付けたほうがいいかなあとも思うけど。

だから、その作品に出るかどうかは、役の大きさとか舞台の大きさだけで決めていいともいえないと思う。


まあしかし、他に仕事があってオーディションを受けられない、なんてのはだいぶ役者として成功しているほうで、フツーはオーディションを受けても受けても仕事がない。

まあまだまだだけれども。


それと、健さんのオリジナルの曲があって、オンナのことを切々と歌っていた。

たぶん、オンナにモテたい若い頃に書いた歌だろうなあと想像しながら聴いていたら、25,6歳のときに書いた歌だって。


健さんは25,6歳のときに作詞作曲もしていて、なかなかAKBでそこまでやるメンバーは竹内美宥くらいしかいないみたいだけれども(それもネットで配信しているけど、まだみんながウワサするくらいまでにはなってない)、よくよく考えたらバンドとか若い時からガンガン作詞作曲しているんだから、やっぱもっとじゃんじゃん失敗したらいいと思う。


AKBのメンバーが作詞作曲して変なこと言っている、というのがあると、どう問題になるのかわからないけれども、世間一般を見たら、AKBの管理責任、とかいうことにして、けっきょく言論統制の道具にしているんじゃないか?と思う。

いやこれは健さんから言われたことではなくて、私が日立製作所とかJR東日本テクノハートTESSEIとかその他とかいろいろと渡り歩いて、全部、日立製作所とかJR東日本とかの名前を背負っているのだから責任が重い、とか言われてきた。

けれども、”日立製作所とかJR東日本とかの名前を背負っている”もなにも、個人がなんかを起こしたところで、その企業のイメージダウンにはならない。


なのに、コンビニの冷蔵庫に入ったとかみたいな、やっちゃいけない悪ふざけをインターネット上でめちゃくちゃ糾弾して炎上して、やったらダメと言われていることが世の中には多すぎる。

いや、やったらダメなのはダメだけれども、コラ!って叱られるだけで、いくら炎上したからといったってそれで解雇が罷り通るというのは違うんじゃないか?


企業の論理ですぐ「損害を与えた」とかいうけど、人間のミスとか故障とかっていっぱいあって、そんな費用は当然のように想定している。

若者の悪ふざけだって当然のように企業なり日本政府なりは想定しているはずで、それを、若者を育てるためじゃなくて、若者を潰す論理で糾弾していく、そういうのを当然のこととしてみんなが受け入れてきたから、こんなに生きづらい世の中になっているのだと私は考える。



あと、思い出した、田野優花は小学校低学年の頃に、他の同級生がジャニーズとかに興味がある中で、一人ショーヤとか言っていて、誰も知らなかった、と。


SHOW-YA
https://ja.wikipedia.org/wiki/SHOW-YA

SHOW-YA(ショーヤ)は、日本の女性5人組ロックバンド。1980年代からのバンドブーム、特に女性だけのバンドとしては先駆け的な存在であり、それを牽引してきたバンドの一つである[1][2]。



私、SHOW-YA って名前だけは覚えている。

学年のマドンナというか、まあアイドルといってもいい、中山さん(もう結婚して違う姓になっとるやろ)が、先生から、

「いまいちばん先端なのはSHOW-YAです、知っていますか?」

みたいなことを言われて、知っていたのが中山さん一人だけだった。


小学校高学年の頃と思い込んでいたけど、健さんと話していて、そういえば中山さんと同じクラスになったのは、幼稚園、小学校1,2年、中学1年のときの3回だから、中学1年のとき(1988年、昭和63年)だったな、と思い直した。


私は、中学1年のときは、だいたい流行りのものに興味なかったし、音楽だって授業で習う以外になんかやっていたわけじゃないし(弘子にピアノは通わせられたけど、それも私のことを思ってのことじゃなくて、周りの見た目とか経済状況とか優先だったから、数回習っただけで借金ができてすぐやめさせられた)、そもそも私は貧乏で弘子からいいものを買ってもらったことがない。


たとえば思い出すけど、小学校高学年の頃か、同じくらいの値段で売っている服があって、ひとつはもっと高いものが50%引きとか書いてあって、もうひとつは値引きされてなかったけれども、私は値引きされてない服のほうがいいカンジに見えたから、これが欲しいと言った。

けれども弘子は、50%引きと書いてあったことに固執して、こっちのほうがいいと言って無理やり買わせて、私はその服が嫌いであまり着なかった。

弘子って本当に私のことを理解する気がなくて、シャツとかでも平気でブラウス、ブラウスと、店員に向かって言っていて、店員も困惑していたのに、弘子は直さなかった。

いやブラウスって女物やろ!私はオトコやからな。


服の話題に戻ると、私は小学生のときに、この2つの服を見て、50%引きになるということは、もともとの値段の価値がないと判断されて売れ残ったからで、50%引きになったからといってその値段の価値があるか疑わしい。

それよりも、定価で売っているもののほうが、みんなが買いたいと思うのだから、値段の価値があるのだ、と、小学生のときにだよ、弘子に対して説明したのだけれども(だいぶ後から、それは経済学の考え方の根本と知ったけれども)、弘子は最初に誰かがつけたとされる値段に翻弄されていて、私は親ながらコイツは「安物買いの銭失い」だと思っていた。


小学生のときにそこまで見切っていた親と、仲良くできるはずなんてないよ。

というか、私はこれだけブログで主張していて、そのひとつでも取って理解しようとしたら理解できるはずなのに、弘子とか、親戚連中とかど田舎のヤツらも含めてだけれども、理解しようなんて気が一切ないのもすごいと思う。

人間として呆れる。


ああ、なんかヘンなことを書いた。

それで、中学1年のときには、親の抑圧がすごかった。

だからか流行りのモノにも興味を持ってなくて、単に中山さんが美人だなあと思っていた。

前に書いたけど、AKBでいうと谷口もかみたいな顔だったなあ。


けど、私も、ショーヤと言われても、どうせ興味ないからと思って調べもせず、歌を歌っているらしいけど、それがなんなのかって知らなかった。

健さんが先日もショーヤと言われて、昨日もショーヤショーヤと言われたから、・・・しょうやなあ、私も調べたことないよなあと思って調べて、女性5人組ロックバンドって昨日初めて知った。


それで、私は、中学1年のときは、中山さんについてゼンゼン知ろうとしてなかったよなあ、と思い返した。

まあそれからの私の人生は、好きな女の子の興味をどう引くか?を考えて、宮崎駿のアニメを知って、そこから映画を知って、近藤喜文さんからサイン色紙をもらったりして、制作側の人だって、自分の作品がどのように見えるのか、自分の言葉で伝えてもらうのはうれしいものなのだ、と思って、制作側の人を含めて、一歩一歩ヒトを理解して感想を述べることを続けてきた。

というか、近藤喜文さんからサイン色紙をもらったときから、だから「耳をすませば」のときからか、感想文って自分で閉じこもるんじゃなくて、制作側に対して、次はどういう作品を作ろうか?の参考になるもの、・・・次の作品の参考になるものを、と思って書いている。


・・・・なのにいまだ、彼女もできず、それどころかこの歳でエッチもできず、エッチのことを書いて警視総監名義でストーカー規制法違反容疑で警告書を受けるようになってしまった。


まあでも、いろんなヒトのココロは掴めるようになったかな。

中学1年の頃に戻ってショーヤについて調べる気になれたんだし。


あ、”中学1年の頃に戻って”で思い出したけれども、健さんが歌った歌詞で、

”過去から逃げて”

という言い回しがあまりに強烈過ぎたから、

「こういう言いかたはしないですよね?私が見てきた人々は、過去にすがっている人間ばかりで、過去から逃げている人間なんて見たことないです。

・・・・というか、過去から逃げる方法って自殺くらいしかないんじゃないでしょうか?」


と聞いたら、そんな難しいこと知らねえ、みたいなこと言われた。


けど、やっぱり、私が思った通り、”過去から逃げて 歌詞” でググったら一瞬で出てきた。



https://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&ei=LV9ZWrvyA8Xc8QXiy5X4Ag&q=%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%8B%E3%82%89%E9%80%83%E3%81%92%E3%81%A6%E3%80%80%E6%AD%8C%E8%A9%9E&oq=%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%8B%E3%82%89%E9%80%83%E3%81%92%E3%81%A6%E3%80%80%E6%AD%8C%E8%A9%9E&gs_l=psy-ab.3..35i39k1.1496.1496.0.2631.3.2.0.0.0.0.417.417.4-1.2.0....0...1c.1.64.psy-ab..1.2.542.6...125.5Q_DzZo6qrw


奥村チヨさんの終着駅

http://j-lyric.net/artist/a000b11/l003fcf.html


改めて歌詞を読んだら、どうも水商売の女の歌っぽい。

まあ、そういう意味で言うと、過去から逃げているといえなくないけど、”未来を求めて来た”と言ってもいいと思う。

ものすごくセンスある歌詞だけれども、人間悲しい方向に持ってったら気分がふさぎ込んでまうし・・・。


この歌詞を読んで、そういえば私の父親の博昭は、クルマに乗っているときも、なぜかこの歌ばかり歌っていた。


昔の名前で出ています
http://j-lyric.net/artist/a000d3b/l005c9e.html



いまから考えたら、弘子じゃなくて、誰か好きなオンナが他にいた、ということと思える。

そんな心境じゃないとこの歌は好きになれないよ。

私は親の過去さえもイロイロと考えてしまう。


まあ、よくもまあ一晩についてこれだけ想像したなあと思うけれども。


私のブログって圧倒的に女性から読まれていて、つぶやき系はtwitterに移って、工作コメントも少なくなって、今月に入って女性率91%になった。

421

記事のほとんどがAKBのことだし、やはりAKBのメンバーが見ているというのが妥当だろう。

年齢が30代が最多になっているけれども、私は以前から言っているように、年齢はどうもウソ臭い。
だいたいniftyがそこまで判断できんし。

けど、閲覧しているサイトをいくつかチェックしたら、男女くらいはほぼ正確にチェックできるやろ。

ガチのおかまもおるやろけど、ガチのオカマは人口でいったら感覚的に1%未満やし。だから”マイノリティ”なんやし。


twitterのほうが年齢正確と思うけれども、

422

年齢カテゴリー オーディエンスの割合
13~17歳 5%
18~24歳 44%

で、24歳までで実に49%のインプレッションを獲得していて、政治的なこともいっぱい書いているにもかかわらず、3割も女性がいるとか。

やっぱブログの9割女性はガチと思うなあ。

2018年1月12日 (金)

昨日に書こうとして寝落ちした内容。 田城郁を名乗るコメントがあるけど、私も知らん名前じゃないよ。私も中核派から捨てられた後に、カクマルにカクマワレルのもええかなあ・・・・なんちゃって。いやしかしマルクスはペテン師やと思うとるし私

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/2018110-akb48-5.html#comment-116083394

大西秀宜さん、初めまして。

ただいま浪人中ですがいつかお役に立てることと思います。

温故知新、鶴見線のクモハ12

https://ameblo.jp/kaoru-tashiro/entry-12154763373.html

投稿: 田城郁 | 2018年1月11日 (木) 00時09分

日本の単発IPやし、田城郁の可能性もあるけど、やっぱ私マルクスは人類を騙して金日成みたいになりたくてそれもできんかった未熟なペテン師としか思うてないしなあ・・・・(そのペテン師に世界中で100年以上通算何億人レベルで騙されて、資本主義の成功以外にどこがおかしいか、もっと根本的なことで反論できてないのは怪しいけど)

そんなマルクスを信奉しとるヤツらと、そいつらの言い分を丸呑みして聞くことなんてできんなあ。

2018年1月 8日 (月)

籠池泰典さんの息子さんの籠池佳茂さんのFacebookに記載した文章の内容

籠池さん、私わかったよ。私も日本政府といっぱい戦って、裁判官まで2回変えられる攻撃を受けてきたから。

てか私は日立製作所時代に国交省の役人が出てくるところで鉄道の国家戦略決める発言したりしたし、官僚の出方も読める。


・・・それで、日本政府官僚から見ると、泰典さんが日本政府を糾弾する意思が固いと悟った。

だから、森友学園事件が出てきたけど、その後にもっと大きいとされる加計学園問題が出てきた。

けれども、森友と違って加計は認可されてもた。

その後にリニアだの、今度は山梨か、そんなのがいっぱい出てきたけど、問題にはされても計画は実行されとる。


・・・問題にされて辛酸をなめとるのは籠池夫妻だけやねん。

私は一時期中核派にいて、コイツらなんてアホなんやろと思うてきたけど、たとえばアイツらの発想は、森友学園、加計学園、リニア、山梨、ほかにも津久井やまゆり園事件もあったよなあ、

・・・そういうのの、なにかひとつに拘って真実を徹底追及しようという姿勢がない。

菅野完だって、いまや森友学園問題にはなんも関心ないやろ。


多くのジャーナリストが、リアルな真実ではなくて、政府ウケするネタを追って彷徨っている。

それに反旗を翻したのは、日本中で籠池夫妻だけやねん。 (・・・いや私もやけど、私は報道さえ完全に隠蔽されとる)

私をストーカーと主張する者の書き込み。コレ主語に注目。誰がどう読んでも公安が書いとる。中学生だってわかる。 → 何にも分かっていないですが、オメェにストーカーとしての条件が全て当てはまるからストーカー警告書を発行したんですよ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-f7a0.html#comment-116078554


何にも分かっていないですが、オメェにストーカーとしての条件が全て当てはまるからストーカー警告書を発行したんですよ。
ストーカー警告書を受け取ってサインしたよなぁ。
その時点で自分でストーカーと認めたとなるんだよ。
でっち上げの証拠を受け取ったとオメェが言っても、言い逃れにしか聞こえません。
ストーカーではないのであれば、拒否する事が当たり前。
警察になんと言われても、拒否するのが当たり前。
逮捕されて証拠不十分の決定が出るまで、ストーカーではないと主張するのが当たり前。
そんな当たり前の事が出来ないのに、ネットででっち上げだと主張するのは革命家気取りのアホ。
警察が怖いんだろう。
怖くなかったらストーカー警告書を受け取った警察署に返して来いよ。

投稿: | 2018年1月 8日 (月) 14時53分



コレガチでバカやなあ。

イロイロツッコミどころあるけど、自分らが警告書を出した!と主張していて、第三者が想像できん。


それに、そもそも、私は受け取りを拒否しようとしたけど、村を名乗る刑事は、受け取っても受け取らなくても、ストーカー規正法違反の警告書を出されたことには違いがない、と言ったから、私は証拠保全のほうが大事と思ってストーカー規正法違反の警告書を受け取った。

それは、日本政府というのはこんなに事実をデッチ上げてくる証拠として重要やからや。

ストーカー規制法違反の警告書を、ノコノコ警察署に返しに行ったら、インターネット上に掲載した画像も全部削除しろなどと言われるに決まっとるから、私は警察署には行きません。


けれども、それは私が自分のことをストーカーであると認めたのでは一切なくて、日本政府が犯罪をデッチ上げることがあり得るというのを、森友学園事件よりも具体的に、世界に向けて提示する。


だいたい籠池夫妻だって、どういう罪で逮捕・拘留されているのか、きちんとした書面なんて発行されてないんちゃう?

発行されたら籠池泰典さんがイロイロ反論するし、籠池佳茂さんだってインターネット上に証拠を出すやろ。


・・・・てかいまから考えたら、籠池泰典さんの意思が固いのに日本政府が手をこまねいて、加計学園だのリニアだの今度は山梨だの、いろんな事件を出してきたんちゃう?

そうすると中核派みたいなバカどもは、「こんなふうに問題がいっぱいある」とか言って均らして「・・・・だからウンドーガ!ウンドーガ!」って言うてまう。

コイツらを手なずけるのはたやすい。


そうじゃなくて、ひとつのことを糾弾するヤツは手ごわい。


・・・・うん、私も今日の公安の出方を見て整理がついた。

私、佳茂さんに対して、コメント欄じゃなくて、ちゃんとした文章を書くよ。

2018年1月 6日 (土)

籠池佳茂さんに対してFacebookで叱咤激励した内容

https://www.facebook.com/yoshishige.kagoike.7/posts/300749733780646?comment_id=300807753774844&comment_tracking=%7B%22tn%22%3A%22R%22%7D

籠池さん、違うよそんなの。

ツイッターと連動して考えたら、籠池さんはアメリカ追従やから、ご両親夫妻は捕らえられていて、日本政府は悪くない、検察も悪くないと思うの?


日本の官僚のヤツらのずる賢いところは、アメリカと違って、自分がやって欲しいことを直接命令とかせんねん。

なんでかというと、それで政府が打倒されたら、東條英機みたいにイッパツでA級戦犯にされて死刑になってまうからなあ。


だから、官僚的なヤツらは、命令する代わりに、地位の低い者に対して、その者の担当することに関して「みんなこう言っている」って言う。資料を示して言ったりする。

そうするとその者は自然と「それをやります」って志願する。

特攻隊も同じ理屈やなあ。


そうすると、命令せずとも、地位の低い者が志願したんやから、官僚的なヤツらは、たとえ政権が転覆されようともお咎めなしになってまう。

私はそんな役回りを、日本の東大卒とかの官僚らは、地位の低い者や、逆にアメリカに対してやっていると考える。


だから、TPPだって、日本政府はアメリカが言うからやっている、みたいなポーズをしとったけど、トランプ政権でアメリカのほうから離脱してもたやろ。

そうすると、TPPをホンマに推進しようとしとるのは日本ということになってまうなあ。

そう考えると、やっぱアメリカじゃなくて、日本のほうが実は上なんだよ。

だいたい戦敗国なのになんで天皇制を継続できてん?

ホンマに巷で言われるように、アメリカがガチで強かったら、天皇こそA級戦犯にして死刑にしとったやろ。



そんでな、私も自分の闘争を抱えていて、その中で籠池さんの闘争についてもやっとる。

それで、籠池さんのご両親は、刑事訴訟法208条に拠り、起訴されてしまっているので、フツー争われる起訴前の20日間とかいう期限はないんやな?


けど、いくらいまの拘留が、刑事訴訟法208条に拠るとしたって、そもそも森友事件は籠池さんだけではなくて安倍晋三も片棒担いどる。

その、安倍晋三も片棒担いどるかどうかによって、担いでないと検察が判断したからこそ、籠池さんだけ拘留されとるというタテマエなんやろけど、その検察の判断は国会ででもちゃんと提示してもらわなければ、憲法第14条に規定する法の下の平等が、籠池さんと安倍晋三との間に為されてないことになるよなあ。


籠池さんだけ拘留されていて、安倍晋三は知らぬ存ぜぬで釈明さえしない、それはそもそも、籠池さんと安倍晋三との間で為されたとされる違法行為の捜査手法に関して、憲法第14条に規定する法の下の平等が侵害されている!と主張することってできんの?


まあ、私は、籠池さんに対して、安倍政権の存続に関わるからとして、緊急事態条項が個人への弾圧として適用されとると思うけどな。

AKBの今年の書き初めは個人的にイマイチかな・・・もえきゅんとぽんみゆが現実とリンクしとると思うけど、ほかのメンバーはもうちょっと書きようがあると思うなあ。

もえきゅんが「猪突猛進」と書いていて、叩かれても叩かれても前へ行く姿勢がいいと思った。

個人的にはダントツにいいと思う。字の上手さというよりもこれを書ける意思がいい。

https://twitter.com/moe_goto0520/status/947736239339315201


それと、ぽんみゆは「止まらない」と書いていて、まあ他のメンバーが書いていたら見過ごすとこやったけど、どうも前へ進んだと思っては止まってまうぽんみゆから見たら、リアルな課題かなあと思って取り上げた。

https://twitter.com/omorimyu_pon/status/947797404505407489


それ以外は、ありきたりだったりネタだったりして、今年はみんなイマイチなカンジがした。

去年はさややが「ガツガツ精神」とか書いていて感心したけど、今年はなんか無難なことを書いていて、コレはダメやなあと思った。


ちなみに私の場合は、私の座右の銘はいつも変わらない。


「虎穴に入らずんば虎子を得ず」


誰もが、それは敵だからやめとけ、というようなところに果敢に突進してこそ、大きな勝利が得られる。

アキブータンも書いていたけど、誰もが、それはいい!と言うようなのは、実は大勢がやっている可能性が高くて、勝つことは難しい。


たかみなが「努力は必ず報われる」なんて言うとったけど、努力する前にその努力をどう実らせるか考えてから、その次に実行しろ。

まあそういうと、2人の言うことに反して、立ち止まって考える重要さを説くことになるんやけど、猪突猛進する場合にだって、一旦立ち止まってリズムを整えるくらいの余裕は必要や。


まあ、まだ10代ならば、立ち止まらんかってもええけどよ。

まずは努力して失敗して、次に努力して失敗して、その次に、アレいや、努力する前に考えてみようか?と思う、それが大事と思うねん。


まあフツーの人間は、まずは努力して失敗して、次に努力して失敗して、その次に、ああ自分はダメだからやめよう、と思うねんけどな。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チーム8公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKB48舞台情報 | AKB48著名人公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | YouTube | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お礼 | お笑いネタ帳 | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | マルクス主義を粉砕する | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 中核派について | 中核派の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 前進チャンネル感想 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 枝野幸男 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野健 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック