世界の真の平和に向けて

2017年3月27日 (月)

いやこれ最初からそうやったやろ。 → JR北海道、経営危機でJR東日本と合併論浮上…資金枯渇直前で路線維持困難に

JR北海道、経営危機でJR東日本と合併論浮上…資金枯渇直前で路線維持困難に 2017.03.27

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18455.html

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18455_2.html

麻生財務相は、国鉄分割そのものが、商売を知らない「学校秀才」が考えたことだと断じ、振り出しに戻って、JR北海道はJR東日本が、JR四国はJR西日本が合併せよ、と考えていることがわかる。



コレそもそも、私は国鉄がJRになったときから、JR東日本の緑色に対してJR北海道を黄緑、
またJR西日本の青色に対してJR四国の水色、
を決定したのは、それぞれ当初から、経営が行き詰まった場合に、”振り出しに戻って、JR北海道はJR東日本が、JR四国はJR西日本が合併せよ”と、当の日本政府自体が考えとったと思うとる。

そして、じゃあそれでもどうして国鉄を民営化したのかというと、”商売を知らない「学校秀才」が考えた”というみたいに、麻生太郎が言うような表面のことだけではなくて(てかコイツガチで総理大臣やっとたのかよ)、


労働組合とは?国鉄労働者30万人のうち10万人が民営化でリストラされる、その時、労働どうする? 作成日時 : 2015/11/17 18:52
http://sukuramu.at.webry.info/201511/article_4.html

国鉄30万人、その鉄道労働者が、民営化で10万人の労働者が首を切られ、働く場を奪われる。史上空前リストラだ。


コレで労働組合をめちゃくちゃにした。

他の公務員である電電公社も郵政省も全部民営化されたし、もともとの民間企業だって都合悪い組合があれば偽装倒産して別に新しく労働者を採用することも横行した。


やっぱ労働組合を潰すというのが、いちばん都合がいいというか、労働者の側からいうと同じ釜のメシを食うからこそ闘えるのであって、その一緒に闘う単位を奪われたら闘えんようになったわけや。

麻生太郎なんかそんなウラ事情を知らんのか、知らんフリをしとるのかワカランけど、だからもっぺん引っ付けろと言うてまう。

しかしそもそも、もっぺんひっつける前提で考えとったのも事実と思うから、どうなるのかなあ・・・

まあとりあえずはひっつけるほうがベターではあるけど。


そんで、
JR東海の葛西敬之なんて、その国鉄を潰した側やのに、言いたい放題でハラがたつ。
そりゃJR東海なんて”ファンダメンタルな経営戦略”なんて一切考えなくても、ドル箱の東海道新幹線を動かしとるだけで儲かるやろ。



国鉄分割・民営化を主導した人たちはJR北海道をどう見ているのか。国鉄の分割・民営化の立役者で「国鉄改革3人組」のひとりであるJR東海の葛西敬之代表取締役名誉会長は、「日経ビジネス」(日経BP/17年3月6日号)の「民営化30年 JR 思考停止経営からの決別」の特集の中でインタビューに答えて、JR北海道の経営に厳しい評価を下した。

「JR四国は仕方がない面がありますが、JR北海道は30年間を本当に有効に使ったかを検証してみるべきです。JR北海道は借金ゼロの上に、6822億円の経営安定基金を持ってスタートしました。金利が下がったから稼げなくなったというだけでなく、もっとファンダメンタルな経営戦略で問題はなかったのでしょうか。



しかし、中核派を見ていて、やっぱ労働運動をそのまま復活させる、というのは違う気がするなあ。

というのも、労働運動が廃れたのは問題なんやけど、労働運動というものが重要なのではなくて、人々が思いを結集させることが必要やねん。

それは労働運動になるかもワカランけれども、それはひとつの手段であって、労働運動だけがというわけではないと思う。

中核派だって、労働運動以外にも、原発反対とか言うとるし、なんかやっぱ”言行不一致”なところはあるよなあ。


私は宗教は好きではないけど、個人なり偶像なりを崇拝するわけではなくて、大勢のココロを一つにするという目的だけを掲げて、宗教を作るというのはアリなんかなあ。

まあそうすると拠って立つものがないけど。

じゃあ代わりに私に拠って立つか?と言いだしたら、私に対する偶像崇拝になってまうから、どうかなあ。

ただ、仮に私が崇拝の対象になって、その私が日本政府なり世界の政府をぶっ潰すぞ!と言ったら、そりゃあ中核派なんてメじゃないくらいの勢いになるのは当然や。

しかし、私が崇拝の対象になるとすると、私が死にかけのときに、私の後継者とか名乗りを上げるヤツが出てきて、そいつが全権支配して、また独裁政権になってまうのは目に見えとるし、それもあかんなあ。


そうそう、マルクス主義者がダメと思うのは、「プロレタリア独裁」を掲げながら、「プロレタリア独裁」の次に必ず来るはずの、真の共産主義社会をどうやって実現するかの議論は全くしてなくて、「プロレタリア独裁」をするために暴力を使ってもいい、だから火炎瓶を用いてもいいとか、だから”言行不一致”だって問題ない、とか、発想が荒っぽくなるねん。

吉野元久の言い分とか聞いとっても、「プロレタリア独裁」なんてのは実態を伴わない空論でしかないと思う。


そりゃ人間が自分の手のひらを何回もバタバタさせて、自分のカラダを持ち上げる浮力を出したら、人間は空を飛ぶことができるのは、理屈上は理解できるけれども、人間の体力は、空を飛ぶのに対応してない。

グライダーでも装着せん限り、空を飛べた人間を私は寡聞にして聞いたことがない。


そうすると、「プロレタリア独裁」だって、”人間が自分の手のひらを何回もバタバタさせて、自分のカラダを持ち上げる浮力を出したら、人間は空を飛ぶことができる”というくらい、現実性がないことを言うとるんとちゃうか?

最初から独裁なんてしない発想やないと、平和なんて訪れようがないんとちゃうのか?


こんなのも、発想がガチガチに凝り固まった中核派のヤツらとは討論しても無駄で、できたら誰か首都圏青年ユニオンの2ちゃんスレに転載して欲しいんやけど。

日本共産党も発想はガチガチやけど、日本共産党の青年ならば、私の意見に賛同してくれるかもなあ。

そう考えると、私も日本共産党に賛同はせんけど、日本共産党の青年に入ったほうが良かったのかなあ・・・・。

中核派に入ったのは失敗やったかなあ。まあええ経験やったけど。

2017年3月25日 (土)

これまでは土日祝のアクセスはなかったのに、今日は日立製作所から5アクセスある。私が中核派を実名を挙げて敵に回したことで、新たなステージに立ったっぽい。

コレ見てみな。

土日祝は、トレースできる組織からのアクセスはなかったのに、今日は日立製作所からのアクセスが5Visitもあった。

178

177

コレは、日立製作所が休日出勤対応をしていたということを意味する。

いやもちろん、日立製作所がGWなどに休日を入れる替わりに、休日出勤日に指定していた可能性もあるんやけれども、いずれにせよフツーの土曜日とは違うアクセスになっとる。

こういうのを見ても、中核派ってホンマにリアルに敵を前にした闘い方がヘタクソやと思う。

3/22にはJEIS(ジェイアール東日本情報システム)から2Visitだけれども、日立製作所からは11Visitもあった。

179

そうすると、日立製作所が未だに私のことを脅威に思うとるというのは明らかやんなあ。


じゃあどうしてそこで闘おう、それで日立製作所を倒したらJR東日本だって倒せる、という発想に、なんで至れんのかがヨウワカラン。


いや、ワカランことはない。
中核派も、ホンマにJR東日本が潰れてしまっては、闘うべき相手がいなくなってしまう、不良生徒の論理やねん。

闘うべき相手がいなくなってしまうからこそJR東日本を潰さんのなんて、闘いでもなんでもない。

ダダっこや。


JR東日本も日立製作所も日本政府も全部ぶっ潰して、新しい政府を作り上げる、そんなこころざしがなくてどないする。

2017年3月18日 (土)

コレは工作コメントやけど、リアルにそう思うとるんかなあ?とにかく、日本共産党も中核派も、”みんなでやる”ことを重視して、正しいからこそ自分一人でもやる、という戦法を取らんのはおかしいと思う。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-687d.html#comment-114518456

革命への強い意志は、自らの行動をもって示すという事か・・・・

大西・・・漢(おとこ)やね・・・・・

投稿: | 2017年3月18日 (土) 00時02分



コレなあ。

”みんなでやる”って、けっきょく発想が団体旅行やねん。

けどたとえば探検家とか開拓者とかジャーナリストって、ホンマに団体旅行なんか?

危険なところに行けば行くほど、同行者は減ってまうやろ?

そして、それでも行くのが、探検家とか開拓者とかジャーナリストやろ?


けっきょく、”みんなでやる”なんてのは、仮にそれがいっくら過激であろうが、ぬるま湯の発想やねん。

連合赤軍もオウム真理教も、過激になってもたけど、”みんなでやる”というぬるま湯の発想から生まれたものや。

中核派の浅草橋駅放火とか三里塚闘争とか、迎賓館ロケット弾事件とかも全部そうやろ。


ホンマに正しいならば、ヒトリだってできる。

ホンマに正しいからこそ、あまりに突飛過ぎて、誰にも信じてもらえんということもあり得る。

正しくないからこそ、突飛じゃないからこそ、賛同者が得られるというのは、実は往々にしてある。

連合赤軍とかオウム真理教とか見とったらわかるやろ。

2017年3月16日 (木)

私は、真の左翼とは、・・・いや”左翼”という言い方がええのかワカランけれども、ホンマに人類の平等を目指すならば、そこには富の平等の前に、情報の平等があると考える。中核派も、富は平等にしたいけれども、情報は不平等とすると言うとって、それはもう前提として不平等やねん。

私は、真の平等は、富の平等ではないと考える。

真の平等は、情報の平等やと考える。

けれども、”情報は平等”なんて言ったって、仲間内かそうでないかで、情報に不平等が生じてまうのは必然やんなあ。

・・・・だからこそ、”情報の平等”こそが、真の平等やと思う。


だって、情報の平等が保たれんところに、利権が発生しとるやろ。

それは、日本政府であれ中核派であれ同じや。


情報の平等を保ったら、資本主義であろうが共産主義であろうが、人々は思い通りに生きられる。

そもそも、情報の平等を保ったら、マルクスが言うところの搾取なんて起きんやろ、

”搾取”なんて、情報の平等を保てず、隠蔽された結果なんやから。


古本屋通信も、シミッタレ(清水丈夫)も、みんな、いろんな理屈をつけて、情報の不平等を容認しとる。

けど、情報の不平等を容認する、それ自体がもう権力迎合主義やねん。


なんでみんな、そんなカンタンなことがワカランのか不思議や。

2017年3月13日 (月)

新しい職種に就こうとしても、過去に殺人歴がある人は雇えても、私は無理らしい

私はそんくらい問題ということや。

いまの会社で、やったことを清算しとるけれど、それは意味がないとめちゃくちゃ言うてくるのがいる。

それで秋葉原駅で、やりたくないのにやむなく議論になって、セントラル整備保障が出てきた。

私は、こんなにしつこく聞いてくるのは、工作の可能性が高いと思う。

もちろんそうでなくても、権力に迎合せねば生きてけないと思うとる人間ばっかやとは思うんやけど。

左も右も相手にして言うんやけど、そんな現実にリアルに対峙して勝てな、革命なんてない。


こんなの、中核派は悩んだことがない課題や。

2017年3月11日 (土)

この伊達娘と思しきコメントがあってから、なんかコメント欄がざわついとるなあ。

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/2017311-akb48-b.html#comment-114481579

415 さめ ◆88yudIUCHj/6 2017/03/10(金) 11:27:57.42
見えないフリしてただけかな?
見えないフリしてただけだな。
あなたと一緒に過ごした日々は
思い出と大切で溢れてる。
愛することはこんなにも
苦しくて…

でもあなたは
もっと苦しんでいて
それを私は見えないフリしている。
今の私の頑張りや日常が楽しくて
失いたくなくて
もっと頑張るあなたを
見えないフリしていただけ。

今のホンネの部分・・・

投稿: | 2017年3月11日 (土) 15時21分


しかし15:21というのは伊達娘はまだ番組に出とると思うから、違うのかな?

そうすると伊達娘以外にも支援者がおることになるのかな。



けれども、上の元投稿が為されとるのは間違いない。

首都圏青年ユニオン11 [無断転載禁止]c2ch.net

http://echo.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1486650050/415


それで、この歌詞は確かに伊達娘が取り上げとる。

https://twitter.com/karen0513_/status/839735732486963200

http://www.littleoslo.com/lyj/home/%E3%83%9F%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AD-%E6%9C%80%E5%88%9D%E6%AD%8C%E6%9C%80%E6%9C%9F%E6%97%A5-%E6%AD%8C%E8%A9%9E-pv/


そうすると、この部分は新しく書いた部分や。


でもあなたは

もっと苦しんでいて
それを私は見えないフリしている。
今の私の頑張りや日常が楽しくて
失いたくなくて
もっと頑張るあなたを
見えないフリしていただけ。

今のホンネの部分・・・


コレはそうそう工作では書けんな。
人間の内面なんやから。 

けど、人間ってけっこう難しいのは、アタマで理解したと思っても、いざ行動に移すとなるとなかなかできんもんやねん。

ホンマに、中学生に性的なファンレターとか書いたとか言ってインターネットで大々的に取り上げられて、キチガイみたいに言われて、裁判でも敗訴させられて、公安が来て、家のドアにボンドされて、そのほかにも日立製作所を恣意的に懲戒解雇されたり、ドイツで1年以上亡命申請生活させられてしかも強制送還させられたり、もうどこで気が狂って自殺して死んでいてもおかしくなくて、まだまだ伊達娘もそこまで理解できてないと思う。

日本政府らは、いやもう中核派もやけど、それを狙うとるねん。

どんなに正義を掲げとるヤツらも全部、自分らの権益の誘惑からは逃れられん。


伊達娘とか、AKBのメンバーの何人かが一緒になって、どうやったら大西を助けられるか?を考えて、実行したらええだけや。

赤信号 みんなで渡れば 怖くない

というのは、こういうときにあるための標語みたいなもんや。

けど、そう考えるとどうしても怖気づいてまうやろ。

ホンネと言いつつ、見たけれどもやはり自分にはなにもできない、で終わってまうやろ。

「ローマの休日」とか、そうやって、諦めることが大切と言ってきた。

けど私は、「ローマの休日」みたいな作品嫌いやと言って、作品のストーリーを書き換える案を提示してきた。

時の政府に歯向かうとは、そういうことやねん。


そんで、伊達娘のコメントにビビったのか、日立製作所交通システム社のインテリボンボン長井聡がコメントしてきたけど、ゼンゼン違う。



http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-98d4-1.html#comment-114481905

大西さんは一般人というキーワードを使うけど
商品にせよエンタメにせよ消費者に受ける物づくりという
観点で見ると、いかにして大西さん言うところの一般人の
ニーズを得るかが重要で、大西さんみたいに
一般人の考え方が間違った方を向いているから啓蒙しようという
スタンスでは商品は売れないし、お客さんが来てくれないと
思いますよ。
それと、一般人が耳を傾けるのは言葉を発した人が成功者であるから
耳を傾けるわけで、成功体験をビジネスにする与沢翼が儲かった理由は
そこにある。
だから成功どころかどんどん落ちぶれていく大西さんの言葉に
耳を傾けたいと思う人はいないと思う。
みんな大西さんみたいになりたいなんて思わないからね。
【誰が言うか】であり【何を言うか】は世の中にインパクトを与えない。
これを理解したうえで新生活を頑張ってください。
きつく当たられたら「パワハラですよね?今のは?」
と言っておけばいいと思いますよ。

投稿: 理論武装 | 2017年3月11日 (土) 16時23分


まあ私も中核派くらいは話を聞く組織かなあと思うとったけど、いまとなっては私利私欲のための偏屈なヤツらの集まりとしか思えん。

いやもちろんその中には正しい考え方をしとるヒトがおるのかもワカランけど、中央である前進社がおかしいねん。

そういえば、シミタケが去年刊行した「清水丈夫選集 第6巻」を買って読んだけど、一目見て正直ダメダメやと思った。

だってカクマルがなんとかって散々言うとる。

カクマルなんて100戦あったら2戦か3戦目であって、それを延々と言うとるというのは、中核派の戦いには方向性がゼンゼンなく、主導権争いであることを露呈しとる。

それは昔のハナシで、いまは違うと思いたかったけれども、やっぱ指導部がそういう発想から変われてないと思い直した。


指導部がおかしいと思ったのはもうひとつある。

木崎冴子と飲みの席が同じ(確か隣)やったことがあるんやけど、木崎は、若手の注目株が言うとることばかりを気にして、私が一言も発していないことを不審には思わんかった。

不審というか、初めて会うならば、なんか気を配ってアタリマエやろ。

けれども、一応目上の人やし、私から話しかけるのもおかしい気がしたし、だからなんも言わんかったら、木崎は最後までなんも言わんかった。

そんな気配りができん人間が、全体を見渡すところにいていいはずがなく、この組織はおかしいと思った。

そこでは、若手の注目株がアツい議論をしとったんやけど、私は、いやそんなんどうでもええやろ、と思うて、前進社の主張の焼き直しでしかないと思って、呆れて聞いとった。

・・・・ならば、その呆れたハナシがどんどん逸れてって、自分は洞口さんが好きだというハナシになって、・・・いやそこを主張するために、前進社の主張の焼き直しを延々と言うとったのか!と、腑に落ちたと同時に呆れた。

女の子のために政治を語るなんて、中学生かよ!

そこに居合わせた他の女性(遠くにいて話には加わってなかったけど)は、「あの人は酒が入るとおかしくなる」って醒めとった。


しかし注目株のほうも、木崎も、そんなハナシの目的がわからずに、前進社の主張の焼き直しに、アツくなっとってん。

アツくならずに、ハナシのオチくらい想像しながら聞けよ。

だから、中核派のスパイになりたければ、前進社の主張の焼き直しをしたらええぞ。


まあ私は中核派は、主張の焼き直しではなくて、新しい人の新しい発想に耳を傾ける姿勢、そっちのほうが重要で、それを理解せな革命なんて起こせんと、改めて言いたい。


ハナシが脱線したけど、けっこうみんな聞きたいことやろ。

そんで、長井聡のハナシに戻ると、与沢翼を例に出しとるけど、私が成功を収めてないというのは、成功してないように見せかけられとるだけやねん。

まあ中核派もこんなgdgdばっかやから、私のことを成功者やとは思わんかったけど。

しかし、「どうしてこんなに賢い人が」と大勢に言われるのも事実や。

その私の成功を隠蔽してくる、それが権力であり、新自由主義の根幹やねん。


ネルソン・マンデラだって、何年も獄中にいて、いつなんどき殺されてもおかしくなかったやろ。

ハンサンギュンだって、中核派的に言うと英雄やけど、一般人からしたら無名の人間でしかない。

そんな人間が公然と支持を得る、それが革命やねん。


そしてもうひとつ、革命を起こすために必要なことで、私にはあって、与沢翼にはないものがある。


それは、人を感動させることやねん。

2017年3月10日 (金)

中核派も検討して欲しいけど、世の中ってこんなもんやねん。革命って困っている人がいるから起こるなんてつゆも思ってない。 →   困っている人の話を聞く→革命が起こる 何故なんだ?

コレ本当に工作なんかどうなんか私にもヨウワカラン。

http://potato.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1487848671/406

406 : 最低人類0号 (ワッチョイW cd99-D56Y [126.94.194.23])2017/03/10(金) 23:19:17.82 ID:Dp2DD2b30
困っている人の話を聞く→革命が起こる

何故なんだ?


けれども、ひとつだけわかるのは、とにかく、いまの政府に対して困っている人がいることと、革命とを繋げて考えられないか、或いは繋げて考えたらマズイ勢力がいるかのどっちかやろ。

いや、どっちかというよりも、どっちもやろ。

どっちもやからこそ、革命は起こらんねん。



そもそも革命って、困っているヒトが大勢いて、結集するからこそ起こるもんやねん。



こんな素朴な疑問が生まれるならば、いちいち労働運動の街宣とかビラ配りとかをする必要なんてゼンゼンなくて、困っている人の話を聞く、ただそれだけでええやろ。

私だって困っとるんやし、たとえば岩間さんだって困っとることだっていっぱいあるし

http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/tokai/1488967734/l50



そういう声を集めるだけで革命が起きてまうんやけど、中核派は頑固過ぎて、人々の声を集めるのは苦手で、とにかく自分らの声を押し付けるのに精いっぱいやねん。

・・・けどそれって、オウム真理教と変わらない、”マルクス真理教”やわなあ?

中核派が労働運動をしてこなかった一例。若手が教えられた通り、ATSなどの機器を信頼していること。

中核派が労働運動をしてこなかった一例として挙げる。

JRに勤める若手に対して、

「東急東横線元住吉駅追突事故にもある通り、ATSを本当に信用していいか、追突しない距離を確保しているかはわからないし、労働運動でそんなところを議論していかねばならないのだ」

と私が言ったら、その若手は

「自分は会社からATSは絶対だと教えられてきた。ATSが信用できないとしたら、何を信じたらいいのだ」

みたいなことを言っていた。

けれども、別の機会に、年配の方に言ったら、

「ATSなんか機械なんだから、壊れることがあるのだから、絶対に安全なんてあり得ない」

と、さも当然のように言われた。

まあ私が言ったのは、ATSが壊れる場合ではなくて、動いていても設計上追突する可能性の検討なんだけれども・・・


それでも、いずれにせよ、中核派は”労働運動”として、街宣とかビラ配りとかストライキとか、通り一遍のことばかりを主張していて、JR東日本でさえ問題と思っている、技術継承のほうは、けっこう疎かにしてしまっていることがわかった。

本当はそれこそが、労働の根幹で、技術継承を動労がしっかりしていればもうそれだけで、JR東日本に対して強く出られるのにもかかわらず、どうしてそうしないのか、どうして街宣とかビラ配りとかストライキとか、目に見える成果(にもなってないモノ)ばかりに固執して、本当に若手に継承できる心構えみたいなものは軽視するのか、わからなかった。

まあいまとなっては、前進社主導・前進社崇拝主義みたいなのが重石になっとったのかなあ・・・・なんて私は思うてまうけど。


こんなことを思い出したのも、さっきAKBの公演で、なんでかメンバーが怠慢で向上心がなく、こんなんでええのかなあ?と思い直して、

私は日立製作所に入って1,2年の25,6歳のとき、臺灣高鐵案件で、なんもチェックせん50歳くらいの上司の仕事をチェックして、「こんなのでいいはずがない!」って、から上司にダメ出ししていたのを思い出したから。

私がそれで目立ちたかったわけではなくて、下で仕事する人達が困ると思い、その一心で上司に反抗した。

いまの中核派に、そんな、下で仕事する人達が困ると思って闘争をしているようなヒトなんていない。

いろんな闘争をしている人々も、口々に、自分達がやらなければ子孫が困るとか言いつつ、他人が困っとるのを見ても知らんぷりや。

他人が困っとるのを見てもほっとけん、そんなココロの連鎖が、革命に繋がると言ってもいいかも知れない。


とにかく、自分らで勝手に決めて恒例になっている、負ける一方の闘いを漫然とするのではなくて、もっともっと議論が必要や。

そこから勝つ闘いに変えてかな、勝てんぞ。

2017年3月 9日 (木)

革命を起こすためには、相手の言うことを聞くだけでなく、権力を知ることも必要やけど、中核派は全部"当局"として権力を研究してない。

いや後ろで研究しとって、それを敢えて出さんために"当局"としとるんかもやけど、とにかく戦略を大きく誤っている。

権力を握るためには、たとえ部分的であっても権力構造を知り、権力側の失策を衝いてその部分を取り込む戦術だって必要や。

そのためには、"当局"なんて言うとったらダメで、権力側のどういう組織の誰が、別の組織の誰と繋がっているかとか、ちゃんと把握せなアカン。

安倍昭恵と森友学園の癒着だって、"当局"と嘗めてまうのではなくて、"権力側のどういう組織の誰が、別の組織の誰と繋がっているか"をちゃんと追及しとるからこそ出てきたとも言える。

パククネーチェスンシルゲートだってそうや。

そして日本でも韓国でも盛り上がっとるように、そうして得た権力の構造を、隠すのではなく、ちゃんと報道すれば、それは盛り上がる。

一面でそうしながら、他方労働組合を訴えて、その中で人々の言い分を聞いて、自分たちは権力に成り代わってこういうふうにしよう、と語れたら、勝ててまうやろ。

中核派はまだまだ、革命に向けたストーリーがなくて、私の案をたたき台にしてもええから、革命に向けたストーリーをまず作り、そこから試行錯誤せな始まらん。

2017年3月 8日 (水)

中核派はどうやって革命に到達するのか、プロセスを示してないよなあ。そのプロセスが大事なんやけどなあ。

私は中核派で、まあこんなの言ってもゼンゼン構わんと思うけど、ドイツの過去の革命活動が如何に失敗したかとかを読みかけやった。

カール・リープクネヒトとか、ローザ・ルクセンブルクとかについての論文を読んだ。

カール・リープクネヒト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%AF%E3%83%8D%E3%83%92%E3%83%88

ローザ・ルクセンブルク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF


けど、言っちゃ悪いけど、こんなんいっくら読んでも革命って起こせんねん。

なんでかというと、数学の応用問題の説明を受けたからといって、他の応用問題なんか解けるわけがないからや。

まず、数学の基礎を学んで、それで応用問題をいくつか学んで初めて、自分なりに応用問題が解ける、すなわち、革命運動ができるようになるねん。

数学が革命に替わったって同じはずや。

然るに、中核派では、革命の基礎というものを、誰も想像してなかった。

別に応用問題から入って、「いや~これは難しいですね」と言って、それで基礎を学ぶ手もあると思うけど、いずれにせよ基礎があって然るべきやのに、中核派には革命の基礎というものがない。


そして、じゃあ”革命の基礎”ってなんやねん?っていま中核派のヒトに向かって聞いたら、まあほとんどのヒトがすぐに返さずに、前進社に問い合わせるやろ。

そして前進社は、「労働運動で、ストライキのチカラで革命を起こそう!」とでも答えると思う。

けど、労働運動とかストライキとかいくら言うたところで、過半数とか取ってなかったら、革命も起こせんし、戦争だって阻止できん。

改めて命題について考えると、”革命の基礎”というと、「どうやって過半数の支持を得るか?」という問いでもある。

そしてそれができてないから、それどころか1%の支持さえも得られんから、中核派は創価学会などと違って、政党にさえなれんねん。


いや、あるんやで。

私もずっと言い続けてきたことやけど、相手の言うことをちゃんと聞いて、相手のことを知る、コレが”革命の基礎”やねん。

中野洋もアーリーン・イノウエも、辻川慎一も言うてきたことやけど、偉大なる(鼻で笑うけどw)マルクス主義の前に、前進社のみんなは、コレらの意見を全部抹殺してきたのが実態や。

けど、それをちゃんとやった創価学会は、世界に1,200万人の信者がいるという事実がある。

なんで中核派は「相手の言うことをちゃんと聞いて、相手のことを知る」、そんなカンタンなことができんかったのか不思議で仕方がない。



だいたい考えてみな。革命のときがきたとしたら、みんなが、誰かが言ったことに対して、

「・・・・え、そんな事実があったの!?そりゃ大変だ!」

と言ってわーわー叫び出す、その連鎖が始まるということやんなあ。

けどそうすると、自分らだって、知らない誰かが言うのを聞いて、

「・・・・え、そんな事実があったの!?そりゃ大変だ!」

と言ってわーわー叫び出す、というのを始めなアカンわなあ。


・・・と書くと、中核派の人々は、「いや自分達はずっとわーわー叫んでいるだろう」と言うやろ。

けどそれは違う。

アンタらは前進社が言っているからという理屈で騒いどるだけや。

そうではなくて、前進社が言おうが言わまいが、名もない無名のヒトが言う真実に共鳴して、コレは本当に問題だとココロから思って、自分がココロから叫び出す、そんな瞬間があるはずやねん。

中核派のほうが逆に、前進社に気を使って、ココロから思うことを失っていると感じる。

だから中核派って発想が貧困なヒトが非常に多い。


違う言い方をしたら、カール・リープクネヒトとか、ローザ・ルクセンブルクとかが出てきた時代って、良くも悪くも世界の変わり目やったといえる。
そこにたまたま当てはまっただけとさえいえる。

そして日本は、それぞれの幕府が250年くらいだか持ったと言われるように、概ね250年周期で政権が変わっとる。
それを考えたら、明治元年からするとまだ150年くらいしか経ってなくて、革命なんて周期には至ってない。

その、周期に至ってないものについて、敢えて波風を立ててどう革命を起こしていくか、それはけっこう大きな問題なんやけど、とにかく労働組合でストライキ、なんて発想でもアカンし、マルクスだけでなくカール・リープクネヒトとかローザ・ルクセンブルクとかについていっくら学んだってダメ。

むしろ、権力者について徹底的に学んで、コレで権力者に成り代われるぞ!というのを示すほうが手っ取り早い。

・・・・いやそれでは、昔野党が言うとった「シャドウ・キャビネット」や、と、中核派のヒトは言うかもやけど、だって

「現場のことをいちばん知っているのは労働者だ!」

とか、

「労働者が連帯してゼネスト起こそう!」

とか言うならば、労働者を全部統率して、権力者に成り代わることだって可能やんなあ。


反対反対を言うのは威勢がいいけど、いざ自分が矢面に立ったら静かになってまうならば、それはまだまだ発想が中学生や。

いざ自分が矢面に立って、もっと威勢よく言えてこそ、人生を賭けた闘いになる。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 中核派の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック