世界の真の平和に向けて

2017年7月21日 (金)

中核派はヒトの言うことがどうして聞けないのか。"より大勢の意見を聞こうとする"行為こそが、革命そのものなのに。

中核派だけでなく、日本共産党にも言えてしまうし、いろんな政党にも言えると思うけど、大勢の意見を聞いてられない、からと考える。


けど、だからこそ、"より大勢の意見を聞こうとする"行為こそが、誰もできてないし、そんな政治団体なり宗教団体があれば、もう確実に仲間が増えるのは間違いない。


じゃあどうして、誰もが、確実に仲間が増える、"より大勢の意見を聞こうとする"行為をしようとしないのか。

それは、"より大勢の意見を聞こうとする"行為をしはじめた途端に、自分が築き上げてきたモノが全部敗れる可能性が出てくる可能性があるからと考える。

だから、政府権力だけでなく、暴力団も中核派も、あらゆる党派において、上の言うことには絶対服従せねばならないのである。


"より大勢の意見を聞こうとする"行為というのは、端的に言えば、内的革命であり、革命の萌芽である。

けれども誰もが、そんなカンタンなことを理解できてない。

2017年7月20日 (木)

健康保険のほかに、住居の更新費用の支払いがあるって!7万5千円くらい。どんだけイロイロ払わなアカンねん。

いや払わざるを得ないのはわかるけど、そんな基本的な生活を営むために必要な給与が得られんよなあ。

いやまだ高額所得者は、そんなの払うのどうでもええやろけど、ウラを返したら、不当に解雇されてどん底に落ちてさえ、それを助けてくれるところまでもが全くない、とみんなが思うたら、誰もが、世の中の、自分が直面する不正に対して文句を言えんようになってまう。

だから、ホンマは、日本政府から目をつけられた私みたいな境遇の者が、下剋上を成し遂げるのをヒトが見てこそ、自分も声を上げよう!という機運に繋がる。

中核派だって、そんな私を徹底的に虐げて、自分らのイロに染めようとしたけど、そんな中核派のことをも人々は見ていて、下剋上は難しいと思うてもとる。

まあ私がこうやって、いまの生活がどれだけ苦しいかを切々と書いていくというのも方法や。


そういえば、Twitterで"今一生"が頻りに、「世の中の仕組みを変えたら儲かる!」ってつぶやいとったのを、まだ中核派に入る前に見たけど(いまもつぶやいとると思う)


https://www.amazon.co.jp/よのなかを変える技術-14歳からのソーシャルデザイン入門-14歳の世渡り術-今-一生/dp/4309616933


しくみを作って儲けられるというのは中間搾取の発想で、そんなしくみを考えつくことに私はなんの魅力も感じんかった。


カネなんて儲けられなくてもいいから、人々が理解し合えて、生きやすくなる社会、そうなるために少しでもヒトに対してなにかを伝えられること、そんなことのほうがどれだけ尊いか。

2017年7月 2日 (日)

そんなのは百も承知や。けど、いっくら自民党に迎合したって、民意に背いたらアカンねん。 → 中身は都民ファースト=自民党だぞ 早速、小池百合子は自民党と連携の意思表示をしてるぞ

コレは公安の工作のほうがバカやなあ。


http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-75ae.html#comment-115111883

おい、馬鹿丸出しだな

中身は都民ファースト=自民党だぞ
政策みたか?
マスコミの印象だけで判断してないか

早速、小池百合子は自民党と連携の意思表示をしてるぞ
投稿: | 2017年7月 2日 (日) 20時46分



私だって別に小池百合子なんて信用してない。

けど、小池百合子に踊らされた人々は、明確に反自民を言うとる。

小池百合子もホンマは、自民党と五分五分ならぬ6分4分くらいの闘いをして、

「民主主義による人々の意思なのだから、負けたとはいえ、自民党の意見も聞かねばなりませんねえ」

とか言うつもりやったんやろ。

けどそのアテが外れてめちゃくちゃ勝利する情勢や。

https://mainichi.jp/senkyo/2017togi/timeline/

284


”早速、小池百合子は自民党と連携の意思表示をしてるぞ”

なんてのだって、民意を考えたらスグに撤回せなアカンやろ。

”都民ファーストの会”なんていっくら言ったところで、都政は国政にかかわってくるんやし、小池百合子は、国政を考えたときに、どことタッグを組むか、という選択肢に迫られる。


・・・・それで、けっきょくは自民党に賛同するなんて言うと、今回勝てても次は自民党とみなされて、大敗北してまうのは明らかや。

そうすると、

”早速、小池百合子は自民党と連携の意思表示をしてるぞ”


というのを、小池百合子は早速撤回せざるを得なくなって、想定してないところに行かざるを得ないねん。


なんのことはない、これまで安倍晋三が、想定してないところに行くことを率先してやって、ウンコビリビリブーで、瀕死の状態で毎週診察受けとったのが、今度は小池百合子に代わるだけや。

てか安倍晋三の次の総理大臣はまた麻生太郎なんか?


・・・私は麻生太郎よりも漢字が読めるぞw

なんで私を総理大臣にしようというヤツが出てこんのかなあ。


私が総理大臣になったら、

「三権分立なんて上手くいってない、そもそも日本の一国一言語がダメで、三権分立じゃなくて、日本を三分割して、お互いの国でチェックして、不満のある者はそれぞれ別の国に訴えたり亡命したりできるようにしよう」

って主張して、政府自体をつぶしてまうからなあ。


自分が得る目先の権益よりも、世界が永年にわたって上手くいく考え方を示すことのほうが、よっぽど大事と考える。

2017年6月24日 (土)

やっぱ私、新左翼の救援連絡センターの闘いの方針って間違えとると思う。権力に対して完黙で闘うというのは、権力の術中にハマっている。

権力に対して完黙で闘って、証拠が出せず無罪になる、というのはある。

けれども、私は前々から言うとるけれども、無罪になったところで、一般人は納得せんところがある。


だって、大坂とか星野の逮捕容疑になった、渋谷暴動闘争って、いっくら日本政府が沖縄返還に関しておかしな判断をしたといっても、中核派が主体になって起こした闘争というのは間違いないわけや。

そうすると、そこで敵味方関係なく、死人が出たというのは、どういう経緯で死に至ったかというのは、権力ではなくて中核派に説明責任があるねん。


だって、たとえばオウム真理教が、サティアン内部でヒトを殺したとして、公安とかが「オマエらがやったんやろ!」と言ったところで、オウム真理教が「証拠がない」と言い張ったところで、それはオウム真理教が自治しているところ(日本政府にとっては不承ながらやろけど)で起こったことなんや。

自治しとるんやから、日本政府の枠組みを外れて、ちゃんと自分らの主張をしろよ、っていうことになるやろ。


渋谷暴動闘争だって同じやねん。


そして、私がそう思うだけじゃなくて、世の中の大勢が思うとる。

別に日本政府は権力側の論理で恣意的に、大坂正明を無罪放免したってええ。

けどそうすると今度は、日本国民のほうが、「どうして中核派を野放しにしているのか!」って怒って、デモ行進とかしてまう可能性だってある。


いっくら、証拠がないなんて詭弁を使って、大坂正明の無罪放免を勝ち取ったところで、それは将来に繋がらんねん。


大坂正明はどのみち無期懲役になるのは目に見えとる、そこを考えると、「証拠がない」なんて詭弁でダマテン決め込むよりも、渋谷暴動闘争はどういう経緯でこうなったのか、そして、渋谷暴動闘争が結実しなかったからこそ、沖縄に基地を残したままの返還になってしまい、さまざまな問題が起きている、という発想になんで至れんかってん?


てかこの渋谷暴動闘争にまで戻ったら、中核派のヤツらが翁長知事らの沖縄独立論を醒めた目で見とるのはおかしいやろ。

だって、そもそも沖縄返還に反対しとったわけやから、その沖縄の人々が、

「やっぱ沖縄返還はおかしかった!独立するぞ!」

って言うとるときに、

「アレは右翼のヤツらが言っていること」

なんてしゃあしゃあと言えるなんて、それまでの闘争の歴史を自分らで歪曲しとるからこそ言えるのであって、ホンマに渋谷暴動闘争の精神に立ち戻ったら、

「そうだ!沖縄は日本国から離れるべきだ!」

って主張にしかなりえんハズやねん。



そう考えると、中核派だって、目の前にある条件反対闘争はできるけれども、長い目で見た闘争ってできてない。

国鉄の解雇撤回なんてのは闘争でもなんでもなくて、単なるジジイのワガママになってもとる。


ジジイのワガママにならんためには、ジジイが若者に対して、「こうしろ!」って威圧的になるのではなくて、ジジイが若者のいまを理解する、そんな思想こそが大事やねん。

と、私がいっくら言っても、アタマで否定してココロに響かんねん。


ココロに響く闘いがしたいんやけど。


そもそもココロがないキチガイの小集団活動でしかない、中核派のヤツらには難しいのかなあ・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年6月22日 (木)

須藤凜々花の夢って、哲学者になることって。けど、"哲学者になること"を夢と言うとるヤツは、永遠に哲学を理解できない。哲学とは、普通の人間が嫌がるような困難と闘うことによってしか得られんから。

結婚発表する、なんてのは、世間を騒がせてはいるけど、須藤凜々花が自ら困難に飛び込んだわけちゃうもん。

周りは困ってはいるけど、須藤凜々花自身は、大して困ってない。


そういうのは、哲学とはいわずに、"身勝手"という。


それと、ホンマに哲学を得たいならば、目上のヒトに反抗するねん。

だいたい哲学者って"目上のヒト"という発想がないやろ。


須藤凜々花は、アキブータンとか見城とかに相談しとる時点で、哲学ちゃう。

そういう意味では、結婚発表をアキブータンとか見城とかに相談したうえでやった須藤凜々花よりも、誰にも相談せずに卒業発表した伊達娘のほうが、よっぽど根性あるよなあ。


てか検索したらこんなのがあった。


ソクラテス Wkipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B9

プラトンの『ソクラテスの弁明』においてソクラテスが語ったところによると、彼独特の思想・スタイルが形成されるに至った直接のきっかけは、彼の弟子のカイレフォンが、デルポイにあるアポロンの神託所において、巫女に「ソクラテス以上の賢者はあるか」と尋ねてみたところ、「ソクラテス以上の賢者は一人もない」と答えられたことにある。これを聞いて、自分が小事・大事ともに疎くて賢明ではない者であると自覚していたソクラテスは驚き、それが何を意味するのか自問した。さんざん悩んだ挙句、彼はその神託の反証を試みようと考えた。彼は世間で評判の賢者たちに会って問答(エレンコス,ἔλεγχος)することで、その人々が自分より賢明であることを明らかにして神託を反証するつもりであった。

しかし、実際に賢者と世評のある政治家や詩人などに会って話してみると、彼らは自ら語っていることをよく理解しておらず、そのことを彼らに説明するはめになってしまった。それぞれの技術に熟練した職人達ですら、たしかにその技術については知者ではあるが、そのことを以って他の事柄についても識者であると思い込んでいた。

こうした経験を経て、彼は神託の意味を「知らないことを知っていると思い込んでいる人々よりは、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢く、知恵の上で少しばかり優っている」ことを指しているのだと理解しつつ、その正しさに確信を深めていくようになり、更には、「神託において神がソクラテスの名を出したのは一例」に過ぎず、その真意は、「人智の価値は僅少もしくは空無に過ぎない」「最大の賢者とは、自分の知恵が実際には無価値であることを自覚する者である」ことを指摘することにあったと解釈するようになる。こうして彼はその「神意」に則り、それを広める「神の助力者」「神への奉仕」として、ソフィスト達のように報酬を受け取るでもなく、家庭のことも省みず、極貧生活も厭わずに歩き廻っては出会った賢者たちの無知を指摘していくことをライフワークとするようになる[1]。




ココに詳細が書かれてないけれども、たとえばいまでいうところの、鉄道工学とかをソクラテスは学んで、実際に鉄道の職人に対して聞いたら、実は鉄道のことをよく知らなかった。

法律の専門家に対してとか、憲法の専門家に対して、それぞれ学んだことをもって問うても、職人も知らなかった。

・・・その上で、実際に賢者と世評のある政治家や詩人に聞いても、全部知ってなかった、と言っている。


”哲学”って、私がこれまで延々とやってきたことそのまんまやないか。

自分も、職人に対して技術で徹底的に討論し、また逆に権力者を徹底的に糾弾して、コイツらみんなわかってない、と思う境地に達してこその”哲学”やのに、その境地に達した後のソクラテスが遺した文章だけを取り出して、「自分は哲学を知っている」と言って、アキブータンとか見城とかに会いに行くって、もうゼンゼン違う。


もっぺんソクラテスを読み直せよ。

アキブータンとか見城とかとガチバトルして、「オマエらなんもわかってないな!」って言えてこそ、はじめてソクラテスと同じ境地に立てるし、それでこその哲学やろが。


・・・てか、たまたま”ソクラテス”で検索したらこの文章に行き着いたけれども、ソクラテスはある意味真の哲学者やけど、その以前とか以後とかの哲学者は、宗教におけるキリストとかブッダとかの後の宗派みたいなもんで、全部亜流なんちゃう?

そう思って”哲学”で再検索したら、私の考えはビンゴみたいやな。



哲学 Wkipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%B2%E5%AD%A6

ソクラテス以前の初期ギリシア哲学では、対象は(現在の意味とは異なっている自然ではあるが)「自然」であった。紀元前5世紀頃のソクラテスは < 不知の知 > の自覚を強調した[21]。その弟子のプラトンや孫弟子のアリストテレスになると、人間的な事象と自然を対象とし、壮大な体系を樹立した。ヘレニズム・ローマ時代の哲学では、ストア派やエピクロス学派など、「自己の安心立命を求める方法」という身近で実践的な問題が中心となった[20](ヘレニズム哲学は哲学の範囲を倫理学に限定しようとしたとしばしば誤解されるが、ストア派やエピクロス派でも自然学や論理学、認識論といった様々な分野が研究された[22]。平俗な言葉で倫理的主題を扱った印象の強い後期ストア派でも、セネカが『自然研究』を著している)。



けっきょく、ソクラテスより前の哲学者は、”自然”しか相手にしてなかったし、ソクラテスより後の哲学者は、人間の心理に興味をもって”哲学”を考えたけれども、ソクラテスは実際に労働までやってみたけど、それ以後の者は学問しかしてないやろ。

だから、マルクスだって、いっくら最初はいろんな学問に傾注して、”マルクス経済学”を考えたのは後年である・・・、経済学に至るまで他の学問を学んだのはすごい!と、いっくら中核派が騒いだところで、しょせんはマルクスは学者でしかない。


マルクス Wkipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9



ソクラテスは、自ら労働もやってみた。だからこそ職人と討論できたんや。


いま、学問としてやるヤツらはいるし、また一方で”労働運動”と称して「ウンドーガ!ウンドーガ!」と言うとるヤツらもおるけど、学問と労働を一体のモノとして捉えられとる人間っておらんやろ。


そんなことを言うと、中核派のヤツらは、

「いや、自分らはストライキをしている!」

と言うやろけど、ストライキっていうのは権力に対してだけでなくて自らの考えに対してもストライキをしとるんやからな。

ストライキをしたらその時点で、自分の思考もストライキしてもとるんやぞ。


だから私は、権力に迎合するつもりじゃないけど、ストライキは好まんねん。


ソクラテスがストライキなんてしたか?

納得いくまで解を求め続けたんやろが。

だからこそ、

”実際に賢者と世評のある政治家や詩人などに会って話してみると、彼らは自ら語っていることをよく理解しておらず、そのことを彼らに説明するはめになってしまった。”

なんてことになるんやろが。

労働運動だって、ストライキなんかせずとも、権力者に対して説明する立場に立ったら、それで勝てるやろ。

なんでそこで勝とうとせずに、”ストライキ”なんて、”スペシウム光線”みたいな、ウルトラマンの必殺技のようなモノに固執するねん?


”ストライキ”なんて、「”スペシウム光線”で勝つんだぁぁぁぁあ!!!!!!」なんて大々的に主張するくらいバカげとることやぞ。

中核派って、しょせんは、そんだけバカげた闘争を50年くらい延々とやっとる、キチガイどもの小集団活動やねん。



てかそうすると、私が人類史上私の次に賢いと主張しとるカエサルはどうなるのかというと、カエサルだって哲学者で、当然のようにソクラテスとか、それ以後の哲学も勉強しとるはずや。

なのに、ソクラテス以後の哲学者がバカ過ぎて、カエサルが成し遂げたことを哲学と認定できてない。


ヨーロッパとアフリカとアジアという、当時考えられた世界のほぼすべてを平定して、しかもその行動を、いまもって秘密主義で、政府がやっていることは全部隠蔽する・・・、日本政府なんてとりわけそうやのに、カエサルなんて”ガリア戦記”にあるように、たとえばドイツにおける自分の戦況を、ローマ市民に対して、逐一報告しとったんや。

それ自体がもう哲学やろが。

2000年前のカエサルを、いまだ哲学者と認定できてないところに、”哲学”の弱さがある。


世の哲学者なんて全員バカで、バカの上で須藤凜々花は踊らされているのに、須藤凜々花自身もそれが自覚できてない。

こういうふうに説明したらわかりやすいし、だから公安をはじめとして権力は私の発言を注視しとるのに、中核派をはじめとして左翼のほうがトロ過ぎる。


まあ、本当に世界を動かす人間なんてそうそうに出てこないし、左翼がバカばっかであっても、私はそれで左翼に失望するというよりも、人類はまだまだ未発達である、としか言いようがない。


まだまだ人類は石器時代やねん。

頭脳を使っているように思わされているだけで、全く使えてない。

だいたい、世間の人間は、義務教育+αで覚えさせられる教育を、人生に活かそうという考えがゼンゼンないんやからな。

宿題とかテストなんて、それを覚えることよりも、忍耐力を鍛えるためにやっとる、なんて思うとるヤツらが大勢おるんやからな。


てか須藤凜々花は偏差値65とか67とか言われとるけど、私から見たらバカやし、2ちゃんで大勢がバカと言うとるのは、コレは日本政府の工作ではないナマの声やろ。


こういうナマの声を聞いて、聞いたフリじゃなくてちゃんと対応できてこそ、哲学者たり得るんやけど、須藤凜々花はワカランと思うなあ。

私は何度も言うけど、須藤凜々花の発言を読んで、単なる馬鹿と思うてきたし、いまも思うとる。


私が2日後に食べるのは、馬でも鹿でもなく熊なんやけどな。


てか熊は食うけど、せっかくやから馬とか鹿とかも食うてみたいなあ・・・・

いや、両方とも食うたことあるけど、イメージを思い出せんから。

鮭児は思い出せるけど。

私もう日本政府と、AKBの子らの思いをかけて戦うとる実感があって、今日が日立製作所と関係ある日という記憶もなかった → 今日で日立製作所を懲戒解雇になって5年なんだよなぁ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/ip-7b69.html#comment-115049398

今日で日立製作所を懲戒解雇になって5年なんだよなぁ。

投稿: あ | 2017年6月22日 (木) 17時04分


このコメントを読んで思い出したよ。

もうそんなのどうせもええ。


いやもちろん、日本政府がどのようにして私に対してさまざまに工作活動を繰り広げてきたか、は、いつかはちゃんと主張せなアカンけど、いまはその時期ちゃう。

てか動労東京委員長のウーパールーパー吉野元久は、私の日立製作所の訴えも聞かずに、動労東京の会議で

「東芝がこんなことになって・・・」

とかしゃあしゃあと言うたぞ。

組合員が言うとるナマの経験よりも、報道機関が言うとることを信じとるねん。

・・・・動労東京の委員長がやぞ?

じゃあ、世の中の人々が、目の前の中核派のヤツらが主張しとることよりも、報道機関が言うとる、中核派は暴力集団というレッテルを認めてまうことになるよなあ?

自分らにかけられたレッテルをひっぺがすには、ヒトにかけられたレッテルを剥がしてまわって、共感の輪を広げるしか方法がないのに、中核派は、いやそれだけでなく人類は、それが理解できてない。

私からすると、まだ人類はバカ過ぎて、紀元前の石器時代やねん。


たとえば、辻川さんが委員長ならば、もっと会話できたと思うけど、吉野元久はバカ過ぎて私とは合わんかったなあ。

2017年6月21日 (水)

こういうのをネタにしてガチバトルしたらオモロイのに、誰も負けるのを怖れてせんねん。勝つか負けるかが重要ではなくて、明るい未来を描けたらええのに、みんな自分が権力を握ることに固執するからダメになる。 → 「公明党は悪口を言う前に自分の胸に手を当てて」と共産党激怒 公明党の「ハイエナ政党」ツイートを受けて

「公明党は悪口を言う前に自分の胸に手を当てて」と共産党激怒 公明党の「ハイエナ政党」ツイートを受けて
2017年06月21日 18時59分 キャリコネ
https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-6518/

公明党広報の公式アカウントが6月21日、共産党を強く批判する内容を投稿し、ネット上で「ネトウヨと同じ」「正気か?」と物議を醸している。

同党広報は、「3つのKでわかる共産党」とし、

「汚い!実績横取りのハイエナ政党」
「危険!オウムと同じ公安の調査対象」
「北朝鮮!『危険ない』と的外れな発言」

と罵倒している。

公明党のツイートは「全てデタラメ」と反論
公明党と共産党は犬猿の仲で知られている。都議選を控えているからか、かなり強い言葉で批判しているが、こうしたツイートを共産党はどう受け止めているのか。

ツイートに添付された画像には、私立高校授業料の無償化や認可保育所の定員増加は「私たちが実現しました!」と記されている。しかし共産党の広報担当者は「全てデタラメ」「共産党の悪口を言うぐらいなら自分たちの政策を反省してほしい」と憤る。

「私立高校への助成金を増やす請願に共産党は賛成していましたが、公明党は否決してきました。小池都政になってから、急に手のひら返しをしたんですよ」

保育所の拡充についても公明党は反対を続けてきたのだという。

「私たちはずっと待機児童を減らすため、公立保育園の増設に取り組んできました。土地の確保と保育士の待遇改善によって待機児童を減らそうとしてきたんです。公明党はそれに対してずっと反対してきたんですよ。それなのに『認可保育所の定員増加』は『私たちが実現しました!』とつぶやいています」

共産党から反論する予定はなし「公明党の嘘にはいちいち付き合わない」

公明党のツイートには、共産党委員長の志位和夫氏(62)が言ったという「北朝鮮にリアルな危険はない!」という言葉が取り上げられている。これは志位氏のテレビ番組での発言を前後の脈絡を無視して歪曲したものだという。

「2015年11月にテレビ出演したとき、志位は『安保法が成立したら、アメリカ軍の後方支援やPKOなど海外での武力行使につながる危険がある』という旨の発言をしました。決して北朝鮮が危険ではないという意味ではありません。共産党は北朝鮮の核開発を批判してきましたし、北朝鮮は危険だと思っています。しかし日朝関係が緊張しているからこそ、外交で解決できるように努力すべきではないでしょうか」

公明党は「オウムと同じ公安の調査対象」とツイッターに書いていた。公安調査庁の公式サイトにも「破壊活動防止法に基づく調査対象団体」と明記されている。しかしこれについて広報担当者は「暴力的な手段で破壊活動をしようとしていると実証できなければ、破防法に基づいた監視対象とすることはできません。公安調査庁は法的根拠もなく『調査対象』にしているのです」と説明した。

共産党の小池晃氏(57)は、自身のツイッターで「こういうのを『怪文書』というのではないでしょうか。恥ずかしくないのからしらね」と批判していた。しかし共産党として公式に反論する予定はないという。

「こうした嘘は選挙戦を汚すものです。共産党はこんなものにいちいち付き合いませんよ。私たちの悪口を言う前に自分の胸に手を当てろと言いたいです」

有権者には、「その政党が何をやってきたのか、これからどのような政策を実現していくのかということを冷静に判断してほしい」と呼びかけた。キャリコネニュースは公明党にも取材を試みたが担当者が不在とのことだった。



”みんな自分が権力を握ることに固執する”って、その発想自体が独裁主義やわなあ?

中核派だって、「プロレタリア独裁」を掲げながら、「プロレタリア独裁」に向かうに当たって労働運動、というのは描けとったけど(私はそんなのもあり得ないと思うけど)、「プロレタリア独裁」の後に独裁状態をどう解放していくか、のほうが、イデオロギーとして検討するのであれば、という仮定の上で言うと、重要なんちゃうんか?

そんで私は、公明党と共産党のどっちがどう、なんて言うつもりはない。

なんでそこでガチバトルせずに、お互いに別個に街宣とかビラ配りとかやっとるのか、それがおかしい。

それは当然のように中核派にだって言える。

てか中核派「前進」が、自分らがなんら関わってなかった・・・、いやかつては「津久井やまゆり園」も闘争の現場やったらしいけど、闘争が絶えた後に、惨殺事件が起こった。

けど、中核派はようは「津久井やまゆり園」に興味をもってなかったわけや。

なのに、惨殺事件が起こったからといって、突然「前進」に取り上げて、どんだけ酷いのか、ってわーわー叫ぶねん。

それこそもう、リアルに死体の血の臭いを嗅いで寄ってくるハイエナそのものやろが。

だから私は、”中核派ハイエナ主義” として、どう考えてもおかしいと思って、ブログにも書いた。

自分らが想定してなかった大きな問題ばかりを取り上げる"ハイエナ主義"からは訣別して、小さなことをちゃんと問題として取り上げられるように変えてかなアカンと思う。2017年1月14日 (土)

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-233a.html

けど、中核派は、自分らのおかしさにまだ気づけてない。

死人が出た後に寄って来るんじゃなくて、死人を出す前に止めろよ。

けどそうやって、「死人が出るかも知れない」と言って中核派内で騒いだとしても、それは「救済主義」として排除されるねん。

ようは、中核派もじゅうぶん、自分らの”労働運動”を正当化させるべく「新自由主義」にどっぷりと浸かっているのにもかかわらず、日本政府とかJR東日本とかを「新自由主義」として糾弾しとるねん。

けど、自分らだって浸かっとることを糾弾したって、誰のココロにも響かんよなあ。

自分らが浸かってないと、行動で証明できるモノに対して主張せな、誰のココロにも響かん。

中核派もいろいろとおかしいけど、「救済主義」として排除するその思想がまずおかしかった。

救済”主義”ではなくて、一時的な救済って必要やねん。

だって人間病気になったらお医者さんにかかって、しばらく休んで、その休んだぶんのカネとかは、保険とか有給とかで補填してもらえるねん。

・・・・中核派は、自分らだって”一時的な救済”をいっぱい受けとるよなあ。

なのに、その、”一時的な救済”をいっぱい受けとる、という事実を全部無視して、自分らの”労働運動”について都合の悪い主張をする者がいたら、「救済主義」だの「血済主義」だの、その他の用語をたくさん作って、とにかく分派を煽ってセクト化してきたのが中核派やねん。

そんなのでどうやって革命起こせるねん。

冗談垂れるくらいならば、中核派全員公安から逮捕されて、独島にでも島流しになったらええねん。

てか北朝鮮に人身御供として差し出してもええよ。

・・・てか北朝鮮も、人質としての価値のない人間を何千人と送られても困るやろけどなあ。

まあ現代版ポークビッツ、・・・じゃなくて(それはお前やろと言うツッコミが聞こえるなあw いや私の尻にイチモツツッコむなよwww)、アウシュビッツになるだけなんかなあ・・・

てか共謀罪がリアルに成立して、中核派だけ狙い撃ちして現代版アウシュビッツって、めっちゃあり得るよなあ。

中核派も他人事としてでなくて、自分が殺されるかワカランという覚悟で闘えよな。

須藤凜々花の結婚報道の件がだんだん暴露されてきたけど、コレは日本政府ぐるみの”新自由主義”の思想統制工作や。そして朱里はよく言った(私も動画見てないけど、2chのコメントから)。朱里は運営から問題視されても、自分の主張を曲げるな。私は全力で支援する。

【悲報】須藤凜々花が“雲上人”見城徹に相談→見城徹が秋元康に相談→明日が総選挙で結婚宣言にゴーサインだった事が判明©2ch.net
https://shiba.2ch.net/test/read.cgi/akb/1498020819/l50

1(玉音放送 typeR)@無断転載は禁止 ©2ch.net2017/06/21(水) 13:53:39.82>>16
結婚発表の“爆弾娘”NMB須藤凜々花 お相手は元ファン
http://bunshun.jp/articles/-/2998

6月17日のAKB48選抜総選挙の壇上で、「結婚します」と唐突に発表したNMB48の“爆弾娘”須藤凜々花(20)。そのお相手と結婚に至った経緯が徐々に明らかになってきた。

「現場スタッフ、メンバーは誰も知らされていなかった。ただ、須藤とホットラインを持つ、一部の“雲上人”は内容を事前に知っていた。そもそも秋元康先生が首を縦に振らなければサプライズ発表などできませんから」(メンバーの1人)

須藤のお相手は20代半ばのA氏。交際は1年以上に及ぶ。出会いのきっかけは飲食店に勤める須藤の母親だった。

「彼は母親の店の常連客の親友だったんです。その客筋が開いたパーティで、A氏は凜々花に出会い、猛アタック。今では家族公認の仲です。彼は元々NMBのファンでもあったから
アイドル活動に理解があり、2人で出歩くことはせず、これまでも彼のアパートで愛を育んできた」(須藤家の知人)
彼のアパートを出た後、コンビニに立ち寄る須藤。第一報は週刊文春の公式ネット生放送「文春砲Live」だった。

A氏は医療関係の仕事に従事。愛媛出身で学生時代は心理学を学ぶ傍らバンド活動をしていた。須藤のSNSに愛媛県のゆるキャラ「みきゃん」や、マイナーなバンドのTシャツが出てくるのも、A氏の影響だという。

詳しくは6月22日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

このスクープの全貌は以下のチャンネルで6月22日より全文公開します。



コレ、見城徹と秋元康がGOサインを出したというのは、私に対するアテツケの意味もあるけど、それだけじゃなくて、権力者の側の自由(中核派では”新自由主義”と言われて、概念的には理解するけれども、中核派のヤツらのほうが言葉の意味をちゃんと理解できてなかった。)やねん。

須藤凜々花を前面に出して、見城徹と秋元康が、いや当然安倍晋三も日本政府もやけど、”新自由主義”を主張して、大島優子も屈服させられたし、高橋朱里も屈服させられようとしている。

ストライキとかじゃなくて、こういうところでこそ全力で戦わなアカン。


そして、朱里はちゃんと反論したらしいやないか。



高橋朱里「私はあのスピーチを後悔していない。誇りを持っている」 [無断転載禁止]©2ch.net
https://shiba.2ch.net/test/read.cgi/akb/1498028920/l50


それで、いまメンバーもヲタも朱里の味方やねん。



【AKB48】高橋朱里 応援スレ☆136【じゅり】©2ch.net
https://shiba.2ch.net/test/read.cgi/akb/1497732687/547-549

54747の素敵な(openmobile)@無断転載は禁止 (オッペケ 126.161.51.206)2017/06/21(水) 17:13:44.26ID:27iXDGrDr
>>519
高橋朱里@juri_t_official
みゆぽん~😭いつも見守ってくれてありがとうっ!
https://twitter.com/juri_t_official/status/877424744244559873
16:15 - 2017年6月21日

54947の素敵な(catv?)@無断転載は禁止 (ワッチョイWW 210.170.47.67)2017/06/21(水) 17:16:08.07ID:IYdAgi7w0
世論は高橋朱里にある
くだらねえ大人の論理に屈するな



ぽんみゆ以外の12期とかほかのメンバーも、朱里を応援したれ。 (私はtwitter見れんけど。プライバシーが改訂されて、返信も見れんようになった)

ココでアキブータンに屈したら、ガチで言論統制下の、戦争をバンバンする世の中になってまう。

2017年6月20日 (火)

私は、ココは大島優子は謝る必要はないと思う。まあハレーションを考えたら謝るのかもワカランけれども、私ならば一歩も引かんなあ。

昨日書きかけで寝落ちしとった投稿に追記修正する。

大島優子、インスタ動画を謝罪「不適切なコメントをして申し訳ございません」
2017年06月19日 20時22分 ORICON NEWS
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-oric2092738/



コレはこのツイートを受けてやろ。


https://twitter.com/Oshima__Yuko/status/876759792882139136

大島優子‏認証済みアカウント @Oshima__Yuko  4時間前

この度は、インスタ動画で不適切なコメントをして申し訳ございませんでした。
不愉快な気持ちにさせてしまってごめんなさい。反省しています。



けど、たぶん大島優子は別に反省してないと思うし(思いたいし)、反省しなくてもいいと思う。


・・・・・・別に私もAKSの立場に立つわけちゃう。

けれども、ヲタは、りりぽんのためにめちゃくちゃ投票してきたんやから、それを裏切る発言ってのはアカンと思う。


アキブータンが言ったとされる、結婚発言だって、こじはるみたいに(想像やけど)広く浅く取れるメンバーが、てかヲタのほうがそろそろと考えてまうような状態で、1票とか10票とかライトファンのおかげで上位に食い込めて、そこで結婚発表を想像しとると思う。

そういうのならばあり得るよ。

けど、100票とか投稿しとるヒトに対して、壇上で言うというのは完全に裏切りや。

そのヒトは確かに須藤凜々花との結婚を夢見てはないかもワカランけれども、疑似恋愛はしとる。

疑似恋愛をしとるからこその”握手会”なんやし。


この件はガチで奥が深い。

高橋朱里も自宅待機とかいうウワサを私のブログでしとるヤツがおるけど、

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/2017620-akb48-b.html#comment-115039173

結婚を真っ向から否定した高橋朱里が自宅待機の処分を受け
急遽今日の公演を欠席したのに対して意見はないのか?
投稿: | 2017年6月20日 (火) 21時26分




私のブログには、フツーの人間が知り得ない情報がたびたび載るので、コレもガチの可能性が高いと考える。


なんで優子とか朱里とか正しいことをしたヤツが制裁を受けて、間違ったことを言うたヤツがのうのうとしていられるか?


それは、けっきょく私は、自分らの自治ではなくて、権力の意向に背くことをしたら罰せられるという”刷り込み”をされとると考える。

そうやって、優子とか朱里とかみたいに、反論するヤツがいなくなって、しかも須藤凜々花は総選挙の公約を破っとるのに、それが正しいとされたら、ホンマの選挙の公約なんてこれまで以上にテキトーになって、選挙で選ぶのと違うところで、日本政府のウラのヤツらが言うとることに従わなアカンことになる。



日本政府から見たら、中核派なんてゼンゼン怖くなくて、私が育てたAKBのメンバーが自主的に主張するのがいっちゃん怖いねん。

だから、ホンマに自宅謹慎になっとるとすると、12期で目立っとる高橋朱里が見せしめのやり玉に上がったと考えられる。

優子だってホンマは謝らんでええのに、アキブータンの裏の手で謝らざるを得んかったのかもワカラン。



けど、謝らんでええ。

ホンマに謝らなアカンのは、須藤凜々花であり、そのウラに潜んどる日本政府のほうや。



謝らなアカンヤツが謝らないところには、戦争がそこまで迫っとる。

2017年6月18日 (日)

立川で「すごトーク」"女子アスリートの「美」について"について討論してきた

コレに参加してきた。

花田真寿美氏 【アスリートビューティーアドバイザー:女子アスリートの「美」について】
http://sgolab.or.jp/toque/


アスリートは私も知らんけれども、人間なんだし、内面の美のハナシになるはずだし、内面の美というのは女性だけでなく男性にも当てはまる、当然AKBにだって当てはまる、と思って参加した。

もっと前提から言うと、ぽんみゆのお兄さんが講師の会が5月にあって、それは満員で出られなかったから、せっかくなので他の回もチェックして参加してみた。


参加者は主催者以外では6人で、想像していたよりも小規模で、もったいないと思うけれども、だからこそこういう機会があることを宣伝せなアカンと思う。

まあ私が参加したとなると、いろいろとハレーションあるかと思うけど、それは炎上商法ということで。

まあけど、書いてもいい程度に書く。


花田さんによれば、美とは、"外見""体""意識"すべてが整っていることで、どれかが欠けても美しくならないということで、これはその通りと思った。

女性の場合、どうしても生理があって、それで体調不良を訴えるけれども、男性の監督だと

「体調が悪いならば腹筋しておけ」

みたいなことになって、なかなか理解が得られない、ということだった。

けれども、女性の監督だからといって、理解できたから休ませる、ということもできず結果がすべてで、そこをどう考えるかは、なかなかいい回答がなかった。

ただ、プロのアスリートは、体調を調節するために、少量のピルを飲むのが一般的なようだ、とも言われた。


女性のメンタル相談で、9割が恋愛相談だ、という話も出た。

女性のメンタル相談で、9割が恋愛相談、という事実を抜きにして、社会がどう変わるべきだ!みたいな、中核派とか洞口さんのような主張をしていたって、ようは女性の9割≒人類のほぼ半数の悩み(男性も入れたら半数以上か)、に向き合えてないわけだから、もっと現実を直視したほうがいいと思う。

また、化粧をすることで、自己肯定感を持たせることの重要性を説かれた。

私はそれに質問して、

「相手が見ていて、あなた、今日は綺麗だねえ!」

と言ってあげられたらうれしいんじゃないか、と言った。

じゃあ、花田さんは、

「それは言われたらすごくうれしいけれども、言われない場合もあるから、敢えて誰かから言われるようには教育していない」

と言われた。

けどそこで小村さんが追加で突っ込みを入れて、

「そこで、チームの誰か役割を決めて、そういうのに気づいて褒める役割の人を作ればいいのだ。けれども、女性の場合、より美人な人から、『あなた今日は綺麗ねえ』と言われてもイヤミに捉えられかねないから、異性で褒めてくれる役割の人がいればいいのだ」

と言われて、花田さんもそんな観点はなかったらしくて、参考にすると言われた。

私なんか、それはAKBを観て忌憚なく、気づいたことをそのまま書くという意味で、6年前からずっと意識的にやっている、そのまんまだけど・・・


とにかく、外見を良くするためには、内面も鍛えないといけない、というふうに納得した。

”メイク”というとついつい外面のことばかり想像してしまうけれども、”内面メイク”と言ってもいいんじゃないか、という話しにもなった。


それで、全員が女子の場合、「あの子といるのは嫌いだ」みたいなのがどうしても出てくるから、チームの中で役割を持たせたほうがいいという話しになった。


また、チームのココロをひとつに同期させる例として、メトロノームについてお話があった。

検索したらあったあった。



メトロノーム同期(100個)
https://www.youtube.com/watch?v=suxu1bmPm2g



コレは検索したらいろいろと説明されているけれども、私は、モノには固有振動数があるのと、その固有振動数には若干の誤差があるけれども、その微妙な誤差が全体の中で打ち消されるのだと考える。

コレを見たらむしろ、北朝鮮などの軍隊のマスゲームを見るようで気持ち悪さもあるけれども、違うのは、メトロノームには意思がない点である。

人間は意思があるから、ついつい上から怒られるから合わせる、ということにだってなってしまう。

けれどもまた、ダンスで、大勢が同じタイミングなのに、一人だけズレていると目立つから、ついつい同じ動きになってしまう、というのはあると思う。

最近だってAKBで”願いごとの持ち腐れ”のダンスの動きの中で、このメトロノームのように、全員が合っているから自分もついつい合ってしまう、というような感覚を、私は持っている。

そのためにも、動きがわかりやすいように、ある程度ふわっとした衣装のほうがいいとも思っている。


ほかには、高校野球の強豪校だと、甲子園に出られるのはほんの一握りで、3年生であってもスタンドで応援しなければならない生徒は必ずいるはずで、その子らは、勝てばいいなんて思ってなくて、ボロ負けすればいいと思っているに違いない、というお話もあった。

あと、高校野球で、甲子園に出る際には全員丸坊主にしないといけなくて、そんな規定はどこにもないんだけれども、暗黙の了解でそうなっていて、それを打破するところがない、というお話もあった。


また、私が常々主張していることとちょっと違うけれども、目標を定めて逆算する、というやり方は違う、という指摘があった。

目標を定めて、日々それから逆算してやっていたら、それは”やらされ感”になってしまってダメというのだ。

私は、それでも目標を定めることは大事だとは思うけれども、”やらされ感”になってしまってはダメ、というのはその通りと考えた。

だから私は、日々、ダメダメなモノを見ても、ダメダメだから捨ててしまおう、と言わずに、ココからどう挽回していくか?を考える。


だいたい学校の勉強なんて、”やらされ感”のカタマリではないか。

私はだから、学校の勉強で学ぶこと自体が、誰かが考えたモノであって、必ずしも正解ではなくて、むしろ私のほうが正解を導き出せる自信がある。


”学校の勉強で学ぶこと自体が、誰かが考えたモノであって、必ずしも正解ではなくて、むしろ私のほうが正解を導き出せる自信”というものを、ひとりひとりが持てたら、もっと社会は創造的になると思う。


「勉強で学ぶことはゼッタイに正しくて、それ以外に解はない!」

なんていうことを、右派だけでなく極左暴力集団(中核派東部ユニオンの白井とか小泉、オマエらのことやぞ)もしゃあしゃあと言っていて、それって一周回って”極左内極右”と言ってもいいような、ねじれ現象になってしまっている。


それと、花田さんの問題意識として、女性アスリートとして、女性から見て美しいと思うような写真とかが欲しいと思うのに、検索したらそうではない画像ばかりが出てきたりして、そんな現状を変えたい、という発言があった。

それは、オトコの社会だから仕方がなくて、女性からの発信がないからだけれども、女性からの発信がないったって、そもそも女性の活躍があまりないし、男性だって、じゃあ男性の肉体美に関して発信をしたいかというと個人的には正直したくない。

ゲイと間違われるのもイヤやし。

ゲイになりたいとも思わんし。


アスリートに対して一般人のココロをどう掴むか?が大事で、小村さんが、AKBはファンに応援をさせて、その点非常に上手くしてきたと思う、と言われて、それは半分は当たってはいるけれども、本心からメンバーを育てたいと思った者に対しては、AKSはてのひらを返して、様々な手法を使って妨害してきて、残ったのは育てる=大金をメンバーに落とす、という発想の者ばかり、というのが実態である。

まあそんな実態を話す必要もないと思って話さなかったけれども。


いろんな課題があると思ったし、それらにどう対処したらいいか?については、とりわけ ①女性の生理を含む健康 と、②女性が性的な目以外で美しさをどう主張していくか については、すぐには解決できない課題だとは思ったけれども、すぐには解決できないし、ひとりひとりに異なった意見があるからこそ、大勢の関心を得られる話題だと思う。

こんな、大勢の関心を得られる課題こそ、大勢で議論して、何年にもわたって喧々諤々の議論をしていったら、そのうちにバラバラに振れていたメトロノームが一緒に向くようなことだってあり得ると思う。

メトロノームとか、あと物理の”共振現象”として、理屈ではわかっているにもかかわらず、そんな発想に誰もが至っていないとはどういうことか。


・・・まあ日本政府はそれがわかっているからこそ、人々の”共振現象”を怖れて”共謀罪”法案を可決した、と私は考えているけれども。


あと、アスリートも、ちゃんと売れるためには、キャラ設定とかをしっかりと定めねばならない、という発言もあった。

そこで私が、

「そうすると、そのキャラ設定自体が”やらされ感”そのものになってしまうのではないか?」

と質問したら、その通りでそのさじ加減が・・・という話しになった。

芸能人はキャラ設定が明確だけれども、と言われて、いやAKBだってキャラ設定で悩んでいる、と言いたかったけれども、そこまで言うと主旨から逸れてしまう気がして黙っていた。


とにかく、人間はたくさん悩む点がある。

けど、まあアスリートを育成する立場においては、 ①女性の生理を含む健康 と、②女性が性的な目以外で美しさをどう主張していくか が必要なのだろうけれども、そもそも現役アスリート、現役アイドル・・・現役女性にとっては、どうやって恋愛を成就させるか?のほうがよっぽど真剣な問題なのである。


そういえば、思い出したけれども、化粧とか全く気にしないアスリートがいる一方で、めちゃくちゃ化粧に気をつかう山姥ギャルとかをどう思うか?という質問があって、花田さんも回答に困っているように思えたけれども、私見からいうと、どうやって恋愛を成就させるか?を考えている女性という意味では同じと思う。

いや、アスリートはいますぐ恋愛を成就とかいうお話ではないとも思うし、山姥ギャルはいますぐ恋愛・・・というよりも性風俗に行ってしまうかもしれないけれども、最終的にはオトコのことを妄想しているところは変わってないと、個人的には思う。


むしろオトコのほうが、リアルな女性だけではなくて、アイドルとか、アニメとかで満足していて、そっちのほうがおかしな気がする。


そう考えると、オトコってそもそも”美”という観点から見られることって、ジャニーズとかごく一部でしかないよなあ・・・

オンナって、性的な目で見られると言われるけれども、ウラを返したら、誰もが対象になるともいえる。

オトコって、自分が女性から性的な目で見られる、なんてつゆも思ってない人間が90%はいるんじゃないか?


別にことさらに女性を性的な目で見ろとは言わないけれども(けどどうせ全員が見るんだろう・・・w)、オトコは性的な目でさえ見られない、関心を持たれない、という事実についても、実は検討しないといけないのではないか?


そういえば、この会で、言おうかちょっと思って、いや言ったらおかしくなると思って言わなかったけれども、私は公安からめちゃくちゃ「見ているぞ」と脅迫を受けてきた。

「見ているぞ」というのは、一般人にとっては脅迫なのである。


けれども、アスリートなりアイドルなりは、「見ているぞ」というのを快感だと思っている。

そこにそもそもの発想の違いがある。


「見ているぞ」というのを、脅迫と思うか快感と思うか、そこに違いがあって、その溝は案外埋まらないかもなあ、と思ったりもする。


・・・・コレ、小村さんに送ってチェックしてもらおうと思ったけれども、送ったらドン引きされそうな気がして、コッソリアップするよ。

まあどうせ公安が小村さんに匿名を装って送ったりするんやろけど、いっくら公安が手をまわしても、全員が全員、私のことをキチガイだとは思わないと思う。

この会でだって、小村さんからいい質問をしたと言われたし、花田さんも私の指摘に、一気に表情が輝いてハイテンションになったのを見て取れたし。


ちなみに私は、カネまみれの東京オリンピック反対派やけれども、東京オリンピック反対と言ったところで、アスリート全員を敵にしてまうし、そんなことは発言してない。

東京オリンピック反対と言ったってええけど、じゃあアスリートは社会の中でどうすればいいのか、そこまで検討できねば、アスリートを味方になんてできん。

実業団にいるアスリートは、アスリートを本業と思って、労働は片手間と思っている、それはある意味事実やし、労働ではなくてアスリートとして人類の究極を極めようとする人間がいたっていいと思うし、そういう人々のナマの声を聞くことなく、全部荒っぽい全体主義丸出しの「労働運動」に抑え込んでまうことには、私は反対や。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チーム8公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKB48著名人公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お笑いネタ帳 | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | マルクス主義を粉砕する | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 中核派について | 中核派の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 前進チャンネル感想 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック