世界の真の平和に向けて

2017年11月21日 (火)

"意見が違う人間とどのように付き合っていくか?"ってけっこう課題やなあ

人間、プライドがあるヒトほど、

「自分の言うようにすれば上手くいく」

という持論がある。

それがナニになるかというと、スパルタ教育になってまう。


けど、スパルタ教育でいくらカタだけ覚えたところで

「自分がやりたいのはそんなことではない!」

ということになってまう。


私もそんな経験ばかりしてきた。


もちろん、

「自分の言うようにすれば上手くいく」

と、私も思っているところがあるけど、なかなか聞いてもらえんのは、つまるところ、私が上手くいかせたことがないからや。


まあだからこそ、私は隠蔽に次ぐ隠蔽を白日の下に晒して、日本で革命起こしたろと思うとるけど。


いや、私でなくたって、アキブータンは、上手くいかせた経験が何度もあるけど、アキブータンの言うことをちゃんと聞く人間もあんまおらん。


けっきょく、人間って自分がやりたいことしかやらん。

私はだから、そのヒトがやりたいと言うて実際にやっとることについて、

「・・・・ココはもう少しこうしたほうがええんちゃうかなあ?」

と言うくらいしかできん。


まあ、しかし、ヒトがなにを思うかなんてワカラン。

たぶんこう思う確率が高い、とは想像できるけど、当たるかはワカラン。


まあだから、私は、ほかの人々と違って、そのヒトのヤル気をくすぐる言葉を言う努力はしとる、とは言えるなあ。


中核派とかも、スパルタ教育で、みんなからヤル気を吸い取っとるから、裕福な中核派官僚はいきいきしとるけど、中核派官僚からイロイロ吸い取られとる人々は、生ける屍みたいなヤツらばっかやし。

2017年11月18日 (土)

そういえば、人間が自殺する心理について考察する。私は自殺はしたことないけど何度か双極性障害とか、それこそリタリンの多量接種で狂ったことがあるからわかる。

こんなこと書くとまた問題になるのかもやけど、大学院のときはまだリタリン処方していた。(日立製作所時代も処方してもらったけど)

リタリンって、検索したら、まあいわば覚醒剤らしいねん。

けど、私はこの性格やから、大学・大学院で研究することの、社会にどう貢献できるのか?という意味がサッパリわからずに、
小坂田宏三とかも別に悩んでないことを、私はああでもないこうでもないと悩んだ。

それで、修論の最後なんてゼンゼン期限までに自分の頭が纏まらんから、寝てしまうからとして当時対症療法的に処方されていたリタリンを、提出の前の日に大量摂取して、ガチで幻聴が聞こえて、アレあとどうなったのか覚えてない。

そのときだったか別のときだったか、トイレでウンコまみれになっていたらしいこともあるけど、記憶にない。


まあ言っちゃ悪いけど、阪大の黒歴史やわなあ。← てかオマエの黒歴史やろというツッコミが聞こえる


けど、私がこれだけメンタルが強くなるためには、それだけの失敗が必要だった!と言い張ったらそれで終わりや。

ウンコまみれになった過去があるとしても、それは決して自堕落だからじゃなくて、他のヒトが逃げてまうことから逃げんかったからこそ見せた醜態やってん。


そんな経験があるからこそ、あらゆる攻撃を受けても、ココでカーッとなったらアカン!と思う。


それで、まあ今日、身近で自殺した方がいて、その方を止められなかった、というお話しを聞いて、私はそのときは言えんかったけど、私なりの考えを書く。

たぶん、自殺する人というのは、もう自殺しよう!と何日も前から決意して自殺する、なんてまあないと思う。

むしろ、思い立ったが吉日的に、ゼンゼン吉日じゃないんやけど、ふと自殺を遂げてまう、そういうモノなんちゃうかな?


だって私が公安とか権力とか思うとるヤツらがやってくるのは、”弱り目に祟り目”で、カネがないときに限ってボンド攻撃をしてくるとか、そういうのを狙ってくるねん。

人間、ひとつダメなことがあってもなんとか持ち直せるけど、二つ三つと重なると、自分の全部が否定されたようで、ココロ折れてまうもんやねん。


その二つめ三つめが、たまたま来て、思い立って自殺した、ってカンジのヒトが多いんちゃうか?

もちろん自殺の全員がそうだとは言わんけど、そんな確率が高いんちゃうか?


まあそう考えると、セーフティネットワークみたいなモノだけじゃなくて、自殺を考える人がどういう経緯で自殺に至るか?を考えて対処したほうがええよなあ。

そもそも、ひとつのことを鬱々と考えているヒトというのは、なにかの会を作って救うというのはあり得る手法やと思う。

それは、ココで書いたらどうかと思うけれども、中核派の中でもけっこう現実路線の方がされていて、私はその方のやりかたには賛成していたけれども、その方もけっきょくは中核派の言い分に迎合してまうところがあって、私とは疎遠になってもた。


ハナシを戻して。

けれども、鬱々と悩んでない人間が、突然ダメなことが二つ三つと重なって、絶望して自殺する、それをどう防ぐ?

それはやっぱ、人間好調不調の波があって、不調の波があるときにダメなことが二つ三つと重なるのはあり得るんだ、それは生きてく上で決して恥ずかしいことではない、と広めていくことしかないよなあ?


けど、日本政府はそれをしない。

・・・なんでか?

私のような、日本政府に対して不都合な者を、敢えてダメなことを二つ三つと重ならせて自殺に追い込む、それが日本政府のやりくちやねん。


私は、そんな日本政府のドス黒いところを、もっと徹底的に糾弾していくぞ。

その過程で当然自殺はしない。これまでも様々な困難に遭っても自殺なんてしてないんやし。


私が自殺をしたら、それは自殺じゃなくて公安から殺されたと思ってくれ。


・・・・・と書いたら、公安も私を暗殺しづらいよなあ。

2017年11月16日 (木)

動労東京ブログコメントより。だいぶウソとか思い込みが入っているとはいえ、"加茂忍‏"を名乗る者が私に興味を持ってくれている

当該コメントは下に書く。

事実とそうでないこととあるけど、まあどうでもええ。

モリカケ問題でも明らかなように、権力というものは、ウソ情報を流してくる。

だから、ウソ情報であっても、それにカチン!とくるんじゃなくて、私のことを知ってくれてありがとう!と言う。


そうすると、きっとこの"加茂忍‏"は、大西はほかのキチガイとは雰囲気が違う、と言ってウワサしてくれるやろ。

ウワサがウワサを呼んで、なにが真実なのか、お互いが競うように知ろうとするようになるのが、私の理想であるし、そうしていくぞ!エイエイオー!

http://dorotokyo.edoblog.net/日本の腐敗をどう変えていくか/コレ警視庁公安部とは異なる、日本政府関係者の書き込み#comment

Twitter新着情報
加茂忍‏ 
@daharsou 
11月12日 
その他 
清水一派の元活動家で動労東京というブログを乗っ取って清水派批判をくりひろげる 
大西秀宜という人の存在を最近知ってしまったが、変な人だが、ブログを乗っ取るのは犯罪です。 
清水批判の主張は私は評価するが。日立製作所の元IT労働者で内部告発で首になった経歴もある。 

-------- 

心のままに‏ 
@paper_knifeedgd 
6月25日 
その他 
岩田華怜のストーカーとして有名なバカが、宮城ストーカー旅行に行ったらしい。 
警察はサボってないで、深刻な事件になる前に逮捕すればいいのに。 
警告書まで出た上でのストーカー旅行なのだから、放置しておくのはおかしいだろ。 

-------- 

キョロ(ゆふいんの森)‏ 
@purindoraiai 
8月13日 
その他 
梅田悟、大西秀宜、阿部凌平、張志揚、松井秀夫 
アケカス犯罪者オールスターヤバすぎでしょ 

2017年11月15日 (水)

コレ警視庁公安部とは異なる、日本政府関係者の書き込みやな。アホの中核派もとい幼稚園派はワカランけど → 鋭い意見ですね。政府関係でも名は一部ですけどかなり有名ですよ。

この投稿

コレやっぱ私がドイツに亡命申請したのも響いとるよなあ → 日本の「報道の自由」に懸念=5年ぶり審査で国連人権理
2017年11月15日 (水)
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2982.html

に対するこの書き込み



http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2982.html#comment-115895749

鋭い意見ですね。政府関係でも名は一部ですけど
かなり有名ですよ。

私は政府関係者ではありませんが、大西さんの鋭い考察
感服に値します。人生落ちたらうちの非常勤役員でもなりません?
いまのところ企業名は明かせませんが
安心して下さい。

投稿: | 2017年11月15日 (水) 01時04分



は、警視庁公安部によるものちゃうよなあ。


それで、コレは誰によるものか?と思ったら、同じIPからもう一個書き込みあった。

368





岩田華怜また孤立しとると思うけど、今回はさすがにもう自分から抜け出せな、私も手助けできんぞ。
2017年11月14日 (火)
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-813e.html




http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-813e.html#comment-115895198

今日は神回だったが特にこのエントリーは
輝いている

投稿: | 2017年11月14日 (火) 23時31分


私が伊達娘がいまぶち当たっている問題の核心を衝いたモノ・・・・しかもコレは、弁護士も裁判官もどっからどう読んでも私のことをストーカーだと言えん内容になっとる。

私は岩田華怜が憎いのではなくて、母親である菅原美話から親離れしないと、先がないと言っている。

そんなのは、めちゃくちゃヒトの家の問題に介入しているのは事実としても、ストーカー規制法に問えるはずがない。


だから神回なのは事実や。

私もそこまでを意図して突っ込んで書いたから。



しかし、コレ書いてきとるヤツもちょっと私に対して見下しとって

「人生落ちたらうちの非常勤役員でもなりません?」

って、コレ以上落ちるところないところまで、もうじゅうぶん人生落ちとる。

その事実はちゃっかり無視しとるところが、まだなんか信用できん。

まあしかし、

「政府関係でも名は一部ですけどかなり有名ですよ。」

って、ようは安倍晋三を含む上層部には有名ということや。

だってそもそも私は安倍晋三に対して殺害予告して警察が飛んで来た実績もあるしなあw

コレやっぱ私がドイツに亡命申請したのも響いとるよなあ → 日本の「報道の自由」に懸念=5年ぶり審査で国連人権理

日本の「報道の自由」に懸念=5年ぶり審査で国連人権理
2017年11月14日 21時15分 時事通信
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12145-2017111400727/

【ジュネーブ時事】国連人権理事会は14日、日本を対象とした人権審査の作業部会を開いた。対日人権審査は、2012年10月以来5年ぶり。会合では、米国など加盟国の一部から日本の報道の自由に関する問題が初めて取り上げられ、懸念が示された。
米国は、放送局の電波停止権限を規定する放送法など「メディアに対する規制枠組みを懸念」しているとして、政府から独立した監督機関の設立を提言。オーストリアやブラジルなどもメディアの独立性や特定秘密保護法に懸念を示した。日本側は「政府が不当な圧力をかけた事実はない」と反論した。
日本での報道の自由をめぐっては、人権理のデービッド・ケイ特別報告者が5月に調査報告を公表。特定秘密保護法や放送法の改正を勧告していた。
人権理の「普遍的定期審査」では、国連加盟の全193カ国の人権状況が定期的に審査される。日本は08年5月に初めて実施され、今回が3回目。14日の作業部会では前回までと同様、従軍慰安婦問題について韓国、北朝鮮、中国が懸念を表明。死刑制度に関しても、欧州を中心に多くの国が廃止を勧告した。



記事にはなってはないけど、私がドイツに亡命申請して、1年以上かけて強制送還されたことは全く報道されてない。

ドイツが強制送還を決めたのもおかしいけど、日本で何らかの報道が為されてないのもおかしい。

だって日本からの亡命申請が出るなんて、その主張を報道する、それが報道機関がやるべき仕事やろ。


まあそれをホンマにちゃんと国連が議論するかというと違うと思うけど、私はドイツに亡命申請することで、イロイロと風穴を開けたとは思っている。

2017年11月12日 (日)

中核派もブントもバカ過ぎる。私はいまAKBだけでなく演劇界とか芸能界を味方につける闘いをしている

ブントの共産趣味者も

("主義"ではない。遊びやから"趣味"や。中核派のヤツらも"趣味"や。)

https://twitter.com/kiryuno/status/929357578429067264

動労東京で検索すると出てくるのが大西の電波ブログというのは中核派の現状を象徴していると言えるかもしれない。


私のブログを"大西の電波ブログ"なんて書けてしまうくらい、なんも事実が見えてない。


私は、今日が千穐楽の、"おおばかもの~みにくいアヒルのプリンシパル~"という舞台作品の感想を上げて、カンフェティという演劇界でそこそこ使われているサイト

https://review.confetti-web.com/

で、"注目の作品"にすることに成功した。

すると警視庁公安部は、私が中核派にいるときに全学連をボコボコにしたのと同様に、私ではなく、"おおばかもの~みにくいアヒルのプリンシパル~"を、めちゃくちゃな難癖を付けて批判してきた。

https://review.confetti-web.com/shop/?m=index&shid=8715


けど、こんな批判をすれば、演じられているTEAM-ODACの方とか、その他の演劇関係者も、私に対しておかしな工作活動をしてくる者がいることに気づいてしまう。

こんな、相手に寄り添う闘いこそが"連帯"なのに、中核派もブントも、革マルも日本共産党も、それがわかってない。

2017年11月 7日 (火)

私明日一緒に仕事する方と以前1回だけ仕事したことがあって、終了時間をチェックしたら16:45やった。だから明日はゆかるんの初日に行けると思う。

まあゼッタイというわけじゃないけど、やっぱ念のために確認した。


12期はしっかりしたヤツが多いけど(ぽんみゆだって舞台慣れしとるし)、ゆかるんだけまだ自信なさげに見せてまうところがあると思う。



最近になって自分からMC回すようになったけど、外仕事だとちょっとちゃうよなあ。



まあてかそれでいうと今日の大西桃香も、AKBの中でチーム8の存在感が出てきたとはいえアウェーで、けっきょく私が見ているときに発言がなかったのは気になった。

最後のほうのMCで、大西桃香に発言させてないところなんか、まだまだ黒い部分なんじゃないかと思う。



いやもちろん、会いに行けるAKB本体と、会いに行くチーム8では、同じアイドルグループとはいえやっとることが全く逆や。



てか”会いに行くアイドル”って、その発想はチーム8の以前に私がやっとったよなあ。

ゆかるんに初めて会って、隣のなっつんにまで私が来たことを言われたって、私のほうがアイドルになってもとるよなあ。




まあ私はさすがに坂道グループとか、他の地方グループとかまで見る気がないけど(イロイロ制限がある。そもそも本業は派遣労働者やし)、AKBの中でチーム8メンバーと仲よくしよう、.というのは率先して成し遂げたいと思うよ。

AKBの本体だろうがチーム8だろうが、本当にスターならばどっちでも輝ける。



自分がどっちでも輝けるほどのスターじゃないからこそ、「自分のチームのほうがいい」みたいな発想になってまうんやろ?



いやもちろん、自分のチームをまず伸ばす、という発想は大事やで。

一緒に成長できる仲間、なんてのはけっこうわずかやし。



それで、それができたら次に、他の人々にも応用しよう、って思うてまうねん。

私だけかもワカランけど、そこまで考えられてこそ、どこの誰がどんなこと考えとるかワカラン、そんなのに対抗する”世界平和”に一歩近づくんちゃうんか?

この画像、背景を変えたら「AKBのメンバーとそのヲタが写メ会で撮った写真」で通用しそうやなあw

359

そう思わん?


しかし中核派ってもうなんかイロイロとおかしくてわらける。

「革命するぞ!」なんて言いつつ、ホンマに革命を達成したら、東京とかソウルとかその他の集会に行くカンパを集められんから、クチでは革命を唱えつつ実際はめちゃくちゃ保守迎合闘争になっとる。

ホンマの革命家は、毎年のナントカ集会なんかしてない。


たとえばレーニンって毎年のナントカ集会ってやったか?

1年の間に革命を起こせる自信があるから、「第〇回集会」なんてしない。


中核派は、1年の間に革命を起こせる自信がある人間が皆無で、集会は「参加することに意義がある」で、似たようなことを言い合って喜んどったバカばっかやった。


以下もどうぞ。



https://www.youtube.com/watch?v=2qijQsbcd1s&lc=Ugw00P9XY7-WFcYrEe94AaABAg

なんかみんな、集会のためにカンパを集めて、それで集会に参加することが目的になってもとるよなあ。

「韓国に行ってきます」とかそんなんじゃないよ。

民意を汲み取れよ。

民意を汲み取るのは、インターネットでだってできる。


てか私は、他国で大規模にやっている人々が、どうして中核派の闘いは小規模なのか?と考えられんのがフシギや。

民主労総の中でも極左の者と繋がっとるのかなあ・・・


私が公安ならば、中核派が民主労総の中のどういう人々と組んでいるのか?を調べて、韓国政府とツルんで、民主労総の中でも違う人々に向けて

「あいつらは日本の過激派と付き合っている!おかしい!」

って言わせて、民主労総の内部分裂を画策するなあ。


・・・・・・いやべつに私は政府の回し者でもなんでもないけど、敵がどんな手を打ってくる可能性があるか?をちゃんと読むのは必要やぞ。

2017年11月 6日 (月)

調べたら、私の思った通り、ギターってぎっちょ用もあるけど少なくて、現実的にぎっちょ用は買うべきじゃないと書いとるヒトがいる。

【右で持て!!】左利き初心者がギターを左利き用で始めることのデメリット
2017年7月28日 [スタートアップギター]
http://xn--8mro61ayx1a.com/archives/8376.html



たのけんさんが弾くのとか、その他の出演者が弾くのとか、Waiの周りに飾ってあるのとか見ても、ギターって右利きしかないのか?と思った。

けど、物理的には左利き用を作るのは可能や。

・・・けど、圧倒的に右利き用のがあるんやから、左利き用なんてよほどの大金持ちの特注くらいしか需要がないと思ったら、まあ私の推理はええセンいっとるなあ。


てか私もギターを弾いたことないけど、たのけんさんを見ていたら、確かに右手をイロイロと動かしてはいるけど、左手だって動かしている。

プロはどっちかの手とかいう概念がなくて、どっちも動かなアカンねん。

てか手だけじゃなくて足もやわなあ。

ピアノだってドラムだってそうやんなあ。


ピアノにぎっちょ用なんてないしなあ。


まあけっきょく、ホンマに表現したい者は、自分の”利き手”なんかを主張するんじゃなくて、どう相手に表現できるか?で自分を高められるということやわなあ?


”利き手”を”ストライキ”とか、それぞれのスローガンになぞらえたら、極左のヤツらも思い当たるフシはいっぱいあるよなあ。


”左翼”と言われるように、ぎっちょで闘争しても勝てんもんは勝てん。

いっくら左翼であっても、右利きの人間の発想等々に合わせることは必要やわなあ。

2017年11月 5日 (日)

"いじめ規制法"を作ったらいい。そんな発想ができる人間がいない。 → いじめが陰湿化、喫煙や万引きさせ「動画流出させるぞ」と脅迫

いじめが陰湿化、喫煙や万引きさせ「動画流出させるぞ」と脅迫 2017年11月05日 16時00分 NEWSポストセブン https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-626438/

SNSを使ったいじめが増加
 10月26日に文科省が公表した2016年度の「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」を受け、新聞各紙にはそんな衝撃的な見出しが躍った。同調査によると、全国の小中高校などにおける「いじめ認知件数」は前年度から約10万件増え、32万3808件で過去最高を更新した。

 この文科省の調査によると、児童生徒によるいじめを原因とする自殺は中学生8人、高校生2人の計10人で、前年度から1人増加した。また、いじめにより児童生徒の生命、心身または財産に重大な被害が生じたり、長期欠席を余儀なくされる「重大事態」は、86件増えて400件に到達した。

《いじめは学校だけでなく、企業やママ友グループ、スポーツチーム、地域コミュニティなど、集団の中では必ず起こりうる現象です。(中略)社会的排除は、人間という生物種が生存率を高めるために、進化の過程で身につけた「機能」なのではないかということです》

 脳科学者の中野信子さんは、近著『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館新書)にそう綴っている。

「いじめは悪いことだ」
「いじめはやめよう」

 そう声高に叫ばれても、現実、巧妙さと狡猾さを備えてそこにいじめは存在している。ある現役中学教員が明かす。

「昔のように、暴力を振るったり、ものを盗ったりという直接的ないじめ行動は、証拠が残るので少なくなっている印象です。増えているのは、言葉で攻撃したり、無視したりといった精神的なもの。あとは、LINEのグループで本人の知らないところで罵ったり、当初入っていたグループから本人を退会させたりといったスマホやSNSを使ったものも多く見受けられます」

 別の高校教員が続ける。

「いじめられている女子生徒の実名を騙ってSNSのアカウントを作成し、そこで援助交際を募集する書き込みがされていたことがありました。住所や電話番号といった個人情報まで拡散されてしまった。直接的ないじめなら被害生徒から話を聞けばいいわけですが、SNSを使ったものの場合には誰がやったか見当もつかない。結局、全校集会などで注意を促すことになりますが、効果は期待薄です」

 これまでなら、いじめ被害者には不登校や転校、フリースクールといった「逃げ道」が確保されてきた。だが、日々深刻化するいじめの手段は、逃げることさえできない頑丈な足枷をはめる。

「喫煙や万引といった犯罪行為を強要し、その映像をスマホで撮影するんです。刃向かったり逃げたりしたら、その動画をネット上に拡散すると脅す。被害生徒にとっては24時間一時も心が休まらない精神的苦痛になります。いじめから逃れることもできず、ますます状況が悪化していく。すると、残された唯一の救いの道が、自殺になってしまうんです」(教育委員会関係者)

 今回、多くの現役教員から話を聞いた。いじめ問題に真摯に取り組む教員がいる一方、「うちの学校にはいじめはない」と楽観的に語る教員も多かった。

「私立の名門といわれる学校ですし、いいところのおうちの子も多いので、いじめの心配はありません」

 そう胸を張る教員もいた。だが、果たして本当にそうだろうか。

 前出の文科省の調査では、全体の3割にも及ぶ学校が「1件もいじめを認知していない」と回答している。さらにいえば、同調査の244人という自殺者の数にもある疑念がわく。

「警察庁が発表した同期間の児童生徒の自殺者数は、320人とされているんです。あくまで学校側からの聞き取りのみに頼っている文科省の調査結果と、70人以上の乖離がある。これはつまり、学校が把握できていない自殺があるか、または自殺を意識的に隠そうとしていることを指しています」(全国紙記者)

※女性セブン2017年11月16日号

脅迫罪とかと重複するのであっても、"いじめ規制法"を作ったらええやん。

"ストーカー規制法"にちょろっと付けたしたらええだけや。


それで、いじめで耐えられない人々を、警察が助けたらええやん。


けど、右も左も誰もが「いじめは法律では罰せない」と言うてまう。

なぜか。


・・・・突き詰めたら、楽しい楽しい"いじめ"で自分が罰せられるとタマランからやなあ?

とりわけ国会議員とか大金持ちとか、警察も、いじめる側やからなあ。


しかも、憲法改正がどうのと言うとるけど、"いじめ規制法"を作ったら、国家によるいじめ行為は当然のように認められないから、自衛隊の不必要な派遣は全部法律違反、と言うてまえる。


憲法改正だって、抽象論ばっかで、なんでこういう現実的な議論ができんねんなあ?

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チーム8公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKB48舞台情報 | AKB48著名人公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お笑いネタ帳 | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | マルクス主義を粉砕する | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 中核派について | 中核派の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 前進チャンネル感想 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 枝野幸男 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック