世界の真の平和に向けて

2018年2月 3日 (土)

動労東京ブログで公表した内容 → どうも名護市長選を見て、自民党とか日本政府だけでなく、社会全体がゼロサムの発想で玉砕に向かっているのが問題。”国破れて山河在り”の発想からの論理展開を。

名護市長選、Twitterでも自民候補か立憲候補か、みたいな一騎打ちになっていて、・・・・・いやまあ投票やとそうなってまうけど、冷静に考えると違うと思うなあ。

だって、それで仮に僅差で敗れたほうは、自分らの意見をゼンゼン通してもらえんねやぞ?

・・・・・・・・それって民主主義だっけ?

それって、まあ私がいま即席で考えたけど、”選挙独裁主義”とか”投票独裁主義”と言ってもいい発想やぞ。

選挙でいくら選ばれようが、万民の言うことを聞く、それが本当の民主主義やないか。

まあ逆にいうと、勝ったときのことばかり言うのではなくて、負けたときのことも考えて選挙戦せなアカンよなあ。

それも”市長選”で、住民の言い分を聞くというのは、これまた難しい。

住民だって、自分らは辛いけど国政を乱したらアカンと思うて、ついつい自民党に入れてまうかもな。

コレは自民党が独裁する前提で私は言うとる。(いやそもそもが立法府である自民党主体ではなくて、行政府である官僚独裁主義なんやけど。だから民主党政権は上手くいかんかったんやとナントナクは思うとるけど)

しかし、なんか見てきて、権力を取った者は全部独裁できると勘違いしとるヤツらばっかやん。

私は中核派にいたことがあるけど、カクマル殲滅とか言うとったけど、革マルとか私から見たら同じ釜の飯を食うた仲間やないか。

そんなヤツらと共闘できんヤツらは、必ずや独裁主義に陥ってまう。

だいたいマルクスの”プロレタリア独裁”という概念自体がウソッパチで、プロレタリアートだと独裁してもええんかよ?

そんで、そのプロレタリアートというと誰か?っていうと、中核派の前進社の、毎回同じ意味不明な古聞(あんなの新聞じゃないよ)出しとる偏屈のブルジョワジーそのもののヤツらやろ?

斎藤いくまが誰かに対してリアルタイムで返信したかよ?

中核派が権力とったら、そりゃあもう北朝鮮そのものになるよ。

なんたって北朝鮮は”朝鮮民主主義人民共和国”を名乗っとるけど、中核派は(新左翼はかもやけど、私もそこまで中核派以外の主張は理解してない)ストレートに言うと”日本民主主義人民共和国”を打ち立てるつもりやんかなあ?

・・・だから、中核派の話題ばっかしてもたけど、だって中核派は戦争の論理で内ゲバ戦をやって人々を惨殺してきた歴史がある。

そうじゃなくて、内ゲバ戦も含めてやめる、言論の自由の上においてやめるのが、本来の憲法の基本的人権が尊重された上でやるべき論戦ちゃうのか?

アメリカも二大政党制に進んだのは誤りで、自由の女神にみんなが抱く、なんとなく自由な雰囲気と裏腹に、発想があまり成長してないと感じる。

とにかく、投票でココと決まったからコレにするというのは、一見民主主義に見えてあまり民主主義ではない、と思ってほしい。

あるべき民主主義というのは、まあ人々の考えから逆算すると、自分は政治について難しいから考えられない、と思う人がほとんどなのであって、・・・・・そこで政治は難しいと思う人の声を代弁できる人が政治家になるべきなのであって、忠実に代弁できずに自分の意思を言うヤツは本義的には政治家ではない。

けど、本義的には政治家ではないヤツらが日本の全員で、まあ”立憲”を謳う枝野幸男だってそのへんは怪しいと私は考えとる。

2018年1月 8日 (月)

籠池泰典さんの息子さんの籠池佳茂さんのFacebookに記載した文章の内容

籠池さん、私わかったよ。私も日本政府といっぱい戦って、裁判官まで2回変えられる攻撃を受けてきたから。

てか私は日立製作所時代に国交省の役人が出てくるところで鉄道の国家戦略決める発言したりしたし、官僚の出方も読める。


・・・それで、日本政府官僚から見ると、泰典さんが日本政府を糾弾する意思が固いと悟った。

だから、森友学園事件が出てきたけど、その後にもっと大きいとされる加計学園問題が出てきた。

けれども、森友と違って加計は認可されてもた。

その後にリニアだの、今度は山梨か、そんなのがいっぱい出てきたけど、問題にはされても計画は実行されとる。


・・・問題にされて辛酸をなめとるのは籠池夫妻だけやねん。

私は一時期中核派にいて、コイツらなんてアホなんやろと思うてきたけど、たとえばアイツらの発想は、森友学園、加計学園、リニア、山梨、ほかにも津久井やまゆり園事件もあったよなあ、

・・・そういうのの、なにかひとつに拘って真実を徹底追及しようという姿勢がない。

菅野完だって、いまや森友学園問題にはなんも関心ないやろ。


多くのジャーナリストが、リアルな真実ではなくて、政府ウケするネタを追って彷徨っている。

それに反旗を翻したのは、日本中で籠池夫妻だけやねん。 (・・・いや私もやけど、私は報道さえ完全に隠蔽されとる)

私をストーカーと主張する者の書き込み。コレ主語に注目。誰がどう読んでも公安が書いとる。中学生だってわかる。 → 何にも分かっていないですが、オメェにストーカーとしての条件が全て当てはまるからストーカー警告書を発行したんですよ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-f7a0.html#comment-116078554


何にも分かっていないですが、オメェにストーカーとしての条件が全て当てはまるからストーカー警告書を発行したんですよ。
ストーカー警告書を受け取ってサインしたよなぁ。
その時点で自分でストーカーと認めたとなるんだよ。
でっち上げの証拠を受け取ったとオメェが言っても、言い逃れにしか聞こえません。
ストーカーではないのであれば、拒否する事が当たり前。
警察になんと言われても、拒否するのが当たり前。
逮捕されて証拠不十分の決定が出るまで、ストーカーではないと主張するのが当たり前。
そんな当たり前の事が出来ないのに、ネットででっち上げだと主張するのは革命家気取りのアホ。
警察が怖いんだろう。
怖くなかったらストーカー警告書を受け取った警察署に返して来いよ。

投稿: | 2018年1月 8日 (月) 14時53分



コレガチでバカやなあ。

イロイロツッコミどころあるけど、自分らが警告書を出した!と主張していて、第三者が想像できん。


それに、そもそも、私は受け取りを拒否しようとしたけど、村を名乗る刑事は、受け取っても受け取らなくても、ストーカー規正法違反の警告書を出されたことには違いがない、と言ったから、私は証拠保全のほうが大事と思ってストーカー規正法違反の警告書を受け取った。

それは、日本政府というのはこんなに事実をデッチ上げてくる証拠として重要やからや。

ストーカー規制法違反の警告書を、ノコノコ警察署に返しに行ったら、インターネット上に掲載した画像も全部削除しろなどと言われるに決まっとるから、私は警察署には行きません。


けれども、それは私が自分のことをストーカーであると認めたのでは一切なくて、日本政府が犯罪をデッチ上げることがあり得るというのを、森友学園事件よりも具体的に、世界に向けて提示する。


だいたい籠池夫妻だって、どういう罪で逮捕・拘留されているのか、きちんとした書面なんて発行されてないんちゃう?

発行されたら籠池泰典さんがイロイロ反論するし、籠池佳茂さんだってインターネット上に証拠を出すやろ。


・・・・てかいまから考えたら、籠池泰典さんの意思が固いのに日本政府が手をこまねいて、加計学園だのリニアだの今度は山梨だの、いろんな事件を出してきたんちゃう?

そうすると中核派みたいなバカどもは、「こんなふうに問題がいっぱいある」とか言って均らして「・・・・だからウンドーガ!ウンドーガ!」って言うてまう。

コイツらを手なずけるのはたやすい。


そうじゃなくて、ひとつのことを糾弾するヤツは手ごわい。


・・・・うん、私も今日の公安の出方を見て整理がついた。

私、佳茂さんに対して、コメント欄じゃなくて、ちゃんとした文章を書くよ。

2018年1月 7日 (日)

【ネタバレあり】「戯曲法廷」観てきた。イロイロ考えたよ。まずまずの出来やし、田舎の公民館の手作りの舞台の感覚がオモロイという意味も込めてオススメ。 #戯曲法廷

評価は5点満点で4点かな。

法廷モノだから、笑えるけれども、ものすごく感動したというわけでもない。

大きくはそこが惜しい。

もう少し言うと、まあ練習時間もあるんやろけど、2日目の2回目公演にもかかわらず、みんなセリフけっこうトチっとった。

ある程度はご愛敬と思うけど、ちょっとトチり過ぎと思って、そこはマイナス評価。

演出家も、イロイロとある子らを纏めるのは難しいし、ギャラとの関係もあるやろけど、やっぱ最終的にはその人の作品に対する志がみんなから尊敬されるかどうかやと思うし、そのあたりを突き詰めて完成度の高い舞台にして欲しい。

まあ今日の明日やから、私の意見はこの舞台に反映はできんとは思うけど。


それで、そのトチってみんなから笑いを誘ったなーにゃについては、舞台上で度胸が据わっていて、トチってもドヤ顔できるのは強みと思う。

半面、トチってもドヤ顔できるから、本当ならばもう少しトチらないように練習できるところを練習してないという実態もある。

なーにゃと同い年でテレビにひっぱりだこの女優だっておるやろ。私もパッと名前出てこんけど。

りっちゃんだって4歳くらいしか違わんのだっけ。

それとの違いのいちばん大きなモノは、なーにゃが高い完成度を追い求めてないことで、だからなーにゃは損をしとる。

そういう、自分が損をしているところを意識して、練習に臨めたら、もっといろんな舞台から声がかかるよ。


それで、台本どころかパンフレットもなかったから、私の記憶によるけど、法廷モノで、昭和5年だか10年だかが舞台で、殺人があって、状況から見てどう考えてもこの子が犯人、というのを、なんとか無罪にする物語やった。

いやそれだけでは終わらんかったけど。

まあしかし、私もそういう展開か!とは思ったけど、ひねり方も丁度いい具合で、役者さんが演技できるように計算されていて、脚本はなかなかいいと思った。

もう少し加えたら、そこになにか、「この人は尊敬できる」という人を登場させたら良かったんやけどな。


弁護士2人組はまずまずの活躍やけど、尊敬できるかというとちょっと劣るかなあ・・・・

最後は憎しみで終わってもたのも個人的な好みとは違うけど、まああの程度くらいは作品としてはいいか、とは思いながらも、未来に希望が欲しいとも思って、やっぱそういうのも含めて4点になるなあ。


それで、弁護士と検事、刑事、裁判官、らのやり取りが描かれとったけど、私の場合はガチで裁判も起こしたし、刑事が家に来たりするから、みんなが考えとる想像上の弁護士と検事、刑事、裁判官らと、現実のそれとはもうだいぶ違うことを知っているし、まあそういう背景もあって、敢えて昭和初期に設定されたというのもあるのかなあ、とも思うてもた。

てか現代だと監視カメラとかがあるから、証拠がおいそれとなかった過去を描いた、というのが、昭和初期に設定された最も大きな理由とも思うけど。


この作品では、弁護士も検事も、みんな平和な社会を作りたくてその職に就いた、ということになっとった。

裁判官もそうやろな。私の知るリアルな裁判官と違って、公平に裁こうとしとったし。

けど実際は、平和な社会を作りたい、なんて思うとるヤツはおらん。

平和を叫ぶだけで、実はいまの生活をやめたくないと思うとる人間ばっかやし、そんな人間を騙してでも上に行きたいヤツらばっかや。


それで私は、小さい頃はウルトラマンとか仮面ライダーとかセーラームーンに憧れる人間が、いつからそうなってしまうのか?を考えてしまった。

そうすると、大学時代に、優秀な成績を取るとされる先輩が(学科で1番の楠本賞取って卒業したけど、私から見たらバカやった。私は楠本賞取らんかったけどwwww)、自己紹介で「自分は勝ち馬に乗りたい」と書いていて、なんかものすごく違和感を感じたのを思い出した。


”勝ち馬に乗る”なんて発想はそもそも私にはない。

弱い者を見つけたら助ける、ただその繰り返しでしかない。

”勝ち馬に乗る”という発想があるからこそ、ヒトはヒトに対して酷い仕打ちを平気でやってしまう。


それで思い出したけれども、芥川龍之介の”蜘蛛の糸”で、カンダタは結局地獄に落ちてしまった。



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9C%98%E8%9B%9B%E3%81%AE%E7%B3%B8

暗い地獄で天から垂れて来た蜘蛛の糸を見たカンダタは「この糸を登れば地獄から出られる」と考え、糸につかまって昇り始めた。ところが途中で疲れてふと下を見下ろすと、数多の罪人達が自分の下から続いてくる。このままでは重みで糸が切れてしまうと思ったカンダタは、下に向かって「この糸は俺のものだ。下りろ。」と喚いた。すると蜘蛛の糸がカンダタの真上の部分で切れ、カンダタは再び地獄の底に堕ちてしまった。





このあらすじを読んで、カンダタは実は現代の人々そのもののメタファーであるとわかる。


そうするとでは、カンダタはどうすべきだったのか?

釈迦はどうしてカンダタに蜘蛛の糸を垂らしたのか?

と思うだろう。


私がカンダタならば、蜘蛛の糸を見て、まず確かに自分がこの糸に捕まろうと思うけれども、・・・それで実際に捕まって後ろに続く人々を見て、糸が切れるところまで想像できるかも知れん、そこまで意地が張っているかも知れんけど、

そこで発想を変えて、糸から手を放して、この地獄をどう生きやすくするか?

だってそこにいるのは罪人、・・・・というよりも、仲間じゃないか。

そういう発想になれなかったのか?


私はそう問う。




この作品を観て、そんなことを考えた。

2018年1月 6日 (土)

国家の三要素に関する既存の思想と、私の反論

最低人類0号 (ワッチョイ f36c-fi4e [110.134.146.193]) https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/kyousan/1514361270/423-424

423革命的名無しさん2018/01/06(土) 14:36:43.45>>424
皆さん、今更ながら国家の三要素って知ってますか?
領土、国民、主権です。
一国の国民であるならば国を守らねばならないのです
それが嫌なら、国から出ていけばいいだけの話です
出て行けないのなら国のありように文句をたれるな!
そんな資格などないのです

424おーにっちゃん ◆yoCsKijoxhpN 2018/01/06(土) 16:26:15.27
>>423

ダウト。

国民が自治して平和に暮らせるだけで良い。

もちろんそこには、住むための土地の安全という概念はあるやろ。

けどな、日本の中にだって、県境とか市町村境とか曖昧なとこがあるやん。

それはべつに、曖昧でも誰も困らんから曖昧やねん。

国境だってそうや。

その、曖昧なままで誰も困らんハズのものについて、コレは自分の領土!とか言って、
それが大きくなって戦争になるなんて、めちゃくちゃバカらしい。

もちろん魚とか、天然の資源という問題もあるけど、魚とか天然の資源で一儲けしようという発想が間違っていて、
天然資源から得た利益は地球全体に還元すべきもので、それを国という単位で独占しようという発想もまたおかしい。

2018年1月 4日 (木)

籠池佳茂さんのFacebookにコメントした内容。籠池さんも村本さんも、みんな自分の知る真実は騒ぐけれども、他人が騒いでいる真実に耳を傾けることが大事で、それがまだまだできてない。そこをどうにか説得できないか。

コレ。なかなかわかってもらえんなあ・・・・

まあ自分の真実が最短距離、と思って、他の真実を知る必要はない、と思うてまうのが人間やけど、それでは誰かプロデューサーを見つけなダメで、そんなプロデューサーは世の中にはおらんねん。

いたら、そこで革命できてまうもん。

だから、日本政府もそんな人間がいたら、全部用意周到に抹殺してきたはずやねん。報道されんだけで。

だから私は声を上げる。

前置きが長くなった


-----------------

https://www.facebook.com/yoshishige.kagoike.7/posts/299890687199884?comment_id=299954690526817&comment_tracking=%7B%22tn%22%3A%22R%22%7D&pnref=story


メディアがくだらないことしか流さないのはいまに始まったことではありません。

フランスが日本の報道の自由度を年々低いものと報道していて、72位、G7の中では最下位です。

https://www.asahi.com/articles/ASK4V5VV7K4VUHBI02S.html

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/post-7031.php

それでも、北朝鮮らは180位であることからするとまだまだ上ではありますが、ようは各国ともにそれだけ”忖度”しているということです。


そんな籠池さんだって、自分の真実は主張されていますが、他人の真実が報道されないことには、怒りの声をあげられていませんよね?

やっぱ、報道の自由を唱えるには、自分の知る真実だけじゃなくて、周りで似たような境遇の人々を見つけ出して共闘することから始めねば、なかなか共感してもらえないのではないでしょうか?

2018年1月 2日 (火)

平和のために、実態として”戦争憲法”である憲法第九条を捨て去る勇気を持とう

皆さん、憲法第九条は戦争憲法で、捨て去れなどと書いて、びっくりされていることでしょう。

けれども、大勢が議論している、憲法第九条って本当に必要ですか?

憲法第九条があるから戦争をせず、憲法第九条がなくなったら戦争をする国になるのですか?

・・・・違いますよね?

人々が「戦争をしたくない」と主張すること、それが最大の戦争防御策です。

けれども、皆さんは近視眼的に、誰が呼んだか、憲法第九条を”平和憲法”と呼び、憲法第九条の解釈を延々と述べているので、全く見えていませんが、引いた目で見たら、そもそも戦争をしないために憲法第九条なんて必要でしょうか?

改憲だって、私は必要と考えます。

そもそも解釈改憲などという変わった風習が日本国では罷り通ってきましたが、それでは多くの日本国民が憲法を理解せず、どうしても学者の解釈に寄ってきました。

そうではなくて、中学生でもわかる平易な文章で、多くの日本国民が、学者や弁護士に聞かずとも、読んだらそのまま理解できる、それが憲法条文のあるべき姿と考えます。

そうなっていない現行憲法は、平易な文章に書き下す、そういう意味での改憲は当然のように必要ですし、日本ではそんな議論も為されてこなかったのは問題と考えます。

その上で、本当に、平等権、言論の自由、表現の自由等々の、基本的人権が守られるならば、別に戦争だけを取り上げた憲法第九条など必要ないはずです。

ところが、日本では、反戦や左翼思想というと、憲法第九条のことばかりで、そのために基本的人権が軽視され、過労死や自殺が増えた、生きづらい国になってしまったのだと考えます。

そんな、日本が基本的人権を軽視した国になった諸悪の根源は憲法第九条であり、憲法第九条こそ、二項の解釈とかいうレベルではなくて、憲法第九条全てを捨て去るべきものと考えます。

憲法第九条がなくなれば、日本の人々は、憲法の中で基本的人権に関心が移り、平等権、言論の自由、表現の自由等々をもっと考えるようになり、議論が増え、その結果戦争が議論になっても戦争をしない強靭な国になると私は考えます。

2017年12月30日 (土)

危機に対して人々はどうして立ち向かえないのか?「火垂るの墓」の清太の行動に関する考察

「火垂るの墓」の清太の行動で、印象深いシーンがある。

神戸の家々が空襲に遭い、全員が逃げている中を、清太だけが流れに反して家々に入って盗みを働く。

その、盗みを働くところはちょっと違うのだけれども、

”神戸の家々が空襲に遭い、全員が逃げている中を、清太だけが流れに反して”

というのを、ひとりひとりが為さねばならない。(まあ結果的には有志が、ということになるだろうけど)

中核派だって、日本政府に反対反対と言っているうちは、空襲の爆弾から逃げている行為である。(安倍政権も北朝鮮も全部爆弾には違いなかろう)

twitterなどで反対活動をするのも、全部逃げる行為である。

だって”四散する”とか、”蜘蛛の子を散らしたように”いうけれども、そうして、いろんな人々が自分の思い思いのところに散った上で反対活動をしている。

・・・いや、日本政府という爆弾が暴発しないためには、爆弾の目の前に近づく行為こそが、すなわち、大挙して逃げている流れに抗う活動こそが必要なのである。

twitterでリツイートする、なんてのは、全部流れに任せて、日本政府の核心からどんどん離れている。

その流れを食い止めるには、日本政府の首根っこを掴まえて離さないココロがないといけない。

2017年12月28日 (木)

中核派や動労千葉、動労水戸らはまだまだ、”思想の天動説”である。しょせんは万年”ギザギザハートの子守唄”でしかない。

日本の、というか世界か、の左翼って、みんな天動説である。

・・・そういう意味では右翼や創価学会のほうがまだ地動説であって、賢いなあと思うところがある。


左翼は揃いも揃って、「安倍倒せ!とか改憲反対!」とか言う。

けれども、そんなタテマエをいくら言ったって、日本政府はちゃんと仕事してくれていると内心思っている。

中核派・動労千葉、動労水戸らが掲げる絶対反対闘争なんて、ガチで反抗期のガキでしかない。

”ギザギザハートの子守唄”を若い時から死ぬまで歌っているだけである。

本当に、この親は信用ならん!と思ったら、親は捨てて独自で生きていく。

左翼は、親離れができない万年反抗期でしかない。

なんでみんな、自分らで新しい政府を作ろうと言い出せないのか?

安倍晋三よりもオマエらのほうが無責任!

私は、日本政府権力に取って代われるし、そのために、あらゆる戦法で主張し、たとえば中核派にいたときも、中核派の闘いに従って、動労東京の立ち上げに関わり、鉄道運転士が最も興味を持つであろう問題を取り上げたけれども、中核派なんて全部自分らの旧来のストライキ闘争に押し込めようとして、けっきょく私は見限った。

やっぱり、絶対反対闘争なんて、権力がやっていることは実は正しい、という安心感がないとできない。

いま目の前で起ころうとしている大事故を、自分が察知したとして、防ぐためには、敵とか味方とか関係ない。

大事故を防ぐことこそが大事で、誰と共闘するとか、全く大事ではない。

私は、まだまだ世界は”思想の天動説”であると考える。

誰が言うか、誰を信じるか、そればっかや。

”思想の地動説”とは、”誰が”というのからは解放されて、事実にのみ従う。

それは”是々非々”の姿勢でもあるけど、”是々非々”を口にしながら”是々非々”を貫いた人間を私は知らないし。

だいたい中核派なんて、私が公安からストーカー規制法違反で刑事が4人来たと言ったら、東京東部ユニオンの白井とか小泉義秀とか、動労東京の吉野元久とか、みんな「警察は正しい、大西はおかしい」と言っていた。

私は、そこで私に対しての弾圧を加えているのだと主張したけれども、中核派は認めなかった。

・・・・うん、私に対して正しいことを警視庁公安部がしてくるのならば、大坂正明の逮捕も、それに連鎖する弾圧も、全部正当弾圧になってまうけど?


”思想の天動説” と、 ”思想の地動説” の違いを理解いただけるだろうか?

中核派も、”思想の天動説”という意味で、完全に権力側であって、事実や事故をものすごく軽視している。

私は中核派に対していろいろとハラがたつけれども、津久井やまゆり園事件だって、中核派はそもそも津久井やまゆり園が活動拠点だったらしい。

けれども、公営から民営になって、活動拠点じゃないと思って撤退したらしい。

・・・・けど、「民営化されたら問題だ!」というならば、民営化された後でこそ闘争をしないとおかしいよなあ?

それで撤退するようならば、それは民営化に問題が潜んでいないと、中核派のほうが主張しとることになってまうしなあ?

だいたい動労総連合だっておかしい。

私は何度も書いてきたけど、国鉄の民営化に断固反対するならば、敵はJR東日本ではない。

もちろん、JR東日本に対して、厳しいことも言うべきところもあるけど、営利企業なのだから、ローカル線を任されていることに関しては、どうやって存続させるか、というのを一緒に考えるという面もある。

JR東日本は日帝安倍の手先、という主張を中核派はよくするけれども、そんなこと言ったら国鉄のほうがよっぽど日帝の手先だっただろう。

そのあたりの論点の整理が、中核派・動労総連合において全く為された形跡がなかった。

2017年12月20日 (水)

今日の仕事はやっぱり早く終わった。16期公演ロビ観しようと思うとったけど、今日から萌の舞台"雷ヶ丘に雪が降る"を観に行くかなあ。

・・・やっぱ、舞台観たるかなあ。

16期も頑張って応援したらなアカンと思うけど、やっぱ舞台やっとるメンバー(OG含む)を応援する、というのは重要やと思うし。

そうやって、AKBの子らに向かって、OGが活躍しとるところもたらなアカンなあとも思うし。

ホンマの革命家は、誰かから言われて動くんとちゃう。
自分の意思でやりたいようにやり、行きたいほうにいく。

そういうのがちゃんとできる社会というのがホンマはないとアカン。


そういや、AKBINGO!のメインMCのウーマンラッシュアワーが、なんか賞をもろたらしくて、ツイッターで最近賛否両論もちきりやん。

けど、きわどい政治ネタとか、私の影響ないかなあ?

だって健さんをテレビに出すにあたって、やっぱ田野優花についてウーマンラッシュアワー

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ウーマンラッシュアワー


も事前にネタ調べとるやろし、そこで私のことだって知っとるやろ。


てか田野の存在って私にとって大きいよなあ。
伊達娘だけやとゼッタイにダメで、ゆかるんとか他のメンバーでもダメで、最初からブロードウェイと言うとった伊達娘以上に舞台に出れる、田野のようなヤル気も必要やねん。

それは健さんとリアルに話して思うよ。


まあしかし、じゃあ田野を守ってあげたいと私が思うかというと、健さんがめっちゃガードしていて、いま健さんとバトルする必要ゼンゼンないと思うし。

いや将来にわたって健さんとバトルする気ないけど。


田野優花も田野健もすごいよ。

あんなことやってのけたヤツは、世界でもまあほとんどおらんやろ。

私の知っている限りそうそういない。


けど、田野優花も田野健さんも、ココが限界かなあ、というのは、ハラには持っとる。

健さんから言われたら、私がどう見ているかあけすけに言うつもりはあるけど、健さんもインターネットに興味ないテイやしなあ。

けど、インターネットに興味なかったら、そもそもデザインできんよなあ。
デザインって流行に乗ることでもあるし。


てかハナシが飛ぶけど、私がAKBのメンバーに対して行っているのは、機械工学だかで言うところのフィードバック制御やからな。

たとえば、対象に対して、どんな制御情報を出してどういう応答が返ってきたか、ゼロサムではワカラン場合だってあるやん。

原子炉とかそうちゃうんか?

てかウーマンラッシュアワー村本って福井県大飯郡おおい町出身って、やっぱ根底には大飯原発に対する反抗心があるよなあ?


とにかく、制御に対する応答が、その装置から返ってこなくても、監視カメラで装置を見ていて、この装置は私が出した制御の通りに動いている、この装置は私が出した制御がどういうわけかワカランけど全く届いてない、と判断することは、サーバの側で可能やわなあ?

そういうのを人類はなかなか理解せんねん灸。

ホンマに人類全員に対してお灸据えたいわ。


てか"ウーマンラッシュアワー"って、想像できるモノが"痴漢"でしかない私はおかしいのか?www

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チーム8公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKB48舞台情報 | AKB48著名人公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | YouTube | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お礼 | お笑いネタ帳 | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | マルクス主義を粉砕する | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 中核派について | 中核派の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 前進チャンネル感想 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 枝野幸男 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野健 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック