マルクス主義を粉砕する

2017年10月16日 (月)

私の思った通りに進んでいる。枝野がんばれ。・・・ってかコッソリコメントとかしてくれたらアドバイスとかできるけど。 → 政党支持率 立憲民主党が希望の党を上回る、JNN世論調査

政党支持率 立憲民主党が希望の党を上回る、JNN世論調査
2017年10月16日 11時40分 TBS
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-108185/

JNNが行った世論調査で、先月から今月にかけて新たに誕生した二つの政党のうち、立憲民主党の支持率が希望の党の支持率を上回ったことがわかりました。
安倍内閣の支持率は、先月より0.6ポイント上がり48.7%、不支持率は1.3ポイント下がり49.2%でした。拮抗していますが、4か月連続で不支持が支持を上回りました。

各政党の支持率で最も高かったのは、自民党の32.8%ですが、次に高かったのは、立憲民主党の7.3%で、希望の党の5.2%を上回りました。続いて、公明党、共産党、日本維新の会、民進党、社民党、日本のこころ、自由党となっています。

安倍総理が臨時国会の冒頭で衆議院を解散したことについては、「非常に評価する」と「評価する」が合わせて21%で、「あまり評価しない」「全く評価しない」が合わせて75%でした。(16日11:05)




まだ自民党には遠く及んでないとはいえ、立憲民主党が希望の党を上回ったってのはええ兆候や。

あと一歩、立憲民主党がイイ!という人々が、あと一人連れてきたらだいぶ変わってくる。

あと一人でええねん。

あと一人がまた別の一人を勧誘するかもワカランから。


そんなねずみ講はアリやねん。

”ねずみ講”ってダメと言われれるけど、それはカネが絡んでくるからダメなのであって、カネが絡まない”ねずみ講”ってある。

それは、人々のウワサ話やねん。

人々のウワサ話は、カネも要らんけど、拡散力はすごいよなあ。


人々がウワサできるモノを投下する、というのはあるなあ。


たとえば枝野幸男も、敢えて国会議事堂前で演説するとかないかなあ。

国会議事堂前で演説とか、アカンのかもやけど。



たとえば聴衆が何千人とか話題になるけど、投票の年齢が下がったから、大規模な大学とか高校の下校時間に合わせて演説するとかいうのもあるんちゃうんか?

やっぱ、既成概念を打破するためには、自分らの既成概念を打破せなアカン。

”.ストライキで闘う”なんてのは古すぎる。



・・・・・・・・・いや、ストライキで闘うという戦術を、私だって捨ててはないけど、ストライキをする前にイロイロとやれることがあるやろ、と言いたい。

ストライキしなくて、危ないからレール交換しろ!と言って、実際にレールを交換させた動労千葉の闘いだってあるやろ。


だから、ストライキじゃないんだよ。

ストライキじゃなくて、自分らこそが労働の主人公だから、権力の側がココを見過ごしたらダメというモノを知っていて、そこを突いて闘うってのはめっちゃある。

そんな闘いをしてこそ、人々の支持を得られるにもかからわらず、中核派は前進社が言うがままの金正恩全体主義闘争路線やから、手段であるはずのストライキが目的になって、それどころかスローガンになってまうねん。

「ゼネストで戦争止めよう!」とか、最終的にそうなる可能性は私も否定せんけど、スローガンとして掲げるのは本末転倒と思う。


まあ、どうして私がそう考えるかとか、言っちゃ悪いけど法政大学とかだと、説明してスグ理解できんよなあ。



・・・・・・・・・・いやべつに法政大学をバカにするわけちゃうけど、・・・そもそも大学卒じゃなくて高校卒の人々も一緒に仲間にならなアカンしなあ・・・斉藤いくまも全学連も、中核派も、全学連出身というのをけっこうハナにかけとるところがあって、個人的にはハラタツ。

2017年10月 4日 (水)

前進チャンネル掲載コメント。私も極左暴力集団に対してよくココまでコテンパンに書くよなあ。・・・・てかココまで書かな日本は変われんと思うしなあ。 → 中核派の連中ってものすごくアタマが悪い。

https://www.youtube.com/watch?v=ukzdzAc1Kds&lc=z23ftbnb3tr1xbp5c04t1aokg0vdh3n04aiuxipju2pdbk0h00410


中核派の連中ってものすごくアタマが悪い。

日本政府や安倍晋三のことを糾弾しているけれども、それは日本政府や安倍晋三が連立方程式を解けてない!と糾弾するようなもので、確かに日本政府や安倍晋三が連立方程式を解けてないのは事実なんやけど(いろんな人々と連立できてないから)、そもそも中核派って九九も危ういヤツらばっかや。

”マルクス主義”ったって、心底理解しているんじゃなくて、「”マルクス主義”を暗唱できる!」って自慢しとるヤツらばっかや。

それでは、中核派もオウム真理教も、北朝鮮金正恩全体主義も、全く同じや。


暗唱ではなくて、自分で考える、そこにこそ、”人間は考える葦である”とした、パスカルの考えに至るわけやけれども、マルクスは哲学のソクラテスとか、ローマの創始者といっていいカエサルとかだけでなく、パスカルにさえ及んでないんやなあ。


マルクスは、人間から、考えることを抜き去って、ロボットと同じ”労働者階級”なる概念で、”資本家階級”との対立構造を考え出した。

私はそれはマルクスの浅はかすぎる考えと思う。

私が先生でマルクスが生徒とすると、こんなアホな発想するヤツ、コテンパンに叩きのめすぞ。

マルクスってその程度の知能やねん。マルクス主義者で貫き通してきた、中核派前進社には悪いけど。

マルクスのIQがもし調べられたら、100くらいやと思うぞ。


いま、枝野幸男の立憲民主党がめちゃくちゃ支持を伸ばしとるけど、言うとることは実のところ中核派と大して変わらん。

じゃあナニが違うか。

確かに、枝野幸男も、原発再稼働を認めた過ちとかはあるけど、フクイチの事故対応に奔走していたことは日本の全員が知っているし、そんな中で、安倍晋三も小池百合子もイマイチ、と全員が思っていた中で、枝野幸男が出てきたら、枝野幸男ならば総理大臣にしたい!と、みんな思うてまうやろ?


私は、確かに、枝野幸男がホンマにちゃんとやってくれるかは、マユツバとは思うとる。

けど、だからといって全部否定ではダメで、たとえば、ジジイの清水丈夫がいつまでも権力を握っている中核派はなかなか理解せんやろけど、未熟かもやけど後輩にやらせてみる、というのはあるよ。


全学連の斎藤いくまとか洞口朋子とか、前進社の意向のままに言うとるけど、ゼンゼン違う。

全学連が、若者の意思で、前進社と対立できてこそ、初めてそこに”学生運動”が生まれるんやろが。

・・・いや、”学生運動”を性善説的に考えるとな。


斎藤いくまも洞口朋子も、そんなことを考えなくてもいいように、前進社から飼いならされている、そういうところにハラがたつ。

斎藤いくまも洞口朋子も、ようは前進社のイヌやねん。

それで、どっかの組織のイヌが、革命を起こすなんてゼッタイにない。

どっかの組織のイヌである自分たちはおかしい!組織の内的革命が必要だ!って立ち上がれる人間にこそ、外的革命(リアルな革命)も成し遂げられる。


そう思わんか?


まあ、中核派は官僚以上に官僚化しすぎてワカランかもやけど。


私の目には、中核派は、日立製作所とか、日本政府とかよりも、もっと官僚的に見えるぞ。

私はだいたい、中核派がチカラを入れているはずの、鉄道の、ホームドアの国際規格に関する国家戦略の会議に出て、国土交通省の役人(東京メトロからの出向者やったけど)とかのココロを鷲掴みする発言をしたんやからな。

それを言ったのに、動労東京委員長のアホの吉野元久は、私が感じた実感じゃなくて、自分の狭量な考えに押し込んで、私の経験を全部無視した。

それって私の鉄道労働者としての誇りをないがしろにする行為なんやけど、動労東京委員長のアホの吉野元久は、そういう、人間の機微も理解できん人間のクズやった。

ココに吉野元久の顔を示すけど、ウーパールーパーソックリやろ。

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%90%89%E9%87%8E%E5%85%83%E4%B9%85&rlz=1C1VFKB_enJP675JP675&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiFovGBkdfWAhVIxrwKHdGZAiUQ_AUICigB

私は、吉野元久を、”ウーパールーパー吉野元久”と名付けたけど、コレ見たらわかるとおり、吉野元久ってウーパールーパーみたいな顔しとるやろ。

そのうえで、”ウーパールーパー”って”アホロートル”ともいうんやからな。

アホでロートルの吉野元久にはちょうどいいと思って、・・・・ってか保線屋のくせして保線のことなんも知らんねんぞ。65歳とかになっとるくせに。

ホンマにアホや。


まあ、そんなアホのハナシを延々としても仕方がない。


私は、動労東京組合員だったときから、ブログを作成できるのは私だけという理由で、都合よくブログ作成要員にされたんやけど、それで私が動労東京のためにブログを作成したからといって、私の主張とかは中核派も動労東京もいっこも認めんかったよ。

それどころか、私が動労東京の構成員である理由であった、JR東日本テクノハートTESSEIから雇い止めされるときになっても、中核派も動労東京も、私が中核派に対して反抗的という理由からか、なんも行動してくれんかった。

そして私はJR東日本テクノハートTESSEIから雇い止めされるに至った。

http://dorotokyo.edoblog.net/%E4%B8%AD%E6%A0%B8%E6%B4%BE%E3%83%BB%E5%8B%95%E5%8A%B4%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%AE%E8%85%90%E6%95%97/%E7%A7%81%E3%81%AE%E5%AE%B6%E3%81%AB%E6%94%BB%E6%92%83%E3%82%92%E4%BB%95%E6%8E%9B%E3%81%91%E3%81%A6%E6%9D%A5%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AF%E5%85%AC%E5%AE%89%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%8B%A0


だから、柿沼か柿崎か知らんけど、干し柿みたいな顔したババアが、都庁から雇い止めされた!って、中核派的に問題視しとるけど、けっきょくその干し柿女史が中核派の意向に沿う主張をしているから、利用して訴えているだけやろが、と言いたい。

大多数の人間が、中核派の意向に沿ってないし、そんな人々と共闘するためには、中核派のほうこそ変わらなアカンのに、そんな発想が中核派にはない。


中核派は絶対善で、世の中の人々が変わらねばならない、と一方的に言うとる。

それって、オウム真理教とか北朝鮮金正恩全体主義となんも変わらんのに、自分らはマルクスという核心を持っとるという幻想を抱いている。

2017年10月 1日 (日)

【前進チャンネル掲載コメント】中核派は実は天動説を主張しているに過ぎない件に関する考察。

https://www.youtube.com/watch?v=xjo9rzGZso4&lc=z23tu5oh2r32xnvba04t1aokgftwumjjahwsknfvxgz4rk0h00410.1506861888564220

千両一滴もようやく私の主張を、少しでも理解してくれたか。

このようなことを議論するのがホンマの民主主義やのに、中核派の中ではタブー視されて、それで中核派動労東京を追い出されてもた。

けど、こんなことをざっくばらんに話せんというのは、つまるところ前進社が言うことに従うしかない(プロレタリアとかいう接頭語も不要な単なる)独裁主義なのであって、そんなのを平然と主張しているというのはもうてんでおかしい。


マルクス主義は正しくて、スターリンが誤った方向に持っていったという見方も私はウソと思っていて、”共産党宣言”を読んだら、マルクス自体が独裁のためのツールとして”共産党宣言”を書いたけれども、マルクスには人に分かりやすく説明したり説得したりする能力がなくて、独裁を成し遂げられんかっただけ、と思っている。

そういう観点から捉え返したら、”共産党宣言”っておかしいやろ。


そもそも、”プロレタリア独裁”といって、独裁を肯定的に捉えているけれども、中核派の清水丈夫独裁体制を見ても、”プロレタリア独裁”なんていっているのは事実上の独裁で、その独裁権力を手に入れたヤツが独裁状態を自主的にやめるなんて、まあ考えられん。

暴力革命論だっておかしくて、けっきょく暴力にはいい暴力と悪い暴力がある、と言っている。


「平和の核とそうでない核がある」と言って過ちを犯してきた世界の、とりわけ日本のフクシマの問題を全く考えてない。

フクシマを本当にココロから反省するならば、核だけでなく暴力にも、正しい暴力なんてないという発想が出てこなアカン。


・・・・・じゃあどうやったら、現状を変えられる”革命”を成し遂げられるのだ?と、みんな思うやろ?


それは、アーリーン・イノウエとか、中野洋とかが説いた、”共感”やねん。

物理学でいうと共振であり共鳴や。

中核派に入るとたとえ理系でも、物理学なんかほったらかしで、”マルクス主義”だけが絶対の経典になってまうのもおかしい。


それってようは、中核派は、”マルクス主義”という天動説を、証明もなしに信じとるということやねん。

私はいろんな革命とか、韓国の民主労総の闘いも見てきたけど、やっぱり”共感”や、共振、共鳴が発生しとる。


日本でどうして民主労総の闘いができてないかというと、中核派には(他党派もやけど)、”共感”という概念がない。


たとえば”連帯のあいさつ”といっても、それはぶっちゃけ「カンパのあいさつ」なのであって、その集会に対してなんらの共感をすることなく、自分のこれまでと同じ主張を延々と述べていく。


ホンマに共感するならば、自分の主張なんかどうでもいいから、テレビ番組のパネラー形式で、議題に沿って討論できると思うねん。

中核派の集会って全然ちゃうやろ。

昔のアフリカの植民地みたいに、いろんな国の植民地が、地形も考慮せずに経緯度線に沿ってズバッと裂かれていて、全部が港の方向を向いていて、横の連帯、共感、が全然ない。


そんな、中核派のいう帝国主義にどっぷり中核派がハマっているような矛盾だらけなところに、人々の意思は集中しようがないし、革命は起きません。

2017年9月28日 (木)

前進チャンネル掲載コメント。中核派が如何に民意に沿ってないか、ヒトラーとか北朝鮮同様の独裁政権を目指しているかについて。

https://www.youtube.com/watch?v=xjo9rzGZso4&lc=z22ucvgi1nevvp1yt04t1aokgux1ww43qv3xgovoa4w2rk0h00410.1506609405178638

> 圧倒的多数を誇るマジョリティー・ブルジョアに対して、
> 恐怖すら覚えるほど、何も知らない哀れなプロレタリアたち。


そのとおり。

では、安倍政権が危機に瀕している理由というと、森友問題とか加計問題を糾弾した人がいたから。

そうすると、”労働者が連帯する”とかいう空想上のものごとではなくて、実際に不法行為などを糾弾するほうが明らかに手っ取り早いし具体的やな。


そもそも資本主義は破綻し、”新自由主義”と、中核派は言っているのだから、政府権力の不法行為なんかいっぱい見つけられる。

だからこそ、中核派そっちのけで、いっぱい見つけて指摘しとる私にばかり、公安が住所を知らせる動画を撮影するような、リアルな攻撃

https://www.youtube.com/watch?v=-G5P4jokVfw


をしてきとるんやけどな。


中核派は、「プロレタリアだから、なにも知らなくてもいいんだァァァァアアアアア!!!!」と言う一方で、「人々はマルクスを学ぶべきだ!」と言って、自分らのいう”マルクス主義”のヒエラルキーをそのまま流用して革命を唱えとる。


だからか、中核派系の弁護士とかでさえ、中核派の上のほうに行っとるようには見えん。

鈴木達夫だって、ホンマはNHKを不当解雇されたことをもっとガンガン攻めたほうが、そもそも(私が聞いたハナシでは)日本政府に抗した放送を自主的にするという理屈で受信料を取っているNHKが、鈴木達夫を解雇してきたことをもっともっと糾弾したほうが、他の”労働運動”を広めるよりも手っ取り早い。

まあ私の闘争だけでなく、中核派のリアルな闘争を見て、そういう方法もあるのに中核派がやってないのはおかしいなあ、と思っている。


そこから、鈴木達夫は中核派のカオにはされとるけど、あんま前進社の内奥にはタッチさせられてないのではないか、と、私は推測している。

私の考えが甘かったら悪い。


てか中核派の中で、生粋の中核派以外のモノは外様みたいなカンジで低く見るところがあって、だからこそ斎藤いくまみたいな(最初は右翼だったとしても)ほぼ純粋培養が担ぎ上げられるのであって、中核派ってハラの底からなにかを考えている人間が登用されるような組織ではない。


そして、そんな、リアルな考えじゃなくてヒエラルキーを重視するような中核派が権力を握ったら、独裁政権まっしぐらなのは、猫まっしぐらよりも自明や。


反スタだからいいというわけではない。

私は、そもそもマルクスの共産党宣言の中に、独裁政権を樹立するための保守的な考えがたくさん入っていると考える。


たとえば、国外逃亡者の土地とかなんとかは全部没収、なんて項目があったと思うけど、そもそも国外逃亡者が出ること自体が恥ずべきことなのであって、国外逃亡者の土地とかなんとかを全部没収するかどうかを考える以前に、どうして国外逃亡者が出てしまったのか、自分らの中に過ちがあるのではないか?と、自分らで反省する機会がないとアカンはずやねん。

まあそれも、最初は上手くいっても、いずれは連合赤軍のように”総括”が悪い意味で使われるようになるんやけどな。


日立製作所でも、”落穂拾い”といって、少しの問題も展開する発想を、馬場粂夫(ホイチョイで「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」の監督をした馬場康夫の祖父。

・・・ってかいま調べたら、AKBの「翼はいらない」のMVって馬場康夫が作ったのか!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E5%A0%B4%E5%BA%B7%E5%A4%AB


馬場康夫もまた日立製作所に勤務していたことがあるし、そいつが「翼はいらない」で新左翼を揶揄するようなMVを作った

https://www.youtube.com/watch?v=4Y29etPlxPY


というのは、中核派というよりも、当時中核派であった私へのアテツケやろ。)が言うたらしい。

・・・・・ってかインターネットって便利やなあ。

ちょっと調べたらイロイロな事実がわかる。


けど、ほとんどの人間が、真実に突き当たるまでに、ナントナク自分が正しいと思う感想を見て、それで満足しとるねん。

「中核派は過激派であって人類の敵である!」みたいな主張も、大勢が満足するに十分やな。

中核派連中はそういうのさえ理解できてない。


・・・・・てかそもそも(私もイロイロ主張していて、どこに反論しとるのかわかりづらいけど)「翼はいらない」という名前自体からして、「翼をください」のアンチテーゼなのは明らかで、こんなのもまた明白なアイドルの政治利用や。


私はそれを中核派時代に主張したけれども、中核派のバカどもは全く理解せんかった。


「翼はいらない」の歌詞を読んでみたらわかるけど、翼なんてもともと要らないんだ、って上から言っている。

・・・・・・・けど、そんなの、自分が翼を持って大空を飛んでみてこそ、翼があったほうがいいかないほうがいいかわかる。

大空を飛んだことがないヤツに、翼がなくてもいい、なんて歌詞を提示するというのは、コレは実は政権なんて取らなくても誰かがやってくれるよ、と言っている。

そして、中核派とか新左翼のヤツらは理解できんやろけど、人々の大多数は、そう言われたら理解してまう。


馬場粂夫までハナシを戻すと、ブログのさらに引用やけど、こんなことが書いてある。


http://dehabo1000.cocolog-nifty.com/holder/2007/02/3_39e6.html

-------------------------------------
(承前)
この前書いたように、馬場康夫氏の祖父である「馬場粂夫」氏の話をしてみよう。
氏は、明治43(1910)年 東京帝大工学部電気工学科卒、創業時に入社(まだベンチャー会社だったんですね)徳山曹達納塩水電解形水素瓦斯・塩素瓦斯・曹達製造装置などの新規開発に従事 日立研究所初代所長 中央研究所初代所長 専務取締役就任後 公職追放。
公職追放解除後「顧問」として復帰。復帰後は製品事故の後始末に専任し「失敗の中に経験を拾う」活動を率先推進。1977年没。
というわけで、「失敗の中に経験を拾う」という意味で名前を検討。社史では「どぶさらい」という意見もあったが、さすがに・・・ということで、ミレーの絵にあやかり「落穂ひろい」というなまえにした由。たしかにあちこちの研修所にミレーの「落穂ひろい」の絵の複製(大日本印刷製が有名)が置いてあるのをよく見た。
-------------------------------------


日立製作所の中で、馬場粂夫が「落穂ひろい」を始めたのは、「失敗の中に経験を拾う」という意味やった。

けど、現実的には、「落穂ひろい」は、重役が下の者を叩く場にしかなってない、と聞いた。(私は出たことがない)

そして、日立製作所の工場では、「落穂ひろい」なんて意味がない、なんて声がいっぱいあった。


そういえば昨日、中華料理屋に行ったら、ICCとか言うとるヤツが「ワンワンワン!」と言っていた。

(たまたまなのかなあ、日立製作所の印刷業務もICCというたなあ。てかそいつは、・・・・・いや、犬のおまわりさんじゃないぞ、ハナシの内容から恐らく、LAN-WAN-LANでネットワークを構築するということを指して、自分のシャチョーはLANとWANの区別がついてない、という意味で言うとるのやろなあ、と思って聴いていた)


「ワンワンワン!」って言って、「それワン(WAN(注:Wide Area Network ))だろ!」って上司っぽいのからツッコミ入れられてたし。

ちなみに、”LAN”は、 中核派のマルクス全体スターリン金正恩主義しか知らんヤツらはほとんど知らんやろけど、”Local Area Network”の略やからな。


・・・・・・・まあどうでもいいよ。

中核派前進社は、いや新左翼とか、新左翼連合が作った救援連絡センターさえもやけど、


みんな、マルクスとか、自分が覚えた、さらには覚えたい学問には興味を持つんやけど、学問を取っ払って、なんかこのヒトは困難に窮して訴えているからハナシを聴こう、なんて発想はゼンゼンない。


”なんかこのヒトは困難に窮して訴えているからハナシを聴こう”


なんて発想があるところに、賛同者って現れるハズと私は思うんやけど。

2017年9月27日 (水)

救援連絡センターの存在意義とはなんなのか? けっきょく極左はどこも権力闘争の論理でしか動かないのか?

私・大西秀宜は、日立製作所の違法な個人情報の収集

https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRSUx3RjhBTU9pNTA/view?usp=sharing

を訴えて公益通報したら、報復で日立製作所から懲戒解雇され、それで日本にいては命が危ないと考えて、翌日にドイツに亡命した。

2012年6月23日のことである。

日本政府とドイツ政府とは、私の気をおかしくしようと判断したのか、1年以上かけて、全く無意味な資料を作成し、それどころか、私がドイツ政府に出した資料の一切合切を恣意的に紛失して、私にパスポートだけ渡して強制送還した。

2013年7月3日ではなかったかと覚えている。

その資料も私は所持している。

そんな状態で、私は強制送還された後に、日本政府のおかしなところを訴えて、いろんなところを駆けずり回ったけれども、全部隠蔽された。

その隠蔽が雪だるま式に大きくなって、日本政府のほうが回答に窮して、私のことをストーカーであると断定して、警視総監名義で警告書まで作成してきた。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2017/04/28/scan001.jpg
http://onicchan.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2017/04/28/scan002.jpg
http://onicchan.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2017/04/28/scan003.jpg

私は、動労東京委員長である吉野元久(判断力をなくした人間のクズである)に対して主張し、おかしなところを主張したけれども、吉野元久は、

「それは、本当に警察に被害届が出ているからだよ!」

などと断定して、それ以上私の主張を聞かなかった。

吉野元久がバカなのは、私はもう散々に理解したけれども、どうも救援連絡センターもまだまだバカのようである。

私が、上記のような警告書を受けた旨を主張してさえも、救援連絡センターはガン無視を決め込んだ。

そして私は、元AKBメンバーである岩田華怜の盟友である現AKBの田野優花のお父さんが、バーを経営されていることを知り、会いに行った。

私はストーカーをしていない確信があったからである。

だから、私は、本年9月14日未明に、田野優花のお父さんがバーを経営していることを知り、そこに行きたいとブログに書いたら

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-bb5e.html

それに反するコメントがあり、その延長上で、翌9月15日に、私の住居を特定する動画が掲載された。

https://www.youtube.com/watch?v=-G5P4jokVfw

私はこれ以前の経過からも、公安が住居で待ち伏せしていることが何度もあり、さらに、私の身柄を確保した時に、

「(居住地近くの地名番地)付近にて大西を確保しました!」

という内容の書き込みを、2ちゃんねるとブログのコメントにて為された経験からも、公安が仕掛けてきたこと以外に考えられない。

というのも、公安以外であれば、このような大胆不敵な動画を投稿すれば、必ずのようにIDを特定され、逮捕されるからである。

そうすると、逮捕されないという確信があるからこそ、このような動画を投稿してきた、というしかない。

公安はまた、岩田華怜に関して、私に対して、昨年6月に、音声変換技術で捏造してまで電話させたとウソをついている。

というのも、もし仮に私のことをストーカーと訴えているのであれば、電話に出れるはずがないし、私は電話の相手が、岩田華怜の声はしているけれども、私の記憶にないことを、私が起こした訴訟で弁護士が書いてきたウソ内容に即して言っていて、おかしいおかしいと思った。

おかしいおかしいと思ったから、他人の声を似せる技術ってあるんじゃないか?と思って調べたら、私が攻撃を受ける1ヶ月前に、音声変換技術開発の報が入っていた。

【朗報】自分の声を他人の声そっくりに変換できる技術が開発される! 亡くなった声優の声で新しいアニメも作れる模様

2016.05.16

http://yaraon-blog.com/archives/84769

こんな技術をアニメ声優などに使うなどとは到底あり得ず、こんな技術は”新捜査手法”のために日本政府が依頼したものである!

と、私は中核派内で主張したけれども、白痴の中核派どもは誰も理解しようとさえしなかった。

救援連絡センターは中核派そのものではないけれども、どのみち革命を成し遂げられなかった人々の集合であり、反対をすることそのものに意義を感じているのであって、本当に勝つストーリーを想像しているとは、到底思えない。

だから、私は、救援連絡センターに期待するものはないのだけれども、救援連絡センターがけっきょくは極左暴力集団のためだけの恣意的な組織であることは糾弾せねばならないと思って、ここに記す。

というかそもそも論として、日立製作所の違法な個人情報の収集、これひとつを取っても、組合の団結権を根本から揺るがすくらいの大問題なのに、自分達の闘争ばかりに目が行って、ヒトの闘争に全く関心がないってどないやねん、と思う。

自分がヒトの闘争に関心がないならば、ヒトが自分の闘争に関心を持ってくれないのも道理やわなあ。

自分がヒトの闘争に関心を持ってはじめて、ヒトが自分の闘争に関心を持ってくれる、どうしてその発想になれないのか、不思議で仕方がない。

2017年9月23日 (土)

こんな書き込みがあったぞ。→ 濱口桂一郎 私に対する罵倒は、池田信夫イナゴだの田中秀臣バッタだのでさんざん慣れてますので、 今更気にもなりませんが、大西秀宣なる人物からの攻撃には驚きました。

・・・コレってネタと思うか?

当然のように私は自演なんかしないし。


■「希流」こと「服部一郎」について [無断転載禁止]©2ch.net
https://mevius.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1491751280/834

834濱口桂一郎 ◆IJi4joEqow 2017/09/23(土) 18:16:42.83
私に対する罵倒は、池田信夫イナゴだの田中秀臣バッタだのでさんざん慣れてますので、
今更気にもなりませんが、大西秀宣なる人物からの攻撃には驚きました。
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/cat67086315/index.html



濱口桂一郎って、労働政策研究・研修機構(JILPT)に在籍している日本の労働官僚や。「前進」でも名前を取り上げたことがある。


そいつが私のブログの書き込みについて驚いたと書いてきとるのであれば、それはものすごく問題なことなんちゃうの?


てかtwitterで池田信夫をクリックしたらアクセスブロックされていたこともあって、実は私は中核派が理解している以上に、労働問題について考えている。

けど、中核派は、・・・いや中核派以外もやけど、私が労働問題の核心を主張していることは全く認識してないよなあ。


私が死体遺棄されてから、「前進」でようやく問題というんやで。

津久井やまゆり園事件だって、そもそも津久井やまゆり園は中核派の拠点やったのに、不要と判断して撤収したから事件が起きた。

不要な拠点なんてなにひとつない。そこに人間がいるのだから。


労働問題とかいうけど、実は労働問題ではない。

だって労働って、みんなやらされているのだから、けっきょく八百万の問題やねん。

八百万の問題を”階級闘争”だとか、企業との戦いのように、みみっちいモノに閉じ込めてはアカンねん。


そういえば、福島第一原発の問題だかを、国と東電を相手に訴訟した者がいて、裁判所は国を相手にしたところは退けて、東電をのみ裁判の相手に決めた、とか、報道されとった。

そうじゃなくて、東電じゃなくて国のありかたが問題なんやろ。

東電を相手に訴訟するんじゃなくて、どうして国のありかたについて検討できんのか、そんな裁判所にどうしてなっているのか、そこに問題点を置いて闘争せなアカン。


国鉄闘争だって、裁判所のいうことをヘーヘーと聞いて、国を相手にするんじゃなくてJR東日本を相手に訴訟してしまった。

「JR東日本が不当労働行為を働いた」とか言ったって、そんなのは枝葉末節でしかない。

日本国がどういう意思を示しているか、そっちのほうが重要やのに、中核派もゼンゼン戦略を誤っていて、だからこそ戦略的に正しい私のほうに公安の攻撃が集中しとるのに(上のリンクを参照してみろよ、私の家のドア鍵にボンドするかどうかの、”民主的”な投票なんかしとるぞ)、中核派はそんなのは上の空でしか見てない。


中核派は、野に咲く花を見て、「綺麗だ!」と思わずに、「野に咲く花も闘わねばならない!」って言って、花に向かってビラを差し出すようなアホンダラばっかやねん。

希流こと服部一郎について調べていて、ヒトのブログやけど、希流はそこそこマトモなことも言っているみたい。

労働者のこだま(国内政治) “希流”問題は中核派の試金石 09/12/04 01:58 Weblog http://blog.goo.ne.jp/sekiseima/e/4470a12c5d0ae20d0d25eab481c4938a

 この世にマルクス主義とか、社会主義とかいう思想があり、それが労働運動に持ちこまれたから労働運動は前進しなかった(?!)という彼の奇妙な持論は、今も堅持されており、左翼と闘うことが、労働運動を発展させる唯一の道であるという彼の信念はいまも保持されている。

(略)

 そこで、必然のものとして選択された戦術は、思想の“主体”である個人を攻撃することである。しかし言論による個人攻撃は、言論の暴力であり、言論のテロリズムそのものなのである。


"彼の奇妙な持論"とされとるモノが真実なんちゃう?

だいたい私はマルクスはペテン師と言うとるし。


もっというと、"労働運動"なんて言うとるけど、八百万(やおよろず)の問題やねん。

だって"労働運動"なんて言ったって、結婚はどうするかとか、子供はどうするかとか、病気になったらどうするかとか考えたら、労働という切り口で考えるのがホンマにええのか疑問や。

私なんていま派遣会社で毎日違う会社に働きに行っとるけど、私はどの会社を相手にして誰と一緒に闘ったらええのかサッパリワカラン。

そんなふうに雇用形態が変わっているのに、旧態依然の雇用形態に従って人々が集まるのは難しい。


"言論による個人攻撃は、言論の暴力であり、言論のテロリズムそのもの"

というのは全く違う。

それって「討論」やから、暴力でもなんでもない。

もちろん集団で一人を洗脳するようなのはアカンけど。

しかしとにかく、このブログのヤツは、言葉の暴力を使わずにリアルな暴力とかリアルなテロリズムをやったらいいとでも言うのか。

思考が全くおかしい。


2017年9月10日 (日)

うめたの舞台行かんかった。始まって1時間で入ってくるとか、まあ12期くらいならばアリかもやけど、うめたは舞台があることを知らんくらいにしかチェックしてなかったから、仕方ないよなあ。・・・からの、政治的に思うことなど・・・からの、小湊鉄道

それで、昨日の切符もあるし、内房線に向けて移動中。

しかも久々にグリーン車。

やっぱり2階だての列車とか、プラスアルファでも乗れるならば乗りたいよなあ。


時間をチェックしたら、木更津往復して、五井から上総牛久往復するのはできる。

しかしかも五井で降りて、この時間からやけど、小湊鉄道を行ったり来たりすることだってできる。


・・・てか私、最近仕事が拘束時間ハードめなのに入れられるようになったよなあ。

派遣やから、日々違って、毎日違うヒトに当たるんやけど、いろんな経験を積んできて、いい意味でもそうでない意味でもプライドがあるヒトの言うことに、自分を押し殺して全部従う、って、僧侶の修行よりもハードやと思うぞ。

そのハードな仕事を、私は頑張ってやってみせる。

ハードだからこそ、中核派みたいに仲間うちでぬくぬくしているんじゃなくて、ハードな労働をしている人々の悩みを、実体験として理解できる。

飲みの席で動労水戸のバカどもから、「それは理想論だ!」とか言われたけど、私はものすごく具体的なことを言っている。

動労水戸こそ、常磐線延伸反対とか、どうでもいい闘争をしている。


常磐線延伸反対って、全く主張の中身が見えん。

いや被曝労働反対はわかるけど、たとえば被曝労働をしているヒトに直接会って、「オマエらは殺人鬼だ!」とかコテンパンに言われて、そこでどう返答するか考える、その先に革命がある。

コテンパンに言われたことは無視して、言いたいことだけ言うとるヤツらに、正義なんてない。


てか今年カナダ建国150年と聞いて、改めて、赤毛のアンにたびたび政治の話題が出る理由がわかった気がした。

だって赤毛のアンが書かれたって、カナダ建国からまだ39年とかなんやし、モンゴメリも、そもそも赤毛のアンをどこかに持ってって蹴られたから、やむなく寝かせていて、モンゴメリ自身自分が書いたことさえ忘れるくらい経って、改めて読み返したら、ボロボロ泣いてもて、やっぱコレはいい作品や!と思って、ペイジ社に持ちこんで、ようやく理解された。


・・・上の人間が誤った判断をすることなんていっくらでもある。

だから、アイドルのオーディションみたいに、落選してもトライし続ける、というのは大事やねん。

けど、ヒトってどうしても、上のヒトは正しい判断をするモノと思いたいよなあ。

それがちゃうんやけどなあ。


けっきょくグリーン車を捨てて、今日もまた小湊鉄道を行き来することにした。

旧型の車両やから、運転士がブレーキを操作しても、空気が溜まっているかどうかで効き具合が違っていて、職人技やと思うとる。

・・・せっかくグリーン車に乗ったのに、グリーン車から景色を楽しむことなく、五井に着いてもて、いま小湊鉄道に乗っとる。

五井駅のニューデイズにはアサヒの生ビールのサーバがあって、たぶん380円くらいでやってくれた。

もうゼッタイに小湊鉄道のお客さん用やろ。

まあいま私も飲んどるけどな。

2017年9月 9日 (土)

マザー牧場で丸々半日楽しんだ。もっと早くから来ていろいろ体験したらもっとオモロかったやろ。しかしジンギスカンはイマイチで、アレの食レポは無理w そしていま養老渓谷まで1往復中

マザー牧場には13時ごろに着いて、ロケでは反応が薄すぎて全部カットされとったファームツアーに申し込んだら、もう最終の15時40分のしかないと言われて、どうせ最後までいるつもりやったから、申し込んだ。

それで、さっそくジンギスカンを食おうと思ったら、13時30分から乳牛の乳搾り体験ができるとのことで、せっかくやから子供にまぎれてやってみた。

いや牛よりも女の子の乳を揉んでみた・・・・・・いやなんでもありません

人数多いから2回しかギュッとできんかったけど、牛の場合は乳首のところに乳が溜まっとるのが見てわかるから、それを搾り出すイメージで出したらよく出た。


AKBの子らもやっとった、子ブタのレース場があって、次の回は15時とあったから、とりあえずココロに留めといた。


次にジンギスカンを食いにレストランに行ったら、ココは敷地が広いから何ヶ所もあるんやな。

ファームツアーに申し込んだついでに、お姉さんに、どこで食べるのがオススメか聞いたら、今年1月にできたレストランがオススメと言われたので、そこに行ったけど、AKBの子らが食うとったのはそこじゃなかったっぽい。

そこが味気ないと思ったのは、スーパーマーケットのように既に食材が、羊肉1人前とか、野菜1人前とか、パック詰めされていて、それをトレイに載せて会計して、自分で席に行って焼くスタイルやねん。

それで、羊肉1人前と野菜1人前と、ライス大と生ビールで、2,300円くらいした。

さすがに高過ぎやろ。

マザー牧場はどういう理念で経営しとるのかワカランけど、私ならば、生きもの、家畜、を見せたいと思うならば(てかようは家畜だけ集めた動物園やからな)、その家畜の肉とかはリーズナブルになるハズやと思う。

そこが高くてイイカゲンではアカン。

しかも、みんなまず鍋に野菜を載せて、その上に羊肉を置いとって、なんでかなあと思ったら、壁に、そうやって食えと書いてあった。

それで専用の、濃いめのタレを付けて食うねん。

そうするとどうなるかというと、ジンギスカンじゃなくてタレを食った気がした。

野菜も一緒に焼いてもええかもワカランけど、野菜なしでも美味い、ようでないとアカンのとちゃうの?


一般的な、牛や豚や鶏、ブリとか鯛とかサーモンとか、ポン酢とか醤油とかで美味しいやろ。

私は熊肉も美味やと思うけど。

濃いめのタレとか野菜とかじゃなくて、極論すると、しゃぶしゃぶで食えるような羊肉を追求だってできるんちゃうの?

私はそう思うなあ。

だから私は美味いとは思わんかった。


羊肉をもっと美味くできるやろ。

それで、レストランの目の前でバンジージャンプしとるヒトが見えたから、レストランから出て見たら、2000円したから、やらんかった。

バンジージャンプ単体で2000円やと、きっと相当良心的な値段やと思うけど。


人だかりが見えたからなにかな?と思うたら、14時45分までのアヒルの大行進がちょうど終わるとこやった。

また、全体的に家族連れ、カップル、女性連れが多かったけど(そこに敢えておひとりさまで行ってイロイロ書ける私女子力高いやろ。毛もないしなあ。←その毛ではない)

そんな中でオトコばっかの集団がいて、どっかの大学のサークルかと思ったら、"住友重機械労働組合"とかいう旗を出してきて、記念撮影しとるねん。

ようは新人のレクリエーションやと思う。
ガチで労働運動なんて考えとるヤツらはいない。
日本政府が労働組合を潰してきたのはまぎれもない事実やし。

それで、また子ブタのレース場に戻って(牧場やから敷地が広くて移動するだけで10分20分かかる)、5分くらいオーバーして、第2レースからやった。

それで、同じブタが4回レースするわけやけど、1等賞は毎回違うブタっぽかった。

ブタはどこに向かって走ったら褒められる、というような学習能力ないんやろなあ。

最後の4回目のレースでは、パン食い競争みたいに途中にキャベツとかニンジンとかナシとか、エサがぶら下げられる、新趣向が凝らされた。

それで、多くのブタはレースそっちのけでエサに夢中でなかなか進んでくれんから、最後は職員総出で追いかけとった。

ゴールしたのに、エサ目がけて引き返してくるブタもいた。

ところが、1匹だけ、エサに全く興味ないブタがいた。
そいつは真っ先にゴールしてもた。

レースという意味では正解やけど、コイツは目の前にチャンスがあっても見過ごしてまうブタやなあ、と思うてもた。


それで、ファームツアーに行ったら、コレけっこう面白かった。

家畜の小屋があって、赤ちゃん牛にミルクをやるのを見るのとか、羊とかアルパカとかにエサをやれるねんけど、一粒のエサでも目の色を変えてくるのを見て、やっぱり人間もエサ(カネ)に目がないけど、それは動物の摂理やなあと思った。


日本にはほとんどいないけど、世界では多数いる、角のある肉牛なんかもいた。

それとか、牛舎で、霜降り和牛を作り出すために、これらの牛は外に出ることなく、暗い中で寝て、起きたら目の前にエサがあるから食べて、エサを食ったらまた寝る、この繰り返ししかしてない、と、聞いた。

人間じゃないから人権はないとはいえ、切ないよなあ。

とうぜんのように、権力者のほぼ全員が、人々にこのような家畜同然の生き方をして欲しいと思っていて、私のように自分の意見を発信し続ける人間が最も問題やねん。


あ、あと、ニュージーランドの犬が、羊を追いかけて、囲いの中に追い込むという実演も見て、すごいと思った反面、こうやって、使われる存在がいることに気づけなアカンとも思う。

羊から見たら、敵は犬なわけやけど、ホンマの敵は犬を操っとる人間やねん。

だから羊も自分らの考え方をコペルニクス的に転回して、犬じゃなくて人間に対して襲いかかったらええねん。

けど、中核派のヤツらも、ついつい、犬でしかないJR東日本の上役を見つけてきて"闘争"なんて言うとる。

それでは革命までだいぶ"遠そう"や、と私は言うとるんやけど。

コレを五井から養老渓谷行きの列車の中で書き出して、養老渓谷で折り返して、いま上総大久保や。

次が伊達娘が撮影した月崎や。

私も伊達娘の撮影を知ってから、そこそこ小湊鉄道乗りにきとるけど、小湊鉄道は車両とかはレトロやけど、養老渓谷駅なんてじゃんじゃん改築されたし、グッズもだいぶ増えた。

栗原市もやけど、伊達娘が関係したモノで、ここ数ヶ月でだいぶ変わったモノいっぱいある。


てか養老渓谷から乗ってきたオトコ1人オンナ2人の3人組って、芸能関係者やなあ。

オンナの片方が、マネージャーさんがどうのと言うとる。

オトコは30代のアキブータンみたいな風体や。


まあ私が話しかけても、「誰この怪しいヒト」なんやけど。

2017年9月 7日 (木)

【前進チャンネルコメント】全学連が頑張って動画を投稿しているのに、2ちゃんの中核派全学連スレでは中核派全学連に対してではなくて、私に対する執拗な工作活動が為されとる。

https://www.youtube.com/watch?v=XRGc8UHw-no&lc=z23ftbnb3tr1xbp5c04t1aokgu01uyhzcfa5esfl2kxkbk0h00410

全学連が頑張って動画を投稿しているのに、2ちゃんの中核派全学連スレでは中核派全学連に対してではなくて、私に対する執拗な工作活動が為されとる。

だいたい中核派のヤツらだって、私が精神疾患だとはゼンゼン思ってなかったやろ。

中にはちゃんとした考えの人もいて、そういう人たちは、私が中核派を変える、と思って、口に出して言ってくれた。

たとえば動労東京の金子さんとか、鈴コンの鈴木善さん、それに動労千葉OBの永田さん、彼らは私のことを間違いなく信頼してくれた。

だから、おかしいのは中核派のほうやねん。

私のことを精神疾患!精神疾患!と主張せねばならない主体ってナニか、というと、私のことを裁判闘争で恣意的に敗訴させたり、ストーカー規制法違反容疑で警視総監名義の警告書を書いてきた、日本政府やっちゅうねん。

それが中核派はわかってない。


中核派全学連40 [無断転載禁止]©2ch.net
https://mevius.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1504402832/316-321

316革命的名無しさん2017/09/07(木) 21:33:39.86
おーにっちゃんの概要

彼は精神障害により、妄想した世界を現実世界と入れ替えて精神を保護して生きる事ができます。

統合失調症のようにも思えますが、よく追跡していくと、自分の信念から妄想を産み出し、
さらなる信念で事実だと思い込んでおります。

統合失調症は見たくもない妄想を脳のトラブルから見てしまいますが、
彼の場合は自ら能動的に妄想世界を構築して事実と入れ替えてしまうので、
別な精神疾患が原因だという事が分かります。

あまりにも現実世界が悲惨過ぎるので、
自分はすごい人間なんだ!と妄想上の自己イメージと世界観を作り、
そこに逃げ込んで生きているのです。

317革命的名無しさん2017/09/07(木) 21:34:53.86
彼の強い信念から生み出された、妄想で構築された世界が「クルクルパーランド・略してKKPL」です。
おーにっちゃんのクルクルパーランドの出来事は、現実世界では説明できないような事しか起きません。

客観的証拠など一つもありません。
ですから空想や妄想、ファンタジー、オカルト、心霊世界のお話のレベルです。
けれど彼は今日も同意者を求めてブログを更新しております。
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/

318革命的名無しさん2017/09/07(木) 21:35:38.26
AKB48のメンバーが慕ってくれている!
日本で革命を起こし権力を掌握する!

これらは当然にクルクルパーランドのオカルト世界での妄想上のお話です。

319革命的名無しさん2017/09/07(木) 21:37:20.05
そもそも彼はこの地球の救世主のような存在であると自称しています。
彼の全ての言動は宇宙の支配者もしくは宇宙人からの使命による模様。

「もしかしたら宇宙人が地球を支配するために私のことを地球の統治者として指名して
私の意思かのように思わせて動かしとるのかもな。

「自分の思うままに動いとるようでいて
自分は誰かに動かされとるようなカンジがいまだにする。

ワタシが誰かに動かされとるとすれば・・・・ やっぱそいつとは人類が存在を信じて疑わん霊なんか?
それとも宇宙をつかさどるなんかなんか?」

320革命的名無しさん2017/09/07(木) 21:38:41.30
彼がブログで公開している迷記事「AKB48劇場公演感想」は、
AKB48のメンバーが閲覧しにきて指導を受け入れてパフォーマンスを向上させていると彼は語っています。

しかし当然に現実世界では起こり得てはいませんのでご安心ください。

321革命的名無しさん2017/09/07(木) 21:50:20.81
>どこも追い出されるか出禁で賛同者無しって
>あの容姿や童貞以上に問題あるって本人気付かないかな?

寧ろ、「気付いているからこそ、
現実からの逃亡続行中」と考えるべきでしょうね。

潜在意識的には解っているんでしょう。
そこらに良くいるただの"キチガイ"ではないので。

だが、大西秀宜君は空虚なプライドが山よりも高く、
深海よりも深いので、意識的には認められない。
で、脳内幻影に縋って、駄々こねながら泣き喚いている。

全てにおいて、あいつは精神的幼児なのです。
機会を捉えて発言・行動できない。何でも「後知恵」で考える。

あの「出てきたとこ勝負」なる戯けた言い回しがそれを良く表していますね。

それで、奴は人生全敗崩壊状態になっているわけですが、
本人はその状態になっても、脳内桃源郷を真実と見做し、
周囲の現実を虚構ないし嘘と見做しているわけです。

そして、どんどん傷が深くなっていく。
まさに「彼の敵は彼自身」ですね。

類似の事例は、既に反日韓国人達に見られます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チーム8公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKB48舞台情報 | AKB48著名人公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お笑いネタ帳 | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | マルクス主義を粉砕する | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 中核派について | 中核派の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 前進チャンネル感想 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック