HKT48研究生公演

2017年5月23日 (火)

2017/5/23 HKT48 チームTII+研究生「手をつなぎながら」出張公演 観た。ぐんまりあとびびあんが目立っとった

全体的によく動けていると思ったけど、なかでも、ぐんまりあは、とびきりちっちゃいのにめちゃくちゃ動けていて目立っていた。

群馬県出身で、6歳くらいの頃からAKB劇場に通って観劇していたって。

びびあんは、いちばん動けているというわけではないけど、まずMCを仕切れていて、さらにダンスも、自分なりのアレンジを加えていて、それで目立って見えた。

この2人のキャラが強いと思ったら、2人ともドラフト2期とのことで、HKTはキャラの強さで判断して取ったんかなあと思った。


あと、もかちゃんもよく動けていた。

あとは顔と名前が一致せん。

しかしこの公演、峯岸チーム4のときにやっとって、ゆーりんとか、ひかりとか、13,14期のイメージがあるけど、私もだいぶ曲を忘れていた。

また、このときは動けるかどうかばかり観ていて、自分なりに歌詞の意味とか、全体の動きとか、観れてなかったなあと反省した。

最後の"遠くにいても"で手を少しずつ回すしぐさは、秒針をイメージしとるんやなあとか、そんなのをいまごろ考えついた。

私も、こういうことを表現しとったのか、と、日々気がついたりする。

あとこの公演は前向きな曲が多いのもええよな。


それにしても、常設劇場もないのに、よくこれだけ動けると感心した。

よく練習できているし、運営もメンバーのモチベーションを保つ工夫をしとるんやろ。

AKBも負けとられんなあ、と思った。

私は思う立場にいるわけちゃうけど、思うてまう。

2013年4月18日 (木)

4/13HKT48研究生Partyが始まるよ公演(13:00)を観た感想

どうしても,AKB研究生のパジャマドライブ公演よりも歌もダンスも劣っているのが
気になってしまう。

AKBと違い,地方であるからどうしても元気が入らない,というのもあるかも知れないが,
オンデマやGoogle+ほかでAKB研究生はじめ他グループのいいところを吸収するべく,
モチベーションを保って欲しい。

PARTYが始まるよでは,みんなけっこう元気に見えた。
曲がダンスについていっていない感じである。

Dear my teacherでは,みんな音痴と思った。もっと練習して欲しい。

ユニット。

スカート、ひらりは,やはりみんな低い。ダンスはいい。

クラスメイトは,みんな低いが,とりわけ"遠回りしてるのは"を歌っている子が低い気がした。
それと,1番の終わりで,こちらから見て左側の子2人が振りが遅れている気がした。

あなたとクリスマスイブは,前回も指摘したが,これ確かハモる歌だったと思うが,
ハモっていない。HKTではこう歌うようになっているのか?ワタシの勘違いか?

また,歌声も弱くて,また微妙に低い気がした。
ただ,HKT全員のレベルから見ればだいぶ合っているほうで,聴いてられないレベルではない。

声が小さい原因として,マイクがあるから小さい声で歌っているとも思うのであるが,
この程度の狭い劇場であれば,舞台女優なんかマイクなしでも歌うことが可能であろう。
それに倣い,マイクなしでも聞こえてしまうくらいの声を出して欲しい。

キスはだめよは,みんなやたら低いように思えた。と前回書いたが,
今回は全体的に音程はいいように思った。

個別には,歌い出し1人目は良く,2人目はちょっとおかしかった。高いか?
3人目はだいたいいい。ダンスも全員合っていた。

星の温度は,全員低いく,声も小さいと思った。

青空のそばにいては,やはりみんな低い。
下から地鳴りが突き上げてくるような低い音が気になる。

アンコールの,スカート、ひらりは,いつも思うが,どうしてスカートの歌なのに
格好がパンツなのか?
このセットリストが考えられた当時は,アンコールは必ずあるものではなかったから,
既存の曲を使い回した,と説明できるのであろうが,いまとなってはおかしいと思う。
セットリストを再考するか,衣装を再考して欲しい。

ちなみにSKEで上演したときには,スカート、ひらりは違う曲にしたこともあるようであり,
やはりおかしいと考えている人もいるようである。
HKTももうひと工夫欲しい。

続いてアンコールの桜の花びらたちは,こちらも2回目に歌うため,
やはり違う曲を検討してもいいと思う。
盛り上がる,RIVERとかヘビロテとかでいいのではないか。

スキスキスキップでは,汗をかいている子も多いが,まだ動きがぎこちない子が多い気がする。
ようは練習不足と思う。もっとスムーズに動けるようになって欲しい。
センターのちっちゃい子がひときわよく踊れていた。

掌が語ることも,声が低くて,全員の声が合ってないと思った。
掌が語ることで声が合っていないとは,他グループでは感じなかったことであり,
ようは相当歌えていないということである。

再三言うが,どうも,HKTの子は全体的に歌が下手で低い。
音程が低いと,聴いているほうが暗くなってしまう。落ち込みそうなのである。

公演を観に来てくれているファンたちは,明るくなるために来ていると思うので,
もっともっと明るく歌って欲しい。

どうも,HKTは,AKBと比べてモチベーションが低いように見えてしまう。
HKT内部であればそれでいいのかも知れないが,いざ社会に出るときは
HKTだから優遇してもらえる,なんてのはあまりなく,パフォーマンスの良いAKBの子らと
対等の土俵になってしまう可能性もあるのである。
また,今後もAKBはじめ他グループから落下傘でHKTに来る子もいるかも知れないのである。

いまの状況に満足するのではなく,他グループと比較してどうか考え,
まずは,他グループよりも勢いがあると言われるレベルまで目指して欲しいと思う。

それと同時に,ここまで下手であれば,HKTの歌の先生はどうやって指導しているのか?
ということのほうにも疑問が行ってしまう。

先生やスタッフも,自分がHKTのクオリティを上げるのだ!という意気込みで,
もっと真剣に教えて欲しい。

ただ,それとともに,Partyが始まるよ公演は,初期の踊れない子達のためのセットリストであり,
運動神経的に踊れる子達には物足りないのかも知れない,とも思う。

もちろん,Partyが始まるよ公演でも,本当に踊れる子が細部の表現を磨くことなども
可能とも思うのであるが,初心者はまずは下手くそでもいいから体全体を使って踊ることが
大事であり,その点Partyが始まるよ公演はあまり合っていない気がする。

研究生は時間がいっぱいあるはずなのであるから,運営から,現状踊れそうにないような
難しいセットリストを与えて発奮を促す,というのもアリではないかと,私は思う。

メンバーもスタッフも,練習を頑張るのはもとより,セトリ変更検討などを含めて,
あらゆる方策を尽くすよう,相当気を引き締め直して頑張って欲しい。

2013年4月 9日 (火)

4/5HKT48研究生Partyが始まるよ公演を観た感想

4/5HKT48研究生Partyが始まるよ公演を観た感想

前回観たときよりも,振りが揃っていて,全体的にちょっと高い声が出ていると思ったが
それでもまだまだ振りを揃えられるし,歌も上手くできると思う。
引き続き,課題を意識してがんばってほしい。

AKBの研究生はパジャマドライブ公演で相当勢いがあるので,
それに負けないよう,毎回課題を見つけ,しっかり反省してほしい。

ユニット。

スカート、ひらりは,"なにもかも"を歌っている子がなんか高い気がする。
というか,元のCD音源の"なにもかも"がやたら調子っぱずれなので,
メンバーも音を取れないのかもしれない。
スタッフさんはCDではなく,先生がちゃんとした音程を教えてほしい。
また,それ以外のメンバーは,低いと思った。
"なんてバカな私なの"のところの子も,合っているようでいてなにかおかしい。
たぶん低いのではないかと思う。

クラスメイトは,あまり分からなかったが,"遠回りしてるのは"を
歌っている子はなんか高いのか,おかしく思った。

あなたとクリスマスイブは,これ確かハモる歌だったと思うが,ハモっていない。
音程が高い主旋律のほうは合っていると思ったので,低いほうの旋律の子が
引っ張られたのか,あるいはハモらない歌を選択したのか。そこが気になった。

キスはだめよは,みんなやたら低いように思えた。
イメージ的に低いから,ついつい低くしてしまうのかもしれないが,
この曲は意外と高い。
太い声を出すテクニックと,低く歌うのがごっちゃになっていると思うので,
まずは音程を取り,そこから太い声を出すようにしていって欲しい。

星の温度は,全員低いと思った。

今日はなんだかカメラワークがやたら気になった。
芽瑠は非常によく映すのである(おかげで芽瑠はよく分かった)が,
他のメンバーを映す率がやたら低いのである。とくに端のメンバー。

運営は,芽瑠を次期センターとして推したいのは分かるが,運営やスタッフは,
全員をなるたけ均等に映すように心がけ,全員にチャンスを与えて欲しいと思う。

秋元康の目には芽瑠がよかったのかも知れないが,他のファンには他のメンバーが
いいかもしれないのである。
あまり秋元康の感想に振り回されなくてもいいと思う。

スタッフへの文句。端のメンバーがなかなか映らないカメラワークや,
左後方からの俯瞰の画像をたまに挟み込むなど,
なんかSNHのカメラワークが彷彿とさせられた。

東京から見たら,福岡は上海にだいぶ近いかもしれないが,わざわざカメラワークまで
上海に似せなくてもいいので,もっとキチンと全員を見せて欲しいと思う。

そのカメラワークのおかげで,芽瑠のほかに認識できたのは谷真理佳だけであった。

谷真理佳は目立つくらいでしゃばっていて,好き嫌いがかなり分かれると思うが,
あれくらい前へ出てはじめてヒトから認知されると思う。
叩かれることもあろうが,いいからどんどん行って欲しい。

芽瑠はセンターとしての役割を理解して,センターにふさわしいパフォーマンスや
振る舞いをしているように見える。それはいい。

しかし,あまりに露骨にセンターとしてスポットライトを浴びせる(文字通り
スポットライトを浴びていた)のは,気持ちいいものではないので,そこは公平にして欲しい。
NMBの城恵理子もそれで潰れたところがあると思うのである。
それでいまの待遇を多少落としても,ほんとうに実力があればのしあがってくると思う。

芽瑠ばかりがセンターで映っているのを見て,ならば公演では16人を交互にセンター,
とかいうことなどできないか,などと考えた。

全体曲はだいたい振りも同じなので,ポジションが変わってもそれほど難しくはないだろう。
毎日公演しているうちで,今日はこの子の調子ががいい!と思えばセンターに
起用すればいいのである。

野球だって,調子のいい選手を4番にしたり,悪い選手を7番にしたり,
とか,打順の組み換えをやっている。
公演だって,調子がよかったらセンター,悪かったらもう少し端のほう,
というやりかたをしてもいいと思う。

または,今日は端のほうのお客さんにアピールしたいから,
端のほうにパフォーマンスがいい子を揃える,なんて方法だってあるだろう。
有名メンバーは端のほうでも見てもらえるので,無名なメンバーをセンターにして,
ファンを開拓するというのだってあるだろう。
メンバーの課題に沿って,フォーメーションを変えればいいのである。

これまでそのようなシャッフルをしたチームは,なかったと思う。
乃木坂46の公演では,投票制で,順位によって第二部に参加できるかどうかが
決まるという,シビア過ぎる世界になってしまっている。

AKBは,投票まではしなくてもいいから,メンバー内で相談して,
「今日は○○ちゃん,センターやってみる?」
などとお互いに提案でき,ポジションを変えられたら面白いと思う。

2013年3月29日 (金)

2/12HKT48研究生Partyが始まるよ公演を観た感想

2/12HKT48研究生Partyが始まるよ公演を観た感想

まずまず,といったところか。
みんなそれなりに頑張って元気ではあるが,まだまだ揃っていなく,
また音程は相当外れているように思った,

ダンスを揃えることなど,先生に言われているはずと思うが,
みんなまだまだ初心者で,自分のダンスを覚えるのに精一杯なのかもと思える。

ダンスが揃っているかどうかなど,スタッフさんに聞いたらすぐ指摘してくれると思うし,
DVDなどでもチェックできると思うので,チェックして欲しい。

振りの途中のタイミングを合わせてしなやかさを見せるのは,
まだまだ難しいかもとも思うが,決めポーズだけでも合わせられるだろう。

決めポーズがまちまちで,たとえば腕の上げ方でも角度が違うメンバーが
ちらほらいるようで,そのあたりが揃っていなく見えるので,
まずはそこを変えるだけでも違うのではないかと思う。

音程も,音響担当のスタッフさんに聞けば分かっている人が多いと思うので,
メンバーももっともっとスタッフさんに聞いて欲しいと思う。

(尤も,音響関係の仕事をしていた,というヒトが,たかみなの音程のズレに
気づかず,たかみなは歌が上手い,なんて言っていたこともあるので,
全員が全員ではないこともあるが)

チームHで感じたようなほどのダンスのズレとか,
メンバー間の垣根みたいなものは感じなかった。

そういうものをトータルで考えて,75点といったできだろうか。

ユニットも,ダンスはそこそこいいのであるが,歌はイマイチ,全体的に低いと思った。

それはどのユニットもだいたい似たようなものであったが,ひとつ,キスはだめよの,
こちらから見て右側の子は,ダンスがとりわけできるように思った。
こちらから見て左側の子は,歌の音程が合っているように思えた。

桜の花びらたちは,振りがおおよそ合っているように思えた。

アンコールの,スカート、ひらりは,全員の声が低すぎて,地鳴りのように聞こえた。
ダンスは,何回も練習しているのか,やはりおおよそ合っているように思えた。

タイミングを揃えることを考えて思い出したが,たとえばワタシは,小学校4年,5年生の
ときに,地区の祭りで4人で揃えて太鼓を叩くことがあった。
そのときに,太鼓を叩くタイミングを合わせるように,合っていれば一発ダン!と聞こえるが,
合ってないとダダダン!と聞こえる,と言われて,みんなの叩くタイミングにはかなり注意した。

そういう注意が,中学生以上のメンバーにイマイチないような気がする。
振りを合わせる合わせない以前のハナシとして,ダンスを曲に合わせるなんてワタシは
当たり前のことと思っているので,それが合わないメンバーがいることが信じられない。
なんとしてでも合わせて欲しい。
ついでに決めポーズの角度や大きさまでは合わせて欲しい。
いまのところはそれだけできればいいと思う。

そういうところが課題かとは思う。

余談であるが,HKT48で華味鳥が歌われているが,華味鳥の同系列で華善というのが東京にもあり,
日本橋のお店に何度か行ったことを思い出した。
ここのお店を会社の人がけっこう気に入っていて,さらにそこの店長にやったら入れ込んでたのである。
ワタシはそんな若い女性には興味がなかったので,後ろのほうから見ていた。

その方が退職されて,常連さんがごっそり来なくなったたので,日本橋店は閉店することになったそうだ。
お店は味以上に,ヒトとヒトとの繋がりが大切なのだと思った。
もちろん,それはAKBグループにも言えることである。
歌とかダンスだけで,ヒトに魅力がなかったら売れないのである。

その方のお名前を覚えていたので,検索したらちゃんとしたページがあったので,
ついでにURLリンクしておく。

http://www.shokunin.com/jp/showkado/

有田焼で化粧筆などとは,ニッチなことをしていると思う。
売れるかどうかはワカランが,面白い試みなのではないだろうか。

その他のカテゴリー

2ch AKB48 | 2ch 日立製作所の裏事情 | 755 | AKB48 | AKB48チーム4公演 | AKB48チーム8公演 | AKB48チームA公演 | AKB48チームB公演 | AKB48チームK公演 | AKB48リバイバル公演 | AKB48公演 | AKB48研究生公演 | AKB48舞台情報 | AKB48著名人公演 | AKS工作活動 | AKS裁判を代読した裁判官に関する弾劾の訴追請求 | AKS訴訟 | HKT48チームH公演 | HKT48研究生公演 | JLDGO工作員へ | NMB48チームBⅡ公演 | NMB48チームM公演 | NMB48チームN公演 | NMB48研究生公演 | SKE48チームE公演 | SKE48チームKⅡ公演 | SKE48チームS公演 | SKE48研究生公演 | SNH48 | To Do リスト | twitter | あん誰 | うどんが主食 佐藤法偀 | おーにっちゃん自撮り動画 | お知らせ | お笑いネタ帳 | お願い | ど田舎 | アキブータン | アクセス解析 | アホ | アラビア語によるコメント | イスラム国 | オリンパス モンスター社員 濱田正晴 | グルメ | コメント返信 | ジブリ | ジブリ汗まみれ | スマートインターナショナルとの裁判記録 | タカラヅカ | ナツイチ AKB48読書感想文 | ニコニコ生放送 | ニュース | ファンレター AKB | ファンレター岩田華怜 | ブログ返信 | マスコミ問題 | マルクス主義を粉砕する | 世界の真の平和に向けて | 世界の腐敗 | 中核派について | 中核派の腐敗 | 今日受けた工作活動 | 他の訴訟に関しての個人的見解 | 佐々木優佳里 | 児玉晃一弁護士への懲戒請求 | 再就職奮闘記 | 前進チャンネル感想 | 原発問題 | 反翼賛の会 | 古賀茂明 | 名誉毀損 | 地震 | 天皇 | 安倍晋三 | 山谷 | 岩田華怜 | 市民運動 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳教授大場みち子 | 憎い親大西弘子 | 憲法第九条 | 支援者さんへのお礼 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の司法の腐敗について | 日本の国家的隠蔽に関して | 日本の将来像 | 日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動 | 日本の腐敗について | 日本会議 | 日本共産党 | 日本政府関係機関(JLDGO)以外による工作活動 | 日本最大の暴力団組織・警察 | 日立製作所個人情報保護法違反 | 日立製作所工作活動 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本人訴訟 | 森雅裕-刀剣杉田名誉毀損事件 | 橋下徹,大阪都構想に抗する | 歌ってみた | 法律解釈 | 独)労働政策研究・研修機構 労使関係部門統括研究員・濱口桂一郎 | 生活保護 | 田野優花 | 私に対する犯行予告 | 私の信念 | 第三次世界大戦 | 精神科医 | 経済・政治・国際 | 考察・推理 | 芸能・アイドル | 観劇 | 訴訟準備 | 趣味 | 近代史 | 野球 | 鉄道 | 阿修羅への投稿 | 飯島真理

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック